圧倒的でのめりこむような最高のコーヒー体験を創り出す4階建ての「スターバックス リザーブ® ロースタリー 東京」オープン!

27.February.2019 | SPOT

スターバックスは、プレミアムコーヒーの品質と革新、そして人と人とのつながりへの敬意を込めた4階建ての「スターバックス リザーブ® ロースタリー 東京」(以下、ロースタリー 東京)を開業する。2月28日(木)日本時間の午前7時にオープンする。

ロースタリー 東京では、100種類以上のユニークなコーヒーやティービバレッジとバラエティ豊かなグッズ類、日本初となるイタリアの本格ベーカリー「プリンチ®」のメニューを楽しむことができる。最上階に位置し、日本語のAMU(編む)という言葉に由来する「AMU(アム) インスピレーション ラウンジ」は、地域の方々の集いの場として、また近い将来、スターバックス初のスペシャルティコーヒー協会(SCA)公認のトレーニング施設になることを計画していて、この場所を通じて様々なつながりや職人たちの熟練の技などの日本文化に触れられる機会を持つことが期待できる。


東京の中でも活気と独創性あふれる地域である中目黒に位置するロースタリー 東京の魅力的なデザインは、目黒川沿いを満開にする有名な桜並木からインスパイアされたものになっている。

ロースタリー 東京はスターバックスのロースタリーにおいて初めてローカルの建築家と共に新たに建物から建築したもので、店舗外観は日本を代表する建築家である隈研吾氏とのコラボレーションを実現。スターバックスのチーフ デザイン オフィサーであり、世界に5か所あるロースタリーのリードデザイナーであるのリズ・ミュラーが命を吹き込んだこのロースタリーは、日本中の職人の技を随所にちりばめた、コーヒーの探求と発見を楽しむことのできる魅力的な空間となっている。ロースタリー 東京では、伝統とモダンなデザインが融合した、二つとして同じもののない、心に訴えかけてくるような驚きのある体験をそれぞれのフロアで多彩に楽しむことができる。

ロースタリー 東京は世界のロースタリーの中で最も背の高いキャスクが迎える。淡く赤みを帯びた銅板のキャスクの表面には職人が一枚一枚手作業で仕上げた桜の花びらが施され、日光の入り具合によってその色合いは刻々と変わる。この巨大なキャスクは槌目仕上げで作られたもので、ロースタリー 東京の建設にかかわったすべての人が自ら銅板をひと打ちし、その表面の質感や模様を作り上げている。日本の伝統建築では明るい色彩が用いられることから、ロースタリーの内装にも明るい色の素材を多用しているが、それに合わせてキャスクもオリジナルの明るい色合いを用いている。


スターバックス リザーブ® ロースタリー 東京でのコーヒーの旅は、のめりこむようなコーヒー体験とコーヒーへの学びを深めることのできる1階のメインバーから始まる。ここでは、生豆から一杯のコーヒーになるまでの過程を見ることができる。焙煎と抽出、そしてバリスタが心を込めて作るビバレッジの芸術を味わってほしい。最も新鮮で味わい深い「バレルエイジド コールド ブリュー」などのスターバックス リザーブ® のコーヒーを用いた多彩なビバレッジを選ぶことができる。

2階には、世界最大級の「ティバーナ™ バー」で日本のお茶の伝統に触れる旅を味わうことができる。鮮やかなピンクのアイスキャンディをジャスミンティーにトッピングした「ポップン ティー さくら ジャスミン」など、ロースタリー 東京限定のティービバレッジの鮮やかな色彩や日本独自の素材、個性的なフレーバーの組み合わせなど斬新なティー体験を楽しめる。

テラスのある3階、日本初上陸となるカクテルバー「アリビアーモ™ バー」では、革新的なミクソロジーやクラフトカクテルを存分に味わうことができる。鮮やかなピンクのアイスキャンディをジャスミンティーにトッピングした「ポップン ティー さくら ジャスミン」など、ロースタリー 東京限定のティービバレッジの鮮やかな色彩や日本独自の素材、個性的なフレーバーを組み合わせた斬新なティー体験を楽んでほしい。

RELATED ENTRIES

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US