京都で作られたワイン・農産物に舌鼓!「丹波ワイン」「味夢の里」

04.December.2018 | FEATURES / FOOD / SPOT

国内外の観光客が訪れる京都。これから京都は紅葉のシーズンを迎えます。
今回MOSHI MOSHI NIPPONでは、一足先に京都へ取材に行ってきました。今回の取材テーマは「もうひとつの京都」。まだ多くの人に知られていない穴場なスポットをご紹介します。

第四回の今回は京都ならではの味覚を堪能できるスポットをご紹介。京都で出来たぶどうから作ったワインや、豊かな農産物を手に入れることができる「森の京都・京丹波町」のオススメスポットをご紹介します。

 

1:京都で作られるワイン「丹波ワイン」
1979年に創業し、国内外で様々な賞を受賞している、京丹波町の里山にあるワイナリー「丹波ワイン」。京都の食文化に合うワインを作りたい、という創業者の想いを継ぎ、里山の美しい水や大地の恵みのもとで醸造された”京都ならでは“のワインを生産しています。

ここ京丹波は7月でも夜は涼しく、ワインに使用するぶどうを生産するのに良い気候なのだとか。

こちらではワイナリーの見学を実施しており、保有するぶどう農園や、ワインを作っている様子を実際に見て回ることができます。

実際に工場でワインが作られている様子をみると、どんな味なのかワインが飲みたくなりますね・・・。

ということで、サロンバーで開催している試飲会にも参加してきました。無料試飲から、有料試飲まで、気になるワインを試すことができます。

どんな味わいで、どんな料理に合うワインなのかスタッフの方が丁寧に説明してくれるのが嬉しい!

試飲したワインは隣のショップで販売しているので、気に入ったものを購入することができます。

外国産のワインとは一味違う京都のワインを、京料理と一緒に試してみてください。

 

■Information

丹波ワインハウス
住所:京都府船井郡京丹波町豊田千原83
時間:
ワインショップ 10:00〜17:00
ワインツアー:平日 11:00 土日祝 11:30スタート ※2日前までの事前予約必須定休日:木曜日、年末年始
アクセス:
JR嵯峨野線「園部駅」(東口)よりJRバス福知山or桧山行きに乗車し30分。
丹波高原で下車し、徒歩約15分
※ツアー造成もされているようなので、気になる方はネット検索してみてください
TEL:0771-82-2003
URL:http://www.tambawine.co.jp

 

2:京丹波の野菜が購入できる「京丹波 味夢の里」
次に紹介するのは、京丹波の新しい玄関口として登場した道の駅「京丹波 味夢の里」。

フードコートや買い物スペースが設置されており、京丹波にでかけた時は絶対に立ち寄りたいスポットです。

一番のオススメはやっぱり野菜!このあたりで採れた新鮮な野菜を購入することができます。

その他にも京都土産に購入したいものがずらり。加工食品なども販売されているので、海外の方へのプレゼントとしても活躍しそうです。

京都駅には売っていない、このエリアならではのお土産が並んでいるので、気になるものを見つけたらゲットしましょう!

 

■information
京丹波 味夢の里
住所:京都府船井郡京丹波町曽根深シノ65−1
アクセス:京都縦貫自動車道京丹波PA併設(京都南ICから約40分)、府道からのアクセスも可能
TEL:0771-89-2310
URL:http://ajim.info

 

「森の京都」京丹波の観光スポットはいかがでしたか?京都産のお酒や農作物が気になった方はぜひ一度足を運んでみてください。

4回を通してご紹介した「もうひとつの京都」観光スポットはいかがでしたか?中にはアクセスが少し不便な場所もありますが、京都でしか体験ができないオススメスポットを紹介しました。
京都にはまだまだ多くの人に知られていない魅力的な町、スポットが存在します。
京都市内観光を制覇した方は、ぜひ「もうひとつの京都」旅を楽しんでみてください。

 

RELATED ENTRIES

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US