もぐもぐにっぽん:浅草ランチで松阪牛を堪能!牛鮮丼を楽しむ「おにくのおすし」

27.June.2019 | FEATURES / FOOD / SPOT

東京の観光スポット浅草。浅草寺や雷門など有名な観光スポットがあるほか、さまざまなグルメが味わえる食の街でもあります。

 

これまでももしもしにっぽんでは浅草で人気の喫茶店、食べ歩きフードなど紹介してきましたが、今回紹介するのは最近オープンした和牛が食べられる肉寿司専門店「おにくのおすし」。

京都祇園の人気店が初の関東進出!ということもあり、オープン前から話題になっていました。
今回はそんな「おにくのおすし」浅草店を紹介します。

場所は地下鉄浅草駅から8分ほど、つくばエクスプレス浅草駅から徒歩2分ほど歩きます。

木を基調にした外観が目印。お店の内観にも木がたくさん使われていました。

日本のブランド牛代表格でもある「松阪牛」を寿司で食べられる!という同店。生食感の赤身肉や、霜降りの炙りなどを寿司で味わうことが出来ます。

一緒にランチをしたのは中国人タレントの悦奈さん。グルメな彼女だけど、レアなお肉を寿司でいただくのは初めてなんだとか!
今回はお店の看板メニューであるおにくのおすし盛り合わせと、牛鮮丼(ランチのみ)をいただくことにしました。

おにくのおすし盛り合わせ(8貫)5,000円
寿司の盛り合わせには、赤身・霜降り・ローストビーフ・牛とろ軍艦がそれぞれ2貫ずつ、合計で8貫ついてきます。牛とろ軍艦以外は左から順に食べるのがオススメ。味は付いているのでそのまま食べられます。

 

牛とろの握りは凍っているうちに食べるのがおいしい!ということで先にいただきました。
冷たい牛とろが口の中でふわーっと溶けていきます。甘みがあり、とっろとした食感。卵の黄身と牛とろが口の中で混ざり合い、よりまろやかな味わいになります。
赤み、霜降り、ローストビーフのお寿司は、肉が柔らかく、それぞれにレモン・大根おろしなどがついていて、さっぱり!お肉を噛んで味わうと、脂の甘みや、濃厚な旨味が広がります。それぞれの肉の素材をしっかり味わうことができました。

牛鮮丼 ※京のみそ汁付き 2,480円

こちらはランチのみ提供されている牛鮮丼。松阪牛鮮®フレークと、京都の漬物、薬味、一口サイズのお肉が付いてきます。

とにかく見た目がキレイ!醤油を入れて黄身を混ぜて食べるのですが、混ぜて食べるのがもったいないほど・・・!写真にしっかり納め、いただきます。

牛とろの軍艦同様、口の中で溶けていく牛とろと、卵黄がほどよく絡み、まろやかな旨味が広がります。丼には薬味や漬物が付いているので、一緒に食べると色々な味を楽しむことも可能。ワサビや生姜を付けて食べると味が引き締まり、京都の漬物を一緒に食べると、カリカリとした新しい食感に!丼だけでいくつもの味が楽しめるのが嬉しいです。

付いてくる味噌汁は京都のお味。甘い白味噌に生麩と漬物が入った優しい味の味噌汁が、丼によく合います。

「とっても美味しかったです。まだまだ肉の寿司は外国人に知られていないと思うので、これからすごく人気が出るんじゃないかな?値段が少し高くても、日本の美味しいものを食べたい、という外国人旅行者は多いので、そういう人にオススメです」と悦奈さんも太鼓判!

 

浅草では食べ歩きグルメも有名ですが、「おにくのおすし」でも食べ歩きできる、浅草限定商品を販売中。

おにくの飯蒸し 福小判 500円

浅草散歩で小腹が空いた時にオススメなのが、おにくの飯蒸し。テイクアウト限定のこの商品は、牛肉と豚肉をもち米で蒸したもの。牛肉の旨味がぎゅっと詰まっています。小判型になっていて、縁起の良いネーミングが浅草観光にピッタリ!

浅草で楽しむお肉づくしのランチ、いかがでしたか?もちろんディナーの時間帯もお店はオープンしているので、松阪牛を寿司で食べてみたい人はぜひ「おにくのおすし」に足を運んでみてくださいね♪

 

Writer: Sayuri Mizuno(MMN 編集部)

Model: 悦奈(Etsuna)

RECOMMENDED ENTRIES

  • もぐもぐにっぽん コンビニスイーツ編:香ばしく濃厚な味わい!ハーゲンダッツ ミニカップ 「ほうじ茶ラテ」

    19.June.2019 | FEATURES / FOOD

    新しい企画「もぐもぐにっぽん」をスタートします!

    私達、MOSHI MOSHI NIPPON編集部は基本的にみんな食べることが大好きで、いつも何か飲んだり食べたりしています。特に新しい商品や期間限定商品には目がなく、誰かが買ってシェアすることもしばしば・・・!

