お花見を楽しめる全国各地のおすすめ温泉7選

23.March.2018 | FEATURES / SPOT

まだ肌寒い日が続いていますね。今回紹介するのは、桜が楽しめる全国のおすすめ温泉。お湯につかりながらお花見ができるなんて贅沢な体験ですよね。ぜひチェックしてみてくださいね。

 

 

Ayumi Watanabeさん(@op_n_tetsuo)がシェアした投稿


福島県「丸峰観光ホテル」

こちらの宿の魅力は、なんといっても、大きな展望風呂!大迫力のパノラマビューの温泉では、四季折々の景色を楽しむことができます。桜が美しい季節にぴったりの露天風呂は、男女それぞれに沿ったテーマやデザインが魅力的。もちろん、カップルや家族連れにおすすめの、露天風呂付き客室のプランもありますよ。

 

■Information

丸峰観光ホテル

住所:福島県会津若松市大戸町大字芦ノ巻字下夕平1128

TEL:0242922121

URL:http://www.marumine.co.jp

 

 

 

Wataru Inoueさん(@watapoiktm)がシェアした投稿

福島県「金蘭荘花山」

こちらの露天風呂「屋形の湯」では、屋形船の形をしたお風呂に浸かり、周りの大自然を楽しむことができます。金蘭荘花山特有の珍しいお風呂が魅力的です。とにかく自然と一体化したようなお風呂が非日常の体験を提供してくれます。

 

■Information

磐梯熱海温泉 金蘭荘花山

住所福島県郡山市熱海町熱海4-321

TEL:024-984-2111

URL:http://www.kinranso.jp

 

 

 

mariさん(@h.s.mm.r)がシェアした投稿


 新潟県「風雅の宿長生館」

こちらは、古くからこの地域で親しまれてきた、とっても歴史のある温泉なんだとか。なんと開湯700年の歴史があり、まさに自然と歴史を感じることができる温泉です。開花シーズンになると目の前に大きな桜が広がり、思わずうっとりしてしまいますよ。

 

■Information

風雅の宿長生館

住所:新潟県阿賀野市村杉4632-8

TEL:0250662111

URL:http://www.chouseikan.co.jp

 

 

 

栃木県「湯けむりの里柏屋」

こちらの宿には4つの露天風呂があり、どれも栃木の大自然を感じることができる癒しの湯です。男女それぞれのコンセプトが楽しいですよ。2つの貸切露天風呂には、パノラマビューの大きな窓がついており、外の景色を存分に楽しむことができます。

 

■Information

湯けむりの里 柏屋

住所:栃木県日光市川治温泉高原62

TEL:0288-78-0002

URL:https://www.kashiwaya-kawaji.jp

 

 

 

Tatsuya Satoさん(@tatsukochin)がシェアした投稿


山梨県「ホテル神の湯温泉」

こちらの大浴場には、なんと7種類ものお風呂があり、自分好みの浴槽を見つけることができます。関東で2番目に大きい樽風呂が魅力的です。更にこの宿では富士山×星空×夜桜が体験できます。まさに贅沢な温泉ですよね。

 

■Information

ホテル神の湯温泉

住所:山梨県甲斐市竜地17

TEL:0551-28-5000

URL:https://www.kaminoyu-onsen.com

 

 

 

岐阜県「望川館」

「川」という宿の名前の通り、川の存在を近くに感じられるこちらの温泉は、カップルに嬉しいプランや、ゆったりとくつろげるプランが人気なのだとか。食事には地元飛騨の「飛騨牛」や、日本一の清流に選ばれた飛騨馬瀬川の水で育てられた「コシヒカリ」を楽しめるそうです。大ヒット映画「君の名は。」でも話題になった飛騨高山にぜひ足を運んでみてくださいね。

 

■Information

望川館

住所:岐阜県下呂市湯之島190-1

TEL:0576252048

URL:https://www.bosenkan.co.jp

 

 

 

sum178さん(@sum178)がシェアした投稿

兵庫県「朝野家」

こちらの宿の露天風呂には、「彦星」と、「織姫」があります。女湯の織姫では、頭上に大きな桜が咲き誇ります。カップルや、家族に嬉しい貸切風呂もあります。足湯もあるそうなので、観光帰りに寄ってみるのもいいかもしれませんね。

 

■Information

朝野家

住所:兵庫県美方郡新温泉町湯1269

TEL:0796921000

URL:http://www.asanoya.co.jp

 

 

 

いかがでしたか?ぜひ各地の数々の温泉で贅沢な時間を過ごしてみてくださいね。

RECOMMENDED ENTRIES

  • 春がベストシーズンな日本国内の旅行先7選

    18.March.2018 | FEATURES / SPOT

    桜が美しい春に日本旅行を考えている方が多くいらっしゃるのでは?日本全国には春が生み出す美しい風景が溢れる名所が盛りだくさんです。

    そこで今回は春がベストシーズンな日本国内の旅行先をご紹介します!

     

    秋田県「刺巻湿原」

    広さ約3haの湿地帯一面に咲く、刺巻湿原のミズバショウ。湿地内には遊歩道が設けられ、気軽に花を観賞できます。見頃の4月中旬から5月上旬には「刺巻水ばしょう祭り」が開催され、郷土料理や特産品などが販売されるそうです。名湯として知られる乳頭温泉郷も合わせておすすめです。

     

    ■Information

    刺巻湿原

    住所:秋田県仙北市田沢湖刺巻

    URL:http://www.city.semboku.akita.jp/sightseeing/spot/04_sashimaki.html

     

     

     

     福島県郡山市 桜

    福島県「郡山市のお花見」

    郡山市は、東北地方の最南部・福島県の中央に位置しており、東北新幹線が停車するため東北の玄関口となっている経済都市です。日本の四季を感じる絶好のスポットで、特に春は、樹齢約400年の壮大な“しだれ桜”を鑑賞できる名所や、日本最古級のソメイヨシノをはじめ約1,300本の桜が咲き誇る開成山公園の桜並木など、4月上旬~下旬には市内のあちこちで桜が咲き誇ります。

    詳しくはこちら:https://www.moshimoshi-nippon.jp/ja/93841

     

    Masahiro Ohataさん(@nagipin)がシェアした投稿

    千葉県「いすみ鉄道」

    一面の菜の花のなかを走る列車として人気の千葉・いすみ鉄道。全線26.8km中、約15kmに渡って、沿線に菜の花畑が広がっています。乗車して車窓から菜の花を眺めるのも、乗らずに沿線そばから黄色い菜の花と鉄道の様子を眺めるのも、どちらも春を満喫できること間違いなしです。

     

    ■Information

    いすみ鉄道

    住所:千葉県夷隅郡大多喜町大多喜264

    TEL:0470−82−2161

    URL:http://www.isumirail.co.jp/

     

     

     

    千葉県「マザー牧場」

    千葉県・房総半島にある花と動物のテーマパーク「マザー牧場」。1年中いつ訪れても、四季折々の草花と可愛い動物たちのふれあいが待っていますが、春にはどこまでも続く菜の花畑を見ることができます。お子様とのお出かけにおすすめの旅行先です!

