KAWAII LAB.連載10 夏休みジッパー!

19.August.2022 | MUSIC

もしもしにっぽんをご覧のみなさま、はじめまして!KAWAII LAB.総合プロデューサーの木村ミサです。

 

先日、8月9日(火)わたしがプロデュースしているグループ、FRUITS ZIPPERの単独公演「夏休みジッパー!」が横浜1000CLUBで開催されました。

FRUITS ZIPPERは月1で定期公演を開催しているのですが、ありがたいことに毎回即完売で、めちゃくちゃ嬉しい悲鳴・・・!ですが、少しでも多くの方に単独公演を観ていただきたいという思いから、今回の夏休みジッパー!の開催に至ったのです。今回の連載は、夏休みジッパー!を振り返る回にしたいとおもいます。最後までお付き合いください!

 

今回のライブのテーマは、「夏休み」。ずっと楽しい気持ちが途切れないまま、最後まで駆け抜けよう!ということで、MCパートを少なめに、自己紹介も曲中の演出として組み込むこと、そして、単独公演では一番の大きな会場でのライブ。FRUITS ZIPPERの定期公演では、毎回違った公演にしているので、今回もなにか新しいことがしたいと思い考えたのがレーザー演出。

今まで取り入れたことなかったのですが、今回は大きい会場ですし、絶対映える!と導入したのです!

 

 

そんな今回のセットリストはこちら。

 

SE long ver.

1 We are Frontier

2 Re→TRY & FLY

3 ふれふるサマー! 自己紹介ver.

4 君の明るい未来を追いかけて

MC

5 わたしの一番かわいいところ

6 skyfeelan

〜夏休みジッパー!スッペシャルレーザーショー〜

7 RADIO GALAXY

8 完璧主義で☆

 

アンコール

わたしの一番かわいいところ

ふれふるサマー!

 

序盤のSEからレーザーバッキバキのバッチバチ(るなぴボイス)にしたくて、特別にロングバージョンを作っていただきました。最初はバッキバキのバッチバチに魅せるかっこいい楽曲を。そして、FRUITS ZIPPERの夏曲「ふれふるサマー!」ではサンバのリズムに合わせて自己紹介!メンバーそれぞれの個性が光りまくってて、めちゃくちゃ良かったのではないでしょうか!個人的には、夏休みジッパー!のリハが始まってから、「オレンジ担当の鎮西寿々歌です」が頭から離れなくて大変でした。文章だと伝わりにくいので、なんのこっちゃわからない方は是非おすずに聞いてみてください。

そして、「ふれふるサマー!」では一体感がほしくて、サビのコーラスを厚めにして、煽りまくるようになりました!メンバーそれぞれの煽りも楽しみにしながら一緒にタオルぶん回してくれたら嬉しいです。

 

後半戦では、RADIO GALAXYのスッペシャルなレーザーショーを。リハーサルで見させていただいたのですが、メンバーと一緒に大興奮!メンバーがステージからいなくなってもふるっぱー↑の方々の高まりと途切れさせないように、めっちゃかっこいい中にもかわいさがあるFRUITS ZIPPERらしいNEW KAWAII 演出にしていただきました♡

アンコールの「わたしの一番かわいいところ」では、少し砕けてやってみよう!ということで、すこしラフなバージョンでお届けしましたがいかがでしたか?

ハイライトは最初の櫻井優衣のパートですかね。きっとそこでメンバー全員がいい意味で砕けることに徹することができた気がします。ありがとう、ゆいちゃん。

 

今までなかったことに挑戦してみた夏休みジッパー!、夏休みといいつつ、平日にも関わらずありがたいことにSOLD OUTでたくさんの方が来てくれて、楽しかったと感想を教えてくれてとっても嬉しかったです。FRUITS ZIPPERは、ライブで楽しませることを大事にしているので、ワンマン前の単独公演として意味のあるものになったのではないでしょうか。もうすぐに9/121stワンマンライブです。まだまだ止まらずに、夏を駆け抜けてワンマンライブに向けて走り続けていきます。

書き足りないこともたくさんですが今回はここまでに。それでは、またお会いしましょう♡

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

RELATED ENTRIES

  • FRUITS ZIPPERライブレポート「きっかけは自分で見つけるもの」決意を胸に踏み出した世界進出への第一歩

    16.September.2022 | MUSIC

    TikTokで「わたしの一番かわいいところ」が楽曲視聴数5億回と、この夏バズっている7人組アイドルグループ・FRUITS ZIPPERの「1stワンマンライブ 〜KIKKAKE〜」が、9月12日(月)に恵比寿LIQUIDROOMで開催された。

     

    アソビシステムのアイドルプロジェクト「KAWAII LAB.」から、4月にデビューしたばかりのFRUITS ZIPPERだが、この日のチケットはソールドアウト。「実を結ぶ=FRUIT」に、「元気を与える=ZIP」を組み合わせたグループ名が示すように、短期間で数多のライブを経験し、多くの観客に元気を与えた7人。この暑い夏を乗り越えた彼女たちの努力が、満員の観客という形で実を結んだのだ。

     

    会場が暗転すると、ファンの持つペンライトによって、フロアはメンバーカラーの7色に染まる。ステージに設置されたスクリーンにVTRが流れ、ひとりずつ、ステージに立つことの意味を語る。

     

    「アイドルという存在に救われてきたんです。自分も誰かにとってそういう存在になれたらいいなと思って」(月足天音)

    「キラキラになりたかった。一生懸命がんばりたい」(松本かれん)

    「いろんなカルチャーからパワーをもらった原宿という街。私も誰かのパワースポットになりたい」(真中まな)

    「何度も諦めた夢。ここでなら叶えられると思った。大好きなアイドル、大きく羽ばたきたい!」(櫻井優衣)

