大阪高島屋にて千葉市美術館所蔵「新版画-進化系UKIYO-Eの美」展開催

21.September.2021 | SPOT

大阪高島屋で『千葉市美術館所蔵「新版画-進化系UKIYO-Eの美」』展が2021年9月15日(水)から9月27日(月)までの期間限定で開催中。

 

新版画は、江戸時代に目覚ましい進化を遂げた浮世絵版画の技と美意識を継承すべく、大正初年から昭和のはじめにかけて復興したジャンル。版元・渡邊庄三郎(わたなべしょうざぶろう・1885-1962)のアイデアをもとに、伝統的な技術を用いながらも画家たちの新鮮な感覚を重視して生み出された数々の優品は、アメリカを中心に国内外で広くファンを獲得してきた。今や「shin-hanga」は、「ukiyo-e」とともに、世界の共通語になりつつある。

 


本展は、千葉市美術館が誇る新版画コレクションから選りすぐった約120点で構成されており、橋口五葉の「浴場の女」や伊東深水の「対鏡」といった最初期の初々しい傑作から、川瀬巴水の情感豊かな日本風景、吉田博の精緻な外国風景、山村耕花や吉川観方による個性的な役者絵を経て、昭和初期のモガを鮮烈に描いた小早川清「近代時世粧」に至る、新版画の成立から発展形への歴史をたどることができる充実の内容の展覧会となっている。

 

展示作品一例

 

川瀬巴水「東京十二ヶ月 谷中の夕映」1921年


「東京十二ヶ月」は、1920年12月から翌年10月にかけての写生にもとづく連作。12点が予定されていたが、正円の4点と正方形の1点のみで終了した。「谷中の夕映」は、夕陽を受けてほの赤く輝く五重塔を描いている。巴水は、ちょうどスケッチを終えた時に鐘の音が響き渡り、思わず襟を正したと回想している。

 

 

吉田博「帆船 朝 瀬戸内海集」1926年

吉田博は、1921年に渡邊庄三郎のもとで「帆船」三部作(朝日・日中・夕日)を手がけたが、関東大震災で版木のすべてと作品の大半を失った。5年後、吉田は私家版において再びこの画題に取り組み、サイズをやや拡大して6点に展開した。版の絵であることを強く主張する渡邊版に対して、私家版では時間のヴァリエーションを増やしながらも色の明度や彩度の幅を狭めてより静謐な表現とし、色調や光のわずかな違いに視線を促すようだ。

 

伊東深水「対鏡」1916年

伊東深水の新版画第一作。

原画を単純化して黒と赤、肌の白の三色が映える構成とし、陰影を表すかげ彫り(鋸歯状の刻み)を施した。特別に取り寄せた上質な紅を三、四度重ね、背景にはざら摺り(わざとバレンを傾けてその軌跡を見せる摺り)を大胆に入れるなど、摺りにも工夫が凝らされている。「対鏡」は、彫刀とばれんによる、肉筆ではない「版の絵」であることを前面におしだし、作家が語る「黒髪と赤い長襦袢の間に覗いている襟足の美しさ」を存分に伝える名作となった。

 

小早川清「近代時世粧ノ内 -   ほろ酔ひ」1930年

「近代時世粧」は、昭和5年から翌年にかけて制作された、同時代の女性風俗を描く6点シリーズ。小早川清の描く女性には独特の際どさや生々しさがあり、本作でもその本領が発揮されている。とりわけ著名な「ほろ酔ひ」は、断髪や肌を大胆に見せた洋服、煙草、指輪、カクテルといった当時のモダンガールのアイテムをちりばめるとともに、描かれた女性の危うい心模様をリアルに感じさせ、それが本作を時代の肖像画としている理由と思われる。

 

橋口五葉「髪梳ける女」1920年

 

豊かに流れる黒髪の圧倒的な存在感や女性の清雅なたたずまいが印象的な、五葉の私家版を代表する1点。モデルは五葉がよく描いた小平とみで、五葉はロセッティが描くような「象牙の首」の女性を後輩に探させ、美校でモデルをしていたとみを見出したとの逸話が残っている。
本作の女性のポーズにもロセッティ「レディ・リリス」からの影響が指摘されているが、表現自体は、写生を浮世絵の簡潔な墨線に融合・昇華したものといえるのだろう。

 

時代を超えて世界を魅了する新版画に触れてみては?

