増田セバスチャン プロデュース「未来のピース保育園」開園

18.June.2019 | SPOT

裏原宿からほど近い千駄ヶ谷の一角、昔からアパレル関係のオフィスも多い閑静な住宅街の三角地帯に、ひときわ目立つパステルカラーのかわいい建物が現れた。子どもが一瞬で心奪われるようなその建物は、今月オープンしたばかりの企業主導型保育所「未来のピース保育園」。

6月16日、当保育園の開園を記念して、地域内覧会とペイントイベント「HAPPY WALL PROJECT」が行われ、園の関係者や地域住民が保育園のエントランスの外壁をみんなでペイントする作業を通じて、地域交流が行われた。

当保育園は、「未来のストーリーを創る」を理念に東京・埼玉・神奈川で現在7園の保育施設を展開しているEdulead(エデュリー)と、ファッション・音楽・ライフスタイルなどの原宿カルチャーを世界へ発信しているアソビシステムが、内閣府が待機児童の解消を目的にすすめている「企業主導型保育事業」の助成を受けて設置したもの。今後はアソビシステムの従業員だけでなく、地域貢献活動の一環として、地域住民の方や企業などから幅広く利用者を募っていく予定だ。

今回、異業種タッグとなった両社だが、Edulead代表・菊地翔豊氏は「未来のピース保育園という園名には、色彩豊かな世界で健やかに成長して欲しいという思いと、子どもたちの個と多様性を尊重する場でありたいという願いが込めている。この街に合ったかたちで、個性を大事にしたこどもたちを育んでいきたい。」と述べ、アソビシステムの代表・中川悠介氏は「普段はアーティストやモデルのマネジメントなどをしているが、エンタテインメントの力を違う分野で活かしていきたい。原宿のカルチャーを育てて発信している会社なので、原宿の街に根ざしたかたちでこどもの成長に貢献していきたい」とそれぞれ抱負を語った。

施設のビジュアルプロデュースは、アソビシステム所属で原宿のカワイイ文化を軸に世界で活躍し「未来はカラフル!」というメッセージを次世代に向けて発信している「増田セバスチャン」が手がけている。

 

外観は、増田氏がもともとの建物の特性を活かしてデザインしたもので、保育園を見守るユニコーン(一角獣)の「ユニキュン」。そしてその中には、パズルのピースを模したオリジナルキャラクター「パズー」たちが住んでいるというストーリー。各クラスのシンボルでもある、個性的な7体のパズーを並べると優しい色合いのレインボーカラーになり、多様性を表現しているという。保育園の内部もパステルカラーで様々な色に彩られており、子どもたちの心躍る姿が眼に浮かぶ。

 

増田氏は「園名の未来のピースの通り、1人1人のこどもが1つ1つの未来のピース(かけら)だと思い、パズルのピースをモチーフにした。カラフルな洋服を着たり、髪色を変えた時のワクワクする気持ちをいつまでも忘れないように、カラフルな環境で育まれてほしい。自分自身も国際交流と教育に力を入れているので、こうした施設に関わることができてとても嬉しい」とデザインに込めた想いを語った。

このカラフルな内装には、「こどもの健康を守る」をコンセプトに開発された、日本ペイントホールディングス株式会社の高機能室内用水性ペイント「ROOMBLOOM AirBreeze」が使用されている。アソビシステムの地域貢献活動に同社が賛同して、提供された。そして保育園開園にあたって地域交流を図るイベントとして、同社が2014年より取り組んできた社会貢献活動「HAPPY WALL PROJECT」が実施された。

 

梅雨とは思えない青空の下、園の関係者や地域のこどもたちが集まり、筆やハケで園の外壁に園のキャラクター「パズー」の色塗りに挑戦した。匂いも全くない安全なペイントということで、こどもたちは色にまみれながら、壁だけにとどまらず木のボードや紙コップの色塗りも始め、園の周りはこどもたちと保護者の笑顔や笑い声に包まれていた。

仕事と育児の両立や待機児童問題、母親と父親の育児への関わり方など、時代の流れによって様々な議論が沸き起こる「子育て」だが、異業種の企業が主導して保育の場を提供し、その企業の強みを活かしたハード・ソフトを提供することで「子育て」をプロデュースしようという今回の試み。そのコミュニティに合った「世界にひとつの保育園を創る」をテーマに保育施設を展開するEduleadと、「原宿」という街に根付き、その街から生まれるカルチャーを育て発信することにこだわり続けているアソビシステムの2社だからこそできる地域貢献として、この施設を通じて地域活性と地域の子どもたちの未来をカラフルに彩っていきたいと考えている。

RECOMMENDED ENTRIES

  • 箱根・ポーラ美術館にて、増田セバスチャン×クロード・モネ ”Point-Rhythm World 2018 -モネの小宇宙-” 開催

    31.July.2018 | SPOT

    神奈川県・箱根町のポーラ美術館にて、「増田セバスチャン×クロード・モネ “Point-Rhythm World 2018 -モネの小宇宙-“」(7月22日(日)~12月2日(日))が開催される。

     

    色とりどりの素材で独自の世界観を織りなす作品を制作し続けている増田セバスチャンが、ポーラ美術館で収蔵するクロード・モネの《睡蓮の池》にインスピレーションを受けた大型インスタレーションを制作。モネの《睡蓮の池》にみられる絵具のタッチを、増田氏が様々な質感をもつ色彩豊かなマテリアルやオブジェに置き換え、新たな「睡蓮」の世界を再構築する。

