簡単にできる “キャラ弁”ならぬ “キャラごはん” レシピを紹介!今回の料理は “ふわふわしっとりリラックマパン”

17.December.2017 | FEATURES / FOOD

毎日の料理にひと手間加えてかわいらしいキャラクターに変身させてしまう、Kaoriさんの連載。少しのアイディアでいつものレシピがかわいく生まれ変わります。

 

今回は “ふわふわしっとりリラックマパン”をご紹介。

卵とバターがたっぷりと入ったリッチでふわふわしっとりで重みのあるパンです。

 

 

1:材料

S__9871537 copy

強力粉      320g

ドライイースト  小2

砂糖       大3

塩        小2/3

卵        1~2個(100g)

ぬるま湯     80cc

無塩バター    80g

 

ココア、カボチャパウダー  適量

チョコペン

 

2:

①ボウルに強力粉、イースト、砂糖、塩を入れる。この時発酵をスムーズにさせるためにイーストと砂糖を隣におき、塩は反対側におく

②ぬるま湯と卵を混ぜておく

③①に②を少しずつ入れ写真のようにひとまとまりになったらバターを加えてさらに捏ねる

★ここまではこね機でも手ごねでもどちらでも可能。

④ココアとカボチャパウダーを少量のお湯でといておく

⑤こね上がったら色をつけていく

 

こね上がりの生地全体量→640g

カボチャパウダー入り(キイロイトリ)→80g

ココアパウダー入り(リラックマ.木の幹部分)→320g

何も混ぜない(コリラックマ)→240g

S__9871538 copy

 

 

3:

分けて色付けしたら、このまま濡れ布巾をかけて40分程度放置。一次発酵させる。

★詳しい発酵の仕方はキティーちゃんのちぎりパンレシピを参考に

S__9871539 copy

 

 

4:

一次発酵が終わったら分割する。

キイロイトリ→80g

リラックマ→顔72g 耳4g×2

木の幹→160g

コリラックマ→顔72g 耳4g×2

★こね上がりは水分量やその日の天候などでも微妙に変化するので、こちらはおおよその目安。

 

分割が終わったらこのまま濡れ布巾をかけて、30分程度放置。二次発酵させる。

 

二次発酵が終わったら、180度に温めておいたオーブンにパン生地をいれ、140~150度にさげて、20分程焼く。途中で見て焼き色がついてしまいそうな場合はアルミホイルを被せる。

S__9871540 copy

 

 

5:

完全に冷めたらチョコペンで顔を描く。

耳、口、目は爪楊枝の尖っていない部分で、鼻の細かい部分は尖っている部分を使用すると書きやすい。

S__9871541 copy

 

出来上がり!

 

S__9871542 copy

今日はクリスマスが近いのでクリスマス風にデコレーションしてみました。

 

 

Kaoriさんの記事では様々な”キャラごはん”を紹介予定!

インスタグラムではたくさんのキャラごはんが紹介されているのでチェックしてみてください。

 

■プロフィール

窪田香理 (@kaopan27)

北海道在住、お料理、お菓子、パンでキャラフードを作ることが大好きです♡

家族が喜ぶ顔が見たくて、ちょっとしたひと手間でキャラフードや可愛いご飯に変身させることを楽しんでいます♡

Instaglamでキャラフードやキャラ弁をご紹介しています→ @kaopan27

RELATED ENTRIES

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US