RELATED ENTRIES

  • 香川県・小野川直樹美術館、瀬戸内をイメージした繊細な折り鶴アートを魅せる「Folklore展」開催

    06.December.2021 | FASHION / SPOT

    香川県にある小豆島の「迷路のまち」で、アート事業や地域事業をおこなう妖怪美術館では、妖怪美術館とあわせて運営している小野川直樹美術館に瀬戸内をイメージした新作6 点をむかえ「Folklore 展」を2021年12月26日(日)まで開催中。


    わずか1cm 四方の紙をピンセットも使わず一羽一羽丁寧に手折りした極小の折り鶴を美しい造形美に仕上げる小野川直樹。学生時代に東京で東日本大震災を経験した彼は、翌年訪れた岩手県陸前高田市で衝撃を受けたことをきっかけに折り鶴を使った作品を制作し始めた。折り鶴を平和の象徴としてではなく、行き場のない自身の気持ちを託す、厳かな「祈り」として位置づけており、その作品には繊細で神秘的な美しさが静かに漂う。

    今回の新作は、2021年3月9日から5月5日の期間に瀬戸内市立美術館の展覧会で展示した瀬戸内をイメージした6作品で、清新で優しい造形美を見せてくれる。テーマはフォークロア(伝承)。人それぞれのさまざまな「祈り」をこめて折られるという「伝承」を優美な作品で表現しており、日本人だけでなく、外国人の人々からも高い評価を得ている。

    アーティストの祈りが込められた繊細で優美な折り鶴アートを堪能してほしい。

     

     

     

    折り鶴との歩み|小野川直樹からのメッセージ

    幼少期の頃に熱中した折り紙。その中でも特に有名な伝承折り紙の一つである「折り鶴」。共に時間を過ごして行くに連れて「折り鶴」には、彷徨っている気持ちの吐き場所であり、繰り返される惰性の様な違和感を感じることがあります。そこには自分と折り鶴とを繋ぐものや、自分の考える折り鶴の「居場所」や「終着点」というものは、ありませんでした。

    2011年に東北で震災がありました。翌年の 4 月に岩手県陸前高田へと赴き、現地の方の話を聞き、実際に町を見て回りました。自然の脅威の前では人間は何もできないのだと恐ろしく、また、その中で輝く生命の力強さも受けました。いつの時代も、人種も性別も社会的地位も関係なく襲ってくる自然の脅威と向き合い、しかし時にあやかり、共存しているのだと改めて感じます。そしてその体験は同時に、いまを生きている、ということをハッキリと意識させられる様です。その様な中で、津波に流された校舎の瓦礫脇に置かれた千羽鶴を見て、ハッとしました。

    それはまるで行き場のない気持ちを折り鶴に託し、この世ではない場所を行き来するようにと祈りを込めた孤独な儀式の様でした。うまく言葉では表現できませんが、今、折り上げている折り鶴はそういった厳かな「祈り」からきているものなのかもしれません。またその様な事柄を作品に落とし込むことで、折り鶴の「居場所」を創り上げています。改めて見つめ直してみると、折り鶴はどこか尊く、また神秘的な「なにか」がひそんでいる様に感じます。そして、それはまた、私の信じている「美しさ」でありました。

     


    ひとりひとりが自分なりの「折り鶴」との歩みを持っているかと思います。どの様に感じてどの様に思いを重ねるかは人それぞれですが、作品との対話を通し、心を揺さぶる「なにか」が生まれることを願っています。

  • 「ラスカル」期間限定ポップアップショップが大阪・あべのキューズモールにて開催

    02.December.2021 | ANIME&GAME / FASHION

    『あらいぐまラスカル』のキャラクター「ラスカル」のポップアップショップ「ラスカルのしっぽ in あべのキューズモール」が、2021年12月1日(水)から12月14日(火)の期間限定で、大阪のあべのキューズモール内にオープンする。

     

    グッズ

     

    ノベルティ

     

    なんちゃって紙袋 関連商品税込2,000円以上購入特典

    テイクアウトタンブラー 関連商品税込60,00円以上購入特典

     


    「ラスカルのしっぽ in あべのキューズモール」では、新たに描き下ろした「カフェアート」を使用した新商品10アイテム以上を先行販売する他、「ラスカル」新商品などの関連商品が登場する。また購入特典として、2種類の豪華ノベルティもラインアップ。

     

    可愛らしいラスカルのイラストに癒される期間限定イベントへ足をはこんでみては?