    本展では、鑑賞者が作品に入り込むことができるインタラクティブな演出を用意。坪倉輝明(つぼくらてるあき)氏の協力により、展示室内に取り付けられたカメラが、センサーで鑑賞者をとらえ、プロジェクションマッピングによって、鑑賞者の動きとともに映像が変化、作品内に投影される。

     

    更に、会場内に複数設置された細身魚(ほそみさかな)氏による音楽も、鑑賞する時間や鑑賞者の動きによって繊細に変化、鑑賞者と作品世界を融合させるインタラクティブな体験を可能にする。

    館内のカフェ、レストランでは本展にインスパイアされたカラフルなスイーツ《睡蓮》(単体:¥1,080 コーヒー又は紅茶付き:¥1,440)を提供するなど、様々な角度から睡蓮を表現していく。

     

    現代の素材で新たに構成されたモネの世界は、モネの作品の新しい楽しみ方を提示してくれることだろう。

     

    ■Information
    増田セバスチャン×クロード・モネ “Point-Rhythm World 2018 -モネの小宇宙-”

    開催場所:ポーラ美術館(神奈川県足柄下郡箱根町仙石原小塚山1285

    開催期間:2018年7月22日(日)~ 12月2日(日)会期中無休

    休館日:無休

    TEL:0460-84-2111
    入館料:大人 1,800円 / 大学生・高校生 1,300円 / 中学生・小学生(土曜日無料)700円

    Official site:http://www.polamuseum.or.jp/
    ※ モネ《睡蓮の池》は本展開催期間を通して、「ルドン ひらかれた夢」展にて展示しております。
    ※「ルドン ひらかれた夢」展は9月27日(木)のみ展示替のため休室

    TALENT PROFILE

    増田セバスチャン

    1995年に”Sensational Kawaii”がコンセプトのショップ「6%DOKIDOKI」を原宿にオープン。2009年より原宿文化を世界に発信するワールドツアー「Harajuku”Kawaii”Experience」を開催。2011年きゃりーぱみゅぱみゅ「PONPONPON」MVの美術で世界的に注目され、六本木ヒルズ「天空のクリスマス2013」のクリスマスツリーや、原宿の観光案内所「MOSHI MOSHI BOX」の世界時計のモニュメントなどを制作。 2014年に初の個展である「Colorful Rebellion ‒Seventh Nightmare-」をニューヨークで開催し、国内外での知名度を高める一方で、11月には1979年に制作された実写人形アニメーション映画をCGや3D加工、色彩処理した『くるみ割り人形』が初監督作品として公開される。同作品で、ゆうばり国際映画祭「京楽ピクチャーズPRESENTSニューウェーブアワード」を受賞。

  • 増田セバスチャン著「世界にひとつだけの「カワイイ」の見つけ方」発売

    04.June.2018 | FASHION

    カワイイ文化の先駆者として国内外で活動し、国籍・性別・世代を問わず支持を集めるアートディレクター・増田セバスチャン。彼による著書「世界にひとつだけの「カワイイ」の見つけ方」が2018年6月11日(月)に発売される。

     

    増田セバスチャンは、原宿で熱狂的なファンを持つコンセプトショップ「6%DOKIDOKI」のプロデューサー。また、きゃりーぱみゅぱみゅ「PONPONPON」のMV美術を手がけたことで世界的に注目を集めた。2014年にニューヨークで開催した個展を機に海外でのアーティスト活動を本格化。現在は広告や商品のアートディレクション、映画監督、コンセプトレストラン「KAWAII MONSTER CAFE」のプロデュースなどを手掛けている。さらに、世界各地で講演会やワークショップを行っている。

    増田セバスチャン 本 Sebastian Masuda

    本書では、これまで自身のアイデンティティを貫き、その活動が世間に広く認められるようになった増田セバスチャンが、数々の苦難を乗り越えてたどり着いた「自分らしく生きる」ための秘訣をたっぷり紹介。女子高生からサラリーマンまで、誰もが「自分に素直に生きられる」ヒントが詰まっている。

     

    「自分らしく生きる」増田セバスチャンから「自分らしさ」とは何なのか、考えるきっかけを与えてくれる一冊になりそうだ。

     

    ■Information

    増田セバスチャン 「世界にひとつだけの「カワイイ」の見つけ方」

    発売日:2018年6月11日(月)

    価格:本体1,300円+税

    書籍詳細ページ:https://www.sunmark.co.jp/detail.php?csid=3489-9

     

    TALENT PROFILE

    増田セバスチャン

    1995年に”Sensational Kawaii”がコンセプトのショップ「6%DOKIDOKI」を原宿にオープン。2009年より原宿文化を世界に発信するワールドツアー「Harajuku”Kawaii”Experience」を開催。2011年きゃりーぱみゅぱみゅ「PONPONPON」MVの美術で世界的に注目され、六本木ヒルズ「天空のクリスマス2013」のクリスマスツリーや、原宿の観光案内所「MOSHI MOSHI BOX」の世界時計のモニュメントなどを制作。 2014年に初の個展である「Colorful Rebellion ‒Seventh Nightmare-」をニューヨークで開催し、国内外での知名度を高める一方で、11月には1979年に制作された実写人形アニメーション映画をCGや3D加工、色彩処理した『くるみ割り人形』が初監督作品として公開される。同作品で、ゆうばり国際映画祭「京楽ピクチャーズPRESENTSニューウェーブアワード」を受賞。

  • 増田セバスチャン、海外初アートパフォーマンス作品をアムステルダムで発表

    15.November.2017 | FASHION / SPOT

    アーティストの増田セバスチャンが滞在中のオランダ・アムステルダムにて11月18日(土)にアートパフォーマンス作品「ESCAPE FROM ANONYMOUS(E) -Improv Orchestra for the World-」を発表する。

