見頃は7月下旬まで!神戸・六甲高山植物園「ニッコウキスゲ」

11.July.2019 | SPOT

六甲高山植物園では、「ニッコウキスゲ」が見頃を迎えています。

 

高原にさわやかな夏を呼ぶ花として知られるニッコウキスゲ。6月には亜高山帯型が開花していましたが、7月に入り、高原型の約2,000株の群落が見頃となりました。黄色い絨毯のように広がる鮮やかな景色はSNS映えする写真にもぴったりです。

花は一日花で、朝開いて夕方には閉じてしまいますが、一本の茎にたくさんの蕾をつけ、それが次から次へと咲くために、全体としては長い期間楽しむ事ができます。7月下旬頃まで楽しめる見込みなので、初夏のお出かけにおすすめです。

RECOMMENDED ENTRIES

  • 兵庫県・六甲高山植物園に”幻のアジサイ”「シチダンカ」を見に行こう

    01.July.2019 | SPOT

    六甲高山植物園では、かつて幻のアジサイと言われた「シチダンカ」が見頃を迎えている。

    シチダンカは、「ヤマアジサイ」の1種で、飾り花が八重咲になるのが特徴。十数枚の萼片が星型になり、重なり合う様子は美しく、園内にある2ヶ所の群落では可憐な姿が人気を集めている。また、六甲高山植物園のアジサイ園にはシチダンカの他にも多種多様なアジサイが植栽されており、インスタグラムをはじめとするSNSにもよく映える。

    シチダンカ(アジサイ科)

    高さ1m~1.5mの落葉低木。江戸時代、シーボルトの「日本植物誌」に紹介されたが、以後発見されず存在が疑問視されていた。その後1959年に六甲山で偶然にも発見され、以後差し木で増やされた苗が各地に広がった。アジサイの山と言われる六甲山系のアジサイは、花崗岩からなる酸性土壌の影響で、とても美しいブルーの飾り花が見られることが特徴。当園に咲くシチダンカは、7月中旬頃まで楽しめる見込みだ。

    ヒメアジサイ〈アジサイ科〉【花期】6月~7月

    別名は「ニワアジサイ」とも言われている。ホンアジサイに並ぶ代表的な手鞠型アジサイで、昭和4年に牧野富太郎博士によって命名された。ホンアジサイとともに日本の固有二大アジサイであり、暑さや乾燥に強いのが特徴。丸く大きい葉がつくが、光沢はなく、酸性度の強い土壌では美しい青色になる。

    アマギアマチャ〈アジサイ科〉【花期】6月~7月

    葉の長さは10cm以下で細くなり、甘みが強いのが特徴。昔から甘茶は甘味料として用いられる以外に、防腐効果があることから醤油の製造に使用され、表面に張るカビ状の膜を防止するためにも用いられた。また、口中清涼剤や歯磨きの甘味のため種々の家庭薬に配合されたり、民間ではダイコンの漬物に甘味と醗酵を押さえるために利用されている。

    タマアジサイ〈アジサイ科〉【花期】8月

    関東地方~岐阜県あたりに分布し、山地に自生する。湿度の高い山間部に咲き、葉の表面には固い毛が密生し、ざらついている。径3~3.5cmの大きなピンポン玉のようなつぼみからこの名前がついた。戦時中はタバコに代用されたため「ヤマタバコ」という別名もあり、開花前の姿も人気がある。

     

    華憐に咲き誇る花々を見に、六甲高山植物園へ行ってみよう!

  • ライトアップされた紅葉とアートを楽しむ!神戸・六甲高山植物園で夜の紅葉散策

    15.September.2018 | SPOT

    六甲高山植物園は、10月19日(金)~11月11日(日)の間、園内の紅葉をライトアップし、夜間の園内を開放する「夜の紅葉散策」を開催する。また、六甲ミーツ・アート 芸術散歩2018の関連企画として、園内に展示されているアート作品のライトアップや夜間のみ観賞できる作品の展示を行う「ザ・ナイトミュージアム」も同時開催する。

