マジックからふりかけ?!ペンタイプふりかけから「日本の味シリーズ」発売

18.November.2018 | FOOD

SNS・TV・雑誌などで話題となったペンタイプふりかけ「マジックふりかけ」の第二弾として、日本の味シリーズ(全7種類)が全国で発売される。

「マジックふりかけ(第一弾:関西シリーズ)」は、販売開始直後から多数のメディアにピックアップされ大ヒットとなった。SNS上でも「面白い!」「欲しい!」「どこで売っているの!?」など、多数コメントが寄せられ、一時商品供給が追いつかなくなる程の人気に。

そんな中、「関西以外でも販売して欲しい」「オーソドックスな定番の味も欲しい」「お土産用じゃなく毎日のお弁当にも気軽に使いたい」といった声が。
そこで、そんな要望に応えて登場したのが、「マジックふりかけ(第二弾:日本の味シリーズ)」。2018年11月15日(木)より、全国の土産店舗・バラエティショップ等で販売開始となる。バリエーションは、わさび、おかか、梅しそ、だし醤油、ちりめん山椒、すき焼き、味噌。


?のマークでおなじみのマジックインキの見た目はそのままに、本体からキャップを外しペンを振ると、様々なオリジナルの味のふりかけが!

 

お弁当や日本土産にもピッタリなマジックふりかけで日本の味を堪能しよう!

RECOMMENDED ENTRIES

  • 【TRAVEL Q&A】安くて定番の日本土産を買うなら?東京のお土産スポット

    16.August.2018 | FEATURES / SPOT

    東京はおみやげ探しをするのも楽しい都市です。しかし、どの店に行けばいいのか迷ってしまうこともありますよね。今回は、駅近くなどアクセスもよく、日本らしいおみやげを安く購入できるお店を紹介します。

     

    観光客だけでなく、日本人もよく利用する店ばかりなので、品質と価格の信頼性は抜群です!

     

    miwaさん(@maru_miwa)がシェアした投稿

    1.マツモトキヨシ

    高品質なのに安い日本のコスメ・医療品・日用品などが定価よりもさらに低価格で購入できる黄色い看板が目印のドラッグストアです。東京内の大きな駅周辺でほぼ必ず見つけられます。日本人も老若男女問わず日常的に買い物しにくる人気の場所です。おみやげとして人気のある資生堂のコスメや、よく効くと評判の湿布や胃腸薬などを安い値段で手に入れてみては?

     

    ■Information

    マツモトキヨシ公式サイト:http://www.matsukiyo.co.jp

     

     

    2.ドン・キホーテ

    日本人なら知らない人はいないほど全国的に有名なディスカウントショップで、東京都内でも30以上もの店舗があります。食品や日用品、衣類、おもちゃ、雑貨類、変わったところではコスプレグッズ等、多種多様な商品を取り揃えています。ちょっと面白いおみやげや変わった商品を探したい方におすすめです♡ドン・キホーテで人気のお土産はこちらをチェックしてみてくださいね。

     

    ■Information

    ドン・キホーテ公式サイト:http://www.donki.com

     

    nugoo本社便さん(@nugoo_honshabin)がシェアした投稿

    3.東急ハンズ

    日本ならではの便利なグッズ・生活用品、海外では中々見つからない可愛いステーショナリー等を探したい方におすすめの場所です。東京・渋谷・銀座・新宿等、観光ついでに寄れる場所に店舗があります。商品数もかなり多いですが、ディスカウントショップのようにごちゃごちゃした感じではないので、落ち着いて楽しくおみやげを探せる店としても人気を集めています。

     

    ■Information

    東急ハンズ公式サイト:https://www.tokyu-hands.co.jp

     

    銀座ロフトさん(@loft_ginza)がシェアした投稿

    4.LOFT

    東急ハンズと同様、様々なタイプの商品を取り揃えています。日本人も友だちや家族の誕生日プレゼント等を探すのによく利用するようなお店です。東京都内に25店舗以上あり、東京・渋谷・新宿等にも店舗があるので、こちらもおみやげを買いに行きやすいのも嬉しいですね。特に日本製の文房具は可愛らしい上に機能性の高いものが多いので外国人観光客の方に人気の商品です。

     

    ■Information

    LOFT公式サイト:https://www.loft.co.jp

     

    Brian Wilkensさん(@atbw7)がシェアした投稿

    5.ヨドバシカメラ

    日本のおみやげとして、電化製品を購入したい方も多くいらっしゃるのでは?ヨドバシカメラは様々な電化製品を取り揃える大型家電量販店です。カメラだけではなく、ありとあらゆる電化製品を取り扱っているので、日本のハイテク事情が気になる方はぜひ足を運んでみてください。

     

    ■Information

    ヨドバシカメラ公式サイト:https://www.yodobashi.com

     

    美香さん(@mika_sanchu)がシェアした投稿

    6.キディランド

    ハローキティやマイメロディなど、日本のキャラクターグッズは海外でも大人気。海外では中々見ることができないキャラクターグッズを多く取り揃えているのがキディランドです。東京都内には8店舗あり、小さなお子様やキャラクター好きの人にとっては訪れるだけでもワクワクできる場所です♡

     

    ■Information

    キディランド公式サイト:https://www.kiddyland.co.jp

     

     

    お友達や家族、自分にぴったりな日本ならではのお土産を見つけてみてくださいね!

  • 海外へのお土産にピッタリ!東京都内で購入できる日本製のオススメアイテム 6選

    27.October.2017 | FEATURES / SPOT

    良質な日本製のお土産を手に入れたい!日本旅行に来た際にそう思われる人は多いはず。今回はMMNがオススメする、日本ならではのアイテムを紹介します。

     

    和柄のハンカチが人気 東京駅H TOKYO

    0Q0A9261

    東京駅丸の内南口よりすぐの「KITTE(キッテ)」3Fにあるハンカチーフ専門店「H TOKYO」。イラストレーターや小説家など多くのアーティストとコラボレーションしたハンカチが、所狭しと並べられています。東京ならではの絵柄や和を感じられるデザイン、バッヂやうちわなど、ハンカチ生地を使った小物や、ここでしか手に入らないKITTE限定のアイテムも。

    0Q0A9254

    イニシャルやメッセージなど、刺繍も入れてもらえるのも嬉しい。長めに滞在する外国人観光客の方の中には、滞在期間中にオーダーして、帰国の前に受け取るという人も多いそうです。

    詳細はこちら:http://www.moshimoshi-nippon.jp/ja/54419

     

    ■Information

    H TOKYO丸の内店

    住所:東京都千代田区丸の内2-7-2-KITTE 3F

    営業時間 11:00-21:00(日祝は 20:00まで) 
    定休日:KITTEに準ずる
    電話番号:03-6256-0811

    アクセス: JR/丸ノ内線 東京駅 徒歩約1分 、千代田線 二重橋前駅 徒歩約2分

    URL:http://htokyo.com/

     

    好きな柄のお箸を探す 浅草「モリタ」

    0Q0A3191

    浅草寺の仲見世通りを代表するお箸の専門店「モリタ」では、リーズナブルなものから高級感あふれるものまで、種類豊富にオリジナルのお箸を取り揃えています。

    PRO20036

    お箸は日本文化を代表するもののひとつ。お箸だけでなく、可愛い箸置きもたくさん手に入ります。小さくて軽いのでお土産にも最適!

