日本の和菓子を楽しむ。豪徳寺「まほろ堂蒼月」

07.February.2018 | FOOD / SPOT

日本のスイーツ「和菓子」を食べたことはありますか?まだ食べたことない!という方にオススメしたい、世田谷区・豪徳寺にある和菓子店、まほろ堂蒼月をご紹介します。明るいお店の雰囲気同様、気さくなご主人が笑顔で出迎えてくれるアットホームさが魅力のお店です。

 

1_KS_10075

三軒茶屋出身のご主人が、世田谷区内で和菓子のお店を始めようと思い立ったのがお店のきっかけ。街の空気感や、窓から世田谷線が望める立地が気に入り現在の場所に出店をしたそう。

店名の由来は、見ると幸せになると言われている、ブルームーンを指す「蒼月」に、素晴らしい場所という古語の「まほろば」を掛け合わせています。

 

2_KS_10100

カウンターとテーブル2卓のイートインスペース。こちらは、和菓子を買いに来た年配の方が一休みできるようにとの想いからもうけられました。

 

3_KS_10078

「シンプルが好き」と語るご主人。店内は白を基調とし、床は土間作り。客席は古木を利用したリメイクオーダー品でまとめられ、清潔感を感じさせつつ温かみのある雰囲気にまとめられています。

 

4_KS_10014

和菓子だけでなく、手ぬぐいなどの小物も販売。こちらのてぬぐいは、代官山に本店を構える手ぬぐい専門店「かまわぬ」のものを取りそろえており、購入した和菓子の包装にも使うことも出来ます。

 

6_KS_10048

お店の自慢は自家製の餡子。大半の和菓子店は餡子屋から購入しているのに対し、まほろ堂蒼月では半日〜1日かけてじっくり餡子を練り上げています。その味わいは、すっきりとした上品なもので毎日食べても飽きないよう工夫を凝らされた逸品。お店の看板メニューは、青豆大福(税込170円)と招き猫の焼き印が目を引くねこどら(税込190円)。ちなみにこちらのねこどらは、招き猫発祥の地と言われている豪徳寺とのコラボレーション!

 

main&5

季節ごとの限定メニューも充実しており、今の季節はいちご大福(税込240円)がおすすめです。白あんとこしあんをブレンドした餡子は、いちごとの相性バツグン! ドリンクメニューは、静岡 水声園の茶葉を使用した煎茶やほうじ茶、京都産のお茶を使った抹茶に加え、コーヒーもご用意。

都内で数少ない路面電車の世田谷線を眺めながら、毎日でも飽きない和菓子を楽しめるまほろ堂蒼月。ゆったりした贅沢な時間の流れを感じたいなら是非訪れてみてください。

 

 

◼︎Information

まほろ堂蒼月

住所:東京都世田谷区宮坂1-38-19 ウィンザーパレス103
営業時間:9:00~19:00

定休日:月曜(祝日の場合は翌火曜)他、不定休有り

Tel:03-6320-4898
URL: http://www.mahorodou-sougetsu.com

 

Photo:Kayo Sekiguchi
Edit:Namiko Azuma
Text:Ryoichi Komaba

 

Source:she magazine http://she-mag.jp/diary/90096?wid=54544

RELATED ENTRIES

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US