     

    ■Information

    マザー牧場

    住所:千葉県富津市田倉940−3

    営業時間:土日祝9:00-17:00 平日9:30-16:30

    URL:http://www.motherfarm.co.jp

     

     

     

    むらすけさん(@ntmurasuke)がシェアした投稿

    富山県「富山湾」

    3月から6月上旬にかけて、産卵のためにたくさんのほたるいかが押し寄せる富山湾。特に4月はもっとも産卵が活発な時期で、ほたるいかの幻想的な光を船から観賞する、“海上観光”を楽しむのにうってつけの季節です。幻想的なほたるいかの姿が気になりますね。

     

    ■Information

    富山湾

    住所:富山県富山市東岩瀬町海岸通り5

    とやま観光ナビ:http://www.info-toyama.com/tokushu/toyama-bay/

     

     

     

    京都府「京都府立植物園」

    京都府立植物園では、平成30年3月25日(日)~4月8日(日)に「桜ライトアップ2018」を、4月13日(金)~4月16日(月)に園職員による「桜散歩」が実施されます。約7,000㎡の敷地、約250本の桜が楽しめる京都府立植物園で様々な桜が楽しめますよ。その他にも貴重な植物を保有しているそうなので、ぜひ足を運んでみてくださいね。

    詳しくはこちら:https://www.moshimoshi-nippon.jp/ja/89813

     

    ■Information

    京都府立植物園

    住所:京都市左京区下鴨半木町

    営業時間:午前9時~午後5時 (入園は午後4時まで)

         3月25日(日)~4月8日(日)は桜ライトアップのため午前9時~午後9時(入園は午後8時まで)

         4月9日(月)~5月31日(木)は春の開園時間延長のため午前9時~午後6時30分(入園は午後6時まで)

    TEL:075-701-0141

    料金:一般200円、高校生150円、中学生以下無料

       70歳以上の方(要証明提示)と障害者手帳提示の方は無料(温室観覧料を含む)

    URL:http://www.pref.kyoto.jp/plant/

    桜ライトアップ2018

    場所:京都府立植物園「桜林」エリア

    開催期間:平成30年3月25日(日)~4月8日(日)

    開催時間:日没後(午後6時30分頃)~午後9時 (入園は午後8時まで)

             ※期間中は通常午後5時までの開園時間を午後9時まで延長 (入園は午後8時まで)

    桜散歩

    場所:園内の桜品種見本園を中心としたエリア

    開催日時:平成30年4月13日(金)・16日(月) 午後1時~1時45分

          平成30年4月14日(土)・15日(日) 午後1時~1時45分、午後5時~5時45分

           ※4月9日(月)~5月31日(木)は春の開園時間延長期間のため、通常午後5時までの開園時間を午後6時30分まで延長(入園は午後6時まで)

         ※参加希望者は午後1時または5時に植物園会館前に集合。

     

     

    長崎県「ハウステンボス」

    ハウステンボスでは、3月はチューリップの最盛期にあたり、「チューリップ祭」と題したイベントが開催されます。昼は日本最多の700品種が観賞でき、夜は有機ELパネルで輝く光のチューリップのショーも開催されるそう。昼夜問わず幻想的な花畑の光景を楽しんでみてくださいね。

     

    ■Information

    ハウステンボス

    住所:長崎県佐世保市ハウステンボス町1−1

    営業時間:9:00-22:00

    URL:https://www.huistenbosch.co.jp

     

     

    いかがでしたか?ぜひ春の日本旅行の参考にしてみてくださいね。

  • 部屋の中、お風呂まで桜づくし!?桜が楽しめるホテル・旅館プラン5選

    13.March.2018 | FEATURES / SPOT

    だんだんと春の陽気が近づき、桜のニュースも目にするようになってきましたね。
    今回は色々な場所から桜が楽しめる、桜・お花見にちなんだ宿泊プランを紹介します。

     

     

    czMjYXJ0aWNsZSMyOTc2NyMxOTUxOTcjMjk3NjdfQUFDeGNHSHd2SS5qcGc
    星のや京都
    京都府・嵐山にある全室リバービューの旅館「星のや京都」が、「奥嵐山の花見逗留 (とうりゅう)」をテーマに、花見を楽しむアクティビティを開催。
    屋形舟で花見をする「さくら舟」、ヤマザクラの目の前に席を設える「さくら茶会」、ライトアップした桜を見ながらの夕食「夜桜ディナー」といった、時間と場所を変えて奥嵐山の桜の景色を楽しむ体験を提供する。

    詳しくはこちら:https://www.moshimoshi-nippon.jp/ja/85363

     

    ◼︎Information

    星のや京都

    住所:京都府京都市西京区嵐山元録山町11-2/客室数 25室

    URL:https://hoshinoya.com/kyoto/

     

     

     

    main50

    東伊豆・北川温泉「吉祥CAREN」
    2月上から様々な種類のが咲き、相模湾を背景にお花見風呂などが堪能できる「吉祥CAREN」。
    日本百名月にも選ばれた「伊豆北川温泉ムーンロード」の望めは絶景だ。その他にも、海面に描かれる幻想的な絶景を、客室や温泉から楽しむことができる。

    詳しくはこちら:https://www.moshimoshi-nippon.jp/ja/87892

     

    ◼︎information

    吉祥CAREN(東伊豆・北川温泉)

    住所:静岡県賀茂郡東伊豆町北川温泉

    TEL:0557-23-1213

    URL:http://www.kissho-caren.com/

     

     

     

     

    4c5cde6c8dec8babba6e65050bed131c
    横浜ベイホテル東急
    期間限定で、春の訪れを告げる“桜”を堪能することのできる宿泊プラン「さくら日和」を提供。
    部屋のバルコニーで海風を感じながらその桜並木を眼下に望むことができ、横浜ベイホテル東急ならではの方法でお花見を楽しむことができる。

    詳しくはこちら:https://www.moshimoshi-nippon.jp/ja/94584

     

    ■Information

    宿泊プラン「さくら日和」

    期間:2018年3月25日(日)~4月8日(日)

    客室:エグゼクティブツイン パークビュー(バルコニー付き)

    料金:お1人様 11,500円~(税金・サービス料込み)

    ※1室2名様ご利用時の1名様料金です

    特典:

    ①ご出発日に中国料理「トゥーランドット 游仙境」(3階)にてランチコース&桜スイーツ

    ※平日はデザートブッフェ、土・日曜日は桜スイーツのプレート付き

    ②ランチの食前酒に“さくらカクテル”をプレゼント

    ③レイトチェックアウト 12:00(通常11:00)

     

    TEL:045-682-2222

    URL:https://ybht.co.jp/stay/

     

     

     

    main17

    ホテルオークラ神戸
    スイートルームを桜のアートフラワーで装飾し「アートフラワースイート~桜~」としてステイプランを1日1室限定で販売。部屋の玄関から、リビングルーム、ベッドルームにいたるまで随所に桜を配し、部屋にいながらお花見気分が楽しめる。さらに、カフェレストラン「カメリア」にて”桜あんぱん”を販売するなど、館内が桜ずくしに。

    詳しくはこちら:https://www.moshimoshi-nippon.jp/ja/93131

     

    ■Information

    ホテルオークラ神戸

    住所:神戸市中央区波止場町2-1

    TEL:078-333-0111

    アクセス:JR阪神線 元町駅より徒歩10分、各線「三宮」駅よりシャトルバス運行(土・日曜日、祝日は新幹線「新神戸」駅を経由)

    URL:https://www.kobe.hotelokura.co.jp/

     

     

     

     

    ffb99f5fca7692a5a41cea8630d0431e
    星野リゾート界 鬼怒川
    都内から電車・車で約2時間。温泉地として人気が高く、世界遺産や有名景勝地にも近い栃木県・鬼怒川温泉。2018年4月11日~20日の間、夜桜を眺めながら会席料理を楽しめる「夜桜ダイニング」が1日2組限定で登場する。また、満開の桜を愛でながら名湯鬼怒川温泉の湯浴みができる「花見露天」も楽しめる。

    詳しくはこちら:https://www.moshimoshi-nippon.jp/ja/93063

     

    ■Information

    界 鬼怒川

    住所:栃木県日光市鬼怒川温泉滝308

    TEL:0570-073-011

    URL:http://kai-ryokan.jp/kinugawa/features/spring/index.html

     

     

    いかがでしたか?
    春休みの旅行の参考にしてみてくださいね。

     

  • 夜桜が美しい!東京都内の夜桜&ライトアップスポット7選

    09.February.2018 | FEATURES / SPOT

    もうすぐ桜が咲く季節。昼間に見る桜ももちろん美しいですが、ライトアップされた夜桜を見るのもおすすめです。そこで今回は東京都内の夜桜&ライトアップスポットを紹介します。

