中田ヤスタカプロデュースの音楽フェス「OTONOKO(オトノコ)」にC&K、新しい学校のリーダーズ出演決定

25.October.2017 | MUSIC

CAPSULE、Perfumeの出演が発表され、昨年にも増して大きな話題となっている音楽フェス「OTONOKO」の第4弾出演者としてC&K、新しい学校のリーダーズの出演が発表された。

 

Perfume、きゃりーぱみゅぱみゅのプロデュースをはじめ、国際的なセレモニーへの楽曲提供などパブリックな作品の他、ハリウッドを始めとする国内外数々の映画楽曲制作にも携わる中田ヤスタカ。世界のアーティストからの支持も厚く日本を代表する音楽家/プロデューサー/DJとして活躍している。

OTONOKO002

昨年も開催し大盛況だった、中田ヤスタカがプロデュースする音楽フェス「OTONOKO(オトノコ)」が、12/2(土)石川県産業展示館4号館にて今年も開催される。

CAKA

A

出演者発表第4弾として、CLIEVY(クリビー)とKEEN(キーン)からなる男性二人組シンガーソングライターユニットC&K、去年もOTONOKOに出演を果たし、10月25日に2ndシングル新曲「キミワイナ’17」のリリースを控えている4人組ダンスパフォーマンスユニット新しい学校のリーダーズの2組が決定した。

 

さらに、金沢駅から会場を行き来するシャトルバスの運行も決定し、24日よりシャトルバスチケットのご購入が可能となっている。

予約・購入はオフィシャルページもしくは下記アドレスからチェックしよう。

http://travel.willer.co.jp/st/3/ja/pc/tour/package/?mcid=28652

 

中田ヤスタカの故郷である金沢から、「OTO(オト)」を通じて世界に発信していく”今までにない新しいフェス” = 「OTONOKO」。

国内外で活動するトップアーティスト/DJであり、現在のPOPシーンを牽引してきたプローサーでもある中田ヤスタカだからこそ生み出せる「OTO(オト)」のラインナップに今後も注目しよう!

 

■Information

Yasutaka Nakata presents 「OTONOKO 2017」

 

開催日程:2017/12/2(土)11:00 open / 13:00 start/ 19:30 closed (予定)

会場:石川県産業展示館4号館

料金:スタンディング 一般前売 6,800円(税込)

発売中

オフィシャルバスツアー:オフィシャルサイトにて受付中

http://travel.willer.co.jp/tour/campaign/live/otonoko/

シャトルバス:10月24日(火)12:00よりオフィシャルサイトにて受付開始

http://travel.willer.co.jp/st/3/ja/pc/tour/package/?mcid=28652
出演者:

中田ヤスタカ / CAPSULE / Perfume / C&K / 岡崎体育 / DAISHI DANCE / tofubeats / 80KIDZ / TeddyLoid / banvox / 新しい学校のリーダーズ(OPENING ACT)

 

「OTONOKO」オフィシャルサイト:http://www.otonoko.com

 

TALENT PROFILE

中田ヤスタカ

‘01年に自身のユニットCAPSULEにてデビュー。日本を代表するエレクトロシーンの立役者であり、Kawaiiダンスミュージックからハードなトラックまで、その独自の感性によって世界中のアーティストから支持を受けている数少ない日本人アーティスト。Madeon、Porter Robinson、Sophie(PC Music)など海外の第一線で活躍中の彼らも「強くインスパイアされたアーティスト」として中田ヤスタカの名を挙げるなど、シーンへの影響力は絶大。 ソロアーティストとして、日本人初となるUltra Music Festival世界公式アンセム(2017)を手がけた「Love don’t lie(feat.ROSII)」、Zedd「Stay」のリミックス、Charli XCXとのコラボが話題となった楽曲「Crazy Crazy」、国内においては映画「何者」(’16)の主題歌「NANIMONO(feat.米津玄師)」などを発表している。 音楽プロデューサーとしてはPerfume、きゃりーぱみゅぱみゅなど数々のアーティストを世に送り出し、国内外のポップシーンを常に牽引してきた。 また、国際的なセレモニーへの楽曲提供などパブリックな作品の他、「LIAR GAME」シリーズのサウンドトラックなど、数々の映画の楽曲制作にも携わっており、ハリウッド映画「スター・トレック イントゥ・ダークネス」では監督であるJ・J・エイブラムスと共同プロデュースによる劇中曲も手がけた。 9月1日には、日清カップヌードル チリトマトヌードル 「White Mystery篇」CM曲で話題となった、中田ヤスタカの十八番とも言えるボーカルカットアップが特徴のカラフルな楽曲「White Cube」を発表。 クラブシーンを核に、時代をナナメに切り取る独自のセンスによって、ゲーム、ファッション、映画まで、その活動は多岐に渡る。

RELATED ENTRIES

  • SUMMER SONIC 2019 中田ヤスタカ&きゃりーぱみゅぱみゅのステージにKizuna AI参加!