    「小さい頃からすぐそばに音楽があって、音楽とずっと関わり続けられる場所を探していたら、FRUITS ZIPPERに出会った」(早瀬ノエル)

    「ずっと私がアイドルとして飛躍することを応援してくれていたファンの人たち」(仲川瑠夏)

    「あのときたしかにそう思った。アイドルをやるまで死ねないって」(鎮西寿々歌)

     

    櫻井と仲川の、かつてアイドルとして経験した挫折を乗り越え、再びここに立っているという決意。月足と真中の「恩返し」の心。松本と早瀬の純粋な願い。そして鎮西の覚悟。彼女たちひとりひとりの思いの切実さが伝わってくる。
    クラップのリズムにあわせ、ステージに現れた7人。SEのEDMサウンドに合わせて舞い、円陣を組み、合わせた手を離すと、全員が花びらのように散っていき、笑顔を振りまいた。

     

    オープニングを飾るのは王道アイドルソング「skyfeelan」。メンバーのツイートをもとに作詞されたこの楽曲。7人は自分の実感のこもった言葉を歌いあげる。初ワンマンライブにも関わらず、硬さはまったく感じられず、しなやかに楽しむ姿が頼もしい。

    続く「君の明るい未来を追いかけて」も爽やかなナンバー。ファンも一緒にサビの振りを踊り、7色のペンライトがフロアのそこかしこで煌めく。

    MCでは櫻井が「今年の4月にデビューしてから4ヶ月半経ったんですけど、全員で今日この日を目標に頑張ってきました。満員のLIQUIDROOMで、私たちの集大成を見せたいです!」と語る。マルチリンガルの早瀬は、配信を通して英語で海外のファンに“NEW KAWAII”を発信した。

    MC明けは、オープニングのアイドル感満載なイメージから一点、「Re→TRY & FLY」「We are Frontier」というクールな楽曲をパフォーマンス。強烈な重低音にも負けない彼女たちの歌声に圧倒される。照明と映像の力も借りながら、楽曲の世界観を柔軟に表現するFRUITS ZIPPER。たった4曲で“NEW KAWAII”を体現してみせた。

     

    メンバーが一旦ステージを後にすると、スクリーンで突如ラジオ番組(?)「ふるっぱーなう」がスタート。この日のライブタイトルにちなみ、「KIKKAKE振り返りコーナー」が行われた。それぞれのメンバーが「FRUITS ZIPPERの活動がきっかけ(KIKKAKE)で変わったこと」をテーマに話した。

    最年少17歳の早瀬は、日傘や日焼け止めを使うようになり、メイクも覚えたと語り、かわいらしさ満点。一方、年長組の真中は「人を信頼して任せることも伸びるための1つ」という実感のこもった気づきを明かし、鎮西は「私たちだけじゃ何の意味もないから。聞いてくれる人、観てくれる人がいるから、意味がある」と気づいたと語る。

    他のメンバーの「変わったこと」も、「社交的になった」(櫻井)「早起きできるようになった」(松本)、「マイクがぶれなくなった」(月足)「エゴサするようになった」(仲川)とユニーク。メンバーの個性の振り幅が大きいのも、FRUITS ZIPPERの魅力だ。

    ラジオが終わると、新衣装を身にまとったメンバーが新曲「世界はキミからはじまる」を初披露。煌めきと切なさが同居したメロディーが印象的なこの楽曲。

    “これからもさっきもずっと一緒だって/忘れられないよう刻むんだ/何度も何度も何度も何度も/何度だって伝えるよ”というフレーズは、FRUITS ZIPPERとファンがこれから紡ぐ数多の思い出について歌っているようだ。

    パフォーマンス後のトークでは、鎮西が「初披露の新曲、『世界はキミから始まる』…」と言った瞬間「始まる」の部分が、ディレイして繰り返し流れてしまうハプニングも。しかしそんなトラブルも鎮西は「どうしよう、次元超えた?」と笑いに変えてしまう頼もしさを見せた。

     

    そしてライブは後半戦へ。マフラータオルを振り回す夏曲「ふれふるサマー!」では、間奏のサンバのリズムに合わせておどけるメンバーがキュートだ。

    続いて、松本が「わたしの一番かわいいところ」と言うと、FRUITS ZIPPERの存在を知らしめたこのアンセムに会場がどよめく。この夏、たくさんの人びとのかわいさを引き出したこの曲だが、本家のかわいさはファンをノックアウトするには、あまりある破壊力だった。

     

    「完璧主義で✩」では、“世界に飛んでいきたいの”、“休むヒマはない”とFRUITS ZIPPERの決意を歌い上げる。そして本編ラストは「RADIO GALAXY」。アレンジ、テンポ、メロディーが万華鏡のように次々と変化していく難易度高いこの楽曲も、余裕で歌い踊る7人が頼もしい。

    鳴り止まない手拍子に応え、ステージに現れたメンバーは、再び新曲「世界はキミからはじまる」をパフォーマンス。その後、雑誌『B.L.T.』でFRUITS ZIPPERの密着連載がスタートすること、そして11月11日に2ndワンマンライブが渋谷 WWW Xで開催すると発表した。

     

    最後のMCで、メンバーそれぞれがこの日のライブの感想を語る。

     

    真中「ここにいるみなさんの視線をこうやって感じてると、より強く、FRUITS ZIPPERとしてひとつになって、これからも活動していきたいと改めて思える、そんな一日でした」

    櫻井「FRUITS ZIPPERに入ってから、たくさんの応援してくださるみなさんがいることを実感することも増えて、私もいつか誰かのきっかけに、誰かがアイドルになりたいって思えるきっかけになれたらいいなって思う気持ちも出てきました」

