TEMPURA KIDZ P→★の動物カフェ日記 #5 日本初のマイクロブタカフェ 目黒「mipig cafe」

12.April.2019 | FEATURES / SPOT

動物が大好きなTEMPURA KIDZのP→★ちゃんが、都内の動物カフェを巡る連載企画。今回は、3月に目黒に新しくオープンした日本初のマイクロブタカフェ「mipig cafe(マイピッグカフェ)」にお邪魔しました!

マイクロブタとはイギリスで品種改良によって産まれた超小型のブタのことで、ミニブタより小さいサイズ。「mipig cafe」のコンセプトは”マイクロブタさんのおうち”。マイクロブタとゆったりふれあえる空間です。エントランスでは、ブタがお出迎えしてくれます。

4階建てのビルで、それぞれのフロアがマイクロブタの家のような作りになっています。料金は最初の30分が800円、以降30分につき500円、ワンドリンク制でドリンクは600円〜。オープンしたてから大人気なので、必ず予約をしてから行ってください。当日の時間の延長も可能ですが、予約がいっぱいのときは延長できません。

ブタはすごく人懐っこいのが特徴です。P→★ちゃんが部屋に入ると同時にブタが近寄ってきました。すぐに体に乗ってきます。

抱っこされてるのが落ち着くのか、ずっと動かずにP→★ちゃんの腕の中にいます。「癒される〜♡ もうずっとこのままでいたい!」とP→★ちゃんも大喜び。

マイクロには品種がなく、々なタイプが掛け合わされているので、同じときに産まれた子でも、柄や大きさが全然違うこともあるのだとか! この4匹は兄弟でみんな生後4か月だそう。mipig cafeには、現在10のマイクロブタが住んでいます。ブタは綺麗好きで頭のいい動物なので、訓練すれば犬のように躾けることも出来るそう。mipig cafeにも”まわれ”や”お座り”が出来る子もいます。

人懐っこいマイクロブタは、一度会うと虜になっちゃうこと間違いなし。人にくっついて動かないので、自撮りもしやすい!

メニューはドリンクの他にも、ケーキなどのフードメニューも。予約が2年先まで取れないと話題のイノベーティブ・フュージョン「長谷川稔」の「特製チーズケーキ」(850円/税抜)も特別に販売! また、休日のみ10食限定でオリジナルメニュー「ブタさんケーキ」も。

アメリカやイギリスではブタはペットとして一般的ですが、日本ではまだ家畜のイメージが強いのが実情。mipigは日本でもマイクロブタを犬や猫と同じように身近なペットにするための活動をしていて、本場イギリスのファームと提携しマイクロブタの販売もしています。マイクロブタと言っても、成長すると40kgほどになることも。カフェでは成長したマイクロブタを見られるフロアもあります。大きくなるのを想定して、家族の一員に加えてあげてくださいね。ただ現在は人気のため、受け渡しが1年以上先になります。

 

P→★ちゃん、mipig cafeはどうだった?

「今まで行った動物カフェの中で1番楽しかった! 動物にずっと触れ合えるのが楽しくて、マイクロブタが飼いたくなっちゃった! 匂いも気にならないし、ずっと一緒にいられちゃう。予約がいっぱいだと延長ができないから、予約する時点で時間を長めにしておくのがオススメだよ! チーズケーキめちゃくちゃ美味しかったから、絶対食べてみてね!」

3月にオープンしたばかりなのに日本全国や世界からもお客さんが訪れるmipig cafeは、予約なしでは入れないほど大人気。みんなも予約をしてから遊びに行ってみてね。

 

 

Model:P→★(TEMPURA KIDZ)@0830_pika

Photo:Haruka  Yamamoto

Text:Sayoko Ishii

TALENT PROFILE

TEMPURA KIDZ

強烈な個性を武器に世界を飛び回る新世代ダンスボーカルユニット。 オリジナリティ溢れる自作のキレキレダンスパフォーマンスと、元気満タンな弾けるダンスサウンドに、若さと勢いが溢れ出る迫力のステージパフォーマンスを融合!目も耳も奪う超絶パフォーマンスを世界に発信中! 海外での活動も積極的に行い、これまでに訪れた国は、タイ、フィリピン、ミャンマー、ベトナム、カンボジア、シンガポール、マレーシア、台湾、中国、フランス、スイス、ドイツ、スペインの13カ国17都市。 明るい歌と弾けるようなダンスで人々を元気にし、観る者を一瞬して虜にするTEMPURA KIDZは、いまや世界を熱狂させている。

RECOMMENDED ENTRIES

  • TEMPURA KIDZ P→★の動物カフェ日記 #4 豆柴に癒される 原宿「原宿乃豆柴カフェ」

    07.February.2019 | FEATURES / SPOT

    動物が大好きなTEMPURA KIDZのP→★ちゃんが、都内の動物カフェを巡る連載企画。今回は、原宿竹下通りの「原宿乃豆柴カフェ」にお邪魔しました!

    「原宿乃豆柴カフェ」は、東京初の豆柴カフェ。JR原宿駅から徒歩3分、東京メトロ明治神宮前駅から徒歩5分と、原宿観光のついでに立ち寄りやすい立地。同じビルの地下1階は系列店「原宿乃フクロウの森」もあります。

    昭和歌謡が流れるレトロな店内で、風呂敷柄のバンダナをした豆柴たちがお客さんを待っています。畳敷きなので靴を脱いで店内へ。入場は店頭での当日券のみで、時間は30分制(大人880円)。チケットを購入したら、指定の時間に戻ってきます。売りきれてしまうこともあるので、早めに当日券を買いに行きましょう。

    店内はワンドリンク制。好きな飲物を選んだら、畳に座って豆柴たちと遊びましょう。ノスタルジックな畳敷きの店内には、ちゃぶ台やレトロなテレビなどが置いてあります。自動販売機まで和ダンス柄!

    豆柴たちは、朝はとっても活動的! 思い思いに自由に過ごしています。中でも、陽が入ってポカポカの窓際がお気に入りの様子。

    お店ではだっこは禁止ですが、豆柴から抱きつかれることも! 元気いっぱいの豆柴と触れ合えます。

    おもちゃを使ったり、おやつをあげたりして、好きなだけ豆柴たちと遊べます。

    豆柴たちは、お昼が近づいてくるとお昼寝モード。寝っ転がる子が増えてきます。その分、一緒に写真を撮りやすくなるから、一緒に撮影したい人はお昼すぎに入るのがおすすめ! 豆柴たちは起きたりお昼寝を繰り返したりして、閉店時間まで自由に過ごしています。

    店内では柴犬グッズも販売しています。「忠犬もちしば」や「柴田さん」など、人気の柴犬キャラがたくさん! 1番人気は「忠犬もちしばのねそべりキーホルダー」だそう。

    P→★ちゃんは、「小さい頃におばあちゃん家に柴犬の赤ちゃんがいて、その子以来、柴犬に触れ合いました! チワワみたいに可愛らしい犬より、少し個性がある豆柴の方が好き。お店も和テイストで広くて落ち着くし、最高の時間でした!」と大満足の様子。

    「原宿乃豆柴カフェ」は、ペットが飼えないマンション暮らしの人や外国人観光客で毎日大盛況。ウェブや電話では予約できないので、原宿観光の最初に立ち寄って当日券をゲットしてから、竹下通りで遊びましょう。原宿・竹下通りの真ん中で、可愛い豆柴に癒されてみては?

