原宿に進化系たらこスパゲティ専門店「東京たらこスパゲティ」オープン

12.August.2020 | FOOD

2020年1月のオープン当初より大人気の進化系たらこスパゲティ専門店「東京たらこスパゲティ」が、2号店となる「東京たらこスパゲティ原宿表参道店」を2020年7月31日(金)原宿エリアにオープンする。

今回、原宿の新店オープンを記念して、人気のお出汁スパゲティの新商品など新メニュー2種類が登場。

たらこと昆布の旨煮とお出汁のスパゲティ 990円(税抜)


ひとつめは、お出汁スパゲティの新商品「たらこと昆布の旨煮とお出汁のスパゲティ」。たらこスパゲティとたらこの佃煮を掛け合わせた”新感覚”の和食スパゲティ。出汁を注ぐと昆布の風味が広がり、どこか懐かしい味わいのある一品だ。

三種の魚卵のたらこスパゲティ 1,390円(税抜)

ふたつめの「三種の魚卵のたらこスパゲティ」は、たっぷりの生たらこを絡めたスパゲティにいくら、とびこをたっぷりとトッピング。魚卵の総重量はなんと100g!ボリューム感とちらし寿司に見立てた盛り付けが特徴のカラフルスパゲティ。

 

「東京たらこスパゲティ」で、”新しい”たらこスパゲティを体験しよう。

RELATED ENTRIES

  • 渋谷区公認「バーチャル渋谷」第二弾開催で新エリアの原宿がオープン

    15.May.2021 | BUSINESS / SPOT

    バーチャル上で大規模イベントの開催を行うクラスターが運営するバーチャルSNS「cluster」上に、渋谷5Gエンターテイメントプロジェクトを運営する、KDDI、渋谷未来デザイン、渋谷区観光協会の3社が、渋谷区公認配信プラットフォーム第二弾として、神宮前交差点エリアを中心とした新エリアの原宿を2021年5月25日(火)よりオープンする。

     

    昨年5月に誕生した国内初となる自治体公認配信プラットフォーム「バーチャル渋谷」に続く第二弾として、新エリアの原宿が登場。原宿のなかでもラフォーレ原宿と東急プラザ表参道が向かい合う「神宮前交差点エリア」を中心にバーチャル空間内でリアルな街並みを再現した。

     

    さらに、原宿の街でオリジナリティのあるファッションで注目を集め、ストリートスナップをきっかけにアーティストデビューし、日本のポップアイコンとして世界中から支持されているきゃりーぱみゅぱみゅが「スペシャルサポーター」に就任。デビュー10周年を迎える今年、リアルとバーチャル両方で原宿の発展のため、自身の原点である原宿カルチャーの新たな可能性を共に発信していく。

     

    バーチャルな世界で新たな原宿の魅力を発見してみては?

  • 西東京市に社会のコミュニティ広場となるMUFGパークが2023年オープン

    13.May.2021 | SPOT

    三菱UFJフィナンシャル・グループ(以下、MUFG)が、持続可能な環境・社会の実現に向けた取り組みの一環として、東京都西東京市に保有する運動場を「MUFGパーク(仮称)」としてリニューアルし、2023年を目途に一般開放する。MUFGパークは、都心における貴重な緑環境(Nature)、スポーツ・健康増進環境(Sports)、コミュニティライブラリー・芝生広場などの交流・交歓環境(Communication)の3つのコンセプトエリアから構成される。

     

    テニスコートのほか、サッカーやラグビーができるグラウンドのあるスポーツエリア

    文化的なニーズにも対応できるよう、数万冊を蔵書するコミュニティライブラリーを新設予定

    利用者と一緒にさまざまなプログラムを企画・実施していく

     

    MUFGは「世界が進むチカラになる。」をパーパスとして定め、すべての人、地域、社会が前へと進むチカラになること、そのために全力を尽くすことをめざしている。「MUFGパーク(仮称)」を通じて、都心部における貴重な自然価値の保全・継承、ウィズ/アフターコロナ時代に対応したコミュニティ形成の支援、しなやかな強さを備えた社会の創造など、多種多様な社会課題解決に取り組むとともに、そこで培われるさまざまな経験や価値を、社会に向けて発信することで「地域・社会が進むチカラ」になりたいと考える。

     

    新しく地域の憩いの場となるであろうMUFGパークをお楽しみに!