    紅葉は山から降りてくるといわれ、標高の高い六甲山では京都などの市街地よりも、約1ヶ月早く木々が色づく。園内では様々な種類の紅葉を見ることができ、今年度も10月中旬から11月中旬にかけて変化する木々の彩りを楽しむことができる。美しく色付いた木々をライトアップした様子や、園内各所に点在するアート作品はインスタ映えもばっちりだ。

     

    イロハモミジ、オオモミジをはじめとするカエデ類やブナ・カラマツ・シロモジ・ツツジ類といった様々な種類の紅葉が楽しめる他、チングルマなどの高山植物の紅葉を見ることができるのも六甲高山植物園ならでは。10月中旬より、徐々に広がっていく錦絵のような黄色~紅色の色合いを楽しもう。

    赤・黄・橙など様々に色づいた木々のライトアップでは、昼間とは違う幻想的な雰囲気やガイドを通じて夜の植物園と紅葉の魅力を楽しむことができる。また、高橋匡太氏による夜間のみの観賞作品の展示にも期待が高まる。

    さらに、園内で採れた木の実やアジサイのドライフラワーなどを使って、世界に一つだけのオリジナルリース作りが楽しめる体験も。道具や材料は全て用意されているので、手ぶらで気軽に参加してみよう。

    また、六甲山の爽やかな空の下で開催するフォトセミナーも開催。日本山岳写真協会に所属する専属講師と一緒に園内をまわりながら、小さく可愛らしい山野草の撮影方法を学ぶことができる。毎回好評を博している、沖先生による園内ガイドでは薬草を中心に観察しながら、外見だけでは分からない植物の秘められた魅力を感じられる。

    今年の秋は六甲高山植物園で紅葉や植物の新たな魅力に触れてみては?

     

    ■Information

    夜の紅葉散策  ザ・ナイトミュージアム

    期間:10月19日(金)~11月11日(日)※荒天中止

    時間:平日/17:00~18:30 土日祝/17:00~19:30

    ガイド:17:30~ ※土日祝のみ 30分程度 参加無料

    場所:六甲高山植物園 園内(神戸市灘区六甲山町北六甲4512-150)

    参加料:入園料のみ (大人620円、小人310円、シニア割引520円)

    ※六甲ミーツ・アート芸術散歩2018周遊チケット及び、各種共通券でも入園可能です。

     

    森の手づくりリース体験

    期間:10月13日(土)~11月25日(日)

    時間:10:00~16:30 (16:00受付終了)※所要時間:約30分

    場所:ショップアルピコラ

    定員:最大12席 ※予約不要・随時受付

    料金:650円~(別途入園料要)

     

    フォトセミナー「秋の草花撮影会」

    日程:9月23日(日)※雨天時は9月30日(日)に延期

    行程:

    10:30~11:00 講師による撮影方法講習会

    11:00~15:00 園内を自由に散策・撮影

    料金:無料(入園料別途要)

    定員:30名 ※電話予約受付中

    講師:

    近藤 嘉彦(日本山岳写真協会関西支部顧問)

    浅生 稔(日本山岳写真協会関西支部写真展委員)

     

    沖先生のぶらぶら園内ガイド

    日程:10月13日(土)、11月10日(土)

    時間:11:00~、14:00~(各回1時間程度)

    料金:無料(入園料別途要)

    講師:沖 和行

     

    六甲山ポータルサイト:http://www.rokkosan.com

     

  • 兵庫県・六甲高山植物園のクリンソウがベストシーズン!ピンク色の花々が一面に広がる絶景

    20.May.2017 | SPOT

    兵庫県・六甲山上にある「六甲高山植物園」では、クリンソウの群落が見頃を迎えている。

     

    園内では、約5,000株(300平方メートル)のクリンソウが重なり合って咲き誇り、一面ピンク色の絨毯のような美しい風景をつくりだしている。彩やかに花を何段にも重ねるその姿は、新緑と共に初夏の訪れを感じさせる。

    クリンソウは谷間のほとりや山地の湿地に生える花。日本産のサクラソウ属の中では最大の種類だ。1本の花茎に2cm前後の花を輪状に付け、さらにこの輪が何段にも咲きあがっていく姿が仏塔の九輪を思わせるところから「クリンソウ」という和名が付けられた。兵庫県では年々数が少なくなっており、兵庫県の絶滅危惧植物に指定されている。同園に咲くクリンソウは、6月上旬頃までお楽しみいただける見込みとのこと。

