日米ポップアイコン・きゃりーぱみゅぱみゅ × サブリナ・カーペンター対談 2人が感じる ”ポップミュージックの魅力” とは?

09.May.2019 | FEATURES / MUSIC

きゃりーぱみゅぱみゅが最新シングル「きみがいいねくれたら」をリリースする。この楽曲はTVドラマ「向かいのバズる家族」(読売テレビ・日本テレビ系)の主題歌。SNSを通して「いいね」をもらう瞬間の気持ちをポップなサウンドに乗せて、現代の「SNS迷子」たちの背中を押すような前向きなメッセージソングを完成させている。そんな彼女と同じく、現代のポップ・アイコンのひとりとして人気を集めるのが、ディズニー・チャンネルの「ガール・ミーツ・ワールド」のマヤ・ハート役などで知られ、自身も楽曲制作に積極的にかかわるアーティストとしても人気を集めるサブリナ・カーペンター。彼女が2018年のアルバム「Singular Act1」を引っ提げて来日した4月のタイミングで、日米のポップ・アイコンによる対談が実現した。

 


 

――サブリナさんはもともと、きゃりーさんのことが好きだったんですよね。

 

サブリナ・カーペンター:そう、きゃりーさんのファンなの! 今日のネイルも可愛い!

 

きゃりーぱみゅぱみゅ:わぁ、ありがとう!

 

 

――サブリナさんがきゃりーさんを知ったきっかけはどんなものだったんですか?

 

サブリナ:もともとは、姉のボーイフレンドがきゃりーさんの大ファンで、3人で車に乗っていたときに「PONPONPON」がかかったの。それで「すごくいい曲!」と思ったのが最初だった。そのあと、自分で「PONPONPON」を歌った動画を、姉の彼氏に送ったりもして(笑)。それからどんどん、きゃりーさんの世界にのめり込んでいったんだ。

 

――以前、Instagramのストーリーズでもお気に入りの曲として「PONPONPON」を挙げていましたよね。

 

サブリナ:そう。それが前回の来日のとき、1年ぐらい前の話かな。

 

きゃりー:へえ、嬉しいなぁ。

 

 

――今回はそんな2人に「日米ポップ・アイコン対談」というテーマで話を聞かせてください。お互いに世界を舞台に活動していますが、海外のライブで印象的だった体験というと?

 

サブリナ:たとえば、海外でパフォーマンスをする際には言葉の壁があるけれど、そこで逆に「音楽の力」を感じることが多いと思う。歌っているときに客席のみんなを観ると、中には泣いてくれている人もいたりして、「言葉を越えて音楽から伝わるフィーリングを感じてくれているんだな」って思えるのが、すごく嬉しい。今回の日本でのライブにも、前回より多くの人が来てくれて、出たばかりのアルバムの曲も歌ってくれたり、旗やポスターのような小道具を持ってきてくれたりして……。すごく嬉しい体験だった。日本のお客さんは、MCの時間はまるでピンが落ちる音も聞こえるんじゃないか、って思うくらい静かになるよね。最初に来たときはそれに少し驚いたけど、今回はずっと盛り上がってくれていてとっても楽しかった!

 

きゃりー:私もこれまでアメリカや中国など色々な国を回らせてもらいましたけど、みんな日本語が喋れないはずなのに、日本語で歌詞を覚えてきてくれるんですよ。もちろん、いつも話している言葉ではないので微妙に違っている部分もあるんですけど、そこに愛おしさを感じてすごく感動しました。

 

サブリナ:それきっと私のことだ! 私もきゃりーさんの歌を歌っているときは、上手く発音できていないと思うから(笑)。

 

 

――国や言語を越えて音楽で繋がったからこそのお話ですね。お互いに、自分の表現に向かうときに一番大切にしているのはどんなことですか?

 

きゃりー:やっぱり、「自分のやってみたいことにチャレンジすること」は大切にしています。ソロなので、本当にたくさんのスタッフさんの力を借りて実現することですけど、曲ごとにコンセプトを考えて表現していくことはいつも大事にしていて。そのためにも、普段から映画を観たりして気になったところをメモしたり、色んなものを観に行ったりしますね。

 

サブリナ:私も似てると思う。いつも大事にしているのは「2度と同じことはしない」ということ。やっぱり、曲ごとに成長していきたいし、曲を聴いてくれるファンの人たちにも、一緒に新しいことを体験してほしくて。みんなが私のやっていることに共感してくれたり、ロールモデルにしてくれているのなら、自分がリスクを背負って新しいことに挑戦する姿を見せることで、みんなにも色んなことにチャレンジしてもらいたいって思っているんだ。

 

 

――最近だと、それぞれどんなものに刺激を受けているんでしょう?

 

きゃりー:最近だと、たとえば……私はティム・バートン監督の「ダンボ」。

 

サブリナ:「ダンボ」! 私もすごく好き!!

 

きゃりー:もともとオリジナル版も観ていたんですけど、ティム・バートン監督の作品は、その魅力を彼だけのフィルターを通して描いていて、それが本当に素晴らしいと思うんです。CGの表情も絶妙で、魅力的なファンタジーだと思いました。感動して泣いちゃった。

 

サブリナ:可愛い(笑)。私の場合は、過去に旅行してきた場所かな。その土地ごとの色んな文化や風土にインスパイアされるし、そこで目にしたアートや写真にも刺激を受けてるよ。

 

 

――日本から刺激を受けることもあるんですか?