    そこで「もぐもぐにっぽん」では、私達がオススメしたいフードやスイーツをみなさんにご紹介。第一回は、コンビニエンスストア編!コンビニで買える日本のスイーツ「ハーゲンダッツ ミニカップ ほうじ茶ラテ」を実食レポートします。

     

    ハーゲンダッツ ジャパンは、期間限定で様々なフレーバーのアイスクリームを販売しますが、日本では ”お茶” にちなんだフレーバーが販売されることも多いんです。

    そこで、私達がオススメしたいのが「ほうじ茶ラテ」。この商品は2017年にも発売され、大人気となった商品。再販を喜ぶ声がSNSに多数あがっていますが、私もその1人!お茶好きにはたまらない味わいなんです。

    世界的には抹茶スイーツがブームですが、日本では抹茶と同じようにほうじ茶のスイーツも多く販売されています。

    期間限定で発売されている、ハーゲンダッツ ミニカップ「ほうじ茶ラテ」。

    さっそく、おやつの時間に食べました。

    蓋をあけると・・・マーブル状になったアイスクリーム。2種類のほうじ茶ラテアイスが組み合わさっています。

    ミルクのコクを感じる濃厚なアイスと、お茶の香ばしさや旨味が感じられるスッキリ感のあるアイス。

    この2つが程よいバランスで、濃厚だけどさっぱり食べられるアイスクリームに仕上がっています。

     

     

    甘さ控えめのハーゲンダッツ ミニカップ「ほうじ茶ラテ」。ほうじ茶の ”風味と香り” を感じられ、程よい苦味もありますが、ミルクの甘さが口の中を調和してくれます。

    日本ならではのスイーツを食べてみたい方に、オススメ。コンビニで買えるので、まだ「ほうじ茶」スイーツを食べたことがないという人も、ぜひトライしてみて!

  • 北海道産そば粉を使用した十割そば店 「北海道百そば」東京・浅草橋にオープン

    24.December.2018 | FOOD

    北海道産そば粉の十割そば専門店「北海道百そば 浅草橋店」が東京・浅草橋にオープンした。

    北海道苫小牧市で昭和50年創業より地域に親しまれている「一休そば総本店」と技術提携を結び、初めて「一休そば総本店」の味を北海道外へ提供することに。「北海道百そば」代表の”この味を東京でも提供したい”という想いから始まった。

     

    蕎麦は北海道産を厳選し、産地から直接仕入れることで価格を抑えつつも新鮮で香り豊かな十割そばを提供。また、全て店内製麺で作り立ての味を楽しむことができる。

    蕎麦との組み合わせを重視した北海道産の帆立や海鮮素材を使用した「海鮮塩だれかき揚げ丼」も提供。だしソムリエが海鮮かき揚げに最も合うように、藻塩や塩麹など41種の原材料を調合した、絶品「クセになる塩だれ」をぜひ味わってみてほしい。

    また、わさびはブランド「山川わさび」を使用。“土付き”のまま直送することで新鮮な状態を保っている。

    常に摩り立ての山わさびを振りかける「雪わさび板そば」は一般的な本わさびより辛さが1.5倍で”ツン”とした鋭い辛味。爽やかな山わさびの風味が鼻を通り抜け、ほのかな甘みが口の中に広がる。

     

    北海道の本格的な十割そばを味わえる「北海道百そば 浅草橋店」に是非訪れてみて。

  • 米大統領も利用した、世界各国より注目を浴びる和食レストラン「権八」浅草にオープン

    03.January.2017 | FOOD / SPOT

    「外国人ゲストをおもてなしするなら権八がおすすめ」と言われる程、 国内のみならず海外顧客にも愛されている権八。2002年にブッシュ元大統領と小泉元首相の歴史的な「居酒屋会談」が開催されたことや、映画「Kill Bill」のシーンのモデルになったことで有名となった。

    d14699-17-657859-3-1

    その権八が海外からの訪日客が多い観光地、東京下町の浅草に創作和食「権八」を2017年1月16日にグランドオープンする。

    d14699-17-420584-13 d14699-17-505881-5

    国内11店舗目となる浅草吾妻橋店では、 手打ち蕎麦・串焼き・厳選高級海苔を使用した海苔手巻きを楽しむことができる。 季節によって厳選した国産蕎麦の実を使用し、 毎朝石臼で丁寧に挽いた蕎麦粉を職人が手打ちしている蕎麦。備長炭で丁寧に焼きあげる串焼き、 揚げたて熱々の天ぷら。

    d14699-17-944495-6

    そして 厳選高級海苔を目の前で炙って提供する海苔手巻きなどこだわりの料理を権八ならではのアレンジで提供する。

    2階では隅田川沿いの大きな窓から景色を楽しみながら海苔手巻きをお楽しみいただける観光にはピッタリの立地。

    浅草へ遊び行く際はぜひ権八ならではの「和」の雰囲気を味わってみて!

    ■Information

    店舗名     :権八 浅草吾妻橋(ごんぱち あさくさあづまばし)

    住所        :東京都台東区雷門2-1-15 中川ビル 1F・2F

    TEL         :03-5830-3791 FAX:03-5830-3792

    営業時間  :11:00~23:00(Food 22:00L.O. Drink 22:30)

    −−−

    ■関連記事:無印良品から日本土産にぴったりな商品、宇治抹茶を使ったお菓子シリーズ販売開始

    ■関連記事:思わず写真に撮りたくなるお料理レシピを紹介 #7 今回の料理は「SUSHIケーキ」

RELATED ENTRIES

  • グルメ激戦区・赤坂に旬の味覚・季節を味わう和食店「赤坂ゆうが」オープン

    13.December.2019 | FOOD

    赤坂の中でも美味しいお店の激戦区、赤坂2丁目に、日本全国から厳選した旬の味を愉しめる和食コンセプトのお店「赤坂ゆうが」が12月にグランドオープンする。

    「ゆうが」は、日本随一の水揚量を誇る銚子漁港を主に、日本国内各地より厳選した旬の天然活魚や季節の旬菜を取り揃え、その時期にマッチした素材の味を上手に引き出せる調理法により、味はもちろん、季節感を愉しめる料理を提供。また、希少な黒毛雌牛を贅沢に使用した、和の一皿も提供する。

