「パックマン」 × 増田セバスチャン アート作品制作&コラボグッズを発売

13.August.2020 | ANIME&GAME / FASHION

株式会社バンダイナムコエンターテインメントは、世界に誇る人気ゲームキャラクター「パックマン」の生誕40周年を記念して、日本のポップカルチャー「KAWAII」の第一人者として活躍するアーティスト/アートディレクター増田セバスチャンとのコラボレーションを実施する。

 

パックマン×増田セバスチャン ポップカルチャーのさらなる魅力を発信

バンダイナムコエンターテインメントは「アソビきれない毎日を。」を企業理念に掲げ、事業領域をエンターテインメントと広く定義し、既存のゲーム事業に限定しない、バンダイナムコらしいエンターテインメントを世界に届けてきた。そんなバンダイナムコエンターテインメントが保有する80年代カルチャーのポップアイコンとして世界中から愛されているパックマンが今年生誕40周年を迎えるにあたり、きゃりーぱみゅぱみゅ「PONPONPON」のMV美術などを手掛けたことで注目を集め、日本の「KAWAII」を広めた増田セバスチャンとタッグを組むことで、ポップカルチャーのさらなる魅力を世界に発信していく。

 

「Primal Pop (PAC-MAN Mix)」を制作

パックマン40周年を記念して、アート作品「Primal Pop (PAC-MAN Mix)」を増田セバスチャンが制作。歴代のパックマンアイテムと幼少期の記憶の一部のようなオモチャたちが大量にミックスされて盛り込まれたビジュアルは、 「Primal Pop」=原始的なポップカルチャーというタイトルの通り、 見る人の「子供の頃に持っていた初期衝動」を刺激し、アソビ心の原点を思い出させる作品となっている。

 

本作品は高さ2.9メートル、横2.6メートルの大きさで、バンダイナムコグループの本社オフィスビルである「バンダイナムコ未来研究所」のエントランスに、常設展示。現在は関係者のみへの公開となっているが、パックマン公式ホームページから、画像と制作動画を鑑賞することができる。

 

増田セバスチャン「Primal Pop (Pac-Man Mix)」メイキング映像

増田セバスチャン新作アートがコラボグッズになって登場

PAC-MAN Special Art by Sebastian Masuda 公式Tシャツ (ブラック)  S/M/Lサイズ 4,000円(税別)


PAC-MAN Special Art by Sebastian Masuda 公式ステッカー500円(税抜)

増田セバスチャンが手掛けた新作アート「Primal Pop (PAC-MAN Mix)」を多くの人に楽しんでもらえるよう、そのアートから派生したデザイン「PAC-MAN Special Art by Sebastian Masuda」の様々なアイテムが登場。バンダイナムコエンターテインメントの公式エンタメコマースサイト「アソビストア」にて2020 年 8 月 12 日(水)から発売開始となる。 また、今後も「PAC-MAN Special Art by Sebastian Masuda」デザインを使用したライセンス商品を世界中で展開していく予定だ。

 

世界中から愛される「パックマン」

パックマンはゲーム発IP(知的財産)として、1980年に誕生してから、様々なエンターテインメントの場面に登場。2020年に入り、新型コロナウイルス感染症が拡大し世界が大きく変化する中で、世界中の人々が思わず笑顔になってしまうような”アソビ”を提供したいという思いから、4 月24 日~ 5 月 10 日の期間限定でPlayStation®4 / XboxOne / Steam®向け「PAC-MAN Championship Edition2」を無償提供したところ、期間中の累計ダウンロード数は300万を超えた。1980年代に日本のみならず北米でもブームになったパックマンは、今では世界中の人々から愛されるIP(知的財産)に成長している。

 

40周年を迎え、さらにパワーアップしたKAWAIIパックマンのアイテムをゲットしよう。

PAC-MAN™&©BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

TALENT PROFILE

増田セバスチャン

1995年に”Sensational Kawaii”がコンセプトのショップ「6%DOKIDOKI」を原宿にオープン。2009年より原宿文化を世界に発信するワールドツアー「Harajuku”Kawaii”Experience」を開催。2011年きゃりーぱみゅぱみゅ「PONPONPON」MVの美術で世界的に注目され、六本木ヒルズ「天空のクリスマス2013」のクリスマスツリーや、原宿の観光案内所「MOSHI MOSHI BOX」の世界時計のモニュメントなどを制作。 2014年に初の個展である「Colorful Rebellion ‒Seventh Nightmare-」をニューヨークで開催し、国内外での知名度を高める一方で、11月には1979年に制作された実写人形アニメーション映画をCGや3D加工、色彩処理した『くるみ割り人形』が初監督作品として公開される。同作品で、ゆうばり国際映画祭「京楽ピクチャーズPRESENTSニューウェーブアワード」を受賞。

RELATED ENTRIES

  • 増田セバスチャンによる参加型ライブパフォーマンス作品が発表

    16.September.2022 | FASHION / SPOT

    アーティスト・増田セバスチャンによる参加型ライブパフォーマンス作品「Polychromatic Skin -身につける、脱ぎ捨てる-」が、2022年9月30日(金)から10月2日(日)までの3日間、大阪・北加賀屋のkagooで開催される。

    ニューヨークに拠点を移した増田が一時帰国して発表する本作は、自身の原点とも言える90年代の演劇やストリートの空気感をまとった、カラフルで実験的な参加型ライブパフォーマンス。タイトルは「多色性の皮膚」という意味で、ジェンダーに代表される自由と平和の前に立ちはだかる無意識下の固定観念を突き破る・解放するための作品シリーズで。本作は六本木アートナイト2022に展示する「Polychromatic Skin -Gender Tower-」「Polychromatic Skin -Gender Wall-」の連作に続く第2弾となる。

     

