RAM RIDER

「音と映像」をテーマに2003年本格活動開始。「PORTABLE DISCO」をサウンドコンセプトに掲げ、2004年にリリースしたシングル「MUSIC」がオリコンインディーズチャート7位を記録。各地のFMでもオンエアの度に問い合わせが殺到し話題となる。翌年6月に「ユメデアエルヨ」でメジャーデビュー。
その後11月にはSPACE COWBOYやRYUKYUDISKO等も参加した1st アルバム『PORTABLE DISCO』がダンスミュージックの枠を大きく超えるスマッシュヒットを記録。その後も、いち早くチップチューンを取り入れた「PORTABLE DISCO 8bit edition」、STUDIO 4℃が打ち出す映像と音楽の究極のコラボ企画「Amazing Nuts!」、フランフランのロングセラーコンピCD『space program 「STAR」 Compiled by RAM RIDER』の選曲・監修や新プロジェクト「PRIVATE PLANET」としてのフルアルバムのリリースなどRAM RIDER本体以外での活動も活発に行う。またプロデューサーやリミキサー、作曲家としての顔も持ち、V6や浜崎あゆみ、鈴木亜美、HALCALI 、SEAMO、SAWA、m-flo、SPEED等多くのアーティストの作品に参加し、2010年にはバカリズムのライブ音楽を手がけるなど活動の場を広げている。
2010年よりビジュアルシンク型非インタラクティブラジオ「オーディオギャラクシー」を開始し、それに連動したパーティーを東京でスタート。同名のコンセプトライブを引っ提げROCK IN JAPAN FESなど大型フェスティバルへでも数多く上演。現在も精力的に活動中。

TALENT RELATED ENTRIES

  • MOSHI MOSHI NIPPON FESTIVAL、第二弾出演者発表!でんぱ組.inc、RAM RIDER、やのあんななど決定

    02.November.2016 | FASHION / MUSIC

    日本のポップカルチャーを世界に向けて発信するMOSHI MOSHI NIPPONプロジェクトが仕掛けるイベント 「MOSHI MOSHI NIPPON FESTIVAL」 。 2014年に15,000人、2015年に 25,000人を動員し、東京以外にもワールドツアーを敢行。日本のファッション・音楽・フード・アニメなどを世界に向けて発信してきた。

    今年のイベントは11月24日(木)〜11月27(日)4日間、東京体育館にて開催。24・25日はBtoB向けのイベントを、26日(土)・27日(日) は日本ポップカルチャーをけん引するアーティストによるライブパフォーマンスや、ファッション誌で活躍するモデルによるファッションショーをお送りする。

    今回は、26日(土)・27日(日)に出演する第二弾モデル・アーティストと、追加コンテンツを発表!

    mermodel

     

    %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-02-18-00-26

     

    26日の追加出演者として、雑誌merが手がける「merステージ」に出演するモデル3名、辻千恵・阿部朱梨・荒井愛花の出演が決定。また、モデルとして出演が発表されていたやのあんながアーティストとしてもステージに立つことが発表された。

    %e3%81%a6%e3%82%99%e3%82%93%e3%81%af%e3%82%9a%e7%b5%84-inc

    ram-rider

    27日(日)の追加アーティストとして発表されたのは、国内外のフェスで活躍するアイドルユニットでんぱ組.inc、DJ・アーティストのプロデュース、楽曲提供など、多方面で活躍中のRAM RIDERの2組。

    また、ブースのコンテンツとして新たに発表されたのは、ハイブランドとのコラボやオリンピックの閉幕式でも注目を浴びた日本のキャラクター「PAC-MAN」の限定グッズの販売・展示と、モデルの私服を販売する私物マーケットの開催!ステージだけでなくブースエリアのコンテンツも見逃せない内容となっている。

     

    今後も追加情報はMOSHI MOSHI NIPPON WEBサイト、SNSアカウントで随時発表するのでお見逃しなく。

     

    ■関連記事:MOSHI MOSHI NIPPON FESTIVAL、第一弾アーティスト発表!きゃりー、CAPSULEなど世界で活躍するアーティストが出演

    ーーー

    ■Information

    MOSHI MOSHI NIPPON FESTIVAL 2016 in TOKYO

    会期:11月24日(木)~27日(日)

    ・24日(木)・25日(金)・・・もしもしにっぽんシンポジウム2016

    ・26日(土)・27日(日)・・・MOSHI MOSHI NIPPON FESTIVAL 2016

    場所:東京体育館(東京都渋谷区千駄ヶ谷1-17-1)

    チケット:全席自由 2,990円(税込)/1日券

    主催:「MOSHI MOSHI NNIPPON FESTIVAL 2016 in TOKYO」実行委員会

    企画・制作・運営:アソビシステム / ホットスタッフ / PIF / フロンティアインターナショナル

    演出:David J. Production Co. Ltd.