     

  • 新鋭アーティスト中西伶の新作展示が大阪・心斎橋PARCOにて期間限定開催

    22.November.2021 | FASHION / SPOT

    大阪・心斎橋PARCOは、開業1周年を記念して現代アーティスト中西伶の新作展示『VESICA PISCIS(ヴェシカパイシース)』を2021年11月20日(土)から11月30日(木)までの期間限定で開催する。

    本展では、美術史の文脈と真摯に向き合い、常に挑戦を続けるアーティスト自身のスタイルとエネルギーが感じられる、本展の為に描きおろされた新作が一堂に会する。また、展示作品の一部は会場にて抽選販売予定。

     

    さらなる活躍が期待される新鋭アーティスト中西伶から目が離せない。

     

    アーティストステートメント

    私の描く絵の中には常に2つの相反するテーマがあります。

     

    まず制作過程のデジタルとアナログを組み合わせて完成させるという手法、そしてスカルとフラワーといった生と死を彷彿させるモチーフを扱いながら1つの絵を完成させています。

     

    そして今回の展示で扱ったテーマは白と黒です。

     

    こういった軸を作ってきた私にとって白と黒の二色で作品を描くということはとても意味のある挑戦でした。

     

    色を使わないことで画面の中では絵の本質をより強く示すこととなりました。

     

    今回の展示タイトルはVESICA PISCIS(ヴェシカパイシース)という細胞分裂の最初のような2つの円が重なり合った形をした図形があり、その名前からリファレンスしています。

     

    このようなテーマを扱う中でヴェシカパイシースという図形がもたらしてくれるインスピレーションは私にとってとても大きなものでした。

     

    今まで印象的だったカラーの作品に比べて洗練された形状やマチエールの流動的な美しさに注目して頂けたらと思っています。

     

    -中西 伶 Rei Nakanishi

  • 心斎橋PARCO ・SkiiMa Galleryにて「P.O.N.D. mini ~パルコで出会う、まだわからない世界~」開催

    19.November.2021 | FASHION / SPOT

    パルコが運営する、コミュニティ型ワーキングスペース『SkiiMa(スキーマ)』は、パルコのあたらしいカルチャーの祭典〈P.O.N.D.〉の出張版「P.O.N.D. mini ~パルコで出会う、まだわからない世界~」を、心斎橋PARCO1周年にあわせて、2021年11月19日(金)より11月30日(火)までの期間限定で心斎橋PARCO 4F・SkiiMa内「SkiiMa Gallery」にて開催する。

     

    参加アーティスト

     

    遠藤文香 フォトグラファー


     

    Hana Watanabe 映像作家/ビジュアルアーティスト

     

    菊池虎十 アーティスト

     


    沼田侑香 現代アーティスト

     

     

    田嶋周造 アーティスト/ミュージシャン

    アート、ファッション、音楽、フードなどあらゆるジャンルのフレッシュなクリエイターが参加するカルチャーの祭典〈P.O.N.D.〉は、今年10月に渋谷PARCOで開催され、来場者数はのべ5,000人以上、10日間盛況のうちに閉幕した。



    そんな渋谷の展示会場から、5名のクリエイターの作品が心斎橋PARCOにやってくる。前身イベント「シブカル祭。」のフィロソフィー「あたらしい才能の発見と応援」を引き継ぎ、〈P.O.N.D.〉には「Parco Opens New Dimension」、常に“新しい次元を切り開いていくイベントでありたい”という想いが込められている。2021年のキーワードは「TRANSFER=移ること、伝わること」。気鋭クリエイターたちの創る個性豊かな作品は、私たちがまだ触れたことのない世界、新しい世界への境界線に連れて行ってくれるだろう。

     

