【TRAVEL Q&A】神社やお寺を参拝する時のマナーが知りたい!参拝に関する疑問まとめ

31.December.2017 | SPOT

外国人観光客の方にも人気のある日本の伝統的な「お参り」体験。一体どんなルールがあるのでしょうか?今回は「お参り」にまつわるルールをまとめました。

 

1:神社とお寺って何が違うの?

浅草寺

まず知っておきたいのは、お寺と神社の違い。お寺は中国・インドといった外国から伝わった仏教。仏様を祀り、仏像をすえ、僧が仏法をおさめる為に存在しています。お寺には、僧侶・尼さん・住職などがいて、御本尊として仏様が安置されています。

関連記事:【東京さんぽ】下町情緒あふれる定番の観光地から新しいスポットまで!浅草を半日散歩

日枝神社

神社は、磐座(いはくら)や神の住む場所とされる禁足地(入っていけない場所)などで行われた祝事典で臨時に建てた神籬(ひもろぎ)などの祭壇が起源と言われており、元々は常設された建物ではありませんでした。外国を起源とするお寺と違い、神社の起源は日本なので、仏教より歴史が長く日本だけの宗教とされている点も大きな違いの一つです。

関連記事:神社巡り&御朱印集め 溜池山王「日枝神社」

 

2:参拝ってどうやるの?

参拝する際には、いくつかの手順が。お寺か神社によって手順や方法は違うので、しっかりチェックしましょう。

 

神社・お寺

お祈り

お祈り:お賽銭箱にはお金を。5円玉があれば5円を。「ご縁」があるということで縁起がいいと知られている。

 

鐘:お賽銭箱の真上に鐘がある場合は、鐘を鳴らしましょう。この鐘は神を神社に呼び込むものとして使われています。

 

写真はOK?:写真が禁じられている場所もあるので、注意書きがある場合はしっかり従うように。

 

関連記事:【東京さんぽ】都会の真ん中「原宿」にあるパワースポット!明治神宮を半日散歩

 

>>次のページ お祈りをする前のマナーを学ぼう

1 2

RELATED ENTRIES

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US