    19.August.2019 | MUSIC

    今や世界中に多くの派生を生むKawaiiミュージックの創始者であり、プロデューサーとして“きゃりーぱみゅぱみゅ”や“Perfume”などのアーティストを世に送り出した中田ヤスタカ。

     

    米津玄師やCharli XCXなど国内外アーティストをft.したソロ名義での活動も活発であり、先日新曲「ぴこぴこ東京(ft.眞白桃々)」をリリースしたばかりだが、早くも8月16日に「キズナミ (cover)」が配信スタートしている。この楽曲は、中田が制作したきゃりーぱみゅぱみゅ4thアルバム『じゃぱみゅ』に収録されている「キズナミ」を、バーチャルタレントとしてチャンネル登録者数が世界最大数を誇るKizuna AIが新たにカバーした話題作。その発売を記念し、大阪・東京で開催されたSUMMER SONIC 2019の中田ヤスタカときゃりーぱみゅぱみゅのステージにサプライズゲストとしてKizuna AIが参加、原曲を歌うきゃりーぱみゅぱみゅとKizuna AIが共演する夢のスペシャルコラボレーションステージが実現した。

    RAINBOW STAGEは、前日の大阪に続き本日も入場規制がかかり、この様相からも尋常ではない注目度の高さがうかがい知れる。中田ヤスタカがステージに上がり、1曲目の「ファッションモンスター」のイントロをプレイすると、超満員のオーディエンスが冒頭からヒートアップ!そして中田ヤスタカとお揃いの白い衣装に身を包んだきゃりーぱみゅぱみゅが登場すると会場のボルテージは最高潮に!

    SS ver としてYSTK×KPPのLIVE用に新たに制作された攻撃的なマッシュアップや新アレンジを加え、次々とお馴染みのスマッシュヒット曲を畳み掛けていく。中田ヤスタカの真髄を改めて感じさせられる渾身のステージが披露されていく。「CANDY CANDY」では中田ヤスタカもDJブースの前に駆け出し、きゃりーぱみゅぱみゅの「左左左! 右右右!」の掛け声で超満員のオーディエンスを左右にコントロールしていった。その後も「インベーダーインベーダー」「PON PON PON」「にんじゃりばんばん」などを披露、その合間には今回ならではのアレンジも随所に交えながら、一気にステージ終盤へと駆け抜けていった。

    そして、いよいよ「キズナミ」のイントロがかかり、Kizuna AIのコーラスが入ってくると、きゃりーぱみゅぱみゅが「この声は誰だ??」と煽る。LEDにKizuna AIが映し出されると、オーディエンスは即座に反応!Kizuna AIも「サマソニ〜!」とオーディエンスを盛り上げ、中田ヤスタカ×きゃりーぱみゅぱみゅ×Kizuna AIによる奇跡のコラボレーションパフォーマンスが実現した!

     

    そして「もんだいガール」から、最後に「音ノ国」ではオーディエンス全員がタオルを振り回し、終わってみれば実に19曲にも及ぶ大盛況な宴が幕を閉じた。

    「キズナミ」のKizuna AIバージョンは絶賛配信中なので、こちらも是非チェックしてほしい。

  • 「ASOBINITE!!!」新木場ageHaで開催!中田ヤスタカ・DJ KAORIなど集結

    28.May.2019 | MUSIC / SPOT

    日本のポップカルチャーを牽引するアソビシステムのフラッグシップパーティー「ASOBINITE!!!」が、7月20日(土)新木場ageHa @STUDIO COASTにて開催決定。

     

    日本を代表するプロデューサー“中田ヤスタカ”をレジデントに、ゲストには「THE BIG PARTY」よりクイーン“DJ KAORI”、そして、中田ヤスタカ自身のメインユニット“CAPSULE”のLIVE出演が決定し、約2年ぶりの登場を果たす。さらに、TJO、TeddyLoidなど、実力派DJたちが脇を固める。

    ステージ「WATER」では夏の風物詩「BIKINI NIGHT」を開催。MITOMI TOKOTO、BUNNY、iamSHUM、SHOTAら人気DJがラインナップし、開放感あるオープンエアーのPOOLサイドで盛り上がること間違いなし!

     

    ステージ「BOX」ではVTuberフリークが集結するナイトイベント「VIRTUAFREAK」がスピンオフステージをキュレーション。VTuberをはじめ、VTuberに魅せられた様々なクリエイターたちがageHaへと殴り込み! ラインナップにはレギュラーで出演しているエハラミオリ、バーチャルねこに加え、ワニとコウモリ(ワニのヤカ&高坂はしやん)の出演が決定している。

     

    チケットは5月28日(火)正午より、限定早割チケットが発売となるので早めにチェックしよう。

    TALENT PROFILE

    CAPSULE

    Perfume、きゃりーぱみゅぱみゅのプロデュースをはじめ、「LIAR GAME」シリーズのサウンドトラックや映画「スター・トレック イントゥ・ダークネス」の挿入楽曲ほか国内外数々の音楽制作を手がける“中田ヤスタカ”自身のメインの活動の場となるユニット。1997年にボーカルのこしじまとしこと共に結成。2001年にCDデビュー。作詞・作曲・編曲はもちろん、演奏・エンジニアリングなどすべてを中田ヤスタカ自らが手がけるオールインワンなスタイルから繰り出される自由奔放かつ刺激的な楽曲群に、音楽界のみならず、服飾や美容、映像などクリエイティビティを共有するシーンからも熱い支持を得ている。ワールドワイドの大型フェスにも多数出演し、音響・映像・照明まで徹底的に構築したパフォーマンスでオーディンスを熱狂させている。

