沖縄「星のや 竹富島」の島旅プログラムで、大自然を体験しよう

16.October.2017 | SPOT

沖縄・竹富島にある滞在型リゾート「星のや竹富島」が、スマートフォンやタブレットなどのデジタル機器から解放され、日頃の疲れ・ストレスを緩和することを目的とするプログラム「脱デジタル滞在・冬」を2017年12月1日から開催。

ボルダリングや三線(さんしん)のプライベートレッスンなど、何かひとつのことに集中し、心地よい疲労と達成感を味わいながら、2泊3日で心と身体を調えていく。

 

 

星のやの「脱デジタル滞在」
軽井沢、京都、富士、竹富島の星のや4施設が提案する滞在プログラム。近年のスマートフォンやタブレットの普及による心身の疲れやストレスを緩和するために、デジタル機器から解放されることを目的としている。プログラムには、各地の伝統文化や自然に触れたり、スパ・鍼灸で心と身体を調える体験も盛り込まれている。

 

星のや竹富島「脱デジタル滞在・冬」
星のや竹富島から歩いて3分ほどに位置するアイヤル浜で、自然の岩を使ってボルダリングに挑戦する2泊3日のプログラム。インストラクターと一緒に行うので、初じめての方でも心配は不要。全身に血液と神経が通い、自然を制していく達成感を味わうことができる。
その他、三線のプライベートレッスンや、てぃわざ体験でゴザやコースターを作成することで島の文化に触れたり、スパトリートメントで心と身体を調えていく。
また、単にデジタルから解放されるだけでなく、自分の時間を確保し、自分と向き合うことの大切さを再認識することもしている。

 

ボルダリング

czMjYXJ0aWNsZSMyOTc2NyMxOTEyMjUjMjk3NjdfWXNKekNIZkhmWS5qcGc copy (1)
星のやから歩いて3分ほどのアイヤル浜で自然の岩でボルダリングに挑戦。琉球石灰岩の鋭い岩肌を指先で感じ、自分の腕と脚だけを頼りに自然と向き合うことができる。

 

三線のプライベートレッスン

czMjYXJ0aWNsZSMyOTc2NyMxOTEyMjUjMjk3NjdfRVNYc3BQWUpBZS5qcGc copy (1)
優しい音色が魅力絃楽器、三線。名人が、楽譜の読み方から弾き方まで分かりやすくレクチャーしてくれる。三線は、チェックアウトまでレンタル可能。縁側に座って、島の風を感じながら自主練習に没頭するのもおすすめ。

 

てぃわざ体験

czMjYXJ0aWNsZSMyOTc2NyMxOTEyMjUjMjk3NjdfaFNqSEdTcFBJZy5qcGc copy
島の民具作り名人からコースターとゴザ作りを学べる体験。材料の月桃の香りに包まれながら縄の扱いかたを取得し、伝統的な編み方を学べる。

 

スパトリートメント「男の島スパ」
眺めのよいスパでオールハンドのオイルトリートメント「男の島スパ」を体験。生姜やブラックペッパーを使ったスパイシーな香りのオイルで、心地よい疲労が溜まった身体をリセットする。

 

その他、客室には「島んちゅの晩酌」という泡盛3種の飲み比べが出来るセットも用意。蔵、年数、度数によって、芳醇さやまろやかさが異なる泡盛の味と香りの違いを好きな飲み方で楽しむことができる。
泡盛を飲みなれていない方には、水で割った泡盛を冷蔵庫で一晩寝かせると、まろやかな飲み口になるのでおすすめ。

 

「脱デジタル滞在・冬 ~魂を洗う男の島旅~」で日々の疲れをリセットしよう。

 

 

■Information
脱デジタル滞在・冬 ~魂を洗う男の島旅~(2泊3日)

期間:2017年12月1日~2018年2月28日
除外日:2017年12月23日~2018年1月7日、1月13日~1月20日
含まれるもの:ボルダリング体験、三線レッスン、てぃわざ体験、島んちゅ晩酌、スパトリートメント「男の島スパ」(1回)、水牛車観光、昼食(1回)
料金:1人 86,500円(税・サービス料、宿泊費別) *要予約
URL:http://hoshinoyataketomijima.com/#/activity/002691

スケジュール例
<1日目>
14:00 チェックイン 携帯電話・PCを預ける
15:00 三線レッスン
16:45 夕凪の唄鑑賞
19:00 夕食(別料金)
22:00    島んちゅの晩酌

<2日目>
07:00 よんなー深呼吸
07:30 朝食(別料金)
10:00   ボルダリング体験
13:00 島内でランチ
15:00 てぃわざ体験
20:00   夕食(別料金)
22:00 島んちゅの晩酌

<3日目>
07:00 朝食(別料金)
08:00 水牛車観光
10:00 男の島スパ
12:00 チェックアウト 携帯電話・PCを受け取る

RELATED ENTRIES

  • 日本初出店!マンゴーを贅沢に使うカフェ「CAFE MANGOSIX」 沖縄・那覇にプレオープン

    15.August.2019 | FOOD

    マンゴーシックスジャパンは、沖縄・那覇市に日本1号店となる「CAFE MANGOSIX(カフェ・マンゴーシックス)」を、鬼茶房・OniCafe内にて2019年8月10日にプレオープンしました。

     

    CAFE MANGOSIXは韓国で大人気のカフェで、6つの「S」─「Sensual」「Slim」「Sweet」「Social」「Sexy」「Style」をテーマに、健康的なデザートとプチバカンスを提案しています。

    一押しドリンクは、濃厚なマンゴーと甘いココナッツミルクが抜群にマッチしたマンゴー&ココナッツジュース。その他、日本限定オリジナルメニューも販売します。

    韓国で大人気の「ブルーレモネイド」も登場!ぜひ足を運んでみてください♪

  • 【東京さんぽ】愛犬もずくと行くショップ&スポット巡り♯5「うづまこ陶芸教室」

    12.July.2019 | FEATURES / SPOT

    モデルの矢部ユウナちゃんと愛犬「もずく」が、犬(ペット)とともに楽しめるホットスポットをぐる〜りおさんぽ! お互いへの愛情が、ますますます深く&大きくなる、プライスレスな体験をレポートします!