     

    春の過ごしやすい季節は自然や花に囲まれて贅沢な時間を過ごそう。

     

     

    ■Information

    六甲高山植物園

    【開園時間】10:00~17:00 (16:30受付終了)

    【入園料】大人(中学生以上)620円/小人(4歳~小学生)310円/シニア(65歳以上)520円

    TEL:078-891-1247

    住所:〒657-0101 神戸市灘区六甲山町北六甲4512-150

    HP:https://www.rokkosan.com/hana/

     

    関連記事:アルプスの絶景とともに眺める美しい桜の園「信州伊那 高遠さくら祭り2017 」

    関連記事:【東京さんぽ】日本の情緒を感じるお花見へ!おすすめフォトスポットを巡る中目黒半日散歩

RELATED ENTRIES

  • 天気や時間に応じたクリームソーダが楽しめるカフェ「カフェアマヤドリ」オープン

    19.October.2021 | FOOD / SPOT

    大洗観光おもてなし推進協議会は、大洗駅すぐ隣の観光案内所「うみまちテラス」に、雨と癒しをコンセプトにした喫茶店「カフェアマヤドリ」を、2021年9月18日(土)にチャレンジショップとしてオープンした。

    カフェアマヤドリ 店内

    カフェアマヤドリ メニュー

    カフェアマヤドリ トートバック

    「カフェアマヤドリ」では、店内はしとしとと雨音が聴こえ、天気や時間に応じたクリームソーダを味わうことができる。例えば、晴れの日は「晴天のクリームソーダ」と題し、昔ながらのグリーンカラーのクリームソーダを、一方で雨の日は「雨色のクリームソーダ」と題し、ブルーカラーのクリームソーダが提供される。クリームソーダ以外にも大洗町特産物を使った和定食や洋定食、甘味など多くのラインアップを提供する。モーニングやランチセットも行っているため、思い思いの過ごし方ができるのも嬉しい。

     

    コンセプトは文字通り「雨」。雨宿りをする感覚で立ち入ることができ、癒しのあるサウンドと落ち着いた空間で飲食を楽しむことができる。店内BGMも通常は雨音が聴こえるところ、雨の日は一味異なるなどコンセプチュアルな作りに。そういう面で、雨の日も晴れの日も天気に応じた「アマヤドリ」ができる。

     

    運営する「rain coat studio」は、2016年より「雨」をコンセプトにイベントやデザインを手がけるクリエイター集団。「雨が降ると、どんよりとした気候で人の活動を制限させる。でも一方で季節を伝えたり、その音で癒しを与えたり優しい一面もある」それゆえ、雨のように一見クールだが、一方で優しさを持ち合わせたものを生み出そうと、芸術や音楽、イベントの領域でアウトプットしてきた。多くの事業を手がけてきたrain coat studioだからこそ、新たに飲食事業もそのコンセプトを踏襲した形で表現できるのではという思いで設立に至った。

     

    看板メニューは何といっても「天気のクリームソーダ」。「晴天」「雨天」「雨上がり」など天気に応じて提供されるフレーバーが異なる。さらに「朝靄」「夕立」など時間や、「季節のクリームソーダ」では一定期間のみの提供など、限定的なメニューも並ぶ。クリームソーダのみならず、日替りの和定食・洋定食・甘味のラインナップも充実しており、しっかり食事やデザートを楽しみたい人も利用することができる。また、現在オープン記念として「カフェアマヤドリ」オリジナルトートバッグを数量限定で販売している。今後は、トートバッグ所有者限定のクリームソーダも開発予定だ。

     

    雨が楽しくなる喫茶店「カフェアマヤドリ」へ足を運んでみては?

