【東京さんぽ】会いに行きたい喫茶店 #8 銀座の風景として歴史を刻む「銀座ウエスト」

05.October.2018 | FEATURES / FOOD / SPOT

東京の中心地として、華やかなだけでなく、文化や歴史が根付く街、銀座。

今日は、1947年の創業以来、この街で愛され続けてきた喫茶店「銀座ウエスト」にやってきました。

入る前から美味しそうなお菓子達がた〜くさん並んでいます。テイクアウトも可能。帰りはどれをお持ち帰りして、おやつの時間に食べようかな〜なんて妄想が膨らんできます♪

店内は清楚で統一感があり、老舗の品格を感じる内装。他の喫茶店とは違う、凛とした空間で、背筋が伸びるような緊張感があります。

たまには一人で贅沢な時間に浸るのもいいですね。

私が注文したのはケーキと紅茶のセット。(紅茶は税込1048円。ケーキセットはドリンクの金額にプラス税込324円)

なんとその日に提供されているケーキのサンプルを見せてもらうことができるのです。たくさんの種類のケーキに目移りしてしまいます。

その中でも一番人気だというのはこちら!

モザイクケーキ。

見た目がとにかくかわいい〜。

パシャパシャと写真を撮りたくなっちゃいました。

モザイクケーキは、ココアスポンジとバタースポンジをモザイクのように組み合わせたケーキです。それぞれの生地の味の違いがよく分かります。甘さ控えめなので重くなりすぎず、ペロっと食べちゃいました!

そしてそして!

私がずっと気になっていた白いクリームソーダ (税込1188円)。

 

クリームソーダといえば、緑色のメロンソーダにバニラアイスクリームを浮かべたものが一般的。ですがこちらは、着色料を使わない無色透明のソーダとバニラアイスクリームを合わせて真っ白に仕上げてあります。

お好みでシロップをかけて飲んでください。

見た目がとても上品。

味は、ほんのり甘いソーダを飲んだ後にバニラアイスを食べると絶妙なバランスになり、今まで食べたことのない味で、とても新鮮な感覚でした。

美味しかった〜。

店内の椅子には、ちょっとした工夫が!!

なんだかとても座り心地が良く、脱力しちゃうな〜と思っていたら、店長さんがその秘密を教えて下さいました。

整然と配置されたこの椅子には工夫があって、後ろの脚が前よりも少し開いているから寄りかかりやすく、より座り心地のいい椅子になっているそうです。 脚の長さも、座りやすい長さにカットしたのだそう。

なるほど〜〜。

だからこんなにも座っただけで落ち着く気持ちになって、何時間でもここに居られる気がしたのか!!

 

喫茶店ならではの配慮ですね。

そんなエピソードを聞くと、やっぱり喫茶店は、知れば知る程好きになる魅力がいっぱい詰まっている、素敵な場所なんだな〜と思います。

 

次はどこの喫茶店に出会えるかな?

次の連載もお楽しみに〜!

TALENT PROFILE

谷奥えま

『えまえり』の愛称で親しまれている青文字系双子モデル。双子ならではのファッションコーディネートや愛くるしいルックスにファンが急増中。また国内外問わず原宿文化をPRし、街の活性化に努める原宿観光大使も務めている。ファッション誌からTV、ドラマや映画の主演を務めるなど、ファッションモデル発のタレントとして幅広く活躍中。

RECOMMENDED ENTRIES

  • 東京さんぽ 会いに行きたい喫茶店 #7 古民家の庭で涼を取る、代官山「ウララ」

    15.August.2018 | FEATURES / FOOD / SPOT

    今日ご紹介したいのは、代官山にあるガーデンカフェバー、「ウララ」。

    夏はかき氷が大人気で、プライベートでもよく行く大好きなお店です。

    代官山のオシャレな街の中で、一風雰囲気の変わった古民家。

    なんのお店だろう?と、ついつい覗きたくなるような温かみのある外観をしています♪

    のれんをくぐり、中に入ってみると、木々に囲まれた中庭が現れました。どこからか鳥の鳴き声がして、風が吹くとサラサラと木の葉が擦れ合う音も。ここが東京だということも忘れ、田舎のおばあちゃんの家へ来ているような感覚になり、とても落ち着きます。

    ん?あれ?この不思議なオブジェは?

    これらの心をくすぐるユニークなオブジェ達は、中庭のところどころに散りばめられていて私たちを出迎えてくれます!

    写真スポットにもなりそうなこちらの看板。店名と同じ「ウララ」と書いてあります。ノスタルジーなデザインがかわいい!

    見ると、ティッシュペーパーと書いてある!!!インテリアとなったポスターや看板は、いろんな発見があって面白い!

    昔ながらの看板が今もまた違う店で、大切に使われ続けているって素敵ですね。

    今回私が頼んだのは宇治小豆のかき氷、練乳トッピング!(税込600円、練乳トッピング税込100円) 抹茶は京都の宇治の抹茶を使用しているそうです。ボリュームのあるかき氷は、見ているだけで涼しげ。

    いただきま〜す

    どこから食べようかな。。。

     

    かき氷は、中までしっかり抹茶が染み渡っていて爽やかな甘みがとっても美味しかったです。小豆は北海道の十勝産。練乳との相性も最高でした。 氷は日光の天然水を使用しているそうで、ふわふわしていて口当たりもよく、頭がキィーンとなりにくいのです!

     

    天然氷はふつうの氷と違い、ゆっくり固まるので結晶の密度が高く、溶ける時もゆっくり。シロップをかけたときにすぐクシャッとつぶれないのも特徴のようです!!

    こちらはブルーベリーシロップ。ブルーベリーは長野産で、お店でジャムから作っているそうです(税込600円)。色がとってもキレイですよね!

    ブルーベリーそのもののほどよい酸味があり、すっきりした甘さに舌鼓!

    私は普段お酒を飲まないのですが、ウララはカフェバーということで、モヒート(税込600円)もご紹介します。ミントが清涼感いっぱい!

    夏の暑い日は、かき氷と生ビールを合わせて注文する方もいらっしゃるそう。季節感のあるもので身体が満たされ、爽快になれそうですね。

    ウララに遊びにきているねこの、たまちゃんにも会えました♪

    私が以前行った時は、たまちゃんがお散歩に出かけていたので今回がはじめまして。

    最後にウララの宣伝を担当するプレスの新井さんとパシャリ!

    身長もほぼ同じで服の趣味も似ていたので、勝手に親近感がわいてしまいました。

    喫茶店や古民家カフェは、それぞれのお店に携わる人の世界観やお人柄が伝わってきます。

    「ウララ」はナチュラルで、自然との一体感を感じるセレクトが印象的なアパレルメーカー、聖林公司が展開しているのですが、スタッフさんはみんな生き物が大好きで、大らかな雰囲気がとても素敵でした。

    もしわたしが自分の店を出すならどんな店になるんだろう。。。

    ウララみたいな温かみのある店を出したいなぁ。

     

    ■Information

    ウララ

    住所:東京都渋谷区猿楽町20-10

    営業時間:平日:11:30~19:00(LO)土日祝:11:30~19:30(LO)

    雨天休業

    アクセス:東急東横線「代官山駅」徒歩4分

    URL:http://www.hrm.co.jp/news/2016/04/garden-cafe-bar-urara

     

    Photographer:Haruka Yamamoto

    Editor:Ai Watanabe

    Design:Yuko Abe(ASOBISYSTEM)

    TALENT PROFILE

    谷奥えま

    『えまえり』の愛称で親しまれている青文字系双子モデル。双子ならではのファッションコーディネートや愛くるしいルックスにファンが急増中。また国内外問わず原宿文化をPRし、街の活性化に努める原宿観光大使も務めている。ファッション誌からTV、ドラマや映画の主演を務めるなど、ファッションモデル発のタレントとして幅広く活躍中。

  • 【東京さんぽ】会いに行きたい喫茶店 #6 手塚治虫も愛した、浅草「アンヂェラス」

    13.June.2018 | FEATURES / FOOD / SPOT

    観光スポットが集まり、様々な国の人が訪れる浅草。浅草には喫茶店も多く、そのレトロな雰囲気に癒やされるべく、若い女性たちの間で人気となっています。

    今回は、70年以上の歴史を持つ浅草の喫茶店「アンヂェラス」にやってきました!

