【MMNインタビュー】世界照準の音作りを続けるw-inds. J-POPと海外ポップスの絶対的違いとは?

22.January.2018 | FEATURES / MUSIC

2001年のデビュー後、その人気を日本のみならず、台湾、香港、韓国、中国、ベトナムなど東南アジア全域に拡大させ、海外でも数々の賞を受賞しているw-inds.。近年は橘慶太が楽曲のセルフプロデュースを手がけており、トロピカルハウスやフューチャーベースなど、世界的トレンドともリンクする先鋭的なサウンドを日本語ポップスにうまく落とし込み、音楽ファンから新たな支持を得ている。今回はメンバー3人にインタビューを敢行。世界に目を向けたさまざまな活動の意図を尋ねた。

 

取材・文 / 鳴田麻未

 

メインアー写

 

 

■曲作りのスタートは「次、w-inds.が何をやったら面白いか」

 

――現在のw-inds.は、世界に照準を合わせた曲作りをしていると言って差し支えないでしょうか?

 

橘慶太(以下、慶太):最近の曲は僕が作詞・作曲・プロデュースまで全部作ってるんですけど、その作り方が海外のダンスミュージックのトラックメイカーと同じ方法なんですね。向こうのサウンドが趣向として好きだし、そのほうが踊りもハマりますしね。

 

千葉涼平(以下、涼平):うん、今流行りのダンスがね。

 

緒方龍一(以下、龍一):むしろデビュー当時、J-POPで踊るってことの難しさに直面するほうが多かったんです。ビートなのか歌詞なのかメロディなのか、どこをつまんでいけば良くなるのかなとずっと試行錯誤してましたけど、ここ最近の曲は踊っていても気持ちいいし、踊れるようなトラックありきのパフォーマンスになってると思います。

 

――例えば1曲作るとき、今はどういう作業から取り掛かっているんですか?

 

慶太:イメージですね。次、w-inds.が何をやったら面白いか。今まさに次作の制作中なんですけど、「We Don’t Need To Talk Anymore」とか「Time Has Gone」は良い感じで受け入れてもらえたけど、同じようなことをやっても面白くないし、w-inds.らしさもありつつ「こうきたか」ってリスナーに思わせる部分は絶対出したいので、まず「次に何をやったら面白いか」という着想から始まりますね。それがすぐ思いつくときもあるけど、全然思いつかず、どこに行くのが正解かわからないときもあります。

 

龍一:慶太は常にそれ考えてるよね。

 

――具体的にはトラック重視で作られているそうで。

 

慶太:はい。もちろん音楽の顔って歌だとは思うんですけど、僕はもともと曲のビートを聴いちゃうクセがあって。キックとかベース、主に低域の音の鳴り方が、J-POPと海外のサウンドで一番違うところなんですよね。海外のトラックメイカーの作品は、音数は少ないんだけど1つひとつの音がしっかりしてるものが多くて、対してJ-POPのトラックメイカーはいろんな音を入れて派手にするっていう傾向があるんですね。そこで聴感の違いが出てくるんです。なので、w-inds.の曲も基盤となる音をしっかり作ることは重視してます。ドラムの音色を探すために1日費やすことも。細かい音と音を組み合わせて、ドゥン、ドゥン……ってずーっと打ち込んでます(笑)。

 

――トラックを仕上げる際はどんなことを意識してますか?

 

慶太:僕は、「楽曲の命は10秒」っていう持論があって。イントロでもいいしフックでもいいから、人をつかめる10秒を作らないと、たくさんの人には届かないと思ってるんです。例えばチャート番組で曲が紹介されるとき、だいたい5秒くらいで終わっちゃうけど、その一瞬で「なんだこれ!?」と思ってもらえるようにするにはどういう音がいいんだろう。そこは常に考えて作ってますね。

 

――コアな手法も入れるけど、ポップスとしてキャッチーさも追求していると。

 

