地域を応援する「プリティーシリーズ」10周年記念プロジェクトからお米発売

11.June.2021 | ANIME&GAME / FOOD

2020年7月に10周年を迎えた「プリティーシリーズ」。10年間様々な作品に形を変えながらも、「み~んなの夢を応援する」という一貫したコンセプトを継承してきたこのシリーズは、幅広い層から支持を集めている。

2020年から2021年にかけては「プリティーシリーズ」10周年イヤーとして記念プロジェクトが多数展開されており、その中の一つとして、「プリティーシリーズ」に登場するキャラクターが地域の特産品や名所を応援し、地元の人々やファンと一緒に地域の魅力を伝えていく「み~んなのふるさとおうえんプロジェクト」が2021年3月からスタート。

 

プリティー米描き下ろしイラスト

田植えのようす

 

 

プロジェクト第1弾のパートナーは、秋田県羽後町。「アイドルタイムプリパラ」のお米大好きアイドル「夢川ゆい」が羽後町観光宣伝大使となり、羽後町の特産品である「あきたこまち」のお米作りを体験する。3月に羽後町の安藤町長から「ゆい」に田んぼがプレゼントされ、5月には「ゆい」をサポートしてくれる地域の子どもたち「ゆいキッズ」を中心に田植えを行なった。このあと収穫されたお米は「あきたこまち プリティー米(まい)」(以下「プリティー米」)として販売されることが決定しており、この度パッケージなどに使われる描き下ろしイラストが完成しました。「ゆい」と「ゆい」のお兄さんである「ショウゴ」がサロペットに身を包み、二人の大好物であるお米をアピールしている。

 

「プリティー米」は2021年6月2日(水)より羽後町プロジェクト特設サイトにて予約を開始。また、この「プリティー米」を使ったコラボカフェの開催も予定されており、「プリティー米」と同品種の採れたての羽後町のお米を使ったメニューを味わうことができる。詳細は後日発表。

地域とファンの共創が生まれるような「み~んなのふるさとおうえんプロジェクト」から目が離せない。

 

© T-ARTS / syn Sophia / テレビ東京 / PSプロジェクト

RELATED ENTRIES

  • 雪と氷の芸術に出会う青森県『奥入瀬渓流氷瀑ツアー』5年目の開催決定

    22.October.2021 | SPOT

    地方創生を目指し、観光産業活性化に取り組む組織「一般社団法人十和田奥入瀬観光機構」は、20211217日(金)から202236日(日)までの期間限定で奥入瀬渓流氷瀑ツアーを実施する。2017年から始まって5年目の開催となる。

     

    冬の奥入瀬氷瀑ナイトツアー©十和田奥入瀬観光機構

    冬の奥入瀬ネイチャーガイドツアー©十和田奥入瀬観光機構

     

     

    青森県と秋田県をまたがる十和田湖から焼山までの約14kmにわたって流れる「奥入瀬渓流」は十和田八幡平国立公園内に位置し、特別保護地区に指定されている。冬になると、渓流の随所にある滝は極寒の寒さのなか凍り付き、水が流れたまま時を止めたような大迫力の氷瀑や氷柱となる。奥入瀬の冬景色をネイチャーガイドと一緒に巡るこのバスツアーでは、日中は白銀の景観を、夜はライトアップした氷瀑や氷柱を鑑賞する。

     

    ナイトツアーでは、専用のライトカーがツアーバスと一緒に運行し、奥入瀬渓流の氷瀑や氷柱など5か所をライトアップ。鑑賞するスポットごとに、ライトアップの演出コンセプトがあり、光の色や変化を楽しむことができる。

     

    冬にしか見ることのできない氷の芸術に触れてみては?

     

  • プリティーシリーズ誕生10周年記念地方創生プロジェクト開始

    02.April.2021 | ANIME&GAME / SPOT

    歌とダンスとオシャレをテーマにしたリズムゲーム「プリティーシリーズ」の誕生10周年記念プロジェクトとして、「プリティーシリーズ」に登場するキャラクターが地域の特産品や名所を応援し、地域の人やファンと一緒に地域の魅力を共創していく地方創生プロモーション事業「み~んなのふるさとおうえんプロジェクト」が開始した。


     

    第1弾は、秋田県羽後町と連携して、「アイドルタイムプリパラ」のお米大好きアイドル「夢川ゆい」が羽後町観光宣伝大使として、特産品である「あきたこまち」の美味しさや魅力を広く伝えていくために、地域のこどもたちと一緒に実際に田植えから収穫までお米作りを体験し、収穫したお米は「プリティー米」として販売。また、「あきたこまち」の魅力発信に限らず、地域の人とファンとの交流を通じて羽後町の新たな関係人口創出・育成にも貢献していく。

    今後も展開される全国の地域とファンの共創が生まれる「み~んなのふるさとおうえんプロジェクト」のコラボレーションストーリーから目が離せない!

