渓流を眺めながら過ごす穏やかな宿泊体験 新潟県魚沼市「友家ホテル」

17.November.2019 | FEATURES / SPOT

自然に触れながらゆっくり温泉に浸かって日々の疲れを癒したい、そんな休日を過ごしたいときがありますよね。恋人・家族・友だちはもちろん、ひとりでもリラックスできるモダンなホテル「友家ホテル」は、これまでにない、ゆったりとした時間が流れる温泉ホテルです。

東京から新幹線・在来線・バスを乗り継ぐこと約2時間。新潟県魚沼市の温泉地・大湯温泉街に友家ホテルはあります。田んぼや山々が広がる景色をみて、すでに心身がリラックスしていくかのよう。

大きな窓のすぐそばにあるフロントでチェックイン。夕食・朝食の時間、貸切風呂の説明をしていただき、早速部屋へ。

私が宿泊した部屋は305号室。ウッドスタイルが施された部屋で、広々としています。2人で贅沢に、家族や友だちとのんびり、様々な過ごし方が可能な部屋です。

窓からはすぐそばを流れる佐梨川を眺めることができます。透き通った川の流れは、ずーっと見ていられそう。

部屋には部屋着・バスタオル・歯ブラシ・靴下などのアメニティや、冷蔵庫・湯沸かし器も完備されています。

階段のランプや廊下に置いてあるソファー、アートなどは全て友家ホテルによって厳選されたもの。ひとつひとつにこだわりを感じます。

フロント横にはDJスペースと、数えきれないほどのレコード・CD・DVDが!新しい音楽や映画に出会うことができるのも、このホテルの魅力のひとつです。

開放的な雰囲気のフロントロビーで読書をしたり、レコードから流れる音楽に耳を傾けてみるのもオススメです。

売店では、特別にセレクトされた地元のジュース・おやつ・雑貨・友家ホテルのオリジナルスキンケアグッズなどが販売されています。商品に記載されている、館主の思わずクスッと笑ってしまうコメントを読むと、ひとつひとつの商品が愛着を持って、大切にセレクトされた商品であることが伝わってきます。

夕食は、部屋食。魚沼コシヒカリなど地元食材や旬の野菜を使った料理が次々と運ばれてきます。

今回は、自家製なめこの鍋・いわなの塩焼き・れんこん豆腐・刺身などをいただきました。新米のコシヒカリはとっても甘くて、思わずおかわりをしてしまうほど。山と海の幸は素材本来の味わいが楽しめるよう薄めに味付けられており、贅沢な夕食が楽しめます。

食事と一緒にいただいた「冷酒 Tomoya」。地元酒蔵・玉川酒造と友家ホテルによるオリジナルのお酒です。スッキリとしていて飲みやすく、どの料理とも相性抜群!この他にもビール・厳選ワイン・希少地酒・自家製果実酒など豊富な種類のアルコールドリンクが揃っています。

館内には貸切風呂・大浴場がそれぞれ2種類。貸切風呂「四角い風呂」は、佐梨川のせせらぎを真横に、開湯1300年の歴史を持つ温泉に浸かることができます。のどかな外の景色を眺めながら、最高にリラックスできました。

本館1Fの湯上がり処は、ゆっくりとくつろげるスペース。たくさん並べられた本を読んだり、ゲームで遊んだり、思い思いの時間が楽しめます。

別館1Fの湯上がり処は、私が友家ホテルで1番好きなスペース。様々なジャンルの音楽が流れ、ミラーボールが輝く広々としたスペースに、卓球台・ビリヤード台・マッサージ器・ピアノ・ファミコン・漫画などが用意されています。遊びごころがたっぷりと詰まった空間に思わずテンションが上がりました。

翌朝いただいた朝食も、部屋食。焼き魚・車麩・だし巻き卵・自家製チーズケーキなど、盛りだくさんな内容です。和食も洋食も一緒に楽しめるのが嬉しい。朝食も夕食も、ひとつひとつ丁寧に作られています。

紹介しきれないほどの魅力や工夫がたくさん詰まった友家ホテル。地元食材を使用したおいしい料理、温かい温泉、音楽や映画などの芸術体験、渓流を眺めながら過ごす静かな時間…様々な魅力溢れる友家ホテルで、至福なひとときを過ごしてみてくださいね。

 

Writer:Ellie(MOSHI MOSHI NIPPON)

RECOMMENDED ENTRIES

  • 米大手旅行誌で日本のトップホテル1位を獲得!「翠嵐 ラグジュアリーコレクションホテル 京都」

    14.October.2019 | SPOT

    米大手出版社コンデナスト社の旅行雑誌「コンデナスト・トラベラー(Condé Nast Traveler)」が実施した読者投票「2019年 リーダーズ・チョイス・アワード(Readers’ Choice Awards 2019)」の「日本のトップホテル」部門で、「翠嵐 ラグジュアリーコレクションホテル 京都」が、2年連続で1位を受賞しました。