  • 中田ヤスタカ、新曲「ぴこぴこ東京(feat. 眞白桃々)」MV公開!制作はアメリカのアーティストSomehoodlumが担当

    17.May.2019 | MUSIC

    日本のエレクトロシーンの立役者、そして今や世界中に多くの派生を生んだKawaiiダンスミュージックの創始者であり、プロデューサーとして “きゃりーぱみゅぱみゅ” や “Perfume” などのアーティストを世に送り出し、映画・ゲーム・ポップシーンまでその活動は多岐に渡る音楽家・中田ヤスタカが、2019年5月17日に新曲「ぴこぴこ東京(feat. 眞白桃々)」をデジタルシングルとしてリリースする。

    そしてこの度、そのミュージックビデオが公開に。今作のビデオの手がけるのはSomehoodlum。アメリカ・ロサンゼルス在住のクリエイターで、21 Savage・Getter・Future・Lil Uzi Vert等の映像作品で知られる、新進気鋭の映像作家が担当した。

     

    中田ヤスタカサウンドに乗せて、クラブ・カルチャー × ゲーム・サウンド× ネオトーキョーが表現された作品に仕上がっている。アメリカ在住の新進気鋭アーティストと制作した鬼才中田ヤスタカの新境地をぜひ堪能してほしい。

    TALENT PROFILE

    中田ヤスタカ

    ‘01年に自身のユニットCAPSULEにてデビュー。日本を代表するエレクトロシーンの立役者であり、Kawaiiダンスミュージックからハードなトラックまで、その独自の感性によって世界中のアーティストから支持を受けている数少ない日本人アーティスト。Madeon、Porter Robinson、Sophie(PC Music)など海外の第一線で活躍中の彼らも「強くインスパイアされたアーティスト」として中田ヤスタカの名を挙げるなど、シーンへの影響力は絶大。 ソロアーティストとして、日本人初となるUltra Music Festival世界公式アンセム(2017)を手がけた「Love don’t lie(feat.ROSII)」、Zedd「Stay」のリミックス、Charli XCXとのコラボが話題となった楽曲「Crazy Crazy」、国内においては映画「何者」(’16)の主題歌「NANIMONO(feat.米津玄師)」などを発表している。 音楽プロデューサーとしてはPerfume、きゃりーぱみゅぱみゅなど数々のアーティストを世に送り出し、国内外のポップシーンを常に牽引してきた。 また、国際的なセレモニーへの楽曲提供などパブリックな作品の他、「LIAR GAME」シリーズのサウンドトラックなど、数々の映画の楽曲制作にも携わっており、ハリウッド映画「スター・トレック イントゥ・ダークネス」では監督であるJ・J・エイブラムスと共同プロデュースによる劇中曲も手がけた。 9月1日には、日清カップヌードル チリトマトヌードル 「White Mystery篇」CM曲で話題となった、中田ヤスタカの十八番とも言えるボーカルカットアップが特徴のカラフルな楽曲「White Cube」を発表。 クラブシーンを核に、時代をナナメに切り取る独自のセンスによって、ゲーム、ファッション、映画まで、その活動は多岐に渡る。

  • ファッション & 音楽イベント「Rakuten GirlsAward 2019 」に山田孝之、SKY-HI、西野七瀬ら出演決定

    10.May.2019 | FASHION / SPOT

    日本最大級のファッション&音楽イベント「Rakuten GirlsAward 2019 SPRING/SUMMER(ラクテン ガールズアワード)」が、2019年5月18日(土)に幕張メッセにて開催される。この度、第四弾の豪華出演者が決定した。

    ゲストには、音楽プロジェクトや自身のドキュメンタリー映画が公開されたりと、俳優という枠にとらわれないマルチな活動を見せる俳優・山田孝之の出演が決定し、今回QALBスペシャルステージにて、初めてプロデューサーとしても活躍することが併せて決定。

    ステージ楽曲は、唯一無二のエレクトロニックサウンドが世界的にも圧倒的に支持されている、中田ヤスタカが今回のステージのためにプロデュース。

    SKY-HI

    TAKUYA∞(UVERworld)

    さらに、ステージではSKY-HIやTAKUYA∞(UVERworld)がモデルとして登場しランウェイを飾る。また、SWAYや八木将康の出演も決定した。

    安達祐実

    さらにランウェイを華やかに彩る豪華モデルには、ガールズイベント初登場となる女優・安達祐実や有村藍里らなど総勢170名以上もの出演者が決定。MEN’S NON-NOスペシャルステージには栁俊太郎と山本涼介らの追加モデルが出演決定している。

    西野七瀬

    新木優子

    また、オシャレとキレイが大好きな女の子に人気のファッション雑誌「non-no」から、non‐noスペシャルステージに乃木坂46卒業後初のガールズイベントとなる西野七瀬と、モデルのみならず女優としてもさらなる活躍の幅を広げている新木優子の追加出演が決定。

     

    豪華出演者が勢ぞろいの今回のガールズアワードにますます期待が高まる!