    イベントオフィシャル:http://fes16.moshimoshi-nippon.jp/

     

    TALENT PROFILE

    RAM RIDER

    「音と映像」をテーマに2003年本格活動開始。「PORTABLE DISCO」をサウンドコンセプトに掲げ、2004年にリリースしたシングル「MUSIC」がオリコンインディーズチャート7位を記録。各地のFMでもオンエアの度に問い合わせが殺到し話題となる。翌年6月に「ユメデアエルヨ」でメジャーデビュー。 その後11月にはSPACE COWBOYやRYUKYUDISKO等も参加した1st アルバム『PORTABLE DISCO』がダンスミュージックの枠を大きく超えるスマッシュヒットを記録。その後も、いち早くチップチューンを取り入れた「PORTABLE DISCO 8bit edition」、STUDIO 4℃が打ち出す映像と音楽の究極のコラボ企画「Amazing Nuts!」、フランフランのロングセラーコンピCD『space program 「STAR」 Compiled by RAM RIDER』の選曲・監修や新プロジェクト「PRIVATE PLANET」としてのフルアルバムのリリースなどRAM RIDER本体以外での活動も活発に行う。またプロデューサーやリミキサー、作曲家としての顔も持ち、V6や浜崎あゆみ、鈴木亜美、HALCALI 、SEAMO、SAWA、m-flo、SPEED等多くのアーティストの作品に参加し、2010年にはバカリズムのライブ音楽を手がけるなど活動の場を広げている。 2010年よりビジュアルシンク型非インタラクティブラジオ「オーディオギャラクシー」を開始し、それに連動したパーティーを東京でスタート。同名のコンセプトライブを引っ提げROCK IN JAPAN FESなど大型フェスティバルへでも数多く上演。現在も精力的に活動中。

  • 【MMNインタビュー】RAM RIDER @ MOSHI MOSHI NIPPON FESTIVAL 2015 in TOKYO

    29.December.2015 | FEATURES / MUSIC

    90年代中頃よりDJ、リミキサー、アレンジャーとして活躍し、現在は自身の活動と並行し数多くのアーティストのプロデュースや、TV、映画への楽曲提供など幅を広げているRAM RIDER。今回の「MOSHI MOSHI NIPPON FESTIVAL 2015 in TOKYO」(以下「もしフェス」)では最終日3日目のメインステージに登場し、会場を興奮の坩堝に巻き込みました。

    当日、会場で行われたスペシャルインタビューをお届けします。

     

     

    ――RAM RIDERさんは、これまでにも「もしフェス」に出演されたことがあるんですか?

     

    RAM RIDER:いえ、今回が初めてなんです。

     

     

    ――初出演にあたり、「もしフェス in Tokyo」の独自のよさ、他のフェスとの違いはどのようなところだと感じましたか?

     

    RAM RIDER:普段は海外の方に直接見ていただける機会は国内ではほとんどありませんけど、今回の「もしフェス」では海外の方々の優先エリアがあったりして、すぐ近くで見ていただけるからいいですよね。それぞれの国に持ち帰っていただいて、話題にしていただければいいなという期待があります。

     

     

    ――海外の方と一緒にお仕事をされることもあると思うのですが、日本のアーティストと仕事をするときとは何か違いがありますか?

     

    RAM RIDER:それほど違うことをやっているという感覚はないんですね。でも国内のアーティストとのやり取りは、意外と実際には会わずに終わっちゃうことがあるんです。海外のアーティストだと来日のタイミングに合わせて、直接お会いしてお話することが多いですね。そのときにご本人からダイレクトに感想をいただくんですけど、ストレートにエモーショナルな喜びを伝えていただけることが多いので、すごく嬉しいです。

     

     

    ――やっと会えたね!みたいな感じなんですね。

     

    RAM RIDER:ええ。さらに嬉しいのは、僕のリミックスバージョンを、実際にライブでも使ってくれてるんですよ。

     

     

    ――先ほど、相手が国内のアーティストと海外のアーティストかで、それほど違うことはやっていないというお話でしたが。

     

    RAM RIDER:どちらの場合であっても、基本的には「原曲からの距離」で考えるんです。原曲はこういう考え方だけど、僕はそれとは違う考え方でやってみようと。そういう部分は全く変わらないですね。

    DSC_6722_LR

     

    ――日本のDJは、一部では早い時期から評価されてきましたが、2000年代以降、それが一般に浸透してきていますよね。その過程で、意識の変化みたいなものはあったのでしょうか?

     

    RAM RIDER:そうですね、DMCの歴史を見ても、日本や韓国など、アジアのDJたちが早くから結果を残しています。僕自身はそれほどトリッキーなプレイをする方ではないので、自分の楽曲自体がより強い力を持つように、普段の制作から心がけています。それはセールスや露出に関しても同じで、おなじみのあの曲、みたいなものを増やしていきたいですね。

     

     

    ――DJのみなさんたちは、他のジャンルのアーティストと比べてもいち早く国境を越えるような活動をされてきたと思うんですけど、その中で「日本らしさ」のようなものを意識することってありましたか?