    作品のテーマは「身につけることで脱ぎ棄てる」。ライブパフォーマンス参加者である観客は、アンドロギュノス(人間が二つの性に分かれる以前の体)をモチーフにしたマスク、トップス、ボトムスを身に付けて作品に参加。Polychromatic Skin -Gender Tower-が展示された空間に入ると、ドラムやヴァイオリンなどの生演奏と映像によって様々な事象が生み出され、それに個々が反応していくことで、その場限りのライブパフォーマンスを完成させる。各回の所要時間は60分で、ライブパフォーマンスへの参加は事前予約制。パフォーマンスに参加せずに作品を鑑賞する鑑賞券は当日会場で販売される。

    会場は大阪のアートエリア・北加賀屋にある元倉庫のスペースkagoo。エントランスの無料エリアでは、増田セバスチャンのアートグッズブランド「Sebastian Masuda Art」と、1995年に原宿でオープンしてから今年27周年を迎えるアパレルブランド「6%DOKIDOKI」のポップアップショップが同時開催されるのでお楽しみに。

     

    <増田セバスチャンコメント>
    「2018年のニューヨーク・ブルックリン。とあるクラブでトイレに入ろうとすると、2つのドアにある男性・女性を意味するサインは潰され、『non-gender』という張り紙が。予想外の指示に困惑しつついつも通りの色のドアを開けると、普段とは全く違う光景があり、また違う困惑を覚えました。自分の中に無自覚に眠る固定観念があることに気づき、ショックを受けながらフロアに戻ると、そこには変わらず楽しい空間が広がっています。それからというもの、この自分の中の固定観念をどうにか壊すことはできないのか?と、ずっと考えています。

    壁を取りのぞくことだけが近道なのか。
    正解は自分の中にあるに違いない。
    身につけることで見えてくることもある。
    自己をかなぐり捨てよ、脱ぎ棄てよ。」

     

  • 増田セバスチャン、チャリティアート展「COLORS FOR PEACE」をニューヨークで開催

    26.July.2022 | FASHION / SPOT

    日本のKawaii(カワイイ)文化を牽引するアーティスト・増田セバスチャンが、2022年からアメリカ・ニューヨークへ移住し、ニューヨークと東京の2拠点での活動をスタートさせた。
    移住後初となるプロジェクトとして、7月29日(金)から7月31日(日)までチャリティアート展「COLORS FOR PEACE」をマンハッタン・ローワーイーストサイドにあるギャラリー「Mizuma & Kips」で開催する。作品販売による利益の一部と寄付箱に集まった金額はUkrainian National Women’s League of America (全米ウクライナ女性協会)や、戦争で傷ついた人々を支援する人権団体に寄付される。

     

    「COLORS FOR PEACE」は「平和を考える」をテーマに、平和のための4つの色(青、黄、緑、ピンク)をフィーチャーした作品を展示。

     

    アーティスト自身が愛用するヴィンテージシーツを使用したペイント作品やリトグラフの他、自由に寝そべることが出来るベッドのインスタレーションとドネーションボックスも設置。来場者は会場に訪れることによって、未だ収束しない戦争によって平和な日常生活を脅かされている人々に想いを寄せ、アートを通してサポートをすることができる。

    初日7月29日の夜にはオープニングレセプションも開催され、現在Eventbriteのページで予約受付中。アーティスト在廊時間などの最新情報はアーティスト本人のSNSで告知される。
     

     

    増田セバスチャン コメント

    「COLORS FOR PEACE」は、「平和を考える」という一見シンプルなテーマのイベントです。しかし、目を閉じて想像してください。そして、知ってください。あなたが今夜自宅のベッドで眠れることが、いかに素晴らしいかを。自分の匂いがついたシーツで眠れることが、どれだけの安らぎをあたえるかを。

    長年活動を続ける中で、Kawaiiはお互いの価値観を認め合う平和のアクションのひとつであり、カラフルな色彩は人をハッピーな気持ちにするということを、日本でも海外でも同じように実感しています。人種・宗教・年齢・性別・国境、ありとあらゆるボーダーを飛び越え、「COLORS FOR PEACE」の会場がたくさんの笑顔で溢れることを願っています。

    TALENT PROFILE

    増田セバスチャン

    1995年に”Sensational Kawaii”がコンセプトのショップ「6%DOKIDOKI」を原宿にオープン。2009年より原宿文化を世界に発信するワールドツアー「Harajuku”Kawaii”Experience」を開催。2011年きゃりーぱみゅぱみゅ「PONPONPON」MVの美術で世界的に注目され、六本木ヒルズ「天空のクリスマス2013」のクリスマスツリーや、原宿の観光案内所「MOSHI MOSHI BOX」の世界時計のモニュメントなどを制作。 2014年に初の個展である「Colorful Rebellion ‒Seventh Nightmare-」をニューヨークで開催し、国内外での知名度を高める一方で、11月には1979年に制作された実写人形アニメーション映画をCGや3D加工、色彩処理した『くるみ割り人形』が初監督作品として公開される。同作品で、ゆうばり国際映画祭「京楽ピクチャーズPRESENTSニューウェーブアワード」を受賞。

  • フェリシモ「KAWAII COMPANY」、カラフルでカワイイ三輪そうめんを期間限定発売

    27.June.2022 | FOOD

    フェリシモが展開するアーティスト・増田セバスチャンとの取り組み、KAWAIIでみんなをHAPPYにするプロジェクト「KAWAII COMPANY(カワイイカンパニー)」が、奈良・三輪そうめんの老舗「池利」とコラボレーションした、「KAWAII COMPANY 170年の技術が輝く 5つの味のカワイイ 三輪そうめん」を、2022年6月15日(水)より9月30日(金)9時59分までの期間限定で「池利」にてオンライン販売する。

     

     

    紫いも、うめ、かぼす、青しそ、あお(プレーン)の5つの香りと味のセットで、リユースしたくなるカワイイそうめん箱は、KAWAII COMPANYのために制作されたキービジュアル作品「berry」を5面プリントしている。

    「5つの味のカワイイ 三輪そうめん」は、奈良県で創業170年以上の歴史を持つ老舗「池利」で作られる三輪そうめんが、カワイく進化した逸品。KAWAII COMPANYが行う活動、日本の中で古くから続く素敵ないろいろとの出会いをカワイく紹介する「KAWAII探訪」から生まれたコラボアイテム。一本一本手のべ式で作られる「池利」の細く美しいそうめんは、ゆでると宝石のように輝き、5つの味と香りをふわりと感じることができる。

    パフェのように重ねて“萌え断(萌える断面)”を楽しんだり、いろいろなアレンジにトライしてみたり、KAWAIIアレンジそうめん、KAWAIIにゅうめんといった、創作を楽しむ幅が広がる。見た目だけでなく、味や伝統にもこだわりを追求する、大人の夏の贈り物にぴったり。美しくカワイイ木箱も、印刷から箔押し、組み立てまで奈良県の木箱の職人による手作りで、中央には金色の箔押しでロゴが入っている。

     

    夏を彩る「5つの味のカワイイ 三輪そうめん」を、大切な人への贈り物や、自分へのご褒美にいかが?