  • TEMPURA KIDZ P→★の動物カフェ日記 #3 うさぎと遊べる 原宿「Ra.a.g.f」

    26.September.2018 | FEATURES / SPOT

    動物が大好きなTEMPURA KIDZのP→★ちゃんが、都内の動物カフェを巡る連載企画。今回は、うさぎと遊べる原宿の「Ra.a.g.f(ラフ)」にお邪魔しました!

    東京メトロ「明治神宮前駅」から徒歩5分、JR「原宿駅」から徒歩8分、各線「渋谷」駅からも徒歩圏内の立地で、原宿観光のついでに立ち寄るのにぴったり!

    マンションの一室に、うさぎが15羽くらい滞在。遊びたいと思ったうさぎをゲージから出して、お部屋で遊ばせられます。うさぎは一羽ずつ出すのがルール。縄張り意識が強い動物なので、2匹出すと喧嘩したり、男女だと子供を作ってしまうんだとか。

    ゲージの中から、遊びたい子を選びます。料金は、30分800円 or 60分1100円のワンドリンク制。その後は、延長30分ごとに550円が加算されます。

    P→★ちゃんが最初に選んだのは、垂れ耳のろこくん(男の子)。ポーランドロップという品種です。

    うさぎは餌を求めて動くので、餌を使って自分の近くに誘います。うさぎのおやつは、150円。目が悪いので、餌を顔の近くに持っていくのがポイント。また、うさぎたちは自分の名前を分かっているので、たくさん名前を呼んであげましょう。

    うさぎは捕食される側の動物なので抱っこは苦手。お店では抱っこは禁止なので、自ら膝に乗ってもらえるように餌で誘導します。

    膝に乗ってくれました! うさぎは、あごの下やお腹を触られるのを嫌がるので、撫でてあげるときは、頭から背中をやさしく撫でます。

    すっかり仲良くなりました! 「可愛くて、飼いたくなっちゃった! ふわふわ!」とP→★ちゃん。

    お次はお店で一番のイケメン、ぷりっつくん(男の子)。品種は、ネザーランドドワーフ。まるでピーターラビットのような見た目でお店の一番人気。

    ぷりっつくんは、人の周りを走り回ります。本人はP→ちゃんと一緒に遊んでるつもりなんだとか。今日はご機嫌な様子です。

    そして、特技は握手。餌をあげて、前足を上げたタイミングで握手しましょう。

    最後に選んだのは、らくだちゃん(女の子)。ミニレッキスという品種で、海外からのお客さんのリピーター率No.1だそう。女の子はあごやお尻に脂肪がつくので、見た目がもこもこしています。

    人懐っこくて、すぐに膝の上に乗ってくれました!

    らくだちゃんは、お客さんにマッサージしてもらうのが大好き! おでこからお尻まで撫でると、べたーと床に寝そべります。この姿をするのはこのお店でもこの子だけ。それが人気でリピーターが多いんだとか!

    たくさんのうさぎと遊べて、大満足のP→★ちゃん。「うさぎは、小学生のときに東武動物公園で触ったぶりだったから、今日はいっぱい触れて、めっちゃうれしかった! 毛が長い子と短い子で、触った感触が違うのにもびっくり! 短い子は絨毯みたいで、長い子はふわふわ。うさぎが飼いたくなっちゃった! 1番のお気に入りはらくだちゃん。すごく癒されました♡」

    「Ra.a.g.f」には、他にもたくさんの種類のうさぎが滞在してるよ。優しいスタッフさんが、うさぎとの遊び方を教えてくれます。「まるで保育園の先生のようにうさぎに接するお姉さんが、めちゃくちゃ面白かった! ぜひ遊びに行ってみてね」とP→★ちゃん。

     

    販売のうさぎはその場で購入することもできて、うさぎホテルもやっています。うさぎのグッズも販売してるので、うさぎ好きは絶対に訪れてみて。

     

    ■Information

    Ra.a.g.f

    住所:東京都渋谷区神宮前6-14-15 メゾン原宿3F

    営業時間:平日12:00-19:30(最終入店19:00) 土日祝日11:00-20:00(最終入店19:30)

    定休日:毎週火曜日

    アクセス:東京メトロ「明治神宮前駅」A7出口より徒歩約5分、JR「原宿駅」表参道口より徒歩約8分、各線「渋谷駅」13番出口より徒歩約10分

    URL:https://raagf.com

     

    Model:P→★(TEMPURA KIDZ)@0830_pika

    Photo:Kayo Sekiguchi

    Text:Sayoko Ishii

    TALENT PROFILE

    TEMPURA KIDZ

    強烈な個性を武器に世界を飛び回る新世代ダンスボーカルユニット。 オリジナリティ溢れる自作のキレキレダンスパフォーマンスと、元気満タンな弾けるダンスサウンドに、若さと勢いが溢れ出る迫力のステージパフォーマンスを融合!目も耳も奪う超絶パフォーマンスを世界に発信中! 海外での活動も積極的に行い、これまでに訪れた国は、タイ、フィリピン、ミャンマー、ベトナム、カンボジア、シンガポール、マレーシア、台湾、中国、フランス、スイス、ドイツ、スペインの13カ国17都市。 明るい歌と弾けるようなダンスで人々を元気にし、観る者を一瞬して虜にするTEMPURA KIDZは、いまや世界を熱狂させている。

  • TEMPURA KIDZ P→★の動物カフェ日記 #2 フクロウ&タカとふれあえる  原宿「フクロウのお庭」

    01.August.2018 | FEATURES / SPOT

    動物が大好きなTEMPURA KIDZのP→★ちゃんが、都内の動物カフェを巡るこの連載。2回目となる今回は、フクロウだけでなくタカもいる「フクロウのお庭」に遊びに行ってきました!

    JR「原宿駅」から徒歩6分、東京メトロ「明治神宮前駅」からは徒歩2分、東急プラザの裏側に位置する好立地で、原宿でのお買い物のついでに気軽に立ち寄れます。今回P→★ちゃんはハリーポッターをイメージした服で遊びに来ました!