     

    千鳥ヶ淵周辺

    kiyotakaさん(@kiyotakakubo)がシェアした投稿

    千鳥ヶ淵は都内屈指の桜の名所として知られています。広いお堀にソメイヨシノが満開になると、平日・休日を問わず多くの観光客が集まります。千鳥ヶ淵緑道内にはボートがあり、のんびりと桜を眺めるのもおすすめです。

     

    ■Information

    住所:東京都千代田区 九段南2丁目

    例年の見ごろ:3月下旬~4月上旬

    ライトアップ期間:日没(18:00頃)~22:00 ※天候により中止・変更あり

     

     

    六義園

    六義園は、駒込駅から徒歩7分の位置のある公園です。シダレザクラが有名で、江戸時代の広大な大名庭園を見ることができます。園内の「吹上茶屋」では和菓子やお茶を楽しむことができ、付近には文京グリーンコートなどの商業施設もあるため、家族で楽しむことができます。

     

    ■Information

    住所:東京都文京区本駒込六丁目

    例年の見ごろ:3月中旬~4月上旬

    URL:https://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index031.html

     

    六義園「しだれ桜と大名庭園のライトアップ」

    開催日時:3月16日(木)~4月6日(木) 9:00~21:00(点灯は日没~)

    ※ 期間中は、開園時間を21:00まで延長します。

    ※16:30以降、安全確保のため立ち入りを制限する区域があります。

     

     

    目黒川

    PAK86_yozakura215201115_TP_V

    約4kmに渡って桜並木が広がる目黒川沿いは、都内でも有数の桜の名所です。散策コースとしてはもちろん、随所に架かる橋からの眺めは、撮影スポットとしても大人気です。

     

    ■Information

    住所:東京都目黒区東山3-1付近から下目黒2-9付近

    例年の見ごろ:3月下旬~4月上旬

    ライトアップ期間:桜開花期間中 日没後~21:00(予定)

     

     

    上野恩賜公園(上野公園)

    上野恩賜公園は、上野駅から徒歩2分の場所に立地する公園で、美術館や博物館や動物園などがあります。一年を通してたくさんの観光客で賑わうスポットでもあり、外国人観光客も多く訪れます。

     

    ■Information

    住所:台東区上野公園・池之端3丁目

    例年の見ごろ:3月下旬~4月上旬

    ライトアップ期間: 3月18日(土)~4月9日(日)(開花宣言が出た日から)予定 17:30~20:00

     

     

    東京ミッドタウン

    head lococoさん(@kololon0426)がシェアした投稿

    東京ミッドタウンの桜並木は、開花前にピンクのライトで桜を照らしているので、一足先に満開気分を味わえるような演出を楽しむことができます。都会の真ん中で美しくライトアップされた桜並木は、幻想的でスタイリッシュなお花見が楽しめます。

     

    ■Information

    住所:東京都港区赤坂9丁目7−1

    例年の見ごろ:3月下旬~4月上旬

    ライトアップ期間:3月17日(金)~4月16日(日) 17:00~23:00

     

     

    としまえん

    約500本の桜が咲き誇る春のとしまえんでは、日没後に桜をライトアップする「夜桜ウィーク」を開催します。昼とは違った幻想的な桜が楽しめ、満開の桜の下、こたつ付きの座敷でゆっくり花を楽しめる「宴会プラン」も人気です。

     

    ■Information

    住所:東京都練馬区向山3丁目25−1

    例年の見ごろ:3月下旬~4月上旬

    ライトアップ期間:3月24日(金)~4月5日(水) 日没後~20:00

    URL:http://www.toshimaen.co.jp

     

     

     

    日本橋・八重洲さくら通り

    arisaさん(@aririichan)がシェアした投稿

    東京駅八重洲北口から茅場町まで延びる通り沿いには、約150本の桜が咲き誇ります。外堀通りから昭和通りまでの区間は夜間にライトアップし、一部は歩行者天国にもなります。昼も夜も、都心の真ん中で春を満喫できます。東京駅から歩いていけるのでおすすめです。

     

    ■Information

    住所:東京都中央区八重洲1丁目、日本橋2丁目及び日本橋3丁目

    例年の見ごろ:3月下旬~4月上旬

    ライトアップ期間:3月下旬~4月9日(日) 17:00~23:00

     

     

    いかがでしたか?東京都内の様々な場所でライトアップされた夜桜を満喫してみてくださいね。

  • 各駅から5分以内!アクセス抜群、東京の人気お花見スポット6選

    06.February.2018 | FEATURES / SPOT

    一見緑が少ないように感じる東京ですが、人気のお花見スポットがたくさんあるんです。
    今回紹介するスポットは、すべて駅まで5分以内とアクセス抜群!お出かけの参考にしてみてください。

     

     



    井の頭恩賜公園
    一年を通して人気のおでかけスポット「井の頭恩賜公園」。園内には桜が約500本あり、そのうち250本が池の周辺に植えられているんだとか。ボートを漕いで桜の咲く池を楽しめます。
    西園には様々な品種の桜が植えられており、3月上旬から早咲きの桜が咲き出します。例年の桜の見頃予想は3月20日~4月10日頃。

    ◼︎Information
    井の頭恩賜公園
    住所:東京都武蔵野市御殿山1-18-31
    アクセス:JR中央線 吉祥寺から徒歩5分
         京王井の頭線 井の頭公園から徒歩1分
    TEL:0422-47-6900
    URL:https://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index044.html

     

     

     


    目黒川
    約4kmの通沿いに約800本の美しい桜が咲き乱れる目黒川。桜を眺めながら川沿いをのんびり散歩するのがオススメです。
    周辺にはおしゃれなショップも充実しているのでお買い物ついでに立ち寄れるのも嬉しい。

    ◼︎Information
    目黒川
    アクセス:JR山手線 目黒駅から徒歩5分
         東急目黒線 不動前駅から徒歩5分
         東急東横線・地下鉄 中目黒駅から徒歩2分
         東急田園都市線 池尻大橋駅から徒歩2分
    URL:http://www.city.meguro.tokyo.jp/gyosei/shokai_rekishi/event/sakura.html

     

     

     

    阿巧さん(@achiao1987)がシェアした投稿


    六本木ヒルズ 毛利庭園
    六本木ヒルズでは日本庭園「毛利庭園」で桜を楽しむことができます。夜はライトアップも行われ、とても幻想的。
    高い場所から見渡せば、東京タワーと桜のコラボレーションも見ることができます。

    ◼︎Information
    六本木ヒルズ
    住所:東京都港区六本木6-10-1
    営業時間:月〜金 7:00~21:00
         土・日 8:00~21:00
    アクセス:東京メトロ日比谷線 六本木駅から徒歩3分
         都営地下鉄大江戸線 六本木駅から徒歩6分
    TEL:03-6406-6000
    URL:http://www.roppongihills.com/

     

     

     

    Miyukiさん(@leciel_0314)がシェアした投稿


    上野恩賜公園
    人気観光地・上野駅直結の上野恩賜公園。春は、約800本のソメイヨシノやヤマザクラが咲き誇ります。
    公園内に動物園や美術館なども近くにあるので、一日中いても楽しめちゃう。

    ◼︎Information
    上野恩賜公園
    住所:東京都台東区上野公園5-20
    営業時間:5:00~23:00
    アクセス:JR山手線・JR京浜東北線・JR高崎線・JR宇都宮線・東京メトロ鉄銀座線・東京メトロ日比谷線 上野駅徒から歩2分
         京成本線 京成上野から徒歩1分
    TEL:03-3828-5644
    URL:http://www.kensetsu.metro.tokyo.jp/jimusho/toubuk/ueno/index_top.html

     

     