  • 『東京卍リベンジャーズ』の原画展が東京・大阪にて2022年開催決定!チケット抽選開始

    18.November.2021 | ANIME&GAME / SPOT

    2017年より「週刊少年マガジン」で連載開始、累計4000万部を突破した大人気漫画『東京卍リベンジャーズ』。『新宿スワン』の著者・和久井健が贈る最新巨編は2021年4月よりTVアニメが放送開始、また2021年7月9日に実写映画も公開され、話題になった。そして今回、本作の原画展『TOKYO卍REVENGERS EXIHIBITION』が2022年1月29日(土)より東京、3月19日(土)より大阪で期間限定で開催する。

     

     

    グッズ付チケット特典:Tシャツ

    入場特典ステッカー(全6種)

     

     

    ※全6種よりランダムで1種のお渡しとなります。絵柄はお選びいただけません。
    ※不良品以外交換はできませんので必ずその場でご確認をお願いします。
    ※入場特典は各日無くなり次第配布終了となります。
    ※入場特典は有料ご入場者のみの配布となります。

     

    イベントティザービジュアルが解禁された、「原作コミック×TVアニメ×実写映画」のハイブリッド原画展では、原作者・和久井健の貴重な原画展示を軸に、作品世界を体感できる様々な展示内容を予定している。11月15日(月)より、チケット第1期抽選申し込みが開始した。チケット情報、展示内容の詳細、記念グッズ等の最新情報は公式サイト・公式Twitterにて随時発表されるのでお見逃しなく。

     

    ファンにはたまらないコンテンツがラインアップするスペシャルイベントをお楽しみに!

     

    (C)和久井健/講談社

  • スニーカー×アート新プロジェクト『artrA』、「AIR JORDAN 1」にフィーチャーした展示FINALを大阪・東京で開催

    12.November.2021 | FASHION

    ストリートカルチャーに欠かせない「スニーカー」と「アート」を掛け合わせ、新たな価値を生み出すプロジェクト『artrA(アルトラ)』。コンテンツパートナーとして東京のスニーカーシーンを世界に発信するatmos tokyoと国内No.1のスニーカーフリマアプリSNKRDUNKとタッグを組んで7月から全国7都市で開催された、名作「AIR JORDAN 1」にフィーチャーしたイベントのFINALが2021年11月19日(金)より大阪、12月24日(水)より東京にて期間限定で順次開催される。

     

    本イベントには、イラストレーター、グラフィックデザイナー、浮世絵師など、これまで各地で開催したイベントに参加してきた新進気鋭クリエイター総勢26名が全員集結。atmosがキュレーションする「AIR JORDAN 1」をアートに落とし込んだ作品を展示し、原画、エディション作品として販売されるほか、会場限定でCREATOR ART TEE & POSTERとして販売される。一つのスニーカーをテーマにそれぞれのアーティストが表現するカルチャーをぜひ体感してほしい。

     


    会場でCREATOR ART TEEを購入した人に先着順で、SNKRDUNKで人気の「AIR JORDAN 1」の抽選販売が実施される。その場でクジを引いて当選した人は商品を定価で購入でき、当日持ち帰ることができる。

     

     

    今後SEASON2を各地で開催を予定している『artrA』のさらなる活躍から目が離せない。

     

  • TVアニメ『BANANA FISH』コラボの期間限定カフェが東京・大阪に登場

    11.November.2021 | ANIME&GAME / FOOD / SPOT

    アメリカ・ニューヨークを舞台に、主人公のストリートキッズのボスであるアッシュ・リンクスと日本人の奥村英二が、マフィアのボスと対立しながら、「バナナフィッシュ」の謎を追う、1985年に連載をスタートした吉田秋生氏による漫画作品『BANANA FISH(バナナフィッシュ)』を基にしたTVアニメが2018年7月~12月に放送された。その『BANANA FISH』をテーマに、“ニューヨークの夜“をコンセプトにした落ち着いた大人の魅力を漂わせるスタイリッシュでオシャレなコラボカフェ「BANANA FISH Cafe and Bar -New York Night-」が2021年11月25日(木)より東京にて、12 月2日(木)より大阪にて、期間限定でオープンする。洗練されたラグジュアリーな空間の中で、ニューヨークのBARにフォーカスしたメニューやキャラクターにちなんだメニューなど趣向を凝らしたスペシャル感満載の食事を堪能してほしい。

     

