もぐもぐにっぽん:浅草ランチで松阪牛を堪能!牛鮮丼を楽しむ「おにくのおすし」

27.June.2019 | FEATURES / FOOD / SPOT

東京の観光スポット浅草。浅草寺や雷門など有名な観光スポットがあるほか、さまざまなグルメが味わえる食の街でもあります。

 

これまでももしもしにっぽんでは浅草で人気の喫茶店、食べ歩きフードなど紹介してきましたが、今回紹介するのは最近オープンした和牛が食べられる肉寿司専門店「おにくのおすし」。

京都祇園の人気店が初の関東進出!ということもあり、オープン前から話題になっていました。
今回はそんな「おにくのおすし」浅草店を紹介します。

場所は地下鉄浅草駅から8分ほど、つくばエクスプレス浅草駅から徒歩2分ほど歩きます。

木を基調にした外観が目印。お店の内観にも木がたくさん使われていました。

日本のブランド牛代表格でもある「松阪牛」を寿司で食べられる!という同店。生食感の赤身肉や、霜降りの炙りなどを寿司で味わうことが出来ます。

一緒にランチをしたのは中国人タレントの悦奈さん。グルメな彼女だけど、レアなお肉を寿司でいただくのは初めてなんだとか!
今回はお店の看板メニューであるおにくのおすし盛り合わせと、牛鮮丼(ランチのみ)をいただくことにしました。

おにくのおすし盛り合わせ(8貫)5,000円
寿司の盛り合わせには、赤身・霜降り・ローストビーフ・牛とろ軍艦がそれぞれ2貫ずつ、合計で8貫ついてきます。牛とろ軍艦以外は左から順に食べるのがオススメ。味は付いているのでそのまま食べられます。

 

牛とろの握りは凍っているうちに食べるのがおいしい!ということで先にいただきました。
冷たい牛とろが口の中でふわーっと溶けていきます。甘みがあり、とっろとした食感。卵の黄身と牛とろが口の中で混ざり合い、よりまろやかな味わいになります。
赤み、霜降り、ローストビーフのお寿司は、肉が柔らかく、それぞれにレモン・大根おろしなどがついていて、さっぱり!お肉を噛んで味わうと、脂の甘みや、濃厚な旨味が広がります。それぞれの肉の素材をしっかり味わうことができました。

牛鮮丼 ※京のみそ汁付き 2,480円

こちらはランチのみ提供されている牛鮮丼。松阪牛鮮®フレークと、京都の漬物、薬味、一口サイズのお肉が付いてきます。

とにかく見た目がキレイ!醤油を入れて黄身を混ぜて食べるのですが、混ぜて食べるのがもったいないほど・・・!写真にしっかり納め、いただきます。

牛とろの軍艦同様、口の中で溶けていく牛とろと、卵黄がほどよく絡み、まろやかな旨味が広がります。丼には薬味や漬物が付いているので、一緒に食べると色々な味を楽しむことも可能。ワサビや生姜を付けて食べると味が引き締まり、京都の漬物を一緒に食べると、カリカリとした新しい食感に!丼だけでいくつもの味が楽しめるのが嬉しいです。

付いてくる味噌汁は京都のお味。甘い白味噌に生麩と漬物が入った優しい味の味噌汁が、丼によく合います。

「とっても美味しかったです。まだまだ肉の寿司は外国人に知られていないと思うので、これからすごく人気が出るんじゃないかな?値段が少し高くても、日本の美味しいものを食べたい、という外国人旅行者は多いので、そういう人にオススメです」と悦奈さんも太鼓判!

 

浅草では食べ歩きグルメも有名ですが、「おにくのおすし」でも食べ歩きできる、浅草限定商品を販売中。

おにくの飯蒸し 福小判 500円

浅草散歩で小腹が空いた時にオススメなのが、おにくの飯蒸し。テイクアウト限定のこの商品は、牛肉と豚肉をもち米で蒸したもの。牛肉の旨味がぎゅっと詰まっています。小判型になっていて、縁起の良いネーミングが浅草観光にピッタリ!

浅草で楽しむお肉づくしのランチ、いかがでしたか?もちろんディナーの時間帯もお店はオープンしているので、松阪牛を寿司で食べてみたい人はぜひ「おにくのおすし」に足を運んでみてくださいね♪

 

Writer: Sayuri Mizuno(MMN 編集部)

Model: 悦奈(Etsuna)

RECOMMENDED ENTRIES

  • もぐもぐにっぽん コンビニスイーツ編:香ばしく濃厚な味わい!ハーゲンダッツ ミニカップ 「ほうじ茶ラテ」

    19.June.2019 | FEATURES / FOOD

    新しい企画「もぐもぐにっぽん」をスタートします!

    私達、MOSHI MOSHI NIPPON編集部は基本的にみんな食べることが大好きで、いつも何か飲んだり食べたりしています。特に新しい商品や期間限定商品には目がなく、誰かが買ってシェアすることもしばしば・・・!

    そこで「もぐもぐにっぽん」では、私達がオススメしたいフードやスイーツをみなさんにご紹介。第一回は、コンビニエンスストア編!コンビニで買える日本のスイーツ「ハーゲンダッツ ミニカップ ほうじ茶ラテ」を実食レポートします。

     

    ハーゲンダッツ ジャパンは、期間限定で様々なフレーバーのアイスクリームを販売しますが、日本では ”お茶” にちなんだフレーバーが販売されることも多いんです。

    そこで、私達がオススメしたいのが「ほうじ茶ラテ」。この商品は2017年にも発売され、大人気となった商品。再販を喜ぶ声がSNSに多数あがっていますが、私もその1人!お茶好きにはたまらない味わいなんです。

    世界的には抹茶スイーツがブームですが、日本では抹茶と同じようにほうじ茶のスイーツも多く販売されています。

    期間限定で発売されている、ハーゲンダッツ ミニカップ「ほうじ茶ラテ」。

    さっそく、おやつの時間に食べました。

    蓋をあけると・・・マーブル状になったアイスクリーム。2種類のほうじ茶ラテアイスが組み合わさっています。

    ミルクのコクを感じる濃厚なアイスと、お茶の香ばしさや旨味が感じられるスッキリ感のあるアイス。

    この2つが程よいバランスで、濃厚だけどさっぱり食べられるアイスクリームに仕上がっています。

     

     

    甘さ控えめのハーゲンダッツ ミニカップ「ほうじ茶ラテ」。ほうじ茶の ”風味と香り” を感じられ、程よい苦味もありますが、ミルクの甘さが口の中を調和してくれます。

    日本ならではのスイーツを食べてみたい方に、オススメ。コンビニで買えるので、まだ「ほうじ茶」スイーツを食べたことがないという人も、ぜひトライしてみて!