    世界中で和食が注目される中、改めて「和食は世界に誇れる」と感じられるコンセプトで料理を提供。日本の伝統的な食文化や様々な調理法を活かして、旬を感じ、五感で味わう優雅なひと時を提供できる空間となっており、空間・素材・調理法・職人技、そして日本のおもてなしを体感できるお店になっている。店内には、熟練した板前の調理を目の前で見ながら会話を楽しめるカウンター席も用意。カウンター越しに繰り広げられる熟練した職人との会話は、日本人にも、海外からの方にも贅沢な時間として楽しめる。また、ゆっくりと寛げる個室も完備されているので、特別な日のお祝い事、家族、親しい友人達との集まりにも利用できる。

     

    二十四節気

    二十四節気は、一年を二十四分割し、最も昼の長い日を夏至、最も昼の短い日を冬至、昼と夜の長さが同じ日を春分、秋分とし、それぞれを春夏秋冬の中心に据えることで季節を決めた暦のこと。

    そんな日常の変わりゆくうつろいを日本料理の枠にとらわれず、様々な調理法や思いやりの心を持ち、新しい価値を一皿の中に表現している。

     

    黒毛和牛雌牛

    季節の野菜、魚をふんだんに使って、目でも楽しめる和食の王道のような「ゆうが」だが、コースに登場する肉が、隠れ自慢。

    飼育が難しく、市場に出回る数も圧倒的に少ない雌牛の黒毛和牛を一頭買い!雌牛は、芳醇で旨味があり、融点が低くとろけるような食感が特徴。この黒毛和牛雌牛を使った肉料理が味わえる。

     

    コース紹介

    希望に合わせて、8,000円、12,000円、20,000円のコースを用意。また、アラカルト対応もしている。ソムリエが厳選した世界中からの様々なワイン、シャンパン、ウィスキー、もちろん、日本酒、焼酎などをマリアージュ的に楽しめるのも魅力の一つ。同じコースでも、お酒の合わせ方でそれぞれの世界が広がる。

     

    日本の贅沢な食事を使用した和食を存分に楽しんでみて。

  • こだわり食材のおばんざいと日本文化が体験できる 浅草「体験型Dining 和色 -WASHOKU-」

    07.December.2019 | FEATURES / FOOD / SPOT

    日本国内だけでなく、海外からの旅行客も多い浅草。世界の人が訪れる観光スポットや、グルメスポットが多く存在します。今回紹介する飲食店「体験型Dining 和色 -WASHOKU-」も、2019年11月19日浅草にオープンしました。

    「体験型Dining 和色 -WASHOKU-」は、日本食材にこだわったおばんざいや、寿司作り・着物での浅草散策などの日本体験プランを用意するなど、食べるだけでなく日本文化体験もできる新しいカタチの飲食店になっています。

    ランチやディナーでは、”色を楽しむ和食”のコンセプト通り、見た目がキレイで、色鮮やかな12種類のおばんざいを提供します。管理栄養士が監修したメニューは身体に良いのはもちろんのこと、日本産のこだわり食材を使用。


    私が食べたおばんざいには、千葉県香取市のサツマイモ農園「石田農園」で栽培されたサツマイモ”べにはるか”を使った焼き芋が入っていました。しっとりとした食感に濃厚な甘み!サツマイモを食べると、秋の訪れを感じます。

     

    その他にも、刺身・ホタテのゆず和え・西京焼きなど、様々な味付けの和食を一度に堪能することができました。

    おばんざいには味噌汁も付いてくるのですが、いくつかフレーバーが用意されている”味噌玉”から1つ自分の好きなフレーバーを選び、お湯を注いでいただきます。私はごま味の味噌玉を選びました。

    味噌と具が丸くなった味噌玉をお湯で溶かしていくと味噌汁に。甘めの白味噌は冷えた身体をほっと温めてくれます。

    ディナーにはスイーツや飲み放題がセットになったコースもあるので、ゆっくり食事を楽しみたい方はぜひチェックしてみてください。

     

    さらに、「体験型Dining 和色 -WASHOKU-」では、食事を提供するだけでなく、体験プランもご用意。自分だけのオリジナル手まり寿司作りを体験することができます。

    手まり寿司作りでは、マグロ・サーモンなどを使う通常タイプと、うに・キャビア・金箔などを使う高級タイプの2種類から選ぶことができるほか、海外からのお客さんには浅草の歴史やレシピなどを紙芝居で紹介したり、お土産なども用意しているそう。

    私達も手まり寿司作り体験をしてみたのですが、ごはんの量を適量に図ったり、ご飯を丸めたり、具材を乗せたり、なかなか細かい作業が多くて難しかったです。でも自分で作った寿司を食べるとおいしさもひとしお!事前予約必須のプランですが、ぜひ自分で寿司を作ったことがない人にトライしてみてほしいです。

     

    また、食だけではなく日本文化を体験する3つのプランもご用意。

    人力車体験プランでは、浅草周遊コース・スカイツリーコースの2種類を用意し、人気の名所や穴場を人力車で巡ります。

    手作りのグラスを作る江戸切子体験では、江戸切子の技法でグラスをカット。ランチまたはディナーとセットで予約すると、乾杯ドリンクが1杯サービスされます。

    着物体験プランでは、着付け・ヘアセットをした後に浅草の街を散策することができます。

     

    これら3つの文化体験は1人3,500円で予約可能。予約必須なので、体験したい方は公式サイトからの事前予約をお忘れなく!

