MOSHI MOSHI NIPPON FESTIVAL閉幕!世界で活躍するアーティストが集結した、イベント2日目アフタレポート

28.November.2016 | FEATURES / FES / MUSIC

11月24日(土)のBtoBイベントから始まり4日間開催された日本のあらゆるカルチャーを集結させた「MOSHI MOSHI NIPPON FESTIVAL2016」。最終日となる27日(日)は、日本のみならず世界でも活躍する日本アーティストが集結した。

yagura_dj_s-copy-copy

 s_mnp_8086

屋内はYAGURAステージから幕開け。KIREIとKAIENによる“和”をテーマにしたアーティスティックなパフォーマンスから始まると、DJブースにAMIAYAとUnaが登場。クールなDJプレイで会場を沸かせると、熱量そのままに”もしフェス”2日目が開幕した。

opening_s-copy

 opening_s

s_mnp_8168

MOSHIMOSHIステージでは太鼓、尺八によるオープニングからスタート。力強い和太鼓の音に客席は静まり、観客はステージに釘付けとなった。オープニングショーが終わりRAMRIDERによるステージ。ゲームやアニメなど日本カルチャーを代表する音楽をリミックスしたメロディアスかつダイナミックなプレイで、観客たちのハートを一気に掴んだ。

newschool_s-copy-copy

newschool_s

s_gsa_9867

続いて、新しい学校のリーダーズが登場。個性ハミ出すパフォーマンスとMCは、初めて見るオーディエンスに強烈な印象を残していた。キレのあるダンスと伸びやかな歌声が会場に響いた。次にステージに上ったのは、TEMPURA KIDZ。持ち前のコミカルなダンスと、海外公演で鍛え上げたパフォーマンスで人々の目線を釘付けにし、全6曲をノンストップで歌い上げた。

 s_gsa_0161

s_gsa_0508

s_mnp_8664

熱狂冷めやらぬまま、でんぱ組.incが現れると観客席から大きな歓声が上がる。代表曲『W.W.D』『でんでんぱっしょん』をはじめ、最新曲『最Ψ最好調!』を披露。『NEO JAPONISM』では、新しい学校のリーダーズとTEMPURA KIDZがステージに登場し、ここでしか見れないスペシャルコラボを行った。

 s__mg_0111

屋外では「西麻布けんしろう」「京都 きむらてつ」など日本全国の名店が集まった「にっぽん うまい 横丁」がオープン。

熱々の餃子や松阪牛を肉で挟んだ贅沢バーガーに、来場した外国人たちも大興奮。食を通して日本文化を楽しんでいる様子だった。

linq_s

lovedoll_s

MATSURIステージは、昨日MCを務めたニーコのDJからスタート。続く、LinQのライブではメンバーとファンがタオルを一緒に回し、寒空も熱気で吹き飛ばす。愛乙女☆DOLLも負けじと『LOVE♡BEAM』『セツナツ、ダイバー』を歌い、会場はさらにヒートアップ! 大阪☆春夏秋冬が『Let you fly』を歌上げると、屋外と思えない熱気に包まれていた。

s__mg_0152

昨日に引き続き、会場内には魅力的なブースが所狭しと並ぶ。外国人に人気だったのは、日本の伝統芸能のパフォーマンス&文化体験が楽しめる「Experience Japanese Culture Booth “WABI-SABI”」。書道や着物の着付けなど外国では体験する機会の少ない文化を外国人来場者たちが笑顔でワークショップを受けていたのが印象的だった。その他にも、モデルと交流ができるブースもあり、多くのファンが整理券を求め押し寄せた。

marukome_dj_s

YAGURAステージに目を向けると、櫓の上にDJ MARUKOMEが姿を見せる。普段見ることのない姿にオーディエンスも大盛り上がり! 続いて、櫓に立ったのは、どーもくんと東京パフォーマンスドールのコラボユニット「東京パフォーマンスどーも」。踊りを観客たちにレクチャーし、会場全体で『どーもびくす』踊った。

daishidance_s-copy-copy

daishidance_s-copy

いよいよイベントも後半戦。MOSHIMOSHIステージでまず出迎えてくれたのは、DAISHI DANCE feat. PAX JAPONICA GROOVE / 寳船。流れるように美しいメロディーを奏でるPAX JAPONICA GROOVEのシンセサイザーと和楽器の融合と、寳船の阿波踊り、そしてDAISHI DANCEのDJが交わったパフォーマンスは幻想的でパワフルな世界観を創り上げた。

s_mnp_9171 s_mnp_9093

会場がひとつになった中、観客たちが待ちに待ったCAPSULEがステージへと足を運ぶ。ライブは『Starry Sky』から始まり、『AnotherWorld』『MORE!MORE!MORE!』と一気に加速。ヒートアップした会場はまるでダンスフロアーのような熱気を出し、ボルテージ冷めぬまま『Sugarless Girl』でライブを締めくくった。

 s_mnp_9764

s_mnp_9481

もしフェスのオオトリを務めるのは、5周年を迎えワールドツアーを終えたばかりのきゃりーぱみゅぱみゅ。真っ赤な衣装で登場したきゃりーは、『きらきらキラー』『CANDY CANDY』『PON PON PON』『にんじゃりばんばん』のキラーチューンをリミックスverで矢継ぎ早に繰り出す。海外でも人気の『つけまつける』が始まると、外国人来場者からは歓喜の声が上がり、会場のテンションは最高潮に! ラストナンバーに選ばれた『最&高』では、東京体育館全体を揺らすほどの盛り上がりをみせ、まさに“最高”のフィナーレで「MOSHI MOSHI NIPPON FESTIVAL2016」を駆け抜けた。

各国をまわり、最終会場である東京を大団円で終えた「MOSHI MOSHI NIPPON FESTIVAL 2016」。日本が誇るカルチャーを全世界に発信し、その魅力を存分に伝えた世界規模のフェスとなった。

−−−

■Information

MOSHI MOSHI NIPPON FESTIVAL 2016 in TOKYO

会期:11月24日(木)~27日(日)

・24日(木)・25日(金)・・・もしもしにっぽんシンポジウム2016

・26日(土)・27日(日)・・・MOSHI MOSHI NIPPON FESTIVAL 2016

場所:東京体育館(東京都渋谷区千駄ヶ谷1-17-1)

 

主催:「MOSHI MOSHI NNIPPON FESTIVAL 2016 in TOKYO」実行委員会

企画・制作・運営:アソビシステム / ホットスタッフ / PIF / フロンティアインターナショナル

演出:David J. Production Co. Ltd.