  • 江戸の知恵を活かして暑さを乗りきる宿泊プラン期間限定登場

    09.May.2021 | SPOT

    日本旅館「星のや東京」が、2021年6月1日(火)から8月31日(火)までの期間中、江戸の知恵を活かして暑さを乗りきる「江戸涼み滞在」を今年も開催する。冷房機器がなかった江戸時代、人々は暑い夏を少しでも涼しく過ごすために、生活にさまざまな工夫を取り入れて過ごしていた。本プログラムでは、涼を感じられるよう特別に設えられた客室で、江戸の人々の夏の過ごし方から着想を得た釣りしのぶ作りや、和漢素材を組み合わせるブレンド茶作りを行う。また、夕暮れ時には、星のや東京玄関前にある星のや広場に用意される特別席で、夕涼みをしながら、江戸の町で夏に好んで飲まれた甘酒を使ったオリジナルスイーツも楽しむことができる。

     

    「江戸涼み滞在」の涼を感じる3つのポイント

     

    1 江戸時代の知恵を活かして特別に設えられた客室

    涼しげな藍染の布地を使用した客室には、江戸の人々が夏の時期に涼を感じるために鑑賞したと言われる金魚や釣りしのぶ、季節の草花を設置。心理学的に、人は青色を見ると水を連想し、脈拍や呼吸数、血圧が下がり、涼しく感じると言われている。また、客室では、日本の古典園芸のひとつである「釣りしのぶ」を作る。釣りしのぶは、江戸時代の中期に庭師がお得意様へのお中元として作ったのが始まりと言われ、人々は青々と茂った「しのぶ玉」を家の軒下に釣るし、その姿に涼を感じていた。作った釣りしのぶは持ち帰ることができるので、自宅でも引き続き江戸時代の涼を楽しむことができる。

     

     

     

    2 NEW星のや広場に配した「涼み席」で夕涼み

    夕暮れ時に、打ち水がされた星のや広場の特別席「涼み席」で夕涼みを堪能することができる。江戸の町の人々は、気温が下がる日暮れに、庭先や路地に涼み台を出し涼をとっていた。い草の座布団や夕方に花を咲かせる夕顔が設えられた涼み席では、風鈴の音を聞きながらオリジナルスイーツ「甘酒パルフェ」を味わえる。甘酒に、夏に旬を迎える桃のコンポートや枝豆のムースを合わせた、程よい甘さのスイーツだ。甘酒には、ブドウ糖やアミノ酸などの栄養がバランスよく含まれているため、江戸時代には庶民の手軽な栄養補給源として、暑さと湿気で体力が低下する夏に好んで飲まれていた。

     

     

    3 NEW和漢素材を組み合わせるブレンド茶作り

    氷が貴重だった江戸時代、人々は暑い夏の日にあえて熱い飲み物を飲み、汗をかくことで体温を下げ、涼を感じていたと言われている。江戸の町では、夏負けに効くと言われた枇杷(びわ)の葉を乾燥させ、甘草(かんぞう)や肉佳(にっき)などと混ぜて煎じた薬湯「枇杷葉湯(ようとう)」が売られ、夏の風物詩として親しまれていた。本プログラムでは、2日目に、長きにわたり漢方を取り入れた生活を提案する「薬日本堂」のカウンセラーと一緒に和漢素材を組み合わせ、オリジナルのお茶を作る体験ができる。まずは、チャートを使い自分の身体の状態を把握し、その後、身体の状態にあわせナツメやクコの実、枇杷の葉など様々な和漢素材をブレンドしたお茶をその場で楽しめる。

     

     

    江戸時代、人々は夏の暑さをただ耐え忍ぶだけではなく、軒下に風鈴や釣りしのぶを吊るしたり、金魚を鑑賞したりすることで、耳や目でも涼しさを感じられるような工夫を生活に取り入れていた。また、仕事は夜明けとともに気温の低い早朝に行い、夕暮れ時には庭先や路地に涼み台を出して夕涼みを楽しむなど、一日の時間の使い方も工夫していた。星のや東京では、江戸の暮らしの知恵や涼を感じる感性を取り入れることで、現代の東京でも冷房機器に頼りすぎることなく快適に過ごすことができないかと考え、本プログラムを開発した。

     

    江戸時代の人々の夏の暑さを乗り越える知恵と工夫を体験してみては?