  • 北海道産そば粉を使用した十割そば店 「北海道百そば」東京・浅草橋にオープン

    24.December.2018 | FOOD

    北海道産そば粉の十割そば専門店「北海道百そば 浅草橋店」が東京・浅草橋にオープンした。

    北海道苫小牧市で昭和50年創業より地域に親しまれている「一休そば総本店」と技術提携を結び、初めて「一休そば総本店」の味を北海道外へ提供することに。「北海道百そば」代表の”この味を東京でも提供したい”という想いから始まった。

     

    蕎麦は北海道産を厳選し、産地から直接仕入れることで価格を抑えつつも新鮮で香り豊かな十割そばを提供。また、全て店内製麺で作り立ての味を楽しむことができる。

    蕎麦との組み合わせを重視した北海道産の帆立や海鮮素材を使用した「海鮮塩だれかき揚げ丼」も提供。だしソムリエが海鮮かき揚げに最も合うように、藻塩や塩麹など41種の原材料を調合した、絶品「クセになる塩だれ」をぜひ味わってみてほしい。

    また、わさびはブランド「山川わさび」を使用。“土付き”のまま直送することで新鮮な状態を保っている。

    常に摩り立ての山わさびを振りかける「雪わさび板そば」は一般的な本わさびより辛さが1.5倍で”ツン”とした鋭い辛味。爽やかな山わさびの風味が鼻を通り抜け、ほのかな甘みが口の中に広がる。

     

    北海道の本格的な十割そばを味わえる「北海道百そば 浅草橋店」に是非訪れてみて。

  • 米大統領も利用した、世界各国より注目を浴びる和食レストラン「権八」浅草にオープン

    03.January.2017 | FOOD / SPOT

    「外国人ゲストをおもてなしするなら権八がおすすめ」と言われる程、 国内のみならず海外顧客にも愛されている権八。2002年にブッシュ元大統領と小泉元首相の歴史的な「居酒屋会談」が開催されたことや、映画「Kill Bill」のシーンのモデルになったことで有名となった。

    d14699-17-657859-3-1

    その権八が海外からの訪日客が多い観光地、東京下町の浅草に創作和食「権八」を2017年1月16日にグランドオープンする。

    d14699-17-420584-13 d14699-17-505881-5

    国内11店舗目となる浅草吾妻橋店では、 手打ち蕎麦・串焼き・厳選高級海苔を使用した海苔手巻きを楽しむことができる。 季節によって厳選した国産蕎麦の実を使用し、 毎朝石臼で丁寧に挽いた蕎麦粉を職人が手打ちしている蕎麦。備長炭で丁寧に焼きあげる串焼き、 揚げたて熱々の天ぷら。

    d14699-17-944495-6

    そして 厳選高級海苔を目の前で炙って提供する海苔手巻きなどこだわりの料理を権八ならではのアレンジで提供する。

    2階では隅田川沿いの大きな窓から景色を楽しみながら海苔手巻きをお楽しみいただける観光にはピッタリの立地。

    浅草へ遊び行く際はぜひ権八ならではの「和」の雰囲気を味わってみて!

    ■Information

    店舗名     :権八 浅草吾妻橋(ごんぱち あさくさあづまばし)

    住所        :東京都台東区雷門2-1-15 中川ビル 1F・2F

    TEL         :03-5830-3791 FAX:03-5830-3792

    営業時間  :11:00~23:00(Food 22:00L.O. Drink 22:30)

    −−−

    ■関連記事:無印良品から日本土産にぴったりな商品、宇治抹茶を使ったお菓子シリーズ販売開始

    ■関連記事:思わず写真に撮りたくなるお料理レシピを紹介 #7 今回の料理は「SUSHIケーキ」

RELATED ENTRIES

  • ミシュラン2つ星店主プロデュースのどんぶり専門店「きむら丼」が新宿に初出店

    17.July.2021 | FOOD / SPOT

    新宿 タカシマヤ タイムズスクエア12~14階のレストラン街 「レストランズ パーク」では、2021年7月20日(火)に新店舗 「きむら丼」 が初出店する。

     

    「きむら丼」は、2013年以来9年連続でミシュラン二つ星を獲得している二子玉川の人気すし店「すし㐂邑」(すしきむら)の店主・木村康司氏がプロデュースする高級どんぶり専門店。「すし㐂邑」の技と伝統を継承しながら、木村氏が長年温めてきたアイデアを加えた斬新な“どんぶり”を提供していく。

     

    すしの名店で培った、酢飯とネタの絶妙なバランスをどんぶりで再現。お魚やお肉を使った定番のどんぶりに加え、旬の食材を使った季節限定のどんぶりなど、「きむら丼」でしか味わえないどんぶりの世界を楽しむことができる。


    また、食材は東京産を積極的に使用することで、環境にやさしいフード・マイレージ削減に取り組む。多摩の清流で育まれた八王子産「キヌヒカリ」や、あきるの市のブランド牛「秋川牛」など、地の食材を美味しく提供することで、生産者と消費者が互いに恵みあう地域社会づくりに努めていく。

     

     

    【ランチ限定】 きむら丼(5種類) 各3,500円 *提供時間:11:00~17:00(L.O.16:00)

    「中とろ燻し丼」「いわし彩り丼」「ローストビーフ丼」など5種類のどんぶりのほか、季節ごとに旬の食材を使った「季節の丼」も登場。5種類のどんぶりから2種類を選ぶ「小どんぶり2種」(3,800円)もおすすめ。

     

    夜のコース 12,000円~  *提供時間:17:00~23:00(L.O.22:00)

    焼き魚やうに蕎麦など、季節の食材を使った7種類のおつまみを楽しめる。〆には5種類のどんぶりからお好みのメニューを選んで。

     

    木村康司氏コメント

    二子玉川に店を構えて16年。独自の鮨を生み出すため、特に土台となる「シャリ」の研究を長年してきました。他店とは一線を画す個性的な、それでいてネタと合わさると旨味が爆発するシャリが完成。その「シャリ」を基本とした斬新な“どんぶり”の数々を、ここ日本一号店でみなさまに味わっていただけたらと思います。

     

  • KYARY PAMYU PAMYU meets IMABARI きゃりーぱみゅぱみゅが巡る 歴史”海道”今治

    17.June.2021 | FEATURES / SPOT

    瀬戸内海に面し、昔から海上交通の要所として栄えている愛媛県今治市は、多くの国宝や歴史遺産を誇り、みかんなど柑橘類の産地としても有名です。そんな今治市を、日本を代表するアーティスト・きゃりーぱみゅぱみゅが訪問しさらなる魅力を発見しました。

     

    きゃりーぱみゅぱみゅが巡る 歴史”海道”今治

     

    大山祇神社

    多くの著名人が尊崇したパワースポット

    山の神、海の神、戦いの神として歴代の武将などから尊崇を集めた神社。国宝である武将・源義経が源平合戦で勝利した際に奉納した甲冑や、社伝によると日本で唯一現存する女性用の甲冑などたくさんの重要文化財が展示されています。また、2600年前に植えられたとされる、国の天然記念物である御神木がそびえ立ち、神秘的なパワーを放っています。

     

    Information 

    大山祇神社

    住所:〒794-1393  愛媛県今治市大三島町宮浦3327

    電話番号:0897-82-0032

    開門時間:日の出頃~17:00

    宝物館:8:30~16:30(閉館17:00)