    TALENT PROFILE

    増田セバスチャン

    1995年に”Sensational Kawaii”がコンセプトのショップ「6%DOKIDOKI」を原宿にオープン。2009年より原宿文化を世界に発信するワールドツアー「Harajuku”Kawaii”Experience」を開催。2011年きゃりーぱみゅぱみゅ「PONPONPON」MVの美術で世界的に注目され、六本木ヒルズ「天空のクリスマス2013」のクリスマスツリーや、原宿の観光案内所「MOSHI MOSHI BOX」の世界時計のモニュメントなどを制作。 2014年に初の個展である「Colorful Rebellion ‒Seventh Nightmare-」をニューヨークで開催し、国内外での知名度を高める一方で、11月には1979年に制作された実写人形アニメーション映画をCGや3D加工、色彩処理した『くるみ割り人形』が初監督作品として公開される。同作品で、ゆうばり国際映画祭「京楽ピクチャーズPRESENTSニューウェーブアワード」を受賞。

  • サウジアラビアのジェッダにおいて、国民的イベント「ジェッダ・シーズン2022」が、2022年5月2日(月)より開幕した。本イベントにおいて、2022年5月19日(木)〜7月2日(土)の期間中、エイベックス*プロデュースによる日本を代表する人気コンテンツIPの体験型イベントエリア「アニメビレッジ」がオープンしている。

    *エイベックスは、世界中で事業を展開している大手イベント運営会社セラ社と提携し、「アニメビレッジ」をプロデュース

     

    「ジェッダ・シーズン2022」は、サウジアラビアの国家戦略構想「サウジ・シーズンズ」の一環として開催されており、この構想は、サウジアラビア国民などの生活を豊かにするだけでなく、重要な世界的観光地としての同国を紹介する目的に立ち上げられたもの。新型コロナウイルス感染症の流行による2年間の中断期間を経て、「ジェッダ・シーズン」は、この度第2回目の開催となる。

     

    「アニメビレッジ」は、「ジェッダ・シーズン2022」のシティウォークエリアに位置する体験型イベントエリア。サウジアラビア国内で人気の高い「機動戦士ガンダム」「鬼滅の刃」「キャプテン翼」「攻殻機動隊 SAC 2045」「ゴジラ」「呪術廻戦」「進撃の巨人」「NARUTO」「パックマン」「HUNTER×HUNTER」「BLEACH」「僕のヒーローアカデミア」(50音順)といった12のアニメコンテンツの体験型パビリオンが期間限定で設置されているほか、これらのアニメコンテンツのグッズを購入できる「アニメイトショップ」と「サンリオショップ」が出店している。

     

    今回、中東に初めて「機動戦士ガンダム」の全高約6mの巨大ジオラマが上陸したり、ハローキティのファンミーティングを実施。また、サッカーファンが多いサウジアラビアで人気の高い「キャプテン翼」のブースでは、来場者による参加型のイベントとしてアニメの世界観を体感できるVRゲームを体験することができる。

     

     

  • パックマン42回目の誕生日!新テーマソングMV公開&「フォートナイト」コラボ決定

    26.May.2022 | ANIME&GAME / FASHION / MUSIC

    株式会社バンダイナムコエンターテインメントは、「パックマン」とともに、一緒に食べて、体を動かし、ゲームで遊び、たくさんの人とイキイキとした毎日を楽しみたいと願い、2022年のテーマ「Be PAC-TIVE!!」に基づく様々な企画を発信している。

     

     

    パックマン公式テーマソング「We are PAC-MAN!」

    「Be PAC-TIVE!! 楽しく食べて、心も体もイキイキと過ごそう!」と言うメッセージを元に、世界中のみなさんと歌えるテーマソングを制作。パックマンの円の形から、人と人がつながる友達の輪であったり、協調の精神である和(WA)であったり、地球の形であったりと様々なイメージを膨らませて、「しっかり食べて、人にやさしく、みんなで楽しく熱心に!」と言うメッセージと、そのような心を持つ人みんながパックマンなんだという想いを詰め込んでいる。

     

    「We are PAC-MAN!」(Japanese ver.) https://youtu.be/JKque0N2bww

    「We are PAC-MAN!」(English ver.) https://youtu.be/5_JzxszEpmc
    「We are PAC-MAN!」(Chinese ver.) https://space.bilibili.com/287390748

     

     

    『PAC-MAN MUSEUM+』発売を記念したTシャツを販売

    「パックマン」の名作から14タイトルを収録した『PAC-MAN MUSEUM+』が、近日発売開始予定。それに伴い、「パックマン」42回目の誕生日と『PAC-MAN MUSEUM+』の発売を記念した新作Tシャツを、Amazonのオンデマンド・プリントサービス「Merch by Amazon」(マーチバイアマゾン)にて、5月23日(月)から販売。  『PAC-MAN MUSEUM+』のキービジュアルと、キービジュアルをベースに新たに描き下ろしたお誕生日スペシャル仕様イラストの2種類が、バックプリントでデザインされており、誕生日バージョンのTシャツは6月23日(木)までの期間限定販売!

