向井太一、台湾・中国・韓国で行われた「ASIA TOUR 2019」大盛況で完走

11.April.2019 | MUSIC

全公演がソールドアウトし、2月にファイナルを迎えた全国ツアー「PURE TOUR 2018-2019」。そして、3月には東京と大阪でビルボードワンマン公演を行い、その翌週から行われたアジアツアーを完走した向井太一。

北京:Photo by 大袋子 courtesy of Bad News

深圳:photo by nikkiiiz courtesy of Bad News

今回のアジアツアーは、台北から始まり、高雄(台湾)でのメガポートフェス出演。翌週に北京、深セン、上海をまわり、ファイナルに韓国へ。全6会場で行われ、中国3会場では全公演ソールドアウトとなるなど、初のアジアツアーには現地の熱狂的なファンが大勢集まった。

上海:Photo by Jerry Hu courtesy of Bad News

アルバム「PURE」収録の楽曲を中心としたセットリストで構成されたライブ本編では楽曲が始まる度に大きな歓声が湧き上がる盛り上がりを見せた。アンコールの1曲目「SLOW DOWN」では日本語の歌を海外のファンが大熱唱する光景に、向井も驚きと感動を隠せない様子。さらにファンがそれに呼応するように、感動と熱狂が最高潮になり会場が一体となる様子は、初のアジアツアーの成功を物語っていた。

そんな向井が4月23日(火)の21時〜☆Taku Takahashi(m-flo)が主宰するインターネットラジオ、block.fmの生放送特番にて1時間パーソナリティを務めることが決定!「Back to roots」というタイトルで、向井と交流のある音楽ライター(元 bmr 編集部)の末﨑裕之氏と共に、自身の音楽ルーツや楽曲を紹介する予定だ。番組内では、今後の活動に関する発表も予定しているとのことなので、是非チェックしてほしい。

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US