    @sayurigramがシェアした投稿


    八重洲さくら通り
    東京駅八重洲口という都心に位置しながら約150本のソメイヨシノを見ることができるサクラの名所。ライトアップされる夜桜も美しく、多くの仕事帰りのサラリーマンやOLがお花見を楽しめる癒しスポットです。
    毎年4月上旬には「桜まつり」も行われ、アルコール類も販売。露店も数多く出店され、多くの人で賑わいます。

    ◼︎Information
    八重洲さくら通り
    アクセス:JR各線 東京駅から徒歩すぐ
         東京メトロ銀座線・東西線 日本橋駅から徒歩すぐ

     

     

     



    新宿御苑
    日本桜の名所100選にも選ばれている新宿御苑。園内には、約65種1,100本の桜が植えられており、バリエーション豊かな贅沢なお花見が楽しめます。種類によって桜の開花時期や満開時期が異なるため、3月下旬から4月下旬まで長くお花見ができるのも魅力。

    ◼︎Information
    新宿御苑
    住所:東京都新宿区内藤町11
    アクセス:JR総武線 駄ヶ谷駅から徒歩約5分
         JR各線・京王・小田急線 新宿駅南口から徒歩約10分
         東京メトロ丸の内線 新宿御苑前駅から徒歩約5分
    TEL:03-3350-0151
    URL:http://fng.or.jp/shinjuku/

     

    いかがでしたか?毎年、桜の開花に合わせてお祭りが行われる場所も多数あるので要チェックです。
    お花見で日本の春を感じましょう♩

  • 日本の春を満喫!日本で3月4月5月に行われるお祭り・イベントをチェック

    05.February.2018 | FEATURES / SPOT

    日本には伝統的な行事やお祭りがたくさんあります。今回は3〜5月に行われる春ならではの伝統的なお祭りやイベントをご紹介します。

     

    お水取り

     

    奈良市の東大寺二月堂で行われる「お水取り」は、毎年3月1日から2週間にわたり開催されます。仏の前で罪を懺悔(ざんげ)し、平和な世界などを祈願する行事です。8世紀から一度も途絶えたことのない古い仏教行事で、お水取りが終わる頃には気温が暖かくなることから「春を告げる行事」として知られています。

     

    ひな祭り

    img_148132_8

    3月3日の「ひな祭り」は、貴族の衣装を着た華やかな「ひな人形」を飾り、女の子のすこやかな成長を願う行事です。女の子にいる家庭では、ひな人形とともに桃の花を飾り、伝統的なごちそうを家族そろって楽しみます。「人形の寺」として知られる京都の「宝鏡寺」では、毎年3月1日~4月3日、歴代の女性皇族が持っていた人形などが展示されます。

     

    花見

    016AME5031_TP_V

    3月の下旬からは、暖かい南の地方から「桜前線」と呼ばれる桜の開花情報が発表されます。一般的に、日本人が「花見」というときは桜の花を見ることを指し、全国各地の桜の名所が人気です。桜が満開に咲くと、桜の木の下で友人や家族と食事やお酒を楽しむ人々が多く見られます。

     

    入学式

     

    Makikomiさん(@mkomi51)がシェアした投稿

    日本では「入学式」が4月の代表的な行事となっています。国の会計年度も4月から、企業が学校を卒業した新入社員をまとめて迎える「入社式」も4月からです。4月をスタートとするのは日本独自の習慣ともいえます。

     

    端午の節句

    MARIIMG_3306_TP_V

    5月5日は「端午の節句」と呼ばれ、男の子の成長を祝う日です。1948年からは国民の休日として制定され「こどもの日」とも言われています。男の子のいる家庭では、生命力が強く出世の象徴とされる鯉に由来した「こいのぼり」を、家の外に飾ります。

     

    神田祭

     

    折野さん(@orino0507)がシェアした投稿

    「神田祭」は、東京都千代田区の神田明神で、5月の中頃に6日間にわたって行われる祭りです。京都市の八坂神社の「祇園祭」と大阪天満宮の「天神祭」と並ぶ、日本三大祭の1つとされています。特に5月15日に近い土曜日に行われる「神幸祭」は、朝から夕方まで、神田、日本橋、丸の内、秋葉原などの町を、華麗な神輿とともに大行列が巡行し、多くの観光客が楽しみます。

     

    いかがでしたか?春に日本を旅行する際には、ぜひ伝統的なお祭りやイベントを体験してみてくださいね。

  • 夜桜ナイトクルーズや筍ほりも!日本全国の「星のや」が開催する春の体験プラン7選

    29.January.2018 | FEATURES / SPOT

    星野リゾートは温泉旅館「界」、リゾートホテル「リゾナーレ」、さらに和のリゾートホテル「星のや」など、国内約30カ所の宿泊施設を展開している。今回は、「星のや」が開催する日本の春を存分に満喫する体験プランをご紹介。

     

    星のや軽井沢「脱デジタル滞在・2018」

    czMjYXJ0aWNsZSMyOTc2NyMxOTUyMDYjMjk3NjdfdnpKY1hzZ0RSTC5qcGc

    長野県・軽井沢にある「星のや軽井沢」では、2018年3月1日~7月20日の期間、軽井沢の自然に触れることでデジタルから離れ、本来の自分と向き合うことを目的とした2泊3日のプログラム「脱デジタル滞在・2018」を開催する。パソコンやスマートフォンが欠かせない存在となった現代社会では、便利な反面、現代人は気づかぬうちにストレスを蓄積させている。緑に包まれた軽井沢の自然環境の中でデジタルから離れ、馬と触れあい、スパトリートメントに集中し、デジタルのストレスから解放される時間を提供する。

    詳細:https://hoshinoya.com/karuizawa/experience/datsudigital-2018/

     

    星のや東京「東京・夜桜舟あそび」

    czMjYXJ0aWNsZSMyOTc2NyMxOTU2MDEjMjk3NjdfblplZXlHWnFTSy5qcGc

    「星のや東京」では、2018年3月25日から4月10日に、舟から眺める夜桜とナイトクルーズを楽しむアクティビティ「東京・夜桜舟あそび」を開催する。星のや東京から車で5分の日本橋桟橋から出発し、日本橋川から隅田川に抜け、佃島沿岸や大横川沿いの桜の見所を巡る60分間のナイトクルーズ。夕闇に浮かび上がる桜は都会の夜景とともに水面に映り、幻想的な景色を作り出す。春らしい明るい色の着物に着替え、ヘアメイクをして出掛ける。神田明神下「新開花」の色鮮やかな花見弁当と日本酒を堪能しながら、舟からの夜景と桜を眺めることができる。

    詳細:https://hoshinoya.com/tokyo/

    詳しくはこちら:https://www.moshimoshi-nippon.jp/ja/86714

     

     星のや富士「春の狩猟肉ディナー」

    czMjYXJ0aWNsZSMyOTc2NyMxOTUyMDUjMjk3NjdfcFJ6eHphcVVNbC5qcGc

    山梨県にある「星のや富士」では、 2018年3月16日~6月30日、屋外ダイニングで楽しむ体験型の「ダッチオーブンディナー」として、「春の狩猟肉ディナー」を提供する。このディナーは、 狩猟肉の「鹿肉」と「猪肉」を使用し、季節ごとの特徴を生かしたコース料理を提供しているシリーズの春バージョン。さっぱりとした味わいが特徴の鹿や猪を、旬の山菜や春野菜などと合わせた、野趣溢れるヘルシーなコース料理として提供する。

    詳細(ダッチオーブンディナー):https://hoshinoya.com/fuji/dining/

     

    星のや京都「たけのこ野遊山(のゆさん)」

    czMjYXJ0aWNsZSMyOTc2NyMxOTUyOTUjMjk3NjdfSmVKZHd4QnNHRC5qcGc

    京都府・嵐山にある全室リバービューの旅館「星のや京都」は、2018年3月25日~4月15日の期間、筍を掘り、味わい、その調理法を学ぶプログラム「たけのこ野遊山(のゆさん)」を開催する。このプログラムは、通常では立ち入ることのできない筍山で、生産者からレクチャーを受けながら筍掘りを体験できる。体験後の夕食時には、星のや京都のダイニングにて、筍を使った会席料理を味う。2日目には、星のや京都総料理長によるワークショップに参加し、筍のおいしさを活かす日本料理の技を学ぶことができる。春の京料理に欠かせない、筍の魅力や奥深さを楽しく学べるプログラムになっている。