    和テイストの中に、浅草の伝統や、カラフルなおばんざいから現代の日本カルチャーのポップさを取り入れた「体験型Dining 和色 -WASHOKU-」。浅草にお立ち寄りの際は、ぜひ足を運んでみて。

  • 話題のユニコーン型ソフトがトナカイに!「浅草つの*恋」クリスマス限定メニュー登場

    28.November.2019 | FOOD

    2019年7月5日に東京浅草にオープンし、メディアやSNSで話題沸騰中のソフトクリーム専門店「浅草つの*恋」からクリスマス限定商品が11月28日(木)~12月24日(火)の期間限定で発売となります!

    注目の世界にたった一つしかない*フィナンシェ生地のユニコーン型ソフトクリーム「そふぃ」はもちろん、クリスマス期間限定のトッピングや、フラワー、リーフをあしらうことで見た目も可愛くカスタマイズして楽しむことができます。

    *自社調べ。アメリカ・韓国・日本で意匠登録済み(EU・シンガポール・モンゴルへ申請中)。

    トナカイそふぃ(¥780)は、一つ一つ手焼きで焼き上げるフィナンシェ生地のユニコーン。人気のそふぃが、ココア味のトナカイに変身!見た目もキュートで可愛いソフトクリームです。

    クリスマスツリー(¥830)は、ナッツの女王とも呼ばれる高級素材ピスタチオをブレンドしたソフトクリーム。つの*恋人気のトッピングで、オリジナルX’masツリーが完成します!

    サンタクロース(¥500)は、濃厚で味わい深いつの*恋バニラソフトクリーム。大人も子どもも笑顔になれるサンタクロースの顔です♪

     

    クリスマス限定トッピングとして、ほし・キャンディ・ジンジャーマン(各¥100)が登場。3つセットで¥250です。

    店内もクリスマスバージョンに装飾中。和と洋を美しく可憐に融合させた空間は、浅草という土地柄をイメージした傘や扇子、洋のイメージからくるユニコーンは、花々で彩られています。これらに囲まれた空間は、インスタグラムにて話題沸騰中です。

     

    世界初のフォルムも楽しめる「浅草つの*恋」でクリスマスを満喫してくださいね!

     

    ※価格は税別表記です。

  • ハローキティが応援!訪日外国人向けショッピングイベント“Japan Shopping Festival”開催

    26.November.2019 | SPOT

    一般社団法人ジャパンショッピングツーリズム協会(以下「JSTO」)は、訪日外国人観光客向けショッピングプロモーションJapan Shopping Festivalを2019年12月1日(日)~2020年2月29日(土)の期間、全国で実施する。

    ①アンケートキャンペーンの実施

    アンケートに答えた訪日ゲストの中から抽選で、「日本航空で行く日本行き往復航空券」が当たる。設問は、今後のインバウンド市場の動向に役立つ内容を設定する予定となっている。

     

    ②Instagramを使ったフォトコンテストの実施

    Japan Shopping FestivalのInstagramアカウント( @japanshoppingfestival )をフォローして各テーマに関する写真を投稿すると、抽選で江戸切子など日本の魅力的な商品が当たる。投稿テーマは、(1)日本で買ったもの・体験した思い出、(2)日本の好きなフルーツ、(3)あなたが自慢したい日本のいいところ。

    ③日本全国のショッピングを中心とした情報を海外に発信

    日本最大級のショッピング情報ポータルサイトJapan Shopping Nowにて、全国約1,000店舗の冬のセール情報やお得なクーポン情報、各店舗のイベントや地域限定の冬イベントなどを4言語(英・簡・繁・韓)で海外に広く発信。

     

    ④エリアと連携したスペシャルイベントの開催

    ・「ジャパンショッピングフェスティバル東北」 12/1(日)~2020/2/29(土)

    JSTO東北支部主催で初開催する、東北6県を対象にした大型ショッピングキャンペーン。国内外での情報発信や東日本旅客鉄道株式会社が発行する外国人対象の企画切符「JR EAST PASS」とのタイアップ企画などを開催する。

    スペシャルサイト: http://tohoku.japanshopping.org/

    ・「松山ショッピングフェスティバル」 12/1(日)~2020/3/31(火)

    大街道商店街・松山銀天街商店街・まつちか名店会・道後商店街で訪日ゲストも参加できる歳末、年始の大抽選会やショッピング、食イベントを開催。

    ・スペシャルサイト: http://matsuyama.japanshopping.org/

     

     

    Japan Shopping Festivalを通して、日本のさらなる魅力に触れてみて。

  • 雪景色・グルメ・温泉など冬の京都は魅力が盛りだくさん!おすすめ観光地をご紹介

    26.November.2019 | SPOT

    「古都」と呼ばれる京都府は、「日本文化発祥の地」とも言われており、その1,200年の歴史とともに培ってきた様々な魅力が存在します。今回は「もうひとつの京都」マガジン11月号より、冬ならではの観光や芸術、グルメなど、旬の魅力を紹介します。

     

    かやぶきの里が魅せる「雪灯廊」

    京都府中央の南丹市美山町「美山かやぶきの里」は、かやぶき民家が39棟も現存しており、1年を通じて日本の原風景に出会える観光スポットとして人気です。今では珍しくなったこの風景は、1993年12月に国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されています。

