TVアニメ「さらざんまい」の舞台は浅草!ストーリーの詳細を解禁

13.November.2018 | ANIME&GAME

2019年4月より放送開始となるTVアニメ「さらざんまい」。先日開催されたAGF2018噴水広場ステージにて諏訪部順一、幾原邦彦監督が登壇し、これまで全貌が明らかにされていなかった「さらざんまい」の内容や、制作現場の様子などが語られた。

前々から男の子の物語を作りたいと思っていた、という幾原監督。また、カッパの作品を作ろうと思いカッパ伝説を調べている中で、浅草にたどり着いたそうで、物語の舞台は浅草となった。「隅田川という環境もあり、命を感じる場所で、少年たちが作り合う作品にしたかった」というコメントを残している。

物語のテーマは「つながり」。スマートフォンでいつでも誰とでも繋がれるこの時代に、つながりたい欲求とつながりがうっとしいという気持ちが混在している現代。「そのままつなががっていたらどこに行くのか、つながりを失ったらそうなるのか、つながりが必要なのか、必要じゃないのかを描いてみたかった」と監督は語る。

 

また、TVアニメ「さらざんまい」のラジオ番組が2019年1月より放送開始することも発表された。番組名は「ぷれざんまい」。

また、アニメの重要人物となる警官コンビ「玲央(CV:宮野真守)と真武(CV:細谷佳正)」によるゆるふわ浅草勤務日誌が2019年3月31日までの期間限定で“ほぼ”毎日更新されることも決定。ツイッターアカウントは玲央と真武。@keeponly1luv TVアニメ放送開始まで、ラジオ・ツイッターで「さらざんまい」の世界観を楽しんでほしい。

“カッパ型生命体”ケッピ役:諏訪部順一コメント

この作品に関して、オリジナルアニメですので、言えないことが多すぎますが、「さらざんまい」は2019年4月からスタートということで、元号を放送中にまたぎます。ふたつの時代を行き来する、新時代のとっても新しくも懐かしい素敵な作品になりますので、ぜひ、期待してお待ちいただければと思います。

幾原監督コメント

今もスタッフが鋭意製作中です。この時代に、つながるとはどういうことなのか、僕たちはつながってどこへ行こうとしているのか、みなさんと共有したいと思います。

「さらざんまい」よろしくお願いします。楽しみにしていてください!

 

RELATED ENTRIES

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US