    仲川「いろんな世界中の(ライブハウスの)楽屋の壁にサインをたくさんいっぱい書いていけるように頑張っていきます」

    月足「この夏満足感と充実感がすごいあって幸せだったので、これからFRUITS ZIPPERとみんなで素敵な季節、四季を過ごしていけたらなって思っています」

    早瀬「FRUITS ZIPPERに入って、きっかけは自分で見つけるものなんだって気づきました。これからもいろんなきっかけとかチャンスを見逃さずに、もっともっと大きな自分になって行けたらなって思います」

    松本「これからはかれんが楽しいって思うだけじゃなくて、みんなが楽しいなって楽しませられるアイドルになりたいなって思います。これからも一生懸命頑張るので見ててください」

    鎮西「私はみんなのおかげで日々支えられて前を向いて生きているので、みんなにとっても、私たちがそういう存在であってくれたらって。お互いにそういう関係にこれからもなっていけたらなって強く心から思います」

    真中や松本、鎮西は感極まって泣き出しそうになる瞬間も。しかし、7人ともしっかりと自分の言葉でファンと対話できる強さを感じさせた。

     

    そして最後は、代表曲「わたしの一番かわいいところ」をパフォーマンス。キャノン砲で色とりどりの紙テープが舞い、7色に染まるフロアをさらに鮮やかに彩った。

    最後に鎮西は「私たちFRUITS ZIPPERは『原宿から世界へ』をモットーに、これからも駆け抜けていくので、今後とも応援よろしくおねがいします」と挨拶。

    この勢いそのままに、FRUITS ZIPPERは、さらなる高みへと駆け上がっていくだろう。7人の煌めきが加速していくにつれ、“嘘じゃない瞬間”を積み重ね、世界を色鮮やかに染めていく。そんなFRUITS ZIPPERの快進撃を目撃するきっかけを見逃さないでほしい。

     

    このライブの模様はZAIKOにてアーカイブ配信中。

    text:安里和哲
    photo:Masayo

  • アイドル界の新星・FRUITS ZIPPERが7thシングル「We are Frontier」リリース

    06.September.2022 | MUSIC

    今年春にリリースした「わたしの一番かわいいところ」がTikTokを中心に人気となり、MVはYouTubeで230万回再生を突破。TikTokでの楽曲再生数が4.5億回を超えるなど、注目度が高まるアイドルグループFRUITS ZIPPERが、4曲連続リリースの第3弾となるニューシングル「We are Frontier」を2022年9月2日(金)より配信開始した。

     

    本作は、「君の明るい未来を追いかけて」や「skyfeelan」など、FRUITS ZIPPERの楽曲を多数手がける早川博隆がプロデュース。普段の“かわいい”曲ではなく、アイドル界という大海原を突き進むFRUITS IPPERの強い意志を歌った、グループ史上一番“かっこいい”楽曲となっている。

     

    また、9月12日(月)に恵比寿LIQUIDROOMで開催される「FRUITS ZIPPER 1st ワンマンライブ 〜KIKKAKE〜」の詳細も発表された。チケットはVIP、一般前売りともに販売直後に完売したが、ファンの熱いリクエストに応えてZAIKOでの生配信が決定。配信チケットは現在販売中なのでお見逃しなく!

     

  • あいみょん、ツアー『AIMYON TOUR 2022 “ま・あ・る”』のツアーファイナルを大阪城ホールで開催

    06.September.2022 | MUSIC

    2022年8月31日、あいみょんが自身にとって過去最大規模となるアリーナツアー『AIMYON TOUR 2022 “ま・あ・る”』のツアーファイナルを大阪城ホールで開催した。全国14都市28公演が行われた今回のツアーは4月16日に兵庫・ワールド記念ホールからスタートし、当初は7月24日の神奈川・ぴあアリーナMMがファイナルとなる予定だったが、新型コロナウィルス感染症の影響を受けて大阪と名古屋での公演が延期に。結果として5ヶ月間に渡って全国を回り、再び関西に戻って、遂に大団円を迎えた。

     

     

    マーチングのリズムに導かれての幻想的なオープニングから始まった一曲目は“マシマロ”。勢い良くステージに飛び出してきたあいみょんは、軽快なリズムに乗って、ステージを飛び跳ねながらハンドマイクで歌う。ピンクの照明に照らされた“桜が降る夜は”からはアコギを持ち、3曲目で早くも“マリーゴールド”が披露されると、サビではオーディエンスが一斉に手を振って、早速一体感が生まれて行く。

     

     

    「大阪ファイナルにようこそ!」と呼びかけて、大きな拍手が起こると、 “今夜このまま”を披露。次の“プレゼント”では耳に残るギターフレーズが繰り返され、フォーキーな“ハッピー”ではオルガンがフィーチャーされたりと、バンドメンバーと息の合った演奏を見せつつ、その中心にあるのはあくまであいみょんの歌。消えることのない音楽への愛情を綴った“愛を知るまでは”のボーカルは非常に凛々しく、大サビの頭でブレイクして歌が残る場面は、グッと心をつかまれるものがあった。

     

     

    あいみょんのライブは、MCでのオーディエンスとのコミュニケーションも大きな魅力。今回のツアーではあいみょんの目に留まったオーディエンスをズームアップしてスクリーンに映し出す特別な双眼鏡が用意され、歴代のツアータオルを掲げたり、コミカルな動きでアピールするオーディエンスに対し、ときに感謝を伝え、ときに関西ノリで突っ込んだりするやりとりが実に楽しい。

     

     

    今回のツアー中に発表された最新シングル“初恋が泣いている”では映像演出を使用。円形の枠内にメンバーが映し出された“ユラユラ”に続いては、ドラムとパーカッションのスリリングなセッションから“鯉”に突入して、カラフルな映像がアッパーな曲調をさらに盛り上げる。艶っぽいアカペラから始まった “スーパーガール”は、モノクロの映像がアダルトでムーディーな雰囲気を強調し、サイケデリックな間奏も強烈。“愛を伝えたいだとか”ではステージの両サイドに伸びた花道を使い、オーディエンスとより近い距離で熱量の高いパフォーマンスを繰り広げた。