    詳細:https://hoshinoya.com/kyoto/experience/takenoko/

     

    星のや京都「奥嵐山の花見逗留(とうりゅう)」

    czMjYXJ0aWNsZSMyOTc2NyMxOTUxOTcjMjk3NjdfY05OeklWSEl4US5qcGc

    こちらも星のや京都が提供するプログラム。2018年3月25日~4月15日の期間、「奥嵐山の花見逗留 (とうりゅう)」をテーマに、花見を楽しむ4つのアクティビティを開催する。奥嵐山を一望する展望台への早朝のハイキング「春霞の野遊山(のゆさん)」や、屋形舟で花見をする「さくら舟」、ヤマザクラの目の前に席を設える「さくら茶会」、ライトアップした桜を見ながらの夕食「夜桜ディナー」など、時間と場所を変えて奥嵐山の桜の景色を楽しむ体験をすることができる。

    詳細:https://hoshinoya.com/kyoto/

     

    星のや京都「水辺の好日・春」

    czMjYXJ0aWNsZSMyOTc2NyMxOTQyMDcjMjk3NjdfWFN0UVJha3pNWS5qcGc

    2018年3月1日~5月31日の期間、滞在型スパプログラム「水辺の好日・春」を開催する。「水辺の好日」は、東洋医学をベースとした1泊2日のパーソナルスパプログラム。さらに期間中は、食べても罪悪感の少ない身体に優しい和菓子づくりを京都の和菓子職人より学ぶ体験がプログラムに加わる。また、各々の体質や体調に合わせた鍼灸の施術や草根木皮(そうこんもくひ)のお茶、禅寺での朝のお勤め、呼吸法を重視した体操など、滞在を通して心身を調える機会が提供される。

    詳細:http://hoshinoyakyoto.jp/#/spa/spa01

     

     星のや竹富島「西表島ジャングルバトラー・春」

    czMjYXJ0aWNsZSMyOTc2NyMxOTUyODkjMjk3NjdfVkZrQkxDWXdIeS5qcGc

    沖縄県・竹富島にある「星のや竹富島」は、日本最後の秘境・西表島を知り尽くしたジャングルバトラーが島を案内するアクティビティツアーを開催する。ツアーの内容やスケジュールは、ジャングルバトラーが要望に合わせてアレンジ。赤瓦やシーサー、白砂の道など、沖縄の伝統的な要素を色濃く残す竹富島に滞在しながら、亜熱帯ジャングルの西表島を体験することができる。

    詳細:https://hoshinoya.com/taketomijima/

     

     

    星野リゾートで春らしい贅沢な宿泊プランを満喫しよう。

     

    ■Information

    星野リゾート:http://www.hoshinoresort.com/

     

RELATED ENTRIES

  • 全国の星野リゾート「界」で日本の秋を満喫!紅葉が満喫できる温泉旅2019

    03.October.2019 | SPOT

    星野リゾートの温泉旅館ブランド「界」は、2019年秋、紅葉に酔いしれる温泉旅を提案。ゆったり温泉に浸かって紅葉を愛でるぜいたくな時間に、旬の食材や伝統工芸品など地域の個性をかけあわせることで、ひと味違う秋の体験を提供する。

    【対象施設】界 箱根、界 仙石原、界 阿蘇、界 アルプス、界 鬼怒川、界 津軽、界 川治

     

    日本の秋を満喫。紅葉に酔いしれる温泉旅2019

    また、各施設の紅葉にまつわる温泉旅を紹介する動画「日本の秋を満喫。紅葉に酔いしれる温泉旅2019」を公開した。

    今回は、各施設の体験内容の一部をご紹介。

     

    幻想的な景色が広がる「紅葉ライトアップ」| 箱根(神奈川県・箱根湯本温泉)

    例年の紅葉見頃:11月下旬〜12月上旬

    箱根の玄関口・箱根湯本に佇む「界 箱根」では、2019年9月6日〜12月7日、半露天風呂の目の前に広がる紅葉をライトアップ。箱根エリアは標高差があるため、長い期間にわたって紅葉が楽しめる。 まるで一枚の風景画のような幻想的な雰囲気の中で湯浴みを満喫しよう。

    【ライトアップ:16:00~翌1:00】

     

    温泉旅館で秋を描く宿泊プラン「紅葉アート温泉」| 仙石原(神奈川県・仙石原温泉)

    例年の紅葉見頃:11月中旬~下旬

    仙石原温泉の湯浴みと箱根仙石原の四季を楽しむことができる「界 仙石原」では、2019年 9月1日、温泉旅館で秋を描く宿泊プラン「紅葉アート温泉」が登場。

    客室に用意された移動式の画材セットを使い、テラスや露天風呂など、いつでも気の向くままにアートを表現できる。 客室から見える紅葉の風景から秋を感じ取り、それを表現することで心身ともにリフレッシュしよう。

     

    紅葉アート温泉
    期間:2019年9月1日~11月30日 チェックイン

    料金:43,400円~ (2名1室利用時 1名あたり、税・サービス料別)

    含まれるもの:宿泊、夕食、朝食、画材セットレンタル、美術館チケット

    予約:https://kai-ryokan.jp/sengokuhara/

     

    プライベート感たっぷり「おこもり紅葉温泉」| 阿蘇 (大分県・瀬の本温泉)

    例年の紅葉見頃:10月中旬~11月上旬

    阿蘇・くじゅう国立公園内に位置する「界 阿蘇」では、10月1日~31日、原生林に囲まれた離れの客室で温泉と紅葉、湯上がりの時間を満喫するプログラム「おこもり紅葉温泉」を開催する。

    客室の露天風呂から、淡い黄色に染まるミズナラやもみじの鮮やかな赤など、鮮やかな紅葉が楽しめる。また、かぼすとゆずの香りを楽しめる「柑橘の変わり湯セット」を用意。かぼすの緑色やゆずの黄色といった色彩も満喫できる。

    湯上がりには、客室で本格的なコーヒーを飲みながら温泉の余韻を堪能しよう。

     

    期間:2019年10月1日~31日チェックイン
    料金:46,480 円~(2名1室利用時 1名あたり、税・サービス料別)

    含まれるもの:宿泊、夕食、朝食、変わり湯セット(1客室につき1セット)、コーヒー豆、阿蘇の湧水ペットボトル、各種レンタル(風呂用枕、防水ブックカバー、コーヒーミル、ドリッパー)

    予約:TEL(界予約センター:0570-073-011)

     

     

    この他にも、「界」では美しい秋の季節を満喫できるプランが多数登場。詳細は公式サイトでチェックしてほしい。

  • インスタ映えテラスプール・ミシュランレストラン監修のレストランも!福岡「都ホテル 博多」

    24.September.2019 | SPOT

    「都ホテル 博多」が、2019年9月22日(日)より、グランドオープン。オープンを記念し、本ホテルの詳細を紹介するレポートが公開された。

     

    九州の雄大な自然をイメージした滝が目印の、都会的な外観 

    「都ホテル 博多」は、博多駅筑紫口を出るとすぐ前方に見える。地下からは駅直結でアクセスでき、利便性の高い立地となっている。地下にはカフェ、コンビニエンスストアやレストランが入り、宿泊客も一般の方も利用できる。 

    外観は、全面ガラス張りのキューブ型のデザインが特徴的。日中には日の光が、夜間には 168本のLEDでライトアップされ、都会的な雰囲気を演出する。屋上に流れる“滝”は、九州の雄大な自然をイメージ。一目でわかる個性的なデザインで、博多の新たなランドマークになることが予感される。