    TALENT PROFILE

    中田ヤスタカ

    ‘01年に自身のユニットCAPSULEにてデビュー。日本を代表するエレクトロシーンの立役者であり、Kawaiiダンスミュージックからハードなトラックまで、その独自の感性によって世界中のアーティストから支持を受けている数少ない日本人アーティスト。Madeon、Porter Robinson、Sophie(PC Music)など海外の第一線で活躍中の彼らも「強くインスパイアされたアーティスト」として中田ヤスタカの名を挙げるなど、シーンへの影響力は絶大。 ソロアーティストとして、日本人初となるUltra Music Festival世界公式アンセム(2017)を手がけた「Love don’t lie(feat.ROSII)」、Zedd「Stay」のリミックス、Charli XCXとのコラボが話題となった楽曲「Crazy Crazy」、国内においては映画「何者」(’16)の主題歌「NANIMONO(feat.米津玄師)」などを発表している。 音楽プロデューサーとしてはPerfume、きゃりーぱみゅぱみゅなど数々のアーティストを世に送り出し、国内外のポップシーンを常に牽引してきた。 また、国際的なセレモニーへの楽曲提供などパブリックな作品の他、「LIAR GAME」シリーズのサウンドトラックなど、数々の映画の楽曲制作にも携わっており、ハリウッド映画「スター・トレック イントゥ・ダークネス」では監督であるJ・J・エイブラムスと共同プロデュースによる劇中曲も手がけた。 9月1日には、日清カップヌードル チリトマトヌードル 「White Mystery篇」CM曲で話題となった、中田ヤスタカの十八番とも言えるボーカルカットアップが特徴のカラフルな楽曲「White Cube」を発表。 クラブシーンを核に、時代をナナメに切り取る独自のセンスによって、ゲーム、ファッション、映画まで、その活動は多岐に渡る。

  • 中田ヤスタカ、次世代アーティスト眞白桃々をフィーチャーした新曲「ぴこぴこ東京(feat. 眞白桃々)」配信決定

    06.May.2019 | MUSIC

    日本のエレクトロシーンの立役者、そして今や世界中に多くの派生を生んだKawaiiダンスミュージックの創始者であり、プロデューサーとして “きゃりーぱみゅぱみゅ” や “Perfume” などのアーティストを世に送り出し、映画・ゲーム・ポップシーンまでその活動は多岐に渡る音楽家・中田ヤスタカが、2019年5月17日に新曲「ぴこぴこ東京(feat. 眞白桃々)」をデジタルシングルとしてリリースする。

    その新曲でボーカルを務めるのは、眞白桃々。眞白はローソンドリームアーティストオーディションでグランプリを獲得し、昨年リリースした中田ヤスタカのソロアルバム「Digital Native」に収録された「Jump in Tonight (feat. 眞白桃々)」のボーカリストに選ばれメジャーデビューを果たした。次世代アーティストとして期待される眞白桃々のポップな歌声を、中田ヤスタカがどのように昇華させているか、ぜひ期待してほしい。

    TALENT PROFILE

    中田ヤスタカ

    ‘01年に自身のユニットCAPSULEにてデビュー。日本を代表するエレクトロシーンの立役者であり、Kawaiiダンスミュージックからハードなトラックまで、その独自の感性によって世界中のアーティストから支持を受けている数少ない日本人アーティスト。Madeon、Porter Robinson、Sophie(PC Music)など海外の第一線で活躍中の彼らも「強くインスパイアされたアーティスト」として中田ヤスタカの名を挙げるなど、シーンへの影響力は絶大。 ソロアーティストとして、日本人初となるUltra Music Festival世界公式アンセム(2017)を手がけた「Love don’t lie(feat.ROSII)」、Zedd「Stay」のリミックス、Charli XCXとのコラボが話題となった楽曲「Crazy Crazy」、国内においては映画「何者」(’16)の主題歌「NANIMONO(feat.米津玄師)」などを発表している。 音楽プロデューサーとしてはPerfume、きゃりーぱみゅぱみゅなど数々のアーティストを世に送り出し、国内外のポップシーンを常に牽引してきた。 また、国際的なセレモニーへの楽曲提供などパブリックな作品の他、「LIAR GAME」シリーズのサウンドトラックなど、数々の映画の楽曲制作にも携わっており、ハリウッド映画「スター・トレック イントゥ・ダークネス」では監督であるJ・J・エイブラムスと共同プロデュースによる劇中曲も手がけた。 9月1日には、日清カップヌードル チリトマトヌードル 「White Mystery篇」CM曲で話題となった、中田ヤスタカの十八番とも言えるボーカルカットアップが特徴のカラフルな楽曲「White Cube」を発表。 クラブシーンを核に、時代をナナメに切り取る独自のセンスによって、ゲーム、ファッション、映画まで、その活動は多岐に渡る。

  • 中田ヤスタカ・EXILE MAKIDAIなど豪華出演者が集結「ASOBEACH!!!」沖縄で開催

    12.April.2019 | SPOT

    ロングランイベントとして人気を博してきた野外音楽フェス「ASOBEACH!!!(アソビーチ)」が、2019年6月1日(土)・2日(日)の2日間、那覇市・波の上うみそら公園にて開催決定。Food・Music・Artなど、夏を先取りする様々なリゾートイベントが行われる「Okinawa E-motion」(5月18日〜6月2日)のファイナルイベントとして、2年ぶりの開催となる。