    イングリッシュガーデンをイメージした広々とした店内に、フクロウとタカが計12羽ほどいます。自然光が入り緑あふれる店内で、みんなリラックスした様子。

    料金は、スタンダードプラン1,500円(60分)など。ふれあい、撮影、腕乗せが無制限でできます。まずは、フクロウからふれあってみましょう。頭から背中、胸の表面だけを、毛並みに沿って優しくタッチします。こちらは、モリフクロウ。

    フクロウ、ハヤブサの腕乗せは、店員さんに声をかけ、グローブを装着してから乗せてもらいます。こちらは、アメリカチョウゲンボウ。このお店唯一のハヤブサです。乗せてる手を動かさないように気をつけると、おとなしくリラックスしてくれます。

    こちらは、メンフクロウ。この印象的なフェイスに虜になるお客さんも多いそう。「この子はすごいふわふわ!」とP→★ちゃん。

    P→★ちゃんのお気に入りは、コキンメフクロウ。この小さなサイズ感にキュン♡

    フクロウは、あまり動き回らない省エネタイプの鳥だから、写真を撮るにはぴったりなんです。セルフィーも簡単にできるから、インスタ映えも狙えちゃう。

    お次は、鷹匠体験! タカとふれあえるお店はあるけれど鷹匠ができるお店は少ないので、数時間かけて来店するお客さんもいるほど。壁に背を向けて立ち、「1、2、3」の合図で肩の高さまで手を上げると・・・

    数メートル先にいるタカが合図に反応して、手元まで飛んできてくれます。1回500円で2フライト体験可能。

    「まるで魔法使いになったみたい!」とP→★ちゃん。今回フライトしたのは、ハリスホーク。ハリスホークは、「空飛ぶ犬」と呼ばれるほど頭が良いんです。ちょっぴり怖いイメージがあるタカだけど、実はとても人懐っこい動物なんですよ!

    こちらのお店では、店内でドリンクを飲みながら、フクロウ&タカと遊べます。予約をするとドリンクサービス、予約なしだと100円で購入できます。遊びに行くときは、予約してから行くのがベター。

    お店で販売しているフクロウの抜けた羽根を利用したピアスも人気。お気に入りの子の羽根を見つけてみて。フクロウたちの写真集などのグッズも発売しています。

    フクロウカフェで初めてのふれあい&鷹匠体験に大興奮だったP→★ちゃん。「ハリーポッターを観てから、フクロウを飼いたいって思ってて、今回はフクロウとふれあえて楽しかったです。また、タカのイメージも変わりました! 将来お金持ちになったら、フクロウを飼いたいな。それまでは、また遊びに来ますね!」

    P→★ちゃんも大満喫だった「フクロウのお庭」。光と緑を取り入れたリラックス空間は、写真も撮りやすいように工夫されているので、インスタ映え写真がたくさん撮れちゃいます。気になった人は、予約してから行ってみて。

     

     

    ■Informationフクロウのお庭

    住所:東京都渋谷区神宮前4-31-5 インガレッソ2階

    営業時間:10:00-19:00 ※火、水、木(祝日をのぞく)は18:00まで

    定休日:なし

    アクセス:JR「原宿駅」徒歩6分、東京メトロ「明治神宮前駅」徒歩2分

    URL:https://owls-garden.jp

     

    Model:P→★(TEMPURA KIDZ)@0830_pika

    Photo:Kayo Sekiguchi

    Text:Sayoko Ishii

    TALENT PROFILE

    TEMPURA KIDZ

    強烈な個性を武器に世界を飛び回る新世代ダンスボーカルユニット。 オリジナリティ溢れる自作のキレキレダンスパフォーマンスと、元気満タンな弾けるダンスサウンドに、若さと勢いが溢れ出る迫力のステージパフォーマンスを融合!目も耳も奪う超絶パフォーマンスを世界に発信中! 海外での活動も積極的に行い、これまでに訪れた国は、タイ、フィリピン、ミャンマー、ベトナム、カンボジア、シンガポール、マレーシア、台湾、中国、フランス、スイス、ドイツ、スペインの13カ国17都市。 明るい歌と弾けるようなダンスで人々を元気にし、観る者を一瞬して虜にするTEMPURA KIDZは、いまや世界を熱狂させている。

RELATED ENTRIES

  • TEMPURA KIDZ × Moe Shopコラボ第2弾はタピオカをイメージした楽曲「タピ・タピ」

    28.August.2019 | MUSIC

    強烈な個性を武器に、世界13ヶ国でライブを行ってきた新世代ダンスボーカルユニット「TEMPURA KIDZ(テンプラキッズ)」が、世界中に熱狂的なフォロワーを持つ、フランス人プロデューサー/DJのMoe Shopとのコラボ楽曲第2弾「タピ・タピ」の配信をスタート!

     

    コラボ楽曲第一弾の情報はこちら:TEMPURA KIDZ、フランス出身プロデューサー・Moe Shopとのコラボ楽曲「UKIYO」配信

    本楽曲は、Moe Shopが第一人者として知られるジャンル“Future Funk”のサウンド、作詞に山崎あおい、そこに躍動するTEMPURA KIDZメンバーの個性を散りばめた、ポップでカラフルなダンスアンセム。

     

    TEMPURA KIDZ & Moe Shop – Tapi Tapi

    印象に残るタイトルと歌詞「タピ・タピ」は、思わず口ずさみたくなる、おまじないのような一曲。「タピオカを飲んでご機嫌になろう」、「笑って生きていれば良いことあるよ!」という、ポジティブなメッセージやエールが込められている。

     

    オリンピックを翌年に控えた2019年も、さらにグローバルな活動で日本文化を拡めていく年になることが期待されるTEMPURA KIDZ。今後の活躍に益々期待が高まる。

  • マイクロブタとふれあえる動物カフェ“mipig cafe“2号店が原宿にオープン

    28.August.2019 | SPOT

    マイクロブタとふれあえる“mipig cafe(マイピッグ カフェ)”の2号店が2019年11月に原宿でオープンします!