    手塚治虫さんなど、多くの著名人に愛されてきたことでも知られるこのお店は、今もなお多くの人の心を掴む、素敵な喫茶店。休日ともなると、満席になってしまうのだそうです。

    浅草と言えば、昔ながらの日本の街並みが並んでいるように思えますが、アンヂェラスはそんな建物の中珍しく、ヨーロッパ風の礼拝堂をイメージされているそうで、とても神聖で、温かみのある落ち着いた外観でした!

    お店に寄る予定がなくてもついつい足を止めてしまうような美味しそうなデザートがズラリと並んでます♪

    おいしそ〜〜 。

     

    さっそく中へ入っていきます!!

    どれも美味しそうで迷っちゃう〜〜。

    店内は3階建てとなっており、上の階から下を見降ろせる吹き抜けの状態になっています。

    一人で読書をしたい方などは2階の角にある、隠れ家のような場所もあるでゆっくりと自分時間を堪能できそうです♪

    座る場所によって雰囲気が全然違うので、早い時間に行って自分のお気に入りの場所を見つけるのも楽しそう!!

    アンヂェラスというのは、カトリック教会の祈りの時刻を知らせる合図の鐘の音だそうです。

    店内を見渡すと十字架や鳩など、平和を象徴するモチーフがちりばめられていました。

    今回私が頼んだのはプリンアラモード (税込930円)

     

    お皿の真ん中にはメロンが仕切りのように載せられ、バナナ・イチゴといったフレッシュフルーツのほか、缶詰めのパイナップル・黄桃、生クリームの下に隠れるようにバニラアイス、そして主役のプリンがひょっこりと隠れていました!

    まずはいちごからパクリ!!

    フレッシュな生クリームとフルーツの相性抜群で気付けばペロりと食べ終えていました。

     

    そして最後は主役のプリン!

    プリンは結構甘めの味付けで、ハリのある硬さに仕上がっていてとても美味しかったです。

    そして当店一番おススメのスイーツといったらこちら!

     

    50年以上変わらない味を保つ小さなノエル、アンヂェラス(税込330円)。黒と白の2種類あり、黒いアンヂェラスはコーヒー味のバタークリームをベースとした味わいで、仕上げにスウィートチョコでコーティング。

    白いアンヂェラスはバタークリームをベースにホワイトチョコでコーティング。

     

    どちらも甘すぎず食べやすい大きさでとってもおいしかったです!

    アンジェラスと並ぶお店の名物がこちら、ダッチコーヒー(税込620円)。ダッチコーヒーとは、水出しコーヒーのこと。見た目もとっても涼しいので、夏にぴったり。コーヒーがお好きな方は、ぜひ味わってみて下さいね。

    今この瞬間は私がここに座っているけど、70年前にはどんな人が何の会話をしたりしていたんだろうって考えたりするだけでわくわくする♪

     

    きっとこれから先、時代が変わってもこの場所は変わらず、沢山の方に愛され続けるんだろうなぁ 。

    時の流れと共に美しさが増していく喫茶店。そんな素敵な場所がまたひとつ、ふたつと増えていく 。

    次はどんな喫茶店に出会えるかな♡

     

     

    ■Informationアンヂェラス

    住所:東京都台東区浅草1-17-6

    営業時間:11:00〜21:00(L.O.20:40)

    定休日:月曜

    アクセス:東京メトロ銀座線 『浅草駅』1番出口より徒歩3分
    東武伊勢崎線『浅草駅』徒歩4分
    都営地下鉄浅草線『浅草駅』徒歩6分
    つくばエクスプレス『浅草駅』徒歩5分

    URL:http://www.asakusa-angelus.com

     

     

    Model&Writer:谷奥えま

    プロフィール:『えまえり』の愛称で親しまれている青文字系双子モデル。双子ならではのファッションコーディネートや愛くるしいルックスにファンが急増中。また国内外問わず原宿文化をPRし、街の活性化に努める原宿観光大使も務めている。ファッション誌からTV、ドラマや映画の主演を務めるなど、ファッションモデル発のタレントとして幅広く活躍中。趣味で年間150以上の喫茶店を訪れ、自分好みの喫茶店を開拓している。Instagram:@ematanioku

     

    Photographer:Haruka Yamamoto

    Editor:Ai Watanabe

    Design:Yuko Abe(ASOBISYSTEM)

     

    TALENT PROFILE

    谷奥えま

    『えまえり』の愛称で親しまれている青文字系双子モデル。双子ならではのファッションコーディネートや愛くるしいルックスにファンが急増中。また国内外問わず原宿文化をPRし、街の活性化に努める原宿観光大使も務めている。ファッション誌からTV、ドラマや映画の主演を務めるなど、ファッションモデル発のタレントとして幅広く活躍中。

  • 【東京さんぽ】会いに行きたい喫茶店 #5 ピザトースト発祥のお店 有楽町「café紅鹿舎」

    21.February.2018 | FEATURES / FOOD / SPOT

    “60年間以上愛される続ける喫茶店”

     

    今回私が訪れたのは、東京モダンカルチャーの中心地としてお馴染みの有楽町。こちらで今年創業61年を迎える老舗喫茶店、café紅鹿舎で絶品元祖ピザトーストを堪能してきました。お店は東京メトロ各線「日比谷駅」から徒歩2分、JR「有楽町駅」から徒歩4分と駅からのアクセス抜群です。

     

    DSC07369

    お店のスタートは、当時有楽町には映画館や劇場が多かったことから、観劇帰りにゆっくりとくつろげる場所を作りたいとの思いではじめたそうです。

    お店に着くと、今も変わらずオシャレなマダム達が一息つきに訪れるのを目撃。いつまでも変わらない景色があるって素敵だなと思いました。

     

    DSC07537

    café紅鹿舎はピザトーストの発祥として有名なお店。入り口にも元祖ピザトーストの看板が! これは気になる!!!

    さっそく中へ入っていきます〜〜♪

     

    DSC07515

    一歩お店へ足を踏み入れると……。ん? これはなんだ!?