     

    「今回のツアーでこの曲は必ずやりたいと思った」という“◯◯ちゃん”から後半戦がスタート。アウトロのエモーショナルな盛り上がりから一転、あいみょんが一人ステージに残って披露されたのは、真骨頂とも言うべき弾き語りでの“君がいない夜を越えられやしない”。薄暗い照明の中で歌われる歌謡曲的なメロディーのセンスが抜群だ。さらに“生きていたんだよな”はあいみょんとドラマーの2人だけで演奏し、ソリッドで攻撃的な歌とビートの組み合わせに痺れる。ここから再び雰囲気が変わって、メランコリックな“ひかりもの”を届けると、続いてピアノをフィーチャーした“裸の心”を歌唱。切々と歌われるせつない恋心が胸を打ち、場内は温かな拍手に包まれた。

     

     

    ツアーを一緒に回ってきたバンドメンバーを紹介し、「ここから徐々にみんなと上がって行けたらいいなと思ってます」と呼びかけると、まずはバンド感たっぷりに“ジェニファー”を演奏。「次はみんなの声でアレを聴きたいけど、今日は私に任せて」と言って始まった“ふたりの世界”からは再び花道を行き来して、“夢追いベンガル”で一気に場内はヒートアップ。 “貴方解剖純愛歌”が始まると会場中からクラップが起こり、このときのあいみょんはまさにロックスター。場内に感動的な一体感が生まれた“君はロックを聴かない”では、あいみょんの表情からもこみ上げるものが感じられた。

     

    「まだまだ完璧とは言えないですけど、こうやって100%お客さんが入れられるようになって、みんなと熱い空間を過ごせることがホンマに幸せです。でもここに立てるのは絶対に自分の力だけじゃなくて、一緒にライブを作ってくれてるみなさんのおかげやと思ってます」と感謝を伝えると、高ぶった気持ちを一旦クールダウンするかのように“ハート”をしっとりと届けて、重厚なイントロからこの日最後に演奏されたのは〈君も大人になったら恋をするんだよ〉とポジティブなフィーリングを伝える“双葉”。長かったツアーに想いを馳せながらも、最後は笑顔で歌い切った。

     

     

    花道を回りながら名残惜しそうに挨拶をして、「最高のファイナルでした。ホンマにありがとう」ともう一度感謝を伝えてステージを下りると、あいみょんの自筆による「まある完走 みんなほんまに ありがとう!!」という言葉がスクリーン全面に映し出され、過去最大規模にして過去最高に濃密なツアーが幕を閉じた。

     

    TEXT 金子厚武

    PHOTO 永峰拓也

  • アソビシステムが日本で成長を続けてきたアイドル文化を世界に向けて発信する新プロジェクト「KAWAII LAB.」に所属する「IDOLATER(アイドレイター)」は伏木結晶乃、奥田彩友、月代来実、大石楓夏、砂月凜々香の計5人のメンバーで活動している。

     

    今回は2022年8月31日(水)にリリースした「Endless Summer」についてスタッフが紹介します。

     

    「Endless Summer」は5人体制となったIDOLATERにとって初めての楽曲リリースで、以前体制を変更した2021年6月に発表した「DIAMOND」を意識して制作された楽曲です。

     

    テンポの良い四つ打ちを軸に構成された楽曲は今までのIDOLATERには無い軽快さで、メンバーの中でも特に歌唱力に定評がある伏木結晶乃と砂月凜々香の歌声を存分に堪能できる楽曲となっています。

    また、メンバーから今までの夏の思い出をヒアリングし、メンバーそれぞれの夏の思い出が散りばめられた歌詞にも注目です。

     

    「Endless Summer」は8月21日(日)の砂月凜々香生誕祭で初披露しました。

    サビはファンの方も一緒に縦ノリできる曲です。ぜひライブでお待ちしております!

     

    来週はFRUITS ZIPPERが担当します。

    次回のIDOLATER連載もお楽しみに!

     

  • FRUITS ZIPPER初サブスクコミュニティチャンネル『集まれ☆ふるっぱー!』開設

    26.August.2022 | MUSIC

    動画配信プラットフォーム「OPENREC.tv(オープンレックティービー)」にて、アイドルグループ「FRUITS ZIPPER」による初のサブスクコミュニティチャンネル『集まれ☆ふるっぱー!』の開設が決定した。

    初回放送日は、2022年9月1日(木)20時よりスタート。前半の一部は誰でも無料で視聴できるのでお見逃しなく。

     

    また、開設記念第一弾として「サイン付きグループショットチェキ」が当たる「フォロー&RT」キャンペーンも実施される。第二弾、第三弾もキャンペーンが用意されているのでお楽しみに!

     

     

    開設記念 第一弾『サイン付きグループショットチェキが当たるフォロー&RTキャンペーン』

    FRUITS ZIPPER公式Twitterをフォローし、「#集まれふるっぱー」をつけて、チャンネルでやってほしいことを引用RTした人の中から抽選で「サイン付きグループショットチェキ」がプレゼントされる。

    ・FRUITS ZIPPER 公式Twitterアカウント
    https://twitter.com/FRUITS_ZIPPER
    ※第一弾キャンペーンの投稿はFRUIT ZIPPER 公式アカウントにて投稿。それを引用RTしよう。


    ・プレゼント枚数

    RT数に応じてプレゼント数が変動する。
    RT〜100:3点
    RT100〜200:4点
    RT200〜300:5点
    RT300〜:10点