    「コンデナスト・トラベラー リーダーズ・チョイス・アワード」は、旅行業界で最も歴史のある読者投票のひとつで、世界のベスト・オブ・ザ・ベストを選出するランキングとして広く知られています。今回はこれまで別々に実施されていた米・英のアワードが合併し、過去最多となる60万人以上の投票によるランキング結果が発表されたなか、昨年に続き堂々の1位受賞となりました。

    「翠嵐 ラグジュアリーコレクションホテル 京都」は2015年3月に国内初の「ラグジュアリーコレクション(The Luxury Collection®)」ブランドを冠するホテルとして京都・嵐山に誕生しました。ホテルは格式高い歴史・文化が育まれた嵐山の魅力を最大限に引き出しつつ、未来を切り開くという思い「継往開来」がコンセプト。国内外からの旅行者を迎え、四季折々の美しい情景や伝統とモダンが溶け合う空間、そして京都らしさを込めたおもてなしを提供しています。

    今回の受賞について総支配人の羽鳥寛之氏は「世界的にも認知されている読者投票にて、2年連続で1位に選出していただけたことは大変光栄なことです。日頃から翠嵐を支えてくださっている地域の皆様、そして翠嵐をご利用いただいておりますお客様に、心より感謝申し上げます。この度の結果を励みとし、アソシエイトと共に今後ともより一層皆様から愛されるホテルとなるよう努めてまいります。」とコメント。

     

    古くからの伝統を引き継ぎながらモダンな世界観を融合した、新しいかたちのホテル「翠嵐 ラグジュアリーコレクションホテル 京都」で、過去と未来が交わる京都の魅力を感じよう。

  • 人口約700人、自然豊かな山梨県小菅村に古民家ホテル「NIPPONIA 小菅 源流の村」オープン

    04.August.2019 | BUSINESS / SPOT

    築150年以上の地元名士の邸宅を改修した古民家ホテル「NIPPONIA 小菅 源流の村」が2019年8月17日(土)に開業する。

    古民家ホテルがある多摩川源流にある小菅村は、東京から約2時間の場所にあり、面積の95%が森林と豊かな自然に囲まれた小さな村。人口は約700人で、ピーク時の3分の1にまで減少するなど、深刻な過疎高齢化に直面している。

    そこで、この美しい自然と村の文化を後世に残すべく、「700人の村が一つのホテルに。」をコンセプトに、地域全体を一つの宿に見立てる分散型古民家ホテル「NIPPONIA小菅 源流の村」をオープン。過疎化・空き家問題の課題解決や、観光資源を生かせるモデルとして取り組んでいく。

    プロジェクト第一期として、築150年超の地元名士の邸宅「細川邸」を改修。OHYA棟と名付けて、客室4室及び22席のレストランの開業を決定。

    OHYA棟の客室は主屋に3部屋、蔵に1部屋あり、それぞれの部屋でコンセプトが異なるプライベート空間を楽しむことができる。

    OHYA 1

    敷地内には美しい日本庭園も。部屋から庭園を眺めることができるスペースも用意された。

    レストランでは、日本の四季をさらに6つに分けた「24sekki(二十四節気、にじゅうしせっき)」をコンセプトに、村の旬の食材を厳選。「生産者の顔が見える、流通していない地元の食材を使いたい」という想いから、小菅村の小生産者が作る食材を用いた料理を提供する。

    「NIPPONIA小菅 源流の村」を運営するスタッフは全員が村人。食材もほとんどが小菅村の農家が栽培したものを使用する。またホテルの中だけでなく、スタッフとともに周辺の自然を散策し、自転車で村全体を巡り、村人と触れ合うことで、村全体を感じられる体験の提供も。ホテルに泊まることで、小菅村の歴史文化や暮らしを守ることにも繋がっていく。

     

    2020年5月には、新たに古民家2棟を改修し、客室2室が加わるほか、中長期的には、村に70~100棟ほどあると言われている空き家の中から、家主の合意が得られて、特徴的で立地が良いものを順次客室に改修。「700人の村が一つのホテルに。」のコンセプトを実現していく。

  • ミシュランにも掲載される東京駅前のモダン旅館!「ホテル龍名館東京」

    28.June.2019 | FEATURES / SPOT

    様々なタイプのホテルが集まる東京駅周辺。その中でも東京駅から歩いてすぐ、ミシュランにも掲載される「ホテル龍名館東京」が、開業10周年を機に客室の3割を改装しました。「東京駅から最も近いモダン旅館」をコンセプトとしたデザインルームとしてオープンした客室を紹介します。

    38室改装された中、33室が旅館を意識したデザインに。足を伸ばしてゆったりできる畳敷きのスペースや、高床の小上がりにちゃぶ台を設けるなど、日本人にはちょっと懐かしく、外国人にとっては「日本らしさ」を感じる部屋になっています。

    カーペットは菊の花がモチーフにされ、日本の伝統色である「茄子紺色」が和の雰囲気を作ります。

    けん玉や、和菓子の本なども置いてあり、日本の文化を感じられるのも特徴のひとつ。ベッドの他にくつろげる場所があるのは、旅行で疲れた体には嬉しいスペースです。

    残りの5室はビジネス利用を想定した「オフィスルーム」に。大きなソファやホワイトボードが各部屋に設置され、ラウンジのような広いリビングコーナーが設けられました。

     

