日本酒の価値をNFTアートで世界へ!純米大吟醸『飛騰 ASCENDING』『燈火 ILLUMINATING』登場

19.May.2022 | FASHION / FOOD

日本酒の作品価値をNFTでも持続的に保護しブランディングする仕組みを取り入れた純米大吟醸『飛騰(ひとう) ASCENDING』『燈火(とうか) ILLUMINATING』が数量限定でリリースされた。


日本の原点ともいえるアナログなものづくりを追求すると同時に、最新のNFT技術を用いることで日本酒業界の課題解決にも取り組んでいる。オートメーション化が進みAIが台頭する時代であるからこそ、人が手間を惜しまず本物を追求した日本の伝統的なものづくりの真価を、今、世界に伝える。

 

 

生酒の『飛騰』を含むペア日本酒。特定の時期、主に日本でしか味わえないという魅力がある一方で、生酒は常温保存に適さず美味しく消費できる期間が限られるため、価値を上げづらかった従来のデメリットを、NFTによって解消することを試みた。
酒自体を消費したあとも、『飛騰』『燈火』の価値を保ち続け、そこに込めたメッセージを世界中に届けたいとの思いから、『飛騰』『燈火』の製造年シリアルナンバーと紐づけられた、パッケージの龍と鳳凰の浮世絵が対となるNFTアートが、希望する人に発行される。

 

ストーリー

 

米 戸邊米
環境負荷をおさえ次世代に希望をつなぐため、新潟県十日町にて農家自らが自給自足生活を営みながら、20余年にわたる無農薬無肥料人力栽培に取り組み、日本一の評価を得た超希少なコシヒカリ“戸邊米”。総生産量の約3分の1をこの日本酒に、麹から全て使用している。

 

水 ゼロ磁場地下水

諏訪大社、豊川稲荷、天河弁財天、伊勢神宮、高野山など数々の聖地が存在し、“龍脈”とも呼ばれる巨大断層・中央構造線。その真上にあり日本有数のパワースポットとして各種メディアでも取り上げられている、長野県伊那市分杭峠ゼロ磁場地下水を100%使用。

 

醸造 小野酒造店

時に厳しい冬の自然と向き合いながら、今日に至るまで”人の手による本物の酒造り”にこだわり、真摯に歩み続けてきた。蔵人たちが挑んだのは、これまで経験したことのない超少量仕込み。戸邊米の“環境を生かす”という発想に基づき、冷暖房設備にたよらない自然温度下の特別室にて、日夜杜氏の徹底的な管理のもと醸された。

 

外箱 浮世絵師・旬
オブジェとしても飾れる外箱紙管には、登龍門の滝で鯉が龍に変容していく際の力強い上昇と、火の鳥鳳凰が舞い降り世界を隅々まで照らしていく姿の描き下ろし浮世絵をあしらった。コロナ禍において多くの業界が打撃を受け、世の中が閉塞感を抱えている昨今であるからこそ、新たな道が切り拓かれ、ひたむきに生きる人たちに光があたるように、という願いも込められている。

 

瓶絵付け 丸嘉小坂漆器店
月(水)と太陽(火)、異なる価値観が受け入れられ調和する世界、メイドインジャパンを象徴する円。ガラスへの漆絵付けの先駆的存在であり高い技術を誇る長野県塩尻市・丸嘉小坂漆器店の職人の手仕事により、純プラチナと純金箔を用いて絵付けされている。

 

製造年とナンバーを漆で印字、特別版は蒔絵仕様に

ナンバー1のみ、絵付けを高蒔絵技法とした特別仕様に。特に縁起の良い番号7・8・77・88も、シリアルナンバーを蒔絵仕様とした。特別版の売り上げは全て、持続可能な農業、酒造りをはじめとした日本の伝統的なものづくりの維持普及・世界に向けた発信に使用する。

新しい時代の日本酒を手に取ってみてはいかが?