イベントオフィシャル:http://fes16.moshimoshi-nippon.jp/

 

<MOSHI MOSHI STAGE>
Photo by
Masanori Naruse
Shigeo Gomi
Meguimi Suzuki

<MATSURI STAGE>
Photo by
Ryu Kasai
Kenzi Unoki
Kana Kurita

<OTHER>
Photo by
Atsushi Fuji
SigeoHats

TALENT PROFILE

きゃりーぱみゅぱみゅ

高校を卒業した2011年夏に、ワーナーミュージック・ジャパンから、中田ヤスタカ(CAPSULE)プロデュースによるミニアルバム「もしもし原宿」(8/17発売)でメジャーデビュー。2012年5月に発売した初のフルアルバム「ぱみゅぱみゅレボリューション」は、オリコンデイリーチャート初登場1位、さらにiTunesでも日本総合チャートや世界各国のエレクトロチャートで1位を獲得。その後、自身初となる全国ツアー、日本武道館単独公演、NHK紅白歌合戦初出場と快進撃を続ける。 2013年には、初めてのワールドツアー(8つの国と地域、13都市)を大成功させ、2013年6月に満を持して発表したセカンドアルバム「なんだこれくしょん」は、オリコンウィークリーチャート初登場1位を獲得。 そして2014年、2度目となるワールドツアー(11の国と地域、15都市)も大成功で終え、サードアルバム「ピカピカふぁんたじん」は、北南米、欧州、オセアニア、アジア圏など世界4大陸、15ヶ国(地域)で同時発売。2作連続となるオリコンウィークリーチャート初登場1位を獲得。そして約3万5千人を動員したホールツアー 「きゃりーぱみゅぱみゅの雲の上のHEAVEN’S DOOR」(15都市17公演)、さらに自身最大規模のアリーナツアー「きゃりーぱみゅぱみゅの からふるぱにっくTOY BOX」(9公演)が大盛況のうちに終了した。 そのかわいい容姿からは想像がつかないほど自由奔放で、オリジナリティ溢れる表現でファンを魅了し続けている。アーティスト活動とファッション面での活動を掛け合わせた、『HARAJUKU』のアイコンとしての存在が、全世界から注目を集める。

RELATED ENTRIES

  • 新しい価値観を作る新世代の清々しさと底抜け勢いを感じた、新しい学校のリーダーズツアーファイナル

    18.October.2021 | FEATURES / MUSIC

    新しい学校のリーダーズが10月16日に東京・TSUTAYA O-WESTでワンマンライブ「無名ですけど東名阪福ワンマン〜あいつの弱点パイナポー〜」を開催した。東名阪福ツアーの千秋楽となる今回も「今を全力で楽しめ」など彼女たちのアティチュードを感じさせる直筆のお習字が飾られた。ステージはバックスクリーンにDJブースと4棟のバックライトというシンプルなセッティング。会場BGMには彼女たちがリスペクトするビースティボーイズの「サボタージュ」が選曲された。

    ライブはSUZUKAの「東京。新しい学校のリーダーズ、始めます」という声から「席替ガットゥーゾ」でスタート。「最終人類」では、馬跳びなども盛り込んだ組体操ような振り付けで、SUZUKAの上履きが脱げてしまうパプニングも。ツアーファイナルとあって、彼女たちも気合い十分。彼女たちのテーマである「全力ではみ出していく」を全身で表現した。

    前半は「恋文」「宮尾」などアッパーなナンバーで盛り上げ、中盤は「恋の遮断機」「雨夜の接吻」「狼の詩」で昭和の世界観を令和の感覚にアップデートし、さらにコント仕立てで見せていく器用さも披露する。だが同時に全力。歌って踊って演じて。小さな体のどこにそんなスタミナが入っているのか不思議になる。

    ライブの後半では待望の新曲「PINEAPPLE KRYPTONITE」を披露。この曲は90年代にビースティ・ボーイズとともに活躍したキーボード奏者のマニー・マークがプロデュースしたナンバー。当時もハイファイなシーンへのカウンターとして、彼の実験的でローファイなスタイルが注目されたが、2010年代もその精神は健在。時代を超えて新しい学校のリーダーズの4人に継承された。

    今年、彼女たちはアジア人カルチャーをアメリカに広めた新世代レーベル・88risingと契約した。11月にはアメリカ・LAで開催されるフェス「Head in the CLOUDS」にATARASHII GAKKO!名義で出演することが決まっている。韓国のBTSや映画「シャン・チー」などの影響で、アジアのカルチャーがかつてないほど注目されているタイミングの出演となる今回は、大きな期待が集まる。

    クライマックスでは彼女たちのヒップホップな面を表現した「NAINAINAI」「Freaks」なども披露。歌って、踊って、演じて、ラップまでできる。しかもどれもが良い意味で“日本的”であり、同時にグローバルな音楽シーンにアクセスする視野の広さも感じさせる。本編の最後に披露された「迷えば尊し」の青臭いエモさ、アンコールの「ケセラセラ」で聴かせる郷愁。古き良きをサンプリングして、現代にアップデートする。これが世界基準のポップミュージックの条件。しかも土地の個性も失わないのが彼女たちの特徴。全力以上の全力で15曲を駆け抜け、東名阪福ツアーを堂々と締めくくり、日本の新しい価値観を作る新世代の清々しさと底抜け勢いを十二分に感じさせる熱狂的な一夜となった。このエネルギーはLAの観客にもきっと伝わるはずだ。