    そう、café紅鹿舎はサイフォン式コーヒーが楽しめる喫茶店なんです。私はサイフォンの器具をこんなに間近で見るのが初めてだったので、興味津々で見入ってしまいました。

     

    DSC07518

    DSC07525

    DSC07528

    お店の中から、時代と共に変化していく日比谷の街を見つめてきた数々の器具やインテリアたち。時代の重みを感じさせてくれて、置いてあるだけでおしゃれに見える素敵な物ばかり! 店内は暖色系でまとめられ、ほっこりと落ち着く居心地のいい場所です。

     

    DSC07446

    こちらが名物のピザトースト(税込950円)。セットメニューも充実しており、ドリンクセットは税込1350円です。当時イタリアンレストランに行かないと食べられなかったピザを、気軽に食べられるようにとトーストでアレンジして作られたのが誕生のきっかけ。それから約半世紀の間、たくさんのお客さんに愛されつづけた人気メニューです。

     

     

    mmw_kissa05_02DSC07450

    お話を伺って、私も早速ピザトーストをオーダー! ドリンクはストロベリーシェイクを選びました。ちなみに、シェイクはセットには出来ないのでご注意を。

     

    DSC07470

    厚切りのトーストに、たっぷりと入ったチーズがビヨ〜ンっと♪ ピザトーストの魂はチーズにアリ!と言わんばかりのその存在感は、軽食としてだけでなくランチとしても大満足できるほどのボリューム。具材はサラミ、玉ネギやピーマンの定番に加え、マッシュルームが入っているのがちょっとうれしい。

     

    DSC07491

    パンはふわふわの食感! お腹空いていたのでペロリとたいらげました♪

    ご馳走さまです。

     

    DSC07590

    今回お話をお伺いしたオーナーの村上節子さん。ご主人思いの、とっても素敵な方でした。この取材では、お店の事だけでなくマスターの生き方や想いを聞く事もでき、私より長い人生を歩まれている方の御言葉は深くとても勉強になります。

     

    オーナーのお話は、キチンと自分の心の棚の中に大切にしまっておきました。また何かあったときは、教えて頂いた大切な言葉を頼りに頑張っていこう。

     

    ■Information

    café紅鹿舎

    住所:東京都千代田区有楽町1-6-8 松井ビル

    営業時間:9:30〜23:45(土曜、日曜、祝日9:00〜)

    定休日:無休

    アクセス:東京メトロ 日比谷線、千代田線、都営地下鉄 三田線「日比谷駅」徒歩2分 JR「有楽町駅」より徒歩4分

    URL:https://tabelog.com/tokyo/A1301/A130102/13002146/

     

    Model :谷奥えま

    DSC07474

    プロフィール:『えまえり』の愛称で親しまれている青文字系双子モデル。双子ならではのファッションコーディネートや愛くるしいルックスにファンが急増中。また国内外問わず原宿文化をPRし、街の活性化に努める原宿観光大使も務めている。ファッション誌からTV、ドラマや映画の主演を務めるなど、ファッションモデル発のタレントとして幅広く活躍中。趣味で年間150以上の喫茶店を訪れ、自分好みの喫茶店を開拓している。Instagram:@ematanioku

     

    Photographer:Haruka Yamamoto

    Editor&Writer:Ryoichi Komaba

    Design:Yuko Abe(ASOBISYSTEM)

     

    TALENT PROFILE

    谷奥えま

    『えまえり』の愛称で親しまれている青文字系双子モデル。双子ならではのファッションコーディネートや愛くるしいルックスにファンが急増中。また国内外問わず原宿文化をPRし、街の活性化に努める原宿観光大使も務めている。ファッション誌からTV、ドラマや映画の主演を務めるなど、ファッションモデル発のタレントとして幅広く活躍中。

  • 【東京さんぽ】会いに行きたい喫茶店 #4 猫好きは必見! 新宿三丁目「カフェアルル」

    21.December.2017 | FEATURES / FOOD

    “サービス精神旺盛なオーナーと猫ちゃんに癒される!”

     

    私、谷奥えまが、一度は行ってみたい純喫茶を紹介する連載第4回目。今回は新宿三丁目にあるカフェアルルに行ってきました。
    ここのお店は、猫がいるとの噂を聞いて以来ずっと行ってみたかったんだ〜♪♪

    お店は、都営新宿線「新宿三丁目駅」から徒歩5分以内で着くので、とても行きやすい場所。新宿末廣亭の辺りをテクテク歩いてると、なんだか猫が居そうな雰囲気のお店が見えてきました。

    DSC05483

    そう! カフェアルルの入り口には、猫や犬の置物がいっぱい!

    なぜだか入る前からわくわくな気持ちでいっぱいでした。

    DSC05392

    早速、お店に入ってみるとチラッと猫ちゃん登場。

    DSC05630

    笑顔が素敵なマスターもお出迎えして頂きました♪♪

    帽子にひょっこり猫のブローチ。マスターの猫愛がすっごく伝わってきました。

    DSC05509

    店内を見渡してみると、猫!猫!猫!猫グッズでいっぱい!!

    猫グッズ以外にも、マスターが趣味で集めているピエロのグッズが所狭しと飾られていました。

    DSC05619

    カフェアルルは初めて訪れたのに、すっごく居心地が良くて穏やかな気持ちになる喫茶店。マスターに喫茶店をはじめたきっかけをお伺いすると、意外なお話を聞くことが出来ました。

    mmw_kissa04_03

    当時、マスターが雀荘で働いていたとき、知り合いの方に喫茶店をやらないかというお誘いがあったんです。趣味で集めていた絵画を飾る場所を探していたこともあり、また、自分の好きな音楽やメニューなど、自由にお店作りをするのは楽しそうだなって思ってはじめたんだとか。

    DSC05616

    お店にはたくさんの絵画も飾られています。中でも、現代芸術作家の近藤智美さんによる、店内をモチーフにした作品『巨匠をよろこばす 股をひやす』は、看板猫のイシマツくんとジロチョウくんが、思い切りだらけている姿が超かわいい!

    mmw_kissa04_02DSC05556

    カフェアルルは楽しいが楽しいを引き寄せ、喜んでくれるお客さんの愛や喜びがいっぱい詰まった素敵な空間。だから、はじめてでもこんなに居心地よく、時間を過ごせるんだなと思いました。

    DSC05546

    マスターにオススメのメニューを聞くと、「あなたがいま一番食べたいものがオススメだよ!」という名言をいただきました。というわけで、わたしの気持ちは今ナポリタンを食べたかったので、ナポリタン(税込720円)を頼みました(笑)。

    DSC05547

    こちらはサービスで出しているという、バナナとジャイアントコーン❤ こういう気遣いがすっごくうれしい!

    DSC05596

    ナポリタンは昭和レトロを感じさせる、家庭的な優しい味でとっても美味しかったです。また、ドリンクやスープ、サラダがサービスで付いていてボリューム満点。

     

    DSC05432

    お腹が満たされた後は、マスターのご厚意で、看板猫のジロチョウくんをお散歩させてもらいました。

    猫を散歩するなんて初めてだったからとても新鮮!!!

    DSC05469

    とてもおとなしい性格なので、お散歩しやすかったです。ちなみにオーナーのことが大好きなジロチョウくん。いつもオーナーが車でお店にやってくると、エンジンの音を聞き分けて出迎えしてくれるんだとか。

    mmw_kissa04_01DSC05657

    喫茶店をはじめて今年で40年になるそうですが、「ずっと楽しかった」と幸せそうにマスターは話してくれました。“みんなが喜んでくれることをやろう”と思ってやっているとみんなが応援してくれる。そういう優しさの連鎖が今日までお店が続けられた原動力なのかなー。

     

    心温まる喫茶店に出会えて良かった。

    またいきたいなぁ〜。そしてまたマスターとお話しがしたいです。

     

    ■Information

    カフェ アルル

    住所:東京都新宿区新宿5-10-8 1F

    営業時間:11:30〜22:00

    定休日:日曜、年末年始

    アクセス:都営新宿線、東京メトロ丸ノ内線「新宿三丁目駅」から398m

    URL:https://tabelog.com/en/tokyo/A1304/A130401/13087540/

     

     

    Model & Writer :谷奥えま

    DSC05571

    プロフィール:『えまえり』の愛称で親しまれている青文字系双子モデル。双子ならではのファッションコーディネートや愛くるしいルックスにファンが急増中。また国内外問わず原宿文化をPRし、街の活性化に努める原宿観光大使も務めている。ファッション誌からTV、ドラマや映画の主演を務めるなど、ファッションモデル発のタレントとして幅広く活躍中。趣味で年間150以上の喫茶店を訪れ、自分好みの喫茶店を開拓している。Instagram:@ematanioku

    Photographer:Haruka Yamamoto

    Editor:Ryoichi Komaba

    Design:Yuko Abe(ASOBISYSTEM)

     

    TALENT PROFILE

    谷奥えま

    『えまえり』の愛称で親しまれている青文字系双子モデル。双子ならではのファッションコーディネートや愛くるしいルックスにファンが急増中。また国内外問わず原宿文化をPRし、街の活性化に努める原宿観光大使も務めている。ファッション誌からTV、ドラマや映画の主演を務めるなど、ファッションモデル発のタレントとして幅広く活躍中。

  • 【東京さんぽ】会いに行きたい喫茶店 #3 レトロな店内が魅力的な上野「ギャラン」

    15.November.2017 | FEATURES / FOOD / SPOT

    “高度経済成長期のエネルギーを真空パックしたような不思議なお店”

     

    今にはないノスタルジーを求めて、古き良き喫茶店を巡り歩く連載第3回目!