    こちらは、東京タワーがよく見える芝公園の近く。うずまこ陶芸教室へやってきました。

    この教室がちょっと珍しいのは「ペット同伴可」。なんと、ワンコと一緒に陶芸体験ができるんです!

    かねてから陶芸に興味があったというユウナちゃん。それも、もずくと一緒にチャレンジできるなんて最高!

    ウキウキしながらのれんをくぐりました。

    たくさんの焼き物が棚に並んだ教室。ものづくりの息吹が漂う空間で、まずは先生のデモンストレーションを拝見。エプロンを付けて気合十分になったところで、陶芸体験がスタート。

    土練りというこの作業。ねんどの硬さを均一にし、気泡を取り除くためのステップで、粘土の状態を整えています。

     

    「陶芸ってどこの国が発祥?」

    「ここにやってくる飼い主さんとワンちゃんは、どんな作品を作っているの?」

    など、先生に様々な質問をしながら楽しく作業を進めていきます。

    「ユウナちゃんは何をやってるんだろう?」

    もずくは、先生とユウナちゃんの話を不思議そうに聞いていました。

    「もずくのごはん用のお皿を作るよ!」

    と、もずくに話しかけるユウナちゃん。自分のためにご主人様が、何かを作ってくれるみたい。もずくにも目的が伝わったようなので、早速、成形していきましょう!

     

    手に水をつけて、粘土の塊の中心に親指を入れて穴を空け、ろくろを回しながら穴を大きくしていきます。

    続いて、両手で全体の厚みが均等になるように整えているところ。

    「一瞬で粘土の形が変わる!すごーい!」

    ちょっとした力加減で、どんどん違う形に変化していく粘土の塊は、まるで生き物のようです。

    「粘土がまるで我が子のような感覚。包みこみたくなるな〜」

    形を整えたら、縁をカット。

    器用なユウナちゃんは、すぐにコツを掴んでいました。

    おとなしく、ユウナちゃんのそばに寄り添うもずく。

    「ボクの出番はまだかな?」

    自分も陶芸体験してみたくて、ウズウズしてきたようです。

    台の上に上がって作業を見守ります。

    「ボクもろくろ回してみたいな〜」

    成形した器に足型を付ける、一番の大仕事はもずく自身で。力強くスタンプしてね!

    「よいしょ!」

    力を振り絞るもずく。いつになく真剣な表情です。

    しっかり足跡がついているかチェック!

    出来上がりはこちら! もずく、いい仕事してます。

    ひとりと一匹の共同作業で、とっても可愛い作品が出来上がりました。

    小さな足跡に、ペットへの愛しさがこみ上げてきます。

    お店には、いくらでもかわいくておしゃれなペットグッズが売っているけれど、飼い主が心を込めて作った器は、世界にひとつ。

    そんな思いがワンコに伝われば、この器で食べるごはんは、ますます美味しいはず。

    お手伝いしてくれてありがとね、もずく。

    「焼き上がりが楽しみ!」と最後までテンションが高かったユウナちゃん。体験が終わると、充実感で心が満たされていました。

    およそ2週間後、焼きあがった器がこちら。

     

    創造する面白さをペットと分かち合える陶芸体験。オリジナルの器で、愛犬への愛情を形にしてみてはいかがでしょうか?

     

    Model:Yuna Yabe/Mozuku @yunaaay1030

    Text:Ai Watanabe

    Photographer:Kayo Sekiguchi

    TALENT PROFILE

    矢部ユウナ

    「Zipper」や「HR」を中心に活躍する類まれなるファッションセンスを持つ静岡が誇るファッショニスタ。 15歳の時「Zipper×ASOBISYSTEM専属モデルオーディション」でグランプリを獲得。 ファッションだけでなくメイクや、自身での動画編集なども得意とし、同世代への影響力も高い。最近ではMVへの出演なども務めるなど活躍の幅を広げており、今後さらなる活躍が期待される。

  • 台中・温泉渓谷の楼閣「星のやグーグァン」オープン

    05.July.2019 | BUSINESS / SPOT

    山々に囲まれた谷あいに佇む温泉リゾート「星のやグーグァン」が、2019年6月30日に台湾の台中郊外にある温泉地・谷關にてオープンしました。

     

    星のやブランドの海外2軒目の施設として、星野リゾートが台湾で初めてプロデュースするラグジュアリー温泉リゾートです!「温泉渓谷の楼閣」をコンセプトに掲げ、全室半露天風呂付の客室と、風と水を感じる開放的なパブリック空間、滞在シーンに合わせた料理など、谷關の自然を身近に感じられる滞在が楽しめます。また、温泉と自然をより楽しめるように台湾の文化をベースにしたプログラムも用意してあります。

     