    TALENT PROFILE

    新しい学校のリーダーズ

    模範的なヤツばかりが評価される時代、くだらない不寛容社会から、個性と自由ではみ出していく 踊るセーラー服と奇行癖。その名も「新しい学校のリーダーズ」 攻めの利いたダンスとサウンド、独特なキャラクターとMCを武器に2015年7月から全国各地でライブ活動する傍ら、コイケヤ、UNIQLO、GooglAndroid、ロッテFit’s等の企業と、はみ出し具合が絶妙なコラボや出演を重ね、じわり若者に刺さりはじめているらしい。むむむ。

  • きゃりーぱみゅぱみゅ、最新アルバムから「どどんぱ」先行配信スタート&リリックビデオ公開

    15.October.2021 | MUSIC

    きゃりーぱみゅぱみゅが、2021年10月27日(水)にリリースされるアルバム『キャンディーレーサー』収録の新曲「どどんぱ」の先行配信をスタート。同時にリリックビデオもYouTubeで公開した。

     

    「どどんぱ」Lyric Video



    「どどんぱ」は響く重低音の中、スキャットソング的なアプローチで「どんちどんちどどんちどんち」ときゃりー自身がパーカッションと化しリズムを歌うユニークな楽曲。
    配信に合わせてカラフルでポップなオフィシャルリリックビデオも公開されたので、独特な歌詞世界を目と耳の両方で楽しむことができる。



    また、この楽曲の音源使用に関してレーベルサイトでアナウンスが行われた。
    これは、クリエイターに向けて「どどんぱ」を使用した映像制作を後押しするもので、ルールを守れば「どどんぱ」を使用した映像を各種動画サービス上で投稿することができる。



    映像制作者側のYouTube上での収益化も許諾するという試みで、「どどんぱ」を使用した作品の中からきゃりー本人やスタッフによって選ばれた作品は、きゃりーぱみゅぱみゅYouTubeチャンネル上でプレイリスト化され紹介される。合わせてTikTok等の他SNSでも紹介される予定だ。

     


    言語の壁を超えた楽曲だが、YouTube上では日本語に加え、英語、スペイン語、韓国語、中国語での字幕も追加されているので、日本語以外でのリリックビデオ制作にもチャレンジできる。



    他にも、ミュージックビデオ、vlogやホームビデオ等の映像での音源使用も可能なので、様々なシーンでの映像制作を楽しんでほしい。きゃりーぱみゅぱみゅ YouTubeチャンネルで紹介される可能性もあるので、映像クリエイターはこの機会を活用してみては?

    TALENT PROFILE

    きゃりーぱみゅぱみゅ

    高校を卒業した2011年夏に、ワーナーミュージック・ジャパンから、中田ヤスタカ(CAPSULE)プロデュースによるミニアルバム「もしもし原宿」(8/17発売)でメジャーデビュー。2012年5月に発売した初のフルアルバム「ぱみゅぱみゅレボリューション」は、オリコンデイリーチャート初登場1位、さらにiTunesでも日本総合チャートや世界各国のエレクトロチャートで1位を獲得。その後、自身初となる全国ツアー、日本武道館単独公演、NHK紅白歌合戦初出場と快進撃を続ける。 2013年には、初めてのワールドツアー(8つの国と地域、13都市)を大成功させ、2013年6月に満を持して発表したセカンドアルバム「なんだこれくしょん」は、オリコンウィークリーチャート初登場1位を獲得。 そして2014年、2度目となるワールドツアー(11の国と地域、15都市)も大成功で終え、サードアルバム「ピカピカふぁんたじん」は、北南米、欧州、オセアニア、アジア圏など世界4大陸、15ヶ国(地域)で同時発売。2作連続となるオリコンウィークリーチャート初登場1位を獲得。そして約3万5千人を動員したホールツアー 「きゃりーぱみゅぱみゅの雲の上のHEAVEN’S DOOR」(15都市17公演)、さらに自身最大規模のアリーナツアー「きゃりーぱみゅぱみゅの からふるぱにっくTOY BOX」(9公演)が大盛況のうちに終了した。 そのかわいい容姿からは想像がつかないほど自由奔放で、オリジナリティ溢れる表現でファンを魅了し続けている。アーティスト活動とファッション面での活動を掛け合わせた、『HARAJUKU』のアイコンとしての存在が、全世界から注目を集める。

  • 新しい学校のリーダーズとPARCOカルチャーフェス「P.O.N.D.」のスペシャルコラボ映像配信

    12.October.2021 | MUSIC

    2021年、アジアのカルチャーを世界に発信するレーベル「88rising」から華麗なる世界デビューを果たし、いま話題沸騰中の4人組ダンスヴォーカルユニット「新しい学校のリーダーズ a.k.a ATARASHII GAKKO!」と、渋谷PARCOを舞台に10日間開催されるカルチャーの祭典〈P.O.N.D.〉のコラボレーション映像が公開!

     

    新しい学校のリーダーズ a.k.a.ATARASHII GAKKO!×P.O.N.D. - Pineapple Kryptonite (SHIBUYA SHORT VER.)