 

サブリナ:もちろん! たとえば、原宿もそう。実はおととい、初めて原宿に行ったの。ずっと行きたかったんだけど、これまでは日本ではオフの時間がなかなか取れなくて。それで、今回初めて探検してみてすごく楽しかった。

 

きゃりー:原宿のどのあたりに行ったの?

 

サブリナ:裏原宿のヴィンテージショップ。あとは、原宿ではないけど、「teamLab」の展示も観に行ったよ。

 

きゃりー:「teamLab」の展示、すごくいいよね。私も行った!

 

サブリナ:とても楽しい展示だったね!

 

 

――今話に出てきた原宿は、そもそもきゃりーさんがかなり詳しい場所ですよね。サブリナさんに色んなオススメの場所を教えてあげられるかもしれません。

 

きゃりー:サブリナさんはどんなファッションも似合いそうだから、たとえばロリータファッションにもチャレンジしてほしい(笑)。きっと可愛いと思います。

 

サブリナ:うん、ぜひやってみたい! 実は「kawaii」系の服も色々と探してたんだ。

 

きゃりー:ラフォーレ原宿の地下に、ロリータファッションやパンクファッションのようなものが揃っていてオススメだよ。そこに行くといいかもね。

 

サブリナ:ぜひ一回、きゃりーさんにスタイリングしてもらいたいなぁ……!

 

 

――日々の中で刺激を受けたり、新しいものに出会ったりする場所と言うと、SNSの存在も大きいんじゃないでしょうか? ファンの人とも親密にコミュニケーションが取れますし。

 

サブリナ:確かに、SNSを通じて、日常の中で「ファンのみんなが楽しみにしていること」に気づけた部分があると思う。昔は自分の目で見たものを通して、自分本位で生きていた部分もあったけど、今はSNSを通して、ファンのみんなと一緒に日常を過ごしているような感覚もちょっとあるというか。だからこそ「自分の日常をみんなにも見せたい」って思うかな。

 

 

――ある意味ではファンのみなさんと一緒に活動しているような感覚でしょうか?

 

サブリナ:その通りだと思う。そもそも、たとえばライブをするにしても、来てくれるみんながいないと、私だけではライブができないから。

 

 

――きゃりーさんはどうでしょう?

 

きゃりー:たとえば海外の公演でも、ライブが終わった後にSNSでタグを辿ると、海外の方も色んな感想を書いてくれていて。そういうものをダイレクトに見られるというのは、すごくいいツールだなぁと思います。自分のことを書いてくれたり、メッセージをもらったりして元気をもらうことは多いので、それがエネルギーになって頑張れる部分もありますね。

 

サブリナ:もちろん、使い方次第ではいいことばかりが起こるわけじゃないかもしれないけど、世界にはお互いのよさや魅力をまだまだ知らない人同士の方が多いじゃない?だからこそ、お互いを尊重し合って、ポジティブなメッセージを伝えていきたいなって思う。

 

 

――きゃりーさんの新曲「きみがいいねくれたら」もSNSをテーマにした楽曲になっていますね。この曲を中田ヤスタカさんからもらったとき、どんなことを感じましたか。

 

きゃりー:今回の「きみがいいねくれたら」はTVドラマ『向かいのバズる家族』の主題歌なので、その内容に寄り添った楽曲になっていますけど、やっぱり、最初に聴いたときに「今っぽい内容の曲だな」と思いました。今って本当に日常にSNSが入り込んでいる時代ですし、そういう意味でも2019年っぽい感じがしましたね。

 

――楽曲に「いいね」を押す動作を連想させる音が入っているのも、とても面白かったです。

 

きゃりー:そうなんです。「ピュッ!」みたいな音が入っているんですよ。

 

サブリナ:それ、すごく面白い!

 

 

――レコーディングの際に工夫したのはどんなことですか?

 

きゃりー:歌う時に工夫したのは、Aメロの部分の歌い方ですね。この曲はAメロの音程が低いんですけど、私はもともと声が高いので、その部分はちょっと苦戦しました。

 

サブリナ:そうなのね。私は逆に男みたいな声だから……。

 

 

――いえいえ、そんなことないですよ(笑)。

 

サブリナ:きゃりーさんとは逆に、高音のパートでいつも苦戦してる(笑)。

 

 

――2人が日々の活動の中で、いつも心掛けているのはどんなことですか?

 

サブリナ:自分の居心地のいい場所を抜け出して、普段ならやらないことをあえてやってみることだと思う。新しいインスピレーションを得るためには、私自身が色んなことを知る必要があって、その結果、ライブのアイディアもビジュアル面も含めて、自分の個性を出していくことを大切にしてる。私のライブにお金を払って来てくれるんだから、その人たちに思いきり楽しんでもらいたい。だからこそ、新しいことに挑戦してたいんだ。

 

きゃりー:私は「女の子たちが夢見ているものを、現実世界で表現したい」ということをずっとコンセプトにしていて、テーマを考えたりするときに、ときには「今回はなかなかいいアイディアが思いつかないな……」と煮詰まってしまう瞬間もあるんです。でも、ひとりではなくて、周りのたくさんの人がいるからこそ、最終的にまとまるんだと思いますね。

 

 

――直近だと、出雲大社での野外ワンマンライブ『音ノ国ライブツアー2019 「まぼろしのユートピア 〜出雲大社の夜〜」』も、きゃりーさんらしいアイディアに溢れたものでした。

 

きゃりー:ライブでは、夢のような世界を表現しつつ、同時に「もう終わりたくないな」という気持ちも大切したいと思っています。たとえば、遊園地に行って「まだ帰りたくないな」って感じるような、あの雰囲気を感じてもらえるようなものにしたい、と思うんです。

 

サブリナ:うんうん。ポップ・ミュージックを表現することって、きっと誰もができる経験ではないと思うから、やるからには思いっきり楽しむことが大事よね。

 

 

――では、2人が「ポップ・ミュージック」に感じている魅力はどんなものだと?