    Official Site:https://oomishimagu.jp/

     

    来島海峡サービスエリア

    自慢のグルメに舌鼓

    瀬戸内海の来島海峡を一望できる来島海峡サービスエリアでは、愛媛県の都市伝説「蛇口みかんジュース」があることで知られています。また瀬戸内海でとれた太刀魚を来島海峡の鉄橋に見立てた丼や、今治市民のソウルフード「今治焼豚玉子飯」などが楽しめます。瀬戸内海をバックに写真を撮れるフォトスポットも◎。

     

    Information 

    来島海峡サービスエリア

    住所:〒794-0002 愛媛県今治市大浜町3丁目9−68

    フードコート:平日8:00~21:00、土日祝7:00~22:00

    売店:平日8:00~21:00、土日祝7:00~22:00

    外売店とカフェ:平日9:00~17:00、土日祝9:00~18:00

    Official Site:https://www.jb-highway.co.jp/sapa/kurushima.php

     

    村上海賊ミュージアム

    海の安全を守った今治のヒーロー


    今治が誇る日本遺産。海賊と言えば悪いイメージがありますが、村上海賊は、戦国時代に海の秩序や安全を守る役割を果たしたヒーローでもありました。ミュージアムでは、背中に大きく村上家の家紋が記された、大将が甲冑の上に羽織る陣羽織など、村上家が代々引き継ぐ家宝が展示されています。また、その陣羽織のレプリカ衣装が用意されており、着用したきゃりーは「ちょっぴり武将気分になれました」とコメント。

     

    Information 

    村上海賊ミュージアム

    住所:〒794-2203愛媛県今治市宮窪町宮窪1285番地
    電話番号:0897-74-1065

    開館時間:9:0017:00

    休館日:毎週月曜日(祝日の場合は翌平日)・年末年始(12月29日~1月3日)

    Official Site:https://www.city.imabari.ehime.jp/museum/suigun/

     

    道の駅よしうみいきいき館

    様々なエンターテインメントが一つの場所に

    来島海峡を眺めながら瀬戸内海で捕れた新鮮な海鮮を堪能できる七輪バーベキューが楽しめます。愛媛県の特産品市場が揃いお土産購入や休憩ポイントとしても最適なのはもちろん、来島海峡急流観潮船の乗船場やレンタサイクルターミナルとしても有名です。看板魚として30年間生き続けている人気者のもぶし「コロちゃん」が出迎えてくれます。

     

    Information 

    道の駅よしうみいきいき館

    住所:〒794-2114 愛媛県今治市吉海町名4520-2

    電話番号:0897-84-3710

    営業時間:9:00~17:00

    レストラン:10:00~16:00(ラストオーダー 15:00)

    休業日:元日 *冬季休館日あり

    Official Site:http://www.imabari-shimanami.jp/ikiiki/

     

    ドルフィンファーム しまなみ

    フレンドリーなイルカに癒される

     

    伯方ビーチに隣接する日本最大のイルカのふれあい施設です。実際に近づくことができ、イルカ達が技を披露してくれます。さらに、オートキャンプ場が隣接されており宿泊することも可能です。

     

    Information 

    ドルフィンファーム しまなみ

    住所:〒794-2302 愛媛県今治市伯方町叶浦1673

    電話番号:0897-72-8787

    営業時間:9:00~17:00

    休業日:悪天候時

    Official Site:https://www.df-shimanami.com/

     

    伯方ビーチ

    200mの白浜が広がる海岸

     

    伯方・大島大橋のたもとにある南国のような伯方ビーチ。伯方といえばお塩が有名です。そのお塩を使用した甘じょっぱいソフトクリームが大人気!

     

    Information 

    伯方ビーチ

    住所:〒794-2302 愛媛県今治市伯方町叶浦甲1668-1

    海水浴:7月上旬~8月下旬

    Official Site:https://www.city.imabari.ehime.jp/kanko/spot/?a=198

     

    今治タオル

    伝統と技術が詰まった高級タオル

     

     

    日本最大のタオル産地である今治が誇るタオルブランド。白いタオルだけでも種類が豊富で好みの肌触りを選ぶことができます。産地と品質、そして今治タオルを使ってくれる人に対する熱い想いを表すロゴマークはとても印象的です。きゃりーも愛用中!

     

    Information 

    今治タオル

    Official Site: https://www.imabaritowel.jp/

     

    サンライズ糸山

    広がる絶景を走り抜ける

    今治と広島県尾道市を結ぶ瀬戸内しまなみ海道は世界有数のサイクリングロード。起終点となるサンライズ糸山にはレンタサイクルが充実しており、自分にあった自転車の種類や好みのヘルメットまで選ぶことができるので、誰でも気軽にサイクリングを楽しむことができます

     

    Information 

    サンライズ糸山

    しまなみ海道サイクリング四国側の拠点

    住所:〒794-0001 愛媛県今治市砂場町2丁目8番1号 

    電話番号:0898-41-3196

    レンタルサイクル詳細:https://www.sunrise-itoyama.jp/archives/rentacycle/

    Official Site:https://www.sunrise-itoyama.jp/

     

    まるとみ

    知る人ぞ知る地元の名店!

    今治市民のソウルフード「今治焼き鳥」を味わうために、焼きとり本舗「まるとみ」を訪れました。今治焼き鳥は、一般的な焼き鳥とは違い、串に刺さず小さく切った鶏肉を鉄板で調理します。中でも「皮焼」は今治焼き鳥では外せない部位なんだとか。外はカリカリ、中はふわふわの皮と、プリプリとした食感のせせりはお酒との相性もバッチリ。

     

    Information 

    まるとみ

    住所:〒794-0063 愛媛県今治市片山2丁目3-6

    電話番号:0898-23-2740

    営業時間:17:30~22:00

    定休日:毎週水曜日

    Official Site:https://maru-marutomi.jp/

     

    今治城

    海にそびえるお城

    武将・藤堂高虎によって築城された、今治市街地に位置する海水に囲まれた「日本三大海城」「日本百名城」の一つ。築城当時は、船が海から堀に入ることができるなど、かつて村上海賊が守った海に囲まれ、海上交通の要所として栄えた今治らしいお城です。展望台、展示室になっている天守閣からは今治市を一望できます。

     

    Information 

    今治城

    住所:794-0036 愛媛県今治市通町3丁目1-3

    電話番号:0898-31-9233

    営業時間:9:00~17:00

    休館日:12月29日~12月31日

    Official Site:https://www.city.imabari.ehime.jp/museum/imabarijo/

     

    亀老山展望公園

    記憶に残る絶景ビュー

    亀老山展望公園は瀬戸内海国立公園に指定されており、今治市、瀬戸内海、来島海峡大橋が一望できる絶景スポットです。空と海を染めながら沈む夕日を目に焼き付けて、旅の締めくくりとなりました。

     

    Information 

    亀老山展望公園

    住所:794-2115 愛媛県今治市吉海町南浦487-4

    年中無休

    24時間入園自由

    Official Site:https://www.city.imabari.ehime.jp/kanko/spot/?a=182

     