RELATED ENTRIES

  • 炭酸水で割って飲む日本酒「&Soda」誕生

    29.September.2022 | FOOD

    白菊酒造株式会社は、炭酸水で割って飲む日本酒「&Soda」を、2022年10月1日(土)より岡山県内にて先行新発売する。

    同社では「新しい日本酒文化を作りたい」という思いから、日本酒を、もっと気軽に、もっと自由に、デイリーに楽しめる日本酒として、好きな濃さで自由に楽しめる、炭酸割専用日本酒「&Soda」を開発した。

     

    炭酸割専用日本酒「&Soda」

    「これまでも日本酒をロックや炭酸水で割って飲むスタイルはありましたが、日本酒らしさが崩れたり、味わいが薄くなりすぎたりと欠点もありました。炭酸割専用日本酒『&Soda』は、弊社がこれまで培ってきた醸造技術、岡山県特産の「朝日米」と蔵の井水を用いて炭酸水で割っても日本酒らしさのある香り、お米の甘みや旨みをしっかりと感じられる酒質に仕上げました。吟醸酒の原酒としてアルコール度数を18%に高め、お好みの濃さで割って楽しめるよう味わいの幅を持たせました。パッケージは、パール紙を使用することでソーダの泡の煌き感やシズル感を持たせ、『&Soda』のネーミングと炭酸割専用日本酒であることが一目でわかる様にデザインしています」

     

    「&Soda」の美味しい飲み方や開発背景、新着情報などは、特設ウェブサイトにて。

  • 自然に寄り添う酒づくりを目指して。オーガニック日本酒「有機純米吟醸 GREEN」が新登場

    14.September.2022 | FOOD

    1673年に和歌山で創業した、13代続く京都・伏見の酒蔵「玉乃光酒造」が、有機農法で栽培した酒米を使用したオーガニック日本酒「有機純米吟醸GREEN山田錦」「有機純米吟醸GREEN雄町」を2022年9月8日(木)に新発売した。

     

    「有機純米吟醸GREEN山田錦」「有機純米吟醸GREEN雄町」は、有機栽培でつくられた酒米を100%使用。2022年2月22日にEUオーガニック認証、USDAオーガニック認証、エコサート認証の3つを取得し、次世代の日本酒づくり、特に日本酒を支える米づくりを持続可能な形にするべく、酒米の有機栽培を広げていくことを目指している。

     

    素材の中でも特に酒米にこだわり、岡山や滋賀の契約農家とともに酒米をつくっている玉乃光酒造は。もともと酒米は栽培が難しい作物と言われており、ましてや有機栽培でつくられたものは当初ほとんどみられなかったという。そこで、杜氏自ら田んぼを訪れ、滋賀県の米農家にかけあうことで山田錦を有機栽培で、その後岡山県の米農家の協力のもと雄町を有機栽培でつくれるようになった。このように、交流を深めていくことで、志をともにして酒米の有機栽培に取り組む農家が徐々に増えてきているという。

     

    料理を邪魔せず寧ろ引き立て、京料理の特徴でもあるお出汁の味と調和するような、いわば、究極の食中酒を目指す、創業350年を迎える大銘蔵・玉乃光酒造。「自然に寄り添う酒づくり」を掲げ、次世代にも日本酒のおいしさを、そして日本の自然の豊かさを伝えていくために、あらたな定番としてオーガニック日本酒のさらなる拡大に取り組んでいる。

     

  • 30周年『美少女戦士セーラームーン』、日本各地の伝統工芸とコラボアイテム発表

    14.September.2022 | ANIME&GAME / FASHION

    日本の伝統工芸品とコラボしたキャラクターグッズを多数手がけてきたPREMICO(プレミコ)が、『美少女戦士セーラームーン』の30周年を記念した日本各地の伝統工芸とコラボしたアイテムを、PREMICOオンラインショップにて販売をスタートした。

     

    日本各地の伝統工芸と劇場版「美少女戦士セーラームーンEternal」がコラボした匠の技が光るアニバーサリーアイテム。ラインナップは、福島県・会津塗オルゴール、石川県・九谷焼丸皿、東京都・江戸切子グラス、香川県・香川漆器 漆塗り椀、福岡県・博多織長財布の5アイテム。

     

    ここでしか手に入らないアニバーサリーアイテムをお楽しみに。

     