    ビースティ・ボーイズ第4のメンバーと称される世界的なサウンドプロデューサー・Money Markプロデュースによる最新シングル『Pineapple Kryptonite』にのせて、渋谷PARCOに襲いかかる巨大な怪獣とメンバーたちが歌って踊って戦いを繰り広げるパワフルな短編映像が完成した。注目の若手映像監督・小島央大が手がけた本作は、全編カリフォルニアを舞台に撮影された『Pineapple Kryptonite』のMVのアナザーストーリーとしても楽しめる物語に。



    どんな時も“個性と自由ではみ出していく”「新しい学校のリーダーズ」たちが、“新しい次元を切り開く”という〈P.O.N.D.〉のコンセプトに共感し、今回のコラボレーションが実現。映像は「新しい学校のリーダーズ」のYoutubeほか、〈P.O.N.D.〉が開催される10月8日(木)から10月17日(日)までの期間限定で渋谷PARCOの館内や渋谷の街頭ヴィジョンで映像に出会えるチャンスがあるのでお見逃しなく!

     

    メンバーコメント

    巨大な怪獣を倒すべく「行けーーーー!!!!」と大きな声で叫び、沢山競歩でPARCOを駆け回ったので、喉周りと全身が筋肉痛になりました!そして、実験室に置いてあったアボカドとグミとドライアイスが面白かったです!

    PARCO様協力による「Pineapple Kryptonite」ご覧下さい!

    TALENT PROFILE

    新しい学校のリーダーズ

    模範的なヤツばかりが評価される時代、くだらない不寛容社会から、個性と自由ではみ出していく 踊るセーラー服と奇行癖。その名も「新しい学校のリーダーズ」 攻めの利いたダンスとサウンド、独特なキャラクターとMCを武器に2015年7月から全国各地でライブ活動する傍ら、コイケヤ、UNIQLO、GooglAndroid、ロッテFit’s等の企業と、はみ出し具合が絶妙なコラボや出演を重ね、じわり若者に刺さりはじめているらしい。むむむ。

  • きゃりーぱみゅぱみゅ、アルバム発売記念スペシャルライブを10月27日(水)に世界生配信!

    08.October.2021 | MUSIC

    2021年10月27日(水)に5thフルアルバム『キャンディーレーサー』を発売するきゃりーぱみゅぱみゅが、アルバムリリースを記念したオンラインライブを開催することが決定した。

     

    ライブオリジナルTシャツ

    きゃりーぱみゅぱみゅ5thフルアルバム『キャンディーレーサー』

     

     

    この日限りのスペシャルな演出で送られる「きゃりーぱみゅぱみゅ 5th Album『キャンディーレーサー』発売記念SPECIAL ONLINE LIVE」は、アルバム発売日当日10月27日(水)の20:00に配信がスタート。チケット購入者は、11月17日(水)までアーカイブ配信を何度でも楽しむことができる。

     

    海外からの購入も可能なZAIKO配信視聴チケットは10月6日(水)の18:00から発売開始となり、このライブの為に特別に製作されたオリジナルTシャツ付きの視聴チケットも枚数限定での販売が決定した。プレミア化必至のTシャツを入手できるこの機会を逃さないように。

     

    ZAIKO上ではチャット機能もあり、きゃりーぱみゅぱみゅの3年ぶりとなる記念すべきアルバムリリース日をオンラインライブを観ながらみんなで祝うことが出来るので、まるで実際にライブ会場にいるかの様な臨場感を味わうことができる。先行配信楽曲でのアルバムの予習もお忘れなく。

     

    世界中のきゃりーぱみゅぱみゅファンと参加するスペシャルオンラインライブをお楽しみに!

     

    TALENT PROFILE

    きゃりーぱみゅぱみゅ

    高校を卒業した2011年夏に、ワーナーミュージック・ジャパンから、中田ヤスタカ(CAPSULE)プロデュースによるミニアルバム「もしもし原宿」(8/17発売)でメジャーデビュー。2012年5月に発売した初のフルアルバム「ぱみゅぱみゅレボリューション」は、オリコンデイリーチャート初登場1位、さらにiTunesでも日本総合チャートや世界各国のエレクトロチャートで1位を獲得。その後、自身初となる全国ツアー、日本武道館単独公演、NHK紅白歌合戦初出場と快進撃を続ける。 2013年には、初めてのワールドツアー(8つの国と地域、13都市)を大成功させ、2013年6月に満を持して発表したセカンドアルバム「なんだこれくしょん」は、オリコンウィークリーチャート初登場1位を獲得。 そして2014年、2度目となるワールドツアー(11の国と地域、15都市)も大成功で終え、サードアルバム「ピカピカふぁんたじん」は、北南米、欧州、オセアニア、アジア圏など世界4大陸、15ヶ国(地域)で同時発売。2作連続となるオリコンウィークリーチャート初登場1位を獲得。そして約3万5千人を動員したホールツアー 「きゃりーぱみゅぱみゅの雲の上のHEAVEN’S DOOR」(15都市17公演)、さらに自身最大規模のアリーナツアー「きゃりーぱみゅぱみゅの からふるぱにっくTOY BOX」(9公演)が大盛況のうちに終了した。 そのかわいい容姿からは想像がつかないほど自由奔放で、オリジナリティ溢れる表現でファンを魅了し続けている。アーティスト活動とファッション面での活動を掛け合わせた、『HARAJUKU』のアイコンとしての存在が、全世界から注目を集める。

  • きゃりーぱみゅぱみゅ新アルバム収録の新曲先行配信&LINE MUSICキャンペーン開催

    29.September.2021 | MUSIC

    2021年10月27日(水)に3年ぶりとなるフルアルバム『キャンディーレーサー』をリリースするきゃりーぱみゅぱみゅが、アルバム発売に先駆けて新曲「じゃんぴんなっぷ」を先行配信する。軽快に弾む電子音とバウンシーな重低音に、思わず飛んで跳ねたくなる「じゃんぴんなっぷ」は9月29日(水)に配信がスタートする。

     


    先行配信に合わせてLINE MUSIC再生キャンペーンも開始となり、再生数上位10名にはこのキャンペーンの為に作られた“じゃんぴんなっぷざっく”がプレゼントされる。争奪戦必至なプレミアムな賞品となるので、ファンはスタートダッシュをお忘れなく!“じゃんぴんなっぷざっく”のデザインは後日解禁なのでお楽しみに!