     

    今治市観光情報:https://www.city.imabari.ehime.jp/kanko/

     

    きゃりーぱみゅぱみゅと巡る魅力たっぷりの今治はいかがでしたか?海と自然が心を癒してくれる文化財の宝庫・今治に訪れてみたくなりましたね。特産品のみかんや、瀬戸内海で捕れた新鮮な海鮮などを使った数多くの自慢グルメでお腹も満たされること間違いなしです。

     

    TALENT PROFILE

    きゃりーぱみゅぱみゅ

    高校を卒業した2011年夏に、ワーナーミュージック・ジャパンから、中田ヤスタカ(CAPSULE)プロデュースによるミニアルバム「もしもし原宿」(8/17発売)でメジャーデビュー。2012年5月に発売した初のフルアルバム「ぱみゅぱみゅレボリューション」は、オリコンデイリーチャート初登場1位、さらにiTunesでも日本総合チャートや世界各国のエレクトロチャートで1位を獲得。その後、自身初となる全国ツアー、日本武道館単独公演、NHK紅白歌合戦初出場と快進撃を続ける。 2013年には、初めてのワールドツアー(8つの国と地域、13都市)を大成功させ、2013年6月に満を持して発表したセカンドアルバム「なんだこれくしょん」は、オリコンウィークリーチャート初登場1位を獲得。 そして2014年、2度目となるワールドツアー(11の国と地域、15都市)も大成功で終え、サードアルバム「ピカピカふぁんたじん」は、北南米、欧州、オセアニア、アジア圏など世界4大陸、15ヶ国(地域)で同時発売。2作連続となるオリコンウィークリーチャート初登場1位を獲得。そして約3万5千人を動員したホールツアー 「きゃりーぱみゅぱみゅの雲の上のHEAVEN’S DOOR」(15都市17公演)、さらに自身最大規模のアリーナツアー「きゃりーぱみゅぱみゅの からふるぱにっくTOY BOX」(9公演)が大盛況のうちに終了した。 そのかわいい容姿からは想像がつかないほど自由奔放で、オリジナリティ溢れる表現でファンを魅了し続けている。アーティスト活動とファッション面での活動を掛け合わせた、『HARAJUKU』のアイコンとしての存在が、全世界から注目を集める。

  • 【松山の魅力を知る 最終回】 ついにオープン!新しくて便利な愛媛・松山観光インフォメーションセンターをご紹介

    30.May.2021 | FEATURES / SPOT

    受付スペース。スタッフの笑顔で来店客を迎える

     

    愛媛県松山市の中心地、大街道駅徒歩0分の松山三越1階に待望の愛媛・松山観光インフォメーションセンターが5月27日(木)にオープン。松山城を模した和のデザインは、歴史と文化を醸し出しつつも、現代的でスマートな空間を演出しています。

     

    巨大な6面マルチビジョン。愛媛・松山の観光PR映像などが放映される

     

    まず目に飛び込んでくるのは、縦約1.5m、横約4.5mもある6面マルチスクリーン。ワイドな画面で愛媛・松山のみどころを映像コンテンツで堪能することができます。訪日外国人観光客にも対応可能です。翻訳・通訳サービス、外貨両替機、スマートフォンの充電レンタルサービスなど様々サービスを取り揃えています。インフォメーションセンターのスタッフも多言語に対応可能ですが、それに加えて館内のフリーWiFiや検索用iPadを通じてコールセンターの通訳サービスが利用できるよう整備されていますので、旅行者にとって安心材料のひとつになります。昔ながらのお店も多く残る愛媛・松山観光で、外貨両替機の存在はありがたいですね。インフォメーションセンターからは、いずれの交通機関もアクセス良好なのも特徴です。県内観光の前にぜひご利用いください。さらにスマートフォンのモバイルバッテリーレンタルサービスがあることで、よりストレスなく観光を楽しむことができます。

     

     

    多くの便利なサービスはピクトグラムで表されているので世界共通で誰でもわかる

     

    インフォメーションセンターには、免税手続一括カウンターも設置されています。一括手続きが可能なのは、大街道、銀天街、まつちかタウン、道後商店街、ロープウェー商店街の各対象店舗。免税対象になるのは買い物金額が税別5000円以上の場合ですが、一括手続きが受けられることで、複数のお店で買い物をした、レシートの合計金額が5,000円以上になれば免税が受けられる仕組みなのです。対象店舗にはステッカーが貼られているので、訪日客にとっても探しやすいですね。

     

    免税対象店に貼られているステッカーのロゴマーク

     

    例えば、道後商店街の免税対応店で500円の買い物をし、大街道商店街の免税対応店で1,000円の買い物、そして、銀天街商店街の免税対応店で3,500円の買い物をしたとしましょう。3箇所のお店で受け取った、3枚のレシートを観光案内所へ持参すると免税を受けることができるという仕組みです。エリアが離れたお店でも買い物金額を合算して免税が受けられることは、外国人旅行者にとってはとても便利なサービスですね。ただし当日のレシートのみ有効のため、営業時間には注意しましょう。

    アフターコロナを見据えて、訪日外国人を含め、多様なツーリストに対応できるよう、受け入れ体制もバッチリとなった、愛媛・松山観光インフォメーションセンター。愛称は「だんだんinfo」というかわいいネーミング。「だんだん」とは愛媛で古くから使われた言葉で、「ありがとう」を意味していて、笑顔のスタッフがお客様をお迎えし、おもてなしの心で接することで「ありがとう」の輪が愛媛・松山に広がっていくことを目標にしているんだそうです。愛媛・松山の観光振興、商店街をはじめとした地域の名店・名品の観光消費を盛り上げていくことが、今後期待されますね。もしもしにっぽんの皆さんも愛媛・松山にお越しの際は、ぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

  • 【松山の魅力を知る vol.8】 愛媛・松山旅行の楽しみのひとつ!バラエティ豊かなお土産をご紹介

    29.May.2021 | FEATURES / FOOD / SPOT

    松山の中心・大街道に観光案内所「愛媛・松山観光インフォメーションセンター」が5月27日(木)に誕生。ショッピングにグルメ、レジャー、そして歴史文化もそなえる松山の魅力を、今回もしもしにっぽんは観光案内所のオープンを記念して松山の魅力を短期連載でお届けします。松山の新しい発見とともに面影に触れてみてはいかがでしょうか。

     

    食べるものから手に残しておくものまで、愛媛・松山にはお土産がいっぱい

     

    観光名所も、そこでしか食べることができないおいしいご飯も、全部が旅行のお楽しみですよね。第8回目となる今回は、旅行には忘れることができないお土産についてご紹介します。愛媛・松山のお土産は、食べ物はもちろん、伝統工芸や絣など、手元に残しておきたい素敵なお土産がいっぱいあります。ここでは、もしもしにっぽんがオススメする愛媛・松山の有名なタルト、じゃこ天、坊っちゃん団子などの食べ物土産のほか、愛媛県の伝統工芸品である砥部焼、さらに日本三大絣のひとつ伊予絣をご紹介します。

