京都で食べたい!地元の素材にこだわったご当地プリン5選

12.May.2019 | FOOD / SPOT

大人も子どもも大好きなスイーツ「プリン」。手軽に買えるため、手土産やおやつにプリンを選ぶ方も多いのでは?牛乳と卵で作るシンプルなスイーツでありながら、お店によって素材や作り方などのこだわりは様々。今回は、京都府の地域情報発信サイト「KYOTO SIDE」編集部がおすすめする、京都府内各地の地産食材使用した「京都ご当地プリン」をご紹介。趣向を凝らしたキュートなパッケージも必見!

塗っても食べてもOKなジャムプリン!? 「KIMIIRO」他 @京丹後市

地産工房HISAMIがプロデュースする“美味しいを彩り、美味しいを奏でられる”プリン専門店「EGGTONE(エッグトーン)」。かわいらしい小瓶に入ったパステルプリンは全部で6種類。中でも「PEANUT BUTTER(ピーナッツバター)」(一番左)は、この春新しく登場した新商品。 どの味も、パンやホットケーキなどにつけて食べられる「ジャムプリン」としてもおすすめ。

プリンの祭典で審査員特別賞を受賞!「マイヅルプリン」@舞鶴市

舞鶴の魚介とイタリアンが楽しめる、舞鶴市の隠れ家ビストロ「アメイロビストロ アルル」。ここで購入できる「マイヅルプリン」は、2016年・2018年に、福井県で毎年行われているプリンの祭典「P-1グランプリ」で審査員特別賞を受賞。自然豊かな舞鶴の赤岩高原の卵と、北海道の純正生クリームを使った、まったりとコクのある風味が口の中に広がる♡

精華大学とのコラボ商品「保津川ふわとろさくらプリン プレミアムうまれました」@亀岡市

京都府内の「精華大学」とコラボした、亀岡市のご当地プリン。材料には、日本のニワトリの原種「さくら」に丹波産のお米を食べさせた“さくら米たまご”と、亀岡産のハチミツ、丹波の牛乳を使っている。しっかりとした食感ながらも、口に入れた瞬間の滑らかな舌触りについ夢中になるこの商品は「道の駅ガレリアかめおか」で限定販売されている。

現地の茶葉を贅沢に使用「むらちゃプリン」 @南山城村

2017年にオープンした「道の駅 お茶の京都みなみやましろ村」。宇治茶の生産地でもある南山城村の春摘みオクミドリのみを使用した「むらちゃプリン」は、低温でじっくり蒸し焼きにすることでトロっとした食感を生み出している。さらに、鮮やかな抹茶の色が出ているのは良質な茶葉を使用しているから。茶処ならではの贅沢を詰め込んだプリンは必食!

甘すぎない純白プリン「白い花プリン」 @京丹後市

京丹後市網野町、京都府下で一番広い湖・離湖(はなれこ)のほとりに佇むガーデンオーベルジュ「水辺のホテル 小さな白い花」で販売するご当地プリン。「白い花プリン」という名前の通り、真っ白な見た目が特徴。卵を一切使わずに、新鮮なミルクと生クリーム、フロマージュブランから作られており、乳製品の自然な甘さを生かした優しい味わいが楽しめる。

 

お土産や自分へのご褒美に、ぜひ絶品プリンの数々を食してみて!

RELATED ENTRIES

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US