     

    増田セバスチャンは現在、文化庁の文化交流大使として世界で活動している。文化庁文化交流使とは、文化庁が、芸術家・文化人等・文化に関わる方々を一定期間「文化交流使」に指名し、世界の人々の日本文化への理解の深化につながる活動や、外国の文化人とのネットワークの形成・強化に繋がる活動を展開している事業だ。

    01-image

    増田セバスチャンにとってアムステルダムは文化庁文化交流使の活動で訪問する1つ目の都市。元造船所で現在はアムステルダム屈指のアートエリアであり文化発信地となっている「NDSM」にアトリエを構え、約2ヶ月間住み込みで作品を制作。現地のアーティストやアクター、一般参加者と共に1日限りの作品を作り上げる。

    02-wArtist

    03-wActors

    「アノニマス(匿名・無個性)からの脱出」がテーマの今作は、運河沿いのエリアで行われる野外公演。ネズミのマスクを被った俳優陣、ストーリーに合わせて楽曲を奏でるミュージシャン、カラフルな衣装のパフォーマー、白い覆面を着用した観客と全員で、即興オーケストラのような1つの作品を作り出す。海外初のアートパフォーマンス作品となり、90年代に演劇・パフォーミングアートの世界からキャリアをスタートさせた増田セバスチャンにとっては原点回帰ともいえる作品になりそうだ。

    アムステルダムでの活動の後は、原宿Kawaii文化の講演とアートプロジェクト「TIME AFTER TIME CAPSULE」のワークショップで南アフリカ、アンゴラ、ブラジル、ボリビアなどを周る。2018年1月にはニューヨークにNYU(ニューヨーク大学)の客員研究員として3ヶ月間滞在し、日本のポップカルチャーについての講義を行う予定だ。

     

    ハイファッションへの挑戦となった新ブランド「6-D Sebastian Masuda」のコレクション、現在森アーツセンターギャラリーで開催中の「THEドラえもん展TOKYO 2017」への参加など、常にチャレンジをし続ける増田セバスチャン。

     

    海外での活動にも注目しよう。

     

    ■Information

    「ESCAPE FROM ANONYMOUS(E) -Improv Orchestra for the World-」
    日程:2017年11月18日(土)
    参加者ワークショップ:12:00-16:00
    パフォーマンス:16:00開場 16:30開演
    場所:NDSM (Tt. Neveritaweg 61, 1033 WB Amsterdam, Nederland)
    詳細:https://sebas-art.tumblr.com/
    ※作品のメイキングは増田セバスチャンTwitter

    ( https://twitter.com/sebastea )の #オランダ滞在記 で随時更新中。

     

    増田セバスチャン公式サイト:http://m-sebas.asobisystem.com

     

    TALENT PROFILE

    増田セバスチャン

    1995年に”Sensational Kawaii”がコンセプトのショップ「6%DOKIDOKI」を原宿にオープン。2009年より原宿文化を世界に発信するワールドツアー「Harajuku”Kawaii”Experience」を開催。2011年きゃりーぱみゅぱみゅ「PONPONPON」MVの美術で世界的に注目され、六本木ヒルズ「天空のクリスマス2013」のクリスマスツリーや、原宿の観光案内所「MOSHI MOSHI BOX」の世界時計のモニュメントなどを制作。 2014年に初の個展である「Colorful Rebellion ‒Seventh Nightmare-」をニューヨークで開催し、国内外での知名度を高める一方で、11月には1979年に制作された実写人形アニメーション映画をCGや3D加工、色彩処理した『くるみ割り人形』が初監督作品として公開される。同作品で、ゆうばり国際映画祭「京楽ピクチャーズPRESENTSニューウェーブアワード」を受賞。

RELATED ENTRIES

  • 増田セバスチャン監修の宿泊施設「KAWAII Japanese Room – Addicted to TOKYO」Booking.comで限定販売

    29.October.2019 | SPOT

    数々のユニークな宿泊施設と人々を繋げる世界最大級の宿泊予約サイトBooking.com(ブッキング・ドットコム)は、Booking.com史上日本で初めての試みとして、世界に誇る日本のポップカルチャー「カワイイ文化」の第一人者として活躍するアートディレクター・増田セバスチャンとコラボした、Booking.comでしか予約の出来ないスペシャルな宿泊施設「KAWAII Japanese Room – Addicted to TOKYO」を11月13日-14日、11月14日-15日、11月15日-16日の3泊分限定で公開する。

     

    KAWAII Japanese Room – Addicted to TOKYO」は、十二単に代表される古くから日本が誇る柄と柄を合わせる豪華絢爛な色合わせをソースに、現代のグラフィックでアバンギャルドな日本を「東京に夢中!」というコンセプトで表現した一室。色彩と柄に囲まれつつも不思議と「和」を感じることができる。この思い出に残る滞在体験は、アパートメントホテル「MIMARU東京 赤坂」の一室をこのためだけに改装しており、10月29日(火)の日本時間 PM7:00(アムステルダム時間:AM11:00)より世界で一斉に予約受付が開始され、3泊分のうち1泊ずつ計3組が早い者勝ちで宿泊権を獲得できる。