    年明けには、辺り一面のかやぶき民家の屋根に雪が降り積もった、魅力的な雪景色を見ることができます。毎年1月下旬からは、里全体をライトアップする「雪灯廊」が開催され、雪灯籠や竹灯籠の点灯、かやぶき民家のライトアップなど幻想的な雪の世界が楽しめます。その他、温かい食事などを提供する屋台も出店されるほか、雪灯籠をつくることができる参加のイベントもあります。

     

    日時:2020年1月25日(土)~2月1日(土)

    URL:http://www.yukitouro.jp/

     

     

    “幻の景色”に出会う 日本三景「天橋立」

    天橋立は、京都府宮津市の宮津湾と、内海の阿蘇海を南北に隔てる砂嘴です。水位の変化などにより、何千年もの歳月をかけて自然が生み出したこの造形は天に架かる橋のように見え、日本三景とされています。

    一年中楽しめる「天橋立」ですが、冬には一面に雪が降り積もり、普段とは違う絶景が広がります。特に寒い日の朝には松の上まで雪に覆われますが、日が昇り気温が上がると松の雪が解け落ちるため、その希少さから 「幻の景色」とも言われています。

     

    住所:京都府宮津市文珠 天橋立公園

    URL:https://www.amanohashidate.jp/

     

     

    堂々とした天守閣に纏う雪化粧!明智光秀ゆかりの「福知山城」

    福知山市内の小高い丘の上に建つ福知山城は、1579年頃に明智光秀が丹波の拠点として新たに城を築いたことが始まりとされています。明治時代の廃城令によって一度は取り壊されましたが、1986年に再建され、 現在では光秀が築いた城の中で唯一天守閣がある城です。

    風格がたっぷりなこの天守閣は、冬の時期になると真っ白な雪化粧を纏い、日本の四季を感じる美しい景色を見ることができます。望楼からの城下の眺めは抜群です!城内は郷土資料を展示しており、来年1月11日(土)からは 「福知山光秀ミュージアム」が開館し、一緒に楽しむことができます。

     

    住所:京都府福知山市字内記5

    営業時間:9時~17時(入館は16時半まで)

    休館日:12/28~12/31,1/4~1/6

    入館料:大人330円、小・中学生110円
    URL:https://dokkoise.com/temple_shrine/

     

     

    目の前は天橋立!カニ味噌の絶品フォンデュ 「文珠荘 松露亭」

    日本三景・天橋立の運河沿いにある、木造平屋総数寄屋造の旅館「文珠荘 松露亭」では、全ての客室から天橋立の絶景を眺めることができます。鮮度の高い「松葉ガニ」を活かしたオリジナルメニュー「松葉ガニのカニ味噌フォンデュ」が絶品です!極上のカニ味噌が茹でガニや野菜と絶妙に溶け合い、カニの旨みを余すことなく堪能できます。

    天橋立温泉は「神々の遊湯」と讃えられる名泉のひとつであり、肌のキメを整える「美肌の湯」ともいわれています。中でも露天風呂は、四国から取り寄せた石造りと山野草が落ち着いた空間を演出し、贅沢な時間が過ごせます。

     

    住所:京都府宮津市天橋立文殊堂岬

    URL:https://shourotei.com/

     

     

    この他にも、冬の京都には魅力が盛りだくさん。詳しくは京都府の地域情報発信サイト「KYOTO SIDE」でチェックしてみてくださいね。

  • 相模湾の新鮮な海鮮丼や“お刺身食べ放題”のレストランも!小田原漁港に「漁港の駅 TOTOCO小田原」オープン

    17.November.2019 | FOOD / SPOT

    魚のテーマパーク「漁港の駅 TOTOCO小田原」が2019年11月22日(金)10時にグランドオープン!

    当施設は、神奈川県西部最大の魚市場と言われる「小田原漁港」の交流促進施設として、地場産の鮮魚や活魚、水産加工品をはじめ農産物や土産品の販売はもちろん、食事処やイベント広場を備えた小田原の地場産品の魅力を発信する日本初の「漁港の駅*」。建物は3階建てで、まるで市場のような雰囲気の1階は、鮮魚・水産加工品・農産物などの販売エリア、相模湾を一望できる2、3階は、鮮魚をテーマとした飲食エリアとなっており、眺望テラスからは絶景を眺めながら、海の幸を堪能することができる。

    *「漁港の駅」は、小田原漁港交流促進施設のことを指し小田原市の登録商標です。(登録番号:第6163121号)

    相模湾の豊かな漁場から魚介類をはじめとして全国各地から水産物が集まる小田原漁港。その漁港から直送されるここでしか買えない“海の幸”、そしてここでしか味わえない“海鮮グルメ”を提供し、小田原の魅力を発信する「魚のテーマパーク」が誕生する。

     

    こだわりの海鮮グルメの中から、特に気になる商品をご紹介!

    とと丸頂上丼(2480円)

    これぞとと丸名物!海の幸がこぼれんばかりの豪快丼ぶり。

    うにとイクラ欲ばり丼(4280円)

    一度は食べたい夢の競演。それぞれの濃厚な旨みと甘みが口いっぱいに広がる。

    牡蠣玉丼ぶり定食(1680円)

    ごはんが見えなくなるほどたっぷりのった牡蠣の卵とじは旨みがたっぷり、プリプリフワフワの触感が絶品!

    おさしみ天国・小田原海鮮ゴーゴー

    3階の「おさしみ天国・小田原海鮮ゴーゴー」は、小田原で仕入れたお魚をメインに、豊富なお刺身と海鮮惣菜など約10種類のおかずやスイーツまで、すべて59分食べ放題のまさに「おさしみ天国」なビュッフェレストラン!

