中田ヤスタカ×きゃりーぱみゅぱみゅ初のツーマンライブ開催!『YSTK×KPP』」アフターレポート

16.November.2016 | MUSIC

中田ヤスタカときゃりーぱみゅぱみゅがタッグを組み、中田ヤスタカ × きゃりーぱみゅぱみゅ「~SPECIAL DJ×LIVE ZEPP TOUR 2016~『YSTK×KPP』」を開催。名古屋・大阪に続き、11月14日(月)東京・Zepp DiverCityにてツアーファイナル公演を行った。

3

まばゆいライティングとスモークが噴射する中、中田ヤスタカがDJブースに姿を表し「Dancing Planet ft.VERBAL」からライブはスタート。

赤いワンピースのきゃりーがステージに登場。「CANDY CANDY」を披露すると、超満員の観客は早くもヒートアップ。きゃりーをフィーチャーしたCAPSULEのナンバー「Motor Force」、スペシャルバージョンの「PONPONPON」など、2人の化学反応はかなり鮮烈。DJパーティとライブがミックスしたようなノンストップスタイルでショーは進む。

2

きゃりーがビートに乗って踊り、ペンライトを持って観客を煽る。「きらきらキラー」では、会場全体でタオル回し。パワフルにアレンジされた「もんだいガール」など、エレクトロニックなビートで会場はダンスフロア状態となった。

 

インターミッションを挟んで、中田がCAPSULEの「Another World」をプレイ。きゃりーがステージに戻ると「にんじゃりばんばん」「do do pi do」を披露し、きゃりーは大きなフラッグを振り回しながら歌うなどさらに観客を盛り上げた。

1

ひとしきり会場が盛り上がった後、きゃりーがバラード曲「おやすみ」を歌い、会場を心地よいムードに包む。そして、中田は、映画『何者』主題歌のソロ曲最新曲「NANIMONO (feat.米津玄師)」を披露。

 

その後、中田ときゃりーの2人がステージに揃うと、ライブもいよいよラストスパート。バキバキなサウンドとなった「インベーダーインベーダー」、よりダイナミックなアレンジの「ファッションモンスター」を歌唱し、フロアの盛り上がりは最高潮へ。

 

そして、2017年1月18日にリリースされる、中田ときゃりーの両A面スプリットシングルから本ツアーで初披露の「原宿いやほい」を歌唱。サビの“原宿でいやほい! とりあえずいやほい!”というフレーズに合わせて、観客はこぶしを突き上げ、大盛り上がりとなってライブ本編は終了した。

5

鳴り止まないアンコールに応えて、中田ときゃりーがステージに戻ると「つけまつける」を力いっぱいパフォーマンス。MCで、きゃりーは中田に「初のツーマンツアーいかがでしたか?」と聞くと、中田は「すごくいい経験になりました」と答える。きゃりーも「こちらこそいい経験になりました。パワーアップしました!」と回答。

 

さらにきゃりーは「今回、初のツーマンツアーで、東名阪回らせてもらいました。私は、デビュー当時から今も中田ヤスタカさんの大ファンなので、ほんとにツーマンツアー超緊張してたんですけど、今日も盛り上がって、無事に3公演終えることができました。みなさんどうもありがとうございます!」と感慨深く話し、続けて「中田さんとも話してたんですけど、3回じゃもったいなくないですか?」と語ると観客も大歓声。「ぜひ、またツーマンライブの機会があったらぜひ来てください!」と熱く声を上げた。

4

そして最後のナンバー「最&高」で、中田ときゃりー、観客が強力な一体感を生み出し、ライブは幕を閉じた。中田ときゃりーのツーマンライブは、2人のアーティストパワーの相乗効果で両者の新たな側面が引き出される、最高にスペシャルな空間となった。

 

ーーー

■Information

~SPECIAL DJ×LIVE ZEPP TOUR 2016~『YSTK×KPP』

Zepp DiverCity (18:00 開場/19:00 開演)〒135-0064 東京都江東区青海1丁目1−10 ダイバーシティ東京 プラザ

・ニューシングル商品概要

アーティスト名義:中田ヤスタカ/きゃりーぱみゅぱみゅ

収録内容/曲名は、随時、発表予定となります。

※8月に発表したきゃりーぱみゅぱみゅのVR特典付きの作品は、2017年に発表するきゃりーぱみゅぱみゅ名義のシングルへ収録変更となる予定です。

ーーー

■関連記事:MOSHI MOSHI NIPPON FESTIVAL、第一弾アーティスト発表!きゃりー、CAPSULEなど世界で活躍するアーティストが出演

http://www.moshimoshi-nippon.jp/ja/20065

■関連記事:きゃりーぱみゅぱみゅ × 中田ヤスタカ、ダブルA面スプリット盤シングル発売決定!中田楽曲には某海外アーティストときゃりーぱみゅぱみゅがfeat.参加!

http://www.moshimoshi-nippon.jp/ja/20423

■関連記事:きゃりーぱみゅぱみゅ、100点以上の作品展示やジャケット写真が動き始めるインタラクティブなアートワーク展開催決定!東京・ラフォーレ原宿にて12月16日よりスタート!

http://www.moshimoshi-nippon.jp/ja/20723

TALENT PROFILE

きゃりーぱみゅぱみゅ

高校を卒業した2011年夏に、ワーナーミュージック・ジャパンから、中田ヤスタカ(CAPSULE)プロデュースによるミニアルバム「もしもし原宿」(8/17発売)でメジャーデビュー。2012年5月に発売した初のフルアルバム「ぱみゅぱみゅレボリューション」は、オリコンデイリーチャート初登場1位、さらにiTunesでも日本総合チャートや世界各国のエレクトロチャートで1位を獲得。その後、自身初となる全国ツアー、日本武道館単独公演、NHK紅白歌合戦初出場と快進撃を続ける。 2013年には、初めてのワールドツアー(8つの国と地域、13都市)を大成功させ、2013年6月に満を持して発表したセカンドアルバム「なんだこれくしょん」は、オリコンウィークリーチャート初登場1位を獲得。 そして2014年、2度目となるワールドツアー(11の国と地域、15都市)も大成功で終え、サードアルバム「ピカピカふぁんたじん」は、北南米、欧州、オセアニア、アジア圏など世界4大陸、15ヶ国(地域)で同時発売。2作連続となるオリコンウィークリーチャート初登場1位を獲得。そして約3万5千人を動員したホールツアー 「きゃりーぱみゅぱみゅの雲の上のHEAVEN’S DOOR」(15都市17公演)、さらに自身最大規模のアリーナツアー「きゃりーぱみゅぱみゅの からふるぱにっくTOY BOX」(9公演)が大盛況のうちに終了した。 そのかわいい容姿からは想像がつかないほど自由奔放で、オリジナリティ溢れる表現でファンを魅了し続けている。アーティスト活動とファッション面での活動を掛け合わせた、『HARAJUKU』のアイコンとしての存在が、全世界から注目を集める。

RELATED ENTRIES

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US