  • 原宿で泊まれるアート展や家具店監修の宿泊プランが誕生

    07.May.2021 | FASHION / SPOT

    渋谷区を中心にMOSHIMOSHIROOMS等のユニークな民泊プランなどを手がけるロクヨンが、ブランドやアーティストのファンが泊まってその世界観及び作品を堪能、そして体験できる新しい事業をスタートした。

    事業開始にあたってロクヨンは所有するマンション「Yados神宮前」の大規模リニューアルを実施。202号室では各界若手アーティストが月替わりで出展する「原宿夜ふかしアート展」、301号室においては家具店が始める民泊「セカイクラス」の運用が始まった。

     

    Yados神宮前202号室 「原宿夜ふかしアート展」

     

    リビングルーム

    ベッドルーム

    アーティストルーム

     

    出展予定アーティスト

    CHiNPAN

    4月23日(金)~5月30日(日)

    2008 年 国立新美術館「アジア創造美術展」への入選をきっかけに水墨画家としてのキャリアをスタート。「融合」をテーマに、紙だけに留まらず水墨表現の可能性を追求している。店舗内装やファッション、音楽関連のビジュアル制作等、幅広く活躍中。

     

    BANBU

    6月10日(木)~7月19日(月・祝)

    現在24 歳、国内のアートの専門学校を卒業後、カナダ、ニューヨークへのアート留学を経て東京を中心に活動。三つ目の青いキャラクターモチーフを反復し使用するカラフルでキャッチーなグラフィックで、現代の多様性を訴える。

     

    「民泊×アーティスト」 泊まれる個展

    202号室では「夜ふかしアート展」として1~2か月毎にイラストレーター、動画クリエイター、フォトグラファー等のアーティスト、クリエイターとコラボし、各々のファンに向けた期間限定の宿泊空間を提供。お気に入りのアーティストの個性溢れる非日常的な空間で作品を楽しみながら、鑑賞だけではない宿泊ゲストが主体となって作品や空間作りに参加できるよう、アーティストと共に空間をデザインする。

     

     

    Yados 神宮前301 号室 「セカイクラス」 

    民泊×ファニチャー

    左官や漆喰によって作り出される、極限まで削ぎ落とされたジャパンブラックな空間。そんな閑かな空間に、世界中から集められたヴィンテージ家具やアートが配置され、“世界の暮らし”に触れ合うことのできる空間が誕生する。展示されている家具や雑貨、アートなどは全て購入可能で、実体験を通じた新しい小売の提案も行う。家具やアートは定期的に入れ替えを行い、常に新たな発見を楽しめる空間となっている。

     

     

    アーティスの世界観が広がる宿泊で作品を独り占めしてみては?

  • 「ピーター・ルーガー・ステーキハウス」 恵比寿ガーデンプレイスで日本初出店

    02.May.2021 | FOOD / SPOT

    2021年9月、株式会社ワンダーテーブルは、ニューヨーク・ブルックリンで創業130年の歴史を誇る、ステーキハウスの最高峰「Peter Luger Steak House」の東京店を、恵比寿ガーデンプレイス向かい、くすのき通り沿いに位置する3階建てのレンガ外壁の建物にオープンする。

     

    ピーター・ルーガーは、ドライエイジングビーフのステーキを世界に広め、名だたるステーキハウスの最高峰として知られている。ミシュランガイドはもちろんのこと、一般ゲストによる格付けサービス、ザガット・サーベイで30年以上に渡り上位にランキングされている老舗ステーキハウスだ。

     

    看板メニューの美味しさの秘密

    看板メニューは、フィレとニューヨークストリップ(サーロイン)の両方が味わえるTボーンステーキ”ポーターハウス・ステーキ”。米国農務省(USDA)によって格付けされた最上級のプライムビーフを使用し、 東京店でもオーナーが選任した目利きスタッフが吟味して買い付けする。買い付けした肉は専用の熟成庫にて独自のドライエイジング手法で熟成させ、旨味や香りが増し肉質がより柔らかくなる。