    福島県 会津塗オルゴール

    400年の長い歴史を誇る福島県の会津地方の伝統工芸「会津塗」。夜空のようなつややかな黒の漆塗りにゴールドで描かれたクライシス・ムーン・コンパクトとセーラー10戦士の守護星マークの蓋を開けば、『ムーンライト伝説』のオルゴールが奏でられる。

     

    石川県 九谷焼丸皿(3種セット)

    石川県の加賀地方で生産される色絵磁器「九谷焼」。その鮮やかな色彩と縁起の良い伝統柄で、『美少女戦士セーラームーン』の世界を表現。セーラー5戦士の中心に幻の銀水晶があしらわれた丸皿、クライシス・ムーン・コンパクトを中心にちびムーン・コンパクトとセーラー戦士の守護星マークが並んだ丸皿、ルナ・アルテミス・ダイアナのシルエットが浮かぶキュートな丸皿の3種セット。

     

     

    東京都 江戸切子グラス

    江戸の粋な美意識が息づく東京のガラス工芸「江戸切子」の繊細な細工と澄んだ煌めきに、美しい星々の瞬きをうつした江戸切子グラス。セーラー5戦士とスーパーセーラーちびムーンをイメージした薄紅色と、外部太陽系4戦士をイメージした瑠璃色の2種類。

     

    香川県 香川漆器 漆塗り椀(ペアセット)

    多彩な色漆を使い繊細で緻密な模様を描き出す手法が特徴の「香川漆器」。朱色と黒色、色漆で鮮やかに彩られたスーパーセーラームーンとタキシード仮面のペアの漆塗り椀。

    クライシス・ムーン・コンパクトや幻の銀水晶、仮面やゴールデン・クリスタルといった二人のモチーフが金銀豪華な色づかいと伝統的な蒔絵仕上げで、お椀を華やかに飾る。

     

    福岡県 博多織長財布

    経糸(たていと)と緯糸(よこいと)を打ち込んで作られる絹織物「博多織」。その“しなやかでありながら丈夫”という特徴にセーラー戦士たちの美しく力強いイメージを重ねて、伝統の縞柄に守護星マークや幻の銀水晶のモチーフを織り込んだ長財布。

     

     

     

    (c)武内直子・PNP/劇場版「美少女戦士セーラームーンEternal」製作委員会

  • 日本和文化振興プロジェクト「第2回日本和文化グランプリ」結果発表

    12.September.2022 | FASHION

    各分野の企業、協会、自治体が協業し、持続可能な日本の和文化発展の仕組みを構築・確立するため、2020年5月に設立された一般社団法人 日本和文化振興プロジェクトは、「第2回日本和文化グランプリ」を開催し、計5作品の受賞を発表した。

     

    元文化庁長官の近藤誠一が陣頭指揮をとり、副代表にユナイテッドアローズ名誉会長 重松理と、400年の歴史を誇る伊場仙14代目当主 吉田誠男が脇を固める一般社団法人 日本和文化振興プロジェクトは、国籍居住地、年齢を問わず、和文化に携わる企業・団体・個人を対象に、日本が誇る優れた作品を顕彰するイベントとして当グランプリを開催。審査委員はシャネル合同会社 会長リシャールコラスや、モデルの秋元梢など、各界で活躍する11名が務め、栄えある5作品を選出した。

     

    グランプリ

    塵取り・箒「Chiritori×Houki」

    羅琪(ロ チ)

    ちりとりは、一本一本を手で松本箒の特別な形と合わせて形を整え、それに徳島の天然染料『藍』で染色したものです。箒は、第三代の職人さんが長年の経験を積み重ねた技術とこだわりをもって、自家栽培したホウキモロコシを材料として作った、世界で一つだけの箒です。箒の取手部分とちりとりを完璧に合わせるため、何度も微調整を繰り返すことで、唯一無二の吊れる松本箒ちりとりセットを生み出しました。

     

    準グランプリ

    漆芸「Ether」

    佐々木岳人

     