     

    まず最初にご紹介したいのは、四国銘菓「タルト」。ふんわりとしたやさしいたまご色のスポンジで、こしあんを巻いたタルトは、愛媛県を代表する有名なお菓子です。松山市内では、大街道商店街や道後温泉本館の近くなど、多くのお店で購入することができます。

     

    「じゃこ天」は、愛媛県のソウルフード。小魚のすり身を油で揚げたもので、松山市内には購入できる店舗は多くありますが、店舗ごとに食感や味など少しずつ違いがあります。店頭で揚げたてを食べられるお店も多いので、実際に食べ比べてみてお土産を選ぶのもおすすめです。なかには開店前から行列ができるお店も。

     

    誰もが一度は聞いたことがある「坊ちゃん団子」は、道後温泉の名物でもあり、一口サイズの3色団子です。串に刺してあり、見た目もかわいいので写真映えも素敵です。夏目漱石の小説「坊っちゃん」の団子を食べる場面のモチーフになったとされています。道後商店街にある多くの店舗でも購入することができます。

     

    愛媛を代表する伝統工芸「砥部焼」は、愛媛県の砥部町を中心に作られている陶磁器で、つるっとした手触りと丈夫さが特徴。伝統工芸品として現代まで受け継がれてきましたが、最近では窯元ごとに個性を打ち出しており、おしゃれで日常使いできる器として人気を博しています。

     

    「伊予絣」も愛媛の伝統工芸を語る上では外すことはできません。かつては圧倒的な生産量を誇り、福岡県の久留米絣、広島県の備後絣とともに日本三代絣の一つとして、着物として人々に愛されてきました。現代ではほとんど生産されることはなくなってしまいましたが、ロープウェー商店街にある「Art Labo KASURI 歴史館」では、伊予絣を学び、そして体験することができるおすすめスポットです。ポップな色合いで、かわいらしいポーチや敷物など小物アイテムもあるので松山のお土産にぴったりです。

    他にも愛媛・松山旅行のお土産はいっぱい。迷ったら、愛媛・松山観光インフォメーションセンターで聞くのもいいかもしれませんね。おいしいものをお土産にするもよし、伝統工芸品をお土産にするもよし。

     

    愛媛・松山を散策してお気に入りのお土産を見つけてみてはいかがでしょう?

  • 【松山の魅力を知る vol.7】 新旧の融合!ノスタルジーあふれる、愛媛県松山市・三津浜地区を歩こう!

    29.May.2021 | FEATURES / FOOD / SPOT

    松山の中心・大街道に観光案内所「愛媛・松山観光インフォメーションセンター」が5月27日(木)に誕生。ショッピングにグルメ、レジャー、そして歴史文化もそなえる松山の魅力を、今回もしもしにっぽんは観光案内所のオープンを記念して松山の魅力を短期連載でお届けします。松山の新しい発見とともに面影に触れてみてはいかがでしょうか。

     

    松山市が運営する約500年前から運行されている渡し船「三津の渡し」

     

    第7回目となる今回は、愛媛県松山市の西部に位置する三津浜地区です。「海の玄関口」として江戸時代から栄えていた港町。戦災を逃れた明治・大正の擬洋風建築や日本らしい古民家などが古き良き街並みに残り、ノスタルジーを感じさせてくれます。漁業、商業で栄え、松山からの買い物客で賑わった三津浜商店街は、現在はリノベーションされた建物にUターン、Iターンの新しい経営者がおしゃれなカフェ、ギャラリーなど出店して、新旧が融合した雰囲気ある町になっています。

     

    まつちかタウンや銀天街商店街が隣接する松山市駅から電車で約15分。三津浜地区は市街地からすぐに足を伸ばせる位置にあります。三津駅で下車するとすぐ正面に、コンクリート造りの店舗が軒を連ねる三津浜商店街が見えます。どこか懐かしい街並みを残したまま、若者が店舗や古民家をリノベーションして営業をしている店舗が増えているため、三津浜で買い物を楽しむ、イメージはかつての港町から、ガラッと変わっています。夏は花火大会、商店街が企画するイベントなどもあっって、松山市の観光スポットとして注目を集めています。

     

    天然鯛の上質で繊細な鯛めし膳。お櫃で提供されるので、しっかりと混ぜ込んで。

     

    三津浜商店街を訪れたらぜひ立ち寄って欲しいのは、登録有形文化財である古民家を店舗として利用している「鯛メシ専門 鯛や」。メニューは「鯛メシ膳」のみで、風情ある店舗の中でゆっくりと味わうことができます。

     

    薄い生地にそばを挟んで焼く三津浜焼きは地元のB級グルメ

     

    また、この地ならではの三津浜焼きもぜひお召し上がりください。三津浜焼きはジャンルとしてはお好み焼きですが、大阪風や広島風のお好み焼きとはまた少し違います。三津浜焼きは生地の上に味付けされた麺が盛られ、具には三津浜で古くから親しまれるちくわが入り、隠し味として「魚のけずり粉」、肉は牛肉が使われ、港町らしい味わいを楽しむことができます。店ごとに工夫されたオリジナルソースも特色で、気軽な庶民の味でありながら、ぜひ食べ比べもお試しください。

     

    そしてもうひとつ、三津浜には「三津の渡し」という年中無休・無料の交通手段が存在します。松山港内港地区の三津と港山の約80mを結ぶ渡船で、室町時代の起源から、物資の輸送を支える生活の足として住民に利用されているだけではなく、最近では観光スポットとしても見直されており、年間約4万人の人々が利用しています。

     

    「三津の渡し」で行くことができる港山駅の隣、梅津寺駅は1991年放送のドラマ「東京ラブストーリー」最終話のロケ地で、駅にも看板が掲示されています。瀬戸内の海が美しい海岸や、梅や桜で有名な「梅津寺公園」を楽しんで帰るのもおすすめですね。

    松山市の市街地から電車ですぐ行ける三津浜。昔から変わらない部分とこれから変わっていく部分が融合した、穏やかな空気の流れる地域です。松山市を代表する癒しの観光スポットとしてこれからも益々注目されること間違いなしです。

  • 【松山の魅力を知る vol.6】 愛媛県・松山を食で楽しむ!おすすめグルメをご紹介

    28.May.2021 | FEATURES / FOOD / SPOT

    松山の中心・大街道に観光案内所「愛媛・松山観光インフォメーションセンター」が5月27日(木)、誕生しました。ショッピングにグルメ、レジャー、そして歴史文化もそなえる松山の魅力を、今回もしもしにっぽんは観光案内所のオープンを記念して松山の魅力を短期連載でお届けします。松山の新しい発見とともに面影に触れてみてはいかがでしょうか。

     

    観光の楽しみのひとつといえば、そう「グルメ」。地域のエリアごとにいくつもの特色が楽しめる松山市では、その「グルメ」を最大限に楽しむことができます。第6回目の今回は、なかでも、市内中心部の全長約1キロ、大街道商店街、銀天街商店街、まつちかタウンに集まっている「ぜひ訪れてほしいおすすめグルメ」をご紹介しましょう。