     

     

    オンラインゲーム「フォートナイト(Fortnite)」とコラボ

    Epic Gamesが販売・配信するオンラインゲーム「フォートナイト(Fortnite)」と「パックマン」のコラボレーションが2022年6月2日(木)からスタート。「パックマン」モチーフのアイテムが登場する。

     

    「パックマン」と一緒に食べて、体を動かし、ゲームで遊び、毎日を楽しもう!

     

    PAC-MAN MUSEUM™+ & ©BANDAI NAMCO Entertainment Inc.
    “PlayStation”および“PS4”は、株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメントの登録商標または商標です。
    Nintendo Switchは任天堂の商標です。
    STEAM および STEAM ロゴは、米国およびまたはその他の国の Valve Corporation の商標およびまたは登録商標です。

  • 横浜ランドマークタワー 69階展望フロア・スカイガーデンにてパックマンのゲーム博物館開催

    18.December.2021 | ANIME&GAME / SPOT

    横浜ランドマークタワー 69階展望フロア「スカイガーデン」は、2021年12月17日(金)から2022年2月28日(月)までの期間中にコラボイベント「PAC‐MAN×スカイガーデン パックマンのゲーム博物館」を開催する。

     

     

    ビデオゲームアートギャラリー イメージ画像

    パックマンのフルーツスパークリング

    ダイカット5ポケットクリアファイル

     

    1980年に日本で発売されるやいなや記録的な大ヒットとなり、今もなお、世界中で愛されているパックマン。本イベントでは、パックマンを中心に、ファンの人はもちろん、パックマンを知らない人々も楽しめるビデオゲームに関する展示が多数ラインアップ。

    パックマンをはじめとした80年代に描かれた様々なビデオゲームの原画展示や、当時の手書きのゲーム企画書を閲覧できるギャラリーに加え、80年代の様々なビデオゲームや、ワニワニパニック、太鼓の達人が遊べるゲームコーナーも設置。さらにパックマンのボーナスアイテムをイメージし色とりどりのフルーツを使ったコラボドリンクやグッズ販売など、パックマンの世界観を存分に体感できるイベントとなっている。



    この冬は、スカイガーデンで3世代に渡り楽しめる「PAC‐MAN×スカイガーデン パックマンのゲーム博物館」へ出かけよう。

     

    ©BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

  • KAWAII の先へと続く増田セバスチャン展示「YES, KAWAII IS ART in 神田明神」レポート

    06.December.2021 | FASHION / FEATURES / SPOT

    KAWAII とは、あなたにとって一体どんな意味があるだろうか。見た目が可愛らしい、または、奇抜でカラフルな物やビジュアルを評価し、それを表現する日本の美意識だと認識している人が多いのではないだろうか。しかし、今、KAWAII は言葉や国境、意識をも超え、人々の生きる原動力になり、人々を優しく包み込む哲学となった。一体、世界の人々の心を突き動かすKAWAII のパワーは何なのか。KAWAII の牽引者である増田セバスチャンが現在、神田明神にて2021年12月12日(日)までの期間限定で開催中の「YES, KAWAII IS ART in 神田明神」では、そんなKAWAII の哲学に触れながら、KAWAII の無限な可能性を紐解くことができる。

    京都芸術大学の学生達と行ったKAWAII 文化に関するリサーチを行った「KAWAII アーカイバル・リサーチ」では戦後から今までのKAWAII 相関図が展示されている他、世界に広がるKAWAII コミュニティーとの交流を通してKAWAII の哲学や知られざるその影響力を発見し、紹介している。

     

    2020年に増田氏は、コロナ禍でやり場の無い心の沈みを抱える人々を勇気付けるために「#KAWAIITRIBE(カワイイトライブ)」を発表し、フォロワーに「色」を使って多様な世界を肯定するムーブメントを呼びかけた。それは、ありのままの自分を表現し、愛することに繋がっていると言っても過言ではない。#KAWAIITRIBE は瞬く間にKAWAII コミュニティーで広がり、KAWAII を愛する人々が繋がるきっかけとなった。それは、お互いそれぞれの場所でKAWAII を表現していた、‘見えなかった’仲間たちとの出会いと言えるだろう。そして、増田氏は、世界各国のKAWAII を愛する人々を対象に、ハッシュタグ「#SPEAKUP(スピークアップ)」を作り、彼らに質問を投げかけデータリサーチを行った。質問の内容は、パーソナルなものを中心に一人一人と歩み寄ったものとなっており、KAWAII を愛する仲間の趣味嗜好や、物事に対する意見を知ることができた。12日間で集められたデータは意味深く増田氏にとっても新たな発見となった。

    まず初めに、それぞれの国によってカワイイの種類や表現が違ったという。ある国は、アニメや漫画のカワイイから影響を受けている人が多いのに比べて、ある国はファッションを通して、またある国は音楽を通してカワイイを表現する人々が多かった。それはKAWAII の多様性と、さらなる可能性を証明するものになった。さらに、増田セバスチャンは世界各国のKAWAII コミュニティの人々とズームミーティングを行い、どのようにしてKAWAII と個々が出会ったのか、何に惹かれたのか。また、それが精神的に彼らをどのように支え、希望をもたらしたのかを彼らに投げかけた。すると、彼らはパーソナルな思いをシェアした。KAWAII を通して、内面的な成長を助けてくれたと語る人や、精神的に助けられた、自分の持って生まれたポテンシャルを最大限に活かすことができたと語る人など、今まではビジュアルで会話するツールだけだったかもしれないKAWAII は自分自身が自己と対話するツールとなり、それがヒーリングに繋がっているのだ。もしかすると、それは人々の心に歩み寄り癒してくれる居場所となり、ある種のセラピーと言っても過言ではないと考える。KAWAII のイメージの一つでもあるカラフルというKAWAII の個性は、実際に人々の人生に色という勇気を与え、彼ら自身を人生の主人公へと導いてくれたのではないだろうか。きっとそれは、他の誰かではない、ありのままの自分を、自分のために愛し楽しむということを、増田セバスチャン率いるKAWAII カルチャーは提言してくれたのだろう。それは、心のうちに秘められた葛藤や思いを原動力に、色で彼らを守り、世間に立ち向かう勇気を生まれ持った個々の背中を押した。