  • TVアニメ『CUE!』メインキャラクターユニット「AiRBLUE」、リーディングライブ第7弾開催

    25.August.2022 | ANIME&GAME / MUSIC

    2022年1月~6月に放送されたTVアニメ『CUE!』のメインキャラクターたちによるユニット「AiRBLUE」が出演するイベント「CUE! Reading Live vol.7~Bird~」が、2022年8月7日(土)に、東京・山野ホールにて開催された。

    朗読パートとライブパートで構成されるリーディングライブ第7弾には、鷹村彩花(天童悠希 役)、宮原颯希(赤川千紗 役)、飯塚麻結(恵庭あいり 役)、村上まなつ(九条柚葉 役)ら「Bird」のメンバー4人が登場。『CUE!』ではおなじみのリーディングライブだが、TVアニメ放送後は初の開催で、「Bird」のメンバーは昨年12月以来の登場となった。

     


    メンバー4人は、白をベースにそれぞれのキャラクターカラーをあしらった衣装でステージに登場。観客への挨拶を済ませると、ステージにて早速朗読パートへと突入した。
    朗読パートでは、ライブのために大阪に向かう新幹線の車中でのハプニングを中心に描いたオリジナルエピソードを披露。4人それぞれの個性が存分に詰め込まれたストーリーと4人の熱演が観客を引き込んでいく。そして、朗読パートの途中には、「Bird」の4人がアニメ作中にて結成したユニット“Chun×4(フォーチュン)”の楽曲「We Can Fly!!!!」が、アニメの映像をバックに披露された。

     

    およそ50分にも及ぶ朗読パートに続く待望のライブパートでは、これまでにリリースされた「Bird」のチームシングルより、『ハミングバード』『ドリ☆アピ』を披露。可愛くも激しいダンスと歌で会場のテンションも一気に最高潮に達した。そしてラストは「にこにこワクワク最高潮!」を熱唱。最後に観客に感謝の気持ちを伝え、リーディングライブの幕を閉じた。



    2022年11月19日(土)にパシフィコ横浜で開催される4th LIVEでクライマックスを迎える「AiRBLUE」だが、9月には「Wind」、10月には「Moon」のリーディングライブを控えているほか、「TVアニメ『CUE!』~応援ありがとう!1on1個別お話し会~」の開催も予定されるなど、まだまだ盛りだくさんの展開が予定されているので、今後の活動もしっかりチェックしておこう。

  • FRUITS ZIPPER、夏の特別単独公演『FRUITS ZIPPER単独公演~夏休みジッパー!~』ライブレポート

    17.August.2022 | MUSIC

    アソビシステムが手掛けるアイドル文化を世界に向けて発信するプロジェクト「KAWAII LAB.」より誕生した、櫻井優衣、月足天音、松本かれん、早瀬ノエル、鎮西寿々歌、仲川瑠夏、真中まなの7人組アイドルグループ「FRUITS ZIPPER」(フルーツジッパー、通称:ふるっぱー)。
    “原宿から世界へ”をコンセプトに、多様なカルチャーの発信地、個性の集まるファッションの街・原宿から“NEW KAWAII”を発信していくことを掲げ、現在、「わたしの一番かわいいところ」がTikTokで累計2億回以上再生されるなど、デビューの前後から、“ブレイク必至のアイドル”として、活動をしている。

    そのFRUITS ZIPPERが、2022年8月9日(火)に『FRUITS ZIPPER単独公演~夏休みジッパー!~』を横浜1000CLUBにて開催。今回のLIVEは、夏フェスが続く中で、さらに夏を盛り上げようという意味合いと、9月12日(金)の恵比寿LIQUIDROOMでの1stワンマンLIVEに向けて、グループとしてさらに勢いを付けていくべく開催され、計10曲を披露して、観客を終始、虜にしていた。“今1番注目すべきアイドル”を見ようと、会場には多くの人が集まり、平日にも関わらず、チケットはSOLD OUT。ここからもFRUITS ZIPPERの勢いが伺える。

    開演時間になると、暗転して会場にレーザーが照射。色とりどりな照明が照らされた中で、特別なロングSEが流れた。綺麗な音色の後に、エレクトロニックなダンスサウンドとクラップ音で期待を煽るSE。そして、クラップ音に合わせて、メンバーがゆっくりと行進しながら登場し、サウンドに合わせて華麗に踊る。そして、LIVEがスタートした。
    この夏の単独公演の口火を切ったのは、楽曲「We are Frontier」。赤い照明がステージを照らす中、力強いサウンドに合わせて、熱唱をする7人。カッコ良く、綺麗に全身を使いながらキレキレのダンスを披露し、オーディエンスを魅了。ビートに乗りながら、エネルギッシュに歌い、踊る。そんな7人のパワーが溢れる、クールなパフォーマンスに魅了されて、体を揺らすオーディエンス。スタートから盛り上がりを見せた。

    続いて、楽曲「Re→TRY & FLY」を披露。こちらもクールな楽曲で、リズムに乗りながら端麗なパフォーマンスを魅せた。サビでは、拳を掲げながら、ステージ前方へ進む勇ましい姿を見せ、7人が美しいユニゾン歌唱を奏でた。このクールな世界観に浸るファンに、FRUITS ZIPPERの7人もどんどん気合が満ち溢れていく。

    スタートから熱いステージングを魅せるFRUITS ZIPPERだが、ここからさらにたたみかけた。夏曲の「ふれふるサマー!」では、タオルを持って振りながら、愉しげにパフォーマンス。曲中に自己紹介を行い、メンバーの個性を強調させた。タオルを振り回しながらステージを駆け回り、そのメンバーに合わせて、観客もタオル、サイリウムを振って反応し盛り上がっていた。夏に相応しいお祭りのようなステージで、会場はヒートアップ。
    綺麗なサウンドが特徴の「君の明るい未来を追いかけて」では、ジャンプをしたり、手を振ったり、観客に向かって指を差したりなど、キュートな様子を見せた。真摯に歌い上げながら踊って表現する姿に、FRUITS ZIPPERへの想いの強さを感じた。