    【講評】
    伝統と革新。和文化の精神と本賞のパーパスが形になって現れたような作品である。ファスナーは開かない。表面は革製品に見えて、革ではない。蓋を開けると、艶やかな漆が広がる。思い込みはあっさりと裏切られた。そして触れる人、使う人の想像力を広げるパワーに満ちている。作り手はこの様子を想像して、にんまりしているのではないか。多くの気配りを施しながら、見事な匠の技が軽やかに決まっている。楽しい驚きを受けた。(田中里沙)

    酒器「和nagomiの酒器」

    藤田和

     

    【講評】
    アールヌーボーの、植物に対する観察や繊細な造形化を透明なガラスの生命感と重ねていく精神との共通点をもっている。「和なごみ」では植物の線的な表現はよりライトだがそれがいくつものレイヤーや形の重なりあいによって、その場の雰囲気に浸透していくような共鳴を生み出している。漆や箔などの伝統技法をさりげなく幾重にもつかいながら、そこに「植物という生」のいきづかいをもたらす。現代的なエコロジーのとりこみといえる。(長谷川祐子)

     

    優秀賞

    カウンターテーブル
    「Floating Boat Counter -舟のように浮かぶカウンターテーブル-」

    児玉理文(一級建築士)石川大樹(一級大工技能士/二級建築士)

     

    【講評】
    日本建築の伝統的技術である「舟肘木」をモチーフに、住まいの中心である家族のくつろぎの場所で建築と家具を一体化する実用性と日本の木構造の美しさを現代に生かした優れた作品である。舟肘木は日本の伝統的建築の中で住居系の建築、京都御所清涼殿、園城寺光浄院客殿等で使われ、寺社建築の斗栱とは異なる優美で品格のある構造意匠である。その美しく洗練された舟肘木をモチーフに建築と一体化したテーブルとして立体的に構成し、住まいの中心として家族が楽しく集まる美しい空間を作り出している。(堀越英嗣)


    折りたたみ式正座補助椅子
    「patol stool SEIZA」

    平山日用品店 平山和彦・真喜子

     

    【講評】
    折りたたみ式の正座補助椅子であり、すぐにでも実用化できそうなコンセプトで、審査員からも好評であった。畳文化を気軽に楽しむのには、うってつけの補助器具で、めっきり正座の機会の減った現代人には強い味方になりそうだ。椅子の高さやサイズ感、それに細かく折りたためる収納あたりが、いい塩梅で、今までにはなかったものである。身体のサイズに対応したバリエーションや蝶番のデザイン性の検討など、さらに美しくなる可能性を秘めた傑作である。(秋元雄史)

     

    日本の伝統文化と未来の伝統に繋がるアートワークから目が離せない。

     

  • NFTデジタルアイドルプロジェクト『Project B-idol』、アーティストコラボ第一弾発表

    05.September.2022 | MUSIC

    NFTデジタルアイドルプロジェクト『Project B-idol』のアーティストコラボが実施。第一弾として、いま世界で注目を集める音楽アーティストチームである「INIMI」プロデュースによる楽曲NFT「Lumière」が2022年9月1日(木)にリリースされた。

     

    NFTマーケットプレイス『PlayMining NFT Premier』にて、「Azure Melodies」のメンバーが歌うアーティストコラボやコミュニティ発の楽曲など、様々なテーマの楽曲が数量限定で公開されている。また、楽曲NFTを所持することで、『Project B-idol』の活動方針等を決める投票を通じて、彼女たちのプロデュースに参加することも可能だ。

     

    この楽曲NFTは、BNBチェーンに対応したNFTマーケットプレイス『PlayMining NFT Premier』にて数量限定での販売となるのでお見逃しなく。

     

  • 『初音ミク』デビュー15周年を記念した伝統工芸・江戸切子グラス登場

    28.August.2022 | ANIME&GAME / FASHION

    日本を代表するバーチャル・シンガー『初音ミク』のデビュー15周年を記念した「初音ミク デビュー15周年記念 江戸切子グラス」が、2022年8月17日(水)より、390点限定でPREMICOオンラインショップにて販売開始した。

     