    出演者は、日本を代表する音楽プロデューサー/DJの中田ヤスタカ、中田ヤスタカのメインユニットCAPSULE、☆Taku Takahashi(m-flo)、EXILE MAKIDAI(PKCZ®)、TeddyLoid、米良美一、DJやついいちろうなど豪華DJ・アーティストが集結。沖縄の海風を感じながら、多様なジャンルの音楽を楽しめる。現在、プレイガイドにて前売り券発売中。

     

    本イベントが開催される「Okinawa E-motion」では、マジック&フードフェスを融合した「マジックビーチ&ビーチバルウォーク」(5月18日、19日)、きゃりーぱみゅぱみゅ主催の対バンイベント「KPP CAMP」(5月25日)、那覇市飲食店のハシゴイベント「バルウォーク那覇」(5月25日)などを開催。ファイナルを飾る「ASOBEACH!!!」が行われる6月1日(土)・2日(日)は、人気フードフェス「OKINAWA FOOD FLEA」が同時開催されるのでそちらもお見逃しなく。

    TALENT PROFILE

    CAPSULE

    Perfume、きゃりーぱみゅぱみゅのプロデュースをはじめ、「LIAR GAME」シリーズのサウンドトラックや映画「スター・トレック イントゥ・ダークネス」の挿入楽曲ほか国内外数々の音楽制作を手がける“中田ヤスタカ”自身のメインの活動の場となるユニット。1997年にボーカルのこしじまとしこと共に結成。2001年にCDデビュー。作詞・作曲・編曲はもちろん、演奏・エンジニアリングなどすべてを中田ヤスタカ自らが手がけるオールインワンなスタイルから繰り出される自由奔放かつ刺激的な楽曲群に、音楽界のみならず、服飾や美容、映像などクリエイティビティを共有するシーンからも熱い支持を得ている。ワールドワイドの大型フェスにも多数出演し、音響・映像・照明まで徹底的に構築したパフォーマンスでオーディンスを熱狂させている。

  • Kizuna AI ・中田ヤスタカとのコラボ楽曲「AIAIAI」MV公開

    29.March.2019 | MUSIC

    日本で最もYouTubeチャンネル登録者数が多いバーチャルYouTuber・キズナアイと、音楽プロデューサーであり、今や世界中に多くの派生を生んだKawaiiエレクトロニックミュージックの創始者でもある中田ヤスタカのコラボレーション楽曲「AIAIAI (feat. 中田ヤスタカ)」が3月22日(金)0時にリリース。

    本日19:00よりKizuna AIのYouTubeチャンネル「A.I.Channel」にてミュージックビデオが公開となるのでお見逃しなく!

    TALENT PROFILE

    中田ヤスタカ

    ‘01年に自身のユニットCAPSULEにてデビュー。日本を代表するエレクトロシーンの立役者であり、Kawaiiダンスミュージックからハードなトラックまで、その独自の感性によって世界中のアーティストから支持を受けている数少ない日本人アーティスト。Madeon、Porter Robinson、Sophie(PC Music)など海外の第一線で活躍中の彼らも「強くインスパイアされたアーティスト」として中田ヤスタカの名を挙げるなど、シーンへの影響力は絶大。 ソロアーティストとして、日本人初となるUltra Music Festival世界公式アンセム(2017)を手がけた「Love don’t lie(feat.ROSII)」、Zedd「Stay」のリミックス、Charli XCXとのコラボが話題となった楽曲「Crazy Crazy」、国内においては映画「何者」(’16)の主題歌「NANIMONO(feat.米津玄師)」などを発表している。 音楽プロデューサーとしてはPerfume、きゃりーぱみゅぱみゅなど数々のアーティストを世に送り出し、国内外のポップシーンを常に牽引してきた。 また、国際的なセレモニーへの楽曲提供などパブリックな作品の他、「LIAR GAME」シリーズのサウンドトラックなど、数々の映画の楽曲制作にも携わっており、ハリウッド映画「スター・トレック イントゥ・ダークネス」では監督であるJ・J・エイブラムスと共同プロデュースによる劇中曲も手がけた。 9月1日には、日清カップヌードル チリトマトヌードル 「White Mystery篇」CM曲で話題となった、中田ヤスタカの十八番とも言えるボーカルカットアップが特徴のカラフルな楽曲「White Cube」を発表。 クラブシーンを核に、時代をナナメに切り取る独自のセンスによって、ゲーム、ファッション、映画まで、その活動は多岐に渡る。

  • 新しい学校のリーダーズ レコ発ワンマンライブツアーファイナルにH ZETT M参戦決定!