    どの部屋も睡眠環境にこだわっており、ベッドのマットレスは老舗寝具メーカー「西川」の最上級モデルを採用!やわらかすぎないマットレスはとってもわたし好みでした。眠る姿勢を自然なままキープして、深い眠りに導いてくれます。

     

    さらに部屋には「日本茶インストラクター」の資格を持ったスタッフがブレンドしたオリジナルのお茶を3種類用意。その時の気分に合わせて楽しむことができます。

    また、ホテルで絶対に楽しんでほしいのが朝ごはん!ブッフェ形式なのですが、種類がすごいんです!和食から洋食まで、色々な種類のメニューが揃っています。また、野菜の種類もとても豊富で、朝からたっぷり野菜を摂ることができます。

     

    新しい客室は全てダブルルームになっており、宿泊料金は1泊1室27,000円から。時期によって金額は異なるので、詳細はHPでチェックを。

    旅館気分が味わえる「ホテル龍名館東京」が作り出す”日本らしさ”を、ぜひ感じてみてくださいね。

RELATED ENTRIES

  • 「星のや京都」で京文化に触れる、3密のない優雅な一日

    19.May.2020 | SPOT

    京都市内から車で約30分、京都府・嵐山にある全室リバービューの旅館・星のや京都が、ストレスを感じる日々が続く中、久しぶりに優雅な時間を過ごし、元気を取り戻してほしいという想いから、奥嵐山という立地を生かし3密のない滞在を提案。車で行ける範囲で少し気分転換をと考えている人々のために、館内で京文化を楽しめるおもてなしを提供している。

    ホテルの入り口である舟待合から専用の舟に乗り、窓を開放して心地よい風と景色を楽しみながら部屋に向かう。チェックインも客室で行うので、他の宿泊客と関わることがない環境。

    続いては客室。星のや京都が位置する嵐山は、かつて平安貴族の別荘地として栄えた場所となっており、庭を中心として設計された25室の客室全てが大堰川(おおいがわ)に面したリバービュー。窓を開けると渓谷を流れるさわやかな風を感じることができる。伝統文様が美しい「京唐紙」の壁紙や、星のや京都オリジナルの「畳ソファ」など、いたるところに京文化がちりばめられている客室は、快適性だけでなく優雅な滞在を演出してくれる。

    また、気持ちを整える「写経」、作法を気にせず好きな場所で抹茶を楽しむ「野点籠(のだてかご)」の貸出なども行っており、気分に合わせたアクティビティを通して、他人を気にせず京文化に触れることができる。

    夕食はメインダイニングもしくは客室内でとることができる。半個室のメインダイニングでは、「五味自在」をコンセプトにした、奥嵐山の季節の情景を写した全9品の会席料理を提供。一方客室内での食事は、八寸や炊き合わせなどの一品料理に加え、おひつに入ったお米や出汁にこだわった椀など、旬の食材を使った料理を詰め合わせた「松花堂弁当」が味わえる。また、朝食はたっぷりの旬野菜を料理長特製の出汁で味わう朝鍋が客室にて提供される。

    開放的な自然の中で京文化を楽しめるアクティビティも魅力的。これからの季節は北山杉で作った糸を使用した柔らかな風合いの蚊帳を設置し、呼吸法と瞑想を取り入れたストレッチ「水辺の夜坐(やざ)」を開催予定。行動が制限される今、大きな移動を伴わずに足が運べる奥嵐山。のんびり景色を眺め、美味しい食事を食べて優雅な時間を過ごしてみては。

  • 帰国困難な訪日外国人の方に向けて、東京・金沢で宿泊場所を無償提供「Room for Rescue」

    01.May.2020 | SPOT

    金沢で宿泊施設、Kaname Inn Tatemachiを運営する株式会社Slacktide・東京で5棟の宿泊施設、Sakura Cross Hotelを運営する株式会社シェアードバリュー・東京で2棟の宿泊施設・BONDS HOUSEを運営するLIFE BONDS合同会社の3社が、新型コロナウィルスの感染拡大を防止するために行われた移動制限により母国に帰ることが困難となった訪日外国人観光客に向けて、宿泊施設の部屋を無償で提供するプロジェクト「Room for Rescue」を合同で行うことを発表した。

    新型コロナウィルスの感染拡大を防ぐために世界各国の航空会社がフライトのキャンセルを発表。帰国のための手段が無くなった訪日外国人の人たちは、予定の変更や延泊を余儀なくされ、金銭的にも精神的にも不安な日々を過ごしている。

    Tokyo:BONDS HOUSE

    Tokyo:Sakura Cross Hotel

    KANZAWA:KANAME INN

    そこで宿泊業に携わる3社は、訪日体験が悪い思い出となり、将来日本へ再度旅行に来てもらうことが心理的に難しくなることは観光全体に大きな損失を与えると考え、宿泊施設の無償提供をスタートした。

     

    Room for Rescue申し込みページ:

    https://kaname-inn.com/room-for-rescue/

     