     

  • モフモフな秋田犬の魅力を発信! 秋田県大館市「秋田犬の里」オープン

    04.May.2019 | SPOT

    秋田県大館市は、JR大館駅前に完成した大館市観光交流施設「秋田犬の里」を5月8日(水)にオープンする。オープンに伴い、5月8日(水)13時よりオープンセレモニーの開催が決定した。

     

    「秋田犬の里」は、国内外で人気が高まる秋田犬の魅力を伝える観光施設。秋田犬の歴史や特徴を説明するミュージアム・観光案内所・お土産販売コーナーなどが設置されている。また、施設内の秋田犬展示室では、秋田犬を間近に見学できる他、隣接する芝生広場は広々とした空間となっており、ペットと一緒に遊ぶことができる。

    建物の外観は、旧二井田村(現大館市)生まれの忠犬ハチ公が飼い主の帰りを待ち続けていた大正から昭和初期の渋谷駅の駅舎をモチーフに設計。大館駅近くにあったハチ公像も「秋田犬の里」前に移転し、訪れる人や犬をやさしく迎える。

    5月8日に行われるグランドオープンセレモニーは、誰もが忠犬ハチ公になれる顔出しパネルや、秋田犬の“毛”をイメージして作った紅白幕など、モフモフ全開なセレモニーとなる予定!

    さらに、グランドオープンとあわせて2つの施策が用意された。


    ひとつは、4月26日(金)からオリジナルweb動画「秋田犬が大館の魅力を指南!?”Odate Lesson by Akita Dog”【大館市公認 】」の配信。この動画は、秋田犬がきりたんぽ・比内地鶏・秋田杉・田代岳など大館市の名物を自ら体現し、YouTube「秋田犬の里」チャンネルで世界に向けて発信する。

    もうひとつは、5月1日(水)からグランドオープン当日まで秋田魁新報にカウントダウン広告を出稿。こちらは、毎日新聞の同じ枠で待ち続ける秋田犬をメインビジュアルとした、忠誠心の強い秋田犬の特徴を活かした内容に。

     

    大館市は「秋田犬の里」を通して秋田犬の魅力を発信し、多くの人たちから愛される施設を目指していく。5月8日(水)は、秋田犬の魅力がモフモフ満載の「秋田犬の里」グランドオープンセレモニーに、ぜひ遊びに行ってみよう!

  • 秋田犬のアキタが秋田の魅力を発信!渋谷で交通広告をジャック

    01.September.2018 | SPOT

    2016年度よりスタートした、秋田犬「アキタ」がふるさと秋田県の観光情報を紹介するプロモーション企画第4弾が、2018年9月3日(月)~2018年10月31日(水)まで実施される。

    今回も、秋田犬ゆかりの地であり多くの観光客が集う東京・渋谷に集中してプロモーションを展開。第4弾となる今回は、キャッチフレーズ「GO!AKITA」から、新しく「Yeah!AKITA」へと生まれ変わる。このフレーズはフォトジェニックな秋田に出会った秋田犬「アキタ」の歓喜の声と、秋田県を訪れた旅行者の感動の声を表現したキャッチフレーズ。

    秋田犬「アキタ」がSNS映えな「ネコバリ岩」や「鹿嶋様」など秋田の魅力をレポートした様子を交通広告ポスターとして掲出する。

     

    また、秋田犬デザインの「Happy HalloWan!」ゴミ袋1万枚の無料配布予定。ハロウィン時に毎年大きな賑わいを見せる渋谷の街をクリーンアップするため、秋田犬がお手伝いする。

     

    フォトジェニックな秋田の魅力をレポートする「アキタ」を探してみて!