    今年3月1日にオープンした“mipig cafe”(目黒本店)は、「マイクロブタのおうち」をコンセプトとし、オープン半年で来店者数3万人を突破。連日予約で満席となっています。

     

    目黒店レポートはこちら!:TEMPURA KIDZ P→★の動物カフェ日記 #5 日本初のマイクロブタカフェ 目黒「mipig cafe」

    原宿店は「マイクロブタと絵本のおうち」というコンセプトを掲げ、“3匹の子ぶた”の絵本のような世界観の中で、マイクロブタとのひとときをが楽しめます。マイクロブタさんと一緒に素敵な思い出を作ってみてください♪

  • ホテル雅叙園の文化財 ”百段階段” でアートを楽しむ「和のあかり×百段階段 2019」

    24.July.2019 | FEATURES / SPOT

    日本の美を楽しむことができるミュージアムホテルとして人気の高い「ホテル雅叙園東京」にて、毎年開催されている人気展示会「和のあかり×百段階段」。今年も2019年9月1日(日)まで開催されています。

    5回目となる今回は、新たな展示構成で楽しむことができる空間にパワーアップ。文化財「百段階段」を鮮やかに彩るアートの数々を堪能することができます。

    豪華なエレベーターを登り、ドアが開くとまず出てくるのが青森県のねぶた。「和のあかり×百段階段」のために作られた展示品だそうです。香りもオリジナルになっていて、夏の香りを感じることができます。

    通路を進み、履物を脱いで進みます。最初の展示は布を使った作品。あかりを付けると、生地が持つそのものの色を楽しむことができます。

    様々な布を使った作品が並んでいるので、お気に入りを見つけてみてくださいね。

    百段階段を下から見るとこんな感じ。階段を登っていくと、その途中に部屋があり、その部屋の中で”あかり”が展示されています。

    最初の部屋はこちら。宮崎県日南市在住の竹あかり作家、NITTAKE氏による幻想的な空間インスタレーションです。竹を使った展示もとてもキレイなのですが、真っ暗な部屋に”あかり”が入ることで、元々描かれている天井の絵がうっすらと照らされ、部屋全体がアート作品のようです。

    続いて「長崎ランタンフェスティバル」が登場。部屋に入る前から提灯が展示してありお祭りさながらの雰囲気です。部屋の中もとっても豪華!!さきほどの暗い中に浮かび上がる景色とは打って変わって、色彩豊かな”あかり”を楽しむことができます。100万人の集客を誇るという「長崎ランタンフェスティバル」へ行ってみたくなりました。

    こちらは熊本県山鹿市の百華百彩の和傘。和傘の色彩が、部屋の中に幻想的に広がっています。静かに眺めていたくなるような、心落ち着く空間でした。

    階段の途中には風鈴なども飾ってあり、ところどころで夏を感じます。

    山口県柳井市の金魚ちょうちんなどユニークな展示作品も。40にも及ぶ個人の方、団体の作品が出展されているので、ひとつずつゆっくりとチェックしてみてください。

    階段は実際には99段まで。一番上の展示を見たら、また99段降りて最初の履物を脱いだ部屋に戻ります。

    暑い夏に電気を消した文化財「百段階段」で楽しむアート。いつもと違う表情をみせるホテル雅叙園にぜひ足を運んでみてくださいね。

     

  • TEMPURA KIDZ、フランス出身プロデューサー・Moe Shopとのコラボ楽曲「UKIYO」配信

    19.June.2019 | MUSIC / SPOT

    強烈な個性を武器に、世界13ヶ国でライブを行ってきた新世代ダンスボーカルユニット「TEMPURA KIDZ(テンプラキッズ)」が、原宿KAWAII文化の第一人者でもあるアーティスト・増田セバスチャン監修による新ビジュアルを発表。

     

    さらに「まだ誰も見たことがない新しいTOKYO」をコンセプトに世界中の観光客を魅了するカフェレストラン「KAWAII MONSTER CAFE HARAJUKU」とタッグを組み、国内外の観光客に向けたイベント「TOKYO POP CULTURE NIGHT ~HARAJUKU CELEBRATION~」(トウキョウポップカルチャーナイト 〜ハラジュクセレブレーション〜)を毎週水曜に開催していくことが決定した。

    同イベントでは、今やインターネットやSNSで世界各地に広まった原宿のカラフル文化のフォロワー「原宿トライブ(民族)」をコンセプトに、TEMPURA KIDZが度肝を抜く衣装を身に纏い、カラフルかつパワフルな新作パフォーマンス「ハラジュクセレブレーション」を披露する。この「ハラジュクセレブレーション」の為に、世界中に熱狂的なフォロワーを持つ、フランス人プロデューサー/DJのMoe Shopがオリジナル楽曲を制作した。

    また6月18日(火)には、TEMPURA KIDZ & Moe Shopとして、コラボレーション楽曲「UKIYO」をリリース。Moe Shopが第一人者として知られるジャンル“Future Funk”のサウンドに、躍動するTEMPURA KIDZメンバーの個性を散りばめた、ポップでカラフルなダンスアンセムに仕上がっている。

     

    オリンピックを翌年に控えた2019年も、さらにグローバルな活動で日本文化を拡めていく年になることが期待されるTEMPURA KIDZ。今後のニュースも合わせて注目してほしい。

  • 豆柴・フクロウ・ハリネズミも!原宿にある動物カフェ5選

    07.March.2019 | FEATURES / SPOT

    原宿には動物と触れ合えるカフェがたくさんあるのをご存知ですか?今大人気の豆柴やウサギ、フクロウなどたくさんの動物と触れ合えるお店をご紹介します。

     

    HARRY 原宿テラス店

    HARRY 原宿テラス店ではカワウソやハリネズミに会うことができます。とっても人懐っこい3匹のカワウソたちは、あまり針を立てて威嚇することもなく安心して接することが出来ます。店内で販売しているおやつを与えるととっても仲良くなれますよ♩

    垂れた耳がすっごくかわいくて毛並みの手触りもふわふわのウサギ・フレンチロップを触ることもできます♡

     

    こちらのカフェの動物は、人になれている子ばかりなのでSNS映えする写真を取りやすいのも魅力的!ぜひ足を運んで見てくださいね。

     

    詳しくはこちら:https://www.moshimoshi-nippon.jp/ja/86984

     

    ▶︎HARRY 原宿テラス店

    住所:東京都渋谷区神宮前4-26-5 神宮前426ビル 3F

    営業時間:11:00-19:00 (最終入店は18:30)

    定休日:不定休

    アクセス:JR「原宿駅」徒歩8分、東京メトロ「明治神宮前駅」徒歩5分

    URL:http://www.animalcafe.tokyo

     

    フクロウのお庭

    東急プラザの裏側に位置するこちらのお店はフクロウだけでなくタカもいるカフェ。イングリッシュガーデンをイメージした広々とした店内に、フクロウとタカが計12羽ほどいます。料金は、スタンダードプラン1,500円(60分)など。ふれあい、撮影、腕乗せが無制限でできます。

    「空飛ぶ犬」と呼ばれるほど頭がいいハリスホークもいます。ちょっぴり怖いイメージがあるタカだけど、実はとても人懐っこい動物なんですよ!