     

    TALENT PROFILE

    きゃりーぱみゅぱみゅ

    高校を卒業した2011年夏に、ワーナーミュージック・ジャパンから、中田ヤスタカ(CAPSULE)プロデュースによるミニアルバム「もしもし原宿」(8/17発売)でメジャーデビュー。2012年5月に発売した初のフルアルバム「ぱみゅぱみゅレボリューション」は、オリコンデイリーチャート初登場1位、さらにiTunesでも日本総合チャートや世界各国のエレクトロチャートで1位を獲得。その後、自身初となる全国ツアー、日本武道館単独公演、NHK紅白歌合戦初出場と快進撃を続ける。 2013年には、初めてのワールドツアー(8つの国と地域、13都市)を大成功させ、2013年6月に満を持して発表したセカンドアルバム「なんだこれくしょん」は、オリコンウィークリーチャート初登場1位を獲得。 そして2014年、2度目となるワールドツアー(11の国と地域、15都市)も大成功で終え、サードアルバム「ピカピカふぁんたじん」は、北南米、欧州、オセアニア、アジア圏など世界4大陸、15ヶ国(地域)で同時発売。2作連続となるオリコンウィークリーチャート初登場1位を獲得。そして約3万5千人を動員したホールツアー 「きゃりーぱみゅぱみゅの雲の上のHEAVEN’S DOOR」(15都市17公演)、さらに自身最大規模のアリーナツアー「きゃりーぱみゅぱみゅの からふるぱにっくTOY BOX」(9公演)が大盛況のうちに終了した。 そのかわいい容姿からは想像がつかないほど自由奔放で、オリジナリティ溢れる表現でファンを魅了し続けている。アーティスト活動とファッション面での活動を掛け合わせた、『HARAJUKU』のアイコンとしての存在が、全世界から注目を集める。

  • 新しい学校のリーダーズ、新曲「Pineapple Kryptonite」のMV公開

    28.September.2021 | MUSIC

    ダンス動画が投稿の度にバズを生み、いまやTikTokフォロワー300万人を誇る4人組ダンスヴォーカルパフォーマンスユニット「新しい学校のリーダーズ」。2021年9月22日、彼女たちの待望の新曲「Pineapple Kryptonite」が、アメリカを拠点としアジアのカルチャーシーンを世界中に発信するレーベル”88rising”より全世界リリース、あわせて”88rising”の公式YouTubeチャンネルで、そのミュージックビデオが公開された。

     

    本楽曲は、“オルタナティヴ界最高のサウンドプロデューサー/メロディーメイカー”と称される“マニー・マーク”プロデュースによる新曲。ロサンゼルスでの制作で生まれたこの刺激的なサウンドは、TikTokチャレンジにもぴったりなダンスリズムがクセになるまさにグローバルポップチューンに仕上がっている。

    また、本邦初公開となったミュージックビデオは、カリフォルニアの広大な砂漠を舞台に繰り広げられるエイリアンとの壮大な銀河系バトルが描かれた超大作。リーダーズは、持ち前のダイナミックな振り付けとハリウッド映画顔負け?のスタントにもチャレンジしている。楽曲同様、リーダーズが世界に向けて発信する意欲的なクリエイティブとなっているので、早速チェックしてみよう。

     

    Pineapple Kryptonite」Music Video 

     

    本作を皮切りに、続々とアメリカ発全世界に向けて数々のコンテンツが発表される予定とのこと。今後のグローバルな活動に引き続き注目したい。

     

    TALENT PROFILE

    新しい学校のリーダーズ

    模範的なヤツばかりが評価される時代、くだらない不寛容社会から、個性と自由ではみ出していく 踊るセーラー服と奇行癖。その名も「新しい学校のリーダーズ」 攻めの利いたダンスとサウンド、独特なキャラクターとMCを武器に2015年7月から全国各地でライブ活動する傍ら、コイケヤ、UNIQLO、GooglAndroid、ロッテFit’s等の企業と、はみ出し具合が絶妙なコラボや出演を重ね、じわり若者に刺さりはじめているらしい。むむむ。

  • きゃりーぱみゅぱみゅ、3年ぶりとなるフルアルバム『キャンディーレーサー』リリース決定

    20.September.2021 | MUSIC

    メジャーデビュー10周年を迎えたきゃりーぱみゅぱみゅが、3年ぶりとなるフルアルバムを2021年10月27日(水)にリリースする。

     

     

    初回限定盤

    通常盤



    中田ヤスタカがプロデュースする5thフルアルバムのタイトルは『キャンディーレーサー』。
    デビュー記念日に配信リリースされMVやジャケットが話題となっている「原点回避」や、既に発表されている「きみがいいねくれたら」「かまいたち」「ガムガムガール」、CAPSULEが2005年に発表した「world fabrication」のカバーなどを含めた全11曲が収録される。カラフルなトラックが詰め込まれ、様々なきゃりーぱみゅぱみゅを楽しめる“キャンディーアソート”のようなオリジナルフルアルバムとなる。

     

    10周年を迎え、”原点回帰”しながらも”原点回避”して”前に突き進むきゃりーを後押しすべく、記念すべき本作の制作の為に、アートディレクターにスティーブ・ナカムラ、カメラマン半沢健、スタイリスト飯嶋久美子、ヘアメイク小西神士といった、デビュー当時のクリエイター陣が再集結。初回限定盤はハードカバーデジパックのスペシャルな仕様で、さらに64ページに及ぶパラパラ漫画風の豪華ブックレットが付属。通常盤と二形態で発売される。

     

    併せてオリジナル特典も発表された。店舗別に、見る角度によって絵柄の変わる“レンチキュラーステッカー”、 “メガジャケ”、“クリアポーチ”、“モバイルスタンドキーホルダー”をゲットすることができる。数量限定生産となるため、確実に手に入れたいファンは予約必至だ。