    <59分制食べ放題>
    大人 2590円(税抜) 子供(小学生以下) 1390円(税抜) 3歳以下 無料

     

    東京からアクセスも良く、駅から歩いてすぐの「漁港の駅 TOTOCO小田原」で海の幸を存分に堪能してみて♪

  • 今週の朝ごはん:身体を芯から温める 伊勢市「あそらの茶屋」の朝かゆ

    14.November.2019 | FEATURES / FOOD

    週に1回、他のことは何もせず。

    ただただ美味しいご飯やスイーツを食べる。

    幸せに生きていく上で、とても大切な時間です。

    今日は出張先の伊勢で食べる朝ごはん。

    早起きをして伊勢神宮・外宮を参拝した後、少し冷えた身体を温めるべく、「あそらの茶屋」の朝かゆを食べに行きました。

    「あそらの茶屋」は伊勢神宮・外宮の最寄り駅である伊勢市駅から徒歩8分程度、外宮の入り口からは徒歩1分程度の場所にあります。

    お店の入り口には朝かゆの文字。お店に入って2Fにあがります。

    店内は木を基調とした造り。窓が多いので、外の光がたっぷりはいってきます。窓からはさっき参拝してきた伊勢神宮を見ることができる、心がゆったりと落ちく場所です。

     

    私は「御饌の朝かゆ 鮑」をオーダーしました。御饌(みけ)とは大切で尊い食べ物、という意味だそう。食物の神様を祀っている外宮の参拝後に食べるとなんだかより一層縁起が良さそうです。

    御饌の朝かゆ 鮑 2,040円(税込)

    木箱で運ばれてくるお膳。木箱を開けると・・・

    お粥だけでなく、小鉢や椀がついてきます。

    陽の光にあたったお米がキラキラ光っていて、見とれてしまうほど。

    お粥は鮑や漬物、昆布と鰹のだしで割った特製秘伝のたれを入れていただきます。

    消化によい温かいお粥は身体を芯から温め、寒さでこわばった身体をリラックスさせてくれるよう。

    プリプリの鮑と、まろやかなお粥の相性は抜群です。

    とことんシンプルに、余計なものが入っていない。

    体と心をすーっとほぐしてくれる、やさしい味わいです。

    お粥以外にも、干し魚・温泉玉子・季節の酢の物など、身体に良いヘルシーな食材がたっぷり。

    デザートにはぜんざいも付いていて、朝からお腹いっぱいになりました。

    朝日を浴び、伊勢神宮・外宮を眺めながら食べる朝かゆ。ここでしか体験できない、特別な朝ごはんです。

     

    早起きをすると、いつもとは違う”今日”が始まる感覚があるけれど、伊勢で迎える朝は伊勢神宮を参拝し、「あそらの茶屋」御饌の朝かゆを食べ、さらに背筋が伸びるよう。

    今日も始まる新しい1日を、凛とした気持ちで迎えられた朝でした。

     

     

    今日のおみや

    あわびごはんの素 1,300円(税込)

    美味しいごはんを食べた日は、家族や同僚にも幸せをおすそ分け。

    手軽に鮑を楽しむことができる「あわびごはんの素」。ご飯と一緒に炊き込むだけで、鮑入り炊込ご飯の完成です。高級食材であるあわびがこの価格で購入できるのも嬉しい。

     

    Writer:Sayuri Mizuno(MOSHI MOSHI NIPPON)

  • Instagram×東京都の共同キャンペーン「#MY TOKYO IS _____」ストーリーズで使える限定スタンプ登場

    12.November.2019 | SPOT

    Instagramは11月11日(月)、東京都との共同キャンペーン「#MY TOKYO IS _____(マイ トーキョー イズ)」を開始することを発表した。また、キャンペーンの開始を記念し、Instagram ストーリーズで使える限定スタンプ3種も登場した。

    本キャンペーンは、コミュニティ(Instagram 利用者)に“とっておきの東京の景色“を写真や動画、ストーリーズでシェアすることを呼びかけ、国内外の観光客に向けて東京の魅力を発信することを目的としている。

    定期的に旅行する人のうち半数近くが休暇の予定を立てる際に Instagram を使うと回答していることからも分かるように、観光においてInstagramが果たす役割は重要性を増している。このような背景から、Instagramを活用して東京の魅力を集め、国内外に発信し、多くの旅行者を迎える世界有数の国際観光都市としての取り組みに貢献するキャンペーンを共同で実施するはこびとなった。

    集まった投稿の一部は、来年3月下旬に銀座・蔦屋書店 GINZA ATRIUM で行われるエキシビションで展示するほか、ウェブサイトや2020年に東京を訪れる旅行者に配布する冊子でも紹介する予定。

    スタンプは東京都内にいる時のみトレイに表示される限定デザインで、スタンプをタップすると「 #MYTOKYOIS 」 の検索結果ページが表示され、他の利用者がキャンペーン用ハッシュタグを使って投稿した写真や動画を見ることができる。

     

    応募規約などの詳細はキャンペーンサイトをぜひチェックしてみて。

  • 伊勢観光で立ち寄りたい、伊勢神宮 内宮周辺のオススメ土産店4選

    02.November.2019 | FASHION / FOOD / SPOT

    秋の紅葉シーズンに多くの観光客が訪れる三重県・伊勢市。伊勢神宮の内宮、外宮や猿田彦神社などの観光スポット、昔ながらの街並みを味わうことができる参道が人気です。

    今回は伊勢神宮 内宮周辺で立ち寄りたい、オススメのお土産店を紹介します。

     

    天埜真珠

    伊勢志摩の名産といえば、すぐに思いつくのが真珠。おはらい町にある天埜真珠では、オーナー自らが買い付けを行った品質の良い真珠を、スタッフが店内工房でデザイン・加工したオリジナルアクセサリーを低価格で販売しています。

    アクセサリー 2200円

    ローズの形に加工されたネックレスは、幅広い年代の女性に好まれるデザイン。お手頃価格のアクセサリーも種類が豊富です。

    中にはワンピースやドレスに合わせたい、パーティなどにもピッタリな大ぶりアクセサリーも。価格やデザインが豊富なので、幅広い年代の人にオススメできるアクセサリー店です。せっかくの伊勢土産、ここでしか買えない品質の良いパールのアクセサリーを購入してみてはいかが?