    申し込みには、ビザが有効であること、キャンセルとなった航空券の情報など所定の条件* を満たしている人へ、金沢1箇所、東京3箇所の宿泊施設にて無償で部屋を提供している。

    対象者の詳細は申し込みページでご確認を。

     

    また、この企画の趣旨に賛同し、部屋を無償で提供したいという宿泊施設も募集している。下記申し込みページから登録してほしい。

     

    宿泊施設向け申し込みページ

    https://kaname-inn.com/room-for-rescue/contact/

     

    さらにこのプロジェクトを個人で支援したい方に向けて、クラウドファンディングもスタートしている。気になる方は合わせてチェックしてみてほしい。

  • 沖縄 カヌチャリゾート、”海開き”から始まる2020年春・夏アクティビティプログラムを紹介

    06.April.2020 | SPOT

    約80万坪の広大な敷地が広がる滞在型リゾート、カヌチャリゾートにて、2020年春・夏季の滞在中に利用できるアクティビティプログラムを紹介する。世界自然遺産への登録が期待されているやんばるの森を楽しみながら自然を体感できる「バギーライドツアー」など新プログラムを追加、海だけではない沖縄の魅力を楽しもう。

     

    カヌチャリゾート(Kanucha Resort)とは

    沖縄本島北部・名護市の東海岸に位置し、豊かなやんばるの大自然に抱かれながらアオサンゴなどのサンゴ礁域として知られる大浦湾に面した楽園リゾート。全室約50平米以上のウッドテイストに満ちた客室を抱えた9スタイルのホテル棟・バラエティに富んだレストランに加え、本格的なゴルフコース・ビーチ・70種以上のアクティビティと、もう一つの「街」のような感覚で沖縄ステイを楽しむことができる。冬季は沖縄最大級のイルミネーションイベント「スターダストファンタジア」を開催し2019-20年には20周年を迎え、旅行客だけでなく、沖縄在住の人たちにも人気の施設。

     

    バギーライドツアー、バギーアドベンチャーツアー

    舗装されていない、やんばるの森をバギーに乗って巡るツアー。海だけではない沖縄の魅力を楽しめる。
    開催期間:通年
    開催時間:9:00~17:00
    集合場所:バギーライドツアー:どきどきヤンバルンチャー/バギーアドベンチャーツアー:又吉コーヒー園

    参加基準:4才以上

     

    バナナボートで行く!サンゴガーデンシュノーケリングツアー

    色とりどりの熱帯魚やサンゴが彩る、竜宮城のような世界が気軽に楽しめる絶景ポイントにバナナボートで行くツアー。

    開催期間:2020年7月23日~8月31日

    所要時間:60分
    参加基準:5才~65才

     

    慶佐次川マングローブカヤックツアー

    沖縄本島でも有数のマングローブ林をはじめ、やんばるの自然が広がる慶佐次川を、カヤックでゆっくり進みながら巡る。

    開催期間:通年
    開催時間:満潮時間により毎日変動。随時お問い合わせください。
    参加基準:150分コース:5才以上 90分コース:3才以上

     

    星のソムリエ to 宙さんぽ

    星空案内人認定資格を取得した星のソムリエ®による月や宇宙のはなしや、望遠鏡を使っての星空観察を行いながら大自然のプラネタリウムをエスコートする。

    開催期間:毎週月曜日~木曜日
    開催時間:20:00~20:50
    集合場所:レジャーカウンター

     

    *詳細は公式サイト アクティビティ情報をご確認下さい。
    https://www.kanucha.jp/activity

     

    大浦マングローブカヤック

    名護市指定文化財(天然記念物)である大浦のマングローブ林をゆったりと周遊、その場所ならではの植物や生物に出会うことができる。

     

    開催期間:通年

    開催時間:お問い合わせ下さい。

    参加基準:3才以上(ご宿泊のお客様のみ)

    集合場所: わんさか大浦パーク(送迎時はカヌチャリゾートのフロント)

  • 女子旅にオススメ!1棟貸しの京町家宿「京の温所 丸太町」が京都・御所南エリアにオープン

    01.April.2020 | SPOT

    京町家をリノベーションした宿泊施設「京の温所 丸太町(きょうのおんどころ まるたまち)」が、京都・御所南エリアに2020年4月25日(土)オープンする。

    「京の温泉」の7軒目となる「京の温所 丸太町」は、最大4名まで泊まることができる一棟貸しの宿。肌や髪にやさしい人工炭酸泉のお風呂や軟水シャワー、広々としたメイクアップコーナー(洗面)を備えた女性のグループ旅行におすすめの宿となっている。

    市内観光にも便利で、伝統的な景観が色濃く残っているエリアにある明治時代(推定)に建てられた京町家を、建てられた時代のままの雰囲気を残しながら、現代生活に寄り添った“住まい”へとリノベーション。

    ラウンジスペース ソファは“石庭”になぞられて配置

    2階のベッドルームと和室をつなぐラウンジスペースにはユニークな丸型ソファを設置した。襖を開けるとひと続きの部屋のようになり、旅の時間と空間を仲間と共有することができる設計になっている。

    お風呂 人工炭酸泉のヒノキ風呂

    アメニティ

    丸い形のヒノキ風呂は、湯上り後もポカポカと温かさが続く人口炭酸泉で、シャンプーなどのアメニティは女性に人気のブランド「THREE」が用意されている。

    メイクアップコーナー(洗面)4人が並んで使うことができる広さ

    メイクアップコーナーは4人が並んで使える広さで、透明感のある肌色に見えるミラーや照明にもこだわった。

    また、和室やメイクアップコーナーには色鮮やかなアートピースを飾り、彩りを添えている。美しさと機能性にこだわった「京の温所 丸太町」で、ワンランク上の女子旅を楽しんでみては?

