銀座から世界へ、日本茶の1種”煎茶”を発信する煎茶専門店「煎茶堂東京」オープン

08.November.2017 | FOOD / SPOT

世界初のハンドドリップ日本茶専門店「東京茶寮」を運営するLUCY ALTER DESIGNは、2017年11月3日(金)、東京・銀座5丁目に日本全国の高品質な煎茶のみを取り揃えたシングルオリジン煎茶専門店「煎茶堂東京」をオープンした。

main

煎茶は日本茶の1つで、日本人が飲んでいるほとんどの緑茶は「煎茶」。

「煎茶堂東京」は、東京オリンピック開催を控え世界から注目される街東京・銀座から、国内外へ向けて高品質な煎茶とその楽しみ方を提案する物販店舗。江戸時代から日本の居間にあったお茶である「煎茶」を、現代のライフスタイルに合わせて見つめ直し、新たな形を提案している。

sub1

日本で急須が使われ始めた宝暦6年(1756年)以来、約260年ぶりとなるリデザインを目的に、新たな日本茶の抽出器具「透明急須」を発売。「究極にシンプルにお茶を淹れられる」ことをコンセプトに、現代のライフスタイルに合わせてデザインされた1人前サイズの急須だ。

sub2

「割れる、かさばる、洗いにくい」「美味しく淹れる方法がわからない」そんな急須の煩わしさを解消し、誰でも簡単に美味しくお茶を淹れられる。

sub3

ガラスのような透き通った本体は、特別な技術による極厚の樹脂で成形され「割れない・熱くない・省スペース」という機能性を実現。内容量は1人前120mlのみが入るよう限定され、わかりやすくシンプルなレシピで煎茶を楽しむことができる。家庭内だけでなく、屋外でのイベントやカフェでの店頭利用など、これまでよりも幅広いシチュエーションで使用できる。

 

更に、透明急須で楽しむことができる数々のシングルオリジン煎茶を、より直感的に選んでいただくための新たなパッケージを同時発売。

 

 

独自のアルゴリズムによって個性豊かなシングルオリジン煎茶を数値化し、それぞれの茶葉を色彩表現に置き換える試みを行った。これにより、茶葉の情報から固有の色が表され、言語を超えて茶葉の魅力を伝えるデザインとなったのだ。店舗では、これらすべてのシングルオリジン煎茶をお試ししてから購入可能。

 

好きな茶葉を見つけて、お茶菓子と共に上質なティータイムを楽しもう。

 

■Information

煎茶堂東京 (せんちゃどうとうきょう)

住所:東京都中央区銀座5-10-10銀座マルシマビル1F

営業時間:11:00~19:00

定休日:なし(年末年始・お盆を除く)

URL:http://www.senchado.jp/

 

【商品情報】

透明急須 3,500円(税込)

・シングルオリジン煎茶各種(アルゴリズムパッケージ) 1,900円(税込)~

・選べる5煎ギフトパック 2,100円(税込)

 

オンラインショップ:https://shop.greenbrewing.jp/

 

RELATED ENTRIES

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US