    源泉かけ流しの温泉フロアを持つメゾネット客室

    すべての客室に半露天風呂が設置されていて、いつでも何度でも源泉かけ流しの温泉を楽しむことができます。ほとんどの客室がメゾネットになっており、プライベート感たっぷりの温泉フロアです。フロアの両側には窓があり、風が通り抜けるようなデザイン。風通しのよさはもちろんのこと、窓からは雄大な山々やウォーターガーデンの景色を望み、暑い時期でもさわやかな風を肌に感じながら贅沢な貸切温泉を体験できます。また、湯上がり処では、くつろぎの時間を過ごせます。リビングと寝室のフロアには天井の高さまで張られた大きなガラス窓を配しており、時間とともに移り変わる屏風絵のような風景を楽しめるのも魅力的です。

     

    豊かに湧出する温泉と湧き水でデザインされたパブリック空間

    パブリック空間は、豊かに湧出する温泉と台湾中央山系の湧き水でデザインされています。谷關温泉は枯渇することなく湧出しているため、年間をとおして安定的な湯量を確保。無色無味の弱アルカリ性炭酸泉で、肌への刺激が少なく、通称「美肌の湯」とも言われています。

     

    星のやグーグァンには、その温泉をじっくり堪能できる大浴場があります。日本的な木質系の内湯と、独創的なデザインの露天風呂で構成されており、谷關の自然を身近に感じる開放的な空間で湯浴みを楽しめます。高台に建つ「星のやグーグァン」は、温泉だけでなく、湧き水を生かして設計。どこにいても水の気配を感じる仕掛けがあり、水路が張り巡らされたウォーターガーデンには心地よい水音が響き、水路を彩る花々や、木々の間を縫って流れる水が散策に楽しみをもたらします。温泉に入った後は、涼風が渡るウォーターガーデンを散策し、ガゼボでまどろむ、そんな心身が蘇る時間も提供します。

     

    豊富なアラカルトから日本料理まで、滞在シーンに合わせた料理

    温泉養生で長期滞在しても飽きない充実のラインアップ。台湾で親しまれている食材と日本料理の調理技法をかけあわせた、新たな食の魅力に出会うことができます!たとえば、チョウザメの南蛮漬け。油でいったん揚げて旨味を凝縮させることで、淡泊な味わいに変化をもたらします。酸味のきいた南蛮だれに漬けて、さっぱりと仕上げた味わいは、温暖多湿な台湾の気候とも相性抜群。調理技法だけでなく、器にも和の要素を取り入れました。九谷・備前・有田といった日本が世界に誇る陶磁器に盛られた日本料理は、五感に響き渡ります。

     

    ダイナミックな自然が残る豊かな環境

    谷關は 3,000メートル級の山々が連なる台湾中央山脈の麓にある温泉地。台湾中部を流れる河川「大甲渓(だいこうけい)」が削ってできた谷あいに温泉が湧出しており、日本の温泉地のような懐かしさがある一方で、今もなおダイナミックな自然が残っています。星のやグーグァンの裏手には全長1,300メートルの遊歩道があり、都会の喧騒を離れた非日常感あふれる環境に身を置いて散策を楽しめます。遊歩道の途中には谷關を一望できる展望台があり、春は桜、秋は紅葉と、季節によって異なる表情を見ることができますよ。

    好みの場所で思い思いの時間を過ごすことが、星のやグーグァンならではの「温泉逗留」です。館内には、異なった雰囲気の湯浴みを体験できる客室の半露天風呂と大浴場のほか、廊下に点在しているベンチや、窓越しに緑が見える湯上がり処、光と風が通り抜けるようにデザインされたパブリックスペース「風の間」などの空間があります。

     

    自分にとっての特等席を見つけて、変わっていく山々の景色をぼんやりと眺めたり、水音を感じながら散策したり、肌に優しいお湯につかったり、読書をしたりなどゆっくりと過ごせます。また、温泉逗留を彩るプログラムも用意。早朝には、森に囲まれたテラスで気功をベースにしたストレッチを実施します。夜のプログラムでは、温泉達人の説明で温泉のことと、入浴の際にできるストレッチを学んだあと、入浴前後におすすめの台湾のお茶を味わえます。

     

    グーグァンでしかできない貴重な台湾文化としての温泉を楽しんでみるのはいかがですか?

     

     

  • 新宿・京王プラザホテル、浴衣体験プランがより使いやすくリニューアル

    24.June.2019 | FASHION

    京王プラザホテルは、浴衣体験サービス「Easy Kimono(浴衣)体験プラン」を平日限定から土日祝日も利用できるように拡大。ホテルの英文公式ホームページ経由で直接予約できるようにした。同プランは京王百貨店衣裳室と連携し2017年6月より提供しているサービスで、日本文化発信の充実を目指すホテルとして茶道体験や生け花教室と合わせ提供しているもの。

     

    プランは男女ともに利用できるスタンダードプランと、大人の雰囲気が増す高級綿絽を使用した女性限定のプレミアムプランの2種類。どちらも下駄・かんざし・きんちゃく・新宿散策マップがセットとなっている。南館3階ロビーの「京王百貨店衣裳室」にて好きなデザインの浴衣を選び着替えた後は、スタッフがロビーでカメラやスマートフォンを使用し記念撮影を行う。

     

    最大6時間のレンタルが可能なので、その後も自由にセルフスナップ撮影を楽しんだり、着用したままレストランのご利用や新宿界隈の散策をしたりすることもできる。浴衣の魅力に触れることのできる贅沢プランをお見逃しなく!