  • 5月が見頃!箱根・芦ノ湖畔 3,000株のツツジが咲き誇る「ツツジ庭園」

    29.March.2020 | SPOT

    5月は、箱根・芦ノ湖畔の“小田急 山のホテル”が1年で最も華やぐ季節。富士山と芦ノ湖を望む広大な庭園では、約30種3,000株の色とりどりのツツジが次々に咲き誇り、ほかには類を見ない圧巻の景色が広がる。

     

    “山のホテル”のツツジ庭園

    山のホテルのツツジ庭園は、かつて三菱四代目社長の岩﨑小彌太男爵の別邸があった場所。庭園のツツジやシャクナゲの多くはその時代に植えられ、受け継がれてきた。中には樹齢100年以上経つ株や、人の背丈を超す大きな株もある、ツツジのつぼみは、ピンク・赤・紫・白の順に開花する。

     

    庭園に咲く色とりどりのツツジと富士山

    ホテルでは、庭園での撮影をさらに楽しくするためのアイテムを用意。庭園を知り尽くしたスタッフおすすめの撮影スポット2箇所に「フォトフレームスタンド」を設置する。カラフルなツツジと富士山など、絵画のように美しい風景を旅の思い出に残してみて。

    ツツジスイーツ「Saison a colorier~彩る季節~」1,634円 ティーセット2,360円(税込)

    ホテルの目の前、芦ノ湖畔にたたずむデザートレストラン「プレミアムショップ&サロン・ド・テ ロザージュ」では、ツツジの開花に合わせて新スイーツ「Saison a colorier~彩る季節~」が登場。ピンク・赤・白・紫などカラフルなツツジを様々な形で表現し、皿の上にホテルのミニ庭園が再現される。メインの赤いツツジがモチーフの紅茶のムースは、イチゴピューレのナパージュで美しくコーティング。ムースに使われる紅茶は、ロザージュオリジナルの「ツツジティー」を使用しており、ここでしか食べられない味をぜひ体験してほしい。


    白いツツジがモチーフのスイーツは、白いマカロンでフランボワーズのソルベをサンド。ソルベの周りを赤白交互に飾るのは、ツツジティーを使ったミルクティークリームとフレッシュなフランボワーズ。ピンクのジュレやエディブルフラワーで彩りを加える。ツツジ庭園を堪能した後は、優雅なティータイムで余韻を楽しもう。

  • 帰国が困難な訪日外国人対象:石川県金沢市「Kaname Inn Tatemachi」で宿泊場所を無料提供

    29.March.2020 | SPOT

    金沢の宿泊施設「Kaname Inn Tatemachi(カナメ イン タテマチ)」は、コロナウィルスの感染拡大を防止するために行われた移動制限により、母国に帰ることが困難となった訪日外国人観光客に向けて、同宿泊施設の無償提供プロジェクト「Room for rescue」を期間限定で開始する。

    ウィルスの感染拡大を防ぐために世界各国の航空会社がフライトのキャンセルを発表しており、日本においても訪日外国人が帰国のための手段が無くなり、予定の変更や延泊を余儀なくされている現状がある。金銭的にも精神的にも不安な日々を過ごし、日本に旅行をした体験が良くないものとならないように、所定の条件を満たしている人たちへ宿泊場所を無料で提供する。

     

    宿泊施設「Kaname Inn Tatemachi」は2020年3月4日から、観光客が激減することでビジネスが立ち行かなくなる飲食店等を援助するために、Facebookを通して日本人向けに無料で宿泊施設を提供し、多くのゲストを受け入れてきた。その取り組みの中で、「自国に帰国できないオランダ人を受け入れてくれないか?」という友人からの連絡を受け、受け入れを行い、この事案がキッカケで、帰国困難な人々に客室を提供するという、今回のプロジェクト立案に至った。

     

    そして、施設の資金のみでプロジェクトを無償で継続することは困難な為、ホテルの運用やスタッフの稼働コストの支援を募るクラウドファンディングを開始している。個人・企業問わず、Room for rescueへ賛同する方の支援を受け付け中だ。

     

    プロジェクトの詳細を知りたい方はこちらからぜひチェックしてみて。

  • 竹富島で暮らすように滞在する「星のや竹富島」 からワーケション滞在プラン登場

    27.March.2020 | SPOT

    沖縄県・竹富島にある滞在型リゾート「星のや竹富島」は、2020年3月18日(水)〜6月30日(火)の期間限定宿泊プラン、「竹富島で暮らすように一ヶ月滞在する 南風(ぱいかじ)ワーケーション滞在」を販売する。