     

    ▶︎天埜真珠 おはらい町店

    住所:三重県伊勢市宇治今在家町45

    営業時間:9:00〜17:00

    定休日:年中無休

    Official site:https://www.amanopearl.jp/

     

     

    蜂蜜屋 松治郎の舗 伊勢おはらい町店

    大正元年創業の老舗養蜂園直営のはちみつ専門店としてオープンした「松治郎の舗」。さまざまな種類のはちみつが販売されており、りんごはちみつ、そばはちみつなどスーパーマーケットなどでは売られていない、珍しい国産はちみつを購入することができます。

    花々 864円

    店舗人気No.1の商品は三重県産のはちみつ「花々」。花々という名前の通り、さまざまな種類の花の蜜が入っている商品です。まろやかな口当たりと花の芳醇な香りが特徴です。

    蜜美はちみつ玉せっけん ミニ(写真 真ん中) 503円 蜜美はちみつ玉せっけん 100ml(写真 右) 2200円

    蜜美フェイス&ボディオイル 48ml(写真 左) 2200円

    オリジナルのコスメも登場。天然素材にこだわったコスメのシリーズです。せっけんには一番人気のはちみつ「花々」を使用し、花の蜜が香るせっけんとなっています。ふわふわのでやさしく洗顔すると、洗顔後はしっとりとしたお肌に。

    国産はちみつを使用した濃密なオイルは、植物由来オイルを90%配合し、防腐剤もフリー。これからの乾燥が気になる季節に取り入れたい、肌に優しい自然オイルです。

    店では色々な種類のはちみつを少しづつ試食することも可能!自分好みのはちみつを探してみて。

     

    ▶︎ 蜂蜜屋 松治郎の舗 伊勢おはらい町店

    住所:伊勢市宇治中之切町7

    営業時間:10:00〜17:00

    定休日:無休

    Official site:https://www.matsujiro.shop/

     

     

    魚春

    1931年創業の老舗店・魚春。古くから伝わる伊勢地方の豊かな食文化を、お土産として販売しています。

    さめのたれ 塩味 みりん味

    やっぱり魚春で買いたいのは伊勢名物”さめのたれ”。さめのたれは、いらぎさめの切り身を干して味付けをしたもの。塩味とタレ味があります。元々さめのたれは伊勢志摩地方でしか食べられていなかった干物なのですが、テレビなどで取り上げられたことをきっかけに、伊勢土産として定着しました。

    その他にも海鮮系のお土産が盛りだくさんの魚春。伊勢ならではの食材をお土産にしたい方はぜひチェックしてみて。

     

    ▶︎魚春

    住所:三重県伊勢市宇治中之切町49

    営業時間:9:00〜17:00 *季節によって多少異なります

    定休日:水曜 *水曜日が祝日の場合は翌日

    Official site:https://www.samenotare.jp/uoharu/

     

    名物へんば餅 おはらい町店

    1775年に創業し、今もなお愛される伊勢名物”へんば餅”。持ち帰りのお土産販売もしていますが、店内のイートインスペースでへんば餅を食べることもできます。

    へんば餅 2個入 160円

    丸く平らにした餅に、良質な国産素材で作ったこし餡がぎっしり詰まっています。

    両面に焼き色がついた香ばしい餅と、口溶けの良いこし餡のまろやかな甘味が口いっぱいに広がります。

    おはらい町店ではへんば餅以外にも、さわ餅・黒餅を販売中。国産素材にこだわったもちもち和菓子で、伊勢の味覚を堪能してみて。

     

    ▶︎名物へんば餅 おはらい町店

    住所:三重県伊勢市宇治浦田1丁目149-1

    定休日:月曜 *祝日の場合は翌日

    営業時間:9:00〜17:00(イートインは16:30まで)

    *17:00前に売り切れる場合があります

    *1月は営業時間が変更になる場合があります

     

     

    伊勢観光にお出かけした際は、ぜひこの4店舗はマストでチェックしてくださいね!

  • SNSで大人気の”花手水”も!紅葉イベントが京都・柳谷観音にて開催

    30.October.2019 | SPOT

    眼病平癒の祈願所として、平安時代より天皇家・公家や眼病に悩む人々に信仰されてきた京都府長岡京市の柳谷観音では、11月2日(土)から12月1日(日)まで秋の紅葉イベントとして今年も「柳谷観音 紅葉ウイーク」を開催します。庭園のライトアップやSNSで大人気の花手水も実施されるので、秋の京都で絶対訪れたいスポットです!