    ズームミーティングでは、お互い初めて出会う人々も大勢参加していて、ミーティングが終わった後も、コミュニケーションをとる場になって欲しいとの増田氏の思いでしばらくの間、ミーティングルームはそのままオープンにされた。そこからまた、コミュニティーの輪が広がり、その後FACEBOOK で、KAWAII を愛する人が集まることができるグループを作った人もいるとか。コロナ禍の中、もがき苦しんだこの時代を忘れてしまう前に、何を思いながら過ごしたか、またこれからどうやって乗り越えていくかを語り合う場として設けられたこのリサーチはKAWAII の哲学を身に持って知ることができる機会を与えてくれたのだ。

    NY、ミラノ、アムステルダムなど世界中を旅した増田セバスチャンの代表作、部屋型作品「Colorful Rebellion -Seventh Nightmare-」は、2013年に増田セバスチャンがマンハッタンで経験した自身の葛藤や期待からインスピレーションを得て誕生した作品。今回神田明神では、表参道の甘酒屋の地下にある甘酒を発酵する室(ムロ)にインスピレーションを受けて構成された特別な展示となっている。その室は戦時中には身を守る防空壕として使用されたとのこと。鮮やかに色とりどりに光る増田氏の作品部屋へと続く、暗く照らされた道を歩きながら、ふと、戦時中に防空壕へと避難した人々が迎う先が、真っ暗で恐怖に怯える部屋ではなく、このカラフルで希望に溢れた部屋であればどんなに良かっただろうか。自身の葛藤と向き合い誕生したこの作品は、KAWAII カルチャーの哲学を築き、同じく葛藤する人々を救っていると言っても過言ではない。

     

    2014年にスタートした、世界12都市で開催された未来をシェアするプロジェクト「Time After Time Capsule」は、世界各国で集めた未来へのメッセージや思いの詰まったものを載せたタイムカプセル。世界の子供たちから愛されるモチーフで制作された透明のキティのタイムカプセルは段々と色づき未来への希望で詰まっている。当初2020年東京オリンピックでの展示を目指しこのプロジェクトが進行されていたが、残念ながらコロナにより機会を失い、今回日本での展示は初となる。コロナ禍前の人々の未来への希望が詰まったタイムカプセルは、これからも未来への希望の象徴としてあり続けてくれるだろう。

    さらに、原宿の名所として有名だった「世界時計」が再生され、神田明神の伝統的な神楽殿に設置されており、それはまさに現在と過去の文化と時間軸が共鳴し交差する感慨深い展示となっている。

     

    「YES, KAWAII IS ART in 神田明神」は、KAWAII 文化が世界でどのように認知され、またそれがどのように人々の心の支えとなっているのかを肌で感じることができる、エモーショナルでパーソナルな、生きる希望が湧いてくる展示会となっている。増田セバスチャン率いるKAWAIIカルチャーはこれからも人々を癒し、ありのままの自分でいる喜びを共に分かちあってくれるだろう。さらに、2021年12月11日(土)から2022年1月10日(月・祝)まので期間限定で、増田セバスチャン個展「Primal Pop」が六本木ヒルズA/D ギャラリーにて開催されるので是非足を運んでみてほしい。増田セバスチャンのポップでKAWAII 世界が広がる空間であなただけのKAWAII が見つかるかもしれない。

     

     

    TEXT:Natalie(MOSHI MOSHI NIPPON)

    TALENT PROFILE

    増田セバスチャン

    1995年に”Sensational Kawaii”がコンセプトのショップ「6%DOKIDOKI」を原宿にオープン。2009年より原宿文化を世界に発信するワールドツアー「Harajuku”Kawaii”Experience」を開催。2011年きゃりーぱみゅぱみゅ「PONPONPON」MVの美術で世界的に注目され、六本木ヒルズ「天空のクリスマス2013」のクリスマスツリーや、原宿の観光案内所「MOSHI MOSHI BOX」の世界時計のモニュメントなどを制作。 2014年に初の個展である「Colorful Rebellion ‒Seventh Nightmare-」をニューヨークで開催し、国内外での知名度を高める一方で、11月には1979年に制作された実写人形アニメーション映画をCGや3D加工、色彩処理した『くるみ割り人形』が初監督作品として公開される。同作品で、ゆうばり国際映画祭「京楽ピクチャーズPRESENTSニューウェーブアワード」を受賞。

  • 極彩色のアート・インスタレーション、増田セバスチャン展『「Yes, Kawaii Is Art」in 神田明神』詳細発表

    01.December.2021 | FASHION / SPOT

    アーティスト・増田セバスチャンの展覧会『「Yes, Kawaii Is Art」 in 神田明神』がいよいよ2021年12月4日(土)からスタート。1300年の歴史を誇り江戸の総鎮守と称えられてきた「神田明神」の敷地内に増田セバスチャンの代表作の数々が展示される。

     

    作品「Colorful Rebellion -Seventh Nightmare-」

    会場となる神田明神


    メイン会場となる祭務所地下参集所には、2014年からニューヨーク、ミラノ、アムステルダムなど海外を巡回したインスタレーション作品「Colorful Rebellion -Seventh Nightmare-」を展示。本作が神田明神で展示される意味を踏まえ、「神社の地下に極めて個人的な祠(自分だけの小宇宙)を作る試み」という新たな展示形式で公開する。
    さらに同会場には、「Kawaiiアーカイブル・リサーチ」として京都芸術大学ウルトラファクトリーと共同で行ったKawaii文化についてのリサーチの一部も展示される。Kawaiiがどこから来てどこへ向かうのか考えるきっかけとなる展示物が並ぶ予定。
     

     

    作品「Colorful Rebellion -WORLD TIME CLOCK-」

    アートプロジェクト「Time After Time Capsule」

    「Kawaiiアーカイバル・リサーチ」

     

