“OLひがし”のゆる渋谷日記 #2 原宿「BE A GOOD NEIGHBOR COFFEE KIOSK」

29.July.2019 | FEATURES / FOOD / SPOT

こんにちは。

先日アラジンを見て感動した東です。

正直に生きないとダメだとアラジンから学んだので、今日も自分に正直に生きるべく、会社からそっこーで帰り、朝から食べたいと思い続けていた餃子を食べてビールを飲んでます。

今世界で一番幸せです。く~っ!

 

そんな私ですが、大学生の頃早朝からサロンモデルの活動に勤しんでいたころ、サロンでの撮影後、表参道から新宿まで散歩をしてから帰るのが毎日の楽しみでした。

その道中にあったのが、「BE A GOOD NEIGHBOR COFFEE KIOSK」というコーヒースタンド。

その店員さんが気さくに「おはよう!」「今日は何かの帰りですか?」と笑顔で話しかけてくださるのが嬉しくて、

そのお店に寄ってコーヒーを買い、テイクアウトして音楽を聴きながら新宿にうきうきで向かうが、いつもの私のコースでした。

(テイクアウトカップの飲み口に貼ってくださるシールに「A NEW DAY STARTS HERE!」と書いてあるのが粋でかっこいい~とずっと思っていました。)

 

社会人になって働くようになり、職場が離れているため、なかなかお店にお伺いすることはなくなりましたが

「いつも気さくに話しかけてくださっていたあのお兄さん&お姉さんは今何をしているのかな」

「あのお兄さん達はどんな思いで毎日お店に立っていて、どんな世界が見えているんだろう」とふと気になり…

 

はい。会いに行ってきました。

 

原宿駅 竹下口から歩いて7分ほど。

明治通りを道なりに歩き、

The DECK COFFEE and PIEの角を曲がると看板が見えてきました。

あったー!!!!!

髭の似合うお洒落お兄さんが出迎えてくれました。かっこいい!!

 

さっそくコーヒーを頂きます。(ラテも頼んだのは内緒です)

ああ、店員さんの醸し出す柔らかい雰囲気とコーヒーの香りで溢れるこの空間が大好きだったんだなあ、とふと思いだしました。

ラテアートもお手の物!

早速頂きます!

し、幸せの味がする…!!><

少し酸味のあるコーヒーが体に沁みて美味しい…!

この日は雨だったので体の芯まで温まりました。

 

「2010年にこのお店ができたんですか?」

「正確に言うと1997年に家具の製造でランドスケーププロダクツを結成して、2000年に法人化し、神宮前の方にPlaymountainという家具屋さんを作ったんです。その後、2002年に千駄ヶ谷に移ってきました。」

 

「もともと家具屋さんがはじまりだったんですね。」

 

「はい、会社設立時に創業者が今後やりたいことを一覧で書き出したんです ね。そこには、喫茶店、出版、イベント事業などが記されていまして。それを一つ一つ具現化するように、2004年には千駄ヶ谷にTas Yardというカフェをオープンしたんです。」

「会社も、作ったカフェも近くにあり、毎日通る道が千駄ヶ谷にできていて。カフェでランチや打ち合わせをし、会社で作業をして日々、道を行き来するちょうどその間に、タバコ屋さんがあったんです。

タバコ屋さんの目の前にあるポストを使い、一服をし、毎日の忙しい日々に句読点を打つように、一息ここで休む人がたくさんいて。

その景色を見て、『ここにコーヒー屋があったらいいんじゃないか』と創業者が考えたんです。

そのあとたまたまタバコ屋さんのオーナーがその場所を出るということで、すぐ場所を貸して頂きました。」

 

最初はイベントスペースとして場所を使っていたのですが、その時2つのちょうど大きな出会い・きっかけを経て、コーヒー屋を作ったという経緯です。」

 

「二つの出会いですか…?」

 

「はい。一つ目は鹿児島にあるVOILA COFFEEの井上さんとの出会いでした。

井上さんは全国にその名を轟かせるほどコーヒーに関して熟知された方で、スペシャリティコーヒーを海外から買い付け、直焙焙煎して販売しています。また自分のお店の従業員を日本一のバリスタに育て上げたりするくらいコーヒーにも人にも真摯に向き合う方なんです。

その方から、「コーヒーはフルーツであり、フルーツは酸味のあるもの。」という話を聞かせて頂き、コーヒー豆が本来持っている果実としての魅力に惹かれたとのことでした。

二つ目は創業者の友人で、普段は一般企業に勤務しながら、週末に家に人を招いてエスプレッソマシンで様々なコーヒーを抽出し、振る舞う青年との出会いでした。どうやったらコーヒーが美味しくなるかを考え、機械をいじるようにどうやったら更においしいコーヒーが作れるのか日々研究する彼を見て、かなり影響を受けました。」

 

それから研究を重ねてお店を開くに至ったのですが、最初はなかなか近所の方々においしいと言ってもらなかったそう。

それでも模索を続け、「美味しくなったわよ」と近所の方に言っていただけるようになったとのことでした。

こんなにも真摯に街の方々と向き合ってきたコーヒー屋さんだったなんて、全然知らなかった…

お店で販売をしているこちらのラスクも、お知り合いのアヒルストアさんというお店のもの。人と人とのあたたかい繋がりを感じます。

 

「毎日お店の前のポストに請求書を出しに来たりするときに、お店の前のベンチに座ってほっと一休みできるような場になれていたらと思います。

周りの人たちにとっていい隣人になろう、一息休めるような居心地のいい存在になろう、というのが、BE A GOOD NEIGHBORという店名の由来にもなっているんですよ。」

 

「うちのこだわりのこの味のコーヒーをを広めたい!、というものではなく、人々の生活に寄り添って変化をしてきたんですね。」

 

「そうですね。私たちはマーケティングの観点がほどんどなく…会社の名前にもなっている『LANDSCAPE』にもあるように、風景を作っていく、ということに重きを置いています。

「この道にコーヒー屋があったらいいな」「この景色に〇〇があったら…」というものを想像して、誰にとっても「いつ行っても変わらない場所」になれていたら嬉しいと思っています」

今はもうテイクアウトカップの飲み口にシールは貼っていないそうなのですが

「A NEW DAY STARTS HERE」というメッセージにもあるように

毎日の中で新しい発見や自分に出会えるきっかけが欲しくなったら、是非この場所に是非足を運んでみてください。

お兄さんが酸味の効いたコーヒーと一緒に、あたたかく迎えてくれますよ!

気さくで優しくてハンサムな店長。最近六本木の店舗から移動してきたそうなので

是非お近くに寄った際には会いに行ってみてください。

TALENT PROFILE

東美結

大学入学を機にサロンモデルになったことをきっかけに読者モデルとして活動を始める。 170cmという抜群のスタイルをもち、ロンドンへの語学留学・独学でデザインを勉強するなど才色兼備なモデル。 コーヒー屋・カフェ巡り、ランニング等趣味が多い彼女の等身大なライフワークとその雰囲気で様々な業界から注目が集まる。

RECOMMENDED ENTRIES

  • “OLひがし”のゆる渋谷日記 #1 千駄ヶ谷「モンマスティー」

    07.May.2019 | FEATURES / FOOD / SPOT

    拝啓 貴方へ

     

    皆さん初めまして。東 美結(ひがし みゆ)と申します。

    都内の某企業で働くそのへんのごく普通のOL(23)です。

    こよなく地元・渋谷区を愛しています。

    TOKYOカルチャーの生まれる街であり、多くの人が出合い、別れを日々繰り返し

    様々な物語が生まれ続けているこの街は

    控えめに言っても最高です。

    ここにはどんな人がいて、その人たちがどんな思いをもっているのか。

    少しでも知るきっかけになればと、この記事を連載させて頂くことになりました。

    この記事を読んでくださった貴方が、次のお休みに行ってみたい、会いたいと思える人を見つけられますように。

     

    敬具

     

     

    と、いうことで…記念すべき第1回!やったね!!

