MAN WITH A MISSION、ツアー最終日にて共演したJIMMY EAT WORLDとのアメリカツアーを発表

07.June.2017 | MUSIC

最新シングル『Dead End in Tokyo』を携えたMAN WITH A MISSIONの全国ツアーの追加公演「”Dead End in Tokyo Tour“ EXTRA SHOWS」のファイナルが、新木場STUDIO COASTで行なわれた。スペシャル・ゲストとして、6年ぶり(単独としては9年ぶり)の来日を果たしたJIMMY EAT WORLDを迎えてのツーマンとなったこのツアーのアンコールでは、今回共演したJIMMY EAT WORLDとともにアメリカ・ツアーを2017年9月に行うことも発表された。

 sub8

まずステージに登場したのは、2016年10月に、メジャー・デビュー20周年記念作となる9thアルバム『INTEGRITY BLUES』をリリースしたJIMMY EAT WORLD。今回のステージでは対バン形式ということもあって、新作中心というよりは新旧の曲を楽しめるセットリストであった。

sub7

MAN WITH A MISSIONのファンで埋め尽くされた会場は、JIMMY EAT WORLDにとってはアウェイかと思われたが、頭から大きな歓声がわき、手拍子が広がっていく。貪欲に音に食らいついてくる観客を、ドライブ感溢れるアンサブルで揺さぶり、『Work』『Lucky Denver Mint』といったまさにJIMMY EAT WORLD節で、グッと熱いコブシをふるわせた。

sub5

ラストはヒットチューンの『Sweetness』『The Middle』でシンガロングを巻き起こし、ステージを後にした。ファンに長く愛されてきた曲たちの連投に、フロアの熱気もさらに高くなっていった。

 

 SEが鳴り響くなか、大歓声に迎えられたMAN WITH A MISSIONは、ジャン・ケン・ジョニー(Gt&Vo)の「東京ノ皆サマ、オ久シブリデゴザイマス──カカッテコイヤ!」の声で、『Get Off of My Way』『Hey Now』を披露し、会場を盛り上げる。ジャン・ケン・ジョニーは、(単独で)9年ぶりの来日を果たしたJIMMY EAT WORLDが、日本のライブキッズの熱さに興奮していたと語り、

「デモ、マダマダソンナモンジャナイ。世界デ一番、ロックガ盛リ上ガッテイルノハ日本ダッテコトヲ見セテヤロウ」と、『evils fall』『database』を披露。

sub3

ベースのカミカゼ・ボーイはステージを駆け巡り、DJサンタモニカもブースを離れ、ステージ先端でフロアの熱狂を指揮していく。冒頭からハイスピードで飛ばし、『Give it Away』で更に加速。

sub2

アグレッシヴなアンサンブルを、トーキョー・タナカがパワフルなヴォーカルとジャン・ケン・ジョニーのラップとで増幅させる。

『distance』では、もうもうと湯気が立ち上っている熱気に満ちたフロアに、DJサンタモニカが体を投げ出し、カミカゼ・ボーイもまた観客に体を支えられながらベースをプレイ。

前半にして、何度もクライマックスを更新していくプレイで、かつ凄まじく楽しい空間を生み出していった。

 後半戦を前に、小ネタ感満載の“Mission Movie”が流れ、笑いとともに観客が一呼吸つけたところで、後半はさらに『NEVER FxxKIN’ MIND THE RULES』から縦横無尽の自由なサウンドでスタート。

ドライブ感のあるスペア・リブ(Dr)のドラミングがフロアをかき回し、『Smells Like Teen Spirit』のギターリフが響きわたると、歓声もまた大きくうねる。

sub1

バンドのテンションも高いが、迎え撃つ観客のパワーもまた圧倒的だ。

 2016年末のAIR JAM 2016でのHi-STANDARDとの共演や、この春のBAD RELIGIONや今回のJIMMY EAT WORLDと、自分たちにとって憧れのバンドと共演できたことをジャン・ケン・ジョニーは「エモい」と語り、2017年で7年を迎えたMAN WITH A MISSIONについて、通ってきた道は楽しいことばかりではなく虐げられたり、辛酸も味わったことも多々あると、振り返った。

そして自分たちをなめていたやつらを見返してやろう、一緒に頑張ろうとMCで語った。バンドの姿勢、好きな音楽や方法論を曲げることなく突き進んできた、その自信がサウンドのスケール感や強靭さとなった。

後半に披露された新曲『Dog Days』や『Raise your flag』での爆発力には凄みが加わり、キラーチューン『FLY AGAIN』で会場をぎゅっと一体化していくそのバンドの握力は、たくましくも暖かい。

そして、また次のステージで必ず会おうと、『Dead End in Tokyo』で約3ヶ月にわたったツアーを締めくくった。

 

アンコールでは6月14日リリースの映像作品『狼大全集Ⅴ』のスペシャルなダイジェストが公開され、また2017年9月には今回共演したJIMMY EAT WORLDとともにアメリカ・ツアーを行なうことも発表された。

 

main

 

狼たちの進化から、私たちはまだまだ目が離せそうもない。

 

Information:

■最新リリース情報

 <MAN WITH A MISSION>

最新映像作品 『狼大全集V』

2017年6月14日(水) リリース

[初回生産限定盤] DVD2枚組 SRBL-1744~5 ¥5,093+税

[通常盤] DVD2枚組 SRBL-1746~7 ¥4,630+税

[Blu-ray] Blu-ray1枚組 SRXL-123 ¥5,556+税

 

<ジミー・イート・ワールド>

Jimmy Eat World / ジミー・イート・ワールド

最新9thアルバム

『Integrity Blues / インテグリティ・ブルース』SICP-4999

発売中 ¥2,200+税

 

関連記事:MAN WITH A MISSION、人間以外の代表アーティストとして動画”FENDER FEEDBACK”に登場

 

関連記事:MAN WITH A MISSION新曲『Dog Days』が『アサヒドライゼロ』の新TVCMソングに決定

RELATED ENTRIES

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US