    畳に障子、座布団など和の雰囲気がある小上がりのスペースと、2ベッドが並ぶメインスぺースで構成された部屋に入ると、目を奪われるほどの柄!柄!柄!の世界が。日本のハレ文化を参考に「日常の中の非日常」を表現したという増田セバスチャン氏ならではの感性で、和空間でありながら和柄をモチーフにした柄だけでなく、アニマル柄や「TOKYO」という文字の柄を全ての面に張り巡らせたインパクト抜群の部屋となった。ピンク色の畳の上にあるクマの置物は増田氏のアイコンの1つで、今回は折り紙で作ったかのような独創的なクマの表面がそれぞれ違う柄で彩られており、カワイイながらもちょっとエッジの効いた”東京のモード感”を象徴するようなカワイイが体験できる。

    見事宿泊権を得た宿泊者には、「KAWAII Japanese Room – Addicted to TOKYO」限定の浴衣が用意されている。部屋で使用されている様々な柄を1つに踏襲し、ユニセックスな浴衣。宿泊中、寝巻としての使用もちろん持ち帰りも可能。

     

    また、今回の「KAWAII Japanese Room – Addicted to TOKYO」宿泊者はもちろんのこと、期間中に「MIMARU東京 赤坂」に宿泊された方はルーフトップに設置された異空間に足を運び入れることが可能。増田セバスチャンのもう1つのアイコンであるキノコを大胆にあしらい、ビルに囲まれた東京のど真ん中でKAWAIIを体験することができる。13日~15日の3日間、15:00~21:00の時間内にルーフトップに行くと、ノベルティとして1日先着100名にオリジナル手ぬぐいをプレゼント。惜しくも「KAWAII Japanese Room- Addicted to TOKYO」に宿泊出来なかった方も、是非同ホテルに宿泊しルーフトップを覗いてみよ。

  • 増田セバスチャンと”ディズニーストア”による初の共同コレクション発売

    20.August.2019 | FASHION

    ディズニーストアとアーティスト・増田セバスチャンによる、初めての共同企画となるコレクション「ARTIST COLLECTION by Sebastian Masuda(アーティスト コレクション バイ 増田セバスチャン)」が、全国のディズニーストアとオンライン店にて8月27日(火)より発売されます!

     

    アーティストコレクション第2弾となる今回は、カワイイ文化を基軸に作品を制作する増田セバスチャンによって、これまでにディズニーストアで販売した「トイ・ストーリー」シリーズのアイテムを使用。本コレクションのためにデザインされた特別なアートを用いて、ビビッドなピンクを基調としたカラフルでポップな雰囲気がとってもかわいい♡

    Tシャツ 3900円(税抜)

    メイクブラシセット 1900円(税抜)

    ラインナップは、ロッツォのぬいぐるみやキーチェーンなどの雑貨、ノートやペンケースなどのステーショナリー、キャップや腕時計、Tシャツといったファッションアイテムなど、多岐にわたって展開。

    ウエストバッグ 4900円(税抜)

    バッグパック 7900円(税抜)

    さらに、OUTDOOR PRODUCTS(アウトドアプロダクツ)との共同企画商品である、ウエストバッグとバックパックも登場。デザイン性だけではなく、機能性にも優れたアイテムです。

    デザインは増田セバスチャン作品と同様、商品やマテリアルをアナログで構成して制作。

    増田セバスチャンが作り出すカラフルな世界観と、「トイ・ストーリー」のおもちゃの世界が織りなす、ディズニーストアだけで手に入る貴重なアイテムの数々をぜひゲットしてくださいね!

     

    ©Disney/Pixar
      Mr. Potato Head is a trademark of Hasbro used with permission. ©Hasbro. All Rights Reserved.
      ©POOF-Slinky, LLC

  • 増田セバスチャンらアーティスト28組と「ドラえもん」が出会う特別展 大阪で開催

    17.July.2019 | SPOT

    日本を代表するアーティスト28組と「ドラえもん」が出会う特別展「THE ドラえもん展 OSAKA 2019」が2019年7月12日(金)から9月23日(月・祝)まで、大阪文化館・天保山にて開催される。

    「THE ドラえもん展 OSAKA 2019」は、国内外で活躍するアーティストたちが作成した、誰も見たことのない「ドラえもん」、世界にひとつだけの新しい「ドラえもん」を展示。いずれも、ジャンルを超えた独創性豊かな現代アートであるとともに、「ドラえもん」への想い溢れる作品が集まっている。

    開幕前日の7月11日(木)には、関係者及び報道各社を対象にした特別内覧会や開会式を開催し、大きな盛り上がりを見せた。

     

    記者発表会では、本展の参加アーティストである森村泰昌氏、増田セバスチャン氏も出席し挨拶や写真撮影を行った。

    森村泰昌氏は「いよいよ大阪にTHE ドラえもん展がやってきて、嬉しいです。」と感無量の様子で、作品については「今回は、紙を使って衣装を作るコイケジュンコさんとコラボして、ドラえもんの漫画を集めてドレスを作っていただきました。そして時間と空間を操る、タイムマシンとどこでもドアを組み合わせ、今回はあえてグレーの作品に仕上げました」と話した。また、展覧会については「会場全体がドラえもんのポケットのように、28組30名のアーティストのアイディアが詰まっており、とても楽しめます。関西の多くの方にご覧いただきたいです」と本展への来場を呼びかけた。

    増田セバスチャン氏は「実は僕はドラえもんと同じ年、そしてのび太と同じ誕生日です(笑)。生まれついてのドラえもん愛が染みついています」とドラえもんへの愛を語り、作品については「私の作品は、実は奈良(東大寺)の大仏ぐらい大きく作りたかったのですが、会場に入らなかったので、高さ2メートルにしました(笑)。世界中のマーケットからマテリアルを集めてきて、世界中の色を集めました」と話した。また、大阪の方へのメッセージとして「大阪の子ども達に作品を見ていただき、おっきいなあ、凄いなあ、と感じてもらえると嬉しいです」と語った。