  • 「ローザンイルミ2021」限定イルミネーションや開園10周年記念コンテンツ登場

    12.October.2021 | SPOT

    関西最大級のイルミネーション「ローザンイルミ」が開かれる「English Garden ローザベリー多和田」(滋賀県米原)。開園10周年を記念した今年だけのスペシャルコンテンツを始め、2021年10月8日(金)より会場を彩る「虹」の数々を紹介する。

     

     

    4m超え巨大リース&ツリーハウス

    巨大リース制作風景

    光舞うクレマチス

    光る風船&虹のチュロス

     

    青色に輝く「銀河鉄道」エリアの横に位置するメイン演出会場「スターダストレイク」。美しいびわ湖に、幾重にも架かる虹があなたを奇跡体験へと誘う。コロナ終息に願いを込めた「希望の虹」で今年だけのイルミネーション演出をお見逃しなく。

     

    関西最大級のイルミネーションを手掛ける観光施設「English Garden ローザベリー多和田」の開園10周年を記念し、イルミ会場に4mを超える巨大なリースが登場する。無人島探検家でもある草輪作家:二名良日(ふたなよしひ)が手掛けるリースは、もう見頃を過ぎて枯れてしまうだけ、花殻になってしまったもの…あとは処分を待つだけになった植物たちを、丁寧に素材として採取し、ギュッと抱きしめるようにして生み出されていく。今回制作したリースの大きさは、今まで手掛けたものの中で一番の大きさ。イルミ会場に照らし出される今年だけのスペシャルリースをお楽しみに!

     

    丘を登り切った教会風の建物に、クリエイティブユニットYou Ru Maruが作り出した「光舞うクレマチス」が装飾された。虹色に輝くクレマチスの世界を堪能することができる。また、会場内には、大人気の「ひつじのショーン」グッズ専門店や、冬の風物詩「コタツ鍋」(BBQ場:12月~要予約)、イルミ会場を見渡せるヒルサイドカフェTearoomなどで食事や買い物も楽し無ことがでいる。その中でも今年の一押しは何といっても虹色のわたがしと虹色のチュロス!他にも光る風船などの人気グッズもおススメだ。

     

    コロナ終息に願いを込めたイルミネーションが広がる空間に足を運んでみては?

     

  • 神戸のパティスリー「アンテノール」からハロウィン限定ケーキ登場

    10.October.2021 | FOOD / SPOT

    神戸生まれのパティスリー「アンテノール」が、2021年10 月1日(金)より ハロウィン限定ケーキの販売をスタートした。プティサイズのむらさき芋のモンブランやかぼちゃのプティシューを詰め合わせた「ハロウィン・プティフール」など、ハロウィンを盛り上げるケーキがラインアップ。

     

     

    ハロウィン・プティフール 販売日:10/16 ~10/31

    かぼちゃのモンブラン 販売日:10/1~10/31

    ハロウィン・レアチーズ 販売日:10/1~10/31

     ガトーショコラ・クラシック 販売日:10/1~10/31

     ハロウィン アソート(M)販売日:9/1〜10/31

    また、ハロウィン限定ギフト商品「 ハロウィン アソート(M)」も登場。軽やかなラング・ド・シャ生地にベルギー産チョコレートをサンドした「ラング・ド・シャ・ショコラ」など人気のクッキー3 種類を、オレンジ色の華やかなパッケージに詰め合わせた。かぼちゃと黒猫がハロウィンらしいデザインで、プレゼントにぴったり。

     

    おうち時間がもっと楽しくなるアンテノールのハロウィン限定ケーキをお見逃しなく!

  • 島根県・松江エクセルホテル東急が行燈を使用した「松江水燈路デコレーション2021」開催

    06.October.2021 | SPOT

    松江エクセルホテル東急は、2021年10月1日(金)から10月31日(日)までの期間限定で、館内1階ロビーにて、行燈を使用した光の演出「松江水燈路デコレーション2021」を開催中。

     

     

    松江市の主要観光イベントである「松江水燈路2021」が、新型コロナウィルス感染拡大防止の観点から急遽中止になったが、市民が作成した行燈をホテル利用者に間近で見てほしいという願いから、一般社団法人松江観光協会の協力を得て、昨年につづき、館内のディスプレイを実施することになった。



    当ホテルでは、3年前からブランドコンセプトのひとつでもある「その街らしさに触れる空間」に合わせて、松江について深く知ってゲストに紹介するという活動に力を入れており、松江城周辺の現地視察及び堀川遊覧船体験等を行ってきた。今年は、松江水燈路に合わせて、スタッフが「ホテルの魅力」をテーマに行燈を作成して、館内に展示することを計画。過去の展示物と合わせた合計17基の行燈でゲストを出迎える。