    琉球赤瓦の街並み、石垣に囲まれ珊瑚の砂が敷かれた小路。誰かがつま弾く三線の音色と、ゆったり流れる島時間。竹富島は沖縄の原風景ともいえる街並みや自然が今も色濃く残り、上質な伝統文化が息づく特別な場所。星のや竹富島の客室は「風の家」と呼ばれ、島の伝統建築を踏襲した一戸建て。幸せを運ぶと伝わるあたたかな南風(ぱいかじ)が吹き抜ける。テレワークや在宅勤務の人々が多い今、折角ならこの稀有で美しい島で快適に仕事や休日を楽しんでもらいたいと考え、本プランの販売を開始する。そして、ワーケーションでの滞在時に必要なアメニティも用意した。

    一戸建てのプライベート感がある客室は、まるで自分の家に住んでいるかのように居心地がよく、敷地内は無線Wi-Fi完備なので仕事も可能。プリンター・コピー延長コードなども揃っており、仕事をするのもピッタリな環境に。さらに竹富島はスギやヒノキがないため、花粉症の方も煩わしさから解放され、快適に過ごすことができる。

    どこまでも青く透き通る海と広い空。3月には海開きもあり、春から海で泳げることもこの時期ならではの魅力。圧倒的非日常な空間で初夏を感じるくらい暖かい気候の中で、優雅なひとときを体験してみてほしい。

  • グランピングリゾート「星のや富士」、満開の桜と富士山を満喫する贅沢ステイプラン発売

    24.March.2020 | FOOD / SPOT

    日本初のグランピングリゾート「星のや富士」では、2020年4月7日〜4月21日まで桜と富士山麓を満喫できるこの時期ならではの贅沢なお花見旅を紹介する。期間中は施設内の特等席でお花見をしながら桜のスイーツを食べる「桜アペロ」や、キャビンで自然の絶景を眺めながら食べるグランピングカレー、組数限定でプライベート感あふれる屋外ダイニングでの狩猟肉ディナーなど、滞在を通してプライベート感あふれる春旅を楽しむことができる。

     

    「星のや富士」は日本初のグランピングリゾート。自然と触れ合えるクラウドテラスや、年中快適に過ごせるキャビン・グランピングマスターが提案するアウトドア体験を楽しむことができる。街中でのお花見が難しい昨今の状況下では、それでも今しかない麗らかな春の季節を大切な人と安心して過ごしてほしいという思いと、星のや富士でしか体験できない「桜と富士山麓の風景」を楽しんでほしいという思いから、星のや富士では、桜と富士山麓を満喫できる特等席とも感じてもらえるような、特別な滞在を考えた。

     

    スイーツ片手に夕暮れ時の桜を鑑賞「桜アペロ」

    美しい自然を眺めながら一息つける「桜アペロ」。「桜アペロ」は桜の開花時期限定の催しで、星のや富士のキャビンエリア内にある、大きな桜の木が並ぶお花見に最適な場所で行われる。抹茶ミルクや抹茶を使ったカクテルと桜餅を片手に、夕暮れ時の桜を鑑賞する夕食前のひとときを楽しもう。

     

    テラスリビングで楽しむお花見

    星のや富士のキャビンは、アウトドアライフを快適に楽しむために設計された。自然との一体感を味わえるよう、壁一面の窓に向かってスコープのような作りになっていて、キャビンの3分の1を占めるテラスリビングへ繋がっていく。一日中自然を近くに感じながら過ごせるよう、ファイヤープレイスと炬燵を設け、夜まで気持ちの良い滞在を楽しむことができる。中には桜を眺められるキャビンもあり、間近に広がる春の景色を独り占めできる。

     

    ディナーは富士山の溶岩プレートで作るオリジナルカレー

    星のや富士では、キャビンや森の中のダイニングでアウトドア料理をラグジュアリーに楽しめる。キャビンでゆっくり過ごしたい人は、テラスリビングでの「グランピングカレー」がおすすめ。牛肉と野菜を自分で富士山の溶岩プレートでグリルし、5種類のスパイスを好きに組み合わせてオリジナルの味に仕上げる。また、組数限定の屋外ダイニングでは狩猟肉ディナーを提供。春はさっぱりとした肉質になる猪や鹿を、山菜や筍などとともにグランピングマスターとダッチオーブンで仕上げる。デザートは桜のアイスクリーム。自身でフレッシュないちごを火にかけて果実のソースを作り、桜のアイスクリームにかけて召し上がれ。トッピングの抹茶のクランブルが味と食感にアクセントをもたらす。

     

    星のや各施設では、今般の新型コロナウイルスによる感染への対策の一環として、ゲストの健康と安全並びに公衆衛生を考慮し、客室及びパブリックエリアの除菌清掃の対応・館内各所での除菌用アルコールの設置・スタッフの健康と衛生面の管理徹底を行なっている。

     