    私、谷奥えまが愛してやまないレトロ喫茶店を今回もご紹介します。今回は、昭和ムードが未だ残る街、上野のギャランにやってきました。

    ギャランのオープンは1977年。当時から現在まで、たくさんの方に愛され続けて、今年で創業40年を誇る大ベテランの喫茶店です。ちなみに店名のギャラン。なんか宇宙っぽいっていうか、ちょっと変わった名前ですよね? お店の方に由来を尋ねてみたところ、車好きのマスターが三菱のギャランという車にちなんでつけたというお話を聞かせてもらいました。まさか車の名前が喫茶店名になるなんて!? でも、響きが良くて覚えやすいから大成功なのかも。

     

     

    さてさて、前口上はこの辺にして早速、店内へ行ってみましょう!

    DSC09347 copy

    ギャランはビルの2階にある喫茶店。ビルの階段を上ってみると、そこはもはや現実とはかけ離れた別世界が広がっていました。入り口がシックなレンガ造りだっただけに、ギラギラとしたもので溢れている店内のギャップに驚かされました!

    DSC09353 copy

    ここにも!

    DSC09262 copy

    あそこにも!!ギラギラがいっぱい

    DSC09274 copy

    まず私が気になったのはスタッフさんの制服! 凄くかわいい……。最近ではなかなか見かけない、赤×黄の組み合わせがお店のレトロムードをさらに引き立ててくれています

    ちなみに男性スタッフは赤×黒!!

    黒ベースで男性らしいピシッとした色だけど、チェックのベストでレトロ感が出て素敵〜。さらに店内には昭和の歌謡曲が流れていたので、ほんとにタイムスリップしたかのような気分になりました。

    DSC09090 copy

    そしてそして! 私が頼んだメニューはこちら!!

    mmw_kissa03_02

    一番の人気メニュー、チョコレートパフェ(税込900円)です。

    中までクリームがどっしり入っていて、甘いもの好きにはたまらない一品です。

    ところで、みなさんパフェのサクランボってどうしていますか? 実は私、パフェは大好きなんですけど、上に乗っかってるサクランボがどーも苦手でいつも端によけちゃうんです。見ためは最高にかわいいんだけどなー。

    mmw_kissa03_01

    もう1品はクリームソーダ(税込750円)。

    喫茶店と言えばクリームソーダ!! というか、喫茶店やファミレス以外で見かけることはあんまりないから、メニューにあったらついつい頼んでしまうニクいやつ。

    mmw_kissa03_03mmw_kissa03_04

    アイスクリームもボリューム満点で、デザート感覚で楽しめる飲み物ですね。宝石のように透き通ったメロンソーダが、だんだんとアイスと溶け合っていく様子を眺めてるだけでも結構楽しいのがクリームソーダの醍醐味!

    DSC09334 copy

    ギャランは知れば知るほど好きになる喫茶店! 今も昔もたくさんのファンに支えられて、将来私がおばあさんになってもお店は今と変わらず大盛況なんだろうなー。

     

     

    ■Information

    ギャラン

    住所:東京都台東区上野6-14-4

    営業時間:8:00〜23:00

    定休日:無休

    アクセス:JR上野駅徒歩2分 東京メトロ銀座線、日比谷線 上野駅5b出口より徒歩1分

    URL:https://tabelog.com/tokyo/A1311/A131101/13039759/

     

     

    Model&Writer:谷奥えま

    mmw_kissa03_05

    プロフィール:『えまえり』の愛称で親しまれている青文字系双子モデル。
    双子ならではのファッションコーディネートや愛くるしいルックスにファンが急増中。
    また国内外問わず原宿文化をPRし、街の活性化に努める原宿観光大使も務めている。
    ファッション誌からTV、ドラマや映画の主演を務めるなど、ファッションモデル発のタレントとして幅広く活躍中。Instagram:@ematanioku

     

    Photographer:Haruka Yamamoto

    Editor:Ryoichi Komaba

    TALENT PROFILE

    谷奥えま

    『えまえり』の愛称で親しまれている青文字系双子モデル。双子ならではのファッションコーディネートや愛くるしいルックスにファンが急増中。また国内外問わず原宿文化をPRし、街の活性化に努める原宿観光大使も務めている。ファッション誌からTV、ドラマや映画の主演を務めるなど、ファッションモデル発のタレントとして幅広く活躍中。

  • 【東京さんぽ】会いに行きたい喫茶店 #2 インテリアが魅力的な高円寺の喫茶店「七つ森」へ

    26.July.2017 | FEATURES / FOOD / SPOT

    ”タイムスリップしたような店内で過ごす贅沢な時間”

     

     

    どこか懐かしくて居心地が良い、昭和レトロな喫茶店。そんな喫茶店巡りが大好きな私、谷奥えまが「お店のメニューに」 「お店のあの人に」  “会いにいきたい喫茶店” を紹介します。

    今回は新宿から中央線で一本、都心からのアクセスも便利な高円寺にやってきました。

    高円寺と言えば古着屋・雑貨屋など個性的なお店が多く、毎回遊びに行く度に新しい発見がある、そんな街です。

    DSC06885

    今回は外観からレトロな雰囲気が漂ってくる喫茶店「七つ森」へ行ってきました。昭和53年に創業した七つ森。元々はお茶屋さんだった建物を使っているそうです。

    DSC06893

    店の前には昔ながらのかき氷機が。ついつい回したくなってしまいます。

    DSC06919

    お店の中に入ってみると、年季の入ったインテリアがずらり。昭和の時代にタイムスリップしたような雰囲気です。どこで写真を撮っても素敵な写真になります。

    DSC06935 DSC06960

    見たこともない不思議なインテリアがたくさんで、思わず手にとって遊びたくなってしまう♪

    mmw_kissa02_03

    結局写真で手に持っているものは何か分からずじまいでした。これは一体どうやって使うものなんだろう・・・?!