    メニュー

    トーフとシャケのサラダボウル

    彼の夜のメインディッシュ

    N.Y.スタイルタコス

    グリルバナナワッフル

    チャイニーズスイーツプレート

    チョコレートフォンデュ

    N.Y.スタイルチーズケーキ~キャラメルナッツ~

    アッシュ、英二、ショーター

    ホットココア、ホットカフェラテ

     

    オリジナルグッズ

    アクリルバッジ(ランダム7種)

    オーロラステッカー(ランダム7種)

    アクリルスタンド(ランダム7種)

    アクリルキーホルダー(ランダム6種)

    クリアファイルセット(2枚入り)

    アクリルスタンド(アッシュ、英二、ショーター)

    アクリルボード

    コルクコースター(アッシュ、英二)/カップスリーブ

    グラス(アッシュ、英二)/まめ皿

    事前予約者限定カフェ利用特典「ペーパーオーナメント(全8種)」をランダムで1枚プレゼント

     


    カフェメニューは、作品の舞台でもあるニューヨークや、キャラクターのルーツにちなんだ料理が並び、ニューヨークのバーにある定番のドリンクなど、趣向を凝らしたオリジナルメニューを味わうことができる。その他、カフェオリジナルグッズは、オシャレな雰囲気に合わせた、描きおろしのキャラクターをイメージしたものや、ニューヨークのレトロなアメリカンネオンサインをイメージした雑貨などが登場する。



    今年の冬は、ラグジュアリーな空間で『BANANA FISH』の世界観をイメージした食事を味わいながら、「特別な1日」をゆったりと過ごしてみては?

     

    © 吉田秋生・小学館/Project BANANA FISH

  • アソビシステム「KAWAII MONSTER CAFE」が大阪初上陸!カワイイと食を融合したカラフルな『カワイイモンスターキッチン』オープン

    08.November.2021 | FASHION / FOOD / SPOT

    アソビシステムは、2015年にアーティスト増田セバスチャンのプロデュースによって原宿で誕生し、KAWAIIカルチャーを世界へ発信する新名所として愛されてきたエンターテイメントレストラン「KAWAII MONSTER CAFE」のライセンス運営を2021年2月より開始した。

     

    「KAWAII MONSTER CAFE HARAJUKU」は2021年1月末に多くの人々に惜しまれながらクローズしたが、現在はこれまで培ったオンリーワンのブランド運営を生かし、ビジュアライズされたコンセプト作りや空間演出、ゲストに楽しんでもらえるエンタメメニューのプロデュースを行っている。

     

    コンテンツ

     

    モンスターケーキとチョッピー

     

    モンスターバーガー

    カラフルモンスターバーガー レッド(トンカツ)1,380円(税込)ドリンク付き。

     

    見た目に楽しい真っ赤なモンスターバーガー。特製トマトソースにディップしたトンカツとベーコンをサンド。

    カラフルモンスターバーガー ブルー(エビフリッター)1,380円(税込)ドリンク付き。

     

    青いモンスターバーガーには、エビのフリッターをサンド。たっぷりのタルタルソースで召し上がれ。

    カラフルポップミニバーガー ブルー&レッド(ミニトンカツ&ミニエビフリッター)1,280円(税込)

     

    カワイイサイズのカラフルバーガー2個セット。小さくてもボリューム満点。トッピング用キットでオリジナルモンスターバーガーを作ると楽しいかも!

     

     

     

    モンスタークッキング

    クッキング体験 参加費:700円(税込)
    クッキング体験 カトラリー付き参加費:1,000円(税込)
    所要時間:約30分
    対象年齢:小学生4年生以上

     

     

     

    クイズラリーカード

    ハグミュージムの1階~4階を使ったクイズラリー。クイズは1階~4階に、1問ずつ。チョッピーを目印にクイズを探してみて。全問正解&アンケート回答でマスクケースプレゼント!