     

    秋の夜空で光る行燈が魅力的な「松江水燈路デコレーション2021」をお楽しみに。

  • 猿田彦珈琲 神戸初登場となるイベントが「MERICAN GOODSTAND」にて5日間限定開催

    04.October.2021 | FOOD / SPOT

    猿田彦珈琲は、カフェ & ネオ大衆スタンド『MERICAN GOODSTAND KOBE』でのポップアップイベントに、2021年10月6日(水)より、5日間限定で参加する。猿田彦珈琲にとって、神戸初となる今回のポップアップイベントでは、エスプレッソドリンクやオリジナルのドリップコーヒーなど定番メニューをはじめ、猿田彦珈琲10周年記念のドリップバッグや今年3月に発売し好評を得ているチルドコーヒー、またオリジナルTシャツなどが登場。

    10周年ドリップバッグ

    キリッと BLACK ブラックコーヒー

    SARUTAHIKO「COFFEE DUDE」Tシャツ

    今回のポップアップイベントは、ネオクラシックをコンセプトとした理髪店で、2015年のオープン以来、バーバー文化を通じて、「ファッション」や「音楽」「アート」など、多様なカルチャーを発信する『MERICAN BARBERSHOP』が主催する。ポップアップイベントでは、猿田彦珈琲のドリンクメニューに加えて、“コーヒーを一杯、スウィーツを一口、会話を楽しむ、人生を楽しむ”というコンセプトのもと、5つのブランドのスウィーツが日替わりで登場。さらにヴィンテージTシャツ専門ショップ「anytee(エニティー)」がセレクトした、コーヒーとスウィーツをテーマにしたTシャツの販売も行う。猿田彦珈琲のコーヒーと共に、スウィーツ、ファッションを堪能してみては?

  • 全6室だけのラグジュアリー旅館 「ICHIJO」が兵庫県香美町にグランドオープン

    30.September.2021 | SPOT

    宿泊施設やレストランなどを手掛けるSaikaが、広々とした館内に全6室という贅沢なスモールラグジュアリーをうたった高級旅館「ICHIJO」を2021年9月22日(水)にグランドオープンした。

     

    食事処 物見遊山

    ICHIJO 地獄蒸し

    ICHIJO「地獄蒸し 松葉蟹」

    客室「雅」

    客室「楚々」

    貸切風呂「山景」

    貸切風呂「海」

    オープンラウンジ「漁火 ISARIBI」

    瞑想室「無 MU」

    スムージー&スープショップ「mellow」

     

    食事は漁師町であり、仲買人でもあるSaikaの強みを生かして、自らが目利きした鮮度抜群の旬の魚介類や、但馬牛、八鹿豚、地元の野菜をふんだんに使用した豪華な料理をビュッフェ形式で好きなだけ味わうことができる。さらに、秋や冬には地元のブランドガニである香住ガニや松葉ガニも登場する。季節ごとの出汁がしみ出た「炊き込み漁師飯」、新鮮なお刺身、自家製干物の炭火焼きが楽しめる他、ゲストが自ら選んだ食材を大型の蒸し器で目の前で蒸しあげて提供する「ICHIJO 地獄蒸し」では、大量の蒸気が立ち上がる非日常の演出も魅了の一つ。食事時間以外では、ラウンジ、ワークスペース、ブックスペースとしても活用することができる。また、館内はオールインクルーシブで、追加料金は一切かからず地酒や生ビール、ソフトドリンク、おつまみ等を好きなだけ楽しめるのも嬉しい。

     

    2室ある天然香住温泉を源泉とした貸切風呂も充実しており、「海 KAI」には遠赤外線サウナ、「山景 SANKEI」にはミストサウナが設置され、温泉と共にサウナを楽しみつつリラックスすることができる。また、隣接する姉妹宿の「さだ助」の大浴場(露天風呂付き)も利用可能という嬉しいサービスも。さらに、癒しを体だけでなく心からもという想いから、瞑想室での瞑想も体験可能となっている。

     

    ICHIJOの店内に、スムージー&スープショップ「mellow(メロー)」も同時オープン。ICHIJO宿泊のゲストは店内から、宿泊しない一般のゲストもテイクアウト窓口から購入可能。農業も営むSaikaが育てた果物や野菜、山陰地方で育てられた美味しい素材を使ったこだわりのスムージーやスープは絶品なのでこちらもお楽しみに。

     

    贅沢な時間をICHIJOで堪能し、心も体もリラックスしてみては?