     

    名勝浄土苑のライトアップ ※申込制

    昨年、人気だったライトアップを今年も開催。照明デザイナー小川ユウキ氏による、日程限定のライトアップイベントで、普段と一味違う幻想的な風景が楽しめます。

     

    開催日:11/8(金) 11/15(金) 11/22(金) 11/23(土)

    開催時間:17:30~18:30 ※17:00受付

    拝観料:2,500円(限定御朱印付き)

    定員:20名

    予約はこちら:https://yanagidani.jp/contact/

     

    「上書院」特別公開

    毎月17日に限定公開している上書院を、紅葉ウイーク期間中は毎日特別公開。上書院は天皇家・公家や限られた方のみが入れる特別な間です。戦前に古都百庭として選ばれた同所から眺める名勝庭園の紅葉は、その美しさから数多くのVIPに愛されました。

     

    龍の花手水(はなちょうず)がSNSで大人気

    3年前から「はなちょうず」と名付け公開している季節の花で手水舎を彩った「花手水」がSNSで大人気に。全国の寺院でも製作されるようになり、当山は花手水ブームの先駆けとなっています。季節に合わせて花などを選び、境内や庭園の手水鉢にモミジやアジサイを彩ります。SNSに公開されると、多いときには8万人を超える国内外の方からの反響がありました。

     

    ガラシャまつり御朱印など限定授与

    毎回すぐに限定数の授与が終了してしまう限定御朱印。紅葉ウイークの期間中は、オリジナルの・ガラシャまつり御朱印、御即位記念御朱印、押し花朱印、なないろ手水御朱印などを授与します。

    1枚 500円〜、枚数限定。

    そのほかにも、紅葉ウイークの期間中にしか体験できないイベントが盛りだくさん。ぜひ柳谷観音で美しい秋を満喫してくださいね。

  • GINZA SIX「くろぎ茶々」新メニュー「玉露キャビア茶漬け」を期間限定で販売

    27.October.2019 | FOOD

    京都の老舗茶舗「福寿園」が、日本一予約が取りにくいと謳われる日本料理屋「くろぎ」とコラボレーションした店舗「くろぎ茶々」にて、珠玉の食材が詰まった新メニュー「玉露キャビア茶漬け」が2019年11月1日(金)〜11月30日(土)の期間限定で販売されます。

    玉露キャビア茶漬け 20,000円(税抜)

     

    魚卵の中でも格別濃厚なキャビアを、より純粋に味わうことができるように、上質な玉露を使用した茶漬け仕立てに。「玉露キャビア茶漬け」はキャビアが1缶(30g)丸ごと添えてあるので、キャビアを存分に楽しめる贅沢な一品になっています。

     

    この機会にぜひ堪能してみて♪

  • レトロでアンティークな着物を着て、浅草の喫茶店「デンキヤホール」をご紹介

    25.October.2019 | FEATURES / FOOD / SPOT

    こんにちは!もしもしフレンズのばなこです。

     

    みなさんは観光地で着物や浴衣を着るという経験をしたことがありますか?

    日本の昔ながらの町並みが残っている場所で、日本人に限らず外国人の方が着物を着て写真を撮る風景はおなじみになってきました。着物を着て町を練り歩くのは日本の情緒が感じられて、特別な時間が過ごせます。

     

    そこで今回は、浅草でひと味違う着物を提供する「kesatokyo」の着物を借りて、老舗喫茶店「デンキヤホール」へ足を運んでみました。

    「デンキヤホール」は、つくばエクスプレス 浅草駅から徒歩約10分の千束通り商店街にあります。駅前の賑わいから少し離れており、静かで落ち着いている商店街です。

    「kesatokyo」の着物は、首元のレース襟、ヘッドドレスやベレー帽を合わるとレトロかつアンティークな雰囲気で可愛い!と話題になっています。

     

    友達と柄、小物を合わせて選ぶと普通の着物にはないロマンチックなコーディネートに。この装いと「デンキヤホール」の昔ながらの外観がマッチしていることにときめきながら店内に入ってみました。

    「デンキヤホール」の特徴の一つは、テーブル席がゲーム台になっているところ!全席ではないですが、空いていれば好きな席を選べて、実際にお金を入れてゲームが出来ます。店員さんに言って電源を入れて貰いましょう。

    懐かしいゲーム画面を眺めながら、お店の人気メニューオムマキ(¥700)とクリームソーダ(¥650)を頂きました。友達はホットケーキを注文!

    たっぷりの焼きそばがしっかり焼かれた卵に包まれています。焼きそばは麺が少し太めで、味も濃くて昭和ながらの味付けです。一味や黒一味もお好みでかけられます。

    クリームソーダもシロップとバニラアイスが甘くて美味しい!

    着物の雰囲気と店内がとてもマッチしているのでどの瞬間を撮っても素敵な写真が撮れちゃいます。

    創業100年以上の「デンキヤホール」は明治・大正・昭和の3つの時代の雰囲気をそのまま残しており、ノスタルジーな気持ちになれます。

    デンキヤホールのもう一つの名物・ゆであずきも、これから寒くなる季節に飲みたくなります。

     

     

    喫茶店巡りの後は浅草周辺の散歩や、銀座や表参道といった現代的な街を探索するのも面白いですね。

     

    着物の最終返却時間、18:40の前にkesatokyoに戻り着替えました。1人でのベーシックプランは¥6,050、ヘアアレンジ込みです! 予約はInstagramのDMか電話で出来ます。InstagramのDMの方が確実に返事を返せるのでそちらでメッセージをしてくれた方が助かるそうです。詳しいプランはkesatokyoのホームページでチェックしてみてくださいね。

     

    寒い季節も素敵な着物を着て喫茶店で暖まったらほっこり幸せな気分に!今年はそんなノスタルジーな冬を過ごしてみませんか?

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US