     

     

     

     

    モンスターグッズ

     


    KAWAII MONSTER CAFEは、大阪ガスが運営する食の未来について楽しみながら学べる体験型食育ミュージアム「hu+gMUSEUM(ハグミュージアム)」とコラボレーションし、カワイイと食を融合したカラフルで楽しい食体験や空間を提供する「カワイイモンスターキッチン」をプロデュース。2021年11月2日(火)にグランドオープンした。カワイイと食の融合により、カラフルで楽しい食体験や空間提供することをテーマに、子供から大人まで楽しめるカラフルなスイーツレシピのモンスタークッキングや増田セバスチャンが監修した巨大オブジェ「モンスターケーキ」とモンスター「チョッピー」が出迎えるフォトスポットなど、ここでしか味わえない5つのワクワク体験を楽しむことができる。KAWAII MONSTER CAFE オリジナルグッズを手に入れる絶好のチャンスもお見逃しなく。

     

     

     

    自分だけの「カワイイ」体験をカワイイモンスターキッチンで思う存分堪能して欲しい。

     

  • 増田セバスチャン展覧会『Yes, Kawaii Is Art』がついに大阪上陸!

    29.October.2021 | FASHION / SPOT

    アーティスト・増田セバスチャンの展覧会『Yes, Kawaii Is Art』が、2021年10月30日(土)から11月21日(日)までの期間中に大阪で開催される。本展は、工場地帯にあるアートの街・北加賀屋を舞台に、1週間ごとに全3会場がオープンし、各会場で異なる作品を展示。増田セバスチャンのアート作品と活動を通して、「Kawaiiとは何なのか?」を探る。

     

    「Fantastic Voyage」ダイジェスト映像

     

    この度、第2会場で展示される上演型作品「Fantastic Voyage, Prototype II」の事前予約が10月21日(木)からスタートした。本作は1台の透明なカプセルが空間を彷徨い、音や言葉のイメージが散りばめられた世界を進んでいく「隔離された世界で未来を想像する装置」という構想のプロトタイプで、鑑賞者の深層心理に潜り込むような30分ほどの上演型の作品となっている。



    そして展覧会ではスペシャルなVIPプランも登場。10月30日(土)、10月31日(日)に美味しいスイーツとアートを贅沢に楽しむことができる「Yes, Kawaii Is Art コンラッド大阪ハロウィンビュッフェ付きVIPプラン」が1日2組限定で開催される。増田とコラボレーションしたハロウィンブッフェについての本人解説や作品が展示されている客室の見学、展覧会会場で増田が直接作品解説するアートツアーなど、得点満載のプランが組まれている。さらに、グループや企業向けに展覧会会場を貸切ってアートツアーを行うプランも登場した。上演型作品「Fantastic Voyage, Prototype II」の事前予約、VIPプラン共に各回少人数制となっているので、お見逃しなく。

     

    今年の芸術の秋は、増田セバスチャンが表現するKawaiiの世界観に触れてみては?

    TALENT PROFILE

    増田セバスチャン

    1995年に”Sensational Kawaii”がコンセプトのショップ「6%DOKIDOKI」を原宿にオープン。2009年より原宿文化を世界に発信するワールドツアー「Harajuku”Kawaii”Experience」を開催。2011年きゃりーぱみゅぱみゅ「PONPONPON」MVの美術で世界的に注目され、六本木ヒルズ「天空のクリスマス2013」のクリスマスツリーや、原宿の観光案内所「MOSHI MOSHI BOX」の世界時計のモニュメントなどを制作。 2014年に初の個展である「Colorful Rebellion ‒Seventh Nightmare-」をニューヨークで開催し、国内外での知名度を高める一方で、11月には1979年に制作された実写人形アニメーション映画をCGや3D加工、色彩処理した『くるみ割り人形』が初監督作品として公開される。同作品で、ゆうばり国際映画祭「京楽ピクチャーズPRESENTSニューウェーブアワード」を受賞。

  • 大阪・万博記念公園で痛車400台とコスプレイヤーが参加する「EXPO痛車天国2021」開催

    21.October.2021 | ANIME&GAME / SPOT

    雑誌「痛車天国-超-」を発行し、雑誌・イベント・WEBで痛車界を盛り上げることを目的として活動する痛車天国プロジェクトは、日本を代表するカーカルチャーへと成長した痛車の祭典『EXPO痛車天国2021』を2021年10月31日(日)に大阪府吹田市の万博記念公園お祭り広場にて開催する。

    全国から集まる痛車の展示台数はなんと約400台。会場を埋め尽くす至極の痛車を目の当たりにすれば迫力に圧倒されること間違いなし!なかなか普段、見ることの少ない痛車をじっくりと見ることができる絶好のチャンスとなっている。また、痛車と相性が抜群なコスプレイヤーの参加者も増えていてお気に入りの痛車とコラボ撮影ができるのもこのイベントの特徴のひとつ。

     

    日本生まれのポップカルチャー痛車ワールドを体感できるこの機会をお見逃しなく!