     

  • ニジゲンノモリ忍里でTVアニメ「NARUTO」バースデースペシャル企画スタート

    28.September.2021 | ANIME&GAME / SPOT

    ”二次元コンテンツ”の世界観を体験できるアニメパーク「ニジゲンノモリ」にて、2021年10月2日(土)から11月28日(日)にかけて、「NARUTO-ナルト- 疾風伝×リアル謎解きゲーム 忍里特別任務 #010 ナルト・シカマル篇」を開催する。

     

     

    NARUTO&BORUTO 忍里

     

    2020年に開催し好評だったキャラクターバースデー×リアル謎解きゲーム企画をバージョンアップし、第2弾を開催。10月はナルト(10月10日生まれ)と、シカマルをフィーチャーし、メインビジュアルを完全描き下ろし!

     

    花びらステッカー

     

     

    また、第2弾ではお祝いムードを盛り上げる「花びらステッカー」を用意しており、お祝いコメントをステッカーに書いて実寸台キャラクターパネルに貼ることができる、NARUTOファンに嬉しい仕様となっている。

     

     

    イベント内容

     

    ゲームプレイ中

     

    「ニジゲンノモリ」のアトラクションエリア「NARUTO&BORUTO 忍里」内に設置されたパネルに書いてある謎を解く周遊ゲーム。キャラクターに関係の深いキーワードが登場するため、ファンならより楽しめる仕様になっている。

     

    描き下ろしイラストを含む4種類の木製ストラップ

     

    イベントは謎解き初心者でも30分ほどで気軽に楽しむことができ、さらに参加チケットを購入すると、参加特典として限定の木製ストラップが付いてくる。

     

    ニジゲンノモリ忍里で、NARUTOのバースデーをお祝いしよう!

     

    ©岸本斉史 スコット/集英社・テレビ東京・ぴえろ

  • 見逃せない!この秋おすすめのアート展示会6選

    28.September.2021 | FASHION / SPOT

    自粛生活が続き思うように出かけることができない今、密を避けて安全に楽しめるアート展示会をピックアップしてご紹介。自然の中で楽しむ現代アートや、日本の歴史を紐解き、その文化を垣間見ることができる日本画展など幅広いジャンルの展示会が勢揃い!

     

     

    【新潟県】さどの島銀河芸術祭 作品『状景を紡ぐ』展示

    佐渡ヶ島における山の生産システムや佐渡金山の歴史的な繋がりを想起させるアート作品。

    展示期間:2021年10月2日(土)まで

    詳細:https://www.moshimoshi-nippon.jp/ja/497623

     

     

     

    【北海道】JOZANKEI NATURE LUMINARIE-WATTER LIGHT VALLEY-

    今年6年目の開催となるライトアップイベントでは、自然の美しさと秘められた生命観を演出している。ナイトウォークも開催中。 

    開催期間: 2021年10月20日(水)まで

    詳細:https://www.moshimoshi-nippon.jp/ja/487179

     

     

     

    【京都府】京都国立近代美術館「発見された日本の風景 美しかりし明治への旅」

    ヒトやモノが国境を越えて流動した19世紀後半、日本の近代の始まりの時代である明治にフォーカスし、当時の油彩画・水彩画を通してその時代を紐解く。

    開催期間:2021年10月31日(日)まで

    詳細:https://www.moshimoshi-nippon.jp/ja/497368

     

     

     

    【佐賀県】「ボルボ チームラボ かみさまがすまう森」

    アート集団チームラボが九州「御船山楽園」で開催中の、大自然アート展「ボルボ チームラボ かみさまがすまう森」が期間限定で秋の装いに変わる。

    開催期間:2021年11月7日(日)まで

    詳細:https://www.moshimoshi-nippon.jp/ja/496134

     

     

     

