埼玉県川越産の「河越抹茶」を使用した“抹茶プリン”販売開始

07.November.2018 | FOOD

埼玉県・川越のプリン専門店「川越プリン」は、川越産の「河越抹茶」と黒豆を使った、まろやかで香り高い抹茶プリンを販売開始した。

河越抹茶プリン 420円(税込)

「河越抹茶プリン」は、河越抹茶と厳選した牛乳と卵を使用して作ったプリン。プリンの中には黒豆を贅沢に使用しており、「河越抹茶」の雅やかな風味とコクに加え、柔らかな黒豆の深みのある味を楽しめる。

 

川越は南北朝時代には天下の茶所とよばれ、お茶の産地として栄えた。他の茶産地に比べ冬の気温の低下が厳しいため、茶葉の旨味が凝縮。まろやかな甘味とコクのある味わいを生み出す気候風土となっていることが、川越が茶産地となった一つの要因と言われている。一時は生産が衰退していたが、近年ではお茶の生産と商品開発に力が入れられているそう。

「川越プリン」では、2018年7月からのオープン後、川越の新名物として川越の素材を活かしたプリンを提供。商品ラインナップである「なめらか(プレーン味)プリン」「川越いもプリン」「ゆずゼリープリン」の3種は発売以来、川越らしい新名物スイーツとして観光客や地元の方の手土産として親しまれてきた。

“蔵造りの町並み”の雰囲気に合い、幅広い年代層にアピールするため、店舗の外観デザインはレトロでありながらもモダンでポップな設えとなっている。プリンはお店で一つひとつ手作り。化学調味料は使わず、地元のこだわりの素材を引き立てた商品作りを大切にしている。

 

こだわりのプリンを通して、観光地・川越の魅力に触れてみて。

RELATED ENTRIES

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US