    20.March.2019 | MUSIC

    4月6日(土)に渋谷WWW Xにて行われる、新しい学校のリーダーズのレコ発ツアーファイナルとなる、「無名ですけど東名阪ワンマン ~有名になんかなりたくない。なりたいけど。~其の二」にスペシャルゲストとして「H ZETT M(エイチゼットエム)」の緊急参戦が決定した。

    奇才ピアニストH ZETT Mは、3月6日にリリースされた新しい学校のリーダーズの2ndアルバム「若気ガイタル」の全楽曲のサウンドプロデュースを担当しており、ライブ共演が実現。

    新しい学校のリーダーズの楽曲を生音で感じれる機会はほとんどなく、ファンならずとも極上のピアノサウンドに酔いしれることができるだろう。

     

    またバックバンドには、年末のビッグフェスでの演奏が記憶に新しいDrums吉田雄介(tricot)、Bass越智俊介a.k.aオチザファンク(CRCK/LCKS)、Guiter西田修大(吉田ヨウヘイgroup)の参加が決定している。

    TALENT PROFILE

    新しい学校のリーダーズ

    模範的なヤツばかりが評価される時代、くだらない不寛容社会から、個性と自由ではみ出していく 踊るセーラー服と奇行癖。その名も「新しい学校のリーダーズ」 攻めの利いたダンスとサウンド、独特なキャラクターとMCを武器に2015年7月から全国各地でライブ活動する傍ら、コイケヤ、UNIQLO、GooglAndroid、ロッテFit’s等の企業と、はみ出し具合が絶妙なコラボや出演を重ね、じわり若者に刺さりはじめているらしい。むむむ。

  • Kizuna AI ・中田ヤスタカとのコラボ楽曲「AIAIAI」リリース決定

    11.March.2019 | MUSIC

    日本で最もYouTubeチャンネル登録者数が多いバーチャルYouTuber・キズナアイと、音楽プロデューサーであり、今や世界中に多くの派生を生んだKawaiiエレクトロニックミュージックの創始者でもある中田ヤスタカのコラボレーション楽曲「AIAIAI (feat. 中田ヤスタカ)」が3月22日(金)にリリースされる。また、Kizuna AI初のアルバム「hello, world」が5月15日(水)に発売されることも決定した。

    2018年12月8日、中田ヤスタカが自身のInstagramにキズナアイの動画を見ている様子が投稿され、その投稿をキャプチャーした画像がキズナアイのTwitterに転載された。中田ヤスタカがキズナアイと楽曲制作を進めていることが明らかになり、大きな話題に。

    2018年末に開催したバーチャルYouTuber史上最大規模の単独2daysライブ「Kizuna AI 1st Live “hello, world”」では本楽曲をフルバージョンで初披露、中田ヤスタカのステージでも披露され、ファンを熱狂させてきた。そんな各所で大きな話題を呼んできたAIAIAI (feat. 中田ヤスタカ)の今後の動きにも注目が集まる。

    Kizuna AI初のアルバム「hello, world」の限定版では、すでに「新たな伝説の始まり」と語られつつある、バーチャルYouTuber史上最大規模となった「Kizuna AI 1st Live “hello, world”」の熱をそのままパッケージしたLive映像を収録。さらに豪華版には、9週連続でリリースした楽曲を中心に、今回限りの特別シングルカット盤10枚を含むアーティスト「Kizuna AI」の完全版が届けられる。

     

    コラボ楽曲とあわせてアルバムの発売も楽しみにしていてほしい。

    TALENT PROFILE

    中田ヤスタカ

    ‘01年に自身のユニットCAPSULEにてデビュー。日本を代表するエレクトロシーンの立役者であり、Kawaiiダンスミュージックからハードなトラックまで、その独自の感性によって世界中のアーティストから支持を受けている数少ない日本人アーティスト。Madeon、Porter Robinson、Sophie(PC Music)など海外の第一線で活躍中の彼らも「強くインスパイアされたアーティスト」として中田ヤスタカの名を挙げるなど、シーンへの影響力は絶大。 ソロアーティストとして、日本人初となるUltra Music Festival世界公式アンセム(2017)を手がけた「Love don’t lie(feat.ROSII)」、Zedd「Stay」のリミックス、Charli XCXとのコラボが話題となった楽曲「Crazy Crazy」、国内においては映画「何者」(’16)の主題歌「NANIMONO(feat.米津玄師)」などを発表している。 音楽プロデューサーとしてはPerfume、きゃりーぱみゅぱみゅなど数々のアーティストを世に送り出し、国内外のポップシーンを常に牽引してきた。 また、国際的なセレモニーへの楽曲提供などパブリックな作品の他、「LIAR GAME」シリーズのサウンドトラックなど、数々の映画の楽曲制作にも携わっており、ハリウッド映画「スター・トレック イントゥ・ダークネス」では監督であるJ・J・エイブラムスと共同プロデュースによる劇中曲も手がけた。 9月1日には、日清カップヌードル チリトマトヌードル 「White Mystery篇」CM曲で話題となった、中田ヤスタカの十八番とも言えるボーカルカットアップが特徴のカラフルな楽曲「White Cube」を発表。 クラブシーンを核に、時代をナナメに切り取る独自のセンスによって、ゲーム、ファッション、映画まで、その活動は多岐に渡る。

  • 新しい学校のリーダーズ MIZYU 職人女子力 バリスタ極め道 withレーコールバンタン その3 〜ココア&抹茶でラテアート〜

    06.March.2019 | FEATURES / FOOD

    個性と自由ではみ出し、強めに生きている『新しい学校のリーダーズ』が、レコールバンタンの「カフェ&バリスタ学科」に体験入学! 今回は、1年前にも体験したラテアートの応用編。ココアと抹茶を使ったラテアートに挑戦します。3週連続のこの企画も今回が最終回、有終の美を飾れるか?