    詳細はこちら:http://www.moshimoshi-nippon.jp/ja/37162

     

    ■Information

    浅草のお箸やさん モリタ
    住所:東京都台東区浅草1-30-1
    営業時間:10:00~18:00
    休業日:年中無休

    URL:http://asakusanioideyo.com/detail/30_73_%E9%81%8A%E8%86%B3%20%E3%83%A2%E3%83%AA%E3%82%BF/

     

     

    一点ものの傘が手に入る 代官山「Coci la elle」

    DSC00491

    2010年に1点物の日傘屋としてスタートした傘の専門店「Coci la elle(コシラエル)」。現在は清澄白河に本店とアトリエをかまえており、2017年4月、代官山に2号店がオープンしました。代官山駅は渋谷から1駅とアクセスが良く、渋谷観光の後に訪れるのも便利です。

    DSC00473

    コシラエルでは、憂鬱な雨の日の気分をちょっと楽しくしてくれる色鮮やかな雨傘や、刺さるような強い日差しの日も優雅な気分にしてくれる日傘が手に入ります。店内には傘だけでなく、クラシックなトレンチコートのようなのデザインが可愛いレインコート、シルク100%の上品な大判スカーフ、Coci la elleの柄を手軽に楽しめるハンカチ、職人さんが作った傘の持ち手などが並べられています。

    詳細はこちら:http://www.moshimoshi-nippon.jp/ja/48362

     

    ■Information

    Coci la elle スワン店

    住所:東京都渋谷区鉢山町14−5

    営業時間:12:00-20:00

    休業日:無休

    TEL:03-6277-5262

    アクセス:東急東横線 代官山駅 正面口から徒歩8分・渋谷駅 西口から徒歩13分

    URL:http://www.cocilaelle.com/

     

    >>次のページ

  • 忍者、日本食、和菓子などが楽しめる 東京の和風カフェ5選

    13.November.2017 | FEATURES / FOOD / SPOT

    東京にはたくさんのおしゃれなカフェがありますが、最近じわじわと増えてきているのが「和風カフェ」。今回は、そんな懐かしくて新しい和風カフェを紹介します。

     

    忍者に会えるカフェ「忍者茶房KUNOICHI(くのいち)」(渋谷)

    にんじゃ
    コンセプトは”現代の忍者に会えるカフェ”。もちろん、料理を運ぶのはくノ一。歴史、作り方を体験を通して学べる「おむすび」やKUNOICHI特製お団子、桜ところてんなど、こだわりのメニューが充実している。また、日本酒も充実しており、バーとしても楽しむことができる。

    詳しくはこちら:http://www.moshimoshi-nippon.jp/ja/74465

     

    ◼︎Information
    忍者茶房KUNOICHI(くのいち)
    住所:東京都渋谷区東2-23-6
    営業時間:10:00~22:00(21:30L.O.)
    定休日:年中無休(年末年始を除く)
    TEL:03-5778-4419(店舗回線につき11/8より受付開始)
    URL:http://galtpop.jp/kunoichi/jp/

    カジュアルに八女茶を楽しめる日本茶カフェ「CHAKAS CAFE」(江東区)

    あ
    一杯ずつ急須で淹れた福岡のブランド茶「八女茶(やめちゃ)」と、手作りおにぎりが味わえる和カフェ。“日本茶鑑定士”と“五ツ星お米マイスター”の最強コンビが監修した、本格的でおいしいお茶とおにぎりを、手軽に毎日楽しむことができます。

    詳しくはこちら:http://www.moshimoshi-nippon.jp/ja/60153

     

    ◼︎Information
    CHAKAS CAFE
    住所:〒135-0011 東京都江東区扇橋2-4-4
    営業時間:9:00~17:00 (ランチタイム11:00~14:00)
    定休日:火曜日
    TEL:03-6666-4377
    URL:https://www.facebook.com/events/1599295463448580/?ti=icl

     

    >>次のページ

RELATED ENTRIES

  • BAKE初の当地ブランド!鹿児島 薩摩スイーツ専門店「OIMON(オイモン)」

    25.February.2020 | FOOD

    焼きたてチーズタルト専門店「BAKE CHEESE TART」やシュークリーム専門店「クロッカンシュー ザクザク」 を手掛ける株式会社BAKEが、初のご当地ブランドとなる薩摩スイーツ専門店「OIMON(オイモン)」の1号店を、2020年3月13日(金)にJR鹿児島中央駅直結の商業施設「アミュプラザ鹿児島」の新ゾーン「#ごほうびストリート」内にオープンする。

    OIMON(オイモン)とは?

    「OIMON」は、”伝統×革新” をコンセプトに誕生した薩摩スイーツ専門店。鹿児島の温暖な気候から生まれた薩摩芋、焼酎などの伝統的な素材や製法に、鹿児島の最新の食材・食文化とBAKE Inc.の提供方法やデザインや美味しさなどをかけ合わせ、鹿児島を代表する新しい土産菓子として誕生した。鹿児島の素晴らしい食文化を日本全国へ広げ伝えていく。

     

    鹿児島の味覚をたっぷりと味わう、薩摩ケーキ

    焼きたて小みかん香る薩摩芋ケーキ 237円1個

    小みかん香る薩摩芋ケーキ 5個1,188円/10個2,376円(税込)

    商品は工房一体型の店舗で焼き上げた「焼きたて小みかん香る薩摩芋ケーキ」と、日持ちする箱入りの「小みかん香る薩摩芋ケーキ(5個入、10個入)」をご用意。鹿児島の郷土料理のひとつ「がね」をイメージした薩摩芋の千切りをのせ、しっとりしたサブレ生地に鹿児島県産の紅さつまを使った芋あんを包んで焼き上げた、ふた口サイズの焼き菓子。

    薩摩芋の千切りにはキャラメルソースを浸し、鹿児島県産桜島小みかんをふんだんに使ったクラフトジン「KOMASA GIN(コマサジン) ‐桜島小みかん‐」を表面に塗り香りづけ。キャラメルのミルキーな味わいとカリッとした「がね」の食感を楽しむことができる。

     

    芋あんには鹿児島県産桜島小みかんを使用したパウダーを練り込み、爽やかな小みかんが香る味わいに仕上げた。薩摩芋のほんのりとした甘さ、小みかんの爽やかな香りが口の中に広がる。 

     

    鹿児島のものを全国に発信していく

    ブランドカラーには薩摩芋をイメージした「ベージュ」と「ピンク」を据え、薩摩芋の素朴さや年月を超えて地域に根付いてほしいという思いから、ミニマルで普遍的なデザインを目指した。 ブランドコンセプトの「伝統×革新」をスラッシュのモチーフで表現し、ロゴの丸やカーブのモチーフは薩摩芋の輪切りや形を表現。 ブランドネームである「OIMON」には鹿児島の方言である「おい(自分)」とプロダクトのベースとなる「おいも(薩摩芋)」を掛け合わせ、「鹿児島のもの」を全国に発信していきたいという気持ちが込められた。

     

    鹿児島ならではの味わいをぎゅっと詰め込んだ「OIMON」の薩摩ケーキをぜひ試してみて。

  • ひなまつり限定♡銀座コージーコーナーからディズニーデザインのケーキ登場

    22.February.2020 | FOOD

    銀座コージーコーナーは、2020年2月15日から、全国の生ケーキ取扱店舗で、ひなまつり限定「<ディズニー>ガールズコレクション(9個入)」を発売する。

     

    女の子の健やかな成長を願う「ひなまつり」。今年のテーマは、“3月3日は、女の子を楽しもう”。子供はもちろん、大人の女性にも楽しめる「<ディズニー>ガールズコレクション(9個入)」が発売される。キュートなミニー・マリー・ベルや、憧れのプリンセス白雪姫・シンデレラ・オーロラ姫・アリエル・ジャスミンをイメージした、キラキラ輝くカラフルなプチケーキのアソート。ディズニー・ファンにはたまらない一品となっている。

    <ディズニー>ガールズコレクション(9個入)2,700円(税込)

    ディズニーキャラクターがおもちゃ箱から飛び出してきたようなカワイイケーキ。ミニーマウスをイメージしたラズベリーのケーキに、ベルをイメージしたベルのレモンケーキ。シンデレラをイメージしたのレアチーズケーキやマリーをイメージしたロールケーキなど、見た目もキュートで、おいしそうなプチケーキが9種類揃う。

     

    銀座コージーコーナーのひなまつり限定ケーキで、ひなまつりパーティを楽しもう!