     

    TALENT PROFILE

    きゃりーぱみゅぱみゅ

    高校を卒業した2011年夏に、ワーナーミュージック・ジャパンから、中田ヤスタカ(CAPSULE)プロデュースによるミニアルバム「もしもし原宿」(8/17発売)でメジャーデビュー。2012年5月に発売した初のフルアルバム「ぱみゅぱみゅレボリューション」は、オリコンデイリーチャート初登場1位、さらにiTunesでも日本総合チャートや世界各国のエレクトロチャートで1位を獲得。その後、自身初となる全国ツアー、日本武道館単独公演、NHK紅白歌合戦初出場と快進撃を続ける。 2013年には、初めてのワールドツアー(8つの国と地域、13都市)を大成功させ、2013年6月に満を持して発表したセカンドアルバム「なんだこれくしょん」は、オリコンウィークリーチャート初登場1位を獲得。 そして2014年、2度目となるワールドツアー(11の国と地域、15都市)も大成功で終え、サードアルバム「ピカピカふぁんたじん」は、北南米、欧州、オセアニア、アジア圏など世界4大陸、15ヶ国(地域)で同時発売。2作連続となるオリコンウィークリーチャート初登場1位を獲得。そして約3万5千人を動員したホールツアー 「きゃりーぱみゅぱみゅの雲の上のHEAVEN’S DOOR」(15都市17公演)、さらに自身最大規模のアリーナツアー「きゃりーぱみゅぱみゅの からふるぱにっくTOY BOX」(9公演)が大盛況のうちに終了した。 そのかわいい容姿からは想像がつかないほど自由奔放で、オリジナリティ溢れる表現でファンを魅了し続けている。アーティスト活動とファッション面での活動を掛け合わせた、『HARAJUKU』のアイコンとしての存在が、全世界から注目を集める。

  • きゃりーぱみゅぱみゅ10周年を突き進む決意の新曲「原点回避」MVが公開

    27.August.2021 | MUSIC

    メジャーデビュー10周年記念日となる8月17日にデジタルシングル「原点回避」をリリースしたきゃりーぱみゅぱみゅ。原点を大切にしながらもこの先も前に突き進んでいくというきゃりーの決意表明となる楽曲「原点回避」のミュージックビデオが公開された。

     

     

     

    (c)Issei Nomura I.N.Art Pro.NIPPON COLUMBIA CO., LTD.



    きゃりーのオフィシャルYouTubeチャンネルでは、8月17日から本日のMV公開に向け、きゃりーとみられる人物がひたすら走り続ける映像を7日間連続で24時間配信しており、MVの内容を予感させるものとなっていた。

    2021年8月25日(水)に公開された「原点回避」のMVは「走り続ける」がコンセプト。
    この10年間、日々進化し続けてきたきゃりーぱみゅぱみゅだが、今も象徴的に残っている「原宿デカリボン」という世間のイメージ。そのイメージを”振り切る”ということをテーマに、デカリボンから走って逃げ続けながらも、さらなる進化を表現した映像となっている。リボンは縦2m、横2.5mの巨大サイズとなっており、今回のMVのために特別に制作されたもの。

    今回のミュージックビデオについて本人は「私の原点である巨大なリボンに追われたり、頭にも実際に大きなリボンをつけてダンスをしています。撮影した日がとても暑い日だったので森の中を走るシーンが大変でしたが、とても素敵なものが撮れたので是非ご覧下さい!」と見どころをコメント。監督はCreepy Nutsや乃木坂46の映像作品をで知られるクリエイターチーム、N2B+peledonaが務めた。

    原点回帰ならぬ「原点回避」の精神で突き進む決意を込めたミュージックビデオできゃりーがデカリボンから逃げきれるのか、是非チェックしてみては?

     

     

    TALENT PROFILE

    きゃりーぱみゅぱみゅ

    高校を卒業した2011年夏に、ワーナーミュージック・ジャパンから、中田ヤスタカ(CAPSULE)プロデュースによるミニアルバム「もしもし原宿」(8/17発売)でメジャーデビュー。2012年5月に発売した初のフルアルバム「ぱみゅぱみゅレボリューション」は、オリコンデイリーチャート初登場1位、さらにiTunesでも日本総合チャートや世界各国のエレクトロチャートで1位を獲得。その後、自身初となる全国ツアー、日本武道館単独公演、NHK紅白歌合戦初出場と快進撃を続ける。 2013年には、初めてのワールドツアー(8つの国と地域、13都市)を大成功させ、2013年6月に満を持して発表したセカンドアルバム「なんだこれくしょん」は、オリコンウィークリーチャート初登場1位を獲得。 そして2014年、2度目となるワールドツアー(11の国と地域、15都市)も大成功で終え、サードアルバム「ピカピカふぁんたじん」は、北南米、欧州、オセアニア、アジア圏など世界4大陸、15ヶ国(地域)で同時発売。2作連続となるオリコンウィークリーチャート初登場1位を獲得。そして約3万5千人を動員したホールツアー 「きゃりーぱみゅぱみゅの雲の上のHEAVEN’S DOOR」(15都市17公演)、さらに自身最大規模のアリーナツアー「きゃりーぱみゅぱみゅの からふるぱにっくTOY BOX」(9公演)が大盛況のうちに終了した。 そのかわいい容姿からは想像がつかないほど自由奔放で、オリジナリティ溢れる表現でファンを魅了し続けている。アーティスト活動とファッション面での活動を掛け合わせた、『HARAJUKU』のアイコンとしての存在が、全世界から注目を集める。