慶太:そうですね。やっぱりアメリカのポップミュージックがすごい好きなんでしょうね。実はインストとか聴いてると、どうしても自作のメロディを乗せたくなるんです(笑)。「このコード進行いいな」とか思うと、キー取って、「このメロディがハマったら完璧じゃん!」って。

 

涼平:それ職業病じゃん!(笑)

 

龍一:もはや“聴いて”ないね。

 

慶太:そう、最近はフツーに音楽を聴けなくなっちゃって。音楽が鳴ったら、コードとか、使ってる楽器とか、メロディの流れとか、すぐ分析を始めちゃうんで。悲しいことに、曲聴いてイエーイ!とかなった覚えがもうここ数年ないですね(笑)。

 

龍一:昔からそういうタイプだよね。パーティとかも行かないし、他の人のライブ見ても分析するし。

 

――千葉さんと緒方さんはそういうことないですか? 曲を聴いて、自分ならどう踊るかを考えたり、振付を分析したり。

 

涼平:「どう踊ろう?」はないなぁ。勝手に体動くことはあるけど。

 

龍一:でもテレビとかライブでダンスグループを見るときは、どういうテンションなの? 楽しむ側なのか、分析側なのか。

 

慶太:「あ、あいつ失敗したな」とか思うでしょ?

 

涼平:失敗したけど……そういうこともあるよね、と思うよ(笑)。粗は探さないけど、まぁ見えちゃうね。

 

■チャレンジして変わっていくのがw-inds.のスタイル

 

――2014年あたりから音楽性がエッジの効いた方向にソフトランディングしていったと感じてるのですが、それによってライブの演出やダンス、パフォーマンス面はどう変わりました?

 

慶太:ライブの演出はアルバムを作ってる段階でだいだいイメージしてて、その都度投影させてるんですけど、パフォーマンスもアルバムの内容次第でどうとでも変わりますね。例えば「Timeless」(2014年7月発売)と「Blue Blood」(2015年7月発売)ってアルバムは生音に近いサウンドというか、80年代のファンク&ソウルを現行のサウンドでリバイバルしたような作品で。そのときのライブはあえて映像演出を使わず、照明とバンドのアレンジで魅せる、アンプラグドな感じにして、自分たちも踊りを極力減らすっていうことにチャレンジしたんですね。で、次の「INVISIBLE」(2017年3月)は真逆というか、全体的にデジタルな演出が多くて。自分たちは常にアルバムでその1年の路線を決めるというか、音楽性もファッションも、今年のw-inds.はこう行くんだっていうのをアルバムで提示してる気がしますね。

 

 

――かなりコンセプチュアルなグループなんですね。

 

慶太:コンセプチュアルなんだけど、作品ごとにコロコロ変わるっていう(笑)。デビューから今まで、本当にいろんなコンセプトでやってきたので、15周年ライブとかはセットリストを組むのが大変でした。サウンドがいろいろすぎて。

 

――そんな中でも、変わってない、変えたくない主軸というと何でしょう?

 

慶太:歌って踊る……ことかな? でも究極、楽器持ってやっても僕はw-inds.はw-inds.だと思うし、なんだろうなあ。まぁ、3人でとにかく何かするっていうことですかね。

 

龍一:うん。

 

涼平:そうだね。規制がないグループだよね(笑)。

 

慶太:逆にチャレンジして変わっていくのが自分たちのスタイルだって、最近強く思うんです。ひとつの考えに囚われたり、ひとつにジャンルに絞りだしたりしたら、w-inds.が大切にしてるもの=“変わる”“チャレンジ”がなくなるなんじゃないかって思いますね。

 

 

後編へ続く

 

■Information

w-inds.

Official site:http://www.w-inds.tv/

 

DVD発売中「w-inds. LIVE TOUR 2017 “INVISIBLE”」

初回盤DVD [2枚組]

特典映像:「Time Has Gone」LIVE ver.コレオ映像 / ツアーパンフメイキング映像

 

通常盤Blu-ray [1枚組]

通常盤DVD [2枚組]

特典映像:メンバー視点のツアーメイキング映像(計30分)

http://www.w-inds.tv/discography/dvd_vhs/

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US