  • 手土産を買うなら六本木ヒルズへ!「フード&ギフトエリア」誕生

    16.February.2020 | FOOD / SPOT

    六本木ヒルズは、2020年4月10日(金)に、手土産にぴったりな六本木ヒルズ限定商品や、本格的な味を駅近でクイックに堪能できるメニューがそろう「フード&ギフトエリア」をノースタワー地下1階にオープン。手土産や自分へのご褒美などギフトに最適な和菓子や洋菓子を取り扱う12店舗と、専門店の味をテイクアウト、イートインで提供する7店舗の計19店舗がオープンする。

    ギフトエリアには、銀座千疋屋の新業態店「ニュウスタイル銀座千疋屋」や、老舗の逸品や入手困難な銘菓をそろえる六本木ヒルズにしかない「菓子の記録帖」など、東京初出店や新業態含む12店舗が勢揃い。東京の街並みを表現したアーティスティックな羊羹や、六本木ヒルズのロゴが入ったカステラ、煎餅、老舗和菓子のおかき詰め合わせなど、ここでしか購入できない限定商品が多数販売される。

     

    ギフトエリアの六本木ヒルズ限定商品

    TOKYO遠望/4,320円(税込)/和菓子 結 

    朝焼けに映える東京のランドマークや高層ビル群の美しいシルエットを一棹の羊羹で表現。絵画のように美しい風景から六本木ヒルズを探してみて。

    烏骨鶏かすていら和三盆/2,160円(税込)/烏鶏庵

    烏骨鶏卵ならではの「しっとり、濃厚」烏骨鶏かすていら。香りも魅力的な和三盆を使用し、ロゴが際だつ、美味と美観の一品。

    六本木ヒルズ三昧胴/702円(税込)/5枚入り/銀座松﨑煎餅

    小麦粉に砂糖や卵を加えた優しい煎餅に職人が一枚一枚丁寧に絵柄をつけた瓦煎餅は、六本木ヒルズのロゴ入り。

    きなの宮サンド(六本木ヒルズ限定パッケージ)/540円(税込)/3個入/吉祥菓寮 

    Japan Premium「雅」/1,870円(税込)/吉祥菓寮

    こだわりのきな粉を使い、アーモンドやオートミールを使ったクッキー生地で、きな粉とチョコレートをサンドした商品。

     

    イートインでは、京都宇治の厳選された「抹茶」と、自家製のこだわり「きな粉」が組み合わさった特別な和パフェを提供。

    三角BOXサンド/1,080円(税込)/ニュウスタイル銀座千疋屋

    六本木ヒルズ限定メロンパフェ/2,700円(税込)/ニュウスタイル銀座千疋屋

    厚みのあるふわふわしっとりの食パンに、果物店ならではのフレッシュフルーツと、甘さ控えめのクリームをサンド。ショコラフレーズサンド(写真左)は、六本木ヒルズ限定。 

     

    イートインスペースでは、銀座千疋屋の目利きが厳選した静岡県産マスクメロンを贅沢に使用した六本木ヒルズ限定パフェがオススメ。

    限定!老舗銘菓、 奇跡のコラボセット/3,456円(税込)/菓子の記録帖 

    老舗4店舗「赤坂柿山」「小布施堂」「巌邑堂」 「菜の花」による銘菓が楽しめる詰め合わせセット。

    Roppongi Lingotto/3,240円(税込)/ビチェリン

    Caffe mocha al Bicerinカフェモカアルビチェリン/660円(税込)/ビチェリン

    G7伊勢志摩、G20大坂両サミットにおいて日本国政府から各国首脳に提供され、接待の手土産としても人気の焼き菓子 「バーチ・ディ・ダーマ」と六本木ヒルズのロゴを刻印したフィナンシェを六本木ヒルズ限定のボックスでご用意。

     

    イートインでは、エスプレッソ、ミルク、ビチェリンチョコレートソースを加え、ホイップクリームで丘(Hill)のようにトッピングしたドリンクが六本木ヒルズ限定。

    生パウンドケーキ アソート/1,700円(税込)/パティスリー パブロフ

    7種類の味をプチサイズで楽しめる、お得で可愛い詰め合わせ。クレームバニーユ、ピスタチオフリュールージュ、ショコラオランジェ、ベリーベリー、京抹茶、キャラメルナッツ、モンブランの7種類入り。 

    六本木限定GIFT/918円(税込)/治一郎

    定番のバウムクーヘンからラスク、ガトーショコラまで、「治一郎」のお菓子を楽しめる詰め合わせを六本木ヒルズ店限定パッケージでご用意。 

     

    フードエリアには、本格的な味をクイックに堪能できる7店舗がオープン。大阪スパイス カリーの名店「ヤミーズ 旧ヤム邸」や、本格的な味が話題の「タイストリートフード バイ クルン・サイアム」など人気のレストランも出店し、六本木ヒルズ限定メニューも提供される。

     

    フードエリアの六本木ヒルズ限定商品

    Curry-Gear MAX/1,650円(税込)/ヤミーズ _旧ヤム邸

    唯一無二の食材やスパイスを組み合わせたスパイスカレー。月ごとに具材やルーが変わりルーも1種類から最大で4種類まで楽しむ事ができます。 

    カオソイヘーン 汁なしカレーまぜ麺/1,200円(税込)/タイストリートフード バイ クルン・サイアム

    大人気のチェンマイカレーラーメン「カオソイ」を汁なしのまぜ麺にアレンジした。 タイカレーの芳醇な香りとスパイシーさを楽しむことができる。自家製麻椒をトッピングしての味変もおすすめ。

    漁師風 たっぷり魚介のペスカトーレ/1,848円(税込)/パスタ&ピッツァ ウオタ

    季節の旬の魚介を豊富に使った素材を味わう、贅沢な特製トマトパスタ。魚介の旨味がぎゅっと詰まった濃厚なソースが決め手! 

    ブリオッシュ ヴァンディエンヌ 864円(税込)/ブーランジェリー ボヌール

    フランス・ヴァンデ地方伝統のブリオッシュ。オレンジフラワーウォーターを生地に配合し、キルシュ漬けのレーズンを入れ、香り豊かに焼き上げた。中はしっとり、とろけるような口当たり。 

    海鮮ちらしひつまぶし風だし茶漬け 1,320円(税込)/だし茶漬け えん

    まぐろ・鯛・うなぎなどたっぷりの海の幸を敷き詰めた、六本木ヒルズ店限定のだし茶漬け。まずはそのまま、次にお出汁をかけて召し上がれ。

    春野菜と焼き魚のランチボックス/900円(税込)/ディキシーデリ

    旬の春野菜(春菊、アスパラ、春キャベツなど)と竹の子の炊き込みご飯に焼き魚がセットになったランチボックス。

     

    六本木ヒルズでしか楽しめないスイーツやギフトを探しに出かけてみて。

  • 2月22日は猫の日!東京駅×「じゃらん」フェアが開催

    06.February.2020 | FOOD / SPOT

    創刊30周年を迎えた「じゃらん」×東京駅「グランスタ」のコラボレーションフェア第3弾 “東京駅×「じゃらん」フェア“が2020年2月15日(土)〜3月1日(日)に開催される。春のお出かけが楽しくなる”にゃらん弁当×スイーツ“がパワーアップして登場。

     

    第3弾となる今回は「エキュート東京」「エキュート京葉ストリート」へとエリアを拡大し、「じゃらん」公式キャラクター“にゃらん”をモチーフにした“にゃらん弁当&スイーツ&グッツ”も買うことができる。ここでしか手に入らない商品は、春のおでかけや旅行気分をさらに盛り上げること間違いなし!

