朝8時オープン!絶品サンドイッチが食べられる原宿のカフェ&美容室「whyte」

02.March.2019 | FASHION / FEATURES / FOOD / SPOT

みなさんこんにちは、もしもしにっぽん編集部のエリーです。

 

今回は、オーガニックやヴィーガンの思考を取り入れたサロンでありつつ、こだわりのサンドイッチやコーヒーなどを提供する「whyte(ホワイト)」に足を運んでみました。

場所は原宿駅から徒歩約10分、竹下通りを出てまっすぐ歩き、ファミリーマートを左手に曲がってまっすぐ歩いてください。ベルエポック美容専門学校の隣になります。

かわいい淡いグリーン色の一軒家です。一軒家の美容室とカフェってめずらしいですよね!

whyteのコンセプトは、ヴィーガンビューティーを目指し、サスティナブルであること。カフェ・サロンどちらとも体や自然に優しい工夫が施されていました。造語「whyte」はwhy=お客様の悩みを解決できるように、white=ナチュラルでこだわりのオーガニックコスメを使って、体の中からキレイに“ホワイト”になれるように、という二つの言葉を組み合わせてできたそう。

カフェでは、イートイン・テイクアウトが気軽にできるサンドイッチが販売されています。

ショーケースにはおいしそうなサンドイッチがたくさん!

一番人気は「たまごサンド」(300円)。溢れんばかりのたまごがぎっしり入っています。たまごは低農薬のものを使用しているそう。パンがとても柔らかくて、余計なものが入っていない自然な味が楽しめました。

こちらはヴィーガンメニューの「アボカドとトマトのサンド」(400円)。動物性の素材を一切使っていないパンで作られています。外国人に人気のメニューだそうです。トマトとアボカドの贅沢な組み合わせが嬉しいですが、見た目もとっても綺麗ですよね!

ドリンクの一番人気は、「自家製レモネード」(400円)。甘すぎることなく、こちらも優しい味わいがしました。whyteのメニューは、コンセプトにあるように刺激が少なく、本当にどれも優しい味です♪そしてなんとこちらの容器はとうもろこしの素材の一部でできているのだとか。細かい部分まで環境への配慮が考えられているのがすごいですよね。

 

カフェでは旬な食材を使ったサンドイッチなど10種類前後の軽食が楽しめるほか、季節に合わせたドリンクも販売されています。いろいろな種類のサンドイッチを食べてみたくなりますね!

イートインスペースには光がたくさん差し込んでいました。

看板犬のマレくんも日に当たって気持ち良さそう♡

サロンスペースは、落ち着いた雰囲気が漂っていて、とてもおしゃれ。

なぜ原宿ではめずらしい”朝8時”という早い時間からオープンすることになったのか、オーナーの浜本さんに聞いてみると、「朝という時間を有意義に使うと1日が気持ちよくスタートすることができます。自然体な暮らしをみなさんに提案したいんです」おっしゃっていました。

たしかに、朝から美味しいドリンクとサンドイッチを楽しみ、髪を切ってイメージチェンジをするという体験って、なかなか自分へのご褒美になりますよね。オーガニックシャンプーが使われていたり、オーガニックパーマができるのもうれしい!

そんな浜本さん、実は一般社団法人「国際ヴィーガンビューティー協会」の創設者。

「日本でもっとヴィーガンビューティーを普及させるよう、これからも新しいライフスタイルを提案していきます!」と意気込みを語ってくれました。

 

とてもオープンな雰囲気のwhyteには、日本人のみならずふらっと立ち寄る外国人観光客の方も多いのだとか。ぜひみなさんも気軽に立ち寄り、whyteの暖かい雰囲気を感じてみてくださいね♪

RELATED ENTRIES

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US