     

    予約をするとドリンクサービス、予約なしだと100円で購入できます。遊びに行くときは、予約してから行くのがおすすめです。

    詳しくはこちら:https://www.moshimoshi-nippon.jp/ja/119924

     

     

    ▶︎フクロウのお庭

    住所:東京都渋谷区神宮前4-31-5 インガレッソ2階

    営業時間:10:00-19:00 ※火、水、木(祝日をのぞく)は18:00まで

    定休日:なし

    アクセス:JR「原宿駅」徒歩6分、東京メトロ「明治神宮前駅」徒歩2分

    URL:https://owls-garden.jp

     

    Ra.a.g.f(ラフ)

    こちらはうさぎと触れ合えるカフェです。マンションの一室にうさぎが15羽くらい滞在しており、遊びたいと思ったうさぎをゲージから出して、お部屋で遊ばせられます。料金は、30分800円 or 60分1100円のワンドリンク制。その後は、延長30分ごとに550円が加算されます。

    ピーターラビットにでてきそうなうさぎがたくさんいますよ♩うさぎたちは自分の名前を分かっているので、たくさん名前を呼んであげてくださいね。

     

    詳しくはこちら:https://www.moshimoshi-nippon.jp/ja/129685

     

    ▶︎Ra.a.g.f

    住所:東京都渋谷区神宮前6-14-15 メゾン原宿3F

    営業時間:平日12:00-19:30(最終入店19:00) 土日祝日11:00-20:00(最終入店19:30)

    定休日:毎週火曜日

    アクセス:東京メトロ「明治神宮前駅」A7出口より徒歩約5分、JR「原宿駅」表参道口より徒歩約8分、各線「渋谷駅」13番出口より徒歩約10分

    URL:https://raagf.com

     

    原宿乃豆柴カフェ

    原宿竹下通りにある「原宿乃豆柴カフェ」は、東京初の豆柴カフェ。昭和歌謡が流れるレトロな店内で、風呂敷柄のバンダナをした豆柴たちがお客さんを待っています。入場は店頭での当日券のみで、時間は30分制(大人880円)。チケットを購入したら、指定の時間に戻ってきます。売りきれてしまうこともあるので、早めに当日券を買いに行ってくださいね。

    お店ではだっこは禁止ですが、豆柴から抱きつかれることも!元気いっぱいの豆柴と触れ合えます。

    豆柴たちは、お昼が近づいてくるとお昼寝モード。寝っ転がる子が増えてきます。その分、一緒に写真を撮りやすくなるから、一緒に撮影したい人はお昼すぎに入るのがおすすめです。

     

    詳しくはこちら:https://www.moshimoshi-nippon.jp/ja/168013

     

    ▶︎原宿乃豆柴カフェ

    住所:東京都渋谷区神宮前1-6-10 3F

    アクセス:JR「原宿駅」竹下口より徒歩3分、東京メトロ「明治神宮前駅」5番出口より徒歩5分

    営業時間:平日11:00~19:00、土日祝10:30~19:30

    定休日:年中無休

    入場料:大人880円(中学生以上)、小人580円(4歳~小学生、要保護者同伴)、3歳以下無料(要保護者同伴) ※フクロウの森との共通券あり(豆柴カフェのレジでのみ販売) 大人1400円、小人1000円

    URL:http://owls-cats-forest.com/free/mameshiba-harajuku

     

    原宿かわいい動物園

    こちらはいろんな動物と触れ合えるお店です。店内は可愛さ・優しさ・幸せをイメージさせるカラー”ピンク色”の空間。

    動物と家で一緒に暮らしているような感覚で過ごすことができ、カピバラやミーアキャットなど色々なめずらしい動物たちを近くで見たり触れ合ったりできます。動物の愛らしい表情に癒されてみてくださいね♩

     

    詳しくはこちら:https://www.moshimoshi-nippon.jp/ja/137901

     

    ▶︎原宿かわいい動物園​

    住所:東京都渋谷区神宮前1-6-12 ITOビル3F

    営業時間:11:00〜19:00

    定休日:なし

    TEL:03-3404-2233

    URL:http://harajukudoubutsuen.com

     

    いかがでしたか?原宿でたくさんの動物たちと触れ合ってみてくださいね♩

  • 人力車で巡る目黒の観桜小旅行!桜が見ごろの3日間限定おもてなし体験宿泊プラン

    25.February.2019 | SPOT

    2018年12月に創業90周年を迎えた日本美のミュージアムホテル、ホテル雅叙園東京では、2019年3月29日(金)~31日(日)の3日間限定で、「人力車で巡る目黒川の観桜小旅行」と題したおもてなし体験宿泊プランを用意している。

    「人力車で巡る目黒川の観桜小旅行」は、都内有数の桜の名所である目黒川を春の風を感じながら30分間人力車で巡る特別な宿泊プラン。

    人力車での観桜後は全室ジェットバスとスチームサウナを完備した、「和敬清心」がコンセプトのくつろぎの客室にてラグジュアリーな滞在を満喫できる。

    目黒川沿いに立地するホテル雅叙園東京だからこそお届けできるこのプランは、2月20日(水)よりご予約を受け付けている。

    また、同時期3月には館内のレストランや企画展にて期間限定で桜尽くしのイベントを開催し、アートからグルメ、スイーツまで春ならではのメニューを用意。

    館内にある日本料理「渡風亭」や、RISTORANTE“CANOVIANO”などのレストランでは春の香り漂う期間限定の「さくらメニュー」も用意していて、館外でも館内でも桜を楽しめる。

    ホテル雅叙園東京がこの時期しか見られない桜の絶景と、ラグジュアリーで心地よいひと時を楽しもう。

  • 【サイサイじゃらんじゃらん #6】SILENT SIREN ひなんちゅがインドネシア料理を東京で堪能する

    15.February.2019 | FEATURES / FOOD / SPOT

    人気ガールズバンドSILENT SIRENのメンバーがリレー形式で、東京のホットな場所をサイサイ目線で紹介する連載企画。今回は、リーダーのひなんちゅが登場。5歳から15歳まで10年間インドネシアで過ごしたひなんちゅ。懐かしのインドネシア料理を東京でも食べたい!と、都内のインドネシア料理店に伺いました。日本ではあまり馴染みがないインドネシア料理ですが、美味しいものがたくさんあるそう。

     

    ひなんちゅ懐かしのインドネシア料理が食べられる目黒「cabe

    まずは、目黒の「cabe(チャベ)」にお邪魔しました。お店の近くにはインドネシア大使館があり、お客さんの半分以上がインドネシア人だそう。イスラム教徒に配慮し豚肉、豚由来成分は一切使用していない本場のインドネシア料理が食べられます。ジャワ人の女性チーフシェフが、メジャーなインドネシア料理から日本ではあまり扱われていないマニアックな料理まで腕を振るいます。

    まずは「サテアヤム」1本220円(税抜)と「テンペの素揚げ」500円(税抜)を注文。インドネシア料理で有名な串焼料理「サテ」ですが、鶏肉を使ったものを「サテアヤム」と言います。「テンペ」は大豆を発酵させた健康食材。お肉の代わりとして様々な料理に使えるので、ベジタリアン、マクロビの人からも注目を集めています。