    そんな第一回目は、新宿と原宿のちょうど真ん中にある街へ。

    (ちなみに東がいっちばん渋谷区で好きな街です。)

     

    どうやらここに

    10年以上お店を続け、地元の皆さんにこよなく愛されている

    この街といえば!!の、あま~い名物頑固おやじがいるそう…!

     

    あま~い名物頑固おやじ…?

     

    …え?何があまいの?????????

     

    ということで、会いに行ってきました!!!!!

    でん!!!!!!

    今回は千駄ヶ谷!!!!!

    「君の〇は」でも有名になりましたよねそういえば!

    「さーて今日はどんなお店なんでしょうかね!」「なんて・・・ぷ!」

    …とかいう茶番はさておき。

    千駄ヶ谷駅から歩くこと約5分ほど。

    あ・・・・・・・・

    あったあああああああ!!!!

    でん!!!!!

    あま~い名物頑固おやじに会えると噂なのは…

    千駄ヶ谷にあるこちらのティースタンド「Monmouth Tea(モンマスティー)」!

    (マンモスじゃないよ!モンマスだよ!)

     

    早速お会いしたいところですが、

    まずせっかくなので名物の「モンマスティー」を頂きながらお話をお伺いしようかと…!

    おいしそう…!ミルクが注がれている…!

    こちらが名物モンマスティー。お味は…

    香り高い紅茶とミルクが絶妙なバランスでうま~くマッチして

    思わず飲んだ後ほっと一息つきたくなるような

    あま~~~いおいしさ…

    濃ゆい紅茶とミルク…たまらん…

    うまうま…♥

     

    こりゃ日頃の疲れもひとっとびですわ…全国のOLに捧げたいよこの甘さ…

     

    なんて思ってたら…

    「うまいだろ」と言ってひょっこり出てきたのは

    い・・・・・・いた!!!!!!!!!!!!!!

    もしやあなたが・・・あま~い名物頑固おやじ!!!!!

    お会いしたかったんです!!!!

     

    お話詳しく聞かせてください!!!!

     

    仕方ないなあといってお話につきあってくれた優しい店主。

     

     

    東「なんでこのお店をはじめられたんですか?」

     

    店主「もともと地元でロックンローラーを目指してたんだ。

    夢を叶えるためにギター片手に上京して頑張ってたんだけど

    結局うまくいかなくてね。

    その後企業で働いてサラリーマンをやってたんだけど

    10年前に脱サラ後、思い切ってこの店を開いたんだ。」

     

    東「なるほど…でもなんで紅茶屋さんになられたんですか?」

     

    店主「昔渋谷にあった紅茶屋の店主に良くしてもらっててね。

    そこの紅茶屋に弟子入りして紅茶を教えてもらって、

    今の店を開こうと決めたんだ。」

     

    東「素敵な人のつながり…

    夢はロックンローラーから変わってしまったけれど、

    今は新しい夢や目標に向かって邁進されているんですね。」

     

    店主「いや…実は今紅茶屋をやりながら曲を出してるんだ。

    知り合いと一緒に曲を作って、実はレコード会社にも入ってる。

    この前CDも出したんだ、よかったら聞いてよ」

    と、嬉しそうにお話をされながらCDをくださった店主。

    実はライブも定期的に行い、精力的に音楽活動をされているんだとか。

    東「すごい!!聞きます!!

    今は、昔の夢と道は違えど紅茶屋さんというお仕事に就かれ、

    かつての夢だったロックンローラーの夢も叶えられて…

    店主のように、『店主にあこがれてお店を開きたい!』という人がいたら

    なんとお声がけしますか?」

     

    店主「『やめとけ』っていうよ笑

    人の真似事をするやつは、所詮真似事でしかないんだ。

    前に富士山に登った時思ったんだよ。

    登っても登っても全然頂上にたどり着かなくて、

    もうこのままたどり着かないかもしれないと思ったけれど

    一歩一歩歩いたら頂上に着いた。

    つまり、『千里の道も一歩から』なんだよ。

    その言葉の意味をはき違えず、きちんと一歩一歩毎日前に進めば

    いつか夢は叶うんじゃないかな。」

     

    しっかりと目を見つめながら話してくださる店主を見て、

    この紅茶の甘さは

    今までのたくさんの人生経験を経た店主だからこそ出せる味なんだと感じました。

     

    この甘さを味わいにまた足を運んでしまいそう…

     

    ・・・・・・・というか実は私が小学校の頃から通っているお店なのです。

     

    元気がなくなった時

    落ち込んだ時

    踏ん張りどころな時

    もうちょっとパワーが欲しい時

    モンマスティーのあま~い紅茶とあま~い頑固おやじに会えば

    不思議と明日も頑張ろうと思えるんだよなあ。

     

    貴方も是非次の週末に!!

    ぴ~~~~~す!✌

    またくるね!マスター!

     

    ~今日の一枚~

    さくらんぼのワンポイントがついた帽子と

    おやじのエプロンが似合う店主。

    モンマスティーと同じ赤だけど

    やさしさのあふれるピンクが買った赤の似合う素敵な店主でした。

    TALENT PROFILE

    東美結

    大学入学を機にサロンモデルになったことをきっかけに読者モデルとして活動を始める。 170cmという抜群のスタイルをもち、ロンドンへの語学留学・独学でデザインを勉強するなど才色兼備なモデル。 コーヒー屋・カフェ巡り、ランニング等趣味が多い彼女の等身大なライフワークとその雰囲気で様々な業界から注目が集まる。

  • 6カ国の朝食を楽しむ、原宿「World  Breakfast Allday」に行ってみた

    13.November.2018 | FEATURES / FOOD / SPOT

    みんなさんこんにちは。もしもしボックスのスタッフのミニマルです。

    みなさんは朝ごはん何を食べますか。パン?おにぎり?

    毎日同じものを食べると飽きちゃいますよね。

    原宿遊びに行った朝は、他の国の朝ごはんをたべてみませんか?

    ということで、今日は世界の朝ごはんを食べられる「World  Breakfast Allday(ワールド・ブレックファスト・オールデイ)」を紹介したいと思います。

    「World  Breakfast Allday」は2つ店舗があります。今回は今年オープンした原宿にある2号店に行って来ました。

    「World  Breakfast Allday」は渋谷と原宿の間にあります。

    まず、キディランドの手前にある表参道の古着屋さん、フラミンゴを右に曲がります。

    まっすぐ進むとタピオカ専門店ゴンチャがあり、その奥にファミリーマートがあるので、左の道に進みます。

    すると郵便局が見えて来ます。郵便局の方向に進んでください。

    進んで行くとカフェがあるので、右に進んでください。

    しばらく歩くと、薄い黄色の「World  Breakfast Allday」が道路の左側にあります!