     

    十分に熟成させた肉は周りをカットして塩を振り、専用のブロイラーで表面を焼き旨味を閉じ込める。肉をカットし溶かしたバターと共に皿に乗せたまま再びブロイラーに入れ、数分間焼いた後、ゲストのテーブルへ運ぶ。この長い工程を経て提供するステーキは、噛めば噛むほど旨味が出る唯一無二の味わいとなる。

     

     ブルックリン本店を彷彿させるレンガ外壁の外観に、劇場型レイアウト

    3階建てのレンガ外壁の建物は、本店のあるニューヨーク・ブルックリンの要素を取り入れた佇まいだ。

     

    1階にはバーを設け、食事やカクテルなどが楽しめる。またテイクアウト専用のショップも設け、持ち帰りやギフト用の商品を購入できる。

     

    2階へ上がると天井高6mの開放的なダイニング空間が広がっている。奥には、ピーター・ルーガーで初となるライブ感のあるオープンキッチンを設置。3階はバルコニー席のように2階のダイニングを見下ろして食事ができるように劇場型のレイアウトとなっている。

     

    個室は大小あわせて7部屋用意し、利用シーンによって使い分けできる。照明デザインにはNYの専門デザイナーを起用し、客や食事を含めた全ての要素がインテリアとして纏まるように仕上げている。

     

    日本初となる「Peter Luger Steak House」で食事を楽しもう。

  • 妖怪アマエビになったコジコジ・次郎がテーマのフェア開催

    30.April.2021 | ANIME&GAME / FASHION

    日本アニメーションが、「コジコジ」のキャラクター「次郎」のグッズを販売する「アマビエ次郎フェア」を、2021年4月29日(木)から、キデイランド原宿店内の「まる子とコジコジストア」にて開催。

     

     

    先行販売商品一覧

     

    ノベルティ

     

    「アマビエ」は、江戸時代末期に現在の熊本県、「肥後国」に現れたとされる日本古来の妖怪で、「疫病が流行した際は、私の姿を描いた絵を人々に見せよ」と言い残し海へ消えたと伝えられている。昨年、「コジコジ」に登場する半魚鳥の「次郎」が「アマビエ」に似ているとSNS上で話題に。同フェアでは、「次郎」がアマビエ姿になった「アマビエ次郎」のアートを使用した新商品を販売する。また、「まる子とコジコジストア」にて商品を税込8,000円以上購入すると、オリジナル手ぬぐいがプレゼントされる。

     

    半漁鳥の次郎がアマエビになった可愛らしいオリジナルアイテムをお見逃しなく!

  • ラフォーレ原宿にて「LAFORET GOLDEN WEEK」開催

    24.April.2021 | FASHION / SPOT

    ラフォーレ原宿では、2021年春の GOLDEN WEEK に際し、2021年4月 24日(土)から5月9日(日)までの期間、GOLDEN WEEK 特別企画「LAFORET GOLDEN WEEK」を開催する。

     

    本企画では、館内約60店舗がGOLDEN WEEK のためのスペシャルな企画を実施。4F「Charles Chaton」では、音楽プロデューサー/DJ の Night Tempo、漫画「スローモーションをもう一度」の作者・加納梨衣とトリプルコラボした限定アイテムを発売、1.5F「FRAPBOIS」では、オサムグッズと初コラボしたTシャツやシャツ、スウェットワンピースなどのアイテムが登場するなど、各店舗にて限定イベントやコラボレーション、限定アイテムなどスペシャルなコンテンツを用意する。

     

    The Little Cat Shop by MILKBOY

    4月30日(金)~5月9日(日)1F entrance space

    「MILK」「MILKBOY」「LAND」の3ブランドが集結し、「ネコ」をテーマにしたリトルショップ「The Little Cat Shop by MILKBOY」をオープンする。過去のヒットモチーフに加え、新作も目白押し。それぞれのブランドらしさあふれるウェアはもちろん、アクセサリーや雑貨、ラフォーレ原宿限定のソフビトイなども発売する。また、IZUMONSTER や小夏屋などの名だたるソフビアーティスト達とのコラボトイも抽選発売。さらに、今回のオープンを記念して 10,000円(税込)以上のお買上げでオリジナルステッカーをプレゼント!