    「テンペは屋台に必ずある料理で、小さい頃におやつとしてよく食べてました! 懐かしの味! 納豆に少し似ていますが、匂いやクセはあまりなくて食べやすいです」

    「ソトアヤム」730円(税抜)は、春雨入りのチキンスープ。日本のお味噌汁のような存在で、インドネシアのどこの地域にもある料理だそう。ターメリックの色でカレースープっぽくも見えますが、味はチキンスープ。札幌スープカレーはこれからヒントを得て作られたという話も。

    「ミーバソ」800円(税抜)は、麺入りの肉団子スープ。cabeでは肉団子を手作りしてるので肉団子が大きいのが特徴です。

    「これをずっと食べたかったんです! 日本に帰ってきてから、初めてちゃんとしたインドネシア料理が食べられて感動! メンバーもインドネシア料理が大好きなので、次はメンバーと一緒に来たいな」

    居心地の良い広い店内では、インドネシアの食材やグッズなども販売しています。様々なメニューが味わえるので、インドネシア料理を食べたことがない人にもオススメのお店です。

     

     

    マニアックな世界観にひたる、新大久保「Merah Putih Cafe

    お次は、新大久保の「Merah Putih Cafe(メラプティ カフェ)」へ。ここは本当に日本?と思ってしまうほど、多国籍で異国情緒あふれる雑居ビルの中にあるこのお店は、インドネシアのパダン料理が食べられるお店です。パダンとはインドネシア西スマトラ州の最大州の都市。料理で有名な地域で、香辛料が効いているのが特徴だそう。

    1番人気は「バダンスタイルご飯盛り合わせ」1280円(税込)。その日によって盛り合わせの内容は変わります。当日は、フライドオムレツ、フライドチキンココナッツ風味、サラダ、ライスがプレートにオン。

    「チキンがスパイシーで美味しかったです。私はジャカルタに住んでいたので、パダン料理が新鮮でした!」

    常連さんが多いというお店は、他にインドネシア人やマレーシア、シンガポールなど東南アジアの観光客も来るそう。インドネシア人はご飯が好きなので、ご飯に合う辛い料理やフライ料理などが食べられます。現地の本格的な味を求める人にオススメです。

    東京のインドネシア料理を2軒まわって、「日本に帰ってきてから、ずっとインドネシア料理が食べたかったけど、東南アジア料理と一緒にされているお店が多くて。今日は現地の味が食べられて嬉しかったです。地元に帰ったような懐かしい気分に浸れました」とひなんちゅ。「cabe」ではインドネシア人のスタッフと、インドネシア語で会話して記念撮影も撮りました!

     

    日本ではあまり馴染みがないインドネシア料理だけど、美味しいものがたくさん。あなたもぜひ味わってみて。

  • TEMPURA KIDZ P→★の動物カフェ日記 #4 豆柴に癒される 原宿「原宿乃豆柴カフェ」

    07.February.2019 | FEATURES / SPOT

    動物が大好きなTEMPURA KIDZのP→★ちゃんが、都内の動物カフェを巡る連載企画。今回は、原宿竹下通りの「原宿乃豆柴カフェ」にお邪魔しました!

    「原宿乃豆柴カフェ」は、東京初の豆柴カフェ。JR原宿駅から徒歩3分、東京メトロ明治神宮前駅から徒歩5分と、原宿観光のついでに立ち寄りやすい立地。同じビルの地下1階は系列店「原宿乃フクロウの森」もあります。

    昭和歌謡が流れるレトロな店内で、風呂敷柄のバンダナをした豆柴たちがお客さんを待っています。畳敷きなので靴を脱いで店内へ。入場は店頭での当日券のみで、時間は30分制(大人880円)。チケットを購入したら、指定の時間に戻ってきます。売りきれてしまうこともあるので、早めに当日券を買いに行きましょう。

    店内はワンドリンク制。好きな飲物を選んだら、畳に座って豆柴たちと遊びましょう。ノスタルジックな畳敷きの店内には、ちゃぶ台やレトロなテレビなどが置いてあります。自動販売機まで和ダンス柄!

    豆柴たちは、朝はとっても活動的! 思い思いに自由に過ごしています。中でも、陽が入ってポカポカの窓際がお気に入りの様子。

    お店ではだっこは禁止ですが、豆柴から抱きつかれることも! 元気いっぱいの豆柴と触れ合えます。

    おもちゃを使ったり、おやつをあげたりして、好きなだけ豆柴たちと遊べます。

    豆柴たちは、お昼が近づいてくるとお昼寝モード。寝っ転がる子が増えてきます。その分、一緒に写真を撮りやすくなるから、一緒に撮影したい人はお昼すぎに入るのがおすすめ! 豆柴たちは起きたりお昼寝を繰り返したりして、閉店時間まで自由に過ごしています。

    店内では柴犬グッズも販売しています。「忠犬もちしば」や「柴田さん」など、人気の柴犬キャラがたくさん! 1番人気は「忠犬もちしばのねそべりキーホルダー」だそう。

    P→★ちゃんは、「小さい頃におばあちゃん家に柴犬の赤ちゃんがいて、その子以来、柴犬に触れ合いました! チワワみたいに可愛らしい犬より、少し個性がある豆柴の方が好き。お店も和テイストで広くて落ち着くし、最高の時間でした!」と大満足の様子。

    「原宿乃豆柴カフェ」は、ペットが飼えないマンション暮らしの人や外国人観光客で毎日大盛況。ウェブや電話では予約できないので、原宿観光の最初に立ち寄って当日券をゲットしてから、竹下通りで遊びましょう。原宿・竹下通りの真ん中で、可愛い豆柴に癒されてみては?

  • 桜の名所・目黒川が “ピンク色” に染まる冬のイルミネーション

    24.October.2018 | SPOT

    桜並木が有名な目黒川にて、開催エリア周辺から回収した廃食油を利用したイルミネーション「目黒川みんなのイルミネーション2018」が開催される。開催期間は2018年11月9日(金)~2019年1月6日(日)まで。目黒川沿いの歩道に彩られたイルミネーションは、山手線内側最大規模となる両岸合計の総延長が約2.2kmにもなり、目黒川の水面に美しい煌めきを映し出す。

     

    街に対する地域住民の愛着や誇りを持つキッカケとなることを願い始まった「目黒川みんなのイルミネーション」は、街の“絆”を育む、冬の風物詩となりつつある。昨年度は、近隣マンションや飲食店など全12ヶ所から、約5,500リットルの廃食油を回収し、会場に設置した発電機により全電力をまかなった。本年度も、近隣から回収した廃食油をバイオディーゼル燃料にリサイクルし、100%自家発電でイルミネーションを点灯させる。

    昨年好評だった冬の桜®のお花見スポットが今年も登場。寒い冬に天候を気にせず、ゆったりと冬の桜®の花見ができるよう、内装の異なる3基のガーデンイグルーを設置。のんびりくつろげるサイズで、雨や風にも強く、天候を気にせず公園内で冬の桜®を楽しむことができる。

    設置場所:品川区立五反田ふれあい水辺広場にて

    設置期間:2018年11月22日(木)〜12月26日(水)予定

     

    今年で9回目を迎える“冬の桜®”だが、「100%エネルギーの地産地消」から生まれるイルミネーションとして、昨年度は海外メディアにも複数取り上げられた。また、毎年イタリアで開催される国際的なデザインコンペティション「A‘ Design Award 2017」で銀賞も受賞している。

    家族や友達と一緒に、目黒川の冬のお花見を楽しもう!