    初めて行く人は少し難しい場所なので、道がわからない時はぜひもしもしボックス原宿観光案内所まで尋ねてくださいね。

    「World  Breakfast Allday」の外装は薄い黄色の壁で、優しい雰囲気で、リラックスできる空間です。

    店の中に各国の音楽が流れて、なんだか異国にいる気分でした。

    店内には外が見える窓席が設置されています。

    外の景色を見ながら朝ごはんをゆっくり食べたいので、窓側の席に座ってみました。

    窓席以外にも広いテーブル席もあります。

    こちらはメニューです。

    2ヶ月ごとに変わる期間限定メニューもあり、選べる料理はたくさんあります!

    決めたらカウンターで注文すればOKです。

    カウンターもとてもかわいくて、料理を作っている姿が見えるオープンキッチンになっています。

    私が頼んだのはアメリカの朝ごはんです。

    パンケーキ、ベーコン、目玉子焼きと、ポテトが付いてきます。

    はちみつも付いてるので、好みでパンケーキに付けて食べてみてください。

    朝から幸せになれるおいしさでした。

    日本にいながら海外の気分を味わうことができるカフェ。

    朝原宿にいる時や、買い物に疲れたときに、是非行ってみてくださいね~

    WRITER PROFILE

    MINIMARU

    香港からきた留学生。高校から原宿ファッションを好きになって、日本に留学することを決めて、日本の大学に進学した。趣味は旅行、撮影、カフェ巡り。目標は全部のカフェを制覇することだ。

  • ついに日本上陸!台湾タピオカ「幸福堂」原宿竹下通りにオープン

    17.July.2019 | FEATURES / FOOD

    みなさんこんにちは!もしもしにっぽん編集部のミドリです。
    タピオカの本場、台湾でダントツの人気を誇る「幸福堂」がついに東京原宿に上陸!台湾のみならず世界中で愛されている幸福堂の日本第一号店に早速行ってきました。

    幸福堂は原宿・竹下通りの真ん中あたりにあります。昔リズリサがあったところです!

    店頭ではタピオカをグツグツ煮ています。

    店内に入るとたくさんの引き出しがあります。すぐ近くの棒を抜くとそこに番号が振られていて、その番号の引き出しを引くとおみくじが入っています。おみくじを読みながら順番を待ちましょう。

    幸福堂はタピオカミルクティーだけでなくカラフルなゼリージュースなども販売しています。タピオカが苦手な人も一緒に楽しめますね!

    今回はおすすめの黒糖タピオカを注文!ミルクティーではなく牛乳に黒糖シロップを加えたものです。
    黒糖タピオカはカップの模様が可愛いですね♡

    氷は小さめなので、温かい出来立てのタピオカとよく混ざるのが嬉しい♪

     

    タピオカは比較的小粒ですが柔らかめで、万人ウケするであろうタピオカです。台湾ナンバーワンタピオカなのも納得!
    黒糖はあまり甘すぎず、夏に飲みやすいものとなっています。

    タピオカで失敗したくないけれど、原宿にしかないタピオカが飲みたい方におすすめなので、ぜひ足を運んでみてくださいね。

    WRITER PROFILE

    Midori Blackmore

    とにかく明るいメンヘラです。文章を書きます。可愛いものはなんでも好きだけど美味しいものはもっと好き!原宿観光案内所もしもしボックス元スタッフでミスiD2018セミファイナリスト。

RELATED ENTRIES

  • “さくらと苺”の春限定人気メニューが再登場! 「辻利ソフト 春のパルフェ」

    25.February.2020 | FOOD

    京都 宇治の老舗「辻利」が“抹茶の新感覚体験”をテーマに贈る、関東唯一の店舗「辻利銀座店」では、毎年大人気の春限定のメニュー「辻利ソフト 春のパルフェ」を2020年2月20日(木)より発売している。

     

    辻利こだわりの抹茶を贅沢に使ったソフトクリームに、季節感あふれるさくらと苺を組み合わせた期間限定の特別メニュー。

    辻利ソフト 春のパルフェ 815円 (税別)

    もっちりとしたさくらあん・白玉・カットいちごを、茶匠厳選の宇治抹茶を使用した人気の抹茶ソフトクリームにトッピングし、ストロベリーソースで仕上げた贅沢なパルフェ。

     

    目にも鮮やかな色彩のパルフェで、いち早く春を味わってみて♪

  • 発酵カフェ「漬×麹 Haccomachi(ツケカケルコウジ ハッコマチ)」が京都・三条にオープン

    19.February.2020 | FOOD / SPOT

    発酵食品をテーマにした発酵カフェ「漬×麹 Haccomachi(ツケカケルコウジ ハッコマチ)」が京都・三条に2020年2月22日(土)にオープンする。

    Haccomachiは日本の食文化に根付く「発酵(Hacco)」と美しい女性を指す「小町(Comachi)」をかけた造語。”発酵を取り入れ、豊に暮らしていきたい”という願いを込めて名付けられた。

    日本の発酵文化を支える「麹」や、それを受け継いできた先人の知恵へ尊敬の念を込めて、伝統的な麹づくりをモチーフにしたというロゴもかわいらしい。

     

    日本の食文化を語るうえで外せない「発酵」。古来より、麹菌の酵素が生み出す甘みやうまみが、日本の食文化に彩りを添えてきた。例えばみそ、しょう油、みりん、米酢などの伝統調味料は、いずれも麹を発酵させてつくられたもので、現代でも日々の食生活のなかに必ずと言っていいほど登場する。

     

    漬×麹 Haccomachiのメニューを彩るのは京都生まれの発酵食品。老舗もやし店の「菱六」をはじめ、大豆のうまみを丸ごと味わえる京納豆の「藤原食品」、伝統のまるさわの味を守り続ける「澤井醤油本店」、江戸時代より続く伏見の酒蔵「北川本家」など京都で長く受け継がれてきた発酵の技術を十分に体感できるラインアップとなっている。

     

    メニュー例

    〈ランチメニュー〉

    Haccomachi特性 発酵ランチプレート 1,690円

    発酵食品をつかった前菜や、漬け込んでうまみが増したタンドリーチキン、かじきまぐろのオリーブオイル塩麴漬、スープなどを盛り合わせたランチプレート。

     

    〈ディナーメニュー〉

    骨つきスペアリブの白みそ柚庵焼き 1,490円

    ボリュームたっぷりのスペアリブを白みそ・みりん・しょう油を使いみそ柚庵焼きに。ジューシーな肉のうまみを豪快に味わうことができる。

    サーモンの白みそなめろう ヨーグルトソース添え 770円

    サーモンをたたき白みそを加えてなめろうに。だしの風味がきいたヨーグルトソースで、さっぱりながらもコクのある味わいに仕上げている。

    自家製米麹甘酒ヨーグルト 470円

    酸味のあるヨーグルトで割ることで、甘酒の甘みを引き立てた。甘酒が苦手でも飲みやすい仕上がり。

     

    〈カフェメニュー〉

    みそパウンドケーキ バニラアイスクリーム添え 550円

    京都市内でカフェなど6店舗を展開する「さらさ」の焼菓子工房とのコラボ商品。老舗・菱六の米麹パウダーを練り込み丁寧に焼き上げた。みそのうまみが凝縮し、米麹パウダーのおかげでしっとりした生地のケーキに、バニラアイスを添えて。

    カシスとバニラの甘酒アフォガード 550円

    さっぱりしたカシスシャーベットと濃厚なバニラアイスに、あたたかい甘酒をかけて食べるアフォガート。アイスの冷たさと甘酒のあたたかさを楽しめる。

     

    日本の古くからの伝統である“発酵”を新感覚で楽しめる商品を「漬×麹 Haccomachi」で堪能してみては?

