Travel Japan #8 冬の沖縄で過ごす、空と海の境界線

15.March.2019 | FEATURES / SPOT

沖縄の海は透明だった。街の中にある、小さなビーチでの昼下がり。泳ぐには時期外れだけど、入らずにはいられない、天国のような光景。

白い砂は、太陽の光を受けて輝いている。

こんな場所で暮らせたなら、どんなに幸福だろうと思う。

空と海の境界線が曖昧で、このまま歩いてゆけば、雲までたどり着けそうな光景だった。

沖縄の人々の日常の中に、当たり前に存在しているこのビーチ。

 

朝目覚めて、砂浜を散歩がてら、それぞれの場所へ向かう。夕暮れになったらまたこのビーチに日が沈むのを見届けて、家に帰る。

たったそれだけの、ありふれた営みも

日常に海があるというだけで、とても贅沢な暮らしになるように思う。

パンツの裾が濡れるのも気にならない。

まるで初めて海を見た子どものようなわたし。

海はおだやかで、打ち寄せる波も優しく、何もかもから解き放たれた気分になる。

それから浜辺にビニールシートを敷いて、海に向かって座り、波の音を聴くことにした。

太陽と会話するときの必需品。今日の日差しはやわらかいけれど、UVクリームは忘れずに。

瞳を閉じれば、わたしは海の中にいて、海中散歩ができる。

 

透明な海は、その中に入ってしまうとエメラルドグリーンに。

海底から見た外の世界はとても幻想的で、魚達にとったらきっと、未知の世界に見えるのだろう。

 

地球の70%は、海だという。

無限の生命がみなぎる海が、自分の小ささと、自然の偉大さと、想像をはるかに超えた世界の広さを教えてくれた。

ひとりで過ごすビーチでの時間。口の中でシュワシュワと弾ける、波の気泡のようなスパークリングウォーターで、ポテトチップスをのどの奥へと流し込む。

濁りのない海は、わたしの気持ちを明白にしていく。

陸に意識を戻して、再びビーチを散歩した。

 

写真には映らない心の震えを、砂浜の足跡に残していった。

 

 

Model / Mala Morgan

 

ビーチで必要なものは現地で調達

ビーチに到着したらまずは買い出し。北谷サンセットビーチから歩いて5分の場所に位置するイオン北谷店。帽子・UVクリームなどのビーチ必需品から飲み物・食べ物まで何でも手に入る。旅行前にあれこれ準備する必要がないのでとっても便利。

 

住所:中頭郡北谷町字美浜 8番地の3
営業時間:食品売り場7:00〜0:00 衣料品・暮らしの品10:00〜0:00

※一部の売場と専門店は営業時間が異なります
※イオン直営売場(衣料品・暮らしの品売場)は毎週土曜・日曜日・感謝デーは9:00~0:00)

 

電話:098-982-7575

 

トップバリュ Free From UV CREAM UVクリーム 無香料 本体価格980円(税込 1058.40円) 規格 30g

肌を紫外線と乾燥から守ってくれたのは、トップバリュのUVクリーム。時期外れでも、沖縄の日差しはまだまだ夏のようだから、ケアをしながら旅を続けよう。少し硬めのクリームは、肌に乗せるとやわらかく溶けていく。自分の肌をいたわる、そんな瞬間が好き。

 

トップバリュ グリーンアイ Free From 塩だけで味付けした 堅めに揚げたポテトチップス 本体価格78円(税込 84.24円) 規格:55g

トップバリュ ベストプライス Sparkling Water 炭酸水 レモン 本体価格68円(税込 73.44円) 規格:500ml

 

ポテトチップスと、炭酸水を持ってビーチで休憩。ポテトチップスは、じゃがいもの風味が活きた、塩だけのシンプルな味付け。パリパリした、香ばしい食感って気分がいいね。

ポテトチップスを食べる時はやっぱり炭酸と一緒に。炭酸水は強炭酸。爽やかなレモンの風味と、シュワシュワの泡で、夏を取り戻したような気持ちになった。

 

※税込価格は小数点二位まで表示いたします。

※複数点購入される場合、小数点以下の端数も合計して消費税額を計算いたします。

RELATED ENTRIES

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US