     

    MCでは、鎮西寿々歌が「毎月定期公演を行っているんですけれど、ファンの皆様から『ちょっとチケットの抽選が当たらないんだけど』というお声を頂いたので、特別にここ横浜1000CLUBにてスペシャル公演を開催することになりました!」と今回この特別公演を開催する経緯と、平日にも関わらず、チケットSOLD OUT、多くの人に来てもらったことに大きな感謝を述べた。

    そしてLIVEも後半へ。話題沸騰中、多くの人々に聴かれ続け、累計でTikTok2億回も再生されている「わたしの一番かわいいところ」では、全面的にキュートなアクトを展開すると同時に7人それぞれの個性を輝かせた。ステップを踏みながら、ノリノリで踊っていく。クロスステップ、手を上げる、ターンなど、細部まで拘るダンスから、アクティブなダンスまで魅せた。ファンも大きく盛り上がり、愉しげな雰囲気へ。それぞれが、“わたしの一番かわいいところ”を見せつけ、7人が“世界で一番かわいい姿”を魅せて、ファンをさらに虜にしていった。続いて、綺麗なメロディーチューン「skyfeelan」を披露。時にファルセットを用いながら美しく歌唱。この歌声を持ち合わせるFRUITS ZIPPERに、大きなポテンシャルを感じた。

    そして、圧巻だったのがレーザーショーと題した特別演出だ。メンバーが一旦ステージから捌けた後、レーザーがステージに照射されながら、FRUITS ZIPPERのロゴやハートロゴが会場に映し出された。七色に光るレーザーと照明、そして重低音のEDM調のサウンドの中、メンバーが再度登場し、華麗に踊る。そして、次の曲「RADIO GALAXY」へ。「RADIO GALAXY」は、Kawaii Future Bassサウンドの楽曲で、ジャンプしたり、スローモーションになったりなど、緩急のあるアクトを展開。ラップパートや熱く歌い上げるパートがあるなど、多種に渡り楽しみが多い楽曲に、愉しげにするメンバーとファン。その関係がとても素晴らしい。

    本編最後の楽曲は「完璧主義で☆」。疾走感溢れるナンバーに対して、全員でステージを横移動したり、2人で大きなハートを作ったり、ピースしたりと、可憐なパフォーマンスを披露。「大丈夫」「いつも真っ直ぐにいられるのは 君がいるから」「すぐそばにいてね」という歌詞にある通り、FRUITS ZIPPERについてきて欲しいと意思表明をすると同時に安心感をも作り出し、その思いの丈をパフォーマンスに宿らせた。

    本編を終え、会場にはステージを去った7人にファンからのアンコールが響いた。アンコールでは、本編でも披露した「わたしの一番かわいいところ」 「ふれふるサマー!」を再び披露。会場の熱量は最高潮へと達し、『FRUITS ZIPPER単独公演~夏休みジッパー!~』は幕を閉じた。

    FRUITS ZIPPERと共に最高の思い出を。FRUITS ZIPPERは、この灼熱の真夏に、最高のLIVEを見せた。これからもFRUITS ZIPPERは、多くの人々と共に最高の思い出を作っていくだろう。そして彼女たちは、さらに躍進していくことが確信できる。そんな、FRUITS ZIPPERから目が離せない。

     

     

    文:石山喜将
    撮影:Masayo

  • KAWAII LAB.連載#9 IDOLATERと生誕祭

    12.August.2022 | FEATURES / MUSIC

    アソビシステムが日本で成長を続けてきたアイドル文化を世界に向けて発信する新プロジェクト「KAWAII LAB.」に所属する「IDOLATER(アイドレイター)」は伏木結晶乃、奥田彩友、月代来実、大石楓夏、砂月凜々香の計5人のメンバーで活動している。

     

    今回はアイドルの「生誕祭」とIDOLATERの生誕祭事情についてスタッフの目線で紐解きます。

     

    アイドルの生誕祭は、誕生日のメンバーが主役になる日です。

    ファンの方も推しているアイドルが主役になる日という事で、とても気合が入っています。

     

    ファンの方は、生誕祭に向けて色々な準備をしてくださいます。

    会場を彩るためのスタンドフラワーや、ライブで使用するために来場者へサイリウムを配布するなど、生誕祭を盛り上げるため、ファンの方々も協力しあっています。

     

    2022年7月17日(日)に開催した伏木結晶乃の生誕祭の様子がこちらです。

     

    さらに、7月24日(日)に開催した大石楓夏の生誕祭の様子がこちらです。

    また、8月11日(木)には月代来実の生誕祭が開催されました。

     

    どの生誕祭も会場がメンバーカラーに染まり、祝われた本人にとっても忘れられない1日となりました。ご来場いただいた皆様、ありがとうございました!

     

    そして、8月21日(日)には砂月凜々香の生誕祭が開催されます。

    そうです!IDOLATERは夏生まれが多く、生誕祭が密集しているのです。

     

    IDOLATERメンバーの誕生日

    1月7日 奥田彩友

    7月17日 伏木結晶乃

    7月25日 大石楓夏

    8月9日 月代来実

    8月17日 砂月凜々香

     

    ちなみに、唯一の冬生まれ奥田彩友の生誕祭は2023年1月7日の誕生日当日を予定しておりますので、予定を空けておいてくださいね!

     

    来週はFRUITS ZIPPERが担当です。

    次回のIDOLATER連載もお楽しみに!