  • 訪日旅行者に日本の日常体験を!外国人向け家庭料理教室「airKitchen」が人気に

    30.May.2019 | FOOD

    外国人旅行者が日本の一般家庭で料理教室に参加できる「airKitchen(エアキッチン)」が新たな体験型コンテンツとして人気を集めている。

    近年、日本を訪れる外国人観光客は急激に増加しており、東京オリンピックなどの国際的なイベントの後押しを受け、今後も更に増え続けることが予測されている。またインバウンドのトレンドとしては、旅行者のニーズが「モノ消費」から「コト消費」へとシフトしており、体験型コンテンツへの需要が高まっている。

     

    そんな中人気を集めているのが、新しい「食体験」のプラットフォームサービス「airKitchen」。旅行者はairKitchenを使うことで、現地の一般家庭を訪問し、日本人ホストと日本食を一緒に作って食べることができる。スマホやPCで、旅先からお気に入りの家庭料理教室を選択し、サイト経由で簡単に予約、支払いが可能。airKitchenは2018年4月にサービスを開始し、2019年4月時点でユーザー数4,000名を突破している。

    airKitchenの人気の背景として、訪日旅行者に「日本の日常体験」が求められているという点がある。家庭料理教室では、日本の一般的なキッチンで料理を作ったり、日常の食卓に参加することができ、「日本の日常生活を体験したい」旅行者の想いを可能に。また、2013年に「和食」がユネスコ無形文化遺産に登録されたこともあり、世界的な和食人気の高まりも人気を後押ししている。

     

    airKitchenご紹介動画

    人気の料理教室には「ぎょうざ作り体験」、「お弁当作り体験」、「お寿司作り体験」等があり、体験時間は食事の時間も含めて3時間程度。体験の参加料はメニューによって異なるが、平均すると一人につき5,000円程度。参加者の国籍は欧米やオーストラリア人の割合が高く、多くの料理好きの夫婦や、家族連れに喜ばれている。

     

    airKitchenを利用して旅のプランを立ててみてはいかが?

  • 地域の魅力をかき氷で表現!「星野リゾート 界」のご当地かき氷2019

    15.May.2019 | FOOD

    星野リゾートの温泉旅館ブランド「界」は、2019年7月13日~8月31日、シロップや盛り付けで地域の魅力を表現したかき氷に出会える「界のご当地かき氷2019」を開催する。

     

    かき氷といえば夏の風物詩のひとつ。古くは平安時代、枕草子にも描かれている。「王道なのに、あたらしい。」をコンセプトに掲げる界では、冷たいもので暑さをしのぐという昔ながらの知恵を取り入れつつ、楽しい時間を過ごしてもらいたいという思いから、オリジナルのかき氷を考案。その地域に興味を持ち、足を運びたくなる、界のご当地かき氷を一部紹介!

     

    ワインかき氷:界 松本(長野県・浅間温泉)

    松本市に隣接する塩尻の桔梗ヶ原地域は長野ワイン発祥の地といわれており、界 松本では約50種類の桔梗ヶ原ワインを揃えている。かき氷にはその中のひとつ、フルーティーな「コンコード種」ワインのシロップを使用。一つ一つが手作りの葡萄の陶器は可愛らしく丸みのある手触り。アルコールをとばしているため、お酒が苦手な人も楽しめる。

    時間:16:00~17:00/場所:ロビー *お子さまのオーダーも可

     

    【NEW】あじさいかき氷:界 箱根(神奈川県・箱根湯本温泉)

    箱根エリアは標高差があるため、長い期間にわたってあじさいを楽しめる。見ごろを迎える時期の箱根登山電車は「あじさい電車」と称され、電車に揺られながらの鑑賞が夏の風物詩。青い花あじさいの色味をゼリーやシロップで表現したかき氷。

    時間:15:00~17:00(16:30ラストオーダー)/場所:食事処

     

    【NEW】花色かき氷:界 伊東(静岡県・伊東温泉)

    伊豆は温暖な気候で、年間を通して四季折々の花を楽しめる地域。「花色かき氷」は、初夏から夏にかけて伊東周辺で咲く花を表現。伊東市にある松川湖で咲き乱れるキンシバイの黄色、アベリアの桃色、紫陽花の青色で彩られた見た目にも華やかな一品。

    時間:15:30~17:00/場所:湯上がり処

     

    【NEW】りんご尽くしかき氷:界 アルプス(長野県・大町温泉)

    信州は、全国でも有数のりんごの名産地。3種類のりんごを使った「りんご尽くしかき氷」は、ごろっとした果肉の食感を味わえるシロップと香り豊かな青りんご「ブラムリー」のシロップを氷で覆い、最後に上から爽やかな酸味をもつ「紅玉」のシロップをかける。種類ごとの異なる風味を楽しめるりんごづくしのかき氷。

    時間:15:00~18:00/場所:囲炉裏

     

    【NEW】アートかき氷:界 仙石原(神奈川県・仙石原温泉)

    周辺に美術館が多く立ち並ぶ界 仙石原では、キャンバスに見立てた真っ白な氷を、好みの色のシロップで自由に彩ることができる「アートかき氷」をご用意。いちごや旬の青みかんといった鮮やかな色合いのシロップを絵の具のように並べて、好きな色や味の組み合わせを楽しむことができる。器は小田原のガラス作家、「ipada(イパダ)」の 濱舘 寛氏と村木 未緒氏による手作りの器を使用した。

    時間:15:00~17:00/場所:食事処またはロビー

     

    【NEW】加賀棒茶かき氷:界 加賀(石川県・山代温泉)