 

サブリナ:これはあくまで私個人が感じていることだけど、「ポップ・ミュージック」って色んな価値観を持った、大勢の人たちが同時に楽しめる音楽で、ひとりの人やひとりのスタイルに向けて作っているわけではない音楽で。だからこそ、世の中で一番難しい音楽なのかなって思う。そういうことを達成したときに、大きな充実感を感じるんだ。何か特定のジャンルの音楽ではないからこそ、言葉の壁を越えて多くの人と繋がれるものなのかなって。

 

 

――確かに、ポップ・ミュージックは「こういうもの」という答えが決まっている音楽ではないですよね。逆に言えば、「どんなものにもなれる音楽」と言いますか。

 

サブリナ:そうそう。8万個ぐらいの色んなジャンルが集まったものなんじゃないかな(笑)。

 

きゃりー:(笑)。私の場合、今こそポップ・ミュージックと言ってもらえていますけど、最初はむしろサブカルチャー的で、万人に好きになってもらえる音楽ではなかったと思うんですよ。でも、「つけまつける」の頃あたりからだんだんみんなに知ってもらえるようになって、そこから色んな人に楽曲が広がっていくのを経験させてもらったので、「ポップ・ミュージックってルールがないものなんだな」ということは私もすごく感じます。

 

サブリナ:色んなことができる音楽だし、もし日々の中で落ち込む瞬間があったとしても、それを聴いているときは、なぜか気持ちがあがったりする――。ポップ・ミュージックって、そんな音楽なんじゃないかな。きゃりーさんのライブも、ぜひ観てみたい!

 

きゃりー:ぜひぜひ! 今はアメリカのどこに住んでいるの?

 

サブリナ:もともとはペンシルベニア出身で、今はLAに住んでるよ。

 

きゃりー:あ!7月にイベント(「OTAQUEST LIVE」)でLAに行くよ!

 

サブリナ:わぁ、7月はちょうどLAにいるから、きゃりーさんにLAのクールな場所をたくさん案内したい。予定が合えば、ロデオドライブに一緒に買い物に行こう!

 

 

Interview & Text: Jin Sugiyama

Photographer:MURA

TALENT PROFILE

きゃりーぱみゅぱみゅ

高校を卒業した2011年夏に、ワーナーミュージック・ジャパンから、中田ヤスタカ(CAPSULE)プロデュースによるミニアルバム「もしもし原宿」(8/17発売)でメジャーデビュー。2012年5月に発売した初のフルアルバム「ぱみゅぱみゅレボリューション」は、オリコンデイリーチャート初登場1位、さらにiTunesでも日本総合チャートや世界各国のエレクトロチャートで1位を獲得。その後、自身初となる全国ツアー、日本武道館単独公演、NHK紅白歌合戦初出場と快進撃を続ける。 2013年には、初めてのワールドツアー(8つの国と地域、13都市)を大成功させ、2013年6月に満を持して発表したセカンドアルバム「なんだこれくしょん」は、オリコンウィークリーチャート初登場1位を獲得。 そして2014年、2度目となるワールドツアー(11の国と地域、15都市)も大成功で終え、サードアルバム「ピカピカふぁんたじん」は、北南米、欧州、オセアニア、アジア圏など世界4大陸、15ヶ国(地域)で同時発売。2作連続となるオリコンウィークリーチャート初登場1位を獲得。そして約3万5千人を動員したホールツアー 「きゃりーぱみゅぱみゅの雲の上のHEAVEN’S DOOR」(15都市17公演)、さらに自身最大規模のアリーナツアー「きゃりーぱみゅぱみゅの からふるぱにっくTOY BOX」(9公演)が大盛況のうちに終了した。 そのかわいい容姿からは想像がつかないほど自由奔放で、オリジナリティ溢れる表現でファンを魅了し続けている。アーティスト活動とファッション面での活動を掛け合わせた、『HARAJUKU』のアイコンとしての存在が、全世界から注目を集める。

RELATED ENTRIES

  • きゃりーぱみゅぱみゅ、TikTokで「#この糸は切れない」ハッシュタグチャレンジ開催

    27.April.2020 | MUSIC

    きゃりーぱみゅぱみゅが、ショートムービープラットフォームTikTok(ティックトック)にて2020年5月1日(金)12:00〜5月4日(月)12:00より、新曲「かまいたち」に因んだハッシュタグチャレンジ「#この糸は切れない」チャレンジを開催する。こちらは、4月25日(土)にTikTok LIVEで開催された特別ライブ配信できゃりー本人から発表された。

    TikTokのデュエット機能を使ってきゃりーぱみゅぱみゅ新曲「かまいたち」のダンスパートにユーザーが挑戦する「#この糸は切れない」チャレンジ。

     

    TikTokのデュエット機能とは、他のユーザーの動画と自分の動画を並べて投稿できるもの。「#この糸は切れない」チャレンジでは、最後のキメポーズでデュエットしている人同士の小指と小指が切れない糸を繋いでいるかのように見える。会いたくてもなかなか会えない日々が続くなか、それぞれがおうちにいても「TikTokを通じてつながろう!」というメッセージが込められた。
    きゃりー本人のアカウントでお手本動画が投稿されているので真似して参加しよう。

     