    そんなことを考えてお店のインテリアを眺めているだけでワクワクした気持ちになります。

     

    >>次のページ お店の人気メニューをチェック

    TALENT PROFILE

    谷奥えま

    『えまえり』の愛称で親しまれている青文字系双子モデル。双子ならではのファッションコーディネートや愛くるしいルックスにファンが急増中。また国内外問わず原宿文化をPRし、街の活性化に努める原宿観光大使も務めている。ファッション誌からTV、ドラマや映画の主演を務めるなど、ファッションモデル発のタレントとして幅広く活躍中。

RELATED ENTRIES

  • 「SHISEIDO」銀座に初のフラッグシップストアをオープン

    12.August.2020 | FASHION

    資生堂は、世界88の国と地域で展開している「SHISEIDO」初のブランド旗艦店「SHISEIDO GLOBAL FLAGSHIP STORE(シセイドウ グローバル フラッグシップ ストア)」を、2020年7月31日(金)に、創業の地・銀座にグランドオープンする。

     

    1872年東京銀座に生まれて以来、アートとサイエンスの融合で時代の美を創造し続けてきた資生堂の名を冠する唯一のブランド「SHISEIDO」。最新のスキンケアやメイクアップがもたらす外面の美しさが自信と活力につながり、内面から美しさを引き出し、美の循環を生むという考え方“ALIVE with Beauty”をブランドコンセプトとしている。


    「SHISEIDO GLOBAL FLAGSHIP STORE」は、ブランドが目指す“ALIVE with Beauty”を体現した店舗で、銀座を訪れる国内外の人にブランドの世界観を発信。各コンテンツの体験を通じて、外面と内面の生きいきとした美しさを提供する。店舗のデザインコンセプトは、“Japanese Digital Garden”。日本的な美意識と自然を象徴する日本庭園をモチーフとし、和紙や木、西陣織などにインスパイアされた素材、水音、光のゆらぎなどが取り入れられている。銀座から、「Japanese Beauty」を世界中に届けていく。

     

    デジタルテスター(メイクアップ)

    最新のテクノロジーとヒューマンタッチを融合させた美の体験を提供する同店は、多様化する美へのニーズやライフスタイルに対応。写真を撮るだけで、SHISEIDOのファンデーションの30色の中からその人の肌にぴったりの色を測定し、すぐに自動で試せるデジタルテスターや一人一人に合わせた美容カウンセリング、日本初導入の先端メディテーションなどが体験できる。

     

    SHISEIDO アルティミューン™

    パワライジングコンセントレート N ギンザフラッグシップ リミテッドエディション
    75mL 16,000円(税抜/店舗限定品)*SHISEIDO公式オンラインストアの販売なし

    ビルの3フロアを使用し、「SHISEIDO」が展開する路面店として世界最大規模の店舗面積となり、スキンケア、メイクアップほかブランドが展開する全商品ラインナップに加え、店舗限定商品も販売。

     

    新型コロナウイルス感染症の拡大をうけ「非接触型」購買ニーズが増している中、店舗の衛生管理を徹底し、検温、手指とテスターの消毒、マスク着用ほか飛沫防止策、ソーシャルディスタンスなどの感染対策を行うとともに、不安なく店舗での体験を楽しみ「美」を通じてパワーを持ち帰ることができるよう、新しいコンテンツを取り入れる。

     

    アルティミューン美容液 オートテスター

    体験結果を記録し、購入したい商品をカートに入れられるリストバンド「S CONNECT」、商品情報をタッチパネル上で調べて比較検討できるデジタルテスターによって、人と接触することなくトライアルから購買まで体験できるフローが可能に。タッチパネルには専用のタッチペンを使用し、さらに非接触で試せる美容液とファンデーションのオートテスターも導入。

     

    さらに、店舗に行かなくてもコンテンツを体験し、商品をECサイト「SHISEIDO公式オンラインストア」で購入できる“バーチャルストア”がオープン。 VRで店内を回遊し、知りたいコンテンツにカーソルを合わせると、コンテンツの紹介動画が視聴できる。美容レッスンのコンテンツでは、ビューティーコンサルタントが季節の肌状態に合わせたアドバイスやメイクのテクニックを紹介する動画を見ながら、自宅で簡単に実践できる。動画で使用する商品が表示されクリックすると、ECサイトに遷移、そのまま購入も♪

     

    銀座「SHISEIDO GLOBAL FLAGSHIP STORE」で新たな自分の魅力を発見しよう。

  • 仕事が捗るスタバの新店舗「スターバックス コーヒー CIRCLES 銀座店」オープン

    02.August.2020 | FOOD / SPOT

    スターバックス コーヒー ジャパン 株式会社は2020年7月30日(木)、銀座に「スターバックス コーヒー CIRCLES 銀座店」をオープンする。

    はたらく人のための「夢中になれる場所」をコンセプトにした店舗の2階部分は、特にビジネス利用を意識し、株式会社Think Labと、スターバックスそれぞれの持つ特長的なサービスを踏襲し、共に創り上げたユニークな空間。予約可能なブース席やミーティングスペースなど、ビジネスユーザーへの快適さを追求した「SMART LOUNGE(TM)」と、アイウエアブランドJINSの集中研究から生まれた究極のソロワーキングスペース「Think Lab」が共存する店舗となる。

     

    ひとりで集中して考えたり、人とつながりアイデアを共有したりし、創造する。オンラインミーティングに快適なブース席や組み合わせ自由なテーブル席が用意された「SMART LOUNGE(TM)」と有料制のソロワーキングスペース「Think Lab」を店内に取り入れることで、コーヒーを片手に「Co-Work(コワーク)」と「Solo-Work(ソロワーク)」を選択できる特長ある店舗空間で、変化するワークスタイルに合わせた新たな「はたらき方」を提案する。

     

    1階:クイックなTOGO体験

    スターバックスのドリンクやフードを取りそろえた1階で商品の注文と受け取りが完結でき、クイックなカフェの利用が可能に。キャッシュレス支払いに対応するほか、事前注文決済できるスターバックスの「モバイルオーダー&ペイ」の受取用専用カウンターも設置。

     

    2階:夢中になれる場所

    テレビ電話などに適した予約できるブース席


    予約可能な半個室のブース席が4席あり、テレビ電話などで人とつながり、意見を交わすことも、オンラインミーティング前の思考整理にも適している。40分単位で予約でき、事前の確保も可能。予約システムは、株式会社バカンと共同開発したサービスを採用した。

     

    複数人でのミーティング、商談可能なテーブル席

    窓際のテーブル席はテーブルを組み合わせて、2~12人のミーティングや商談、ディスカッションに便利。リラックスした空間で、自由に議論を交わし、ブラッシュアップできる。

     

    解放される“ひとり”のためのパーソナル空間

    集中に最適なスペースの広さ。誰とも目線が合わない空間。他人の動きが気にならない導線。自分の時間を過ごすことに重点を置き設計されている。

     

    コワークスペースは、電源ありのカウンター席やディスカッションに最適なビッグテーブルなど多彩な客席を備えている。さらに、最高の集中環境を提供する、ソロワーキングスペース「Think Lab」を導入することで、オフィスや自宅でカバーできない「夢中になれる場所」を実現。Think Labでは、「集中を予約する」べく、予約/解錠/決済を一括で行うスマホアプリ「Think Lab」(iOS / Android)を用意しており、15分単位での席予約が可能。

     

    新しい働き方が注目されるいま、自身のワークスタイルに合わせて新しいスターバックスを活用してみて。

  • 国産フルーツを楽しむ!銀座 資生堂パーラー「2020真夏のパフェフェア」第2弾開催

    01.August.2020 | FOOD

    資生堂パーラーは、2020年8月1日(土)〜8月30日(日)までの期間、銀座本店サロン・ド・カフェにて「2020真夏のパフェフェア」第2弾を開催する。産地や旬にこだわったフルーツをメインに、伝統のバニラアイスクリームを合わせ優美に仕立てた。毎年人気のマンゴー・無花果・いちごに、国産の黄金桃と白桃のマリアージュが楽しめる計4種を用意。

    国産 黄金桃と白桃のパフェ 2,200円(税込)

    完熟を迎えた国産の黄金桃と白桃を使用したパフェ。とろりとした食感からまったりとした甘みが広がる”黄金桃”となめらかな食感から豊かな甘さが広がる”白桃”のマリアージュを楽しんで。

    和歌山県 紀の川市産 無花果のパフェ 2,300円(税込)