  • TEMPURA KIDZ P→★の動物カフェ日記 #3 うさぎと遊べる 原宿「Ra.a.g.f」

    26.September.2018 | FEATURES / SPOT

    動物が大好きなTEMPURA KIDZのP→★ちゃんが、都内の動物カフェを巡る連載企画。今回は、うさぎと遊べる原宿の「Ra.a.g.f(ラフ)」にお邪魔しました!

    東京メトロ「明治神宮前駅」から徒歩5分、JR「原宿駅」から徒歩8分、各線「渋谷」駅からも徒歩圏内の立地で、原宿観光のついでに立ち寄るのにぴったり!

    マンションの一室に、うさぎが15羽くらい滞在。遊びたいと思ったうさぎをゲージから出して、お部屋で遊ばせられます。うさぎは一羽ずつ出すのがルール。縄張り意識が強い動物なので、2匹出すと喧嘩したり、男女だと子供を作ってしまうんだとか。

    ゲージの中から、遊びたい子を選びます。料金は、30分800円 or 60分1100円のワンドリンク制。その後は、延長30分ごとに550円が加算されます。

    P→★ちゃんが最初に選んだのは、垂れ耳のろこくん(男の子)。ポーランドロップという品種です。

    うさぎは餌を求めて動くので、餌を使って自分の近くに誘います。うさぎのおやつは、150円。目が悪いので、餌を顔の近くに持っていくのがポイント。また、うさぎたちは自分の名前を分かっているので、たくさん名前を呼んであげましょう。

    うさぎは捕食される側の動物なので抱っこは苦手。お店では抱っこは禁止なので、自ら膝に乗ってもらえるように餌で誘導します。

    膝に乗ってくれました! うさぎは、あごの下やお腹を触られるのを嫌がるので、撫でてあげるときは、頭から背中をやさしく撫でます。

    すっかり仲良くなりました! 「可愛くて、飼いたくなっちゃった! ふわふわ!」とP→★ちゃん。

    お次はお店で一番のイケメン、ぷりっつくん(男の子)。品種は、ネザーランドドワーフ。まるでピーターラビットのような見た目でお店の一番人気。

    ぷりっつくんは、人の周りを走り回ります。本人はP→ちゃんと一緒に遊んでるつもりなんだとか。今日はご機嫌な様子です。

    そして、特技は握手。餌をあげて、前足を上げたタイミングで握手しましょう。

    最後に選んだのは、らくだちゃん(女の子)。ミニレッキスという品種で、海外からのお客さんのリピーター率No.1だそう。女の子はあごやお尻に脂肪がつくので、見た目がもこもこしています。

    人懐っこくて、すぐに膝の上に乗ってくれました!

    らくだちゃんは、お客さんにマッサージしてもらうのが大好き! おでこからお尻まで撫でると、べたーと床に寝そべります。この姿をするのはこのお店でもこの子だけ。それが人気でリピーターが多いんだとか!

    たくさんのうさぎと遊べて、大満足のP→★ちゃん。「うさぎは、小学生のときに東武動物公園で触ったぶりだったから、今日はいっぱい触れて、めっちゃうれしかった! 毛が長い子と短い子で、触った感触が違うのにもびっくり! 短い子は絨毯みたいで、長い子はふわふわ。うさぎが飼いたくなっちゃった! 1番のお気に入りはらくだちゃん。すごく癒されました♡」

    「Ra.a.g.f」には、他にもたくさんの種類のうさぎが滞在してるよ。優しいスタッフさんが、うさぎとの遊び方を教えてくれます。「まるで保育園の先生のようにうさぎに接するお姉さんが、めちゃくちゃ面白かった! ぜひ遊びに行ってみてね」とP→★ちゃん。

     

    販売のうさぎはその場で購入することもできて、うさぎホテルもやっています。うさぎのグッズも販売してるので、うさぎ好きは絶対に訪れてみて。

     

    ■Information

    Ra.a.g.f

    住所:東京都渋谷区神宮前6-14-15 メゾン原宿3F

    営業時間:平日12:00-19:30(最終入店19:00) 土日祝日11:00-20:00(最終入店19:30)

    定休日:毎週火曜日

    アクセス:東京メトロ「明治神宮前駅」A7出口より徒歩約5分、JR「原宿駅」表参道口より徒歩約8分、各線「渋谷駅」13番出口より徒歩約10分

    URL:https://raagf.com

     

    Model:P→★(TEMPURA KIDZ)@0830_pika

    Photo:Kayo Sekiguchi

    Text:Sayoko Ishii

    TALENT PROFILE

    TEMPURA KIDZ

    強烈な個性を武器に世界を飛び回る新世代ダンスボーカルユニット。 オリジナリティ溢れる自作のキレキレダンスパフォーマンスと、元気満タンな弾けるダンスサウンドに、若さと勢いが溢れ出る迫力のステージパフォーマンスを融合!目も耳も奪う超絶パフォーマンスを世界に発信中! 海外での活動も積極的に行い、これまでに訪れた国は、タイ、フィリピン、ミャンマー、ベトナム、カンボジア、シンガポール、マレーシア、台湾、中国、フランス、スイス、ドイツ、スペインの13カ国17都市。 明るい歌と弾けるようなダンスで人々を元気にし、観る者を一瞬して虜にするTEMPURA KIDZは、いまや世界を熱狂させている。

  • TEMPURA KIDZ P→★の動物カフェ日記 #2 フクロウ&タカとふれあえる  原宿「フクロウのお庭」

    01.August.2018 | FEATURES / SPOT

    動物が大好きなTEMPURA KIDZのP→★ちゃんが、都内の動物カフェを巡るこの連載。2回目となる今回は、フクロウだけでなくタカもいる「フクロウのお庭」に遊びに行ってきました!

    JR「原宿駅」から徒歩6分、東京メトロ「明治神宮前駅」からは徒歩2分、東急プラザの裏側に位置する好立地で、原宿でのお買い物のついでに気軽に立ち寄れます。今回P→★ちゃんはハリーポッターをイメージした服で遊びに来ました!