    芳ばしい香りとすっきりとした味わいで、江戸時代から長年親しまれている加賀棒茶。その加賀棒茶のシロップと金箔をかけて、華やかな九谷焼の器で食べる伝統香るかき氷。加賀らしさを存分に詰めこんだかき氷が夏を彩る。

    時間:18:00〜20:30/場所:トラベルライブラリー

     

    藍いちごかき氷:界 鬼怒川(栃木県・鬼怒川温泉)

    栃木名産の藍いちご(別名:ブルーベリー)を使ったかき氷。栃木県は知る人ぞ知るブルーベリーの名産地で、夏にはブルーベリー狩りに多くの観光客が訪れる。かき氷が人気の「日光アグリ工房」が、採れたての生のブルーベリーを使って界 鬼怒川専用のシロップを仕立てた。果実の粒をシロップに残すことで、ブルーベリー本来の酸味と甘味を楽しむことができる。

    時間:15:00~16:30/場所:食事処

     

    その土地ならではのかき氷を食べて、地域の魅力をさらに奥深く感じてみてほしい。

    TALENT PROFILE

    Azumi

    Wyolicaのヴォーカルとして1999年大沢伸一プロデュースでデビュー。優しく透明感のあるヴォーカルと、穏やかで切ない歌詞・メロディーを核に、振れ幅のある、且つオリジナリティ溢れるアイデンティティーを披露。スネオヘアー、FLOW、SOFFetをはじめ、様々なアーティストとコラボレーションし、特に Steady&co.「Only Holy Story feat.azumi」はアルバム曲ながらも大ヒットとなり、現在でも根強い人気を誇る。 2011年、ソロ活動再開と同時に、DJ活動も開始。 親交の深いピアニストを招き、JAZZYでPOPなAzumiワールドを凝縮した1stソロアルバム「ぴあのとあずみ」、2013年4月リリースのガールズポップスを大胆にジャズアレンジしたカヴァーアルバム「NEW STANDARD」は、共にiTunes Jazzチャート1位、総合アルバムチャートTOP10入りを記録し好評を博した。 2012年にはヘアアクセサリーブランド「Tuno by Azumi」を設立し、デザイナーとしても活躍中。伊勢丹新宿店やBEAMSなど、全国セレクトショップにて取り扱われており、アパレル業界でも注目されている。 2015年12月2日にファーストオリジナルソロアルバム「CARNIVAL」をWARNER MUSIC JAPANよりリリース。また2016年夏公開映画「函館珈琲」へ女優として初出演、そして主題歌「Carnival」が起用されるなど、幅広く活躍中。 Tuno by Azumi http://www.tunobyazumi.com

  • 星のや富士、富士山でラグジュアリーな「登山プログラム」を今年も開催

    10.May.2019 | SPOT

    日本初のグランピングリゾート「星のや富士」では、2019年9月1日〜9月9日の期間中の全4日程で、「グラマラス富士登山」を今年も開催。2017年から開催し、毎年好評を博している当プログラムだが、今年は星のや富士での登山前後のサポートとして特別な夕食を提供するなど、プログラム内容をさらに進化させて提供する。

     

    富士山は、多くの人が「一生に一度は登ってみたい」と思っているもの。しかし、装備の不足や、日帰り登山などのハードなスケジュールにより体調を崩し、登頂を断念するケースも少なくない。さらに、そのような情報を耳にすることで、登山経験の少ない人には装備の手間や体力の不安がつきまとい、なかなか挑戦できずにいるケースも。そこで星のや富士は、富士山5合目の登山口まで車で約1時間という立地を生かし、安心で快適に富士登山を楽しむことのできるプログラムを提供する。

    富士山は2013年に「富士山ー信仰の対象と芸術の源泉」として世界文化遺産に登録された。今も富士山周辺に点在する浅間神社、登山道の鳥居や社にも文化的奥深さをうかがい知ることができる。ただし、その文化を学び楽しむには、登山中の精神的・体力的余裕が必要。そのためにも登山全体へのサポートが必要と考え、本プログラムの開発に至った。

    登山部分をサポートするのは「富士山登山学校ごうりき」。2002年の設立以来、少人数でのツアーにこだわり、事前のカウンセリングや日中登山を採用し、徹底的に安全に配慮した富士山登山のガイドサービスを行っている。

     

    本プログラムでは、原則として登山は日中行う。登山初日の昼頃に5合目を出発し、夕方に山小屋へ到着したら翌朝までしっかり睡眠をとり、体力の回復を図る。翌日は夜明け後に山小屋を出発し、午前中に山頂に到着するスケジュールとなっている。

    宿泊する山小屋は、標高約3000mにある「海抜一万尺東洋館」。1組(5名まで)で1室を貸切利用。一般的な山小屋は、大部屋での寝袋や、二段ベッドが主流。だが、今回の部屋は、プライベートが保たれた個室となっている。さらに、星のや富士と同じリネンでベットメイクをしたマットレスを設置。また、夕食には、星のや富士監修のビーフシチューやワインが用意され、ホテルレベルのサービスを受けることができる。他にも、山小屋での足湯のサービスやガイドによる星空案内など、快適で贅沢な環境で登山を楽しめる。

     

    星のや富士では、登頂の達成感や絶景を堪能するだけでなく、富士山がもつ歴史や日本人に影響を与えた文化的背景を学び、知的好奇心を満たすことが「グラマラス」な富士登山だと考えている。一般的な富士登山に比べて時間をかけたスケジュールになっているため、山道の社でお参りをしながら、富士山信仰の足跡を辿るように進むことができる。