    ロビーには、“インスタ映え”ドリンクとフードを楽しめるカフェラウンジ 

    3階のフロント・ロビーは清潔感と開放感のある空間で、スタッフが温かく出迎えてくれる。受付カウンターの他には、宿泊客以外も利用できるカフェラウンジ「CAFÉ EMPATHY」が。こちらのカフェラウンジは、「THE RAIL KITCKEN CHIKUGO」やシェアオフィスやホテルなどのプロデュースで知られる、トランジットジェネラルオフィスがプロデュースと運営を手がけている。

    カフェではハーブティーやフレーバーラテなどのドリンクメニュー、九州の食材を使用した軽食メニューなどを取り揃え、 14時30分からはオリジナルのアフタヌーンティーも提供。“インスタ映え”間違いなしの、上品で可愛らしいドリンクやフードは、女子会にもおすすめ!カラフルな色のフレーバーラテは、全4種類ありテイクアウトも可能。その中のひとつ「ビーツラテ」は、ビーツ由来のピンク色が特徴的で、ほんのり甘くまろやかな味わいが楽しめる。また、フランス・パリ生まれの「KUSMI TEA」も取り扱っており、スタンダードなブラックティー&シトラスの「アナスタシア」やノンカフェインのフルーツティーなどを楽しむことができる。

    贅沢なときを過ごせるゆったりとした客室 

    5階から12階は、客室フロア。客室のタイプは大きく分けて4種類で、ツインとダブルを用意。どの部屋も機能的で心地よく、ゆとりのある空間となっている。

    自分へのご褒美や大切な人とのひとときに、少しだけ贅沢な時間を過ごしたい方におすすめの「デラックス」ルームは、2人で宿泊しても十分な広さ。シンプルで落ち着いたデザインで、ゆったりとした時間を満喫できる。ベッドの足周りにもスペースがあり、横になってテレビを観たり話したりしながらリラックスできるのも楽しみのひとつ。また、客室の空調、照明などをすべてタブレットで操作できたり、レストランの混雑状況をTVのモニターで確認できたりと、便利な仕様も魅力的だ。

    ミシュランレストラン監修のレストラン・バーと、“大人女子会”におすすめのテラスプール 

    最上階の13階には、「都ホテル 博多」の見どころのひとつである、レストラン「SOMEWHERERESTAURANT & BAR」がある。“どこか素敵な場所”がコンセプトのオールデイダイニングで、ディナーメニューは、東京・西麻布の ミシュラン1つ星レストラン「Crony」のシェフ・春田理宏氏が監修。地元福岡や九州の食材を使った“イノベーティブ”な料理で、メニュー名から一筋縄では想像できないサプライズの詰まったメニューを展開する。ワインは、「Crony」 のソムリエ・小澤一貴氏がセレクト。天井まで届くガラス張りの空間で、堅苦しくなく気軽に、遊び心溢れるディナーが味わえる。 

     

    一般の方も利用できる朝食メニューでは、種類豊富な洋食ブッフェを用意。焼き立てのパンや、オムレツ・エッグベネディクト・目玉焼きから好きなものを選ぶとその場で調理してもらえる卵料理など、充実した内容。 和食派の方は、ブッフェの代わりにオリジナルの和御膳を楽しむこともできる。ガラス張りの窓から降り注ぐ朝の光の中で、優雅なひとときを過ごそう。

    レストランの横に併設されるSPAでは、天然温泉のプールやジェットバス、足湯が楽しめる。宿泊客はオープニング特典で3月31日まで無料で利用可能。水着の貸し出しも行っているので、気軽にナイトプールを楽しめる。夜になると、13階の高い場所から博多の街を一望できる。プールサイドで流れる九州の雄大な自然をイメージした“滝”は、夜になると美しくライトアップされ、華やかに空間を彩る。

     

    また、プールサイド専用のメニューはテラスからも注文でき、プールサイドでカクテルや軽食を楽しめる。22時30分まで開放しているので、夜の“大人の女性”の女子会におすすめのスポット。ライトアップされたおしゃれな空間で“インスタ映え”写真を撮影すれば、素敵な思い出を残すことができる。室内には、大浴場やサウナもあるので、ゆったりと入浴したい方にはこちらもおすすめ。

     

    優雅な滞在を、「都ホテル 博多」で楽しんで。

  • 箱根七湯「そこくらの湯 つたや旅館」老舗旅館型のゲストハウスがオープン

    21.September.2019 | SPOT

    宿泊施設「そこらくの湯 つたや旅館」が、2019年11月26日(火)箱根町底倉に開業します。江戸時代から続く温泉の歴史を継承しつつ、古旅館をリニューアル。新しいカタチの老舗旅館型ゲストハウスとして営業します。

    都心から電車で90分、江戸時代より伝わる”箱根七湯”の一つでもある”底倉温泉”。源泉は効能の高さから、多くの武将たちに愛されたと言われています。創業当時は「蔦屋旅館」という屋号で、地元の人々はもちろん東京から来る人々にも重宝される旅館として有名でした。この歴史ある底倉温泉と蔦屋旅館が「そこくらの湯 つたや旅館」として11月26日に装い新たにオープンします。

    施設は築29年の古旅館をリノベーション。開業から29年の年月を経た旅館の風情を残しつつも、傷んだ部分を改修、ノスタルジックな老舗旅館型ゲストハウスとして蘇らせます。部屋は広めの旅館タイプ6室、コンパクトな籠床(かごどこ/ゲストハウス)46室。また、川を眺め、湯上りのひと時に想いを馳せるスペースや、出逢ったばかりの人々がテーブルを囲み交流ができるラウンジスペースも用意されています。露天風呂・内風呂は男女各一つずつ、長期滞在もできるよう自炊スペースやコインランドリーもバッチリついています。

     ”温泉で交流を楽しむ”をコンセプトにゲストが思い思いの時間を過ごせるレトロな空間。昔ながらの炬燵や棚など、日本の古具をリメイクしたオリジナルの家具が配置されます。日本文化を継承した懐かしさを残しつつも、現代アート作品が融合する空間になりました。

    老舗温泉旅館とゲストハウスの良さが融合されているので、外国からの旅行客にも快適に古き良き日本のカルチャーを楽しんでもらうことができる「そこくらの湯 つたや旅館」。

    都会の喧騒を離れて、箱根の温泉で日頃の疲れを癒やしてみては?

  • 草津温泉に行ったらエメラルドグリーンの「草津温泉プリン」がおすすめ!

    11.September.2019 | FOOD / SPOT

    日本三名泉の一つ、群馬県・草津温泉で初めてのプリン専門店「草津温泉プリン」が2019年8月24日(土)にオープンした。草津温泉独特の湯もみに着想を得て生まれた、驚くほどになめらかな食感のプリンや、湯畑の色をイメージしたプリンなど、温泉のイメージをとことん反映した商品・店舗作りを行っている。

     

    草津温泉で湯上りぽかぽかの利用客に美味しいプリンを味わってもらい、群馬や草津に詰まった魅力を伝えたい、そんな思いで草津温泉初のプリン専門店「草津温泉プリン」はスタートした。一つ一つのプリンを店内工房で職人が作り、さながら草津温泉名物の「湯もみ」のように温度管理にこだわった製法により、特別なめらかな舌触りに仕上げている。

     

    また、できる限り地域素材を使って地域の生産者にも貢献したいという思いから、プリンづくりに重要な原材料の一つである牛乳は群馬県の榛名牛乳を用いている。群馬県を中心とした地域での自然の中で太陽の光をたっぷりと浴び、美味しい牧草を食べて育った健康な乳牛から絞られる牛乳の美味しさを最大限に生かしたプリンを製造している。

    湯畑プリン

    草津温泉の湯畑をイメージした、エメラルドグリーンのジュレが特徴の当店の看板商品。湯畑カラーのジュレの正体は湯上りに飲みたくなるサイダーの味で、意外にもプリンとの相性がばっちり。