    『初音ミク』をイメージした特注のブルーグリーンの色被せガラスに、透明感のある歌声を精緻な文様で表現。江戸切子は国の伝統的工芸品にも指定されているガラス工芸。光を透過して煌めく美しい表情は、ガラスのアートとなっている。「江戸切子協同組合」に加盟する老舗工房の職人により、一点一点、手作業で作られている。

     

     

    特製桐箱に収めて届けられる、江戸切子グラスはイラストレーター・岩十氏による、本商品のための描き下ろしイラストを使用したアクリル展示台が付属している。

     

     

     

     

     

    今しか手にはいらないスペシャル江戸切子グラスをお見逃しなく。

     

     

    Art by 岩十 (c) Crypton Future Media, INC. www.piapro.net

  • GARNiDELiA、数々のステージ衣装をモチーフにしたNFTアートプロジェクト始動

    27.August.2022 | FASHION

    GARNiDELiAが「GARNiDELiA 3.0プロジェクト」と題して、数々のステージ衣装をモチーフとしたNFTアートのプロジェクトをスタートすることを発表した。
    今回は、Web3.0ファンベースプロジェクトであるFever of Unknown Origin(FUO)とのコラボレーションによるもので、世界的に有名なイラストレーター・YULIAがGARNiDELiAのステージ衣装の世界観からインスパイアされた架空のキャラクターのイラストを制作した。
    購入者はイラストを自身のSNSプロフィール画像に設定できるなど、GARNiDELiAファンはもちろん、世界中のジャパニーズ・カルチャー愛好家にも支持されるであろうNFTアートコンテンツとしてリリースされる。



    また、本プロジェクトの始動と、結成12周年を2022年9月11日(日)に迎えることを受けて、ラフォーレ原宿で9月5日(月)から9月16日(金)までの期間限定でFever of Unknown Origin(FUO)プロジェクト主催のポップアップショップが開催されることも決定した。GARNiDELiAブースでは実際に着用した衣装の展示やライブ映像が放映される予定なのでお楽しみに。

    同ポップアップショップでは「イラストレーターNAPPY×デザイナーAnkin」コラボアイテムなども同時開催となっているので、最先端のポップカルチャーを体感しよう。

     

  • 「1BLOCK」と若き日のルパンたちを描いた「LUPIN THE ⅢRD」シリーズのコラボNFTが即日完売

    23.August.2022 | FASHION

    米国はロサンゼルスと日本は東京に本拠を持ち、web3クリエイティブスタジオ「1BLOCK」を展開する株式会社1SECは、2022年8月12日(金)に、株式会社トムス・エンタテインメントがプロデュースする「LUPIN THE ⅢRD」シリーズとコラボレーションした、3D NFTコレクション「LUPIN THE ⅢRD×MetaSamurai」とバーチャルスニーカー「LUPIN THE ⅢRD×AIR SMOKE ZERO」を販売した。



    販売開始から全てのNFTが即日完売し、世界最大規模のNFTマーケットプレイスOpenSeaのコレクション部門(イーサリアム)において、過去24時間の取扱高で一時、世界ランキング7位にランクインした。1点の価格も販売当初から約4倍の価格で取引されている。

     

    「LUPIN THE ⅢRD×MetaSamurai」、「LUPIN THE ⅢRD×AIR SMOKE ZERO」は、「ルパン三世」の原点をリビルドし、若き日のルパンたちを描いた小池健監督作品「LUPIN THE ⅢRD」シリーズを軸にデザインされており、コレクションアイテムはいずれも1点物の「NFT」として発行され、世界で1つしかない貴重な作品となる。
    また、今回のコラボレーションを記念して8月19日(金)に1BLOCKが運営する3D NFTコレクションの”MetaSamurai”ホルダーを対象に記念NFTがエアドロップされた。詳細は1BLOCKのDiscordサーバーにて確認しよう。

     

  • 土屋鞄が手掛ける「ガラス器」の専門店「TSUCHI-YA」が浅草・かっぱ橋道具街通りにオープン

    22.August.2022 | FASHION / SPOT

    土屋鞄製造所は、グラスを中心とするガラスの器と工芸を取り扱う専門店「TSUCHI-YA(つちや)」をプロデュース。東京・浅草のかっぱ橋道具街通りに「TSUCHI-YA(つちや) 浅草合羽橋本店」を2022年8月18日(木)にオープンした。