    【兵庫県】『六甲ミーツ・アート芸術散歩2021』

    神戸市六甲山上にて六甲山上を周遊しながら、点在する現代アート作品を自然の中で楽しむことができる。一部の作品は開催期間中もアーティストによって作品に手が加えられ変化していく。

    開催期間:2021年11月23日(火・祝)まで

    詳細:https://www.moshimoshi-nippon.jp/ja/498401

     

     

     

    【東京都】江戸東京博物館「ひきつがれる都市の記憶-江戸東京3万年史」

    旧石器時代から現代まで、人々が暮らす東京の歴史を、それぞれの当時を物語る遺構や資料を通して振り返る。2022年4月より大規模改修工事開始のため、休館予定。

    開催期間:2021年12月5日(日)まで

    詳細:https://www.moshimoshi-nippon.jp/ja/498009

     

     

     

    TEXT:Natalie(MOSHI MOSHI NIPPON)

  • 東京や日本の魅力を発信するツーリストセンター「Have a Nice TOKYO!」開業

    22.September.2021 | SPOT

    東京や日本の魅力を国内外に向けて発信するツーリスト・コミュニケーション・センター「Have a Nice TOKYO!(ハブ ア ナイス トウキョウ) 」(略称:HaNT(ハント))が2021年9月14日にグランドオープンした。

     

    本施設は、東京や日本全国の観光資源・文化・食・技術といった多彩な魅力を国内外に向けて発信する場として、(1)観光機能、(2)情報発信機能、(3)物販機能の3つの機能を有している。コロナ収束後の需要拡大を見据え、丸の内エリアの就業者や来街者、国内外の旅行者等が各地の魅力と偶発的に出会うリアルなハブ拠点となることを目指し、「東京」駅徒歩3分の三菱ビル1階に誕生した。近接するカフェスタンド「Marunouchi Happ. Stand & Gallery(以下、Happ.)」では提携施設として企画と連動したメニューを提供する等、東京に居ながら日本各地の魅力を感じられる仕掛けをまちぐるみで展開していく。

     

     

    観光機能

    情報カウンター

    「情報提供カウンター」では、エリアのイベント・店舗・施設等の観光情報を提供。将来的には、地域の魅力を伝える多様なツアーのほか、チケット販売、観光ビークル(バス・自転車等)や荷物預かりサービス等を提供予定。

     

    情報発信機能

    POP UP ZONE

    「POP UP ZONE」において東京や日本全国の観光資源や工芸品、技術、サービス、商品等を手に取って、見て、聴き、味わい、実際に五感で体験することができる。その地域の魅力を知ることで来訪者がファン(=関係人口)となり得るような偶発的体験を提供。

     

     

    物販機能

    SHOP ZONE

    「SHOP ZONE」では、情報発信を行う「POP UP ZONE」の企画と連動し日本全国の名産品等の販売を中心に展開予定。

     

    「Have a Nice TOKYO!」で、多面的な魅力を持つ東京をより深く楽しもう!

     

  • 「のせでんアートライン2021 ―「光」と「音」と「食」の芸術祭 ― 」開催決定

    21.September.2021 | FASHION / SPOT

    能勢電鉄沿線の一市三町にまたがるエリアで隔年開催している地域の芸術祭「のせでんアートライン2021 ―「光」と「音」と「食」の芸術祭 ―」が、2021年10月30日(土)から11月23日(火・祝)までの期間限定で開催される。

     

    2013年の能勢電鉄開業100周年事業として始まった、「のせでんアートライン」は2021年で5回目を迎える。妙見山を中心に、兵庫県川西市、猪名川町、大阪府豊能町、能勢町の一市三町で開催し、この地で生きる人々とアーティストが一体となってつくる2年に一度の芸術祭となっている。

     

    のせでんアートライン2021のテーマは「Enlarged Mentality」視野の広い思考様式)」。それぞれの個人が持つ「主観的」な五感や思想や文化を、共有し分かち合う「客観的」な世界に適合していくことで、新しい未来を考える機会を生み出す。2021年、開催地域である川西市・猪名川町・豊能町・能勢町というこの地で生きている人たちとともに、そこに居合わせるあらゆる人のパースペクティブで見た、歴史・産業・伝統と接続した芸術祭を開催する。まず妙見山の「芸能信仰」「北極星信仰」から着想を得た「音」と「光」を中心とする芸術制作を行い土地の歴史、風土、民俗に由来し人の手によって丁寧に生み出された「食」や「暮らし」を拡張させる取り組みを展開。これは「文化」の語源となった「CULTIVATE(耕し養う、住まう、気遣う、慈しみ保存する_」を体現する表現であり、芸術を通した「生」の喜びを体験できる場の創造や人との出会いを目指すものとなっている。

     

    音楽祭や野外シアターも楽しめるのせでんアートライン2021」に参加してみては?