    Cat eyes dress 32,450円/CAT EYES SHIRTS 19,250円/CAT TOWER TEE 8,800円/MISCHIEF cat フリル TEE 13,200円/Ribbon CAT TEE 7,920 円(税込)

     

    加賀美健”初”の絵本「くっつけてみよう」刊行記念 POP UP SHOP

    5月1日(土)~5月16日(日)2F POP UP SHOP SPACE

    現代美術作家の加賀美健による初の絵本「くっつけてみよう」刊行記念 POP UP SHOP を開催する。加賀美健が言葉と絵をユーモア溢れるセンスで「くっつけて」生まれた、ユニークなストーリーとキャラクターで展開される絵本「くっつけてみよう」。子供だけでなく大人も楽しめる、ナンセンスな魅力溢れる 1 冊だ。POP UP SHOP では、絵本と関連グッズをはじめ、先行販売となる新作のポーチやバッグなどのアイテムも登場。期間中にはサイン会も予定している。

     

    絵本「くっつけてみよう」1,650円/マグカップ 2,750円/トートバッグ 4,180円/Tシャツ 4,950円(税込)

     

     

    ABEMA 5周年記念 ラフォーレ原宿限定キャンペーン

    ABEMA の 5周年を記念し、人気の「恋とオオカミには騙されない」「ブラックシンデレラ」など3番組とタイアップした限定キャンペーンを実施する。期間中、館内対象店舗で 2,000円(税込)以上のお買上げで、「ブラックシンデレラ」限定ステッカーと「恋とオオカミには騙されない」オンラインイベント参加券がもらえるほか、館内で 2,000 円(税込)以上お買上げのレシートで3番組の出演者のサイン付きグッズを抽選でプレゼント。

     

     

    原宿ショッピングウィーク 2021

    4月28日(水)~5月7日(金)

    対象店舗にて 1,000 円(税込)以上のお買上げでスクラッチカードを進呈。削って当たると次回より使用できる1,000円金券となる。

     

     

    UNDER GROUND SNAP 撮影会

     

    4月29日(木)~5月8日(土)12:00~16:00

    B1.5F にて、スナップ撮影会を開催する。撮影した写真は6月上旬頃にラフォーレ原宿が発行する限定タブロイドに掲載するほか、情報サイト「HARAJUKU POP WEB」への掲載も予定。参加方法などの詳細は、「LAFORETGOLDEN WEEK」特設サイトを確認しよう。

     

    ラフォーレ原宿で特別企画「LAFORET GOLDEN WEEK」を楽しもう!

  • ラフォーレ原宿が春のリニューアル、ニューショップ続々OPEN

    22.April.2021 | FASHION / SPOT

    ラフォーレ原宿では、2021年春のリニューアルを順次実施する。今回のリニューアルでは、年齢や性別を問わずファッションやカルチャー好きの人に、これまで以上にラフォーレ原宿が楽しめるよう、クリエイションやものづくりにこだわった高感度なブランドやショップを揃える。

     

    circle in circle(3.5F)

    4月23日 NEW OPEN

    「circle in circle」は、“l’atelier du savon”“CHILD WOMAN”などのブランドをセレクトした、アンビデックスが展開する新業態のショップ。“服とのとっておきの待ち合わせ場所”をテーマに、毎月さまざまな人とコラボレーションした商品を展開し、子供の頃のようなワクワク感を提案する。オープン時には写真家・細谷謙介とのコラボレーション商品やポストカード゙を販売。

     

    LIBERTY TOKYO(1.5F)