     

    「TSUCHI-YA(つちや)」では、ものづくりにこだわっている全国13都道県の工房やアトリエで活躍する、“ガラス工芸の作り手”35人以上の作品を購入することができる。

    取り揃えるアイテムのコンセプトは、「コップ一杯の水を、ガラスで美しく。」日常使いしやすい透明度の高いグラスを多く揃え、フォルムや表面に施したカットの美しさと、注ぐドリンクの色味の双方を楽しめる逸品が並ぶ。

     

    一つ一つ表情が異なるハンドメイドならでは個性や色味と、モダンなデザインが特徴のガラス器に加え、高度な技術と自由な発想を取り入れ、伝統文様を現代風にアレンジした日常使いしやすい切子などが登場。

     

    各製品の技法も多彩だ。ガラスをカットして繊細な細工を施す「切子」のほか、砂を吹き付け表面を削り緻密な模様を描く「サンドブラスト」、息を吹き込み成型する「吹きグラス」など、様々な製法で手作りされる逸品をラインアップする。

     

    使用済みの瓶を溶かしたリサイクルガラスを採用した、沖縄の伝統工芸品の琉球ガラスや、木や革などの端材を利用したコースターなどサステナブルなアイテムにも注目してほしい。

     

    内装デザインは土屋鞄の店舗も手掛けるクリエイティブチームが担当。1階はダークな色調で透明なグラス器をより美しく魅せる。2階は、天井と壁、床一面を白で統一した高級感のあるギャラリーで、カラフルな切子のグラスやアクセサリーのほか、花器やオブジェなど芸術的な製品を販売。

     

    「TSUCHI-YA」は、土屋鞄が育んできた“ものづくりへの想い”を込めたショップ名で、丁寧な手作業による“日本製のガラス器”の魅力を発信する専門店としてローンチした。開業の背景には、土屋鞄が掲げる『人とものと時間を大切にする、日本の「丁寧」を世界へ。』というビジョンがある。

     

    伝統工芸士の切子職人や国内外で活躍するガラス作家ら35人以上による、現代のライフスタイルと日常になじむデザインのガラス器とガラス工芸をその目で確かめてみて。

     

  • 長編アニメ「雨を告げる漂流団地」NFTでアニメを盛り上げるOtaku Culture Studioとのコラボ決定

    18.August.2022 | ANIME&GAME

    2018年『ペンギン・ハイウェイ』で第42回日本アカデミー賞優秀アニメーション作品賞、ファンタジア国際映画祭 今敏賞(ベストアニメーション賞)を受賞。2020年『泣きたい私は猫をかぶる』がNetflixにて全世界独占配信され、世界30カ国以上で再生回数の多い映画ランキングTOP10に入るなど、全世界からの賞賛を浴びたアニメーションスタジオ「スタジオコロリド」。その待望の新作長編アニメーション映画第3弾「雨を告げる漂流団地」が2022年9月16日(金)よりNetflixにて全世界独占配信&日本全国ロードショーとなる。

     

    この度、Web3事業として立ち上がったNFTプロジェクト「Otaku Culture Studio」の第一弾として「雨を告げる漂流団地」の発売が決定となった。

    NFTで日本アニメを盛り上げるOtaku Culture Studioとは、日本のアニメ・マンガ・ゲームコンテンツをWeb3.0化して、ファンとクリエイターが共に作品を盛り上げる世界を目指し、Otaku Culture Studioを通じて才能あるクリエイターを支援。ファンが制作に関われる機会を創造するプロジェクト。既にさまざまな日本コンテンツとのNFTコラボが決定しており、日本産コンテンツの魅力を、このプロジェクトを通してグローバルに発信している。

     

    Otaku Culture Studioで販売するNFTには、ARアプリで表示できるオリジナルARフィギュアが付属したり、NFT保有者限定のコミュニティに招待するなどの特典があるほか、NFT保有者限定グッズの制作・販売なども検討されているそう。詳細はぜひ販売サイトでチェックしてみてほしい。