     

  • 今週のスイーツ:伊勢神宮 外宮近くのカフェ「木下茶園」で食べる季節のパフェ

    18.February.2020 | FEATURES / FOOD / SPOT

    週に1回、他のことは何もせず。

    ただただ美味しいご飯やスイーツを食べる。

    幸せに生きていく上で、とても大切な時間です。

     

    今日は東京から離れて三重県・伊勢市のお店へ。伊勢出張終わり、電車までの空き時間に、伊勢神宮 外宮近くの「木下茶園」へ行きました。

    木下茶園は、伊勢神宮 外宮から徒歩3分ほど、伊勢市駅からも5分ほどで到着する、とてもアクセスの良い場所にあります。外観はレトロでカワイイ洋館のよう。店の中に入ると木を基調とした居心地の良い空間が広がります。

    明治時代から続くお茶やさん「木下茶園」のカフェでは、”お茶”を使ったドリンクやスイーツをイートインとテイクアウトで提供しています。

     

    私が今回オーダーしたのは季節限定パフェ。店内にいる9割の人が注文していたのでとても人気の商品なのでしょう・・・!

    いちごと抹茶のブリュレパフェ 和紅茶付き 1,300円(税込)

    苺がたくさん入ったキラキラしたパフェ。めちゃくちゃカワイイ♡

    とにかくどこから見ても、どこから撮ってもカワイイ♡

    ブリュレのカラメルにスプーンを入れると、ふんわりとしたカスタード出てきました。ほろ苦くカリカリとした食感のカラメルと、優しい甘さのカスタード。次に出てくるマスカルポーネクリームとの相性も抜群です。口の中が優しい甘さに満たされた後に出てくるのが伊勢抹茶のジェラート。

    抹茶ジェラートだけで食べると、一旦甘いものをリセットするお口直しに。甘いブリュレと苦味の抹茶ジェラートを一緒に食べれば、また違うおいしさが口の中に広がります。個人的にはブリュレやマスカルポーネクリーム、次に出てくるサクサクパイと絡めて食べるのがオススメです。

     

    甘み・苦味の次は、甘酸っぱさがフレッシュないちごシャーベット。そして最後にホワイトチョコのムース・いちご・ミックスベリーのゼリーでまた優しい甘みが帰ってきました♡

    パフェの最後の方って食べ飽きてしまうことがあると思うのですが、木下茶園のパフェは色々な食感や味を楽しめるのでペロリと食べられちゃいます。

    一緒に付いてくる和紅茶は、華やかなパフェを引き立てる上品な味わい。季節のパフェにはそのパフェに合うお茶がついてきます。お茶とパフェのペアリングを楽しんでみてください。

    抹茶きな粉白玉クリーム 830円

    今回注文できなかったのですが、「抹茶きな粉白玉クリーム」もとても気になる。。。自家製の白玉に沖縄産の黒蜜と伊勢抹茶がトッピングされています。もちもちの白玉にほろ苦い抹茶、濃厚な黒蜜って絶対においしい!次に行った時は絶対に食べようと心に決めています。

     

    お茶の伝統と文化を大切にしながらも、今のトレンドを捉えた「木下茶園」のドリンク&スイーツ。伊勢ならではの味わいを堪能したい方はぜひ足を運んでみてください。

     

    今日のおみや

    ティーバッグ ほうじ茶 各440円

    美味しいスイーツを食べた日は、家族や同僚にも幸せをおすそ分け。

    今日のおみやは三重県で作った茶葉を使ったティーバッグ。お茶の種類も色々あり、パッケージがカワイイ♡友人や家族へのおみやにピッタリなアイテムです。

  • IKEA原宿が4月25日にオープン

    15.February.2020 | SPOT

    イケア・ジャパンは、原宿駅から徒歩1分の場所に新しくオープンする「WITH HARAJUKU(ウィズ原宿)」内に初の都心型店舗である「IKEA原宿」を2020年4月25日(土)にオープンする。

     

    休日はもちろん、平日のランチや仕事の後にでも気軽に立ち寄れる便利なロケーションで、お買い物を楽しむことができる。また、イケアならではのスウェーデンの味を開放的な空間で手軽に楽しめるカフェも隣接している。

     

    原宿に吹き込む新しいスウェーデンの風を感じてみて。

  • 大阪で”スイーツがおいしい”おすすめカフェまとめ

    10.February.2020 | FEATURES / FOOD / SPOT

    もしもしにっぽんでは、京都など関西地方のおすすめのカフェをいくつか紹介してきましたが、今回は大阪で行きたい、スイーツが美味しいカフェをご紹介!

    関西地方のスイーツをインスタグラムで投稿しているTiaraさんの写真とともに、オススメ店舗を紹介します。

     

    ちひろ菓子店/西大橋

    TVでも活躍されているスイーツレポーター・ちひろさんのお店です。 フィナンシェやガトーショコラが人気のお店で、テイクアウトも可能です。

    ネオクラシックプリン セット(フィナンシェ+ホットコーヒー付き)

    こちらのセットは、バニラビーンズがたっぷり入った自家製バニラアイスをトッピングしたネオカスタードプリンが楽しめます。固めでしっかりとした卵感が味わえて、バニラアイスとのハーモニーもたまりません♪焼き立て熱々フィナンシェも最高に美味しい。ちひろ菓子店の営業は12時〜、カフェ営業は13時〜なのでお間違えなく。

     

    ▼ちひろ菓子店

    住所:大阪府大阪市西区新町1-25-13 1F
    営業時間:
    ちひろ菓子店 12:00〜19:00
    カフェ 13:00〜19:00
    定休日:不定休
    URL:https://chihiroshop.thebase.in

     

     

    フツウニフルウツ土佐堀パーラー/肥後橋

    以前紹介したフツウニフルウツ土佐堀パーラー。1階がテイクアウト販売、2階がカフェスペースとなっています。カフェのメニューは時間帯により異なり、モーニングではフルーツトーストなどのトーストメニュー、ランチタイムからはフツウニフルウツの看板商品であるフルーツサンドが食べられます。

    季節のフルーツサンド

    フルーツサンドの生クリームはこくがあるのにさっぱりとしてて、フルーツによく合います。他にも、フルーツがふんだんに使われたスイーツを堪能することができます。

     

    ▼フツウニフルウツ土佐堀パーラー

    住所:大阪府大阪市西区土佐堀1-1-30

    営業時間:
    テイクアウト:10:00〜16:00
    イートイン:10:00〜19:00
    定休日:月曜日
    URL:https://www.instagram.com/futsuunifuruutsu_cafe/

     

     

    Fukushima Suger(フクシマ シュガー)/福島

    旬の素材を取り入れながら、ひとつひとつ手作りでスイーツを提供するケーキやさん。イートインは1日10組限定なので、予約がおすすめです。

    いちじくのシフォンケーキ /2種のぶどうタルト/ シュー栗ーム

    いちじくのシフォンケーキは柔らかくて幸せな味♡ケーキが盛られている木のお皿も可愛いですよね。ケーキの種類は、季節によって変わるので、インスタグラムでチェックしてみてくださいね。ショーケースにずらりと並んだテイクアウトのスイーツも、どれも素敵で迷ってしまいます♪

     

    ▼Fukushima Suger

    住所:大阪府大阪市福島区福島6-22-11

    営業時間:
    テイクアウト:13:00〜
    イートイン:14:00〜17:00(予約制)17:00以降空き次第案内可能
    定休日:月曜日・火曜日
    URL:https://www.instagram.com/sugar_fukushima/

     

     

     

    いかがでしたか?どれも素敵なお店なので、ぜひ出かけてみてくださいね。

    Tiara さんのインスタグラムでは他にもたくさんのカフェが紹介されているので、関西地方で甘いものが食べたくなったときは、ぜひチェックしてみてください。

    Text&_photo:@happy_pinkrose_tiara

     

    *今回紹介したメニューは記事掲載時の情報です。詳細は各店舗の公式サイトやSNSでチェックをお願いします。

     

  • 下町の風情が残る“谷根千”観光の休憩に!千駄木・根津のオススメカフェまとめ

    09.February.2020 | FEATURES / FOOD / SPOT

    もしもしにっぽんでは銀座や表参道など、都内のおしゃれなカフェを紹介してきましたが、今回は千駄木・根津エリアのカフェをご紹介!谷中・根津・千駄木の3エリアの頭文字を取った“谷根千”は東京下町の雰囲気が残っていることから、今注目を集めている観光スポットであることをご存知でしたか?