    「#この糸は切れない」チャレンジの投稿動画の一部は、TikTokのきゃりーぱみゅぱみゅ公式アカウント(@kyary_official)から ”いいね” をされるかもしれないとのこと。
    「#この糸は切れない」チャレンジに参加して、Stay Home時間を明るく過ごしてほしい。

     

    参加方法

    パターン①:きゃりーぱみゅぱみゅのダンスとデュエット!
    きゃりーぱみゅぱみゅ動画にデュエットで参加しよう(動画右下のシェアボタンをタップ→デュエットを選択)
    動画:https://vt.tiktok.com/hPu68y/

    パターン②:デュエット希望のメイン動画を投稿!
    ソロのダンス動画を投稿して、みんなにデュエットしてもらおう

    パターン③:色んな人とデュエット!
    きゃりーぱみゅぱみゅ以外のみんなのソロ投稿とデュエットして、みんなで繋がって長い糸をつくろう。あなたのダンスが海を超え世界中につながるかも

     

    ハッシュタグ:#この糸は切れない #StayHome #おうちASOBI

  • きゃりーぱみゅぱみゅ、新曲「かまいたち」MVを公開!TikTokライブ配信も決定

    24.April.2020 | MUSIC

    きゃりーぱみゅぱみゅの新曲「かまいたち」が、2020年4月24日(金)0:00より各ストリーミングサイトで配信をスタートした。

    同時にYouTubeでプレミア公開されたMVには、きゃりーぱみゅぱみゅがつるつるの丸坊主頭で登場! 楽曲のタイトルにちなみ、人気芸人「かまいたち」が特殊メイクで特別出演していることがわかった。

    Youtubeプレミア公開では、きゃりー本人もYouTubeチャットに直接参加し、「坊主でもかわいい」「きゃりー剃ったの!」とのコメントに対して「特殊メイクだよー」など、ファンとのやりとりを楽しんだ。

    また、芸人「かまいたち」が登場すると「かまいたちにかまいたち」「かまいたち踊ってるw」など盛り上がりを見せた。

     

    かまいたち ミュージックビデオ

     

    MV公開に合わせて、芸人「かまいたち」の特殊メイクや撮影シーンを収録したメイキングビデオも公開されている。きゃりーの撮影シーンを収録したメイキングビデオは、4月25日(土)の12:00に公開予定なので、こちらも楽しみにしていてほしい。

     

    メイキングビデオ(かまいたち ver.)

     

    また、4月25日(土)20:00からは、新曲配信を記念したTikTokライブが配信されることも決定した。本ライブ配信では、新曲「かまいたち」についてのトークやダンスのレクチャーをきゃりー自らが行い、ユーザーからのコメントにリアルタイムで答えていくトーク番組形式を予定。今後のさらなる発表にも注目してほしい。

     

    きゃりーぱみゅぱみゅ公式TikTokアカウント:

    https://vt.tiktok.com/hdsYQQ/

    *「TikTok LIVE」はまだ正式に実装されていない機能です。今回のLIVE配信限定での仕様となるためご注意ください

     

  • きゃりーぱみゅぱみゅ、新曲「かまいたち」のティザー映像を3日連続で公開

    20.April.2020 | MUSIC

    きゃりーぱみゅぱみゅは、インスタライブにて新曲「かまいたち」が2020年4月24日0:00より各ストリーミングサイトで配信開始することを解禁。また、同日0:00からYouTubeにて「かまいたち」MVをYouTubeプレミア公開することも発表した。

    中田ヤスタカが書き下ろした楽曲には、きゃりーぱみゅぱみゅらしい独自のオリエンタル感とファンタジーが溢れる。春のうららかなメロディーに乗せ、歌詞が切なく響く淡い恋を表現している。

    アットホームな雰囲気で行われたインスタライブでは、視聴者とともに新曲「かまいたち」を楽しみながら、振り付けやMVの制作についてトーク。MVに先駆けて本日から3日間連続で公開されるティザー映像の話題では、ぼんやりと映った謎の二人組の姿に視聴者の予想コメントが飛び交い、MVへの期待が高まっていた。

     

    4月24日0:00(23日深夜)には、MVのYouTubeプレミア公開*のチャットにきゃりーぱみゅぱみゅ本人も参加するので、ぜひ一緒に視聴しよう。さらに、プレミア公開直前にきゃりーぱみゅぱみゅによるインスタライブも配信されるとのこと。こちらもあわせてチェックしてみて。

     

    「かまいたち」YouTubeプレミア公開URL:https://youtu.be/MrOVx-BUx9M

     

    *YouTubeプレミア公開とは、映画やテレビ番組のプレミア上映のように、視聴する方が新作動画を同時に見て楽しめる機能です。
    リアルタイムでチャットをしながらミュージック・ビデオを観ることができ、誰でも無料で参加することができます。

  • 嵐、きゃりー、ワンオクなど!おうち時間で楽しむ日本人アーティストのライブ映像11選

    16.April.2020 | MUSIC

    MOSHI MOSHI NIPPONは、新型コロナウィルスの影響を受け、外出自粛生活をされている世界各国のみなさんがおうち時間で楽しめる、日本人アーティストのライブ映像動画をまとめました。長いおうち時間のお供に、ぜひ色々なアーティストのライブを堪能してください。中には期間限定の動画もあるので、気になる動画は早めにチェックを。

    先が見えない中で不安になることもありますが、好きなことを楽しむ時間を持ち、前向きな気持ちは忘れずに、一緒に頑張りましょう!