    また、神田明神の入り口にほど近い神楽殿には、ハレの色彩を纏い世界の観光客から原宿のシンボルとして有名になった世界時計作品「Colorful Rebellion -WORLD TIME CLOCK-」、境内には世界12都市で開催した都市型・参加型のアートプロジェクト「Time After Time Capsule」より、2015年にニューヨークのDag Hammerskjold Plazaに約5ヶ月間展示されたハローキティ型のタイムカプセルが登場。未来をシェアすることを目的とした平和を象徴する作品で、来場者を出迎える。

    兼ねてから、日本発祥の文化「Kawaii」が見せるカラフルな未来像と、日本人の心の根底に流れる「ハレ」と「祝祭」の色彩をキーワードに作られている増田のアート作品が、神田明神に集結する機会となる『「Yes, Kawaii Is Art」 in 神田明神』。過去と未来を越え重なり合う、ここでしか見ることのできない”Kawaii”の世界をぜひ体験してほしい。
     

    ―「Yes, Kawaii Is Art」とは?―
    増田セバスチャンのアート作品と共に、世界に影響を与えた“Kawaii”の現在地を探る展覧会。2020年以降、増田はコロナ禍で沈む心に色彩で希望を灯すために、世界中に広がるKawaiiコミュニティと対話を続けてきた。Kawaiiとは何なのか? なぜ国境や世代、性別を超えて価値観が伝播し、コミュニティが継続していくのか? 増田の作品と活動を通して、その核心であるKawaiiが持つ奥の深さと新たな可能性を体感する試み。

    TALENT PROFILE

    増田セバスチャン

    1995年に”Sensational Kawaii”がコンセプトのショップ「6%DOKIDOKI」を原宿にオープン。2009年より原宿文化を世界に発信するワールドツアー「Harajuku”Kawaii”Experience」を開催。2011年きゃりーぱみゅぱみゅ「PONPONPON」MVの美術で世界的に注目され、六本木ヒルズ「天空のクリスマス2013」のクリスマスツリーや、原宿の観光案内所「MOSHI MOSHI BOX」の世界時計のモニュメントなどを制作。 2014年に初の個展である「Colorful Rebellion ‒Seventh Nightmare-」をニューヨークで開催し、国内外での知名度を高める一方で、11月には1979年に制作された実写人形アニメーション映画をCGや3D加工、色彩処理した『くるみ割り人形』が初監督作品として公開される。同作品で、ゆうばり国際映画祭「京楽ピクチャーズPRESENTSニューウェーブアワード」を受賞。

  • 増田セバスチャン展『Yes, Kawaii Is Art』が1300年の歴史を誇る東京・神田明神で開催決定!

    16.November.2021 | FASHION / SPOT

    アーティスト・増田セバスチャンの展覧会『Yes, Kawaii Is Art』の東京開催が決定した。2021年12月4日(土)から12月12日(日)の期間限定で、1300年の歴史を誇る「江戸の総鎮守」と称えられてきた「神田明神」で開催する。

     

     

    東京会場となる神田明神

    『Yes, Kawaii Is Art』大阪会場で展示される作品

    関連イベント

     

     

    今年9月を会期として準備を進めていた中、新型コロナウイルスの感染状況を鑑み、延期となっていた「Yes!Kawaii Is Art」の東京開催が決定。その会場は、日本三大祭り、江戸三大祭りの一角として有名な「神田祭」を古くから取り行って来た神社として知られ、江戸の幕府、庶民に愛され広く崇敬されてきた「神田明神」。現在でも神田、日本橋、大手町、丸の内のほか、秋葉原、青果市場、魚市場など、日本経済の中枢をなす108町会を氏子に持っている。



    東京開催では『Yes, Kawaii Is Art』in 神田明神として、神田明神の敷地内に増田セバスチャンのアート作品を展示。兼ねてから、日本発祥の文化「Kawaii」が見せるカラフルな未来像と、日本人の心の根底に流れる「ハレ」と「祝祭」の色彩をキーワードに作られている増田作品が、神田明神でどのように展示されるのか期待が高まる。

     

    また、現在大阪の工場地帯にあるアートエリア・北加賀屋で好評開催中の『Yes, Kawaii Is Art』大阪会場では、ついに11月5日(金)から第2会場・音ビルでの展示がオープンし、上演型作品「Fantastic Voyage, Prototype II」の公開がスタートした。11月12日(金)からは第3会場・千鳥文化にて、原宿のシンボルとして有名になった世界時計「Colorful Rebellion -WORLD TIME CLOCK-」も展示される。



    3つの会場が全てオープンとなった週末、11月14日(日)には、今年26年目を迎えた原宿のファッションブランド「6%DOKIDOKI」のストリートファッションショーも開催される。すでにオープンしている第1会場・kagooで展示中の日本初公開の作品「Colorful Rebellion -Seventh Nightmare-」と共に、北加賀屋の街を巻き込んだ更なる盛り上がりを予定しているのでぜひ足を運んでみて。



    東京と大阪、それぞれの場所の記憶とともに展示される増田セバスチャンのカラフルで刺激的なアートたち。パンデミックで世界が混乱する中でも、国を超えて進化し続ける”Kawaii”の世界をぜひ体験してほしい。

    TALENT PROFILE

    増田セバスチャン

    1995年に”Sensational Kawaii”がコンセプトのショップ「6%DOKIDOKI」を原宿にオープン。2009年より原宿文化を世界に発信するワールドツアー「Harajuku”Kawaii”Experience」を開催。2011年きゃりーぱみゅぱみゅ「PONPONPON」MVの美術で世界的に注目され、六本木ヒルズ「天空のクリスマス2013」のクリスマスツリーや、原宿の観光案内所「MOSHI MOSHI BOX」の世界時計のモニュメントなどを制作。 2014年に初の個展である「Colorful Rebellion ‒Seventh Nightmare-」をニューヨークで開催し、国内外での知名度を高める一方で、11月には1979年に制作された実写人形アニメーション映画をCGや3D加工、色彩処理した『くるみ割り人形』が初監督作品として公開される。同作品で、ゆうばり国際映画祭「京楽ピクチャーズPRESENTSニューウェーブアワード」を受賞。

  • 増田セバスチャン展覧会『Yes, Kawaii Is Art』がついに大阪上陸!