    今回も引き続き、佐藤講師に教えていただきます。ココアや抹茶はエスプレッソよりも泡の量が少ないため、キレイなアートを作るにはしっかり泡を立てることが重要です。茶筅を使うときめ細かい泡が立つのでオススメだそう。

    まずは佐藤講師のお手本です。ハートのアートに、ニューアルバムのタイトル「若気ガイタル」の「若気」と描いてくれました!

    まずは、SUZUKAがココアのラテアートにチャレンジ! ココア5g、砂糖8g、お湯25gを茶筅でゆっくり混ぜます。

    ココアをカップに移したら、温めたフォームドミルクを注ぎます。最初は高い位置から落として、カップに近づけます。最後に表面すれすれの場所で縦に動かすことでハートの形が作れます。

    SUZUKAはハートというよりおしりのような形に見えたので、「おしり」の文字を描きました。

    お次はKANONが挑戦。先生に手伝ってもらいながら、ハートを作ります。

    ハートが割れて、横顔に見えたので、KANONは顔を描くことに!

    MIZYUとRINは抹茶で挑戦。抹茶もココアと作り方は同様です。抹茶2g、お湯25g、砂糖をお好みで入れて、しっかり茶筅で泡立てます。

    フォームドミルクを注いでいきます。バリスタ顔負けの佇まいで、ラテを作るMIZYU。さて上手にできたかな?

    キレイにハートが描けました。抹茶なので「茶」と描きました。

    RINは抹茶の「抹」を描いて、2つで「抹茶」の文字に。

    4人の個性あふれるラテアートが完成! 2回目の挑戦で前回よりも上達したのか、みんなキレイにハートが作れていました。

     

    初めてのココアと抹茶のラテアートはどうだった?

    SUZUKA 「普通のココアと違って、ミルクの滑らかさに驚き! 美味しい♡」

    KANON 「ラテアートは2回目だったけど、前回よりは上手くできたかな?」

    MIZYU 「前回のエスプレッソより難しかった。牛乳が思うような場所にいかなかったです」

    RIN 「抹茶って家で飲むとの全然違う! 自分で作ったのにお店の味みたい!」

     

    佐藤講師「エスプレッソじゃなくても、ラテアートはできます。ただ、粉末によって注ぎやすさが変わるので、ベースのドリンクの泡をしっかり立てることが重要ですね」

     

    思い思いのラテアートができて大満足!

     

    最後に佐藤講師がニューアルバム「若気ガイタル」のラテアートを作ってくれました! これで3週に渡ってお届けしたレコールバンタンの特別授業は終了。ありがとうございました!

    TALENT PROFILE

    新しい学校のリーダーズ

    模範的なヤツばかりが評価される時代、くだらない不寛容社会から、個性と自由ではみ出していく 踊るセーラー服と奇行癖。その名も「新しい学校のリーダーズ」 攻めの利いたダンスとサウンド、独特なキャラクターとMCを武器に2015年7月から全国各地でライブ活動する傍ら、コイケヤ、UNIQLO、GooglAndroid、ロッテFit’s等の企業と、はみ出し具合が絶妙なコラボや出演を重ね、じわり若者に刺さりはじめているらしい。むむむ。

  • 新しい学校のリーダーズ MIZYU 職人女子力 バリスタ極め道 withレーコールバンタン その2 〜チョコラータ〜

    05.March.2019 | FEATURES / FOOD

    個性と自由ではみ出し、強めに生きている『新しい学校のリーダーズ』が、レコールバンタンの「カフェ&バリスタ学科」に体験入学! 前回コーヒーの手網焙煎をマスターした4人、今回は、イタリアでよく飲まれている「チョコラータ」を初体験します。

    教えていただくのは、前回と同じく佐藤講師

    「チョコラータ」とは、イタリアでよく飲まれているドリンク。カカオパウダーにコーンスターチーが入ったもので、ココアに似ているけれど、ホットチョコレートに近くどろっとしているのが特徴です。市販されているチョカオという粉を使えば作れるので、家で再現することも可能です。

    チョカオ20gを100gの牛乳で割って、スチーマーで90℃まで加熱します。

    カップに移したら、生クリームとココアパウダーをふりかけて、甘く仕上げるのが特徴です。

    では、MIZYUが挑戦! チョカオを牛乳で割ったら、しっかり混ぜます。

    スチーマーを使ってチョコラータを温めます。メンバーみんなで応援!

    カップに移して、生クリームを絞ります。

    高く積み上げすぎて、斜めに倒れてしまいましたが、そこはご愛嬌。

    MIZYU特製チョコラータの完成です。

    飲み物にしてはかなりどろっとしているのが特徴。スプーンを使っていただきます。

     

    さて、お味の感想は?

    SUZUKA 「糖分が頭まで回りそうな甘さ!」

    MIZYU 「これが飲み物とは驚き! 飲むのには甘いけど、スイーツと思えば美味しい!」

    RIN 「海外の人の感覚ってすごい!」

    KANON 「いちごとかバナナとかつけたら美味しそう。今度みんなでこれを使ってチョコレートフォンデュ会をしよう!」

     

    佐藤講師 「世界には様々なドリンクがあります。ドリンクの種類は幅広く、食べるようなドリンクもあるのが面白いですよね」

     

    今回、これまで知らなかった「チョコラータ」を体験した4人。次回の授業は、ココアと抹茶を使ったラテアート。最終回をお楽しみに!