     

    ©コロリド・ツインエンジンパートナーズ

  • テレビアニメ「鬼滅の刃」を日本の伝統工芸技術で表現!彫金マグネット&彫金ステッカー発売

    10.July.2022 | ANIME&GAME / FASHION

    サンスター文具株式会社は、テレビアニメ「鬼滅の刃」に日本の伝統工芸である「彫金」と「七宝焼」の技術を応用した新しい美術工芸品『彫金マグネット』『彫金ステッカー』を、2022年7月下旬に発売する。

     

     

    テレビアニメ『鬼滅の刃』 彫金マグネット 1,320円(税込)

     

     

    「彫金メタルアート -CHOKIN METAL ART-」シリーズとは、日本の伝統工芸である『彫金(ちょうきん)』と『七宝(しっぽう)』を融合させた新しい美術工芸品。

    古くは兜、日本刀の装飾であった彫金技術を独自に解釈し発展させ、人物やキャラクターの表情、凹凸を彫刻で表現した。ただのエンボス加工では無く、職人の手によりミリ単位で絵柄と彫刻を合わせ、デザインを立体的に浮かび上がらせる。

    日本の工芸技術の『七宝焼』の色の焼き付け技術を応用し、従来の印刷技術では表現できない陶器のような独特な色合いの表現を可能にしている。

     

    テレビアニメ『鬼滅の刃』 彫金ステッカー 1,100円(税込)

     

    素材は、国産高級車にも使用される、純度99%以上の高純度アルミを使用。不純物が含まれない高純度アルミにより、普通の紙の印刷では表現できない美しいメタリックな表現が可能となった。

     

    今回は彫金マグネットと彫金ステッカーの2アイテム各7柄を発売。柄は「竈門炭治郎」「竈門禰豆子」「我妻善逸」「嘴平伊之助」「胡蝶しのぶ」「冨岡義勇」「煉獄杏寿郎」の全7柄となっており、2アイテム共通デザインとなる。

     

    *禰豆子の「禰」は「ネ+爾」が正しい表記となります。

    *煉獄の「煉」は「火+東」が正しい表記となります。

     

    ©吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

     

  • 世界最⼤級のクリエイターSNS「Behance」にて⽇本の伝統⽂化を発信するプロジェクトスタート

    29.June.2022 | FASHION

    アドビが運営するクリエイターが⾃⾝の作品を公開している世界最⼤級ソーシャルネットワークサービス「Behance」を使って、⽇本の伝統⽂化および伝統⼯芸を世界に発信するプロジェクトがスタートした。NFT に対応する Behance で作品を紹介し、伝統⼯芸を⽣み出す職⼈たちへの新たな収益モデルの確⽴を目指す。

     

    ⽇本には世界に誇るべき素晴らしい伝統⼯芸が多数ある。⼀⽅で、地域の伝統的なものづくり産業のデジタル化や、海外市場への情報発信はまだまだ課題が多く残っている。

     

    ⽇本政策投資銀⾏が 2018 年に発表した『地域伝統ものづくり産業の活性化調査』によると、1980 年頃に ⽇本の伝統⼯芸の⽣産額がピークを迎えた。それ以降、バブル崩壊による不景気や安価な海外製品の台頭、ライフスタイルの変化によって ⽣産額は年々減少している。現在はピーク時と⽐較すると、5分の1、約1,000億円程度の⽣産額に落ち込んだ。また、従事者も⾼齢化しており、職⼈技術の継承が困難になっているのが現状だ。

     

    Behance では、作品から刺激を受けたり、ヒントを得たりするだけでなく、⾃分の作品を公開して評価やコメントをもらうこともできる。企業のマーケターたちもキャンペーンやコラボレーションを実施する際にクリエイターを Behance で探しており、過去には Behance に作品をアップしていた⽇本のクリエイターがニューヨークタイムスの表紙のイラスト制作を依頼された。

     

    厳しい状況の中で挑み続ける⽇本の伝統⼯芸の魅力を発信し、さらなる活躍をサポートするプロジェクトから目が離せない。

     

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US