     

    ONE OK ROCK

    ONE OK ROCK は、2014年から2018年に開催したライブ映像計6作品を全編カットすることなくONE OK ROCKチャンネルYouTubeプレミア公開で世界同時ストリーミングする。ライブ映像はアーカイブされないので、時間のチェックをお忘れなく。

    詳細はこちら:https://www.moshimoshi-nippon.jp/ja/313870

    ONE OK ROCK Youtube:https://www.youtube.com/user/ONEOKROCKchannel

     

    嵐/ARASHI

    2017 年 11 月から 2018 年 1 月にかけて開催されたドームツアー「untitled」のライブ映像を期間限定で公開中。“未完”をテーマに“これからの嵐”を存分に見せ切った圧巻のステージングとパフォーマンスをチェックしよう!

    ARASHI Youtube:https://www.youtube.com/channel/UCP7Gw_YZAuh4Yg2fcdcuumQ/

     

    きゃりーぱみゅぱみゅ

    きゃりーぱみゅぱみゅは、ライブ映像を中心とした100の厳選動画を、2020年4月14日(火)から5月17日までの期間限定でYouTubeに公開中。彼女が所属するASOBISYSTEMによる、「どんな時もASOBI ゴコロを忘れずに」というプロジェクト”#おうちASOBI(PlayatHome)”の一環で公開された。きゃりーの動画でおうち遊びを楽しもう。

    詳細はこちら:https://www.moshimoshi-nippon.jp/ja/313965

    きゃりーぱみゅぱみゅ Youtube:https://www.youtube.com/kyarypamyupamyutv

     

    AAA

    全国15万人を動員した2013年全国ツアーのハイライトとなったさいたまスーパーアリーナ公演の模様を公開。4月30日23:59までの期間限定公開となっており、コンテンツによっては、上記期間より以前に配信が終了する場合があるとのこと。気になる方は早めのチェックを。

    avex Youtube:https://www.youtube.com/user/avexnetwork/

     

    RADWIMPS

    RADWIMPSオフィシャルYouTubeチャンネルでは、LIVE Blu-ray&DVD「ANTI ANTI GENERATION TOUR 2019」に収録されている一部楽曲のライブ映像や、ティザー映像を楽しむ事ができる。観客との一体感を感じられる、躍動感に満ち溢れたライブ映像は必見だ。

    詳細はこちら:https://www.moshimoshi-nippon.jp/ja/290305

    RADWIMPS Youtube:https://www.youtube.com/user/radwimpsstaff/

     

    向井太一

    向井太一は人気曲「リセット」のライブ映像を公開。箱根駅伝を舞台とするTVアニメ「風が強く吹いている」第1クールエンディングテーマのために書き下ろされた楽曲となっている。

    詳細はこちら:https://www.moshimoshi-nippon.jp/ja/313334

    向井太一 Youtube:https://www.youtube.com/user/0313taichi/

     

    Official髭男dism

    Official髭男dismは、「Official髭男dism Tour 19/20 -Hall Travelers- パシフィコ横浜 国立大ホール公演(2020.2.10)」の「I LOVE…」ライブ映像をApple Music限定で配信中。ライブならではの一体感を是非映像で体感してほしい

    詳細はこちら:https://www.moshimoshi-nippon.jp/ja/303258

    Apple Music 「I LOVE… at パシフィコ横浜 2020.02.10」

     

    TK from 凛として時雨

    横浜・ランドマークスタジオで行われたスタジオライブ映像を公開。BOBO(Drums)、佐藤帆乃佳(Violin)、吉田一郎不可思議世界(Bass)、世武裕子(Piano)というベーシックなTK from 凛として時雨のバンドスタイル編成に加え、渡邉雅弦(Cello)を加えたスタジオライブのためのスペシャルな編成となっている。

    詳細はこちら:https://www.moshimoshi-nippon.jp/ja/178646

    凛として時雨 Youtube:https://www.youtube.com/user/sigureSMEJ/

     

    amazarashi

    ライブ映像作品「未来になれなかった全ての夜に」のトレイラー映像。ロングホープフィリアのセルフカバー映像は必見!

    詳細はこちら: https://www.moshimoshi-nippon.jp/ja/270777

    amazarashi Youtube:https://www.youtube.com/user/amazarashiSMEJ/

     

    Suchmos

    ライブアンセムとして絶大な人気を誇る「MINT」のライブ映像。全国各地のライブをバックステージの様子を交えて、Suchmos3年間の軌跡を追った作品となっている。

    詳細はこちら:https://www.moshimoshi-nippon.jp/ja/207153

    Suchmos Youtube:https://www.youtube.com/channel/UCQ3U5YJLWUr3VmQsO48jcQg/

     

    Superfly

    オリジナル劇場アニメーション『プロメア』の主題歌として発表された楽曲「覚醒」のMV。全国アリーナツアーのライブ映像を使用しており、曼荼羅のようなCG映像がクールなライブパフォーマンスが楽しめる

    詳細はこちら:https://www.moshimoshi-nippon.jp/ja/288377

    Superfly: https://www.youtube.com/user/superfly/

  • きゃりーぱみゅぱみゅ、ライブ映像の厳選動画100曲をYouTubeに期間限定公開

    14.April.2020 | MUSIC

    きゃりーぱみゅぱみゅが、ライブ映像を中心とした厳選動画を、2020年4月14日(火)から5月17日までの期間限定でYouTubeに公開する。

    4月末より開催予定していた「かまいたちツアー2020」の中止、海外公演の自粛・延期という状況で、日本だけでなく海外でのパフォーマンス機会も無くなってしまったきゃりーぱみゅぱみゅ。