     

    そんな“谷根千”観光の休憩やランチに、どこのカフェへ行ったらいいかわからない!という方に、今回は都内でカフェ巡りをされているomaoさんのインスタグラムから、千駄木・根津エリアのオススメカフェをご紹介します。

     

    雨音茶寮/千駄木・根津の中心

    ケーキセットB  価格不明

    雨音茶寮は、古民家をリノベーションした屋根裏部屋のようなシックな内装。草木や花瓶が飾られており、静かに寛げる雰囲気が広がっています。1階はキッチンとカウンター、2階がイートインスペースです。メニューはお菓子とお茶のセット、お茶漬けと小鉢のセットなどから選ぶことができます。ひとつひとつ丁寧に作られたケーキは、絶品。

     

    ▼雨音茶寮

    営業時間:月・木・金 11:30〜17:00/18:00〜22:00、土・日・祝 11:30〜22:00
    定休日:火曜・水曜
    住所:東京都文京区千代田区2-44-19
    HP:www.amanesaryo.com/

     

     

    SIGNE COFFEE(シグネ コーヒー)/根津

    かぼちゃのプリン、ブレンドコーヒー 価格不明

    根津神社からすぐの場所にある珈琲店SIGNE COFFEE。店内は白を基調とした明るい雰囲気です。どれを食べても美味しいと評判のスイーツに、どっしりしすぎずライトで飲みやすいブレンドコーヒーが魅力。何度も通いたくなるカフェです。スイーツは売り切れてしまう場合もあるので早めの来店がオススメ!

     

    ▼SIGNE COFFEE

    営業時間:10:00〜18:00(L.O.17:30)
    定休日:木曜・金曜
    住所:東京都文京区根津1-22-10
    HP:https://www.signecoffee.com/

     

     

    サンクレスト/根津

    ミックスサンド550円/ ナポリタン670円 /ブレンドコーヒー 430円

    昔ながらの雰囲気が漂う喫茶店サンクレスト。カウンター席とソファー席にわかれています。コーヒーの種類がたくさんあるので、本格派の珈琲が飲みたい時におすすめなお店です。サンドイッチやナポリタンは、なんだかほっこりする味。

     

    ▼サンクレスト

    営業時間:不明
    定休日:不明
    住所:東京都台東区池之端2-2-9 サンクレスト池之端1F
    HP:tabelog.com/tokyo/A1311/A131106/13142959/

     

     

    CIBI Tokyo(チビ トーキョー)/千駄木

    メニュー 不明

    CIBIはオーストラリア・メルボルン発のコンフォタブルカフェ。自家製天然酵母パンを使ったモーニングメニューや、ハウスメイドのマフィン・ケーキなどのスイーツもあります。お昼は、旬な素材を使った月替わりのランチプレートが人気。どのメニューも、有機・フレッシュ・ローカルな食材を使用しているので自然派カフェが好きな方にオススメです。

     

    ▼CIBI Tokyo

    営業時間:8:00〜18:00
    定休日:不定休
    住所:東京都文京区千駄木3-37-11
    HP:www.cibi.jp/

     

     

    ゆうcafe/根津

    ビーフシチュー 1200円

    ゆうcafeは不忍通りの一本裏通りにあり、ひっそりとした佇まいの隠れ家カフェ。ランチメニューはビフシチューのみ。しっかり煮込まれた牛肉と濃厚なシチューがよくマッチしています。コーヒーなどドリンクはとっても可愛いカップに入っています。

     

    ▼ゆうcafe

    営業時間:11:45〜17:00
    定休日:火曜日
    住所:東京都文京区根津2-13-4
    HP:https://tabelog.com/tokyo/A1311/A131106/13018429/

     

     

     

    いかがでしたか?

    omaoさんのインスタグラムでは、他にもたくさんのカフェが紹介されています。都内でどこのカフェにに行くか迷ってしまった時はぜひomaoさんのインスタグラムをチェックしてみてくださいね。

     

    Photo&Text:omao

  • オシャレの街・銀座でカフェに行くならここ!オススメカフェ 6選

    09.February.2020 | FEATURES / FOOD / SPOT

    最新の流行やトレンドファッションを発信し、気軽に入れる若者向けのランドマークから優雅な気分でセレブ感を味わえるカフェ&レストランが揃う銀座。週末は特に多くの観光客・買い物客の方々で賑わっています。

     

    ショッピングの休憩やランチに、どこのカフェへ行ったらいいかわからない!とう方に、今回は都内でカフェ巡りをされているomaoさんのインスタグラムから、銀座でおしゃれ&穴場なカフェをご紹介します。

     

    bills (ビルズ)銀座

    リコッタパンケーキ 2000円(税抜)

    パンケーキで有名なbills。リコッタチーズのパンケーキは、分厚いパンケーキが3枚のっている豪華な一品!リコッタチーズのプレーンな味わいと、ほのかに塩気のあるバターは甘さ抑えめで美味しい。メープルシロップであまみをつけて食べると二度美味しくなります。なかなか混んでいて行けないという方は平日の午前中が狙い目です!

     

    ▼bills銀座

    営業時間:8:30-23:00
    定休日:不定休
    住所:東京都中央区銀座2-6-12 Okura House 12F
    HP:https://billsjapan.com/jp/銀座

     

     

    THE CITY BAKERY(ザ シティーベーカリー)

    シナモンロール 320円(税抜)他不明

    city bakeryはニューヨークに本店を構えるカフェ&ベーカリーで、東京だけでも銀座の他、中目黒・品川・吉祥寺など6店舗を展開するほどの人気店。メインは名前の通りパンですが、ハンバーガーや、スープ、サラダ、アルコールの提供も行なっているのだとか。何より出来立てのパンをその場で食べられるのは嬉しいですよね。

     

    ▼THE CITY BAKERY

    営業時間:7:30-22:00
    定休日:不定休
    住所:東京都中央区銀座5-2-1東急プラザ B2F
    HP:https://thecitybakery.jp

     

     

    銀座のジンジャー

    銀座のジンジャーは、銀座本店と東京スカイツリータウン・ソラマチ店に直営店があります。こちらは銀座本店のかき氷。銀座にあるだけあって店内は落ち着いた高級感が漂います。かき氷といえば夏に食べるイメージですが、ここでは通年かき氷を食べることができます。季節ごとに限定のかき氷が販売されているのでそちらもぜひ頼んでみてください♪生姜を使ったお菓子も販売されているので、ちょっとお土産にも最適です。

     

    ▼銀座のジンジャー 銀座本店

    営業時間:11:00-20:00
    定休日:不定休
    住所:東京都渋谷区銀座1-4-3 カルチェブラン・銀座 1F2F
    HP:https://tabelog.com/tokyo/A1301/A130101/13143693/