    にゃらんキャラメルクリーム 490円【Fairycake Fair】*グランスタ限定商品

    ぷくっとしぼった生クリームにデコレーションをした“にゃらん”がにっこり微笑む、手作りならではの表情が愛らしくて楽しい一品。カップケーキの中にもとろり とした自家製塩キャラメルソースが入っていて上品な甘さ♪

    にゃらん 肉球巻弁当 880円【笹八】*グランスタ限定商品

    おかかとサケを混ぜ込 んだシャリで2色の肉球型の海苔巻きが楽しめるお弁当。付け合わせの筍煮物やミニ桜餅は、春の旅行がもっと楽しくなる♡こちらは各日限定10食!

    あまおうマカロンとにゃらんプリントマカロン 648円(2個)【DALLOYAU】*グランスタ限定商品

    昨年も大好評だった キュートな“にゃらん”をプリントしたマカロンが今年も期間限定で復活!人気のあまおうとヴァニラのセットはお土産にもぴったり。限定400セットのみの販売なのでお早めに!

    にゃらん☆ドーナツ 420円(1個)【シレトコドーナツ】*エキュート京葉ストリート限定商品

    思わず「かわいい!」と笑顔になってしまうデコドーナツに“にゃらん”が仲間入り!北海道の素材をふんだんに使用した、やさしいドー ナツはおやつにもお土産にもおすすめ。

    にゃらんのおててちらし(1パック直径12cm) 【魚力海鮮寿司】 *エキュート京葉ストリート限定商品

    ケーキ型のお寿司の 上には、ネギトロで描いた“にゃらん”の肉球が!お寿司の間には、カニやサーモンなど、自慢の海鮮もたっぷりの華やかなちらし寿司。こちらは各日限定20食で販売!

    おでかけにゃらん てぬぐい(1枚) 880円 はんかち(1枚) 550円 【濱文様】 *エキュート東京限定商品

    横浜捺染で染めたてぬぐいと、てぬぐ いはんかちが登場!様々な表情の “にゃらん”が楽しめ、温泉でも日常使いにも活躍しそう♪使うほどになじん でいって、使い心地も抜群。

     

    猫好きな方は、この機会にぜひ足を運んでみて。

  • 羽田空港限定!資生堂パーラーから“抹茶チーズケーキ”や“フロマージュショコレ”発売

    01.February.2020 | FOOD

    資生堂パーラーは2020年2月1日(土)より、羽田空港限定商品「チーズケーキ(抹茶)」「フロマージュショコレ」を発売する。資生堂パーラーの人気商品であるチーズケーキに抹茶など和の要素を取り入れ、目的や好みに合わせて選べる2種5アイテムを用意。個包装でお土産にぴったりの「チーズケーキ(抹茶)」と、クリームチーズとホワイトチョコレートを合わせた濃厚な味わいの生ケーキ「フロマージュショコレ」。東京・銀座の味を空港で楽しめる。

    「チーズケーキ(抹茶)」3個入 999円/6個入 1,998円

    京都府産宇治茶を使用した抹茶ペーストを加えた濃厚なデンマーク産クリームチーズを、北海道産の小麦粉を使った抹茶の香りのビスキュイで包み焼き上げた商品。香り豊かな抹茶の風味と濃厚なクリームチーズの絶妙なハーモニーが味わえる。

    パッケージは、資生堂パーラーのチーズケーキアイコンである“牛”と、抹茶を思わせるグリーンを基調としエアチケットをイメージした、可愛らしくもスタイリッシュなデザインに。

    「フロマージュショコレ」ブラン/マッチャ 各648円(カップ入)

    柔らかい酸味のシャンティフロマージュの層(上)とコクのあるホワイトチョコレートチーズクリーム(下)の2層仕立て。

    間に入ったクランブルがアクセントになっている。クリームチーズとホワイトチョコレートのミルキーなマリアージュが楽しめる “ブラン”と、福岡県産八女抹茶使用の“マッチャ”の2種類。

    「フロマージュショコレ」ブラン ココット 2,484円 ※要冷蔵です。消費期限はお買い上げ日当日となります。

    濃厚な味わいの“ブラン”はシェアできる大きなサイズも用意。蓋を開けたときのサプライズが楽しめる、特別なココット仕立て。大切な方へのプレゼントやパーティーへの手土産におすすめ!

     

    いずれの商品も限定数量に達し次第、販売終了となるので早めにチェックしてみて。

     

    ※写真はイメージ、価格は税込みです。

  • 日本食の魅力を美食の街 スペイン サン・セバスチャンで発信「Taste of Japan in Basque Country. ~Nippon Gastronomika~」

    28.January.2020 | FEATURES / FOOD / SPOT

    2013年、“和食”がユネスコの無形文化遺産にも登録されてから、年々、日本の“食”は海外で人気を博しています。今や日本料理だけでなく、日本産食材を使った海外の料理も増えました。

     

    このように世界から日本の“食”が注目を浴びる中、日本国農林水産省は日本食や日本産食材の魅力を発信するイベント「Taste of Japan」を世界各国で開催しています。今回MOSHI MOSHI NIPPON編集部は、スペインで開催された「Taste of Japan in Basque Country. ~Nippon Gastronomika~」に参加し、改めて日本の“食”の魅力に触れてきました。今回はイベントの様子をレポートします。

    スペイン北西部、フランスとの国境に接する美食の街サン・セバスチャンにある4年制の料理大学バスク・クリナリー・センター(BCC)でイベントは開催されました。バスク・クリナリー・センターは米国のCIA、イタリアのUISGと並び世界三大料理大学のひとつであり、料理で学位が取れる欧州初の教育機関となっており、スペインだけでなく、世界中の料理人を目指す人たちが在籍する学校です。

    生徒の“学ぶ”意欲はとても高く、今回のイベントにも、バスク・クリナリー・センターに通う約100名の生徒が参加しました。

    日本の“食”の魅力を各国で発信している「菊乃井」の料理長・村田吉弘シェフ、ロンドンの「Roketsu」オーナーシェフである林大介シェフ、スペインの日本食レストラン「Koy Shunka」の松久秀樹シェフ、特別ゲストにミシュラン2つ星のレストラン「Mugaritz(ムガリッツ)」のアンド二・ルイス・アドゥリスシェフを迎えて、バスク・クリナリー・センターのホルヘ・ブレトン先生がモデレータとなって「バスクからみた日本料理の世界」をメイントピックにしたトークセッションを行いました。

    テーマは多岐に渡り、「日本食では食材を”神様からのいただきもの”と考えている。味をつけるのではなく添える」という林シェフの話や、日本食を作る上で重要な要素として水・米・麹が挙げられたほか、自らも日本産の調味料や食材を使用しているアンドニシェフと日本人シェフたちによる、“旨味”についてのトークが繰り広げられました。

