銀座の新ナイトスポット「PLUSTOKYO」。異なるコンセプトのクラブバーで音楽とドリンクを楽しむ

26.November.2018 | SPOT

東京・銀座一丁目のキラリトギンザ12階に、都内最大のミュージックラウンジ「PLUSTOKYO(プラストーキョー)」が、2018年11月27日(火)グランドオープンする。

銭湯絵師による富士山がメインフロアに

ギャラリーを併設し、アートを楽しむこともできる

 

「PLUSTOKYO」は、音楽を軸に、アート・フード・エンタメの要素を併せ持ち、クラブでもあり、カフェバーでもあり、アートギャラリーでもある、これまでにない新しい遊び方を提案する“オトナの社交場”。

12階には、上質な音楽とともに楽しむドリンクを提供する、コンセプトの異なる3つのバーがある。入口付近にある30mのカウンターバーは、アスファルト素材でつくられストリート感を演出。

バー後方のガラス越しに見える銀座の夜景を楽しみながら、カクテルやワインなど各種アルコールが注文できるほか、コーヒーマシンも置いてあり、カフェドリンクも注文可能だ。

2つ目の”POPBAR”は、様々な企業とタイアップしたポップアップのバーが登場し、期間限定でドリンクが提供される。オープニングを飾るのは、西麻布にあるBIO日本酒専門店「twelv」がキュレーションした日本酒。ここでは電子タバコの「IQOS」ともコラボし、店内では唯一POPBARだけ、IQOSのみ喫煙可能となっている。

3つ目の「Code Name Mixology Group」は、日本で6号店目の店舗であり、日本産クラフトスピリッツをメインに使った「Mixology Spirits Bang(k)」が特別出店。

近年人気の日本産ウイスキーや、いま注目度が高まっている日本産クラフトジンを飲みながら、大人の時間を過ごすことができる。

12Fから階段をあがりルーフトップへ

 

そして、「PLUSTOKYO」のルーフトップは、日本で初めて、野外で朝までクラブ営業を開始する。

開放感のあるルーフトップからは、東京タワーとスカイツリーの両方が見渡せるほか、春にはメリーゴーランドを設置!春〜秋にかけてはBBQ営業も予定している。

メインフロアの富士山の裏には赤富士も

ピンクを基調とした部屋:ROSE

 

大人が楽しめる遊園地のような「PLUSTOKYO」は、銀座の新しいナイトスポットとしてオープン前から注目されている。銀座の夜を楽しみたい方はぜひ足を運んでみて。

 

Writer:Yuki Yokoo

Photographer:Haruka Yamamoto/PLUSTOKYO Official Photos

TALENT PROFILE

UNA

アーティスト、モデルとしてもエッジー&クールなルックスで原宿の“イット・ガール”として人気を博し、原宿ストリートを体現する独自のファッションは多方面から熱い支持を得ている。 デビュー前にフランスでライブ、2014年にはロサンゼルス・サンフランシスコでLIVE出演するなど、世界中で活躍。2015年7月、LITTLE(KICK THE CAN CREW)とコラボ、7月30日にはVERBAL(m-flo)プロデュースによる名曲のカバー「Shimauta」を配信リリースし、新しい島唄としてストリートシーンで話題をよんでいる。

RELATED ENTRIES

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US