チームラボと蜷川実花がコラボ!ラフォーレミュージアムでエキシビジョン開催

16.December.2018 | SPOT

EPSON teamLab Borderless(エプソン チームラボ・ボーダーレス)は、2018 年 11 月 28 日(水)に来場者が 100 万人突破したことを記念して、12月18日(火)から12月22日(土)の期間、ラフォーレミュージアム原宿にて、フォトエキシビション「Mika Ninagawa @ teamLab Borderless」を開催する。
本フォトエキシビションは、写真家・蜷川実花の独自の感性で「チームラボボーダレス」を表現してほしいとオファーして実現した。

会場では、蜷川実花が「チームラボボーダレス」の世界を切り撮った作品と、彼女が自身のミューズとも語る玉城ティナをモデルとして「チームラボボーダレス」の世界を撮影した作品、あわせて 21 作品を展示。
蜷川実花が撮り下ろした写真は、12月11日(火)にオープンする特設サイトで一足先に公開する。
会期中には、会場でしか手に入らない非売品の特製ブックレットZINE「Mika Ninagawa @ teamLab Borderless」を先着順で限定1,000冊配布。

 

蜷川実花コメント
「ロケをしに行くみたいにどんどん動いていくいい瞬間や場所を探し追いかけました。
それは新しい感覚でありながら通常やっている事と同じでした。
チームラボが作った世界の中に人物を連れてロケに行く。
まるで森に冒険に行くように。
それが自然であってもデジタルであっても。」

この夏大人気のチームラボボーダーレス。蜷川実花の世界観をどう表現するのか注目!

RELATED ENTRIES

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US