     

    お気に入りのドラえもんを、ぜひ見つけてみてほしい。

  • 箱根・ポーラ美術館にて、増田セバスチャン×クロード・モネ ”Point-Rhythm World 2018 -モネの小宇宙-” 開催

    31.July.2018 | SPOT

    神奈川県・箱根町のポーラ美術館にて、「増田セバスチャン×クロード・モネ “Point-Rhythm World 2018 -モネの小宇宙-“」(7月22日(日)~12月2日(日))が開催される。

     

    色とりどりの素材で独自の世界観を織りなす作品を制作し続けている増田セバスチャンが、ポーラ美術館で収蔵するクロード・モネの《睡蓮の池》にインスピレーションを受けた大型インスタレーションを制作。モネの《睡蓮の池》にみられる絵具のタッチを、増田氏が様々な質感をもつ色彩豊かなマテリアルやオブジェに置き換え、新たな「睡蓮」の世界を再構築する。

    本展では、鑑賞者が作品に入り込むことができるインタラクティブな演出を用意。坪倉輝明(つぼくらてるあき)氏の協力により、展示室内に取り付けられたカメラが、センサーで鑑賞者をとらえ、プロジェクションマッピングによって、鑑賞者の動きとともに映像が変化、作品内に投影される。

     

    更に、会場内に複数設置された細身魚(ほそみさかな)氏による音楽も、鑑賞する時間や鑑賞者の動きによって繊細に変化、鑑賞者と作品世界を融合させるインタラクティブな体験を可能にする。

    館内のカフェ、レストランでは本展にインスパイアされたカラフルなスイーツ《睡蓮》(単体:¥1,080 コーヒー又は紅茶付き:¥1,440)を提供するなど、様々な角度から睡蓮を表現していく。

     

    現代の素材で新たに構成されたモネの世界は、モネの作品の新しい楽しみ方を提示してくれることだろう。

     

    ■Information
    増田セバスチャン×クロード・モネ “Point-Rhythm World 2018 -モネの小宇宙-”

    開催場所:ポーラ美術館(神奈川県足柄下郡箱根町仙石原小塚山1285

    開催期間:2018年7月22日(日)~ 12月2日(日)会期中無休

    休館日:無休

    TEL:0460-84-2111
    入館料:大人 1,800円 / 大学生・高校生 1,300円 / 中学生・小学生(土曜日無料)700円

    Official site:http://www.polamuseum.or.jp/
    ※ モネ《睡蓮の池》は本展開催期間を通して、「ルドン ひらかれた夢」展にて展示しております。
    ※「ルドン ひらかれた夢」展は9月27日(木)のみ展示替のため休室

    TALENT PROFILE

    増田セバスチャン

    1995年に”Sensational Kawaii”がコンセプトのショップ「6%DOKIDOKI」を原宿にオープン。2009年より原宿文化を世界に発信するワールドツアー「Harajuku”Kawaii”Experience」を開催。2011年きゃりーぱみゅぱみゅ「PONPONPON」MVの美術で世界的に注目され、六本木ヒルズ「天空のクリスマス2013」のクリスマスツリーや、原宿の観光案内所「MOSHI MOSHI BOX」の世界時計のモニュメントなどを制作。 2014年に初の個展である「Colorful Rebellion ‒Seventh Nightmare-」をニューヨークで開催し、国内外での知名度を高める一方で、11月には1979年に制作された実写人形アニメーション映画をCGや3D加工、色彩処理した『くるみ割り人形』が初監督作品として公開される。同作品で、ゆうばり国際映画祭「京楽ピクチャーズPRESENTSニューウェーブアワード」を受賞。

  • 増田セバスチャン著「世界にひとつだけの「カワイイ」の見つけ方」発売

    04.June.2018 | FASHION

    カワイイ文化の先駆者として国内外で活動し、国籍・性別・世代を問わず支持を集めるアートディレクター・増田セバスチャン。彼による著書「世界にひとつだけの「カワイイ」の見つけ方」が2018年6月11日(月)に発売される。

     

    増田セバスチャンは、原宿で熱狂的なファンを持つコンセプトショップ「6%DOKIDOKI」のプロデューサー。また、きゃりーぱみゅぱみゅ「PONPONPON」のMV美術を手がけたことで世界的に注目を集めた。2014年にニューヨークで開催した個展を機に海外でのアーティスト活動を本格化。現在は広告や商品のアートディレクション、映画監督、コンセプトレストラン「KAWAII MONSTER CAFE」のプロデュースなどを手掛けている。さらに、世界各地で講演会やワークショップを行っている。

    増田セバスチャン 本 Sebastian Masuda

    本書では、これまで自身のアイデンティティを貫き、その活動が世間に広く認められるようになった増田セバスチャンが、数々の苦難を乗り越えてたどり着いた「自分らしく生きる」ための秘訣をたっぷり紹介。女子高生からサラリーマンまで、誰もが「自分に素直に生きられる」ヒントが詰まっている。

     

    「自分らしく生きる」増田セバスチャンから「自分らしさ」とは何なのか、考えるきっかけを与えてくれる一冊になりそうだ。

     

    ■Information

    増田セバスチャン 「世界にひとつだけの「カワイイ」の見つけ方」

    発売日:2018年6月11日(月)

    価格:本体1,300円+税

    書籍詳細ページ:https://www.sunmark.co.jp/detail.php?csid=3489-9

     