    TALENT PROFILE

    新しい学校のリーダーズ

    模範的なヤツばかりが評価される時代、くだらない不寛容社会から、個性と自由ではみ出していく 踊るセーラー服と奇行癖。その名も「新しい学校のリーダーズ」 攻めの利いたダンスとサウンド、独特なキャラクターとMCを武器に2015年7月から全国各地でライブ活動する傍ら、コイケヤ、UNIQLO、GooglAndroid、ロッテFit’s等の企業と、はみ出し具合が絶妙なコラボや出演を重ね、じわり若者に刺さりはじめているらしい。むむむ。

  • 新しい学校のリーダーズ MIZYU 職人女子力 バリスタ極め道 withレーコールバンタン その1 〜手網焙煎〜

    04.March.2019 | FEATURES / FOOD

    個性と自由ではみ出し、強めに生きている『新しい学校のリーダーズ』の4人が、レコールバンタンの「カフェ&バリスタ学科」の体験入学するチャレンジ企画! 3週連続で配信するこの企画、第1回目はバリスタの基本と言えるコーヒー豆の焙煎に挑戦。レコールバンタンの制服とソムリエエプロンを着こなして、見た目からバリスタを気取りでスタート!

    今回、教えていただいたのは、エスプレッソ・イタリアーノ・テイスターの資格を持つ佐藤講師。レコールバンタンで講師を務めながら、飲食店舗などでのバリスタトレーニング、機材やメニューの提案、サービス指導などのコンサルタント業、セミナーなどフリーランスで活動中。

    今回の授業は、コーヒーに欠かせない焙煎をマシーンを使わずに自分の手で行う「手網焙煎」。コーヒー豆をコーヒーにするには、生の状態から焙煎する作業が必要。通常は焙煎機を使って焙煎しますが手網ですることで、コーヒーがどのような変化を経て焙煎されるかが分かるので、焙煎の基礎知識をつけることができます。

    まずは、コーヒー豆を選別します。ハンドキックという作業で、虫食いやカビがある豆を取り除きます。はじくコーヒー豆はもったいないけど、コーヒーの味を決める重要な作業! 「チョコレートの匂いみたい!」とKANON。

    選別した豆を手網に入れたら、ガスコンロの火にかけます。まずは「蒸らし」の作業。ガスコンロから離した高めの位置、遠火で煽って豆の水分を抜いていきます。8〜10分かかるので、メンバー4人で力を合わせて交代で行うことに。

    全体の水分が抜けてきて黄色くなってきたら、「蒸発」の段階。手網をガスコンロに近づけて、水分を蒸発させてしっかり乾燥させます。これも8分くらいおこないます。豆の薄皮が取れて下に落ち、音も軽くなってきました。

    最終工程は、「焦がし」。火に近づけてしっかり煽ります。ハゼというパチパチと弾ける音がしてきます。コーヒー豆の中の炭酸ガスが弾けて、コーヒー豆の香りが漂ってきます。「煙が上がってきた!」とRIN。

    今回は中煎りにすることに。酸味、苦味、甘みのバランスが良く、日本人が好きな一般的なコーヒーの味わいです。栗色になったらバットに移してドライヤーで熱を冷まします。これで手網焙煎は終了。生の豆から、私達が知っているコーヒー豆の状態になりました。

    コーヒー豆を挽いたら、コーヒーを実際に淹れて試飲しましょう。今回使ったのは、エチオピア100%のコーヒー豆で、ベリーのような柑橘系のフレーバーが特徴。

    自分で焙煎したコーヒーを飲んだ感想は?

     

    KANON 「手網を振るのが大変だったので、バリスタになるのは筋肉をつけなきゃいけないと思いました!」

    RIN 「ブラックコーヒーって飲みにくいイメージがあったけど、さっぱりしててすっと飲めました」

    SUZUKA 「機械じゃなくて自分の手でやるから愛情が湧きますね」

    MIZYU 「実はコーヒーは苦手だけど、美味しく飲みやすかったです」

     

     

    佐藤講師 「コーヒーは品種はもちろん、焙煎でも味が変わります。コーヒーの焙煎に手間がかかっていることを知って、コーヒーにもっと興味を持ってくれる人が増えれば幸いです」

    手網焙煎をマスターし、バリスタ気分も盛り上がってきた4人。次回の授業は、イタリアのドリンク「チョコラータ」。お楽しみに!

    TALENT PROFILE

    新しい学校のリーダーズ

    模範的なヤツばかりが評価される時代、くだらない不寛容社会から、個性と自由ではみ出していく 踊るセーラー服と奇行癖。その名も「新しい学校のリーダーズ」 攻めの利いたダンスとサウンド、独特なキャラクターとMCを武器に2015年7月から全国各地でライブ活動する傍ら、コイケヤ、UNIQLO、GooglAndroid、ロッテFit’s等の企業と、はみ出し具合が絶妙なコラボや出演を重ね、じわり若者に刺さりはじめているらしい。むむむ。

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US