     

    RAM RIDER:日本らしさって、まず基本は日本語だってことだと思うんですよ。2000年代以降に、曲のタイトルもバンド名もアーティスト名も、全部日本語っていう人たちが一挙に増えたじゃないですか。日本語を使って、それがその日本語のまま海外へ広まっていくようになったのは、とてもいいことだと思うんですよね。

    今は世界中、使ってる機材も楽器も同じものだし、情報が伝わる速さだって一緒です。では結局どこに違いが出るのかっていったら、それは日本の風景を切り取ることであったり、あとはやはり日本語っていうことになりますよね。

    僕もTEMPURA KIDZとか、「和」っぽいアレンジはいっぱいやってきましたけど、例えば三味線を使うとか、そういうアイコン的なことをしなくたって、日本らしさは十分表現できると最近わかってきました。

     

     

    ――アイコン的でない日本らしさとは、例えばどういうことですか?

     

    RAM RIDER:それこそ「カワイイ」という言葉の持つ意味の多様性や、ファッションとかでもそうですけど、海外のものを取り入れたとき、それをそのままっていうのではなく、ちょっとアレンジを加えたりするところが日本的なところなのかなって、最近は思っています。

     

     

    ――RAM RIDERさんにとって、J‐POP CULTUREってどんなものなんでしょう?

     

    RAM RIDER:一言では難しいですけど、ある種の軽さとか、なんでも取り込んでいこうという貪欲さが魅力と言えるのではないでしょうか。アイドル文化はそれともまた違って、歌が上手いとか踊りが上手いとかっていう座標とは違うものをそれぞれのグループが持っていて、そこに人々の注目が集まっているというところが面白いです。

     

    ramrider-top

    ーー海外の活動で、何か印象に残っていることはありますか?

     

    RAM RIDER:ロサンゼルスのアニメ・エキスポには、自分の名前がどこまで浸透しているのかわからない状態で行ったんですけど、そこでは僕の過去のキャリアである、J-POPとか「エウレカセブン」などのアニメの音楽をかけたときの反応が信じられないほどすごかったんです。もちろん浮かれないで冷静に見なきゃいけない部分もありますけど、日本のアニメやJ‐POP CULTUREを好きな人って一定数はいるんだなと実感しました。

     

     

    ――海外の方々が、J-POPやアニメを入り口としてRAM RIDERさんの音楽に入ってくることもありますよね。そういうことについてはどうですか?

     

    RAM RIDER:海外を席巻していると浮かれるのではなく、一定数のファンは確かにいるので、その人たちをずっと楽しませ続けたり、そういう人を一人ずつ増やしていく努力をしないといけないですよね。

    日本にいて、日本の文化がこんなに海外で盛り上がっているというニュースを鵜呑みにするんじゃなくて、海外に実際に行ってみて、その反応に触れることが大事だと思うんです。

     

     

    ――今後行ってみたい国や街はありますか?

     

    RAM RIDER:アジアだとタイやベトナム、シンガポールなどには特に行きたいですが、行きたくない国を挙げるほうが難しいですね。フランスも行ったことがないので、ぜひ行ってみたいです。

     

     

    ――ご活躍を楽しみにしています。

     

    RAM RIDER:ありがとうございます。

     

     

    インタビュー:山田敦士

    写真:向山裕太、文:タナカトシノリ(SHUTTER)

    TALENT PROFILE

    RAM RIDER

    「音と映像」をテーマに2003年本格活動開始。「PORTABLE DISCO」をサウンドコンセプトに掲げ、2004年にリリースしたシングル「MUSIC」がオリコンインディーズチャート7位を記録。各地のFMでもオンエアの度に問い合わせが殺到し話題となる。翌年6月に「ユメデアエルヨ」でメジャーデビュー。 その後11月にはSPACE COWBOYやRYUKYUDISKO等も参加した1st アルバム『PORTABLE DISCO』がダンスミュージックの枠を大きく超えるスマッシュヒットを記録。その後も、いち早くチップチューンを取り入れた「PORTABLE DISCO 8bit edition」、STUDIO 4℃が打ち出す映像と音楽の究極のコラボ企画「Amazing Nuts!」、フランフランのロングセラーコンピCD『space program 「STAR」 Compiled by RAM RIDER』の選曲・監修や新プロジェクト「PRIVATE PLANET」としてのフルアルバムのリリースなどRAM RIDER本体以外での活動も活発に行う。またプロデューサーやリミキサー、作曲家としての顔も持ち、V6や浜崎あゆみ、鈴木亜美、HALCALI 、SEAMO、SAWA、m-flo、SPEED等多くのアーティストの作品に参加し、2010年にはバカリズムのライブ音楽を手がけるなど活動の場を広げている。 2010年よりビジュアルシンク型非インタラクティブラジオ「オーディオギャラクシー」を開始し、それに連動したパーティーを東京でスタート。同名のコンセプトライブを引っ提げROCK IN JAPAN FESなど大型フェスティバルへでも数多く上演。現在も精力的に活動中。

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US