  • デビュー10周年きゃりーぱみゅぱみゅ、中田ヤスタカプロデュース新曲「原点回避」をリリース

    17.August.2021 | MUSIC

    2021年、プライベートレーベル「KRK LAB」を立ち上げ、デビュー10周年イヤーとして活動中のきゃりーぱみゅぱみゅが、自身のデビュー記念日である2021年8月17日(火)に中田ヤスタカプロデュースによる新曲「原点回避」をデジタルリリースした。「原点回避」は、デビュー10周年を迎えさらにこの先へ向かっていくきゃりーの、原点回帰をしながらも前に突き進んでいくという決意が込められている。

     

    (c)Issei Nomura I.N.Art Pro.NIPPON COLUMBIA CO. LTD.,

     

     


    同時に、「原点回避」のミュージックビデオのティザー映像がオフィシャルYouTubeやSNSで公開された。MVのフル尺映像は8月25日(水)にプレミア公開予定。またデビュー10周年を記念して、スタッフによるオフィシャルInstagram(@kyarystaff)も開設され、普段見ることのできないスタッフ目線のきゃりーのオフショットや最新情報などが発信される。きゃりー本人のInstagramと合わせてこちらも楽しんでみては?また、8月31日(火)までの期間限定で、きゃりーのデビュー10周年と「原点回避」リリースを記念したLINE MUSICでの再生回数キャンペーンが実施されており、「原点回避」をLINE MUSICで期間中10回以上聴いた人の中から抽選でオリジナルステッカーがプレゼントされるというもので、ファン必見となっている。

     

    来年、2022年1月16日(日)の厚木市文化会館を皮切りに、全国28箇所を回る10周年アニバーサリーツアーが開催されることが決定した。ファン待望の全国ツアーの開催は2018年に行われたJAPAMYU HALL TOUR 2018「星屑のチェリーマティーニ」以来およそ3年ぶりとなっており、きゃりー史上過去最大規模のツアーとなる。チケットは現在、ファンクラブにて先行予約実施中。デビュー10周年を迎えたきゃりーぱみゅぱみゅが全国各地でどんなライブを見せてくれるのか、目が離せない!

     

     

    TALENT PROFILE

    きゃりーぱみゅぱみゅ

    高校を卒業した2011年夏に、ワーナーミュージック・ジャパンから、中田ヤスタカ(CAPSULE)プロデュースによるミニアルバム「もしもし原宿」(8/17発売)でメジャーデビュー。2012年5月に発売した初のフルアルバム「ぱみゅぱみゅレボリューション」は、オリコンデイリーチャート初登場1位、さらにiTunesでも日本総合チャートや世界各国のエレクトロチャートで1位を獲得。その後、自身初となる全国ツアー、日本武道館単独公演、NHK紅白歌合戦初出場と快進撃を続ける。 2013年には、初めてのワールドツアー(8つの国と地域、13都市)を大成功させ、2013年6月に満を持して発表したセカンドアルバム「なんだこれくしょん」は、オリコンウィークリーチャート初登場1位を獲得。 そして2014年、2度目となるワールドツアー(11の国と地域、15都市)も大成功で終え、サードアルバム「ピカピカふぁんたじん」は、北南米、欧州、オセアニア、アジア圏など世界4大陸、15ヶ国(地域)で同時発売。2作連続となるオリコンウィークリーチャート初登場1位を獲得。そして約3万5千人を動員したホールツアー 「きゃりーぱみゅぱみゅの雲の上のHEAVEN’S DOOR」(15都市17公演)、さらに自身最大規模のアリーナツアー「きゃりーぱみゅぱみゅの からふるぱにっくTOY BOX」(9公演)が大盛況のうちに終了した。 そのかわいい容姿からは想像がつかないほど自由奔放で、オリジナリティ溢れる表現でファンを魅了し続けている。アーティスト活動とファッション面での活動を掛け合わせた、『HARAJUKU』のアイコンとしての存在が、全世界から注目を集める。

  • 完全オンライン音楽フェス「MUSER FEST. 2021 –MUSIC AID-」 出演アーティストが追加発表

    04.August.2021 | FES / MUSIC

    2021年9月11日(土)と9月12日(日)の二日間に開催される完全オンラインの音楽フェス「MUSER FEST. 2021 -MUSIC AID-」に、先日ワンマンライブを終えたばかりの4人組ダンスパフォーマンスユニット、新しい学校のリーダーズ、トリオ編成でのライブ出演となるJazztronik、海外からの人気も高いCHAI、そして数々の映画やドラマの楽曲制作担当など多岐にわたり活動するfox capture planの出演が決定。さらに、この度既に出演が決まっている堀込泰行のバンドセットによるライブ出演が発表された。 

    現在までに発表された出演アーティストは計19組。今後は海外からの出演アーティストも発表される予定だ。また、MUSERの公式YouTubeチャンネルでは、出演アーティストからのコメントムービーも公開されるのでお楽しみに。引き続き、MUSERフェスのチケット購入者の人のみが視聴できるデジタルコンテンツ「チケット購入者限定特典」の第1弾も現在公開されている。 MUSERフェス公式サイトにログイン後、「マイページ」よりコンテンツを楽しむことができる。

     

     

     

    追加アーティスト

    新しい学校のリーダーズ

    Jazztronik

    CHAI

    fox capture plan

     

     

    現在までに発表されている日割り

     

    DAY1 9月11日(土)
    Original Love 
    サイプレス上野とロベルト吉野 
    SIRUP 
    SOIL & “PIMP” SESSIONS 
    Doul 
    D. A. N. 
    CHAI 
    NABOWA 
    bonobos 
    堀込泰行(Band Set) 
    YONA YONA WEEKENDERS 

    DAY2 9月12日(日) 
    新しい学校のリーダーズ 
    H ZETTRIO 
    サニーデイ・サービス 
    The fin. 
    jizue  
    Jazztronik 
    スチャダラパー 
    fox capture plan 

     

     

    夏がもっと楽しくなるオンライン音楽フェスでおうち時間を盛り上げてみては?