    TALENT PROFILE

    増田セバスチャン

    1995年に”Sensational Kawaii”がコンセプトのショップ「6%DOKIDOKI」を原宿にオープン。2009年より原宿文化を世界に発信するワールドツアー「Harajuku”Kawaii”Experience」を開催。2011年きゃりーぱみゅぱみゅ「PONPONPON」MVの美術で世界的に注目され、六本木ヒルズ「天空のクリスマス2013」のクリスマスツリーや、原宿の観光案内所「MOSHI MOSHI BOX」の世界時計のモニュメントなどを制作。 2014年に初の個展である「Colorful Rebellion ‒Seventh Nightmare-」をニューヨークで開催し、国内外での知名度を高める一方で、11月には1979年に制作された実写人形アニメーション映画をCGや3D加工、色彩処理した『くるみ割り人形』が初監督作品として公開される。同作品で、ゆうばり国際映画祭「京楽ピクチャーズPRESENTSニューウェーブアワード」を受賞。

  • 増田セバスチャンのブランド「6-D Sebastian Masuda」伊勢丹新宿店TOKYO解放区に登場

    07.March.2018 | FASHION / SPOT

    アーティスト・増田セバスチャンによるブランド「シックスディー セバスチャンマスダ(6-D Sebastian Masuda)」が、3月28日(水)から伊勢丹新宿店TOKYO解放区に期間限定ショップを出店。

    増田セバスチャン「6-D Sebastian Masuda」2

    6-D Sebastian Masudaの1stコレクションのテーマは「Noise it Colorful.」。年齢を重ねても内面に沸々と残る精神的なカラフルさ、多様性、過激さ、遊び心を持ち続けるオトナ達へのメッセージが込められている。販売されるアイテムは、パーティーにもぴったりなビジュー付きテーラードやツイードジャケット、ワンピースなどフォーマルなものから、増田セバスチャンのアートワークをプリントしたカットソーやタイツ、PVC素材のボウタイなど気軽に取り入れられる商品まで。幅広いシーンで着回せるアイテムをゲットしよう。

    増田セバスチャン「6-D Sebastian Masuda」1

    さらに開催期間中、伊勢丹新宿店では「今様 IMA-YO」をテーマに、各フロアで「JAPAN SENSES」キャンペーンを展開。コレクション商品の他にも、一点物のマルチファーチャームや、増田氏と同じく原宿に拠点を置く帽子ブランド「カシラ(CA4LA)」とのコラボハットやバレッタを先行発売する。増田の制作アトリエ「Lovelies Lab. Studio」で制作されたぬいぐるみ作品「YOUR BEAR」シリーズやアート作品の新作も展示販売される。

     

    増田セバスチャンの世界観に触れられるスペシャルな機会をお見逃しなく!

     

     

    ■Information

     

    “6-D Sebastian Masuda –Noise it Colorful.-“

    開催期間:2018年3月28日(水)〜4月3日(火)
    営業時間:10:30〜20:00
    場所:伊勢丹新宿店本館2階センターパーク/TOKYO解放区(東京都新宿区新宿3-14-1 2F)

     

    TOKYO解放区 公式サイト:
    http://isetanparknet.com/news_event/sort/tokyo-kaihoku/

     

    増田セバスチャン公式サイト:http://m-sebas.asobisystem.com

     

    TALENT PROFILE

    増田セバスチャン

    1995年に”Sensational Kawaii”がコンセプトのショップ「6%DOKIDOKI」を原宿にオープン。2009年より原宿文化を世界に発信するワールドツアー「Harajuku”Kawaii”Experience」を開催。2011年きゃりーぱみゅぱみゅ「PONPONPON」MVの美術で世界的に注目され、六本木ヒルズ「天空のクリスマス2013」のクリスマスツリーや、原宿の観光案内所「MOSHI MOSHI BOX」の世界時計のモニュメントなどを制作。 2014年に初の個展である「Colorful Rebellion ‒Seventh Nightmare-」をニューヨークで開催し、国内外での知名度を高める一方で、11月には1979年に制作された実写人形アニメーション映画をCGや3D加工、色彩処理した『くるみ割り人形』が初監督作品として公開される。同作品で、ゆうばり国際映画祭「京楽ピクチャーズPRESENTSニューウェーブアワード」を受賞。

  • 増田セバスチャン、海外初アートパフォーマンス作品をアムステルダムで発表

    15.November.2017 | FASHION / SPOT

    アーティストの増田セバスチャンが滞在中のオランダ・アムステルダムにて11月18日(土)にアートパフォーマンス作品「ESCAPE FROM ANONYMOUS(E) -Improv Orchestra for the World-」を発表する。

     

    増田セバスチャンは現在、文化庁の文化交流大使として世界で活動している。文化庁文化交流使とは、文化庁が、芸術家・文化人等・文化に関わる方々を一定期間「文化交流使」に指名し、世界の人々の日本文化への理解の深化につながる活動や、外国の文化人とのネットワークの形成・強化に繋がる活動を展開している事業だ。

    01-image

    増田セバスチャンにとってアムステルダムは文化庁文化交流使の活動で訪問する1つ目の都市。元造船所で現在はアムステルダム屈指のアートエリアであり文化発信地となっている「NDSM」にアトリエを構え、約2ヶ月間住み込みで作品を制作。現地のアーティストやアクター、一般参加者と共に1日限りの作品を作り上げる。