     

     

    銀座ウエスト

    人口の香料や色素等をできる限り使用せず、材料本来の風味を活かしたお菓子を提供する老舗喫茶店、銀座ウエスト。白いクロスがかかったテーブルと椅子で明るい店内で食べるケーキはどれも絶品。人気メニューのリーフパイをお土産に買って帰るのもおすすめです。

     

    ▼銀座ウエスト

    営業時間;平日 9:00-22:00(売店は23:00まで)、土日祝 11:00-20:00
    定休日:無
    住所:東京都中央区銀座7-3-6
    HP:https://www.ginza-west.co.jp

     

     

    カフェーパウリスタ 銀座本店

    カフェーパウリスタは、銀座でブラジルコーヒーを飲むという意味の“銀ブラ”という言葉の発祥になったカフェと言われています。静かでクラシカルな雰囲気だけど、堅苦しくなく落ち着いてコーヒーを楽しめるカジュアルな印象。スイーツと深みのあるコーヒーを素敵な店内で堪能してみてくださいね。

     

    ▼カフェーパウリスタ 銀座本店

    営業時間:月〜土 8:30-21:30、日・祝 11:30-20:00
    定休日:無
    住所:東京都中央区銀座8-9-16 長崎センタービル 1F
    HP:http://www.paulista.co.jp

     

     

    centre the bakery 銀座(セントル ザ・ベーカリー銀座)

    食べ比べセット 1700円

    こちらは食パンが食べられるカフェ、centre the bakery。イートインスペースがありますが、かなり混み合うので予約をしていくのがおすすめです。テイクアウトの購入でも1時間ほど並ぶようです。でもここの食パンは並ぶ価値以上の美味しさ。ボリュームもたっぷりで大満足できること間違いなし!

     

    ▼centre the bakery

    営業時間:10:00-19:00
    定休日:不定休
    住所:東京都中央区1-2-1 東京高速道路紺屋ビル1F
    HP:https://tabelog.com/tokyo/A1301/A130101/13157424/

     

     

    いかがでしたか?

    omaoさんのインスタグラムでは、他にもたくさんのコーヒーやスイーツが紹介されています。都内でどこのカフェにに行くか迷ってしまった時はぜひomaoさんのインスタグラムをチェックしてみてくださいね。

     

    Photo&Text:omao

  • 日替わりランチ・焙煎コーヒー・スイーツも!滋賀県のおすすめカフェ5選

    08.February.2020 | FEATURES / FOOD

    MOSHI MOSHI NIPPONでは京都、大阪など関西・近畿地方のおすすめのカフェをいくつか紹介してきましたが、今回は滋賀県にあるおすすめのカフェをご紹介!

    関西地方のスイーツをインスタグラムで投稿しているTiaraさんの写真とともに、オススメ店舗を紹介します。

    and f CAFE(アンドエフ カフェ)/守山

    新鮮なフルーツをふんだんに使ったパフェやアレンジドリンクが人気のand f CAFEの店内には、植物がたくさん飾られています。2階には広々としたキッズスペースがあるので、子ども連れの方に人気が高いカフェです。ペットと一緒に入れる個室や、ミニドッグラン席もあります。

    朝摘みいちごの食パン/朝摘みいちごラテ 
    「朝詰みいちごの食パン」は、一本堂のふわふわ厚切り食パンが使用されていて、マスカルポーネチーズが入った自家製クリームがたっぷりと塗ってある贅沢な一品。クリームは甘すぎず、いちごの甘さを引き立ててくれる美味しさです。ラテにはあま〜い生のいちごが入っています。
    ▼and f CAFE
    住所:滋賀県守山市二町町208-5
    営業時間:
    ランチ11:00〜16:00
    カフェ11:00〜18:00
    定休日:日曜日

    cafe de Boku(カフェ デ ボク)/守山

    歴史ある酒蔵をリノベーションし、アンティークな家具がたくさん並べられているcafe de Boku。野菜たっぷりのランチメニューや、滋賀県産フルーツを使用したパフェやタルトなどのスイーツが充実しています。

    季節のフルーツパフェ
    パフェには大きくて瑞々しい大中産の章姫という品種のいちごがふんだんに使われていて、ミルク感たっぷりで濃厚なソフトクリームとよく合います。季節毎にどんなパフェが提供されるのか楽しみ♪テイクアウトの焼き菓子なども販売されているので、ちょっとしたお土産選びにもぴったりなカフェです。
    ▼cafe de Boku
    住所:滋賀県守山市守山1-10-2
    営業時間:11:00〜17:30
    定休日:木曜日

    Cafe Marvel(カフェマーベル)/大津

    京阪電車を眺められる窓際の席が人気なCafe Marvelは、テーブルや椅子が木製でインテリアが素敵なカフェです。日替わりランチは限定10食。メイン・スープのほかに、6種類くらいあるデリを選ぶことができます。

    日替わりランチ【限定10食】有頭エビフライ・カニクリームコロッケ オムライス
    今回はエビフライ・カニクリームコロッケオムライスです。エビフライは大きくてオリジナルのタルタルソースがまた絶品。ボリュームのあるランチプレートですが美味しくてペロリと食べられます。日替わりランチは、1ヶ月分のメニュー表があるので食べたいメニューをチェックして足を運んでみるのもいいかもしれません。
    ▼Cafe Marvel
    住所:滋賀県大津市御陵町5-9
    営業時間:不明
    定休日:不明

    ドゥブルベ・ボレロ/守山

    都会から少し離れた静かな場所にある、アンティーク調のイートインスペースを備える上品な洋菓子店。ケーキやコンフィズリー、チョコレート、パンなどが販売されています。
    オペラ・エテ
    滋賀県ナンバー1の洋菓子店と言われているだけあり、何を食べても絶品です。テイクアウトもできるので、家でも味わえるのが魅力的ですよね。
    こちらのお店は大阪にも店舗を構えていますが、南仏の温かな家を思わせる滋賀の店舗では、テラス席でゆっくりとカフェタイムを過ごすことができます。
    ▼ドゥブルベ・ボレロ
    住所:滋賀県守山市薩摩田町48-4
    営業時間:11:00〜20:00
    定休日:火曜日

    Mov’s TOWN &COFFEE(モヴズ タウン&コーヒー)/大津

    古民家をリノベーションし落ち着いた雰囲気のMov’s TOWN &COFFEE。店内のインテリアはデンマーク製。ソファやゆったりとした席でゆっくり過ごせるカフェです。

    カフェオーレー コーヒーゼリー
    滋賀県守山市にあるロースター「米安珈琲焙煎所」の珈琲豆を使用したカフェオレはほんのり甘く、ほろ苦いコーヒーゼリーはキルシュとココナッツが香るクリームソースがかかっていてクリーミーで美味しい♪和紅茶やオーガニックジュースなども販売されていて、ヘルシーなメニューも揃っています。
    ▼Mov’s TOWN &COFFEE
    住所:滋賀県大津市御幸町1-56
    営業時間:10:00〜18:00
    定休日:水曜日・第3火曜日

    いかがでしたか?どちらも素敵なカフェなので、ぜひ出かけてみてくださいね。

    Tiaraさんのインスタグラムでは他にもたくさんのカフェが紹介されているので、関西・近畿地方であたたかいコーヒーや甘いものが食べたくなったときは、ぜひチェックしてみてください。

     

    Text&_photo:@happy_pinkrose_tiara

     

    *今回紹介したメニューは記事掲載時の情報です。詳細は各店舗の公式サイトやSNSでチェックをお願いします。

  • 充実したサービスでお気に入りコスメを見つけよう!原宿「@cosme TOKYO」レポート

    04.February.2020 | FASHION / FEATURES / SPOT

    2020年1月10日(金)、原宿駅前に新体験フラッグシップショップ「@cosme TOKYO(@コスメ トーキョー)」がオープンしました!