  • TikTok総再⽣数2億回突破!アイドルグループ「FRUITS ZIPPER」がサマンサベガのシーズンアンバサダーに就任

    05.August.2022 | FASHION

    カワイイと思うモノを提案する「SAMANTHAVEGA(サマンサベガ)」の2022年秋冬最新ビジュアルに、アイドル文化を世界に向けて発信する新プロジェクト「KAWAII LAB.」より誕生した新アイドルグループ「FRUITS ZIPPER(フルーツジッパー)」がシーズンアンバサダーとして就任。FRUITS ZIPPERは、楽曲「わたしの一番かわいいところ」がリリースからわずか2ヶ月でTikTokにて総再⽣数約2億回を突破し、Spotify Japanのバイラルチャートでは1位に輝くなど今日本で一番注目されているアイドルグループと言えるだろう。7月29日(金)には、国内外で人気のトラックメイカーYUC’eが制作した待望の4thシングル「RADIO GALAXY」がリリースされ話題を呼んでいる。

     

    そして今回、世の中に「カワイイ」を提案するファッションブランドとアイドルグループの出会いにより、双方の魅力が最大限に発揮されたビジュアルが完成した。

     

     

    ビジューモチーフハンドバッグ/ビジューモチーフショルダーバッグ 

    リボンモチーフショルダーバッグ/リボンモチーフハンドバッグ

    2Way ボアハンドバッグ

     

    キュートなメンバーが魅せる最高潮の「カワイイ」と、サマンサベガのMODEラインを「クール」に魅せる二面性のある印象的なビジュアルが完成。サマンサベガ公式オンラインショップでは、第一弾として、可愛らしいファンタジーな世界観がテーマの「DAYDREAM Library(デイドリームライブラリー)」特設ページでキュートに魅せる。FRUITS ZIPPERの新たな魅力が溢れ出すサマンサベガのビジュアルから目が離せない!

  • KAWAII LAB.連載#8 FRUITS ZIPPER話題の新曲「RADIO GALAXY」について

    29.July.2022 | FEATURES / MUSIC

    「原宿から世界へ」をコンセプトに、多様なカルチャーの発信地、個性の集まるファッションの街“原宿”から「NEW KAWAII」を発信していく新プロジェクト「KAWAII LAB.」よりデビューした、月足天音、鎮西寿々歌、櫻井優衣、仲川瑠夏、真中まな、松本かれん、早瀬ノエルの7人のメンバーから成る新星グループ「FRUITS ZIPPER(フルーツジッパー)」。

     

    2022年7月29日(金)には4thシングル「RADIO GALAXY」がリリースされ、それに先駆け、7月28日(木)にはMVも公開された。MVはCGを駆使した世界観となっており、アイドル業界にとどまらないクリエイティビティーが話題を呼んでいる。

     

     

    今回はFRUITS ZIPPERから早瀬ノエル、仲川瑠夏、鎮西寿々歌、月足天音のメンバー4名を招き、「RADIO GALAXY」について取材を行った。

     

    RADIO GALAXY を最初に聞いた時どう思いましたか?

     

    ー早瀬

    すごいキラキラしてて、どこを聞いても同じところがない!!って最初思いました。リズムが変わったり曲の中で雰囲気が変わったりしてFRUITS ZIPPER らしい曲だと感じました。個人的にはすごく好きです。

     

    ー仲川

    神曲だ!!と思いました、私は曲の中でコロコロとリズムが変わったり、変調したりする曲が好きなのでこれを歌えるのか、、凄く嬉しい気持ちになりました!

     

    ー鎮西

    最高にぶっ飛んだ曲だなと思いました。私たちの代表曲だ!ってイントロで分かりました。

     

    ー月足

    曲調がコロコロ変わって、楽しかったです。ラップがあって、ラップのある曲を歌ってみたかったので嬉しかったです。

     

     

     

    ファンの方からはRADIO GALAXYについてどんな感想をもらっていますか?

     

    ー早瀬

    やっぱりファンの方も一緒でこの曲が好きだと言ってくれる方が多いです。けれどライブを見に来てくださる方はリズムに合わせてペンライトを振ったり、振りを真似して一緒に踊りたいっていう方も多いのでこの曲難しい!っていう方も多いですね笑

     

    ー仲川

    中々他のアイドルさんには無いような曲だったりするので、新しい感じだねとか、かっこよくて好きとか、1曲の満足感がある曲だねとか、色んな感想をもらいます!

     

    ー鎮西

    私の周りにはRADIO GALAXYファンが多くて。ライブでしか今まで披露していなかったので、板付のポーズできたきたきたーーー!!!!って昂ぶるよ、とよく言ってもらえます(笑)

     

    ー月足

    曲調が沢山変化するので聴いていて飽きない、楽しい、など言って頂けます!

     

    RADIO GALAXYにまつわるエピソードを1つ教えてください。

     

    ー早瀬

    最初にこの曲をいただいた段階ではラップパートを誰が歌うか決まっていなかったんです。それでみんなでボイトレの先生と一緒に決める事になって、オーディションみたいな感じでラップパートを1人ずつ歌ってみるという形になりました。すごくワイワイしながら楽しく1人ずつ歌って、誰が歌った時もあ!この感じもいいね!ってなってました笑

    最終的にその場にいたミサさんが私たちの意見と希望を聞きながらパートを振り分けてくれました。

     

    ー仲川

    曲中にラップの部分があるんですけど、メンバーみんなラップをやりたくて、ラップオーディションをやった事です。一番うまかったのがノエルちゃんだったのでラップパートはノエルちゃん中心になりました笑

     

    ー鎮西

    落ちサビで、隕石が飛んできて、私がキャッチしたものをみんなで支え合うという振り付け(スローモーションメテオ)があるんです。そこでは心が一つになります。たまにお腹空いていたら隕石を食べます。

     

    ー月足

    私が最初に、「行くぞ!」って言うフレーズがあるんですが、レコーディングの時にたくさんのパターンを録って厳選された「行くぞ」になっていて、初めて完成を聴いた時に、お〜!ってなりました。ライブでこの曲を披露する際、時と場合とテンションによって、ニュアンスが違うので、聴き比べてみてほしいです。

     

     

    最後に一言どうぞ!