    これまで欧州では旨味は、日本人だけが感じる概念のようなものだと考えられていましたが、今は酸味や甘味などと同じく、物質としての存在が確認されています。村田シェフはスペインで暮らす生徒たちに分かりやすい例えとして、10年寝かせた生ハムはグルタミン酸が増えることで旨味が増し、おいしくなっていることを紹介しました。

    日本人は昆布やかつお節からダシをとり、当たり前に旨味を感じていますが、それは他国の人からするとまだまだ不思議な感覚なようです。

    次のコーナーは村田シェフによる講義と調理デモンストレーション。ここでも旨味の話は続きます。

    なぜ日本食がヘルシーなのかというと、日本食は味を追加するのではなく味の引き算をするから。素材の味を引き立てるように、味を添えている、という話に生徒たちはとても興味深そう。村田シェフは、オイルの量を足さなくても、ダシをしっかり取ることで深く味わいを感じられること、低カロリーでヘルシーな料理が作れること、を伝えました。

    そして、スペインでも手に入りやすいドライトマト・鶏肉のミンチ・編み笠茸からもダシをとることができ、水に1日入れて置くだけで旨味が出ることを紹介。スペイン国内でも手に入りやすい食材でダシが取れることは、料理を勉強するBCCの学生たちにとって、とてもためになる情報だっただろうと思います。

    講義の終盤には、昆布ダシとかつおぶしが配られました。

    昆布ダシを飲んで、旨味を感じた人?と村田シェフが確認すると、旨味を感じられた人はゼロ・・・!わからないという感覚がわからない、日本人からすると不思議な感じなのですが、みなさん旨味を感じられないようです。その後、かつおぶしを口に含んでから昆布ダシを飲むと、多くの生徒が旨味を感じられていました。なんだかとても奥深いです、旨味。

    ↑調理デモ配膳準備の様子

    ↑調理デモ見本用

    最後に、調理デモンストレーションでは、しっかりとダシをとった海老しんじょうの煮物椀が配布され、全員から「おいしい!」という声があがりました。

    次は松久シェフの調理デモンストレーション。スペインでレストランを3店舗経営する松久シェフ、軽快なスペイン語で笑いをとりながら講義を進めます。

    きゅうりを使って”蛇腹切”を披露したあと、全員に2種類のイカが配られました。イカを食べ比べると、同じイカでも切り方によってその柔らかさや、味の染み込み方が違うことがわかります。

    次はブリを捌き、寿司の握り方を説明します。わさびのすり方・酢飯(シャリ)の作り方と握り方を、終始動画で撮影する生徒も。日本人シェフのデモンストレーションを間近で見られるのは、とっても特別な体験なのだと思います。

    最後にブリの握りが全員に配布され、みなおいしそうに頬張っていまいた。

     

    松久シェフから生徒たちに話したアドバイスは「とにかく練習あるのみ!」ということ。自分も含め、アシスタントのパブロさんもとにかくたくさんの練習を重ねて、1人前になったとのこと。日本料理だけでなく、どんな料理のシェフにも通ずる”料理人”として大切なことを、自身の経験を踏まえ、お話されていました。

     

    林シェフは「食材は神様からのいただきもの。科学として料理を勉強するだけでなく、それぞれの国の文化、風習、宗教による制限など、料理の裏側にも目を向けてみてほしい」とコメント。

     

    そして最後に、村田シェフが料理人として”心がけていること”として、「料理を食べたお客さんが生きていてよかったと思うこと、また明日も頑張ろうと思ってもらえるような料理を提供すること」をいつも考えている、と生徒たちに伝えました。おいしい食事はいつだって私達の気分をハッピーにしてくれますが、村田シェフが食べる人のことを想って心を込めて作る料理、いつか私も食べてみたいです。

    「Taste of Japan in Basque Country. ~Nippon Gastronomika~」に参加した生徒たちは、どの講義中もみな真剣な眼差し。世界各国の食を学ぶ生徒が日本食に興味をもってくれていることは、とても誇らしい気持ちでした。

     

    気候や文化、それぞれの国の風習にちなんだ各国の料理がある中で、日本食ならではの食材・旨味・調理方法が世界から注目を浴びています。「Taste of Japan」を通して、その知識や技術を取得したシェフが増えていくことは、さらに日本食が世界へ広がっていくきっかけになることでしょう。

  • すべての勝ちたい人を応援!東京駅で買える「必勝祈願」のゲン担ぎグッズ&フード 7選

    13.January.2020 | FOOD

    受験前・プレゼン前など、しっかり準備をしたつもりでも不安な気持ちを吹き飛ばすためにゲットしたいのが「必勝祈願」グッズ。東京駅改札内のエキナカ商業施設「グランスタ」、改札外「グランスタ丸の内」では、試験に臨む受験生や勝負事に挑む人を応援するべく、2020年1月13日(月・祝)~2月14日(金)の期間、「必勝祈願フェア」を開催する。期間中は、「かつ(勝つ)サンド」をバラエティ豊かに取り揃えるほか、合格や幸運を引き寄せられるよう縁起が良いスイーツや雑貨を展開。どれも東京駅構内で購入することができる。

     

    己に勝つ!カツサンド特集

    紀伊国屋かつサンド 3切430円(税込)/紀ノ国屋アントレ グランスタ丸の内店:グランスタ丸の内B1F改札外ほか

    ジューシーな厚切り国産豚肉を使用した大人気のかつサンドは、スタミナが必要な時にサクッと食べられる。

    ひれかつサンド 4切 880円(税込)/名古屋名物 みそかつ矢場とん:グランスタB1改札内

    南九州の柔らかいひれかつを矢場とん特製ソースで味付け。噛むほどにジューシーな甘みが口いっぱいに広がる。

    たまご&海老かつサンド 1個 388円(税込)/今日のごはん和saiの国:グランスタ丸の内B1F改札外

    プリプリのエビをたっぷりと使用した海老かつと、濃厚な味わいのたまごサンドのペアセット。*1日数量限定

    三元豚のカツサンド イートイン:396円 テイクアウト:388円(共に税込)/ブランジェ浅野屋 グランスタB1改札内

    厚みのある三元豚のカツサンドはボリュームのある一品。勝負日のエネルギーチャージに最適! *1日40個限定

     

    戦国時代の縁起物 “かち”栗で勝つ

    銀の鈴サンドパンケーキ勝栗 1個378円(税込)/コロンバン グランスタB1改札内

    ふわふわワッフルパンケーキ生地にクリームと、戦国時代に縁起物として用いられた“かち栗”をモチーフに、栗をゴロっとサンド。*販売期間:2020年1月13日~2月14日

     

    良い予感の入った伊予柑入ドリンク

    いい予感入り (伊予柑)みかんの酢 5倍希釈 150ml 1,296円/飲む酢 エキスプレ・ス・東京 グランスタB1改札内

    勝負事に伊予柑(いい予感)の入ったみかんの酢で元気にがんばろう! *販売期間:1/13~なくなり次第終了

     

    縁起の良い五角(ゴーカク)の箸

    合格祈願セット 3,300円/にほんぼう グランスタ B1改札内

    五角のお箸で合格祈願!箸先まで五角なので食べ物も掴み易い。“合格”を掴みたい受験生へのプレゼントにおすすめ。*販売期間:販売中~3月上旬

     

    自分自身や知人への合格祈願に、東京駅グランスタのおいしいフード&グッズでゲンを担ごう!