    まだまだ国内外で続く「#StayHome」「#おうちで過ごそう」という日々を過ごす中で、少しでも楽しい時間を届けることができればと、ライブ映像の公開を決定した。

     

    なお、この動画はASOBISYSTEMがスタートさせたおうちで楽しめるセルフエンタメプロジェクト「#おうちASOBI」の一貫として公開される。

     

     

    まず公開されたのは「ドキドキわくわくぱみゅぱみゅレボリューションランド 2013」よりライブ前半のパフォーマンス10曲分を掲載。今後も随時新しい映像が掲載される。

    1日も早く、みんながツアーやライブに参加することができ、安心して楽しめる日が来るよう、ライブ映像を観ながらおうち時間を過ごしてほしい。

  • きゃりーぱみゅぱみゅ、中田ヤスタカとのツーマンライブにて新曲「かまいたち」初披露

    22.February.2020 | MUSIC

    中田ヤスタカときゃりーぱみゅぱみゅによるツーマンライブ「中田ヤスタカ×きゃりーぱみゅぱみゅ Presents SPECIAL DJ & LIVE TOUR 2020 YSTK×KPP Vol.02」が2020年2月21日(金)、東京・豊洲PITで行われた。

    開演前BGMは、カーゲーム調なゲームミュージック風サウンド。熱気でいっぱいの会場に、PlayStation起動音が響き渡り「踊るよー!」ときゃりー&中田が登場した。オープニングは「インベーダーインベーダー -Extended Mix-」からスタート。

    続いて「みんなのうた -Extended Mix-」、「PON PON PON」ではダンサーも登場。途中、中田ときゃりーによる楽曲が矢継ぎ早に生マッシュアップされるなど、趣向を凝らしたプレイにオーディエンスも大熱狂。さらに「演歌ナトリウム」、「にんじゃりばんばん」、「み」など、ノンストップな展開に大盛り上がりなフロア。まさに、誰ものハートを鷲掴みする低音が効いた日本代表サウンドが最高潮に突き刺さる。

    中盤、中田のソロアルバム「Digital Native」からドープに熱い「Level Up」で一気にコアなクラブモードへ。そして、まさかの映画『スターウォーズ』風のオープニングムービーがLEDモニターに流れトラップビートにマッシュアップされた「ファッションモンスターウォーズ」をかますお茶目なふたり。

    「つけまつける」&「爽健美茶のうた」などの国民的ポップソングに続き、「原宿いやほい」と、これでもかとあげまくる。ライブとクラブの高揚感をいいとこどりをした、まったく飽きさせることのない圧巻のセットだ。

    ここであらためてマッシュアップモードへ突入。ユーロビートなセンスが懐かしい初期曲「チェリーボンボン」を織り交ぜ、キズナアイへ提供した「AIAIAI」カバーではバックにキズナアイ映像も隠れキャラ風に登場した。

    ここでまたセガのサウンドロゴが響き渡り、今年、中田が湘南乃風へ提供した「一番歌」をスペシャルバージョンにて披露。主題歌である、PS4®専用ソフト『龍が如く7 光と闇の行方』と連動した男くさいVJ映像と真逆なきゃりーによる「そいやそいや!」のかけ声がキュートだった。

    ラストスパートは、「キズナミ」、「もんだいガール」と人気チューンを立て続けにプレイ。最後は「音ノ国」で最高潮に弾けるフロア。ゲームライクなサウンドと8ビットが折り重なる中田ヤスタカならではのオリジナリティーに富んだ世界観に、きゃりーが舞い踊り歌う“じゃぱみゅ”ワールドを堪能した。

    鳴り止まないアンコールに答えて再びステージへ。短めのMCでは「アンコールありがとう! まさかの湘南乃風を、わたしが歌うとは!?」と、元気いっぱいのきゃりー。そして、中田ヤスタカへの感謝を述べて、せつなポップな新曲「かまいたち」をデジタルシングルとしてリリースすることを発表した。

    さらに、全国5箇所をまわるリリースツアー「きゃりーぱみゅぱみゅ かまいたち TOUR 2020」の開催も発表。和を感じられる楽曲の歌詞にちなんで、日本の歌舞伎小屋で開催するこだわりのツアー。まだまだ進化する“じゃぱみゅ”ワールド。どんなステージになるのか期待が高まる。そしてラストのラストはKPPポップアンセム「最&高 -Extended Mix-」で大団円を迎えた。

     

    「きゃりーぱみゅぱみゅ かまいたち TOUR 2020」のチケットは、2月22日(土)10時より、きゃりーぱみゅぱみゅのファンクラブ「KPP CLUB」会員先行販売がスタート。最新情報はきゃりーぱみゅぱみゅオフィシャルサイトにて随時発表される。

     

    Text:ふくりゅう(音楽コンシェルジュ)

    Photo:Aki Ishii

     

    <Spotifyプレイリスト>

    中田ヤスタカ×きゃりーぱみゅぱみゅ Presents SPECIAL DJ & LIVE TOUR 2020 YSTK×KPP vol.02

    https://open.spotify.com/user/fyq2sid87dfxdev40jq5hbw1k/playlist/5IbtBVwFtA433dFPojpHSt?si=ytPqMi1-SJm4I2p8Zh7nsA