     

    ー早瀬

    RADIO GALAXYはFRUITS ZIPPERのメンバーみんなが大好きな楽曲でグループにとってもすごい大切な楽曲です。だから私たちと一緒にこの曲を大切にしてくれたら嬉しいなって思います!たくさん聞いてライブに来た時に目一杯楽しんでほしいです!

     

    ー仲川

    RADIO GALAXYはライブでしか聴けなかったんです。MVやサブスクも出たということで、沢山聞いて欲しいです。あとこの曲の頭の方に「FRUITS ZIPPER」という歌詞があるのでふるっぱーの世界観を代表する曲になればいいなと思ってます。

     

    ー鎮西

    個人的にすっっっごく大好きな曲だから、みんなにもすっっっごく愛してほしいです。宇宙人にも聞いて欲しいな。

     

    ー月足

    FRUITS ZIPPERにしか出来ない楽曲だと思っているので、大切に歌って行けたらと思っています。是非沢山聴いてみてください。

     

     

    来週の担当はIDOLATER!

     

    次回のFRUITS ZIPPERの連載もお見逃しなく!

     

  • FRUITS ZIPPER 4thシングル「RADIO GALAXY」配信スタート、MVも公開

    29.July.2022 | MUSIC

    今年春にリリースした「わたしの一番かわいいところ」がTikTokを中心に人気となり、その反響とファンからのリクエストを受けて公開されたミュージックビデオが約1ヶ月間で110万回再生を突破するなど、注目を集めているアイドルグループ・FRUITS ZIPPER。ニューシングル「RADIO GALAXY」が7月29日(金)に配信開始された。

     

    FRUITS ZIPPERにとって4作目となる本作は、数々のアーティストやアイドルに楽曲を提供してきた、トラックメイカー/シンガー/プロデューサーのYUC’eとのコラボレーションで生まれた楽曲。

    ダンスミュージックをベースに「KAWAII」要素を含んだ楽曲が多く、国内外に多くのリスナーがいるYUC’eの楽曲は、FRUITS ZIPPERが目指す「原宿から世界へ」というコンセプトにぴったりな1曲といえるだろう。

     

    また、楽曲リリース直前にはミュージックビデオも公開された。

    FRUITS ZIPPERのアーティスト写真と同じく、デジタルクリエイティブカンパニー「OFBYFOR TOKYO」所属で、映像監督/Art Director/3DCG ARTISTのYUKARIが手掛けた。

     

     

    【MV】FRUITS ZIPPER「RADIO GALAXY」

     

     

    本楽曲のリリースを記念したスペシャルなキャンペーンが各音楽配信サイト、ストリーミングサービスでスタート。詳細はFRUITS ZIPPER公式Twitter(@FRUITS_ZIPPER)にて随時告知されるのでお見逃しなく。さらに、9月12日(月)には恵比寿LIQUIDROOMにて1stワンマンライブの開催も決定している。

     

    今まではライブでのみ聞くことができたファンのみぞ知る大人気曲「RADIO GALAXY」の待望ミュージックビデオを楽しんで。

  • アソビシステムが日本で成長を続けてきたアイドル文化を世界に向けて発信する新プロジェクト「KAWAII LAB.」に所属する「IDOLATER(アイドレイター)」は伏木結晶乃、奥田彩友、月代来実、そして今年の4月に新メンバーとして加入した大石楓夏と砂月凜々香の2名。計5人のメンバーで活動している。

     

    今回はIDOLATERを語るうえで欠かせない「楽曲」について。

    スタッフがオススメする楽曲を3つ紹介する。

     

     

    1. Swipin’ Flickin’

     

    IDOLATERの最初のオリジナル曲であり、2019年4月のお披露目からほぼ全てのイベントで歌い続けている楽曲。

    ジャンルとしては「デジタルファンク」というのが最適かもしれない。

    音源では初期メンバーの歌声が入っているため、現体制で披露している「Swipin’ Flickin’」の映像も参照してほしい。

     

    Swipin’ Flickin’ / IDOLATER (Live at 恵比寿CreAto 2022.04.24)

     

     

    2. 消せない・・・

     

    IDOLATERが2021年11月にリリースした1stシングルCDの表題曲。

    この楽曲では、かっこいいIDOLATERが堪能できる。

    3人体制では最後の楽曲であり、集大成とも言える楽曲であるが、5人体制となった現在ではよりパワフルかつ表現力が増したIDOLATERを体現している。

    ちなみに、IDOLATERのオリジナル曲で初めての日本語タイトル。

     

     

    3. DIAMOND

     

    IDOLATERが2021年6月にリリースした楽曲。

    3人体制初となった本楽曲はIDOLATERの「再始動」に相応しく、力強いサウンドはライブでもぜひ体感してほしい。

    5人体制となり、より楽曲の重厚感が増し、IDOLATERの楽曲群の中で1番エモーショナルを感じる事ができる。

    メンバーの月代来実が撮影・編集を手がけた映像もYouTubeで公開されている。

     

    IDOLATER / DIAMOND (Making of “IDOLATER” Video)

     

    以上が、IDOLATERの楽曲の中でも特にスタッフがオススメしたい3曲となる。

    IDOLATERには他にも素晴らしい楽曲があり、各種音楽サブスクリプションサービスで配信されているので、IDOLATERの楽曲を聞いて、ライブにも足を運んでほしい。

     

    来週のKAWAII LAB.連載はFRUTIS ZIPPERが担当する。

     

    次回のIDOLATERの連載をお楽しみに!

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US