    29.October.2021 | FASHION / SPOT

    アーティスト・増田セバスチャンの展覧会『Yes, Kawaii Is Art』が、2021年10月30日(土)から11月21日(日)までの期間中に大阪で開催される。本展は、工場地帯にあるアートの街・北加賀屋を舞台に、1週間ごとに全3会場がオープンし、各会場で異なる作品を展示。増田セバスチャンのアート作品と活動を通して、「Kawaiiとは何なのか?」を探る。

     

    「Fantastic Voyage」ダイジェスト映像

     

    この度、第2会場で展示される上演型作品「Fantastic Voyage, Prototype II」の事前予約が10月21日(木)からスタートした。本作は1台の透明なカプセルが空間を彷徨い、音や言葉のイメージが散りばめられた世界を進んでいく「隔離された世界で未来を想像する装置」という構想のプロトタイプで、鑑賞者の深層心理に潜り込むような30分ほどの上演型の作品となっている。



    そして展覧会ではスペシャルなVIPプランも登場。10月30日(土)、10月31日(日)に美味しいスイーツとアートを贅沢に楽しむことができる「Yes, Kawaii Is Art コンラッド大阪ハロウィンビュッフェ付きVIPプラン」が1日2組限定で開催される。増田とコラボレーションしたハロウィンブッフェについての本人解説や作品が展示されている客室の見学、展覧会会場で増田が直接作品解説するアートツアーなど、得点満載のプランが組まれている。さらに、グループや企業向けに展覧会会場を貸切ってアートツアーを行うプランも登場した。上演型作品「Fantastic Voyage, Prototype II」の事前予約、VIPプラン共に各回少人数制となっているので、お見逃しなく。

     

    今年の芸術の秋は、増田セバスチャンが表現するKawaiiの世界観に触れてみては?

    TALENT PROFILE

    増田セバスチャン

    1995年に”Sensational Kawaii”がコンセプトのショップ「6%DOKIDOKI」を原宿にオープン。2009年より原宿文化を世界に発信するワールドツアー「Harajuku”Kawaii”Experience」を開催。2011年きゃりーぱみゅぱみゅ「PONPONPON」MVの美術で世界的に注目され、六本木ヒルズ「天空のクリスマス2013」のクリスマスツリーや、原宿の観光案内所「MOSHI MOSHI BOX」の世界時計のモニュメントなどを制作。 2014年に初の個展である「Colorful Rebellion ‒Seventh Nightmare-」をニューヨークで開催し、国内外での知名度を高める一方で、11月には1979年に制作された実写人形アニメーション映画をCGや3D加工、色彩処理した『くるみ割り人形』が初監督作品として公開される。同作品で、ゆうばり国際映画祭「京楽ピクチャーズPRESENTSニューウェーブアワード」を受賞。

  • KAWAIIを世界に発信し続ける増田セバスチャンの魅力と大注目イベント紹介

    01.October.2021 | FASHION / SPOT

    今年で活動30周年を迎えるアーティスト、増田セバスチャンは日本のKAWAIIを牽引する第一人者。KAWAIIを彼の様々な視点から表現した作品の数々は、世間に衝撃を与えKAWAIIカルチャーを創造し新たな価値観を提示した。1995年に原宿で6%DOKIDOKIを立ち上げ、以来アートディレクターとしても様々な分野で大活躍。活動は日本だけに留まらず、世界へKAWAIIカルチャーを発信し続けている。また、6%DOKIDOKIの常連だったアーティスト・きゃりーぱみゅぱみゅのMVや衣装などの美術デザインをデビュー時から担当しており、アートで音楽の音色をも表現し、人々の想像力を掻き立て、その音楽の世界へ誘う。

     

    アニバーサリーイヤーである今年は、増田セバスチャンの軌跡に触れることができる、スペシャルでカワイイイベントが目白押し!今見逃せない、開催中の展示会や、過去に発表した作品を身近に感じることができるスポットやコンテンツをご紹介しよう。

     

     

     

    【SPOT】「増田セバスチャンと6%DOKIDOKI 1995→2021」

    期間:2021年10月3日(日)まで

    増田セバスチャンが1995年に原宿でオープンし、今年26年目を迎えたブランド「6%DOKIDOKI」の期間限定ショップが渋谷PARCOにオープン。90年代のデザインを使用した復刻版ポスターや、最新アイテムが並ぶ。

    詳細:https://www.moshimoshi-nippon.jp/ja/498415

     

     

     

    【SPOT】森美術館「増田セバスチャン Pop Up Store」

    期間:2021年10月17日(日) まで

    増田セバスチャンのアートグッズブランド「Sebastian Masuda ART」のポップアップショップ。今回初披露となる最新アートグッズのほか、作品も展示販売している。また、同じ六本木ヒルズ森タワーの52FにあるTOKYO CITY VIEWでは現在、「サンリオ展 ニッポンのカワイイ文化60年史」が開催されており、会場には増田セバスチャンが本展のために制作した作品「Unforgettable Tower」も展示中。

    詳細:https://www.moshimoshi-nippon.jp/ja/499990

     

     

     

    【SPOT/FOOD】増田セバスチャン×コンラッド大阪コラボ第2弾

    期間:2021年10月31日(日)まで

    コンラッド大阪のエグゼクティブ・ペストリーシェフのジミー・ブーレイとの対話から作り出された、増田セバスチャン監修のハロウィン限定スイーツビュッフェ。秋の食材を使用した贅沢なカラフルスイーツパーティを楽しんでみては?

