奈良土産の新定番!大和茶を使用した抹茶大福専門店「GRAN CHA」オープン

30.April.2019 | FOOD

日本茶のルーツでもある大和茶を世界に広め、奈良県を代表とする新定番土産をつくりたいという想いから、大和茶大福専門店「GRAN CHA(グランチャ)」が2019年4月28日にオープンする。

日本の茶文化は、奈良・平安時代の唐への留学僧がお茶の種子を持ち帰ったのが始まりとされている。大和茶は標高300m以上の高冷地でゆっくりとお茶を育てていたため、香りが高く、渋みの中に旨みが残るのが特徴的。

 

そんな、大和茶の香り高さを伝える良い方法がないかと試行錯誤を繰り返した結果、抹茶大福の濃度の違いで抹茶の香りの違いを直接感じてもらうことに辿り着いた。

大福には、全て大和茶の素材を使用。抹茶大福はそれぞれ濃度の違う抹茶大福を1~5番の5種類で提供しており、最も濃い抹茶大福の5番は、香り高さをより感じられるよう日本一濃い抹茶大福に挑戦した。

食べやすいように、串に刺した食べ歩き用の串大福も用意。また、店内には和の雰囲気を感じる和カフェも併設し、限定のオリジナル大福氷も提供している。

 

奈良観光で疲れたときは、甘い大福餅を食べてリフレッシュしよう♪

RELATED ENTRIES

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US