    湯もみプリン

    「草津温泉プリン」の代表商品で、草津温泉に湧き出る熱いお湯を冷ます「湯もみ」の様子から着想を得て開発した、とろけるようになめらかなプリン。生クリームをふんだんに使用し、アクセントとしてマダガスカル産の最高級バニラビーンズを加えている。

    風呂マージュ

    なめらかなプリン生地をベースにクリームチーズを流し込んだまろやかな味わいが特徴のフロマージュ(=チーズケーキ)。厳選した濃厚クリームチーズを使用するだけでなく、チーズと相性の良いいちごジュレを加えており、甘酸っぱさが程よいアクセントを生み出す。

    湯畑ソフト(ミルク、湯畑、ミックス)

    草津温泉の流れ落ちる湯畑をイメージしたラムネ味の「湯畑ソフト」、バニラに榛名牛乳を混ぜ合わせた「ミルクソフト」、それらをミックスした「ミックスソフト」の3種類の食べ歩き用ソフトクリームも販売。湯上りのぽかぽかした状態で食べると、非常にさっぱりとして気持ちの良い味わいに。

    さらに温泉地ならではの仕掛けとして、店頭では蒸篭も設置しており、今後は蒸篭で蒸したプリンなども販売できるよう準備を進めている。草津温泉に旅行に来た人が温泉や食べ物を楽しむだけでなく、その思い出もしっかりと残せるように、スプーンは湯もみに使われるような木のスプーンを採用。店頭にはフォトスポットも用意している。

     

    こだわりがたくさん詰まった特製プリンを是非お試しあれ!

  • 山梨県「みはらしの丘 みたまの湯」夜景100選と日本夜景遺産にダブル認定

    07.September.2019 | SPOT

    山梨県市川三郷町にある日帰り温泉施設「みたまの湯」が、温泉施設として全国初の「夜景100選」・「日本夜景遺産」にダブル認定された。

    みたまの湯は、甲府盆地南端の丘の上に建ち、露天風呂から北側に180度の甲府盆地の大パノラマが見渡せる、眺望が自慢の温泉。大半の建物が南向きの為、特に夜景は煌びやかで眩しい光が差し込む、まさにダイヤモンドを散りばめた宝石箱の様。そんな夜景を見ながら、ゆったりと湯船に浸かることができる。

    また、昼間には正面に八ヶ岳連峰の山々、さらに西側には日本で2番目に高い南アルプスの北岳を眺めることもできる。

    とっておきの絶景と極上の温泉を是非体験してみて!

  • 350本の藤の花と5000株のツツジが見頃!栃木県・あしかがフラワーパーク「ふじのはな物語」

    16.April.2019 | SPOT

    あしかがフラワーパークでは、2019年4月13日(土)より「ふじのはな物語~大藤まつり2019~」を開催する。

     

    期間中は藤の花をはじめ沢山の花々が咲きそろい、百花繚乱の園内となる。特に大藤については1週間前後という限られた短い期間しか見れないので、一見の価値あり。

    樹齢150年におよぶ600畳敷きの藤棚を持つ大藤や、長さ80mもの白藤のトンネル、きばな藤など350本以上の藤が咲き誇る。咲く藤色の順番としては、うす紅、紫、白、黄色の順番で約1ヶ月間。

    CNNより、映画アバターの魂の木の様な幻想的な光景が広がると称賛され「2014年 世界の夢の旅行先10ヶ所」に日本で唯一選ばれた。

    うす紅藤(さくら色の目映い藤)

    例年見頃:4月中旬~4月下旬頃

    大藤(栃木県指定天然記念物)

    例年見頃:4月下旬~5月上旬頃

    5,000株以上のツツジ

    例年見頃:4月中旬~5月上旬

    ツツジの仲間は世界中に分布し、園芸種も含めると1,000を超える品種が存在。明るい日差しの中、鮮やかな色彩の花が豊かに咲き誇る姿は眩しいほど。

    さらに、2018年4月にはあしかがフラワーパーク駅が開業し、あしかがフラワーパークまで徒歩3分と更に便利になった。

    連休中は、家族や友達と一緒に絶景を心ゆくまで楽しもう!

  • 2,600本の桜がお出迎え!青森県・弘前最大のまつり「弘前さくらまつり」

    02.April.2019 | SPOT

    青森県弘前市は「弘前さくらまつり」を2019年4月20日から5月6日まで開催する。毎年200万人以上の観光客で賑わう弘前最大のまつりで、会場となる弘前公園内には、52種類、約2,600本の桜が咲き誇る。

    開催期間中は、中濠観光舟や桜守による鑑賞ツアーなど桜にちなんだ特別な催しも開催される。

     

    弘前観桜会記念日提灯行列

    弘前観桜会が始まった5月3日を記念するパレードを開催。今年は新たな時代の幕開けを祝い、弘前らしい提灯行列を行う。

    実施日時:5月3日(金・祝) 10:00~

    実施コース:弘前公園内追手門~東内門付近

     

    和装で観桜会

    昨年も大好評だった和装で観桜会を今年も開催。さくらまつり期間中に和装で来園し、指定の場所で優待チケットを受取ると、本丸・弘前城植物園の入場が無料となる。

    実施期間:4月20日(土)~5月6日(月・休)

    チケット配付場所:さくらまつり本部(二の丸)、四の丸案内所

    弘前公園中濠観光舟

    普段見ることのできないお濠からの桜。和船と船頭によるお濠めぐりを楽しめる。

    運行期間:4月20日(土)~5月6日(月・休)

    運行時間:9:00~17:00※最終乗船は16:30まで (ただし、天候・乗船者の状況により変更あり)

     

    桜守による特別サクラ鑑賞ツアー

    桜守(樹木医)が、弘前公園のサクラの見所を案内、解説する。

    実施日:4月30日(火・祝)、5月2日(木・祝) 13:30~(90分程度)

    募集人員:1回40人(先着順)

    参加料:無料(ただし、園内有料区域への入場料が必要)

    花筏(はないかだ)

    満開を迎えたのち、桜が散り始めたお濠では、SNSで話題の花筏が楽しめる。大量の花びらが水面を覆いつくしてしまうため、桜のじゅうたんとも呼ばれている美しい景色が望める。

     

    お花見と合わせて、桜にちなんだイベントにもぜひ参加してみて。

  • アドベンチャーワールド ジャイアントパンダ”永明”とお花見イベント開催

    30.March.2019 | SPOT

    アドベンチャーワールドでは、2019年3月28日(木)~4月3日(水)までの期間限定で、春の特別イベント「ジャイアントパンダ「永明(えいめい)」とお花見」を開催する。

     

    「永明」が暮らすブリーディングセンター屋外運動場前にお花見観覧エリアを設置。あたたかな春の訪れを感じながら、「永明」とともにお花見を楽しむことができる。現在パーク内の桜は、つぼみが膨らみ始めている。パークの桜の満開予想は、3月30日頃。

    あたたかな春の日差しの中、愛くるしいパンダの姿ときれいな桜の景色に癒されてみてはいかが?

