【東京さんぽ】こだわりあふれる文房具店巡りと絶品メンチカツバーガー!銀座を半日散歩

19.April.2017 | FEATURES / SPOT

歴史ある老舗から定番の観光スポット、最新のファッションまで、幅広い楽しみ方を堪能できる大人の街・銀座。洗練されたお店に逸品が並ぶなか、文房具もまたおしゃれで機能的なものが集まっています。今回は、銀座エリアの文房具店にスポットを当てて、瀬戸あゆみちゃんとお散歩してきました。

 

 

スタートは新丸ビルのÉDITO 365

 

0Q0A5021

まずは大手町駅・東京駅直結で、アクセス抜群の新丸ビルからお散歩スタート!

 

0Q0A4957

新丸ビルの4Fにある文房具や雑貨のセレクトショップ「ÉDITO 365」さんにお邪魔しました。上質なステーショナリーを中心に、オリジナルの手帳やおしゃれで個性的な雑貨がラインアップされています。

 

0Q0A4923

おすすめは「PAUL & JOE」初のステーショナリーライン、「PAUL & JOE La Papeterie(ポール & ジョー ラ・パペトリー)」。昨年の発売から大きな話題を呼んでおり、現在2017SSコレクションが展開されています。春らしい淡い色をベースに散りばめられた猫のモチーフが可愛い!

 

0Q0A4940

あゆみちゃんのお気に入りはハートのメタルペンホルダー。キラリと光るゴールドの箔押しが大人可愛いオリジナルグッズです。自分へのちょっとしたご褒美や、手帳と合わせてプレゼントにも最適です。

 

 

▼店舗情報

ÉDITO 365 新丸ビル店

住所:東京都千代田区丸の内1-5-1 新丸ビル 4F

営業時間:11:00〜21:00(平日・土曜)、11:00〜20:00(日曜・祝日)

休業日:年中無休(1月1日及び法定点検日は除く)

 

 

 

月光荘画材店へ

 

0Q0A5032

次に訪れたのは銀座8丁目・花椿通りにある「銀座 月光荘画材店」。大正6年創業という歴史を持った画材店です。

 

0Q0A5050

取り扱っている画材は全てオリジナル商品のみ。絵の具や筆、スケッチブックなど、職人さんが一つ一つ手作りで作り上げた画材には、「友を呼ぶ」象徴である楽器のホルンをあしらったトレードマークが付けられています。

 

0Q0A5106

1940年に日本で初めて純国産絵の具の生産に成功し、1971年には「コバルトバイオレットピンク」の絵の具が世界油絵具コンクールで一位を受賞。現在もクオリティの高い画材を作り続けており、お店には油絵の具、水彩絵の具、ガッシュなど、色とりどりの絵の具が壁一面に並べられています。

 

 

▼店舗情報

月光荘画材店

住所:中央区銀座8-7-2 永寿ビル1F・B1F

営業時間:11:00〜19:00

休業日:年末年始・1階画材売り場のみ水曜定休(祝日など振替休あり)

 

>>老舗の雑貨店へ

1 2

TALENT PROFILE

瀬戸あゆみ

青文字系雑誌の代表ともいえるファッション雑誌「Zipper」を中心にモデルとして活躍する瀬戸あゆみ。彼女のクリエイティビティ溢れるコーディネートセンスは注目され、個性的でキュートなファッションで絶大な支持を得ている。 現在は雑誌だけに留まらず、ファッションイベントへの出演や専門学校などでトークショーを務めるなど、様々なステージで活動。2013年10月には初のスタイルブック「Ayumi Kidz」を発売。プライベートからファッション、ビューティテク、瀬戸が影響を受けたカルチャーまで、アメリカンポップなAYUMIワールドを余す事無く堪能できる1冊となっている。 2014年2月には自身がデザイナーを務めるアパレルブランド「Aymmy in the batty girls」がデビュー。L.Aで生まれ育った架空の女の子“エイミー”のライフスタイルをイメージし、アメリカンカルチャーをベースにロックやパンク、スケーターなどPOPとエッジをミックスさせた独自のストリートスタイルが特徴。
原宿・青文字系が本格的に立ち上げるアパレルブランドとしては初めてで、瀬戸の持つ類稀なファッションセンスのフィルターを通したオリジナルアイテムが展開されている。

RELATED ENTRIES

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US