    また、参加者をもてなすための「星のや富士流御師料理」を今年から夕食として提供。メニューは、「ほうとう」や「せいだのたまじ」など、地元の郷土料理を参考にしたもの。

    前泊では、登山中のエネルギー補給に最適な行動食づくりをグランピングマスターのレクチャーのもと行う。ドライフルーツやナッツなど好みの食材を選び、チョコレートでコーティングしたり、砂糖漬けにするなど翌日からの登山に役立つ行動食をつくる。

    後泊では、下山後の疲れた体をやわらげるフットトリートメントとハーブバスを受けることができる。富士山登山を経験した人の声としてよく聞かれることは「登りよりも下りの方が辛い」というもの。不規則な下り坂の連続は、想像よりも足への負担がかかるため、星のや富士にチェックインをしたあと、フットトリートメントを受け、ハーブバスでくつろぐことでその疲労をやわらげる。

     

    これまでにない、贅沢な富士登山を体験してみてはいかが?

  • 中田ヤスタカ・EXILE MAKIDAIなど豪華出演者が集結「ASOBEACH!!!」沖縄で開催

    12.April.2019 | SPOT

    ロングランイベントとして人気を博してきた野外音楽フェス「ASOBEACH!!!(アソビーチ)」が、2019年6月1日(土)・2日(日)の2日間、那覇市・波の上うみそら公園にて開催決定。Food・Music・Artなど、夏を先取りする様々なリゾートイベントが行われる「Okinawa E-motion」(5月18日〜6月2日)のファイナルイベントとして、2年ぶりの開催となる。

    出演者は、日本を代表する音楽プロデューサー/DJの中田ヤスタカ、中田ヤスタカのメインユニットCAPSULE、☆Taku Takahashi(m-flo)、EXILE MAKIDAI(PKCZ®)、TeddyLoid、米良美一、DJやついいちろうなど豪華DJ・アーティストが集結。沖縄の海風を感じながら、多様なジャンルの音楽を楽しめる。現在、プレイガイドにて前売り券発売中。

     

    本イベントが開催される「Okinawa E-motion」では、マジック&フードフェスを融合した「マジックビーチ&ビーチバルウォーク」(5月18日、19日)、きゃりーぱみゅぱみゅ主催の対バンイベント「KPP CAMP」(5月25日)、那覇市飲食店のハシゴイベント「バルウォーク那覇」(5月25日)などを開催。ファイナルを飾る「ASOBEACH!!!」が行われる6月1日(土)・2日(日)は、人気フードフェス「OKINAWA FOOD FLEA」が同時開催されるのでそちらもお見逃しなく。

    TALENT PROFILE

    CAPSULE

    Perfume、きゃりーぱみゅぱみゅのプロデュースをはじめ、「LIAR GAME」シリーズのサウンドトラックや映画「スター・トレック イントゥ・ダークネス」の挿入楽曲ほか国内外数々の音楽制作を手がける“中田ヤスタカ”自身のメインの活動の場となるユニット。1997年にボーカルのこしじまとしこと共に結成。2001年にCDデビュー。作詞・作曲・編曲はもちろん、演奏・エンジニアリングなどすべてを中田ヤスタカ自らが手がけるオールインワンなスタイルから繰り出される自由奔放かつ刺激的な楽曲群に、音楽界のみならず、服飾や美容、映像などクリエイティビティを共有するシーンからも熱い支持を得ている。ワールドワイドの大型フェスにも多数出演し、音響・映像・照明まで徹底的に構築したパフォーマンスでオーディンスを熱狂させている。

  • 5月・6月の沖縄を楽しむ!きゃりー主催の対バンイベント「KPP CAMP」など沖縄で開催決定

    05.April.2019 | MUSIC / SPOT

    夏の暑い時期や、春休みに観光客が集中する沖縄。閑散期とされる5月GW明けから6月の期間は梅雨期となり観光客には敬遠されがちだが、実は長雨が少なく、暑すぎず過ごしやすい。また、旅行費用もお得なベストシーズンであることは実はあまり知られていない。


    そこで今年よりスタートしたキャンペーン「Okinawa E-Motion(沖縄イーモーション)」。国内で最も早い夏をフライングゲット(先取り)する「 #フライングサマー 」をキーワードに、様々なリゾートイベントを開催する。

     

    初年度となる今年は、5月18日(土)~6月2日(日)の期間、「Food」+「Music」+「Art」をコンセプトにしたリゾートイベントが集結。マジック&フードフェスを融合したオープニングイベント「マジックビーチ&ビーチバルウォーク」を皮切りに、きゃりーぱみゅぱみゅ主催の対バンイベント「KPP CAMP」、那覇市飲食店のハシゴイベント「バルウォーク那覇」、アーティストやDJが集結する野外音楽フェス「ASOBEACH!!!」、人気フードフェス「OKINAWA FOOD FLEA」などが開催される。また、フォトジェニックスポットとしての「Art Spot」の設置、限定マリンアクティビティの実施など、その他リゾートイベントも続々と参加予定。今後も規模を拡大していく。

    5月25日 KPP CAMP 

    KPP CAMPは、きゃりーぱみゅぱみゅが主催する「異色の組合せ」がテーマの対バンイベント。昨年6月に日比谷野外音楽堂にて初開催された。

    2回目の開催となる今回の対バンアーティストは、作詞・作曲、アレンジまでこなす天才肌のシンガー/ソングライター“清水翔太”、そして、中毒性のある歌声を持つ覆面女性シンガー“コレサワ”の2組に決定。沖縄の野外で、令和最初の夏を先取りする一夜限りのスペシャルイベントをお楽しみに!