    4月9日 NEW OPEN

    「LIBERTY TOKYO」は、「欲しいやつが手に入れたらいい、着たいやつが着ればいい、全てにおいて『自由』だけ」を「東京」から世界に向けて発信するブランド。メッキとアクリルを軸としたオリジナルアクセサリーや、メッキとファッションを融合させたアパレルやグッズを販売する。また、店頭では洋服やステッカー、グッズなどの製作を行う。オーダーメイドで世界に1つしかないアイテムを作ったり、購入者の表現したいものを形にしたりと、気軽に相談できるカスタムセレクトショップだ。さまざまなアーティストやブランドとのタイアップも展開する。

     

    OSEWAYA TOKYO(5F)

    3月12日 NEW OPEN 

    OSEWAYA TOKYOは、ベーシックからトレンドまでを取り揃えるアクセサリーショップ。「bring your happiness.(ちょっとした幸せを自分に!)」をテーマに最新のトレンドアイテムからマストなデイリーアイテムまで、アクセサリー専門店ならではの豊富な商品をラインアップする。

     

    GLAZE KOHL × NUTTY VINTAGE(B0.5F)

    4月9日~6月6日 NEW OPEN

    「GLAZE KOHL × NUTTY VINTAGE」は“シック(Chic)”をテーマに展開する大阪発のアパレルブランド「GLAZE KOHL」と、1995年創業の老舗ヴィンテージショップ「NUTTY」のコラボレーションショップ。今回のPOP UP SHOPでは、2021年春の新作をはじめ、VINTAGEバイヤーでもあるデザイナー自らがピックアップしたヴィンテージアイテムでさらなる個性を提案する“GLAZE KOHL add VINTAGE”コーナーも設置する。さらに、NUTTYVINTAGEからは、選りすぐりのオーセンティックヴィンテージアイテムも多数用意。また、ラフォーレ原宿出店を記念して個数限定プチギフトを用意している。

     

    マンションミクラ(4F)

    5月22日~6月4日 NEW OPEN

    原宿キャットストリート裏に佇む、マンションミクラ。マンションの部屋は全てテナントとなっており、雑貨から古着までを扱う「SAUCE」、vintageの品揃えのトップランカー「STEP A HEAD」、マニアックアイテムを取り揃える「side car charlie」、ロックンローラー御用達の「vintagesheets」の合計4店舗の古着屋がマンションミクラを飛び出してラフォーレ原宿に集結、登場する。

     

    SAUCE(4F)

    6月5日~7月25日 NEW OPEN 

    キャットストリート裏に佇むVINTAGE STORE「SAUCE」。今回のオープンでは、入荷の度に即完売する「Antage×SAUCE」のコラボハットや、ヴィンテージをリメイクした「SAUCE」オリジナルの洋服などのアイテムを多数販売する。ヴィンテージ、雑貨、ラグなど海外から集めたアイテムを一挙放出。

     

    vanilla(B0.5F)

    5月22日~5月30日 NEW OPEN 

    「vanilla」は、世界各地から買い付けた日本初上陸ブランドを集め、日本の感覚にはないトゥーマッチ感の服や、今までありそうでなかった服など、オリジナル感の強いファッションを提案。今回は香港発の新進デザイナーで大阪で人気を集めている「att production」のリメイクブランドを多数用意するほか、room boy ponyやphemesaccessoriesなども販売する。

     

    おちゃめデパートメント(B0.5F)

    5月31日~6月6日 NEW OPEN

    「おちゃめデパートメント」は、「ただカワイイだけじゃつまらない。人と同じじゃつまらない。持っているだけでウキウキ、心に笑顔の魔法をかけてくれる」、そんな茶目っ気たっぷりのファッション雑貨を集めたショップだ。ハンドメイド、少量生産で作られた商品ならではの遊び心は、年代問わず女子の心をほっこりさせてくれる。

     

    CLEAN KEEPERS レギュラーメンバーユニフォーム衣替え

    「きれいな街は、人の心もきれいにする」をコンセプトに誕生し、毎週土曜日にラフォーレ原宿付近の清掃活動を行うプロジェクト「CLEAN KEEPERS」。そのレギュラーメンバーが着用するユニフォームが、2021年2月より、B1F ehka sopoプロデュースのブルゾンとワンピースに衣替えした。

    掃除するときも女の子らしくてかわいい服が着たい!をテーマにデザインした。ブルゾンはレトロな雰囲気の大きめのセーラーカラーがポイント。ワンピースは、19世紀のイギリスのメイド服をヒントに、ロング丈のワンピースに同生地のエプロンを付けている。

     

    CLEAN KEEPERS活動詳細

    毎週土曜10:30~12:30(要事前申込/雨天中止)

    開催当日10:20分にラフォーレ原宿前に集合

    申込みはこちらから。

     

    ラフォーレ原宿に新登場するオリジナリティ溢れるブランドや遊び心のあるショップを楽しもう!