    02-wArtist

    03-wActors

    「アノニマス(匿名・無個性)からの脱出」がテーマの今作は、運河沿いのエリアで行われる野外公演。ネズミのマスクを被った俳優陣、ストーリーに合わせて楽曲を奏でるミュージシャン、カラフルな衣装のパフォーマー、白い覆面を着用した観客と全員で、即興オーケストラのような1つの作品を作り出す。海外初のアートパフォーマンス作品となり、90年代に演劇・パフォーミングアートの世界からキャリアをスタートさせた増田セバスチャンにとっては原点回帰ともいえる作品になりそうだ。

    アムステルダムでの活動の後は、原宿Kawaii文化の講演とアートプロジェクト「TIME AFTER TIME CAPSULE」のワークショップで南アフリカ、アンゴラ、ブラジル、ボリビアなどを周る。2018年1月にはニューヨークにNYU(ニューヨーク大学)の客員研究員として3ヶ月間滞在し、日本のポップカルチャーについての講義を行う予定だ。

     

    ハイファッションへの挑戦となった新ブランド「6-D Sebastian Masuda」のコレクション、現在森アーツセンターギャラリーで開催中の「THEドラえもん展TOKYO 2017」への参加など、常にチャレンジをし続ける増田セバスチャン。

     

    海外での活動にも注目しよう。

     

    ■Information

    「ESCAPE FROM ANONYMOUS(E) -Improv Orchestra for the World-」
    日程:2017年11月18日(土)
    参加者ワークショップ:12:00-16:00
    パフォーマンス:16:00開場 16:30開演
    場所:NDSM (Tt. Neveritaweg 61, 1033 WB Amsterdam, Nederland)
    詳細:https://sebas-art.tumblr.com/
    ※作品のメイキングは増田セバスチャンTwitter

    ( https://twitter.com/sebastea )の #オランダ滞在記 で随時更新中。

     

    増田セバスチャン公式サイト:http://m-sebas.asobisystem.com

     

    TALENT PROFILE

    増田セバスチャン

    1995年に”Sensational Kawaii”がコンセプトのショップ「6%DOKIDOKI」を原宿にオープン。2009年より原宿文化を世界に発信するワールドツアー「Harajuku”Kawaii”Experience」を開催。2011年きゃりーぱみゅぱみゅ「PONPONPON」MVの美術で世界的に注目され、六本木ヒルズ「天空のクリスマス2013」のクリスマスツリーや、原宿の観光案内所「MOSHI MOSHI BOX」の世界時計のモニュメントなどを制作。 2014年に初の個展である「Colorful Rebellion ‒Seventh Nightmare-」をニューヨークで開催し、国内外での知名度を高める一方で、11月には1979年に制作された実写人形アニメーション映画をCGや3D加工、色彩処理した『くるみ割り人形』が初監督作品として公開される。同作品で、ゆうばり国際映画祭「京楽ピクチャーズPRESENTSニューウェーブアワード」を受賞。

  • 増田セバスチャンとコラボしたロッテのお菓子「エンジョイハロウィンシリーズ」からKAWAII動画が登場!

    09.September.2017 | FOOD

    「ENJOY HALLOWEEN KAWAII」をテーマに、カワイイ文化の第一人者であるアートディレクター増田セバスチャンがロッテのハロウィン菓子をプロデュース。

    6180

     

    スクリーンショット 2017-09-05 9_55_54_650

    「コアラのマーチ」、「トッポ」、「ガーナ」、「パイの実」など、ロッテの人気お菓子7種類、9つの商品がハロウィンパッケージ仕様になって期間限定で発売中。商品や個包装には、様々なプチ仮装できるデザインがたくさん! 手軽にカワイイ仮装を楽しむことができる。

    スクリーンショット 2017-09-05 10_02_18_650 スクリーンショット 2017-09-05 10_02_16_650

    「ENJOY HALLOWEEN KAWAII」のムービーも公開された! ゆうたろうやMANONが、お菓子のパッケージを使ったカワイイ仮装を披露している。

    顔や目、耳にパッケージをあてて写真を撮影。そしてハッシュタグ「#カワイイハロウィン」を付けて、SNSにアップ!

    スクリーンショット 2017-09-05 9_55_56

    今年のハロウィンパーティーは、ロッテのエンジョイハロウィンシリーズでKAWAIIパーティを盛り上げよう♪

     

    ■Information
    エンジョイハロウィン シリーズ
    発売日:2017年8月29日(火)
    価格:
    エンジョイハロウィン コアラのマーチ <チョコ> 100円
    エンジョイハロウィン トッポ 150円
    エンジョイハロウィン パイの実 150円
    エンジョイハロウィン ガーナシェアパック 313円
    エンジョイハロウィン コアラのマーチシェアパック 313円
    エンジョイハロウィン チョコパイパーティーパック 379円
    エンジョイハロウィン カスタードケーキパーティーパック 379円 Fit’s(フィッツ) <グレープミックス> <ピーチ> 130円
    ※すべてオープン価格。表示価格は想定小売価格(税抜)

     

    ロッテ ホームページ:https://www.lotte.co.jp

    TALENT PROFILE

    ゆうたろう

    透明感ある中性的で綺麗な顔立ちと独自のファッションスタイルや思考がテレビを中心に話題となり、10〜20代の男女を中心に絶大な支持を集めるモデル。 映画「3D彼女 リアルガール」、「おじゃる丸」実写ドラマ、舞台「笑う吸血鬼」「ひらがな男子」等にも出演するなど、その独特な存在感で俳優としても活動の幅を広げる。 公式LINE LIVE ttps://live.line.me/channels/488

  • KAWAII×お菓子で新しいハロウィン体験!増田セバスチャンとロッテがコラボした、期間限定お菓子登場!

