ミシュラン掲載ホテル「龍名館東京」で梅酒34種類を飲み比べ!「梅酒BAR」開催

19.May.2019 | FOOD

東京駅前のミシュラン掲載ホテル「ホテル龍名館東京」は、本場・和歌山の紀州南高梅で仕込んだ梅酒34銘柄を、飲み放題で提供するイベント「梅酒BAR」を2019年6月6日(木)から8月31日(土)まで開催。飲み放題は3時間制で、34種の梅酒をじっくりと飲み比べることができる。梅酒は全て、ウメどころ、和歌山の酒造大手「中野BC」が手掛けるものとなっている。

紀州南高梅のみを使った「本格梅酒」(4種)や、梅酒に果汁等を加えた「カクテル梅酒」(17種)、ローズヒップやラベンダーを加えた「アロマ梅酒」(3種)、3年熟成の「ヴィンテージ梅酒」(1種)など、多彩なラインナップになっている。

 

中でも注目は、梅酒の品評会で日本一に輝いた4銘柄(紅南高・緑茶梅酒・ミカン梅酒・ハッサク梅酒)。ショウガを加えた「辛口梅酒」といった、梅酒の概念を変える1本も用意してある。飲み方は、ストレートからロック・水割り・お湯割り・ソーダ割りまで、好みに合わせて楽しめる。ノンアルコールの梅酒テイスト飲料(4種)も用意するので、お酒が苦手な方も楽しむことができるのも嬉しい。

一杯目は「とりあえずビール」の方向けに、ビールに梅シロップ「梅の初恋」を加えたフルーティーな梅風味のビアカクテル「初恋ビール」も、飲み放題で提供。さらに飲み放題プランのデザートには、バニラアイスにお好みの梅酒をかけて食べることができる。お店イチオシはアイスと相性抜群の“イチゴ梅酒”や長期熟成梅酒「百薬」。

本格的な梅酒を飲み比べるチャンスをお見逃しなく。

 

RELATED ENTRIES

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US