     

  • 清澄白河の古民家カフェ「no mark.Café」×親子アートユニット「アーブル美術館」展覧会開催

    21.October.2021 | FASHION / SPOT

    清澄白河の古民家カフェ「no mark.Cafe」は、2021年10月15日(金)から11月30日(火)までの期間限定で、親子アートユニット「アーブル美術館」とコラボして、アーブル美術館のブログの100日目までの作品を13点展示。また、今回の展示に合わせて各作品のオリジナルコースターや、カップの縁に立たせることができるオリジナル風神フィギュアのプレゼントキャンペーンを実施する。

     

     

    キャンペーン特典A. アーブルコースター/B. アーブル風神フィギュア

     

     

    no mark.Cafeはくつろぎながらアートを楽しめるカフェを目指しており、様々なアーティストとコラボレーションする「CAFE DE ART」の取り組みを行なっている。
    「CAFE DE ART第一弾」は、あらゆる絵画を模写し、可愛らしくも味のある贋作を生み出す親子3人のアートユニット「アーブル美術館」とのコラボ。今回、アーブル美術館のブログ「アーブル美術館のひ・み・つ」の100日目までの作品から13作品を選び、「ノーマークな大贋作展」と題し展示する。アーブル美術館がアートへの道に一歩踏み出した頃の作品をもとに、もともとのアート作品自体に関する情報やアーブル美術館について知ることができる解説動画も設置されており、2022年カレンダーや各作品のポストカードなども店頭販売している。さらに、Instagramまたは、 Twitterでのアカウントフォロー&投稿で、アーブル美術館コラボアイテムがもらえるキャンペーンが開催されるのでこちらもお楽しみに!

     

    このノーマークな大贋作展をマークしてみては?

     

  • 角川武蔵野ミュージアムが贈るオープン1周年記念企画「浮世絵劇場 from Paris」開幕

    19.October.2021 | SPOT

    日本文化の振興に寄与するための事業を手掛ける公益財団法人角川文化振興財団は、「ところざわサクラタウン」内、「角川武蔵野ミュージアム」1Fグランドギャラリーにて、20211030日(土)より、角川武蔵野ミュージアムのオープン1周年記念展として、巨大映像空間へ没入する360度体験型コンテンツ「浮世絵劇場 from Paris」を開催する。

    石川真澄「出火吐暴威変化競 鬼童丸」 UKIYO-E PROJECT所蔵

     

    大石恵美(BALCOLONY 「桃色四葉乙接吻四人衆大合戦絵巻」 UKIYO-E PROJECT所蔵

     

    江戸時代、浮世絵1枚の値段は28文、かけ蕎麦一杯と同じだったと言う。「浮世」とは「現世」のこと。人々の身近な存在であった「浮世絵」は「今を写す絵」だった。今で言えば、テレビやインターネット、インスタグラムのような身近なメディアだ。
    19世紀、ヨーロッパに渡った「浮世絵」は、印象派の芸術家達に大きな影響を与えた。その影響は現在も続いている。

     

     

    ダニーローズ・スタジオは、「浮世絵」にテクノロジーとストーリーを掛け合わせ、全く新しい巨大映像空間を創造した。
    この度、フランス国内で計200万人が体験したDreamed Japan“Images of the Floating World” が、大幅にパワーアップして日本で凱旋上映。12幕の異なるシーンが角川武蔵野ミュージアムの1,100㎡を超える大空間にダイナミックに映し出される「SPIRIT of JAPAN」としてWorld Premier 開催される運びとなった。
    扇が時を刻み、提灯が宙を舞い、桜の花びらが風に揺れ、荒波がリズムにあわせて頭上を駆け巡る。 360度映像に包まれた広大なスペースに展開される「浮世絵劇場」を、全身で体感してほしい。

     

    グランドギャラリー内後室では、ダニーローズ・スタジオが使用した多数の「浮世絵」を紹介するとともに、日本の現代浮世絵師たちの作品なども紹介する。
    「浮世絵」は過去のものではない。フランスで、日本で、さらなる進化を続けている浮世絵の今を堪能してみては?

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US