    31.August.2017 | FOOD

    「ロッテ(LOTTE)」から、8月29日(火)にハロウィンデザインの新製品「エンジョイハロウィン」シリーズが発売! 日本のハロウィンをもっと楽しんでもらうために、カワイイ文化の第一人者であるアートディレクター増田セバスチャンとコラボレーション。8月28日(月)には、ロッテ「ハロウィンカワイイ プロジェクト」発表会がヨシモト∞ホールにて開催され、千鳥、おかずクラブ、横澤夏子、Fit’s組の福原遥、宇佐卓真、越智ゆらのがオリジナル仮装で登場した。

    ロッテ「ハロウィンカワイイ プロジェクト」発表会 (14) copy

     

    「ENJOY HALLOWEEN KAWAII」をテーマに、「コアラのマーチ」、「トッポ」、「ガーナ」、「パイの実」など、ロッテの人気お菓子7種類、9つの商品が期間限定でハロウィンパッケージに。増田セバスチャンが、パッケージやイメージキャラクターHALLOWEEN FAMILYをデザイン。パッケージの箱裏面やパーティーパック・シェアパックの個包装で手軽にKAWAII仮装を楽しめて、パーティーパックやシェアパックの個包装はハロウィンデザインでお菓子を配るのにも最適♪

    ロッテ『エンジョイハロウィン』シリーズ(8月29日より発売開始) (1) copy

    >>次のページ モンスターカフェとのコラボメニューも

    TALENT PROFILE

    増田セバスチャン

    1995年に”Sensational Kawaii”がコンセプトのショップ「6%DOKIDOKI」を原宿にオープン。2009年より原宿文化を世界に発信するワールドツアー「Harajuku”Kawaii”Experience」を開催。2011年きゃりーぱみゅぱみゅ「PONPONPON」MVの美術で世界的に注目され、六本木ヒルズ「天空のクリスマス2013」のクリスマスツリーや、原宿の観光案内所「MOSHI MOSHI BOX」の世界時計のモニュメントなどを制作。 2014年に初の個展である「Colorful Rebellion ‒Seventh Nightmare-」をニューヨークで開催し、国内外での知名度を高める一方で、11月には1979年に制作された実写人形アニメーション映画をCGや3D加工、色彩処理した『くるみ割り人形』が初監督作品として公開される。同作品で、ゆうばり国際映画祭「京楽ピクチャーズPRESENTSニューウェーブアワード」を受賞。

  • 増田セバスチャンが創るKAWAII世界!インスタレーション展覧会「Point-Rhythm World -モネの小宇宙-」開催

    17.June.2017 | SPOT

    ポーラ ミュージアム アネックスで、KAWAII文化を中心にエンターテイメントやファッション、アートなど様々な分野で活躍するアーティスト・増田セバスチャンによる日本初のインスタレーション展覧会 ”Point-Rhythm World -モネの小宇宙-” が7月21日(金)から期間限定で開催される。

     

    タイトルの”Point-Rhythm” の読み方は「ポイントリズム」。点描画法という意味の「pointillism」とリズム(rhythm)をかけた造語だ。

     

    展覧会では、クロード・モネ「睡蓮の池」をモチーフに増田セバスチャン独自の点描にて会場全体に再構築。約2トンもの色とりどりのマテリアルがリズミカルに展開された増田セバスチャンが提案する新しいモネの世界を観る事が出来る。

    さらに、会場内ではVR ARTと透明液晶を組み合わせた、“増田セバスチャン×モネ” の世界観がさらに拡張される展示も予定。リアルとアンリアルがミックスされた世界観が楽しめる会場構成となっているそう。

    また今回は、ポーラ銀座ビル1階ウィンドウにて、ギャラリー展示と合わせて増田セバスチャンによるディスプレイを展開。会期中には、パフォーマンスイベントも予定されている。
    最新情報についてはホームページからチェック! この機会に増田セバスチャンの世界観を楽しんでみてはいかが。

     

    ■Information

    Point-Rhythm World -モネの小宇宙-
    会期:2017年7月21日(金)〜9月3日(日) ※会期中無休
    入場料:無料
    開館時間:11:00〜20:00 (入場は19:30まで)
    会場:ポーラ ミュージアム アネックス(〒104-0061 中央区銀座1-7-7 ポーラ銀座ビル3階)
    http://www.po-holdings.co.jp/m-annex/

     

    関連記事:東京観光でフォトジェニックな写真を撮るならここ。原宿のフォトスポット7選

     

    関連記事:【東京さんぽ】人気のグラフィティやアートな雑貨屋など個性あふれるスポットがたくさん!原宿を半日散歩

    TALENT PROFILE

    増田セバスチャン

    1995年に”Sensational Kawaii”がコンセプトのショップ「6%DOKIDOKI」を原宿にオープン。2009年より原宿文化を世界に発信するワールドツアー「Harajuku”Kawaii”Experience」を開催。2011年きゃりーぱみゅぱみゅ「PONPONPON」MVの美術で世界的に注目され、六本木ヒルズ「天空のクリスマス2013」のクリスマスツリーや、原宿の観光案内所「MOSHI MOSHI BOX」の世界時計のモニュメントなどを制作。 2014年に初の個展である「Colorful Rebellion ‒Seventh Nightmare-」をニューヨークで開催し、国内外での知名度を高める一方で、11月には1979年に制作された実写人形アニメーション映画をCGや3D加工、色彩処理した『くるみ割り人形』が初監督作品として公開される。同作品で、ゆうばり国際映画祭「京楽ピクチャーズPRESENTSニューウェーブアワード」を受賞。

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US