     

    ■Information

    展開内容

    (1)京王電鉄 井の頭線車体広告+中づりジャック

    詳細:京王井の頭線1編成の車体広告及び中づり広告を貸切で掲出。

    期間:9月3日(月)~9月30日(日)

    (2)JR東日本 渋谷駅 渋谷ハチコークロス

    詳細:ハチ公改札前の北口連絡通路(ハチ公口~宮益坂口)にある縦1.75m×横3.7mサイズのボードにて掲出。

    期間:9月16日(日)~9月29日(土)

    (3)東京メトロ 渋谷駅(半蔵門)渋谷プレミアム フルセット+(半蔵門)渋谷柱巻広告

    期間:9月17日(月)~9月23日(日)

    (4)東京メトロ 表参道駅 表参道柱巻広告

    詳細:最先端のトレンドを発信する表参道で、駅改札内の柱巻11本をフル活用した広告を展開。

    期間:9月24日(月)~9月30日(日)

    (5)Happy HalloWan!ゴミ袋サンプリング

    詳細:ハロウィン時に毎年大きな賑わいを見せる渋谷の渋谷マークシティ前、モヤイ像前の2か所にて、秋田犬デザインのゴミ袋1万枚を無料配布。渋谷の街をHalloWanがキュートにクリーンアップします。

    期間:10月27日(土)、10月28日(日)、10月31日(水)の3日間

     

    URL:http://www.akitafan.com/ike-ike-akita/

     

  • 地域密着型情報サイト「ななび」で東北・新潟県のおでかけ情報をチェック

    16.January.2018 | SPOT

    青森県・岩手県・秋田県・宮城県・山形県・福島県・新潟県、合計7県の情報を発信する地域密着型情報サイト「ななび」にて、2018年最初の各県注目情報を詰め込んだ新たなコンテンツが続々更新中。

    img_145626_1

    蔵王連峰のお膝元!山形県山形市の知られざる魅力をピックアップ!

    蔵王温泉や松尾芭蕉の句の舞台となった山寺など、風光明媚な土地柄の山形市。観光地はもちろん、芋煮やラーメンをはじめとした食文化など、独特な文化ををあらゆる角度から紹介。

    URL: https://nanavi.net/series

    【青森県の更新情報】りんごに雪…=青森の冬!りんご公園ウィンターフェスティバルほか

    りんごの街・弘前市からは、冬に旬を迎える名産のりんごと、降り積もる雪を同時に楽しめる「りんご公園ウィンターフェスティバル」を紹介。焼きりんごを体験できるなど楽しいワークショップやアクティビティーがいっぱいです。

    青森市からは雪灯篭の灯りが幻想的な「あおもり雪灯りまつり」を紹介。雪ならではの温かく柔らかい光に心が癒される。

    URL: https://nanavi.net/keyword/96

    【岩手県の更新情報】大迫力の雪像にビックリ!いわて雪まつりほか

    岩手県雫石町で開催される、「いわて雪まつり」を紹介。雪像といえばさっぽろ雪まつりを想像する方が多いと思いますが、岩手の雪像もハイクオリティー。ライトアップされた雪像はとても見ごたえがある仕上がり。さまざまなイベントも開催されている。

    また、岩手の伝統工芸・南部鉄器の老舗工房「岩鋳鉄器館」もご紹介。定番アイテムはもちろん、現代風にアレンジされたカラフルなアイテムにも注目だ。

    URL: https://nanavi.net/keyword/108

    【秋田県の更新情報】ここでしか見られない動物たちの姿に感動!雪の動物園ほか

    秋田市の大森山動物園からは、毎年好評を博している「雪の動物園」を紹介。冬眠中のクマを観察したり、雪のなかの動物たちの生態を見ることができる。雪が多い地方ならではの特別な動物園は、新鮮な体験になること間違いなし。

    大館市からは、日本三大地鶏にも数えられる比内地鶏を味わい尽くせるイベント、「比内とりの市」を紹介。比内地鶏料理やきりたんぽ鍋など、おいしい体験が盛りだくさん。

    URL: https://nanavi.net/keyword/122

    【福島県の更新情報】冬のアクティビティーをお探しならこちら!裏磐梯レイクリゾートほか

    積雪の多い福島にあって、冬のアクティビティーを存分に楽しめるスポットが「裏磐梯レイクリゾート」。施設内のレンタル品は全て無料で利用可能。雪国ならではの遊びを思いっきり楽しみたいときに最適だ。

    URL: https://nanavi.net/keyword/135

    新年を迎え、東北6県・新潟県はいよいよ冬本番。寒さが厳しい反面、雪国ならではの魅力が最も輝く季節だ。

    東北・新潟へお出かけの際は、「ななび」をチェックしよう!

    ■Information

    ななび

    URL:http://www.writeup.jp/

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US