  • アーティストがプロデュースする泊まれる個展ホテルが期間限定で登場

    20.April.2021 | FASHION / SPOT

    水墨画アーティスト「CHiNPAN」が、原宿でMOSHIMOSHIROOMS等ユニークな民泊などを手がけるロクヨンとコラボし、新しい民泊施設を2021年4月23日(金)から期間限定でスタートする。企画は「原宿夜ふかしアート展」として1~2ヶ月毎に次世代のアーティスト、クリエイターが期間限定で出展するものであり、それぞれのアーティストがファンに向けて個性ある民泊施設をデザインする。

     

    作品イメージ

    装飾イメージ

    作品が並ぶリビング

    天井絵が楽しめる寝室

    プライベート個展会場

     

    MOSHIMOSHIROOMSシリーズ

     

    SAKURA

    ORIGAMI

    DOSUKOI

     


    コロナ禍においてアートイベントや個展の中止で活躍の場所が制限されているアーティストにとって新しい表現の場所となると同時に、ファンにとってもプライベートな宿泊空間で安心してお気に入りのアートを楽しめる新しいエンタメ体験となることを目指している。

     

    新感覚の泊まれるアート展から目が離せない。

  • 東京・兵庫にまる子とコジコジのポップアップショップ期間限定登場

    20.April.2021 | ANIME&GAME / FASHION

    日本アニメーションがアニメーション制作・ライセンス管理を行う「まる子とコジコジ」のポップアップショップ「まる子とコジコジ Happy Fest」が、東京の北千住マルイと兵庫の神戸ハーバーランドumieにて期間限定でオープンする。

     

    北千住マルイ内の店舗イメージ

     

    新商品

    アクリルキーホルダー 2種 各880円(税込)

    ステッカー 385円(税込)

    ポストカード 275円(税込)

    マグ 2種 各2,200(税込)

    購入特典 ラッピング紙袋 ランダムで1組プレゼント

     

    「まる子とコジコジ Happy Fest」のオープンにあたり、“お菓子”をテーマにしたポップでカラフルな描き下ろし新アートが登場。まる子とコジコジがキャンディを食べている姿をシャーベットカラーで仕上げた新アートを使用した商品を先行販売する。また、「ちびまる子ちゃん」・「コジコジ」関連商品も販売され、期間中、同店で税込2,000円以上購入すると、先着で新アートを使用したラッピング紙袋をランダムで1組プレゼント。

     

    期間限定ポップアップショップへ足を運び、オリジナルアイテムをゲットしてみては?

     

  • 「ラブライブ!スーパースター!!」公式タイアップショップ誕生

    19.April.2021 | ANIME&GAME / FASHION

    アニメ関連商品を販売する「ゲーマーズ」が、東京・原宿に「ラブライブ!スーパースター!!」のオフィシャルタイアップショップ「原宿ゲーマーズ」を2021年5月30日(日)にオープンする。

     

     

    先行販売グッズ

     

    フルカラーパスケース 1,430円(税込)

    ラゲッジタグ 各1,320円(税込)

    ラバーキーホルダー 始まりは君の空 ver 各660円(税込)

    コロこっと ラブライブ!スーパースター!! 990円(税込)

     

     

    「ラブライブ!スーパースター!!」は「ラブライブ!」シリーズの最新作で、表参道と原宿と青山という3つの街のはざまにある私立結ヶ丘女子高等学校を舞台に、澁谷かのんを中心とした5人の少女たちが”スクールアイドル”と出会い、”スクールアイドル”を目指していくという作品。今回オープンが決定したショップでは、「ラブライブ!スーパースター!!」の常設コーナーを展開し、作品の世界観に触れあえる店舗となっている。プレオープン時には、フルカラーパスケースやラゲッジタグなどのグッズの先行販売を行う。またグランドオープンにはオープン記念キャンペーンも開催予定なのでお見逃しなく。

     

     

    (C)2021 プロジェクトラブライブ!スーパースター!!