  • テーマは食感 !日本料理コンテスト「和食ワールドチャレンジ」予選大会をパリで開催

    07.January.2020 | FEATURES / FOOD

    2019年11月5日、世界的に有名なパリの料理学校「ル・コルドン・ブルー」で「和食ワールドチャレンジ(WASHOKU WORLD CHALLENGE)」の予選大会が開催されました。日本国農林水産省主催のこのコンテストは、今年で7回目を迎えました。日本料理に高い関心を持ち、技術そして知識を向上させようと日々努力している外国人料理人を対象としています。予選大会は、香港、シンガポール、パリ、の3都市に加え、スペシャルプロジェクトとして、ラスベガス、サン・セバスチャン、ニューヨークを合わせて合計6都市で実施。選出された選手は2020年2月20日・21日に東京で開催される決勝大会へ招かれます。

    今年の大会テーマは『食感~ Texture and Mouthfeel ~』。日本語には『食感』を表現する単語は「もっちり」や「パリパリ」など400語以上もあるといわれ、日本料理の食感に対する意識の高さがうかがえます。食感の違う食材をバランスよく選び調理し、歯触り、歯ごたえ等を活かした料理を基本に、五味(甘味・塩味・うま味・酸味・苦味)を取り合わせ、変化を持たせることが大切だそうです。

     

    審査員には、日本料理アカデミーUK 副理事長、林 大介氏と「京料理 清和荘」三代目主人、竹中 徹男氏が務めました。書類選考を経て予選大会に出場した選手は合計6人。緊迫感に包まれた会場では90分間、選手たちが自らの料理の腕を振るいました。真剣な眼差しで熱心に調理する選手たちの姿に、「日本食」への情熱が伝わってきます。

    自由な発想で日本料理の五法(切る、煮る、焼く、蒸す、揚げる)を使って、指定メイン食材のホタテと、南瓜・人参・さやいんげん・大根・ほうれん草から食材を選んで組み合わせて調理するオリジナル料理1品が予選大会の課題でした。選手たちはほぼ似たような食材にも使用しているにも関わらず、料理表現は多様で新鮮に感じられました。

     

    結果は、ポーランドのPopow氏が優勝、東京での決勝大会への切符を手に入れました。以下が本予選大会の受賞者選手。

     

    1位: Wojciech Popow (国籍:Poland, 所属:Beaverbrook

    2位: Tamas Nazai(国籍:Hungary, 所属:Zen-noh Restaurant London Ltd.

    3位: Joe Kimura Downie (国籍:Scotland, 所属:Kimura’s Kitchen

    【1位】Wojciech Popow選手の料理

    【2位】Tamas Nazai選手の料理

    【3位】Joe Kimura Downie選手の料理

    Micaela Giambanco選手の料理

    Nageeb Fayzian選手の料理

     

    それぞれに色彩豊かな日本の四季「秋」を彷彿させる気品と日本料理の繊細な美を感じました。外国人とはいえここまでの高い調理技術とそれに裏打ちされた日本料理に対する思いを目の当たりにし、フランスにいながら何か新しい日本を感じる不思議な体験でした。

     

    審査を務めた竹中氏は、Wojciech Popow選手の料理について、

    「第一に”料理を作る姿勢”だと思います。食材への向き合い方。料理を作るときの食材への”敬意”、そして美味しく食べていただこうという”気持ち”が日本人的であったと思います。強すぎず、しかも主張のあるお加減(味付け)や美しい盛り付け、そして繊細な彩りと香りの使い方などが、他の選手と比べても群を抜いていました。彼の中にある”日本料理”への敬意が全て込められた一碗であったと思います。それは料理に対しても、家族に対しても同じで、彼の優しさが料理に乗り移ったのではないでしょうか?素晴らしいお料理でした。」とコメント。

    料理の技術はもちろんのこと、食材の扱い方や日本料理に対する気持ちなど、その内面までもが料理に表現されていたことが優勝の決め手になったようです。

    実は予選大会だけでなく、当日には、日本料理講習会と料理のデモンストレーションも行われました。

    日本料理講習会では、林氏が講師となり、四季を大切に素材の持ち味を活かす日本食の魅力をはじめ、旨味についての話、日本食に関する知識・調理技術・衛生管理など日本食料理人に求められる知識を凝縮した講義が行われました。

     

    調理デモンストレーションでは、林氏と竹中氏による「季節の茸ご飯」と「鴨の治部煮」が披露されました。鴨肉は脂を減らすためフライパンで焼くと、暫くするとジビエらしい甘く濃厚な香りが会場に広がりました。因みに、諸説ありますが「治部煮」とはフランス語の「ジビエ」から作られた言葉ともいわれているそうです。

    こちらは完成した料理!茸の炊き込みご飯の香りもふわっと鼻をかすめます。

    そして、弾力のある甘い鴨肉に軽く揚げた粟麩、一口で口の中に芳醇な香りと旨みが広がりました。鴨肉の風味や濃厚な旨味、鴨肉の甘さとタレの絶妙な塩加減の逸品。鴨肉をほっかほっかの茸ご飯と一緒に食べると、最高のコンビネーションでした。

    最後に、東京の決勝大会には、各予選大会から選出されたシェフ6名が挑みます。皆様、選手達を是非応援してください。取材を通じてフランスをはじめヨーロッパに、これだけの日本料理の技術を身につけたシェフ達がいることに驚きでした。今後の彼らの活躍も期待したいです。

  • 日本食材を使ったフレンチやスイーツを紹介!パリ「Taste of Japan in Paris ~Trends in Japanese Cuisine~ 」

    27.December.2019 | FEATURES / FOOD

    「ル・ピュルガトワール・54」はパリ10区にある現代美術と美食文化をメインとする特別なオープンスペース。オーナーのアラン・シレリさんこだわりのモダンで落ち着いたデザインに料理イベントに欠かせない広いキッチンスペースが地下に用意されています。

     

    そんな素敵な場所で2019年11月4日に日本国農林水産省が主催する日本産食材とサポーター店PRイベント「Taste of Japan in Paris ~Trends in Japanese Cuisine(日本食のトレンド)」が開催されました。

    イベントでは、フランスでも入手出来る日本産食材を使って、和食・フレンチ・スイーツをそれぞれシェフとパティシエが調理。デモンストレーションを通じてフランスの人たちに日本産食材の魅力や活用方法を発信していきます。

     

    和食担当の竹中徹男シェフをはじめ、フレンチの手島竜司シェフ、そしてスイーツはパティシエの石原三記子さんがデモンストレーションを披露しました。

    まず、竹中シェフが紹介するレシピは白味噌汁と和牛の塩糀焼。

    竹中シェフは【京料理 清和荘】の三代目を務めながら、海外でも「日本食の魅力」を多くの人に知ってもらうため様々なイベントに参加されています。

    「日本食の基本はやはりダシ。」そう言いながら、シェフは昆布のみのダシと、鰹節をいれたあとの昆布ダシをフランスの方々に試飲してもらいます。

     

    試飲した人々からは、「おいしい ! 」「まろやかだわ。」というコメントが。

    竹中シェフによると、ダシに馴染みのない海外の方も”おいしい” と感じるのは、海外で日本産食材の利用が増えつつあり、その「香り」に慣れてきたからだそう。

    12年前、竹中シェフの先輩方がフランスの料理学校で日本のダシを外国人の方に試飲してもらった時は、みなさんその味わいが苦手だったようです。フランスの人たちがダシをおいしいと感じるのは、日本産食材がフランスに浸透している証なのですね。

    完成した白味噌汁はとても甘く、ほうれん草の優しい苦味と相性が抜群でした。

     

    二品目は和牛の塩糀焼を調理します。「麹(糀)」とは穀物をカビ発酵させたもの。豊富に酵素を含んでおり、美容の面でも注目されています。

    じゅわっと焼きたての和牛に竹中シェフが山椒をかけると・・・

    喉が鳴るような音と香りで観客の視線は程よい脂の照りを見せる和牛に釘づけ!