    TALENT PROFILE

    新しい学校のリーダーズ

    模範的なヤツばかりが評価される時代、くだらない不寛容社会から、個性と自由ではみ出していく 踊るセーラー服と奇行癖。その名も「新しい学校のリーダーズ」 攻めの利いたダンスとサウンド、独特なキャラクターとMCを武器に2015年7月から全国各地でライブ活動する傍ら、コイケヤ、UNIQLO、GooglAndroid、ロッテFit’s等の企業と、はみ出し具合が絶妙なコラボや出演を重ね、じわり若者に刺さりはじめているらしい。むむむ。

  • ラーメン幸楽苑の新役職CKOにきゃりーぱみゅぱみゅが就任

    04.August.2021 | FOOD / MUSIC

    幸楽苑が、人々の新しいハッピーを叶える企業として、新コミュニケーションスローガン「All New Happy! 新しいしあわせ、次々と。」を掲げた。それに伴い、より多くの人に新しい幸楽苑の姿を伝えていくため、きゃりーぱみゅぱみゅを幸楽苑の新役職「チーフ・これから・オフィサー(CKO)」として任命した。アクション第1弾としてハッピーを提供するアクションプラン「New Happy 5箇条」を策定し、順次取り組んでいく。また、きゃりーぱみゅぱみゅが出演する新TVCMが全国で公開中。

     

    きゃりーぱみゅぱみゅさんが出演するTVCMでは、平日学生が550円でらーめんセットを食べられる学割セットや、事前注文で店舗ですぐに受け取れるモバイルオーダーのサービスを利用し、幸楽苑のハッピー体験をした学生や社会人の顔がきゃりーぱみゅぱみゅの顔に変身する。幸楽苑のロゴマークを頬につけ、お団子結びでチャイナ風なきゃりーぱみゅぱみゅは必見だ。

     

    TALENT PROFILE

    きゃりーぱみゅぱみゅ

    高校を卒業した2011年夏に、ワーナーミュージック・ジャパンから、中田ヤスタカ(CAPSULE)プロデュースによるミニアルバム「もしもし原宿」(8/17発売)でメジャーデビュー。2012年5月に発売した初のフルアルバム「ぱみゅぱみゅレボリューション」は、オリコンデイリーチャート初登場1位、さらにiTunesでも日本総合チャートや世界各国のエレクトロチャートで1位を獲得。その後、自身初となる全国ツアー、日本武道館単独公演、NHK紅白歌合戦初出場と快進撃を続ける。 2013年には、初めてのワールドツアー(8つの国と地域、13都市)を大成功させ、2013年6月に満を持して発表したセカンドアルバム「なんだこれくしょん」は、オリコンウィークリーチャート初登場1位を獲得。 そして2014年、2度目となるワールドツアー(11の国と地域、15都市)も大成功で終え、サードアルバム「ピカピカふぁんたじん」は、北南米、欧州、オセアニア、アジア圏など世界4大陸、15ヶ国(地域)で同時発売。2作連続となるオリコンウィークリーチャート初登場1位を獲得。そして約3万5千人を動員したホールツアー 「きゃりーぱみゅぱみゅの雲の上のHEAVEN’S DOOR」(15都市17公演)、さらに自身最大規模のアリーナツアー「きゃりーぱみゅぱみゅの からふるぱにっくTOY BOX」(9公演)が大盛況のうちに終了した。 そのかわいい容姿からは想像がつかないほど自由奔放で、オリジナリティ溢れる表現でファンを魅了し続けている。アーティスト活動とファッション面での活動を掛け合わせた、『HARAJUKU』のアイコンとしての存在が、全世界から注目を集める。

  • あらゆるライフスタイルに合わせた豊富なラインナップを展開するカジュアルフットウェアブランドのクロックス・ジャパンとスニーカーセレクトショップ アトモスピンクが、期間限定のポップアップイベント「アトクロ夏祭り」を、アトモスピンク フラッグシップ 原宿店とオンラインを軸に2021年7月31日(土)から8月9日(月)までの10日間限定で開催する。

     

     

    日本の夏の風物詩である「夏祭り」をモチーフに、日本から世界のスニーカーシーンを牽引するアトモスと、夏の定番フットウェアブランドとしてその独自の地位を確立するクロックスが様々なコンテンツを発信する。メイン会場となるアトモスピンク フラッグシップ原宿では、史上最大規模のバリエーションのジビッツ™ チャームを展開。近年ティーンを中心に市民権を得つつあるジビッツ™ チャームを使った自分だけの1足をより幅広いバリエーションからつくることができる特設スペースや、夏祭りを模した屋台が出現する。ポップアップ期間限定特典として、来場者全員へのくじ引きや購入者限定の豪華特典を用意した数量限定のプレゼントキャンペーンも実施される。

    8月2日(月)を皮切りにスタートするオンラインライブでは、FAKY、ゆるふわギャング、ELLE TERESA、カメレオン・ライム・ウーピーパイ、新しい学校のリーダーズといったクロックスと所縁のあるアーティストが登場。お家のテレビでもスマホ楽しむことができるコンテンツをアトモスピンク フラッグシップ 原宿からatmos pink channelより生中継で配信する。

     

    クロックス×アトモスピンクの世界観が広がる夏祭りをお見逃しなく!

    TALENT PROFILE

    新しい学校のリーダーズ

    模範的なヤツばかりが評価される時代、くだらない不寛容社会から、個性と自由ではみ出していく 踊るセーラー服と奇行癖。その名も「新しい学校のリーダーズ」 攻めの利いたダンスとサウンド、独特なキャラクターとMCを武器に2015年7月から全国各地でライブ活動する傍ら、コイケヤ、UNIQLO、GooglAndroid、ロッテFit’s等の企業と、はみ出し具合が絶妙なコラボや出演を重ね、じわり若者に刺さりはじめているらしい。むむむ。

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US