    出かける際は個人でできる範囲の予防をしっかりと行い、春の行楽を楽しもう。

  • ホテルニューオータニ大阪「パティスリーSATSUKI」のトリュフトーストで贅沢気分を味わおう

    22.March.2020 | FOOD

    ホテルニューオータニ大阪では、春季だけ出荷できる特別なトリュフを使用した「春トリュフトースト~ビアンケットトリュフ~」を、ペストリーショップ「パティスリーSATSUKI(パティスリー さつき)」にて1日5個限定(土・日・祝日は10個限定)で販売している。

     

    空前の食パンブーム到来

    近年全国的に広まっている“食パンブーム”。焼かなくてもそのまま食べられる“「生」食パン”のキーワードを打ち出して話題となった、大阪に総本店を構える高級「生」食パン専門店『乃が美』がブームの火付け役となり、数多くの食パン専門店がオープンしている。ホテルニューオータニ大阪では2017年の春、贅沢な高級食パンで関西人をうならせたい!という思いから、フレンチの独自のテイストを加えた「春のトリュフトースト」を開発。発売初日から売り切れが続き、予約が無ければ買い求める事が出来ない大反響を呼んだ、トリュフ好きにはたまらない大人気商品が、満を持して今年も登場する。

     

    トリュフ尽くしの贅沢なプレミアムトースト

    春トリュフトースト~ビアンケットトリュフ~ 1斤/¥1,500(税別)

    香り・風味・食感すべてにこだわりぬいた究極の逸品・春トリュフトースト。通常の食パンを作る際に使用する卵、牛乳、バターなどは一切使用せず、強力粉・イースト・水・細かく刻んだ春トリュフ、そして、最高の味へと引き立てるトリュフバター・ピュアオリーブオイル・ショートニングのみで一層香り高く焼き上げる。
    パン生地のつなぎ目となる卵や牛乳は使用せず、生地のパサつきを防ぐため、生地を練る作業を通常よりも念入りに行った。焼き上げには溶岩釜を使用し、遠赤外線でパンに熱を通すことで、もっちりとした食感を実現している。


    「封をあけた瞬間の香りを大切にしたい」という料理長のこだわりから、トリュフオイルをトースト全体に塗りこみ、しっとりとした味わいに仕上げた。
    トースターでこんがり焼くだけで香り高い贅沢トーストを堪能できるが、トリュフと相性の良い半熟の目玉焼きやスクランブルエッグなどを乗せれば、よりいっそう香り高く満足感バツグンの贅沢トーストに仕上がる。

     

    使用するのは春だけ出荷される贅沢トリュフ

    世界三大珍味のひとつである“トリュフ”。味の決め手となる、トリュフには“春のトリュフ = ビアンケットトリュフ”を使用。本場イタリアでは、伝統的なトリュフとして大人気で、出荷時期が3月中旬~4月と限られている為、日本国内ではなかなか手にすることができない希少価値の高いトリュフだ。最もおいしいこの時期に合わせて、香り、風味といった魅力を最大限に引き出したプレミアムトーストの開発・生産に成功した。

     

    ホテルニューオータニ大阪「パティスリーSATSUKI」の春限定トリュフトーストで、贅沢な朝のひとときを。

  • 星野リゾート、北海道・白老町に「界 ポロト」2021年冬開業予定

    20.March.2020 | SPOT

    日本の伝統や文化を活かしたおもてなしを追求し、国内外に42施設を運営する星野リゾートは、北海道・白老(しらおい)町と2018年6月28日に締結した「パートナーシップ協定書」に基づき、温泉旅館を開業。その施設名称を「星野リゾート 界 ポロト」に決定した。界 ポロトは、星野リゾートが全国で16施設を展開する温泉旅館ブランド「界」としては19軒目。北海道では占冠村にある「リゾナーレトマム」、旭川市にある「OMO7旭川」に続き3軒目となる。界 ポロトは、2021年冬に開業を目指しており、設計は建築家の中村拓志(なかむらひろし)氏が手掛ける。

     

    世界的にも珍しい植物由来の有機物を含有する「モール泉」が湧出する白老温泉。界 ポロトは、野鳥等も生息する北海道の天然林に囲まれたポロト湖畔に面し、全客室レイクビューとして、宿泊施設からでも四季折々に色づく景色を楽しむことができる。

    「王道なのに、あたらしい。」をテーマに全国に展開する温泉旅館ブランド「界」は、その土地、その季節でしか出会えない日本ならではのおもてなしと、心地よい和にこだわった快適な空間を提供しているが、界 ポロトは、白老町及び隣接する民族共生象徴空間「ウポポイ」の関連団体と連携をとりながら、アイヌ文化を尊重し、ゲストがアイヌ文化や異なる民族との共生を体感することのできるよう、こだわりのおもてなしを提供していく予定だ。

     

