【東京カフェ】世界一濃い抹茶ジェラートを味わう 青山「ななや」

22.August.2017 | FEATURES / FOOD

今回の東京カフェでは、さっぱりとした甘さが夏にピッタリの抹茶ジェラートが人気のななや青山を紹介します。

日本一のお茶所、静岡で1988年に創業した丸七製茶。日本で初めてフリーズドライ抹茶を発売し、手軽に家庭で楽しめる抹茶として全国的に人気を高めていきました。そんな中、老若男女に愛されるスイーツ作りを目指してオープンしたのが「ななや青山」です。

ショップの目玉メニューは、藤枝市産の抹茶を贅沢に使ったジェラート。抹茶ジェラートの濃さは、甘さ控えめのNo.7からスイートな甘さを堪能できるNo.1まで全部で7段階。そのほかにも、ほうじ茶や玄米茶などお茶にこだわったジェラートが目白押し!

中でも一番人気は、世界一濃いと評判の抹茶プレミアムNo.7(シングル税込560円)。こちらのジェラートは、農林水産大臣賞を受賞した茶園の抹茶を使用しており、ビターな抹茶のほろ苦さの中にさわやかな甘みを感じされる、上品な仕上がりいなっています。

抹茶以外にも、香ばしい香りで男性人気抜群の玄米茶ジェラート(写真左、税込370円)もオススメ。ジェラートはシングルだけでなくダブル(写真右、税込470円〜)やトリプル(税込500円〜)などもあるので、たくさんのフレーバーを一度に味わうことも可能です。

抹茶と併せて食べるなら、甘さの中にほのかなお茶の香りがするほうじ茶のフレーバーが編集部のイチオシ!

店内は、和のテイストを活かしつつ、青山の土地柄に合わせたフレンチカジュアルなインテリアで統一されています。お店の入り口に佇むラクダのオブジェは、カップの回収BOX。かわいさ溢れる遊び心に訪れた人も思わず笑顔になってしまいます。

 

>>次のページ 本格的だけどカワイイお土産!

1 2

RELATED ENTRIES

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US