  • 江戸時代のお祭りを再現したイベントが星のや東京にて期間限定開催

    18.April.2021 | SPOT

    日本旅館「星のや東京」が、2021年7月1日(木)から8月31日(火)までの期間に、江戸の文化を現代に伝える「東京・夏夜の宴」を今年も開催する。お祭り気分を盛り上げる設えや、縁日で親しまれている遊び、夏の味覚を味わう特別メニューが勢揃い。

     

    「東京・夏夜の宴」を楽しむ4つのポイント

    1 NEW 星のや東京酒場 

    「星のや東京」1階の裏手に、江戸の町で親しまれた居酒屋文化を楽しめる「星のや東京酒場」を期間限定でオープンする。「星のや東京」の一角が、日が傾き始めた夕暮れ時になると、「星のや東京酒場」に生まれ変わる。用意する日本酒は全て「豊島屋酒造」や「東京港醸造」といった、東京都内の酒蔵で造られている東京の地酒。また、日本酒に合わせて、「星のや東京」からほど近い神田・日本橋・人形町の老舗の逸品がおつまみとして用意され、夏祭りの賑やかな雰囲気を思わせるのれんや提灯が飾り付けられた空間で、法被姿のスタッフが、星のや東京オリジナルの小判と引き換えに、日本酒とおつまみのセットを提供する。

     

    2 星のや縁日

    ゆとりある設計のロビーや玄関前の「星のや広場」で、夏祭りの雰囲気と江戸の文化の両方を気軽に体験できる催し。夕方になると、静かで落ち着いた雰囲気のロビーが、夏祭りのお囃子を思わせる賑やかなBGMを合図に、活気づく。お祭り気分を楽しみながら、紋切りやお面の絵付け、型抜きといった、江戸時代から現代まで長きにわたって人々に親しまれてきた遊びや、色とりどりの花を釣り針とこよりを使って釣り上げる「お花釣り」を体験することができる。


    場所:ロビー/星のや広場
    時間:17:00~21:00
    料金:無料

     

    3 客室で味わう、この期間だけの特別メニュー

    江戸の人々に馴染み深い、穴子やあさりを使った「穴子ばらちらし膳」や、食欲が落ちやすい夏にもさっぱり食べられる「冷やし鯛茶漬け」など、この期間にしか味わえない特別メニューが登場。インルームダイニングにて提供するため、プライベート感たっぷりの空間で、ゆっくりと食事を楽しむことができる。


    場所:客室
    時間:17:00~21:00
    料金:有料(穴子ばらちらし膳 5,300円、冷やし鯛茶漬け 2,900円ほか)

     

     4 お祭り気分に欠かせない浴衣のレンタルと着付けのサービス

    目にも涼やかな色合いの浴衣と帯の中から好きなものを選び、お祭り気分をさらに盛り上げること間違いなし。館内で着付けサービスを受けられるため、誰でも粋に、美しく着こなすことができる。早めの時間から浴衣を着て、「星のや縁日」に出掛けたり、外の「星のや広場」で風鈴の音を聞きながら涼んだり、大手町をそぞろ歩きしたりすることもできる。

     

    時間:10:00~18:00
    料金:1名5,000円
    内容:浴衣一式(浴衣、襦袢、帯、履物)の貸出し、着付け
    予約:要予約。
    前日予約受付可能:https://hoshinoya.com/tokyo/

     

    江戸時代、「星のや東京」のある大手町周辺には大名が居を構える武家の上屋敷が建ち並んでいたことから、多くの人々が集い、独自の伝統芸能や食事、娯楽が発達したと言われている。「星のや東京」では、かつてこの地に根ざした文化の素晴らしさや面白さを現代の人々に向けて発信できないかと考え、この催しを企画した。当時の人々の夏の過ごし方を身近に感じ、江戸文化の魅力を再発見できる催しにぜひ参加してみては?

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US