    和歌山の温暖な気候と豊かな大地で育った”無花果”を使用したパフェ。プチプチした食感と優しい甘さが特長のいちじくをシャーベット、ソース、赤ワインで煮込んだコンポートに仕上げた上品な大人の味わい。

    沖縄県 宮古島産 キーツマンゴーのパフェ 2,700円(税込)

    ※追熟期間を要するため、8月中旬以降の提供

    沖縄の温暖な気候の中で太陽を浴びてじっくりと育てられた”キーツマンゴー”を使用したパフェ。完熟のタイミングが、色・ツヤでも見分けるのが難しいことから生産農家が少なく、幻のマンゴーと呼ばれている。

    長野県 伊那市産 恋姫のストロベリーパフェ 2,000円(税込)

    資生堂パーラー専用ハウスで採れた信州畑工房産の夏秋苺”恋姫”を使用したパフェ。長野県南部に位置する伊那谷で、綺麗な水と空気、太陽の恵みをいっぱいに浴びて実った赤い宝石”恋姫”の甘酸っぱい味わいを堪能して。さらに、恋姫のストロベリーパフェは低糖質版(2,000円)も提供。デコレーションはそのままに、アイスクリームやソースなどの仕立てを工夫し、糖質量10gに抑えている。
*糖質量は「食・楽・健康協会」算出値です。(七訂食品標準成分表利用可能炭水化物をもとに計算)

     

    みずみずしいフルーツをたっぷり使った華やかなパフェとともに、銀座の夏を楽しもう!

  • ねこの形のベーカリー&スイーツ「東京ねこねこ」銀座にオープン

    28.July.2020 | FOOD

    全国にベーカリー&パティスリーを展開する株式会社オールハーツ・カンパニーは、新ブランドである「東京ねこねこ」を2020年7月22日(水)より東京都・銀座にてオープン。同社が運営するベーカリー「Heart Bread ANTIQUE(ハートブレッドアンティーク)銀座店」をリニューアルし、「東京ねこねこ」として新しく生まれ変わる。

    東京ねこねこは、ねこの形のベーカリー&スイーツ専門店。「ねこ」をモチーフに、東京でしか買うことができない「東京ねこねこ食パン」の他、多彩な商品を楽しむことができる。ねこねこブランドでは「京都ねこねこ」に続き、2つ目のご当地ブランド。
「東京ねこねこ」は銀座という地からギャラリーやアトリエを目指し、まるでいろんなアートが集まったかのような世界観をイメージした。東京土産にはもちろん、日々の食卓を彩るラインアップを提供する。

     

    スタイリッシュな空間に


    ねこねこ食パンや、京都ねこねことは一味違った内装。壁の色はキャンバスをイメージし、陳列された商品はまるでキャンバスを彩るアート作品。観て楽しんで、食べて楽しむ。”一度に二度美味しい”が叶うベーカリー&スイーツ。東京に来たら、東京ねこねこへ。ねこがあなたの暮らしをカラフルに彩る。

     

    東京ねこねこ食パン

    お土産にぴったりなお手頃サイズ。ふんわりと香るバターに、外はサクサク、中はしっとり食感。美味しさの秘訣はフランス産発酵バターを織り込んだクロワッサン生地にある。アーモンドクリームと相性の良い素材をふんだんに使用し、どこを切ってもその素材に出会えるように仕上げた。ぜひ、お気に入りのフレーバーを見つけてみて。

    東京ねこねこ食パン プレーン 1本 1,000円(税別)

    発酵バタークロワッサン生地にアマンドを塗って焼き上げた。

    東京ねこねこ食パン キャラメルアーモンド 1本 1,200円(税別)

    発酵バタークロワッサン生地にキャラメルアマンドとアーモンドスライスを入れて焼き上げた。

    東京ねこねこ食パン プラリネロゼ 1本 1,200円(税別)

    発酵バタークロワッサン生地にアマンドと、フランスの伝統菓子にも使用される”プラリネロゼ”を入れて焼き上げた。

     

    食パン以外にも、ねこねこチーズケーキやねこねこバターサンドなど、可愛いねこねこシリーズも提供する。
    そしてテイクアウトする際には、澄んだ空を思わせるブルーが目を引くショッパーとデニッシュ専用箱を用意。東京土産として、様々なシーンのギフトとして、幅広く活用できそう!

     

    銀座でちょっとした手土産をお探しの際は、東京ねこねこで自分好みの”ねこ”を見つけてみて。

  • 銀座三越「スヌーピー in 銀座 2020」今秋開催決定

    25.July.2020 | ANIME&GAME / SPOT

    毎年夏に開催していた銀座三越恒例「スヌーピー in 銀座」の開催日が決定。2020年10月14日(水)〜11月3日(火・祝)まで「スヌーピー in 銀座 2020」を開催する。

    今年で22回目の開催となる銀座三越恒例の人気催事となっており、「ピーナッツ」70周年、銀座三越90周年というダブルのお祝いとなる今回は、ワールドフォトジャーニーをテーマにスヌーピーとピーナッツの仲間たちが世界を旅する。

    モロッコ


    アメリカ

    旅をする日常がどこか遠いものになったような昨今、スヌーピーたちがいろいろな国々のフォトスポットを紹介。今回のためにデザインした13枚のオリジナルアートを使用した銀座三越オリジナル商品にも注目してほしい。

    銀座三越は1930年4月10日に開店してから、90周年を迎えた。銀座三越だけでなく、本年は「ピーナッツ」70周年のダブルアニバーサリーであることから、左側にかつての銀座三越と50’sのスヌーピーたち、右側に現代の銀座三越とスヌーピーたちをデザインし、ともに周年を迎えた記念アートも作成。

     

    スヌーピーや仲間たちとの旅行気分が味わえる展示会に出かけよう!

    © 2020 Peanuts Worldwide LLC

  • 日本初出店!次世代型ライフスタイルホテル「アロフト東京銀座」開業日決定

    23.July.2020 | SPOT

    株式会社サンケイビルとマリオット・インターナショナルは、両社が開発を進めている「アロフト東京銀座(Aloft Tokyo Ginza)」(以下「アロフト東京銀座」)の開業日を2020年10月1日(木)に決定。これに合わせ、宿泊予約の受付も開始している。

      

    マリオット・インターナショナルのライフスタイルブランドであるアロフトは、従来のホテルとは一線を画す大胆かつ活気溢れるデザインや、人々の交流を促すオープンなスペース、最先端のテクノロジー、 館内での定期的なライブ・コンサートシリーズ「Live@Aloft」などが特徴。音楽を愛し、最先端のテクノロジーに敏感な次世代の旅行者に向け、刺激的な体験を提供する。アロフトホテルは現在、世界25以上の国と地域で計175軒以上が展開されており、アロフト東京銀座は日本国内初のアロフトホテルとなる。

    アロフト東京銀座は、銀座六丁目、みゆき通りと昭和通の交差点という、レジャーおよびビジネス利用のいずれにも便利なロケーションに位置し、スイート4室を含む計205室のモダンでスタイリッシュなゲストルームを提供。また、館内には解放感あふれるルーフトップでシャンパンやホットドックなどの軽食を提供するルーフトップバー「Roof Dogs」、インダストリアルデザインが特徴的で、夜はソーシャルスポットとしての顔も見せるレストラン「The WAREHOUSE」、カクテルを片手に、ホテルブランドの特徴である日本の新進気鋭アーティストなどによるライブ・コンサートシリーズ Live@Aloftを定期的に楽しむことができる「W XYZ® bar」の計3箇所の料飲施設を用意する。さらに、軽食やスナック、飲み物を終日いつでもテイクアウトできるグラブ&ゴースタイルのショップ「Re:fuel by Aloft℠」、旅行中もフィットネスプログラムを継続したい人のために、有酸素運動・ウェイトトレーニングなどを効率的に実施できる最新のエクササイズ機器を24時間利用できるジム「Re:charge℠」も併設する。