     

    ひぎりやき

    皮はもちもち、中はあっつあつのあずきあんで溢れるひぎりやき

     

    もしもしにっぽんがオススメするグルメ、まずは大街道のお店からご紹介。大正時代に誕生した松山のローカルフード「ひぎりやき」。松山市駅前にある善勝寺境内で発祥したといわれています。「善勝寺のお地蔵様に日を切って(期限を決めて)願をかければ成就する」と言われていたことから「お日切さん」と呼ばれ古くから親しまれています。こだわりの小麦粉と卵から作られた生地に、創業以来大切に受け継がれたあずきあんをたっぷりと入れて、丁寧に焼き上げられていく様子を店頭で見て楽しむこともできます。

     

    のま果樹園 noma-noma

    生搾りジュースは1杯ずつ丁寧に作るので新鮮

     

    「のま果樹園 noma-noma」は愛媛県のおいしいみかんを全国へ届ける「のま果樹園」が運営する、みかんのプロフェッショナルによるジュース&ギフトショップ。「noma-noma」では、フレッシュな生ジュースはもちろん、みかんを使ったソフトクリームやパフェ、飲むゼリーなどのスイーツもテイクアウトで楽しむことができます。全国発送可能なフルーツギフトも承っているので、愛媛のみかんのことならお任せ!

     

    労研饅頭

    松山だけに残る酵母菌を使った蒸しパン

     

    次にオススメするのは、松山の名物蒸しパンである「労研饅頭(ろうけんまんとう)」。昭和6年から受け継がれてきた酵母菌を使った蒸しパンは、保存料などを使っておらず日持ちしないため、ここでしか食べることができません。倉敷の労働科学研究所で中国の饅頭(まんとう)を日本人向けに改良したのが始まりと言われています。店内にはうずら豆入りのものや、レーズン入り、サイコロチーズ入り、ココアの味付けがされているものなど、種類豊富な労研饅頭が並んでいます。甘すぎず食べやすいため、夕方から夜にかけては男性客が買い求める様子も多く見られます。

     

    鍋焼うどん アサヒ

    口に広がる甘味がクセになって幸せな気分にしてくれる

     

    場所は銀天街に移動しよう。路地裏に入るとやがて見えてくる「鍋焼うどん アサヒ」は、松山市のソウルフードである甘い鍋焼きうどんの名店だ。1947年創業の老舗で、地元の人にずっと愛されている人気店。甘い出汁にもちもちとしたうどん、かまぼこやちくわ、卵を落として食べる素朴な鍋焼きうどんは、レトロな店内も相まって食べたらほっと落ち着き、また訪れたくなること間違いなし。うどん玉がなくなり次第営業終了のため、昼早い時間に訪れるのがオススメだ。

     

    薄墨羊羹

    上質な小豆が、より一層上品で繊細な風味を醸し出す

     

    すっきりと凛とした店頭が美しい「薄墨羊羹」は、今から1,000年前、天武天皇の皇后が道後へ湯治に訪れたことをきっかけに生まれた松山の銘菓だといわれています。つやのある表面と、桜の花びらに見立てた白い豆は高級感溢れて見える。全国菓子大会では最高の名誉大賞牌を送られるなど、全国的にも有名だ。イートイン可能な店内には、お菓子と一緒に買って帰りたくなる、砥部焼の器なども並んでいるので、お土産としても買ってみてはいかがだろう。

     

    とんかつ 活よし

    サクサクの美味しいとんかつは軽やかで全く脂っこくない

     

    まつちかタウンのおすすめグルメといえば、「とんかつ 活よし」だ。自家製のソースだれが好評で、揚げたてサクサクの衣にジューシーなお肉を楽しむことができる。メニューが豊富で、山いもとろろが全定食に付いてくるところも人気だ。まつちかタウンは、短い地下街の中にテイクアウトメニューも充実した人気店が集合しており、松山市駅からの移動の前に、あれこれとグルメを楽しむのにオススメなので、ぜひ立ち寄ってみてください。

     

    甘く優しく、どこかほっとする味わいの多い松山グルメ。松山のまちをぶらりと散策しながら、ぜひ立ち寄っていただきたい食の名店たちが、あなたをお待ちしております。

  • 【松山の魅力を知る vol.5】 愛媛県松山市はまちブラの宝庫!個性豊かな商店街をまとめてご紹介

    28.May.2021 | FEATURES / SPOT

    地元の人に愛され、個性が光っている、5つの商店街

     

    松山の中心・大街道に観光案内所「愛媛・松山観光インフォメーションセンター」が5月27日(木)、誕生します。ショッピングにグルメ、レジャー、そして歴史文化もそなえる松山の魅力を、今回もしもしにっぽんは観光案内所のオープンを記念して松山の魅力を短期連載でお届けします。松山の新しい発見とともに面影に触れてみてはいかがでしょうか。

     

    愛媛県松山市で必ず訪れたい場所といえば、道後温泉や松山城など挙げられますね。それだけでも満足できる松山観光になるのは間違いありませんが、より「松山らしさ」を満喫するなら、ぜひ商店街へ立ち寄ってみましょう。第5回目となる今回は、松山市を代表する個性豊かで今日まで地元の人に愛されてきた5つの商店街をご紹介します。

     

    愛媛県内最大の繁華街の玄関である「大街道商店街」、多くの店が軒を連ねる「銀天街商店街」、四国唯一の地下街「まつちかタウン」、「和:なごみ」をコンセプトにした美しい街並みの「ロープウェー商店街」、そして駅から道後温泉本館までを結び、温泉地ならではの明治ロマンを感じさせる「道後商店街」。この5つの商店街は、松山城や道後温泉と並べて遜色ない、松山の人気観光スポットです。

     

    まずは、大街道商店街からご紹介しましょう。大街道駅からすぐ、市電通りから千舟町通りまでの483mが大街道商店街。巨大なアーケード内は明るく、同じ大街道の空間で、朝の産直市から夜の飲食まで幅広く楽しむことができて、終日賑わっています。松山のまちで遊ぶなら、大街道は外せません。

     

    そして、次にご紹介するのは銀天街商店街。千舟町通りから松山市駅へと続く商店街。大街道商店街と隣接しており、こちらも3丁目、4丁目と区画分けされています。流行りのスイーツから生活雑貨まで店舗数が多く、約600mの中で若者からお年寄りまで楽しんでいます。

     

    まつちかタウンは、銀天街商店街からエスカレーターで下る、松山市駅までをつなぐ四国で唯一の地下街です。大街道、銀天街と比べると短いですが、シンボルとして存在する「うるおいの泉広場」は、まちブラの休憩や待ち合わせスポットとしても利用することができます。

     

    次にご紹介するロープウェー街は、大街道商店街がある市電通りを渡った松山市一番町口から、松山城へと繋がるロープウェイ東雲口駅舎までの約500m。古書店や和楽器専門店など、昔から営業しているお店が多く、全国でもめずらしくバリアフリー化された商店街としても知られています。