     (C)Kousei Ikeda(SPEKTRA)

  • 現代アートを自然の中で楽しむ『六甲ミーツ・アート芸術散歩2021』開催

    14.September.2021 | SPOT

    神戸観光局が、2021年9月11日(土)から11月23日(火・祝)までの期間限定で、神戸市六甲山上にて六甲山上を周遊しながら、点在する現代アート作品を自然の中で楽しむ展覧会「六甲ミーツ・アート 芸術散歩2021」を開催する。

     

    六甲山は明治時代、居留外国人によってレジャーの山として開発が始まった。その素晴らしい眺望や豊かな自然は、時代が移り変わった今もなお多くの人々に愛され続けている。「六甲ミーツ・アート芸術散歩」は、現代アートと共に、こうした六甲山の魅力をより多くの人々に伝えることを目指して、2010年に開始。これまでに通算400組を超えるアーティストが出展し、毎年たくさんの人々が、斬新な作品や、作品によって変化する風景を楽しんできた。

     

    「六甲ミーツ・アート芸術散歩」では、アートファンはもちろん、観光やレジャーで六甲山を訪れる人も季節の移ろいとともに作品の新たな一面を五感で堪能することができる。また、一部の作品は開催期間中もアーティストによって作品に手が加えられ、作品自体の変化を感じることができるのも「六甲ミーツ・アート芸術散歩」ならではの楽しみとなっている。新型コロナウイルスの感染拡大において、旅行やお出かけが制限され、自然やアートに触れる機会が減少する中でも、密を避け、自然の中で安心してアートに触れることができる、期間限定の夜間限定公開の展示やオンラインで参加できるワークショップなど、日常の「息抜き」になる、今だからこそ楽しめる企画が満載。

     

     

    自然の中で楽しむ現代アートの展覧会『六甲ミーツ・アート芸術散歩2021』へ足を運んでみては?

  • モデル・NANAMI出演「NEXT TRIP ~伊豆半島・海と絶景の旅~」がBS12で放送

    07.September.2021 | MOVIE / SPOT

    全国無料放送のBS12 トゥエルビが、「NEXT TRIP ~伊豆半島・海と絶景の旅~」を2021年9月9日(木)夜9時から放送する。

     

     

    NEXT TRIPは「落ち着いたら、どこへ旅行に行こうかな?」そんな旅好きな人に「次の行き先」を案内する、新しい旅番組。人気スポットの街歩きから国内外リゾートまで、「まだ知らない場所」を提案。そこに旅行したような気分になれる臨場感と美しい映像を届ける。その街にしかない絶景、地元の人に愛されるグルメ、野外アクティビティと、次の旅が待ち遠しくなること間違い無し!

     

    今回は、モデルのNANAMIが伊豆半島へ海を楽しむ旅へ。伊豆半島の絶景を臨める小室山、城ヶ崎海岸のつり橋では、高台から目の前に広がる水平線、透き通る海に大興奮。そして知る人ぞ知る海岸でシュノーケリングや、ワイナリーで味わう美味しいランチコースと共に地元産の白ワインを堪能する。さらに乗馬を楽しんだあとは、伊東にある星野リゾートの温泉旅館「界 アンジン」へ向かう。オーシャンビューの客室や、湯上がりビール、豪華ディナーと、どれをとっても非日常の世界にうっとり。都心からわずか数時間でアクティビティ・絶景・グルメが満喫できる伊豆半島の二泊三日を存分に紹介する内容となっている。

     

    BS12 トゥエルビ「NEXT TRIP」でNANAMIと伊豆半島の魅力を紐解く旅に出かけよう。

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US