    和牛の塩糀焼を一口食べると、あっという間に口の中で溶けてしまいました。

     

    続いては、フレンチの手島竜司シェフが手がける「和牛のしいたけのバロティーヌ/発酵牛乳/じゃばら酢のジュレ」と、「コンテチーズと西京味噌のラヴィオリ」。

    フレンチの奥深さに心を打たれ、26歳で渡仏した手島シェフ。16区にある凱旋門に近い「Restaurant PAGES」はなんとオープンからたったの1年半でミシュラン1つ星を獲得しました。

    シェフが手がける、日本産食材を使った日仏の「マリアージュ」料理が楽しみです。

    調理スペースには、和食 によく使われる食材以外にも、フレンチらしいコンテチーズや生クリーム、シブレットが用意してあります。

    そこで ひときわ目を引いたのは、綺麗な深い緑色の液体が入った瓶。

    「これは ?」と一人の観客が尋ねると、手島シェフは「青海苔のグレープシードオイルです」と答えました。ペパンオイルはクセがなく、香りもほぼしないため青海苔と合わせるのはもちろん、色々な食材と混ぜるのがおすすめだそう。観客は目をキラキラさせながら瓶を眺めていました。

     

    手島シェフは西京味噌の香りをもっと香ばしくするため、味噌を火で炙りました。

    食欲を誘う甘い香りが・・・!

    お腹が鳴ってしまいます。

    手島シェフがこのイベントのために調理した特別メニューがあっという間に完成。

    シブレットのフレッシュさと甘い脂がのっている和牛。

    中からは山椒の香りがふわっと。

     

    食べてみると椎茸の深い味とまろやかなマスカルポーネとリボの乳のソースがとても合います。美味しい日本酒やワインにピッタリの味わいです。

     

    とても可愛らしいバトーの形のラヴィオリ。作りたてで、中はほっかほか。コンテチーズと香ばしい西京味噌の組み合わせのクリームがとろり。日仏のマリアージュ、素敵です !

     

    最後の調理デモンストレーションは特に甘党のみなさんが楽しみにしていた、スイーツ。

    石原パティシエが担当です。嬉しいことに4品も !

    石原パティシエは1区にある「パレ・ロワイヤル」のレストランで2017年パティシエとしてミシュラン一つ星を獲得。さらに2019年からは「クラウン・プラザ パリ」にてパティスリー責任者を務めています。

     

    豆乳パンナコッタ、抹茶ケーキ、グラノーラのローズ・デ・サーブル。

    そして豆乳のチョコトリュフ。

     

    どれも美味しそう。

    石原パティシエが可愛く盛り付けた、カラフルでフルーティなスイーツに観客も興味津々。

    また、ヘルシー&ビーガンがトレンドの今。豆乳は特に注目を浴びていました。

    「豆乳のパンナコッタって癖があると思ったらこんなにも食べやすいのね。」、「抹茶のケーキが大好きなんだ。」、「このトリュフも豆乳かい ? 驚いた。とてもさっぱりしている。」などなど嬉しそうにスイーツを頬張る人たち。

     

    甘すぎず、抹茶のほろ苦さと豆乳のまろやかさが絶妙のバランスで、とってもフレッシュ。また、パンナコッタの硬さもちょうどよく、ライスグラノーラのカリカリ食感と、とても合いました。

     

    石原パティシエはここ数年、パリで日本産食材が多く取り扱われるようになったと言います。スイーツやフレンチでも様々なキュイジニエ(料理人)達が日本の食材に魅了されているそう。その中でも、「ゆず」、「抹茶」、「黒胡麻」、「あんこ」などが特に人気なんだとか。

    フレンチのコース料理で和菓子を食べる日も近いかもしれません。

     

    イベントには調理デモンストレーションで使われた日本産食材を紹介するブースや、まだまだパリでは珍しい日本の調味料・食材が展示されているブースがありました。

    「山椒」、「塩麹」、「椎茸」を提供した日本産食材を輸入する「UMAMI」。

    ブースに並べられた様々な食材を、フランスの人たちが興味深く試食したり、質問していました。

    来場者に聞いてみると、家でよく日本料理を作っているそうで、今回も日本の食材を探しにきたそう!すごい!

    LUPICIA Co., LTD.」は東京でも有名なお茶屋さん。パリでもとっても人気なお店です。

    「パリジャンに一番人気なものは ?」と尋ねたところ、

    「煎茶や玄米茶ですね。デトックス効果を求めて買うお客様が増えているんですよ。今では日本茶は馴染みのあるものです。」と教えてくれました。

    MURASE Co. , LTD. 」はお米やお米の加工品を製造・販売している企業です。このブースで気になったのは、石原パティシエが使用していた「グルテンフリーの米のグラノーラ」。きな粉味、メイプル味、そしてダシ味もありました。メイプル味が人気なのかなと思いきや、パリジャンに人気なのはきな粉味だそう!

     

    今回一番興味深かったのは、「日本産食材」がパリの人にとって「発見」ではなくなりつつあること。そして、「醤油」と言えば誰でも分かり、「味噌」を使っている人も増えてきていること。

    フランス人の日本食に関する興味がこのまま増えていけば、もっとディープな日本産食材が紹介され、食材の活用方法をより知ってもらうことができそうです。

    日本食を食べるだけでなく、これからは ”外国人が日本食を自分で作る” フェーズに入っていくのかもしれません。

     

     

    <イベント出展社リスト>

    UMAMI https://www.umamiparis.com/fr/

    FOODEX https://www.foodex.fr/

    LUPICIA CO., LTD.  http://www.lupicia.fr

    Takara Food’s CO., Ltd https://www.takara-jp.com/

    FUJI OIL HOLDINGS INC.  https://www.fujioilholdings.com/en/

    MURASE Co., Ltd.  https://www.murase-group.co.jp/

    Sumiya Bunjiro Brewery Co., Ltd.  http://www.mikawamirin.com/en/

    HAKKAISAN BREWERY CO., LTD.  https://www.hakkaisan.com/ *

     

    *pour acheter le produit, visitez GALERIE K PARIS https://galeriekparis.com/eshop/

    ÔYA Paris-boeuf japonais https://www.oyaparis.eu/

  • バターサンド専門店「PRESS BUTTER SAND」風呂敷で2種のバターサンドを包んだ新ギフト登場

    15.December.2019 | FOOD

    バターサンド専門店「PRESS BUTTER SAND」は、2019年12月13日(金)より、PRESS BUTTER SAND京都駅店にて「つつみ〈宇治抹茶〉」を、PRESS BUTTER SAND 博多駅店にて「つつみ〈あまおう苺〉」を数量限定で販売する。

    今回発売する「つつみ〈宇治抹茶〉」、「つつみ〈あまおう苺〉」は、地域限定商品である「バターサンド〈宇治抹茶〉5 個入」、「バターサンド〈あまおう苺〉5個入」をそれぞれ定番商品の「バターサンド 5個入」とセットにし、オリジナルの風呂敷で包んだ商品。PRESS BUTTER SANDが大切にしている職人的なイメージから「職人らしさ(アーティザナル)」をテーマに設定し、「その土地のらしさ」を表現する風呂敷が制作された。 