     

    銀座「アロフト」で次世代型のライフスタイルホテルを体験しよう。

  • 【東京さんぽ】 会いに行きたい喫茶店 #13 昭和時代へタイムスリップ!柴又「昭和レトロ喫茶 セピア」

    22.July.2020 | FEATURES / FOOD / SPOT

    今回訪れたのは、ずっと行きたかった「昭和レトロ喫茶 セピア」。

    映画「男はつらいよ」でお馴染みの京成柴又駅から徒歩2分。
    柴又帝釈天近くにあるセピアまでの道のりは、歩くのも楽しい。
    東京はどこも常に最先端なイメージがあるけれど、柴又駅周辺は建物一つ一つに歴史ある温かみを感じました。
    東京に来て7年にもなるのに、まだまだ知らない街がたくさんあるんだなぁ・・・と新鮮な気持ちに。
    なんていろいろ考えてるうちにかわいい看板が見えてきました!

    入った瞬間、口をぽかんと開けたまま周りをキョロキョロ・・・
    こんなにキラキラした喫茶店初めて!
    見たことのないキャラクターや漫画、雑貨がずらり。

    「キラキラ」という言葉を聞くと原宿系を一番に思い浮かベる方も多いかと思いますが、セピアの「キラキラ」は昭和40年代から50年代の懐かしい空間。まるで宝箱を見ているみたいに、一つ一つが繊細です。

    セピアを営まれているのは長谷沢貴世子さん。
    陸奥A子さんの漫画『ミルキー・セピア物語』が店名の由来だそうです。
    憧れていた漫画の世界を再現したかった、とおっしゃる長谷沢さんの夢がたくさん詰まったお店は、大人も子供も来る人みんなを楽しませてくれます。

    メニューも『ミルキー・セピア物語』のような昔の漫画に出てくる食べ物を参考にしているんだとか。硬めのプリンにカラメルソースとクリームを絡めて食べるのが最高でした。

    自家製昭和のプリン クリームソーダセット 1,200円

    そして、喫茶店と言えばクリームソーダ。
    セピアのクリームソーダはメロン、ブルーハワイ、いちご、レモン、ピーチ、グレープ、オレンジのなんと7色も!
    何味にしようかとっても迷いましたが、今回はピンクのいちご味にしました。
    甘くてとっても美味しかったです。

    クリームソーダ いちご 750円

    そしてホットケーキをパクリ。

    生地がふわふわで美味しい!何枚でも食べられちゃいそう。
    2枚目は蜂蜜をたっぷりつけて食べました。

    ホットケーキ 600円

    お店の奥には、「キャンディ・キャンディ博物館」もあります。
    元々はセピアのお客さんだったというキャンディ・H・ミルキィさんの個人コレクションがずらりと並び、写真が撮れるフォトスポットも。

     

    食事をしたあとに展示を見て楽しめるなんてとっても嬉しいですね。
    コレクションは自分の目でぜひ確かめてみてください!(入館料 300円)

    二階には昔なつかしいお茶の間が!
    まるでおばあちゃんのおうちに帰ってきたような気持ちになってほっこりしました。

    人は過去には戻れないけれど、大切な物をずっと守り抜く事で、思い出の中にはいつでも訪れることができる。
    大切に愛され続けているセピアは、みんなの宝箱です。

     

    また行きたいなぁ。

     

    Writer/Model:Ema Tanioku
    Photographer:Haruka Yamamoto
    Design:Yuko Takayama(ASOBISYSTEM)

  • 銀座「SHISEIDO THE TABLES」和菓子と日本酒のマリアージュで新しい食文化を発信

    19.July.2020 | FOOD

    資生堂の総合美容施設「SHISEIDO THE STORE(資生堂 ザ ストア)」4階のカフェ&コミュニティスペースSHISEIDO THE TABLES(資生堂 ザ テーブルズ)は、2020年7月16日(木)から10月13日(火)までの期間を「花の季」と題し、季節に相応しい香り高いスイーツや、日々の暮らしを豊かに彩るグッズや書籍を販売する。

    ダマスクローズの錦玉羹/タロッコオレンジの浮島とフレッシュミントソルベ 日本酒付き
    1,500円 *数量限定 *ノンアルコールをご希望の方には紅茶を提供


    和菓子と日本酒のマリアージュで、新しい食の文化を伝える千駄木の菓子舗「薫風」のつくださちこ氏が、季節に相応しい香り豊かな菓子を制作した。
    東京・世田谷の宍戸園さんが無化学肥料無農薬で育てているダマスクローズを寒天の中に閉じ込めた錦玉羹。天然の薔薇の香りの柔らかさと食感を楽しむことができる。愛媛県岩城島産のタロッコオレンジの浮島は、ピールを噛みしめた時の苦みが魅力。フレッシュミントのソルベの爽やかさが、薔薇やオレンジの香りを引き立てる。

    日本酒のセレクトは「いまでや」白土暁子氏。今回の菓子3種に合わせたのは、京都・松本酒造 澤屋まつもとの「守破離 五百万石」。甘みを抑えた軽やかな味わいが菓子によく合う。最初はバラの香りが口の中に広がり、その後日本酒の余韻の苦味と浮島部分のオレンジピールの苦味が全体を引き締め、最後にはオレンジの香りを感じることができる。

     

    この他にも、季節ごとのテーマに日々の暮らしを豊かに彩るグッズや、ちょっとした贈り物選びなどに活用できるコーナーと、資生堂ならではの選書を楽しめるライブラリースペースから、この時季ならではのアイテムが登場。

     

    SHISEIDO THE TABLESで初夏の爽やかな空気を感じよう。

  • 歌舞伎俳優 松本幸四郎が歌舞伎化粧を新たに表現する写真展 銀座「kesho」開催

    06.July.2020 | FASHION / SPOT

    銀座 蔦屋書店では、2020年7⽉18⽇(土)〜8月2⽇(⽇)まで銀座 蔦屋書店 アートウォールギャラリーにて、歌舞伎化粧の新しい表現に挑む「Kesho」写真展を開催する。

    銀座 蔦屋書店では、本を介してアートと⽇本⽂化と暮らしをつなぎ、「アートのある暮らし」を提案している。
    今回は、歌舞伎俳優 松本幸四郎、メイクアップ・アーティスト 鷲巣裕香が挑んだ、歌舞伎化粧の新しい表現を紹介。江戸時代より続く日本を代表する伝統芸能である歌舞伎は、舞台芸術として今もなお進化を続け、エンターテインメントとしても多くのひとびとを惹きつけて止まないが、歌舞伎の重要要素の一つである隈取りや化粧には、大きな変化は見られない。
    「Kesho」とは、現代のメイクでアレンジし、新しい歌舞伎メイクを追求してみようという、歌舞伎メイクの新しい表現にチャレンジするプロジェクト。本展は、「写真の町」として知られる北海道東川町の協力のもと制作された作品で、2021年に北海道東川町文化ギャラリーにて本企画の大々的な展示の開催が予定されている。

    今回の企画を記念し、7月19日(日)に銀座 蔦屋書店イベントスペースにて、歌舞伎俳優 松本幸四郎、メイクアップアーティスト 鷲巣裕香、フォトグラファー 吉田多麻希によるトークイベントを開催。イベント対象作品の購参で、参加することができる。申込みは7月2日(木)よりオンラインストアで開始。
    特設ページ:https://store.tsite.jp/ginza/blog/humanities/14630-1059490629.html