     

    残る5つ目は道後商店街です。大街道駅から電車で約10分。道後温泉駅から道後温泉本館までの約250mを結ぶL字型のアーケードは、「道後ハイカラ通り」の愛称で親しまれていて、明治ロマンを感じることができます。商店街内は周辺ホテルから浴衣でまち歩きを楽しむ人も多く、温泉街ならではの風景を感じることができます。

     

    地元の人に愛され、個性が光っている、5つの商店街。松山の街と人の魅力を味わえる商店街へ出かけてみてはいかがでしょう。

  • 【松山の魅力を知る vol.4】 一度は訪れたい日本の名湯「道後温泉本館」と「道後温泉別館 飛鳥乃湯泉」

    27.May.2021 | FEATURES / SPOT

    国の重要文化財にも指定されている道後温泉本館

     

    道後温泉別館 飛鳥乃湯泉は飛鳥時代の建築様式を取り入れた湯屋がコンセプト

     

    松山の中心・大街道に観光案内所「愛媛・松山観光インフォメーションセンター」が5月27日(木)、誕生します。ショッピングにグルメ、レジャー、そして歴史文化もそなえる松山の魅力を、今回もしもしにっぽんは観光案内所のオープンを記念して松山の魅力を短期連載でお届けします。松山の新しい発見とともに面影に触れてみてはいかがでしょうか。第4回目となる今回ご紹介するのは、これも松山観光には外せない道後温泉です。

     

    日本最古の温泉として有名な道後温泉本館は、道後温泉駅からおよそ250m続く道後商店街の中を歩いていきます。道後商店街は「道後ハイカラ通り」の愛称で親しまれており、明治ロマンを感じることができます。道後温泉本館は、道後の中心にある温泉施設で、木造3層の造りが珍しく、1994年に日本の公衆浴場として初めて国の重要文化財に指定された以降も未だ現役の公衆浴場として営業を続けています。

     

    そして、120年を超える道後温泉本館を次の世代へ受け継ぐため、2019年1月より保全修理工事が開始されました。重要文化財の公衆浴場を営業しながらの保全修理工事はなんと日本初となります。

     

    約7年間にわたって行われる工事ですが、その期間中にしか体感することができない特別なコンテンツを「道後REBORNプロジェクト」として展開しています。日本を打表する漫画家・手塚治虫氏がライフワークとして描き上げた「火の鳥」が、道後温泉の再生の物語を見守っているのです。ライトアップやオリジナルアニメーション、プロジェクションマッピングなど、今しか見ることができない道後温泉は魅力たっぷりです。

    (新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、プロジェクションマッピングは2021年5月31日まで休止中。)

     

    120年以上続く歴史ある道後温泉本館と、そして飛鳥時代の建築様式を取り入れた湯屋がコンセプトの「新湯」道後温泉別館 飛鳥乃湯泉は、2017年にオープンしたばかり。道後温泉本館と同じく、全国でも珍しい加温も加水もしていない源泉かけ流しの「美人の湯」を満喫することができます。

     

    道後温泉本館と道後温泉別館 飛鳥乃湯泉をつなぐ道後商店街は、「道後温泉駅」から道後温泉本館を結ぶL字型のアーケード。屋根があるため、雨に濡れずに道後温泉本館まで辿り着くことができます。両側に並ぶ約60の商店の中を浴衣姿で歩いてみれば、道後の雰囲気を丸ごと楽しめます。明治ロマンを感じさせる道後商店街を訪れ、古き良き時代にタイムスリップしてみてはいかがでしょう?

  • 【松山の魅力を知る vol.3】 松山の商店街をずっと見守ってきた日本を代表する名城「松山城」

    27.May.2021 | FEATURES / SPOT

    松山城の空撮画像

    松山の城下町を望む

     

    松山の中心・大街道に観光案内所「愛媛・松山観光インフォメーションセンター」が5月27日(木)、誕生します。ショッピングにグルメ、レジャー、そして歴史文化もそなえる松山の魅力を、今回もしもしにっぽんは観光案内所のオープンを記念して松山の魅力を短期連載でお届けします。松山の新しい発見とともに面影に触れてみてはいかがでしょうか。第3回目は、長い間、城下町の発展を見守ってきた、松山の観光には外すことはできない松山城をご紹介します。

     

    松山城は松山市の中心部、標高132mの勝山の山頂に本丸があります。裾野に二之丸、三之丸があって、1日では回りきれないほど広大な敷地を有しています。日本で12か所しか残っていない「現存12天守」のひとつでもあり、「日本100名城」や「美しい日本の歴史的風土100選」などに選ばれています。2020年には日本の城ランキングで3位を獲得し、松山観光の際には外せない場所となっています。

     

    松山城へは、約30分かけて徒歩で登城するルートが用意されていますが、ロープウェイやリフトを利用して登城する人も多いのです。ロープウェー商店街を抜けたところにあるロープウェイ東雲口駅舎でチケットを購入することで利用可能。松山城のマスコットキャラクター「よしあきくん」がお出迎えしてくれます。

     

    松山城は関ヶ原の戦いの後、豊臣秀吉子飼いの家臣加藤嘉明が築城しました。天守については、現存しているのは大天守といわれる部分のみで、他の天守は焼失後に木造で再建されたもの。天守をはじめ、櫓6棟、門7棟、塀7枚が重要文化財に指定されています。天守は中に入ることもできて、当時の様子を伺うことができます。

     

    周りにある14mを超える石垣は圧巻で、敵の侵入を防ぐためのものではあるが美しさも感じられます。山腹からの侵入を防ぐため、山の斜面を登る2本の石垣でふもとと山頂の天守を連結させた「登り石垣」と呼ばれる全国的にも貴重な石垣は、松山城を訪れた際にはぜひ注目したいところですね。

     

    市街地の真ん中にこのような歴史ある城が存在していることは珍しく、標高132mからさらに約30m高い天守から見る松山市の眺望はとても素晴らしいです。昼間に訪れることが多いと思いますが、実は市内屈指の夜景スポットとしても有名なのです。昼も夜も歴史とともに松山の城下町を見守る松山城へ訪れてみてはいかがでしょうか?

