【MMNインタビュー 後編】Yunomi、日南結里を迎えて生み出した物語的サウンド×進化形フューチャーベースの秘密。アイディアの源泉、クリエイティヴの謎へ踏み込む!

12.January.2019 | MUSIC

Yunomi&YUC’eがオーガナイズするレーベル“未来茶レコード”が、初コンピレーション『未来茶屋 vol.0』を2019年1月12日(土)にリリースする。本作は、ダウンロードカードとして発売される他、Spotify、Apple Music、LINE MUSICなど各種ストリーミング・サービスでもリリースが決定している。2019年のシーンを占う、日本と世界を結ぶ気鋭のアーティストが集結した1枚だ。

 

未来茶レコードの代名詞であるフューチャーベースに捕らわれない次世代サウンドが収録される中、首謀者であるYunomiの新曲「白猫海賊船(feat.日南結里)」について、フィーチャリング・ヴォーカリストとして迎えた日南結里(ひなみゆり)とのスペシャルな対談トークをお届けしよう。声優、シンガーとして活躍する日南結里のプロフェッショナルな姿勢、そして新境地へと果敢にチャレンジするYunomiのクリエイティヴ論に注目してほしい。

テキスト:ふくりゅう(音楽コンシェルジュ)

 

Part1の記事はこちら:【MMNインタビュー 前編】Yunomi、日南結里を迎えて生み出した “物語的”新境地サウンドのすごみ。未来茶レコード初コンピ「未来茶屋 vol.0」をリリースする意図とは?

 

 

■なるべく創造の泉の源泉に近いところに行こうと

——物語性ある歌詞の深みも強いですよね。もちろん、聴き手の想像力を刺激する自由な要素もあって。

 

日南結里:歌詞をいただいたときに、ディレクション・シートを頂いたんです。歌い方や歌詞の説明が書かれていて。最後に、なんでこういった歌詞にたどり着いたかが書かれていたんです。わたしは、それについてYunomiさんに聞きたくって。

 

——なんて書いてあったんですか?

 

Yunomi:厳密な指示というよりも“日南さんに委ねる”みたいなお願いです。

 

日南結里:“ある程度ラフな音程で歌ってほしい”と書かれていました。わたしは、普段歌入れの時にきっちりやらないとって思うタイプなんです。楽譜を見ながら歌うことが多いですし。でも今回はそれをやってはいけない曲なんだなって思いました。

 

——Yunomiさんならではのプロデュースワークですね。

 

日南結里:お会いした初日に色んなお話をしたんです。その日1日で、自分という人間をこんな風に感じられたのかなって発見があって。自分を見つめ直すいい機会になりました。

 

——そこでのイメージが、ディレクション・シートに結びついたのですね。ちなみに、「白猫海賊船(feat.日南結里)」の歌詞をみていると、これまでのYunomiさんのテイストと変化がありますよね。

 

日南結里:そうですよね。

 

Yunomi:どう歌詞を書くか、生み出すか、ということにこだわりました。“発想ってどこから来るんだろう”と思って、なるべく創造の泉の源泉に近いところに行こうと思いながら眠りました。そして起きた時に作りました(笑)。

 

一同:笑。

 

 

 

■ “こんな感じの顔なのかな”って表情が曲に

Yunomi:朝方、寝ぼけている時ってあるじゃないですか? その時って頭の蓋が開いているような状況だと思っていて。普段、AとBがあって結びつかないって思っているようなことでも、結びつけて考えられる状態というか。説明が難しいんですけど。

 

——うんうん、わかりますよ。

 

Yunomi:一方通行の思考から、別々の思考が結び付き合う感じというか。そんな状態な時に、どんな歌詞が生まれるのかなって。それで、夢で見たことを朝にショートショートのような小説にしたんです。そこで僕は海賊だったんです。猫がたくさんいる島にいて。誰も猫を見向きもしないような世界で。それで猫に向かって、“僕と一緒に行きませんか?”って言う自由へ向かうストーリーというか。その夢をメモに起こして、歌詞にしてみました。でも、夢を見ようと思って夢を見るのって大変なんですよ(笑)。

 

——考え方がYunomiさんらしくっていいなぁ。ドリーミーですね。しかも、お話を聞くだけでワクワクしますよね。原作めいたイメージがあって曲になるというのは、声優としても活躍する日南さんにとって面白い要素ですよね?

