【長野県】絶景を望む乳白色の白骨温泉へゆく

03.April.2017 | SPOT

白骨温泉(しらほねおんせん)とは

白骨温泉は、長野県松本市にある温泉。北アルプスの乗鞍岳(のりくらだけ)の東側の山腹にあり、600年以上もの歴史を持つと言われています。湯船に温泉の成分が付着して白い骨のように見えたことから日本語で「白い骨」を意味する「白骨温泉」と呼ばれるようになりました。

「3日入れば、3年風邪をひかない」と古来より信じられているほど白骨温泉は健康によいとされ、病気やケガを治したい人が多く訪れました。

大自然の中にある乳白色のお湯として、国内のファンの多い白骨温泉へのアクセス、効能、オススメの入浴施設を紹介します。

白骨温泉の特徴・効能

白骨温泉

写真提供:長野県観光機構
白骨温泉は、乳白色をしたお湯が特徴です。湧き出してすぐのお湯は透明ですが、お湯が空気に触れることで、温泉の成分の硫化水素やカルシウムが酸化して白くなります。そのため、温泉を訪れる時間やその日の気候によって色の濃淡が変わります。

泉質は単純硫化水素泉(硫黄泉)です。硫黄や炭酸を含んだ白骨温泉のお湯は弱酸性で、入ると体がポカポカと温まります。慢性疲労やストレス、胃腸病、婦人病への効果が期待できるとも言われています。

場所によっては、温泉を飲むこともできます。白骨温泉は飲むと、消化器の働きを良くしたり、便秘を改善したりといった効能が期待できます。

東京から白骨温泉への行き方

白骨温泉に行くためには、まず東京駅から北陸新幹線「あさま号」に乗り、長野駅まで行きます。長野駅からは、JR特急「ワイドビューしなの号」名古屋行きに乗り松本駅で降ります。ここまでの所要時間は2時間50分、料金は5,080円です。

松本駅からは、松本電鉄上高地線・新島々(しんしましま)行きに乗り、終点の新島々駅で降ります。所要時間は20分、料金は700円です。

新島々駅からは、バスかタクシーで白骨温泉まで行きます。バスの料金は片道 1,450円、往復 2,350円。所要時間は70分ほど。タクシーで行くと、所要時間は50分〜60分、料金は10,000円ほどです。

東京から長野までの行き方について詳しくは「最安値は⁉︎ 東京から長野への行き方まとめ」の記事をご覧ください。

松本駅からバスで行く

松本駅からバスで白船温泉まで行くこともできます。バスの料金は片道 1,950円、往復 3,500円。所要時間は1時間40分ほどです。

RELATED ENTRIES

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US