  • 関西のお花見におすすめ「桜イベント」3選

    25.March.2019 | FEATURES / SPOT

    関西では桜が開花してきているところもちらほら。今年はどのようにお花見シーズンを満喫しようか考えている方もいるのでは?そこで今回は関西で開催されるおすすめの「桜イベント」をご紹介します。

     

    関東のおすすめ「桜イベント」まとめはこちら:https://www.moshimoshi-nippon.jp/ja/183080

     

    京都府立植物園「桜ライトアップ2019」

    京都府立植物園では、2019年3月25日(月)~4月7日(日)に「桜ライトアップ2019」を、4月19日(金)~4月21日(日)に園職員による「桜散歩」を実施。京都府立植物園の桜の特長は、なんといっても長い期間にわたって桜の開花を楽しめるところ。多くの桜の名所で観賞されるソメイヨシノは4月初旬の1週間程度が見頃とされていますが、早咲き・遅咲きと多品種を保有していることで、3月中旬から4月下旬まで鑑賞を楽しむことができるのが嬉しいですね♩

     

    詳しくはこちら:https://www.moshimoshi-nippon.jp/ja/163320

     

    ▶️桜ライトアップ2019

    日時:2019年3月25日(月)~4月7日(日)

    日没後(午後6時30分頃)~午後9時(入園は午後8時まで)

    ※通常午後5時までの開園時間を午後9時まで延長
    料金:通常の入園料のみ

     

    桜散歩

    日時:

    2019年4月19日(金)午後1時~1時45分

    2019年4月20日(土)午後1時~1時45分、午後5時~5時45分

    2019年4月21日(日)午後5時~5時45分

    ※4月8日(月)~5月19日(日)は春の開園時間延長のため、通常午後5時までの開園時間を午後6時30分まで延長(入園は午後6時まで)※参加希望者は午後1時または5時に植物園会館前に集合。
    料金:通常の入園料のみ

     

    京都府立植物園

    住所:京都市左京区下鴨半木町
    料金:一般200円、高校生150円、中学生以下無料、70歳以上の方(要証明提示)と障害者手帳提示の方は無料(温室観覧料を含む)
    TEL:075-701-0141

    京都府立植物園公式サイト:http://www.pref.kyoto.jp/plant/

    CAFETEL 京都三条 for Ladies「SAKURA ROOM」

    女性専用宿泊施設CAFETEL(カフェテル)京都三条for Ladiesにて、「SAKURA ROOM」の予約が開始されました。春の陽気をイメージした淡い色合いのリボンカーテンや、さくらのフレグランス、お花の冠などが揃えられており、思わず写真を撮りたくなるような空間が演出されています。お部屋からは、京都の景色を代表する鴨川を望むことができるので、お部屋の中でお花見が楽しめちゃいます!

     

    ▶️CAFETEL 京都三条 for Ladies SAKURA ROOM

    宿泊日:2019年3月10日(日)~4月30日(火)(予定)

    室数:各日限定1室

    料金:15,000円~・3名1室 ※税サ込。宿泊税は別途。料金はご宿泊日により異なります。

    URL:https://cafetel.jp/

    桜300本が楽しめる 大阪ひらかたパーク

    ひらかたパークでは3月下旬から4月上旬にかけ、園内の桜が見ごろを迎えます。桜の品種はソメイヨシノを中心に八重桜など約300本。中でも、観覧車「スカイウォーカー」へ続く坂道は桜並木となっており、満開の時期には桜のトンネルを、散り際には道に敷き詰められた桜のじゅうたんを楽しむことができます。アトラクションに乗りながら眺める桜は、まさに遊園地ならではの楽しみ方ですね!

     

    詳しくはこちら:https://www.moshimoshi-nippon.jp/ja/185350

     

    ▶︎ひらかたパーク

    住所:大阪府枚方市枚方公園町1−1
    休園日:3月13日~6月26日の水曜日
    ※3月27日(水)・4月3日(水)・5月1日(水)は除く

    営業時間
    平日:10時~17時
    土日祝・3月25日(月)~4月5日(金)10時〜18時
    4月27日(土)~5月6日(月・休):10時~19時

    入園料金:おとな(中学生以上)1,400円、こども(2歳~小学生)800円

    URL:http://www.hirakatapark.co.jp/

     

    いかがでしたか?桜をさまざまな角度から楽しんでみてくださいね。

  • 「江戸ワンダーランド日光江戸村」で江戸時代のお花見体験

    23.March.2019 | SPOT

    風情ある商家街散策、粋な江戸人との心の触れ合い、百花繚乱の江戸文化体験 ――。江戸時代をまるごと体験できる「江戸ワンダーランド日光江戸村」が今、力を入れている新たな文化体験「食」。昨年より、江戸料理に精通する料理研究家・冬木れい氏を監修に迎え、四季に応じた本格的な江戸料理を期間限定で提供してきた。

    そして今春、咲き誇る桜を眺めながら豪華な江戸花見料理が味わえる、江戸ワンダーランドならではのイベントを開催。期間中は様々なシチュエーションでの江戸の花見を再現。

    青空の下、堀端で行楽花見弁当を食すもよし、料理屋で豪華花見膳を味わうもよし、蛤や筍など旬の食材をお供に花見酒に酔うもよし…、江戸時代さながらのお花見を体感することができる。

    また、江戸ワンダーランドには桜への深い想い入れも。

    江戸に本来あった風景を取り戻すことを目的とした「EDO-SATOYAMAプロジェクト」の一環として、昨年は環境保護活動家のC.W.ニコル氏の指導のもと、近隣の保育園児とともに桜苗木を植樹。今年も同氏が参加し、保育園児と肥料や水遣りなどの育樹を行い、地元の子供たちの成長とともに次世代に美しい里山を残すべく取り組んでいる。

    江戸ワンダーランドが目指すは“テーマ”パークならぬ“カルチャー”パーク。これまで培ってきた様々な江戸文化を背景に、本格的江戸料理と桜舞う春のイベント「春の宴 ~江戸の花見~」。

    和装に着替えて江戸人になりきり、情緒溢れる本格的な「お江戸の花見」体験をしてみては?

  • 世界遺産・二条城でプロジェクションマッピング!「二条城桜まつり2019」

    22.March.2019 | SPOT

    2019年3月21日(木・祝)〜4月14日(日)まで、世界遺産である元離宮二条城にて開催される「世界遺産登録25周年記念 二条城桜まつり2019」。昨春304,594人(日中・ライトアップ営業時間含む)が来城した二条城は、京都でも桜の名所の一つになっている。

    二条城内には、早咲きから遅咲きまで約50品種300本の桜があり、カンヒザクラを咲き始めとしてソメイヨシノ・山桜・枝垂桜・里桜と約1ヶ月もの間桜を楽しむことができる。

     

    そして桜まつりの夜間演出として、昨年、一昨年と2年連続で実施している唐門でのプロジェクションマッピング演出に加え、菜の花のイルミネーションなど、過去最大に演出エリアを拡張して開催。より楽しめるイベントにパワーアップした。

     

    唐門のプロジェクションマッピング

    「青い蝶」が唐門から飛び立ち、金色に変化して舞い上がりながら城内に春を運んでくる演出。

    桜の小みちと菜の花イルミネーション
    サトザクラが咲き誇る「桜の園」を通り抜ける桜の小みちの演出を、初実施。小みちを抜けた先にはフォトスポットとして写真を撮って楽しめる、菜の花を模したイルミネーションが登場する。

    清流園のライトアップ
    清流園では、スマートフォンの光を当てると照明が動き出す演出や、ベンチに座ると目の前の桜の木々が光るなど、来城者の動きによって光が変化する、桜の体験型ライトアップ演出を行う。

    この他にも生け花のライブパフォーマンスや、民間伝統芸能「伝楽」など、さまざまな催し物が実施される。

     

    伝統とデジタルアートが融合した桜イベントで、二条城ならではのお花見体験を楽しもう。

  • アトラクションからお花見を楽しむ♡大阪「ひらかたパーク」桜300本がもうすぐ見頃に

    15.March.2019 | SPOT

    ひらかたパークでは3月下旬から4月上旬にかけ、園内の桜が見ごろを迎える。桜の品種はソメイヨシノを中心に八重桜など約300本。中でも、観覧車「スカイウォーカー」へ続く坂道は桜並木となっており、満開の時期には桜のトンネルを、散り際には道に敷き詰められた桜のじゅうたんを楽しむことができる。

     

    また、アトラクションに乗りながら眺める桜は、まさに遊園地ならではの楽しみ方!ローラーコースター「レッドファルコン」は桜並木の間近を通り抜けるため、ちょっと変わったお花見体験を楽しむことができる。さらに、観覧車「スカイウォーカー」からは園内の桜を一望することができ、空中から一周約10分のお花見が可能♡

     

    陽気な春のおでかけに、ひらかたパークの桜を堪能しよう!

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US