    詳細:https://www.moshimoshi-nippon.jp/ja/492445

     

     

     

    【SPOT】「Yes, Kawaii Is Art」

    開催期間:2021年11月12日(⾦)〜11月21日(⽇) *⽉・⽕・⽔ 休廊

    ”アートの街” 大阪・北加賀屋で開催される増田セバスチャンの展覧会。本展では、増⽥の作品と共に、世界に影響を与えた“Kawaii”の現在地を探り、新たな可能性を体験することができる。

    詳細:https://www.moshimoshi-nippon.jp/ja/503883

     

     

     

    【BOOK】増田セバスチャンアートワークス PAINT IT, COLORFUL

    2020年に出版された増田セバスチャンの初作品集。きゃりーぱみゅぱみゅMV「PONPONPON」「ファッションモンスター」、コンセプトレストラン「KAWAII MONSTER CAFE」、サンリオピューロランド「ミラクルギフトパレード 」をはじめ、多彩な場で活躍する彼のカラフルな世界が広がる作品に触れることができる一冊となっている。

    詳細:https://www.moshimoshi-nippon.jp/ja/345928

     

     

     

    【SPOT】未来のピース保育園

    増田セバスチャンがビジュアルプロデュースを担当した保育園が2019年6月に千駄ヶ谷に開園。地域貢献の一環として実行された、保育施設を展開するEduleadと、カルチャーを育て発信するアソビシステムの合同プロジェクト。増田の「カラフルな環境で育まれてほしい」との気持ちが込められたカラフルデザインが魅力的な施設となっている。

    詳細:https://www.moshimoshi-nippon.jp/ja/223582

     

     

    TEXT:Natalie(MOSHI MOSHI NIPPON)

    TALENT PROFILE

    増田セバスチャン

    1995年に”Sensational Kawaii”がコンセプトのショップ「6%DOKIDOKI」を原宿にオープン。2009年より原宿文化を世界に発信するワールドツアー「Harajuku”Kawaii”Experience」を開催。2011年きゃりーぱみゅぱみゅ「PONPONPON」MVの美術で世界的に注目され、六本木ヒルズ「天空のクリスマス2013」のクリスマスツリーや、原宿の観光案内所「MOSHI MOSHI BOX」の世界時計のモニュメントなどを制作。 2014年に初の個展である「Colorful Rebellion ‒Seventh Nightmare-」をニューヨークで開催し、国内外での知名度を高める一方で、11月には1979年に制作された実写人形アニメーション映画をCGや3D加工、色彩処理した『くるみ割り人形』が初監督作品として公開される。同作品で、ゆうばり国際映画祭「京楽ピクチャーズPRESENTSニューウェーブアワード」を受賞。

  • 活動30周年!増田セバスチャンが渋谷パルコに続き六本木ヒルズで期間限定ショップ開催

    21.September.2021 | FASHION / SPOT

    1990年代に演劇・現代美術で活動を開始し、1995年に原宿で6%DOKIDOKI(ロクパーセントドキドキ)を立ち上げ、2000年代からは海外にも活動の幅を広げて日本のKAWAIIを牽引するアーティストとなった増田セバスチャンが、今年で活動30周年を迎える。2021年秋から2022年にかけて東京と大阪で開催される展覧会に先駆け、9月に渋谷パルコと六本木ヒルズで作品展示とポップアップショップを開催。

     

    2021年9月23日(木)から10月17日(日)までの期間限定で、増田セバスチャンのアートグッズブランド「Sebastian Masuda ART」が、六本木ヒルズウェストウォーク3階にある森美術館のショップにてポップアップをオープンする。今回初披露となる「Inner Voyage」シリーズをはじめとした最新アートグッズのほか、増田セバスチャンのアート作品も展示販売。過ごす時間が多くなった自宅やオフィスを彩るカラフルなアートを手に入れることができる。

     

    また、同じ六本木ヒルズ森タワーの52FにあるTOKYO CITY VIEWでは、9月17日(金)から2022年1月10日(月・祝)までの期間限定で「サンリオ展 ニッポンのカワイイ文化60年史」が開催。会場内に増田セバスチャンが本展のために制作した作品「Unforgettable Tower」も展示され、展覧会期間中は会場内の特設ショップや同フロアにある東京シティビューショップでも増田セバスチャン関連商品が販売される。六本木ヒルズの3階と52階、それぞれのカワイイの世界をぜひ合わせてお楽しみに!

     

    森美術館 ショップ     

    ステッカー 550円2,860円(税込)

    Inner VoyageTシャツ 7,480円(税込)

     作品「Microcosmos -Tattoo Pink & Me-」
         

     

    「増田セバスチャンと6%DOKIDOKIのショップ 1995→2021」

    Mesh Top 10,450円(税込)

    Long Sleeve T-Shirt 8,250円(税込)

    DOKI DOKI ピアス・イヤリング  4,290円(税込)/
    Logo Plate ネックレス 7,590円(税込)/6%ロゴポシェット 6,050円(税込)

     

    チャーミーポーチ Kawaii Company 2,860円(税込)/増田セバスチャン STUDIO COLOR PALETTE 4,400円(税込)フェリシモ

     

    渋谷パルコのほぼ日カルチャんでは、「増田セバスチャンと6%DOKIDOKI 1995→2021」と題したイベントが9月17日(金)より10月3日(日)までの期間限定で実施され、 26年目を迎えたショップ・ブランド「6%DOKIDOKI」をメインに、90年代の原宿と2021年を繋ぐファッションアイテムを販売する。

     

    色を見失いやすい2021年、増田セバスチャンが生み出すアートワークやカラフルなアイテムで、日常に彩りを加えてみては?

    TALENT PROFILE

    増田セバスチャン

    1995年に”Sensational Kawaii”がコンセプトのショップ「6%DOKIDOKI」を原宿にオープン。2009年より原宿文化を世界に発信するワールドツアー「Harajuku”Kawaii”Experience」を開催。2011年きゃりーぱみゅぱみゅ「PONPONPON」MVの美術で世界的に注目され、六本木ヒルズ「天空のクリスマス2013」のクリスマスツリーや、原宿の観光案内所「MOSHI MOSHI BOX」の世界時計のモニュメントなどを制作。 2014年に初の個展である「Colorful Rebellion ‒Seventh Nightmare-」をニューヨークで開催し、国内外での知名度を高める一方で、11月には1979年に制作された実写人形アニメーション映画をCGや3D加工、色彩処理した『くるみ割り人形』が初監督作品として公開される。同作品で、ゆうばり国際映画祭「京楽ピクチャーズPRESENTSニューウェーブアワード」を受賞。

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US