    琉球日産DAYZ Presents KPP CAMP in OKINAWA ~恋愛って一生難しいですよね編~
    公演日:2019年5月25日(土)
    開場・開演:15:00・16:00
    会場:沖縄 宜野湾海浜公園 屋外劇場
    出演:きゃりーぱみゅぱみゅ / 清水翔太 / コレサワ
    チケット料金:指定席 ¥5,000(税込)・指定席(学割)¥4,000(税込) *入場時学生証の確認あり。
    チケット発売日:2019年4月26日(金)

    先行受付期間:2019年4月5日(金)18:00~4月9日(火)23:59
    KPP FC 先行受付:https://kyary.net/(※KPP CLUB にログイン後、お申込みください)
    KPP CAMPオフィシャル先行受付:https://pia.jp/v/kppcamp19hp/

    4月12日(金)より限定特典付きKPP CAMP JTBアクセスツアーの募集開始
    https://jtb-entertainment.net/tour/2019/kpp/
    ※上記サイトは4月12日(金)17:00にオープンとなります。
    ※アクセスツアーのプランにコンサートチケットは含まれておりませんのでご注意ください。

    *4歳以上チケット必要、3歳以下膝上可。但し、席が必要な場合はチケット必要。
    *雨天決行 / 荒天中止

    問い合わせ:PM AGENCY 098-898-1331 平日10:00-18:00(https://www.pmnet.co.jp

     

     

    5月25日 バルウォーク那覇

    バルウォーク那覇は過去6回開催された人気フードイベント。実行委員会が「行きたかった名店、知らなかったこんなお店」をコンセプトに選んだ那覇の飲食店が勢揃いする。オリジナルガイドマップを手に5つのお店をハシゴし、那覇のまち文化を感じながら、新たなグルメに舌鼓を打とう。

     

    6月1日・6月2日 ASOBEACH!!!/OKINAWA FOOD FLEA

    これまでロングランイベントとして、さまざまなコンテンツで好評を博してきた野外音楽フェスASOBEACH!!!がOkinawa E-Motionのファイナルを飾るメインイベントとして開催される。那覇市波の上うみそら公園を舞台に音楽の「ASOBEACH!!!」と食の「OKINAWA FOOD FLEA」の共同開催を実現。#フライングサマー「夏の先取り」を体感できるOkinawa E-Motionならではのコンテンツを実現した。

    他にも様々なイベントが開催される予定。それぞれのイベントの詳細は公式サイトで確認してみて。

    TALENT PROFILE

    きゃりーぱみゅぱみゅ

    高校を卒業した2011年夏に、ワーナーミュージック・ジャパンから、中田ヤスタカ(CAPSULE)プロデュースによるミニアルバム「もしもし原宿」(8/17発売)でメジャーデビュー。2012年5月に発売した初のフルアルバム「ぱみゅぱみゅレボリューション」は、オリコンデイリーチャート初登場1位、さらにiTunesでも日本総合チャートや世界各国のエレクトロチャートで1位を獲得。その後、自身初となる全国ツアー、日本武道館単独公演、NHK紅白歌合戦初出場と快進撃を続ける。 2013年には、初めてのワールドツアー(8つの国と地域、13都市)を大成功させ、2013年6月に満を持して発表したセカンドアルバム「なんだこれくしょん」は、オリコンウィークリーチャート初登場1位を獲得。 そして2014年、2度目となるワールドツアー(11の国と地域、15都市)も大成功で終え、サードアルバム「ピカピカふぁんたじん」は、北南米、欧州、オセアニア、アジア圏など世界4大陸、15ヶ国(地域)で同時発売。2作連続となるオリコンウィークリーチャート初登場1位を獲得。そして約3万5千人を動員したホールツアー 「きゃりーぱみゅぱみゅの雲の上のHEAVEN’S DOOR」(15都市17公演)、さらに自身最大規模のアリーナツアー「きゃりーぱみゅぱみゅの からふるぱにっくTOY BOX」(9公演)が大盛況のうちに終了した。 そのかわいい容姿からは想像がつかないほど自由奔放で、オリジナリティ溢れる表現でファンを魅了し続けている。アーティスト活動とファッション面での活動を掛け合わせた、『HARAJUKU』のアイコンとしての存在が、全世界から注目を集める。

  • トリップアドバイザー「家族旅行に人気!沖縄ホテルランキング2019」を発表

    29.March.2019 | SPOT

    トリップアドバイザーは、国内の利用者から寄せられた口コミをもとにつくられた「トリップアドバイザーで家族旅行に人気!沖縄ホテルランキング2019」を発表。

     

    トリップアドバイザーが先日行った調査によると、国内の子連れ家族旅行で人気の場所の上位3位は、沖縄、東京、京都という結果に。また、沖縄はトリップアドバイザーの各種ランキングにおいても国内外を問わず旅行者に選ばれる人気の観光地となっており、特に口コミの傾向をみると家族旅行に人気がある。

    1位「ホテル日航アリビラ ヨミタンリゾート沖縄」(読谷村)

    口コミには「ホテルには、屋外プールと屋内プールがあります。目の前には、ビ一チがあり子供達はきれいな海に大喜び」と大人だけでなく、子供も楽しめる環境であることや「離乳食を提供してくれるレストランがあるため安心して過ごせるホテルです」など、小さい子どもを連れた家族に嬉しいサービスが充実していることが伺える。

     

    2~20位までの結果は、公式サイトでチェックしよう。沖縄旅行を考えている方はぜひ参考にしてみて!