    2020年4月24日に北海道白老町のポロト湖畔に誕生する民族共生象徴空間「ウポポイ」。愛称「ウポポイ」はアイヌ語で「(おおぜいで)歌うこと」を意味している。
    ウポポイは、存立の危機にあるアイヌ文化の復興・発展の拠点となるナショナルセンターとなっており、主な施設としては、「国立アイヌ民族博物館」と「国立民族共生公園」がある。国立アイヌ民族博物館は、先住民族アイヌを主題とした日本初の国立博物館で、アイヌ民族の視点で語る多彩な展示で歴史や文化を紹介する。国立民族共生公園は、多様なプログラムを通じてアイヌ文化を学ぶことができるフィールドミュージアムとなっており、ユネスコ無形文化遺産に登録されているアイヌ古式舞踊の上演・木彫や刺しゅうなどの製作体験、食や伝統芸能体験などのアイヌ文化を体感することができる。

     

    設計は建築家の中村拓志氏が手掛ける。ポロトとはアイヌ語で大きな湖を意味し、界 ポロトは、この湖を敷地内に大胆に引き込んだ湖上の建築。白樺林のロビーでは湖から樽前山へと続く雄大な風景がゲストを出迎える。

    湖面にはアイヌの建築方法である、丸太組みの三脚構造を再解釈した「カシ」と呼ばれる湯小屋が集落の様に佇む。まるで湖に浸かっているかのような露天風呂は、モール泉を心行くまで満喫でき、「ココロカムイ」(温泉の神)に感謝を捧げる神聖な空間。アイヌの人々の暮らしや自然観、家族観から学び、現代にあった新しい形で再現したデザインとなっている。

     

    旅する地域を深く知ることができる「界」ならではの旅を楽しもう。

  • 日本初!”ハリー・ウィンストン”と”パーク ハイアット 東京”がコラボしたアフタヌーンティー登場

    13.March.2020 | FOOD

    ハリー・ウィンストンはパーク ハイアット 東京とコラボレーションし、パーク ハイアット 東京 41階「ピーク ラウンジ」にて、自然に咲き誇る花々をデザインしたブランドのジュエリーをインスピレーション源とした「Winston in Bloom(ウィンストン イン ブルーム)」アフタヌーンティーを2020年4月1日から4月30日まで開催する。

    「キング・オブ・ダイヤモンド」「スターたちのジュエラー」と称されるハリー・ウィンストンは、1932年ニューヨークにて創業した世界最高峰のハイジュエラー。創始者ハリー・ウィンストンは自然の生み出す花々の美しさに魅了され、その造形美をジュエリーで表現。その情熱は今日のジュエリー製作にも受け継がれ、自然をインスピレーションとした数々のジュエリーが生み出されている。「Winston in Bloom」は、ハリー・ウィンストンによって永遠の命と輝きを吹き込まれた、ダイヤモンドやカラーストーンで彩られた花々が咲き誇る、至高のフラワーガーデンをイメージした。

    ハリー・ウィンストンとして日本初となる今回のアフタヌーンティーでは、「Winston in Bloom」を構成するアイコニックなジュエリーコレクションをインスピレーション源とするメニューを展開。色とりどりのフラワーや春らしい色合い、エレガントなテイストで特別にデザインされたアフタヌーンティーは、ハリー・ウィンストンの至高のジュエリーが織りなす、ラグジュアリーなフラワーガーデンの世界観を表現している。

    またアフタヌーンティーを注文した人には、オリジナルギフトもご用意。

    ※オリジナルギフトは数に限りがございます。

     

    咲き誇る花をイメージしたアフタヌーンティーで、ハリー・ウィンストンの世界観を存分に感じてみては。

  • 埼玉のリゾート施設「O Park OGOSE」にサウナ付き一棟貸宿泊施設「サウナスイートキャビン」オープン

    11.March.2020 | SPOT

    埼玉県入間郡に位置する複合リゾート施設「BIO RESORT HOTEL & SPA O Park OGOSE」に、2020年3月、新たにプライベートサウナ付きの一棟貸し宿泊施設「サウナスイートキャビン」がオープンする。

    北欧のサウナ小屋をイメージした一棟貸しのキャビン。木でしつらえた開放的な空間に、北欧の伝統的なイメージを継承するインテリアや家具、フィンランド式のプライベートサウナ、ジャグジーバス、ストーブ(暖炉)等が備え付けられた。

     

    サウナと水風呂の交互浴を楽しんだり、開放的なアウトドアダイニングでグランピングディナーを堪能するなど、思いのままにプライベートな時間を過ごすことができる。

    サウナスイートキャビンの雰囲気を更に盛り立てるデザインモチーフとして、2020年に創業 200周年を迎えるフィンランド最古のテキスタイルブランド「フィンレイソン」とコラボレーション。「フィンレイソン」の中でも半世紀以上愛され、日本でも人気が高いデザイン「エレファンティ」をモチーフとして起用し、ベッドリネン・タオルなど、暮らしのアイテムはもちろん、寝室の壁にはデザイナーのライナ・コスケラさんのメッセージとエレファンティのパターンがシルクスクリーンで描かれた。リビングでは自立する大きなぬいぐるみ「ジャイアントモチーフ」がゲストを迎える。



    また寝室のドロワーの中にはエレファンティのメモパッドとレターセットのゲストノベルティを用意。こちらは旅の思い出として持ち帰ることができる。

     

    都会の喧騒から離れて、プライベートななサウナタイムを楽しんでみて。

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US