    TALENT PROFILE

    きゃりーぱみゅぱみゅ

    高校を卒業した2011年夏に、ワーナーミュージック・ジャパンから、中田ヤスタカ(CAPSULE)プロデュースによるミニアルバム「もしもし原宿」(8/17発売)でメジャーデビュー。2012年5月に発売した初のフルアルバム「ぱみゅぱみゅレボリューション」は、オリコンデイリーチャート初登場1位、さらにiTunesでも日本総合チャートや世界各国のエレクトロチャートで1位を獲得。その後、自身初となる全国ツアー、日本武道館単独公演、NHK紅白歌合戦初出場と快進撃を続ける。 2013年には、初めてのワールドツアー(8つの国と地域、13都市)を大成功させ、2013年6月に満を持して発表したセカンドアルバム「なんだこれくしょん」は、オリコンウィークリーチャート初登場1位を獲得。 そして2014年、2度目となるワールドツアー(11の国と地域、15都市)も大成功で終え、サードアルバム「ピカピカふぁんたじん」は、北南米、欧州、オセアニア、アジア圏など世界4大陸、15ヶ国(地域)で同時発売。2作連続となるオリコンウィークリーチャート初登場1位を獲得。そして約3万5千人を動員したホールツアー 「きゃりーぱみゅぱみゅの雲の上のHEAVEN’S DOOR」(15都市17公演)、さらに自身最大規模のアリーナツアー「きゃりーぱみゅぱみゅの からふるぱにっくTOY BOX」(9公演)が大盛況のうちに終了した。 そのかわいい容姿からは想像がつかないほど自由奔放で、オリジナリティ溢れる表現でファンを魅了し続けている。アーティスト活動とファッション面での活動を掛け合わせた、『HARAJUKU』のアイコンとしての存在が、全世界から注目を集める。

  • きゃりーぱみゅぱみゅ、「映画クレヨンしんちゃん」の声優に挑戦

    21.February.2020 | ANIME&GAME / MOVIE

    1990年より「漫画アクション」で連載が開始され、その後1992年にアニメが放送されて以来、長い間愛され続けている国民的アニメ「クレヨンしんちゃん」。映画シリーズも毎年大ヒットを記録し続け、今年も28作目となる最新作『映画クレヨンしんちゃん 激突!ラクガキングダムとほぼ四人の勇者』を2020年4月24日(金)に公開する。

    今回のしんちゃんの舞台の始まりは、地上のラクガキをエネルギーに浮かぶ王国・ラクガキングダム。ところが地上では時代の流れかめっきりラクガキが減り、王国は崩壊の危機に直面していた。「ラクガキングダム」の王国軍は国の命運をかけて無理やり人間にラクガキをさせる作戦「ウキウキカキカキ作戦」を決行し地上への進撃を開始。その下にはなんとしんのすけたちが暮らす春日部が・・・!しんのすけはひょんなことから手に入れた、描いたものが実現する“ミラクルクレヨン”で描いた“ほぼ四人の勇者”たちと共に、無事春日部を救うことができるのか!?

    この度、ラクガキングダムを救う為“ミラクルクレヨン”を勇者しんのすけに託し、共に世界を救おうと奔走するラクガキングダムの姫役の声優にクレヨンしんちゃんの大ファンであるきゃりーぱみゅぱみゅが決定。きゃりーは『映画クレヨンしんちゃん』でアニメ作品の声優に本格的に挑戦する。

     

    きゃりーぱみゅぱみゅは、TVアニメ放送のオープニングテーマに「キミに100パーセント」が起用され、歴代オープニングテーマの使用期間最長記録を保持。さらにTVアニメ版できゃりー自身が“本人役”として登場を果たし、2014年『映画クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん』では映画主題歌を担当するなど、自他ともに認める「クレヨンしんちゃん」ファミリー。声優としてはNHKEテレの番組「u&i」のキャラクター「メッチャカ」を務めており、制作サイドはそれをみて、「この声の持ち主は誰だろう?」と驚き、のちにきゃりーぱみゅぱみゅだと知り、今回の出演をオファーしたそう。きゃりー自身、原作を読み込んでいたほどの熱烈なファンと語る「クレヨンしんちゃん」でこの度遂に、自身のキャリアとして本格的に声優業にチャレンジすることになった。そして、きゃりーは声優決定に留まらず、本作のテーマともなる“ラクガキ”にちなんだ「ラクガキ応援大使」への就任も決定。気になる活動内容は追って発表される。

     

    しんのすけからも、きゃりーさんとのミラクルゥ~な再タッグに興奮気味なご様子のコメントが到着!映画館で2人の絶妙なコンビネーションを楽しんで。

    きゃりーぱみゅぱみゅ コメント

    以前TVアニメシリーズで本人役として素のままで出させていただきましたが、

    今回はお姫様役で本格的に声優に挑戦するので、これまでとは違った一面を楽しんで出来たらいいなと思います。

    テストで100点を取るとお父さんが原作漫画を1巻ずつ買ってくれて、小学生のころから集めて読んでいたしんちゃん。

    苦手な勉強を頑張らせてくれたしんちゃんは私にとってまさに”救いのヒーロー”です!

    しかも本作では、漫画に登場しているエピソードをもとに今回映画化されるということで、

    しんちゃんのファンとして嬉しいですし、ずっとしんちゃんが好きな皆さんにも楽しんでいただけると思います!

    野原しんのすけ

    シュシュッポッポ!シュシュッポッポ!!ポッポー!!

    きゃりーちゃん、また会えて、オラとっても嬉しいゾ!

    今度の映画ではラクガキングダムのお宝「ミラクルクレヨン」をオラに託してくれるお姫様役なんだよね?