     

    松本幸四郎氏 コメント

    邪気から身を守るために目、鼻、口、耳へ紅を差したことが始まりの歌舞伎化粧。
信仰心から生まれた化粧は“絵画的美”へと進化しました。

歌舞伎が誕生して417年。歌舞伎には、長い年月を生き抜いてきた“鋭い嗅覚”があります。阿国歌舞伎という女性が披露していたものが、男性だけの世界に変化し、男性が女性役をする“女形”が誕生しました。舞台の上で微動だにせず隈取りをした顔で睨みを利かせる、“無音”、“静止”で観客を注目させました。
歌舞伎は時代の流れを嗅ぎ取り、“少し先”を走って人々を誘う。この“少し先”という距離が絶妙だと思うのです。
歌舞伎であるために必要不可欠な化粧。別人になることができる“変身”であり、堂々たるフィクションであるファンタジーの象徴です。
歌舞伎化粧の歴史が生んだ“型”に誇りを持ち、“少し先”をメイクアップアーティストの鷲巣裕香さん、フォトグラファーの吉田多麻希さん、エキシビションアートディレクションに上西祐理さん、エキシビションプロデュースに丸橋裕史さん。共に刺激的に心から楽しんだ417年目から始まる1ページ目です。

松本幸四郎

  • 発酵と熟成の魅力を発信する 銀座 「GINZA 豉 KUKI」がランチ提供を開始

    29.June.2020 | FOOD

    日本料理レストラン「GINZA 豉 KUKI(ぎんざくき)」は、2020年6月1日(月)からランチ提供を開始する。新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、通常はディナー営業のみのところ、ランチテイクアウトの開始、ディナー営業時間の短縮、ソーシャルディスタンスを確保した客席案内など、特別対応を続けてきた。そして先日の緊急事態宣言解除を受け、ディナー営業時間の延長・ランチ提供を開始する。

     

    GINZA 豉 KUKIについて

    80年余り、日本の伝統食品である味噌󠄀づくりに邁進してきたひかり味噌󠄀が、発酵と熟成を新たな形で届けるために開業した日本料理レストラン。味噌󠄀の由来とされる「豉」を店名に掲げ、和食に革新を融合させた日本料理を通して、発酵と熟成の魅力を発信する。

    ランチメニュー 11:30~14:30 (L.O 13:30)

     

    年に一度の特別な味噌󠄀の仕込みでつくった長期熟成天然醸造味噌󠄀を使った味噌󠄀汁、古式精米製法のオリジナルブレンド米を炊いたごはん、自家製発酵デザートが付いたランチメニュー。

    ローストビーフランチ   2,500円(税込)

    人気の一皿、低温調理したローストビーフを贅沢に敷きつめた。牛肉を煮込んだ特製醤油タレで召し上がれ。

    炙り煮穴子ランチ  2,500円(税込)

    穴子をじっくりと下煮し、柔らかく仕上げてから香ばしく焼き上げた。山椒のアクセントが食欲をそそる。

    煮ないサバ味噌󠄀ランチ  2,000円(税込)

    煮込まずにうま味を閉じ込め、ふっくらと仕上げた。脂がたっぷりとのったサバ味噌。

    季節のお弁当 ゆきやなぎ  3,500円(税込)

    出汁にこだわった煮物、職人技が光る焼物、素材の味を活かした揚物などをバランスよく詰め合わせた。季節の炊き込みご飯とともに。 *3日前までに要予約

     

    美容にも健康にも良い発酵料理をランチで贅沢に味わおう。

  • Ground Y ☓ NON “Blast” アートコレクション発売

    23.June.2020 | FASHION

    ヨウジヤマモト社のフィルターを通し、コンセプトにシンクロする多面的な要素を取り入れながら“ジェンダーレス”、“エイジレス“なスタイルでファッションの新たな可能性を提案するブランド「Ground Y(グラウンド ワイ)」は、⼥優・アーティストなど幅広く活躍している「のん」とコラボレートしたコレクションを2020年7月8日(水)に発売する。

      

    Ground Y 2020 Spring/Summer collectionキービジュアルモデルとしての「のん」の出演をきっかけに、今回のコレボレーションが実現。“山本耀司”“Ground Y”などのフリーワードからイメージを膨らませ、今回のために描き下ろされた直筆の絵画を、Ground Yの服をキャンバスに、大胆にプリントして表現している。

    ブランドの特徴である服と身体の[間]を楽しめる、分量をたっぷりとったパターンをベースに、不規則にドローコードのディテールを組み込む事により、着る人の体型に沿って自由にシルエットを変化させることが出来る、ユニセックス仕様の遊び心を取り入れたコレクション。

     

    キービジュアルのモデルには「のん」本人と、モデル・俳優として人気を博している「清原 翔」が起用された。

     

    のん コメント

    美しい布地の上に私の描いた絵が重なって、とんでもなく素敵な洋服が完成し、喜びで浮かれています。興奮しています。
    何かの始まり、新しい発想。
    自分の⼒で始めるんだ、という強い意志。
    今回の洋服たちは、着るだけで明日への期待を刺激するような、そんなイメージ。
    山本耀司さんをテーマに絵を描くのはとても緊張しましたが、わくわくしてたまらなかったです。
    Ground Y はユニセックスのブランドなので、ぜひたくさんの方に着て欲しいなと思っています。

    TALENT PROFILE

    80KIDZ

    2007年に結成。自主制作で2枚のMIX CDをリリース後、様々な国内外アーティストとの共演を経て 楽曲制作を開始。オリジナル楽曲やリミックスがSNSを通じて瞬く間に話題となり、初期作品集の12インチシングル「DISDRIVE EP」(2008)は 即完売を記録。以後、フルアルバム5作品、リミックス集やダンストラック集をリリースし、DJ/ライヴアクトとしても精力的に活動を続け、様々なシーンの垣根を越えて活躍中。 SOUND CLOUD:https://soundcloud.com/80kidz-official

  • 世界初!ドローンレースと飲食を楽しむ「スカイファイトカフェ銀座」オープン

    20.June.2020 | ANIME&GAME / FOOD / SPOT

    誰もが自由にドローンレースと飲食を楽しむことができる新感覚の参加型エンタメスポット「スカイファイトカフェ銀座」が2020年6月5日(金)マロニエゲート銀座3 4Fにオープン。店舗ではドローンレースに加え、ドリンクや軽食も一緒に楽しめる他、ドローン操縦技術が習得できる「ドローンスクール」、各種ドローンやグッズが購入できる「スカイファイトストア」が集結しており、「楽しむ・学ぶ・集まる・手に入れる」を体験することができる。

    世界初となるドローンレースカフェは、誰もが自由にドローンレースと飲食を楽しむことができるスポット。 アマチュア無線資格やドローンパイロット資格等を一切持っていなくても、いつでも好きな時にふらっと訪れてドローンレースを楽しむことができる。

     

    店舗ではソフトドリンクの他に、ビール等のお酒を飲むことができるので、学校や仕事帰りにお茶をしに行く感覚、飲みに行く感覚で利用することが可能*。ドリンク1杯やフード1品につき、ドローンレースに1回参加できるチケットが付いてくるので、カフェの利用と合わせてドローンを気軽に楽しむことができる。

    * 日本の航空法では、2019年6月13日以降、飲酒中および飲酒後のドローン操縦は、屋外では禁止されており、違反した場合は厳しい罰則が与えられる。ドローンネットが運営するスカイファイトカフェ銀座は、完全屋内型の店舗となっている。

     

    お茶しながら気軽にドローンに触れられる「スカイファイトカフェ」に足を運んでみては。

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US