栃木県・日光の人気冬イベントをご紹介

04.February.2019 | SPOT

日光市観光情報発信センターが、湯西川温泉かまくら祭をはじめとする2019年1月から3月にかけての日光市におけるイベントや最新トピックを紹介!

 

紅葉時期は観光客が多く賑わう日光だが、冬は静寂のひとときをゆっくりと過ごすことができる。標高の高い奥日光と市街地が広がる世界遺産周辺とでは、冬の景色も全く異なる。

湯西川温泉かまくら祭  

県内で最も大きな冬のイベントで、温泉街に多種多様なぼんぼりとプチかまくらが並ぶ。日中はソリ遊びや、かまくらでのバーベキューも楽しめ、夜は日本夜景遺産に認定された河川敷に並ぶ約800個のミニかまくらにローソクの火が灯され幻想的な光景が広がる。今年も実行委員会のメンバーがつくったかまくらがお出迎え。

 

会場:湯西川温泉平家の里、湯西川河川敷周辺、湯西川水の郷

期間:平成31年1月26日(土)~3月3日(日)

時間:9:00~21:00(平家の里メイン会場)17:30~21:00(ライトアップ点灯時間)

※河川敷ミニかまくら点灯は水曜・木曜日休み

 

奥日光湯元温泉雪まつり(奥日光エリア) 

「雪灯里」と「全日本氷彫刻奥日光大会」がメイン。高さ40センチの約500個のミニかまくらが様々なキャンドルカラーへと変遷する演出も。全日本氷彫刻奥日光大会は有名ホテルの彫刻士らによって氷の彫刻が制作・展示されるイベントで一部のホテルが主催する「湯めぐり手形」「雪上探検ツアー」なども開催される。

 

奥日光湯元温泉雪まつり

会場:奥日光湯元温泉地内

期間:平成31年2月2日(土)~2月10日(日)

 

中禅寺温泉カマクラまつり(奥日光エリア) 

巨大雪の滑り台でそりすべり、スノーシュー体験やかまくらをつくろう」等雪に親しむイベントを多数開催。2月9日には、中禅寺湖の湖上から花火が打ち上がる。温泉街の夜景と湖面に映る花火のコラボレーションが堪能できる。

場所:日光市中宮祠(日光自然博物館前広場:日光自然博物館 0288-55-0880)

開催日:2月9日(土)~2月10日(日)

 

イルミネーションin東武ワールドスクウエア 

25万の1のサイズで精巧に再現された世界文化遺産登録46点、102点の展示物や周りの風景を140万個のイルミネーションで彩り、幻想的な美の世界へ・・・。

 

開催中~3月3日(日)16:30~20:30

※3月の毎週土日祝、(3月9日,10,16,17,21~31)

スノーシュー& スノートレッキング

1月中旬~3月、湯元も含む奥日光・霧降・湯西川・川俣・奥鬼怒等、多くのエリアで楽しむことができる。手軽に雪上の歩行を楽しむことができることから、近年スノーシューを履いて雪上を歩き、自然に親しむことを目的としたツアーが各地で行われている。日光の雪は本州でも本物のパウダースノーに出会える数少ない場だ。

 

今年の冬は、楽しいイベントが盛りだくさんの日光に遊びに行ってみてはいかが?

RELATED ENTRIES

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US