     

    @cosmeとは、化粧品・コスメ情報専門のポータルサイト。クチコミランキングをチェックしたり、スキンケアやメイクの疑問を質問できるなど、ビューティについてあらゆる角度からさまざまな情報を提供しています。

    そんな@cosme初の路面店「@cosme TOKYO」は約400坪を誇る面積で、プチプラからラグジュアリーブランドまで過去最大の様々な化粧品・コスメを販売していることもあり、今原宿で注目されている店舗です。

     

    3フロアに分かれているそれぞれの見どころを、早速チェックしていきましょう!

     

    1階 殿堂入りアイテムがずらり!“今”人気のコスメが分かる

    1階の入り口には、歴代のベストコスメ受賞や殿堂入りしたアイテムが一堂に介する「ベストコスメアワードタワー」が。ずらりと並んだコスメの数々は、インパクト抜群です。

    奥に進むと、サイト上での週間ランキング情報と連動する@cosme ウィークリーランキングコーナーがあります。“今”注目のアイテムを随時チェックすることができます。

    @cosme TOKYOの最大の特徴は、気になるコスメを試せる環境が整っていること。商品を自由に試すことができるテスターバーには、パフ・コットン等のアメニティの他、ウォータースペースも完備されています。周りの目を気にせず、実際に試してから購入できるのはとっても嬉しいサービスですよね。

     

    その他、スマホでロックを解除できるスマートロッカーに手荷物を預けられるスマートロッカーや、120カ国(85金種)対応の外貨両替機も完備されているので、ゆっくりと買い物を楽しむことができます。

     

    2階 メンズコスメや美容機器を気軽に体験できる

    2階には、@cosme TOKYOで売り上げの高いアイテムをランキング展開したコーナーが充実。ベース部門、マスカラ部門、チーク部門などそれぞれのアイテム別人気コスメが見やすく並べられています。スタッフによる手描きPOPで、商品の特徴を楽しく比較しながらチェックしましょう。

    最近では男性用のコスメ商品も注目を集めていることから、メンズ・ユニセックスメイクアイテムを展開するコーナーも。パートナーと一緒に気になるコスメを選んだりして楽しめそうです。

    国産の自然由来の成分を使ったコスメや日本らしいパッケージが並ぶ和コスメのコーナーは、日本人はもちろん外国人にも人気の高いコーナー。日本ならではのコスメは、お土産にもぴったりです。

    その他2階では、最新のビューティーミラーで自分の肌年齢をチェックできることができるほか、2カ所のテスターバーがあるのでこちらでも気になる商品を試すことができます。

    キッズスペースや授乳室、オムツ替えスペースも用意されているのでお子様連れの方も安心です。

     

    3@cosmeアプリユーザー限定のフロアでリラックス

    3階は、@cosmeアプリをインストールしている方のみが利用できるラウンジ。休憩や待ち合わせなどに利用でき、原宿駅前のこの立地にはなかなかない、くつろげる空間が広がっています。

    その他、無料でお化粧直しができるパウダースペースや酸素ボックスも。嬉しいサービスがたくさん提供されています。

     

    来店するだけで@cosmeポイントが5ポイントもらえる来店ポイントサービスは、1階にあるフロアマップサイネージで提供しているのでそちらも忘れずにチェックしましょう。1ポイント1円分として利用することができます。

     

    誰でも楽しく買い物できるサービスが充実

     

    商品のJANコードをスキャンすると、@cosmeの外国語サイトで商品情報が確認できる商品情報翻訳タブレットは英語、簡体字、繁体字、ハングル語に対応しています。フロアマップも同言語に対応しているので、気になるコーナーを迷わずチェックすることも可能です。

    また館内ではFree wifi完備、商品の国内配送にも対応していることから、まとめ買いを楽しむこともできます。外国人の方でも簡単に買い物が楽しめるので安心です。

    今までの@cosme storeではあまり見られないコーナーがたくさん展開されているので、きっとお気に入りのアイテムが見つかるはず。様々な楽しい仕掛けや設備を満喫しながら、広々とした館内でゆっくりと買い物を楽しんでみてくださいね。

  • ヴィーガンスイーツ・ドリンクを提供!CBDオイルにフィーチャーした「HealthyTOKYO」原宿にオープン

    29.January.2020 | FOOD

    HealthyTOKYO(ヘルシートウキョウ)は、流行の先端を行く有名な街・東京原宿に、日本で初のCBD専門店&カフェを2020年2月1日にオープンする。

     

    CBDオイル(カンナビジオール)は、ヘンプ(麻植物)から抽出される。CBDについての研究は、CBDが健康に数多くのメリットをもたらすものとして、期待できる結果を生み出している。主なところでは、ストレス軽減・痛みの緩和・睡眠改善・皮膚の炎症を抑える効果を期待して使う人が多い。

     

    CBDは食べ物や飲み物に混ぜても摂取できる食用オイルで、化粧品やクリームでも効果が期待できる成分として注目されている。日本で販売されるCBDは、日本の法条例に沿い製造され、THC(覚醒を引き起こす可能性のある物質)は検出されていない。


    原宿の新店では、HealthyTOKYO CBDオイルをフィーチャーした、ヴィーガンスイーツとドリンクを提供。多彩なメニューの中には、ヴィーガン対応のチーズケーキ、モンブラン、ガトーショコラに加え、グルテンフリーのラザニアなどのフードメニューもあり、有機抹茶・コーヒーなどの飲み物も楽しめる。なおフード・ドリンクメニューの多くは、CBDオイル抜きでも注文できる。

     

    HealthyTOKYOブランドのCBD製品は、店頭にて全ラインナップ取り揃えており、天然植物由来のCBDオイルは、濃度・フレーバーも種類豊富に用意されている。肌に直接塗ることができるクリームやコスメ・グミ・カプセル、その他のCBD製品も販売される。

     

    日本で初のCBDに特化したカフェ&ショップにぜひ足を運んでみてほしい。

  • 東京・大阪・名古屋・福岡・北海道にミュージアムのようなスペシャルカフェ「スター・ウォーズ」OH MY CAFEオープン

    25.January.2020 | FEATURES / FOOD / SPOT

    大ヒット上映中の映画『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』。42年にわたり全世界を魅了してきたスカイウォーカー家の物語のフィナーレを飾る作品は、今最も注目を集めている映画のひとつです。 昔からファンだった方はもちろん、今回の映画で初めて「スター・ウォーズ」作品を観たという方もいらっしゃるのでは?