 

日南結里:普段、キャラクターのある声優として歌わせていただいているので、キャラクターに近づくために歌うと言いますか、そんな目標をたてていて。今回は、私が思った通りに歌ってほしいということで、その中に優しさだったり、猫ちゃんの“やさぐれ感”を歌詞の中で読み取って、いつもと違う感じで表現しました。自由にやらせていただきましたね。歌入れもスムーズでした。

 

Yunomi:とても早かったですね。メインは30分ぐらいでした。具体的な主人公像までは決めないで歌詞を書いていたので、日南さんの声が載ったことで“こんな感じの顔なのかな”って表情が曲に見えてきました。

 

 

■「白猫海賊船(feat.日南結里)」ではじまったお話は続いていく

日南結里:レコーディング自体は楽しかったのですが、実は心は苦しかったんです。わたしが「白猫海賊船(feat.日南結里)」から感じ取ったのは、ネガティヴな要素でした。“この猫ちゃんは幸せになれるのかな?”という想いですね。苦しみながら歌うことで、その物語をリスナーの方に楽しんでほしいと思いました。そこで“よし、自分はもっと苦しもう!”って思いました。

 

——たしかに、まだ結末の見えない物語の途中の曲ですからね。そんな意味合いでも、今後のYunomiさんのクリエイティヴの方向性のひとつのベクトル指し示す1曲になりましたね。

 

Yunomi:そうですね。僕の中では、数ある実験の中のひとつという要素もあったのですが、日南さんのおかげで、とってもうまくいきましたし、とても満足しています。声ひとつで本当イメージが変わりました。たぶん僕がどんな作品を作っても合わせてくれる方だと思いました。表現力が素晴らしかったです。

 

日南結里:普段のレコーディングって自分が録音するブースの横にエンジニアさんがいらっしゃるブースがあって、二つに分けられていて“窓からこんにちは”って感じなんですけど、今回はYunomiさんが真後ろにいらっしゃったんですよ。そこで、暖かく見守ってくださって。“いいよいいよ!”って言ってくださる優しいお兄さん的存在で、とても歌いやすかったですね。ひとつ質問したかったのですが、「白猫海賊船(feat.日南結里)」ではじまったお話は続いていくのですか?

 

Yunomi:続いていくでしょうね。いろんなことがあって、最初の場所に戻ってくるんじゃないかな?

 

——それこそミュージックビデオであったり、アニメや映画かというか、映像化してほしいですよね。

 

Yunomi&日南結里:(スタッフの方を見ながら)お願いします!!!

 

一同:

 

 

■2019年はじまりのシーンを象徴する1枚

——可能性として楽しみですよね。そして今回のコンピ「未来茶屋 vol.0」には、他にもYUC’eやAire、KOTONOHOUSE、Neko Hacker等による作品が収録されていて、ダウンロードカードと配信でリリースされますね。しかも、2019年1月19日にはタワーレコード渋谷店B1F『CUTUP STUDIO』で行われる『DOWNLOAD CARD SUMMIT 2019 SPECIAL LIVE』に皆さん出演するという。

 

日南結里:皆さん、コンテンツ的にも近しい界隈の方なんですよ。特にYUC’eさんは、私が夏に出演したライブのオープニング曲を作ってくださいました。

 

——「未来茶屋 vol.0」は、2019年はじまりのシーンを象徴する1枚になりそうですね。楽しみです。2曲目に収録された、TORIENAさんとのコラボ曲「ゲームオーバー」はどんな感じですか?

 

Yunomi:びっくりしました。はじめてフィーチャリングしたのが2年前ぐらいの「大江戸コントローラー(Yunomi feat.TORIENA)」なんです。

 

——「大江戸コントローラー(Yunomi feat.TORIENA)」は、Yunomiさんを代表する名曲ですもんね。

 

Yunomi:その頃に比べて、TORIENAさんの魂の込め方、気合の入れ方がすごいことになってるんですよ。「ゲームオーバー(Yunomi feat.TORIENA)」は怒りの曲です。優しさと憂いのある「白猫海賊船(feat.日南結里)」とは両極な世界観かもしれませんね。

ちなみに新曲「ゲームオーバー(Yunomi feat.TORIENA)」は、実は次の僕のアルバムの1曲目にしようと思っているんです。どちらもテーマは同じで。“人は、自由を求めて此処ではない何処かへ”行こうとするじゃないですか? “でも、自由って何だろう”って追求するのが最近の僕の作品のテーマですね。僕たちは、何処からきて何処へ行くのかっていう。

 

——気が早いですが、Yunomiさんの2枚目のアルバムはいつ頃リリースになりそうですか?

 

Yunomi:完成したらリリースされます(笑)。まだわからないですねぇ。

 

——ですよね。まずは、未来茶レコード初コンピ「未来茶屋 vol.0」をチェックしつつ、予習しながら楽しみにしています!

RELATED ENTRIES

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US