  • シーサーがお出迎え!「スターバックス コーヒー 沖縄本部町店」オープン

    24.March.2019 | FOOD / SPOT

    自然豊かな海、山が広がる沖縄県国頭郡本部町に持続可能な社会を目指したいくつかのアクションと、その活動を世界に発信する店舗と位置づけ、スターバックス リージョナル ランドマーク ストアとして「スターバックス コーヒー 沖縄本部町店」 が2019年3月22日(金)オープンする。

     

    「スターバックス コーヒー 沖縄本部町店」は、沖縄県北部の沖縄美ら海水族館のある国営海洋博公園前のアラ マハイナ コンド ホテルの敷地にドライブスルー併設の店舗として出店。店舗のデザインコンセプトは、“コーヒーゆんたく”。ゆんたくとは、沖縄県の言葉でおしゃべりやだんらんを意味する。地域の方、観光などで来られる方にとって、この場所がコミュニティとなり、地域・人・スターバックスが店舗を通じてたくさんのつながりが生まれる空間となるようにデザインされた。

     

    店舗の外観はコンクリート造りの二階建ての建物に、入口には沖縄の守り神のシーサーが客をお出迎え。外壁には琉球かすりの縫い目をイメージしたコンクリート製のパネルや建物の基礎部分には沖縄の海と珊瑚礁からできる琉球石灰岩を使用し、地域特性を取り入れた。

    スターバックスは、昨年7月に2020年末までに全世界のスターバックス店舗において、プラスチック製のストローを全廃することを発表。日本でも、段階的に使い捨てプラスチック削減を通じた持続可能な社会の実現に貢献していくことを約束している。この使い捨てプラスチック削減に向けたアクションの中で、同店舗では、海に漂流されたプラスチックゴミをアート素材として活用。世界に1つだけ、ここだけのオリジナルのアートを作成し、設置している。

    このアートは、国内外の様々な場所でゴミや漂流物などを使い、作品の制作をしているアーティスト・淀川テクニック監修の元、沖縄県のバリスタたちが地域の人たちとともに、地元の海岸でビーチクリーンを行いプラスチックゴミを収集。

    そして、拾い集めたプラスチックゴミを素材にして淀川テクニックによるワークショップ「ゴミジナル工作」に参加した本部町の小学生が小さな作品を制作し、それをアーティストがひとつにまとめて “大きな魚のアート”として仕上げた。

     

    また、沖縄本部町店が位置するやんばるエリアは、海や山の豊かな自然が広がる場所。店舗から海洋博公園の緑や東シナ海も楽しむことができ、この自然の恵みが持続可能なものであるために、1階のコミュニティテーブルには沖縄の県木である琉球松を使用し、地元の職人が手掛けたテーブルを設置している。

     

    沖縄に訪れた際は、是非スターバックス コーヒー 沖縄本部町店に足を運んでみて。

  • Travel Japan #9 沖縄の雨がくれたプレゼントのような1日

    18.March.2019 | FEATURES / SPOT

    空が泣き出した!

     

    季節はずれの夏を感じに来た沖縄なのに、まさかの雨。濡れて濃くなるコンクリートの色を見つめながら決意した。

     

    「想定外の天気さえ、ポジティブに変えてしまおう」

    空から降る雫は甘いドロップス。小さな子どもになったつもりで想像力を膨らませる。気分が上がる折りたたみ傘も用意した。これさえあればまだまだ冒険できるから、とにかく前に進まなくては。

    雨宿りするために入ったかわいいカフェ。

    オープンテラスからはあの海が見える。青かった海は霧がかかり、白く高い波が寄せては返す。

    雨を避けて誰もいなくなったビーチは、ちょっぴり寂しいけれど、大きな海を独り占めしたような気持ちにもなれる。

    トロピカルなフルーツジュースだけがこの空間の常夏。だけど、ちぐはぐなテンションも悪くない。

    グラスについた水滴をぬぐいながら、ハイテンションな傘のデコレーションに心を奪われていた。

    これはきっと、雨の日をカラフルにしてしまう、魔法の傘なんだ。

    ジューシーなオレンジにかぶりついて、すっぱくなった口の中。雨の音はますます強くなるけれど、そんなこともおかまいなしの私だ。

    次なる冒険は、カフェのすぐそばにあるショップへ。どこかから懐かしい音色が聴こえてくる。

    あちらこちらに陳列されていたのはオルゴールだった。

    こんなにやさしい音を聴くのはいつぶりだろうか。

    旅の思い出を音楽に乗せたくて、自分だけのオルゴールを作ることにした。

    ガラス細工のパーツは、どれもこれも小さな沖縄。

    サンゴ礁に灯台。私が思う小さな海の世界を形成していく。

    時間が経つのも忘れて、自分だけの世界に浸っていた。

    外からは、雨の音。それすらも、オルゴールの音色に聴こえてくる。

     

    沖縄の雨がくれたプレゼントみたいな1日。

    雨と、波と、小さく響くオルゴールの音を、私はずっと、忘れないと思う。

     

     

    Model / Mala Morgan

     

     

    雨の日もハッピーな気持ちになれるアイテム

    トップバリュ HOME COORDY今治製タオルハンカチ 無地 ネイビー398円(税込 429.84円) 規格:25×25cm

     

    今治製タオルハンカチ。やさしい肌触りのタオルハンカチが、突然の雨から救ってくれた。シンプルなボーダーとさわやかな青と白は、なんだか沖縄の海みたい。

     

    ※税込価格は小数点二位まで表示いたします。

    ※複数点購入される場合、小数点以下の端数も合計して消費税額を計算いたします。

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US