     

    そんな「スター・ウォーズ」シリーズの世界観を存分に満喫することができるスペシャルカフェ「スター・ウォーズ」OH MY CAFEが2020年1月18日(土)より東京にて、1月17日(金)より大阪にて、1月23日(木)より名古屋にて、1月24日(金)より、北海道と福岡にて順次、期間限定でオープンしました。

     

    今回は、東急プラザ表参道原宿店で開催されている東京会場を訪れてみました。「スター・ウォーズ」OH MY CAFEは、貴重なコンセプトアートを使用したミュージアム形式のカフェ。「スター・ウォーズ」ファンが思わずこれまでの作品を語りたくなるようなアートがたくさん飾られています。

    店内に入ってまず目に入るのは、ダース・ベイダーの立像。本物さながらの姿は、迫力満点です。

    壁には、これまでの「スター・ウォーズ」シリーズ制作過程が伺えるコンセプトアートが至るところに飾られています。

    提供されるメニューはこちら。フードは全部で7種類、ドリンクは5種類あります。人気キャラクターをイメージしたメニューや、劇中にでてくる“再現”メニューもあります。

    <STAR WARS> はるか彼方の銀河系ブラックカレー 1,590円

    スター・ウォーズロゴを模った看板メニュー。ロゴはモナカで表現されているので、もちろん食べられます。宇宙は竹炭で炊いたライスとピリ辛い黒カレー。周りにはピーナッツを砕いた“星”が散らばっています。

    <BB-8> 海老ービーエイト・グラタン 1,690円

    ユニークな名前のこちらは、まろやかなグラタンメニュー。かわいいBB-8に癒され、サラダやフランスパンと食べればお腹も満たされます。

    <ヨーダ> ルート=リーフ・シチュー 1,590円

    『スター・ウォーズ エピソードV/帝国の逆襲』でヨーダが、ダゴバの沼地の小屋で振る舞うシチューを再現したこちらのメニュー。野菜をしっかり煮込んだ優しい味で、大人も子どもも嬉しい一品です。

    <R2-D2とC-3PO> 仲良しバーガープレート 1,990円

    R2-D2はベシャメルソース、C3-POはミートソースを挟んだチキンバーガー。ハンバーガーにささっているR2-D2とC-3POのフラッグは、持ち帰ることも可能です。2人でシェアして食べるのにおすすめメニューです。

    ポーションパン 500円

    個人的に、見た目からどんな味がするのか一番気になっていたこちら。液体を混ぜると、ふわっと膨らんでくる、レイが作中で食べていた再現メニューです。見た目こそゴツゴツしていますが、思っていたよりふわふわでやさしい甘さです。

    ライトセーバードリンク 各600円/コースター付:各1,300円

    左からダース・ベイダーはブラッドオレンジ風味、ルーク・スカイウォーカーはラムネ風味、ヨーダはメロン風味の炭酸ドリンクです。付属ストローの袋をとるとライトセーバーに変身します!

    <STAR WARS >漆黒のブラックコーヒー ドリンク単体 600円/ボトル付き 1,750円

    『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』から『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』までのオープニングクロールを使用した、限定ボトルがついてくるブラックコーヒー。どのエピソードかはお楽しみ!ファンにはたまらないドリンクです♪

    フードやドリンクを楽しんだあとに絶対にチェックしたいのは、ここでしか買えない限定グッズ。「スター・ウォーズ」シリーズのアートを使用した限定グッズは13種類販売されています。

    クリアファイル 350円

    特におすすめのグッズはこちら。今回「スター・ウォーズ」OH MY CAFEで販売されているメニューがイラストとして描かれています!カフェで過ごした楽しい時間をいつでも思い出せるグッズです。

    トートバッグ 3,500円

    こちらのトートバックには、「スター・ウォーズ」シリーズの相関図が描かれています。

    その他にも、日常生活で使いたい人気キャラクターをイメージしたグッズがたくさん販売されています。

    カフェ限定グッズを1,000円以上(税抜)購入した方には先着で「ショッパー」がプレゼントされます。※無くなり次第終了。

    店内にはそのほかにも、思わず写真に収めたくなるスポットや楽しい仕掛けが盛りだくさん!

    事前予約を利用し、メニューを注文した方には「オリジナル A5 クリアファイル(ランダム25種)」が1枚プレゼントされるので、ぜひ予約をしてから足を運んでみてくださいね!※種類はお選びいただけません。

     

     

    © & TM Lucasfilm Ltd.

    ※全て税抜価格です。 ※画像はイメージです。

  • 国内外で人気のイラストレーター“Chocomoo”大規模展が原宿で開催!インタビュー公開

    23.January.2020 | SPOT

    2020年8月20日(木)から9月28日(月)まで、WITH HARAJUKU HALLにてChocomoo(チョコムー)の展覧会「Chocomoo EXHIBITION -OUR SECRET PARTY- Supported by WITH HARAJUKU」が開催される。

    ポップで独創的な作品をモノトーンで描く、京都府出身のChocomoo(チョコムー)。アパレルブランドや企業とのコラボレーション、アーティストへのアート提供など日本国内外で活躍をし、10~20代の女性を中心に人気を集める今注目のイラストレーターだ。今回、そんなChocomooのインタビューが公開された。

     

    Chocomoo インタビュー

     

    「子どもの頃から絵を描くのが好きで、ノートやスケッチブックに描いていました。初めてニューヨークに旅をした時も、絵日記を描くように、公園で絵を描いていたんです。そうしたら、ギャラリーを運営しているおじさんに声をかけてもらって、『うちで展示してみる?』と言われたんです」。

     

    いくつか作品を展示したうち、1枚の絵に買い手がつきました。

    「初めて絵が売れたんです。アーティスト活動をしていない、“普通の人”が描いた絵が売れた。確か30ドルぐらいだったんですけど、それでも、凄く嬉しかった」。

     

    ニューヨークでの出会いをきっかけに、Chocomooは、イラストレーターとしての道を歩み始めます。

     

    自らの絵をブログやSNSに投稿していたところ、作品を見たシンガーソングライターから連絡が来たことも。その縁で、ツアーグッズの制作やアルバムのイラストを手がけました。近年ではイタリアを代表するカーブランドFIATとコラボレーションを果たし、100台限定で車のデザインを手がけたり、イラストを散りばめたビニール傘が全国のファミリーマートで販売されたり。仕事の幅は広がり続けています。

     

    「作品を作るときは、ポジティブな言葉を入れることが多いです。私の作品を見た人が元気になってくれるように」

    彼女のイラストの特徴の一つは、ほとんどがモノトーンで描かれること。なぜモノトーンにこだわるのか問うと、Chocomooは「小学生から高校生ぐらいまで書道をやっていて、黒で描くということに凄く魅力を感じていました。黒の中でも、墨だったら少しマットになったり、ペンキだったら光沢があったり。その影響があるんだと思います」と話します。京都で生まれ育ち、昔から日本の伝統文化に触れてきたことも作風に影響しているのかもしれません。

     

    今回の展示会は、Chocomoo史上最大規模の展示になります。新作を作りつつ、展示内容を精査している段階ですが、「自分なりの色使いを進化させてみたいなと思っています。見に来てくれた人が、新しいなと刺激をもらってもらえるようなものを目指しています」と話します。

    OUR SECRET PARTYというタイトルは「私の個展ですが、Partyのようにみんなに楽しんでほしい。そして、そこに来ないと分からない、新しい発見があると思うので、Secretとつけました」。

     

    最後に、これからの夢や目標を尋ねると、Chocomooは「今までと変わらずコツコツ自分に出来る事を続けていくのですが、たくさんの子どもたちに向けて発信をしたいなぁと思っています。私の絵に塗り絵をしてくれるのも嬉しいし、子ども向けの映像なんかにも挑戦したいと思います。それから、車をペインティングしたから、次はもっと大きく飛行機もやってみたい!」。笑顔で語ってくれました。

     

    インタビュー・文=五月女菜穂、写真=大黒屋 Ryan 尚保

     

    幅広いシーンで活躍しているChocomoo。展覧会ではどんな世界観を見せてくれるのか、ますます期待が高まる。

     

    ©2020 Chocomoo

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US