  • 【松山の魅力を知る vol.2】 松山市限定「まちペイサービス」でお得にお買い物

    24.May.2021 | FEATURES / SPOT

    松山の中心・大街道に観光案内所「愛媛・松山観光インフォメーションセンター」が5月27日(木)、誕生します。ショッピングにグルメ、レジャー、そして歴史文化もそなえる松山の魅力を、今回もしもしにっぽんは観光案内所のオープンを記念して松山の魅力を短期連載でお届けします。松山の新しい発見とともに面影に触れてみてはいかがでしょうか。

     

    銀天街にあるマチカショップでは利用に関するサポートも行っている

     

    第2回目となる今回は、松山でお得にショッピングを楽しむことができる松山市限定の「まちペイサービス」についてご紹介します。

     

    松山に暮らす人々の生活の基盤であり、観光で訪れても“松山らしさ”を楽しむことができる場所、それが松山市の商店街です。そんな商店街をさらに便利で魅力的にしているのが、共通ポイントや電子マネー、商店街お買物券がひとつになった「machipay(まちペイ)」というサービスです。

     

    「このまちで暮らす人、このまちを訪れた人にとって本当に快適で便利な仕組みをつくることが大切」という考えのもと、商店街をはじめとした店舗、また、松山市の観光施設などの支払いに利用できて、ポイントを貯めることができる便利でお得なサービスなのです。

     

    まちペイにはポイント・電子マネー・商店街お買い物券という3つの機能があります。大街道・銀天街・まつちかタウン・ロープウェー街・道後などの各エリアで多数の人気店が加盟しており、電子マネーでの支払いが税込100円につき1ポイントが加算され、貯まったポイントは1ポイント1円として使うことができます。現金をチャージして、まちペイの電子マネーで支払いをすれば、お得にポイントを貯めることも可能です。また、商店街や店舗からサービスとして発行されるお買い物券(マチケット)は、まちペイのカードやアプリに取り込んで保存ができ、現金と組み合わせて使うことも可能。ユーザーにとっては、とても便利でお得なサービスになっています。

     

    さらに、まちペイはお買い物以外でもポイントを貯めることができます。松山市内で開催されるさまざまなイベントやボランティア活動でもポイントが景品として配布されることが多く、暮らしの中で楽しみながらポイントを貯めることができるようになっています。単に「商店街や加盟店で使う共通の支払いサービス」というだけではなく、人との交流や商店街の活性化を生み出すコミュニケーションツールとして存在しているのです。

     

    まちペイを利用するための「マチカカード」の発行は、銀天街商店街にあるマチカショップで毎日10時~19時まで可能。スマートフォンでも「マチカアプリ」をダウンロードすることで、誰でも簡単に始めることができることも魅力のひとつになっています。そして、まちペイが使える加盟店は松山市内でなんと1,200店舗に迫っているそうです。(2021年4月30日時点)

     

    松山市の名店・観光施設を訪れる際には、持ってお得、貯めてお得、そして使ってお得なまちペイを利用してみてはいかがでしょうか。

  • 【松山の魅力を知る vol.1】 松山市商店街近くの「坂の上の雲ミュージアム」で歴史に触れる

    24.May.2021 | FEATURES / SPOT

    松山の中心・大街道に観光案内所「愛媛・松山観光インフォメーションセンター」が5月27日(木)、誕生します。ショッピングにグルメ、レジャー、そして歴史文化もそなえる松山の魅力を、今回もしもしにっぽんは観光案内所のオープンを記念して松山の魅力を短期連載でお届けします。松山の新しい発見とともに面影に触れてみてはいかがでしょうか。

    坂の上の雲ミュージアム外観

     

    第1回目となる今回は、坂の上の雲ミュージアムをご紹介します。昔ながらの落ち着いた雰囲気がある松山ロープウェー商店街にほど近い、坂の上の雲ミュージアムは司馬遼󠄁太郎の小説『坂の上の雲』が、1968年から1972年にかけて産経新聞にて連載され、2009年から2011年にはテレビドラマとしても放送されました。秋山好古・真之の兄弟、正岡子規の生涯を通じて、3人が成長していく明治時代の日本を描いた作品で、3人は実は松山市の出身なのです。坂の上の雲ミュージアムでは3人の展示を中心に、共に駆け抜けた日本が近代国家として形成されていく明治時代に関する展示のほか、毎年テーマを変えて、1年間を通して企画展も開催されています。

    坂の上の雲ミュージアムの注目すべきは、展示内容だけではなく、建物の構造にもあります。日本国内外で活躍している建築家・安藤忠雄氏により設計されており、2つの三角形を重ね合わせた建物となっています。これは松山城周辺の緑をさえぎらないという配慮であって、安藤氏のイメージがつまった「坂の上の雲」が表現されているのです。落ち着いた雰囲気が漂う館内は、各階がスロープで結ばれており、展示を見てゆったりとした時間を過ごすことができます。

     

    空中階段は負荷のかかる中間部分の支柱を省いた珍しい構造になっている。

     

    また、坂の上の雲ミュージアムは松山市が取り組む「フィールドミュージアム構想」のゾーンのひとつとして、まち全体を屋根のない博物館とするまちづくりの中心的な施設という位置付けでもあり、活動の場となっているのです。

    ここでしか手に入らないミュージアムグッズや「坂の上の雲」認定商品も取り揃えているので、歴史を学んだあとは、館内のミュージアムカフェでゆっくりとくつろぎ、お土産品購入としてのショッピングを楽しむこともできます。

    松山ロープウェー商店街の先端に位置し、大街道商店街も至近の「坂の上の雲ミュージアム」。松山が生んだ3人の偉人の歴史に触れ、「坂の上の雲」の世界に案内されてみてはいかがでしょうか。

  • 松山三越に訪日外国人にも対応した「愛媛・松山観光インフォメーションセンター」が誕生

    18.May.2021 | SPOT

    キャプ:観光案内所のイメージパース

     

    松山市をはじめ、瀬戸内全体の観光の中心的存在になる次世代型観光案内所が、5月27日(木)に松山三越1階アトリウムスペースにオープンする。デジタルを活用した観光案内システムや、アフターコロナを見据えた訪日外国人の受入環境を整備した先駆的な観光案内所だ。

     

    歴史と文化を感じさせる城を模したデザインながら、デジタル観光案内システムやサロンスペースを兼ね備える現代的な空間となっている。デジタルを活用して来街者のニーズに応え、観光ショッピングエリアである道後商店街・ロープウェー街も包括する免税一括カウンターの設置など、アフターコロナの訪日外国人客の受入環境の整備や、新たなコンテンツの創出に取り組む拠点として、先進的で質の高い運営を目指す。

     

    観光案内所は、メインとなる観光情報の提供にデジタル観光案内システムを採用。通訳サービスと連動して、国内外から旅行者を迎える。また、観光パンフレットの配布だけでなく、案内所内に設置されているパソコンやタブレットで、自由に情報を得ることができるようになっている。

     

    一方、情報提供という機能だけではなく、旅行者が「集う」機能も充実させている。休憩や短時間の商談などに使える明るいサロンスペースの提供は、旅行者にとってうれしい便利なサービスだ。周辺イベントや名産品の物販を行うスペースも提供しており、地元の「人・暮らし・食」と出会う場として活用が期待される。

     

    さらに、手荷物一時預かりや、手荷物配送サービスといった「手ぶら観光」サービスや、充電などのレンタルサービスといった有料オプションもあり、安心して快適に観光を楽しむことができる。一括免税や外貨両替など、訪日外国人にとっても便利なサービスがあり、利用者のさまざまなニーズに応える。

     

    観光案内所のオープンによって、愛媛・松山の観光産業振興や、商店街をはじめ地域の観光消費と経済活性につながっていくことが、今後期待される。

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US