    オリジナルの風呂敷は、PRESS BUTTER SANDのクリエイティブ・ディレクションを担当する柿﨑弓子(BAKE Inc.)と、京都や福岡で活躍しゆかりのある各クリエイターがコラボレーションし、地域ごとの特徴あるデザインで制作。また、現在PRESS BUTTER SAND東急フードショーエッジ店では、「バターサンド 5個入」と「バターサンド〈黑〉 5 個入」をセットにした「つつみ〈黑〉」も用意されている。 

    年間2500万個を販売するバターサンド専門店「PRESS BUTTER SAND」で上品な一品をぜひ手にとってみてほしい。

  • 東京駅改札内「グランスタ」にて“年末年始フェア”開催!干支スイーツ・雑貨・お土産が盛りだくさん

    12.December.2019 | FOOD / SPOT

    東京駅改札内のエキナカ商業施設「グランスタ」および改札外「グランスタ丸の内」にて、2019年12月26日(木)〜2020年1月5日(日)の期間、「年末年始フェア」が開催される。期間中は、2020年の干支である「子」をモチーフにした個性豊かな“新春スイーツや雑貨”、“お年賀手土産”がバラエティ豊かに登場。また、新春を彩る“豪華弁当”も登場し、新年を祝うアイテムを東京駅構内で便利に購入することができる。 (以下、価格は全て税込)

     

    スイーツ・お土産

    「ベイクド新春2020」(5個入り 1,600円)

    店舗名:フェアリーケーキフェア <GS/B1改札内> 販売期間:12/26〜

    可愛らしいねずみが描かれたベイクドカップケーキ。たまご風味のケーキの下にキャラメルが入っていてプリンのような味わいが楽しめる。

     

    「上生菓子詰合せ」(6個入 1,848円)

    店舗名:銀座甘楽<GS/B1改札内 > 販売期間:12月中旬〜1月中旬

    干支や、東京駅の待ち合わせの名所「銀の鈴」モチーフの、食べるのがもったいないほど可愛らしい上生菓子。 

    「銀座 菊廼舎 冨貴寄 開運干 支缶」(200g 1,998円)

    店舗名:神保町いちのいち <GS丸の内/B1改札外> 販売期間:販売中〜なくなり次第終了

    干支を描いた麩焼きや、縁起物をかたどった約30種類の小さな干菓子を盛り込んだ年末年始のみの限定商品!

    「(左)干支こけし ねずみ (右)豆干支こけし ねずみ」 (左 2,090円/右 880円)

    店舗名:シェアードトーキョー<GS/B1改札内> 販売期間:販売中

    小さなスペースにも飾れる可愛らしい干支のこけし。 紅白でおめでたさアップ!※数量限定 

    「年賀状えびせんべい」 (11袋入 1,080円)

    店舗名:桂新堂<GS/B1改札内> 販売期間:販売中〜なくなり次第終了

    「今年もよろしくお願いします」のメッセージや干支が描かれた、新年のご挨拶にぴったりのえびせんべい。 

     

    おせち・新春弁当

    「豊穣(ほうじょう)」 (8,000円) 

    店舗名:浅草今半 < GS/B1改札内> 販売期間:1/1のみ

    お店自慢の黒毛和牛、おせちの定番食材盛り合わせ、お赤飯と鯛めしが贅沢に味わえる。※限定10セット 

    「おせち招福寿膳」(1,800円)
    店舗名:笹八 <GS/B1改札内> 販売期間:1/1〜1/3 

    昆布巻さば棒鮨や、海老と鯛の手まり寿司など、おいしいお酒と一緒に楽しむのに最適な一品!※1日限定20食 

     

    年末年始に東京駅を利用する際には、ぜひ気になる商品をチェックしてみて!

  • 2019年東京駅の新エリア「HANAGATAYA」手土産販売数ランキング初公開

    30.November.2019 | FOOD

    今年7月にJR東京駅中央通路にオープンした手土産のセレクトショップ「HANAGATAYAグランスタ東京中央通路店」の商品販売数ランキングを初公開!年末年始の帰省の際の手土産選びに役立つランキングは、「HANAGATAYA」でしか買えない限定商品や開業時に「HANAGATAYA」から発信した先行販売商品に絞ったランキングです。ぜひ参考にしてみてくださいね!

     

    第1位

    東京2020オリンピックエンブレム バナナカスタードケーキ (東京2020公式ライセンス商品) 8個入 1,134円(税込)

    東京2020オリンピック競技大会公式ライセンス商品です。開催国日本のお米で仕立てたもっちり食感のケーキから、元気の源ばななカスタードがとろーりとろけます。

     

    第2位

    東京ばな奈バターマドレーヌ、「見ぃつけたっ」  (東京ばな奈ワールド) 4個入 560円(税込)

    HANAGATAYA限定の「東京ばな奈」は、バターのおいしさたっぷりのNEWマドレーヌ。バターの香ばしいかおりに、ばななコンフィチュールとレモンの風味が優しく包みこまれ、焼きあげられました。

    ※ HANAGATAYAグランスタ東京中央通路店限定

     

    第3位

    トロワアンプレス ショコラひよ子 (東京ひよ子)3個入 648円(税込)

    「名菓ひよ子」は誕生から107年。「トロワアン プレス ショコラひよ子」が誕生しました!異なる味わいのチョコレートがたのしめる3層構造で、しっとりチョコ餡の中から濃厚なとろけるチョコレートがあらわれます。

    ※ 東京駅限定

     

    第4位

    チーズウィッチ (テラ・コンフェクト) 5個入 594円(税込)

    さっくりとしたチーズクッキーに、チョコレートでコーティングしたとろけるチーズ風味のソースがはさんであります。味も食感も異なる3層の調和が新鮮な味わいです。

    ※ 東京駅限定

     

    第5位

    ショコラマロンたまご (銀座たまや)4個入 800円(税込)

    ひとくちサイズのころんとしたかわいらしさが人気の「ごまたまご」。HANAGATAYAから生まれたマロン味は、ダークチョコレートとココア生地が層になり、バニラ風味をきかせたマロンの餡が包んであります。

    ※ 東京駅限定

     

    第6位

    いちごサンドクッキー (Berry UP!)8個入 1,296円(税込)

    いちごの焼き菓子を展開するキュートなブランド「Berry UP!」。カリッと焼き上げたチュイールクッキーに甘酢っぱいいちごチョコレートをサンドした、5層仕立てのサンドクッキーです。

     

    第7位

    新宿カリー濃えび (新宿中村屋)6袋入 600円(税込)

    ふわっと軽い食感のとろけるような生地に、えびの旨みと中村屋伝統のカリースパイスをあわせた、やみつきになる新感覚スナックです。

     

    第8位

    いちごポルボローネ (Berry UP!)6個入 1,296円(税込)

    果実感たっぷりのいちごに練乳とマスカルポーネを合わせやさしい甘さに仕上げた、口どけの良いホロホロとしたクッキーです。

     

    第9位

    BLUE MELTIN SAND (東京カンパネラ)8個入 1,200円(税込)

    ハーブティーとクッキーがひとつになったら…?そんなひらめきと、ときめきから生まれました。薄いラングドシャ・クッキーを一口かじるとあふれだすのは、天然ブルーのハーブティーソースです。

     

    第10位

    プレミアムカカオフルサブレ(メリーチョコレート)18個入 1,350円(税込)

    チョコレートブランドならではの技術と製法で作り上げた「カカオフルサブレ」にプレミアムバージョンが誕生。ほろにがいカカオとダブルベリーが奏でる少し贅沢な大人のサブレです。

    ※ HANAGATAYAグランスタ東京中央 通路店限定

     

    いかがでしたか?お土産としてはもちろん、自分へのご褒美にもぜひ気になる商品をチェックしてみてくださいね。

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US