    イングリッシュガーデンをイメージした広々とした店内に、フクロウとタカが計12羽ほどいます。自然光が入り緑あふれる店内で、みんなリラックスした様子。

    料金は、スタンダードプラン1,500円(60分)など。ふれあい、撮影、腕乗せが無制限でできます。まずは、フクロウからふれあってみましょう。頭から背中、胸の表面だけを、毛並みに沿って優しくタッチします。こちらは、モリフクロウ。

    フクロウ、ハヤブサの腕乗せは、店員さんに声をかけ、グローブを装着してから乗せてもらいます。こちらは、アメリカチョウゲンボウ。このお店唯一のハヤブサです。乗せてる手を動かさないように気をつけると、おとなしくリラックスしてくれます。

    こちらは、メンフクロウ。この印象的なフェイスに虜になるお客さんも多いそう。「この子はすごいふわふわ!」とP→★ちゃん。

    P→★ちゃんのお気に入りは、コキンメフクロウ。この小さなサイズ感にキュン♡

    フクロウは、あまり動き回らない省エネタイプの鳥だから、写真を撮るにはぴったりなんです。セルフィーも簡単にできるから、インスタ映えも狙えちゃう。

    お次は、鷹匠体験! タカとふれあえるお店はあるけれど鷹匠ができるお店は少ないので、数時間かけて来店するお客さんもいるほど。壁に背を向けて立ち、「1、2、3」の合図で肩の高さまで手を上げると・・・

    数メートル先にいるタカが合図に反応して、手元まで飛んできてくれます。1回500円で2フライト体験可能。

    「まるで魔法使いになったみたい!」とP→★ちゃん。今回フライトしたのは、ハリスホーク。ハリスホークは、「空飛ぶ犬」と呼ばれるほど頭が良いんです。ちょっぴり怖いイメージがあるタカだけど、実はとても人懐っこい動物なんですよ!

    こちらのお店では、店内でドリンクを飲みながら、フクロウ&タカと遊べます。予約をするとドリンクサービス、予約なしだと100円で購入できます。遊びに行くときは、予約してから行くのがベター。

    お店で販売しているフクロウの抜けた羽根を利用したピアスも人気。お気に入りの子の羽根を見つけてみて。フクロウたちの写真集などのグッズも発売しています。

    フクロウカフェで初めてのふれあい&鷹匠体験に大興奮だったP→★ちゃん。「ハリーポッターを観てから、フクロウを飼いたいって思ってて、今回はフクロウとふれあえて楽しかったです。また、タカのイメージも変わりました! 将来お金持ちになったら、フクロウを飼いたいな。それまでは、また遊びに来ますね!」

    P→★ちゃんも大満喫だった「フクロウのお庭」。光と緑を取り入れたリラックス空間は、写真も撮りやすいように工夫されているので、インスタ映え写真がたくさん撮れちゃいます。気になった人は、予約してから行ってみて。

     

     

    ■Informationフクロウのお庭

    住所:東京都渋谷区神宮前4-31-5 インガレッソ2階

    営業時間:10:00-19:00 ※火、水、木(祝日をのぞく)は18:00まで

    定休日:なし

    アクセス:JR「原宿駅」徒歩6分、東京メトロ「明治神宮前駅」徒歩2分

    URL:https://owls-garden.jp

     

    Model:P→★(TEMPURA KIDZ)@0830_pika

    Photo:Kayo Sekiguchi

    Text:Sayoko Ishii

    TALENT PROFILE

    TEMPURA KIDZ

    強烈な個性を武器に世界を飛び回る新世代ダンスボーカルユニット。 オリジナリティ溢れる自作のキレキレダンスパフォーマンスと、元気満タンな弾けるダンスサウンドに、若さと勢いが溢れ出る迫力のステージパフォーマンスを融合!目も耳も奪う超絶パフォーマンスを世界に発信中! 海外での活動も積極的に行い、これまでに訪れた国は、タイ、フィリピン、ミャンマー、ベトナム、カンボジア、シンガポール、マレーシア、台湾、中国、フランス、スイス、ドイツ、スペインの13カ国17都市。 明るい歌と弾けるようなダンスで人々を元気にし、観る者を一瞬して虜にするTEMPURA KIDZは、いまや世界を熱狂させている。

  • 目黒・雅叙園にてあかりアート展「和のあかり×百段階段2018」開催

    17.June.2018 | カテゴリーなし

    今年創業90周年を迎える日本美のミュージアムホテル、ホテル雅叙園東京内にある東京都指定有形文化財「百段階段」にて「和のあかり×百段階段2018 ~日本の色彩、日本のかたち~」が開催される。開催日は2018年7月7日(土)~9月2日(日)まで。第4回目となる今回は「青森ねぶた」をはじめ、日本各地からシリーズ最大、前回の約2倍の63団体、1,000点を超える作品が集結する。

     

    会場である「百段階段」は、昭和10年に建てられ、雅叙園の歴史と共にさまざまな集いの場として多くの人々を迎えてきた。類稀な建築・美術による空間美から2009年には東京都指定有形文化財に認定されている。

    2015年から毎年行われている本展の第1回目は、有形文化財である「百段階段」に無形文化財である「青森ねぶた」をコラボレーション。従来の企画展の概念を変える展示を展開し、第2回目では過去最高となる9万人の来場者を数える人気企画となった。

     

    第4回目となる今回は、前回の参加団体・作家数 35団体の2倍近い、63の出展者による展示が実現。人の身長よりも大きな「青森ねぶた」から、手のひらにのる「江戸切子」まで、祭り・アート・デザイン・職人・テクノロジーをテーマに様々な作品を展示しており、全作品写真撮影も可能だ。

    ねぶた界初「3流派による完全新作の共同作品」や、インスタレーションアート集団「ミラーボーラー」の新作、日本画家間島秀徳が6年の歳月をかけ、昨年末に完成させた3部作、来場者が落書きできる「光の屏風」、日本上陸10周年を迎えるイスラエル発のボディケアブランド「SABON」による香りの演出など、盛りだくさんの内容なっている。

    コラボ企画も数多く開催されるので、詳しい展示内容はイベント公式サイトをチェックしてみてほしい。

     

    文化財と様々な展示物を同時に楽しむことができる展覧会で、日本のアートを感じてみて。

     

    ■Information

    和のあかり×百段階段2018 ~日本の色彩、日本のかたち~

    会場:ホテル雅叙園東京

    開催期間:2018年7月7日(土)~9月2日(日) ※会期中無休

    開催時間:月~木曜日 10:00~17:00(最終入館16:30)、金・土・日・祝および8月13日~17日 10:00~20:00(最終入館19:30) ※写真撮影可能(三脚・フラッシュ撮影NG)

    入場料:当日 1,500円、前売 1,200円(館内前売 1,000円7/6迄)、学生 800円※要学生証呈示、小学生以下無料

    TEL:03-5434-3140(イベント企画10:00~18:00)

    公式サイト:http://www.hotelgajoen-tokyo.com/event/wanoakari2018

     

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US