    きゃりーちゃんからの愛のバトン、しっかり受け止めるゾ(ハート)

    しかも、オラと一緒にラクガキ応援大使もしてくれるなんて、楽しいことがいっぱい過ぎて、ドキがムネムネ〜。

    オラときゃりーちゃんのミラクルゥ〜なコンビネーション!映画館で楽しめば〜。

     

    ©臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2020

    TALENT PROFILE

    きゃりーぱみゅぱみゅ

    高校を卒業した2011年夏に、ワーナーミュージック・ジャパンから、中田ヤスタカ(CAPSULE)プロデュースによるミニアルバム「もしもし原宿」(8/17発売)でメジャーデビュー。2012年5月に発売した初のフルアルバム「ぱみゅぱみゅレボリューション」は、オリコンデイリーチャート初登場1位、さらにiTunesでも日本総合チャートや世界各国のエレクトロチャートで1位を獲得。その後、自身初となる全国ツアー、日本武道館単独公演、NHK紅白歌合戦初出場と快進撃を続ける。 2013年には、初めてのワールドツアー(8つの国と地域、13都市)を大成功させ、2013年6月に満を持して発表したセカンドアルバム「なんだこれくしょん」は、オリコンウィークリーチャート初登場1位を獲得。 そして2014年、2度目となるワールドツアー(11の国と地域、15都市)も大成功で終え、サードアルバム「ピカピカふぁんたじん」は、北南米、欧州、オセアニア、アジア圏など世界4大陸、15ヶ国(地域)で同時発売。2作連続となるオリコンウィークリーチャート初登場1位を獲得。そして約3万5千人を動員したホールツアー 「きゃりーぱみゅぱみゅの雲の上のHEAVEN’S DOOR」(15都市17公演)、さらに自身最大規模のアリーナツアー「きゃりーぱみゅぱみゅの からふるぱにっくTOY BOX」(9公演)が大盛況のうちに終了した。 そのかわいい容姿からは想像がつかないほど自由奔放で、オリジナリティ溢れる表現でファンを魅了し続けている。アーティスト活動とファッション面での活動を掛け合わせた、『HARAJUKU』のアイコンとしての存在が、全世界から注目を集める。

  • きゃりーぱみゅぱみゅ、アメリカ・ロサンゼルスでのライブ開催を発表

    20.February.2020 | MUSIC

    先日メキシコの音楽フェス「VIVE LATINO2020」と、アメリカの音楽フェス「Coachella Valley Music And Arts Festival 2020(コーチェラ)」への出演を発表したきゃりーぱみゅぱみゅが、4月14日アメリカ・ロサンゼルスでの単独ライブ開催を発表した。

    きゃりーぱみゅぱみゅがアメリカで単独ライブを開催するのは2018年の「Kyary Pamyu Pamyu World Tour 2018 THE SPOOKY OBAKEYASHIKI -PUMPKINS STRIKE BACK-」以来2年ぶり。きゃりーは既に4月16日のサンフランシスコ公演開催を発表しており、コーチェラ出演と同時にアメリカ2都市で単独ライブを開催することとなる。

     

    2020年のきゃりーぱみゅぱみゅからも目が離せない。

    TALENT PROFILE

    きゃりーぱみゅぱみゅ

    高校を卒業した2011年夏に、ワーナーミュージック・ジャパンから、中田ヤスタカ(CAPSULE)プロデュースによるミニアルバム「もしもし原宿」(8/17発売)でメジャーデビュー。2012年5月に発売した初のフルアルバム「ぱみゅぱみゅレボリューション」は、オリコンデイリーチャート初登場1位、さらにiTunesでも日本総合チャートや世界各国のエレクトロチャートで1位を獲得。その後、自身初となる全国ツアー、日本武道館単独公演、NHK紅白歌合戦初出場と快進撃を続ける。 2013年には、初めてのワールドツアー(8つの国と地域、13都市)を大成功させ、2013年6月に満を持して発表したセカンドアルバム「なんだこれくしょん」は、オリコンウィークリーチャート初登場1位を獲得。 そして2014年、2度目となるワールドツアー(11の国と地域、15都市)も大成功で終え、サードアルバム「ピカピカふぁんたじん」は、北南米、欧州、オセアニア、アジア圏など世界4大陸、15ヶ国(地域)で同時発売。2作連続となるオリコンウィークリーチャート初登場1位を獲得。そして約3万5千人を動員したホールツアー 「きゃりーぱみゅぱみゅの雲の上のHEAVEN’S DOOR」(15都市17公演)、さらに自身最大規模のアリーナツアー「きゃりーぱみゅぱみゅの からふるぱにっくTOY BOX」(9公演)が大盛況のうちに終了した。 そのかわいい容姿からは想像がつかないほど自由奔放で、オリジナリティ溢れる表現でファンを魅了し続けている。アーティスト活動とファッション面での活動を掛け合わせた、『HARAJUKU』のアイコンとしての存在が、全世界から注目を集める。

  • きゃりーぱみゅぱみゅ、アメリカ・サンフランシスコでのライブ開催を発表

    04.February.2020 | MUSIC

    先日メキシコの音楽フェス「VIVE LATINO2020」と、アメリカの音楽フェス「Coachella Valley Music And Arts Festival 2020(コーチェラ)」への出演を発表したきゃりーぱみゅぱみゅが、アメリカ・サンフランシスコでの単独ライブ開催を発表した。

    きゃりーぱみゅぱみゅがアメリカで単独ライブを開催するのは2018年の「Kyary Pamyu Pamyu World Tour 2018 THE SPOOKY OBAKEYASHIKI -PUMPKINS STRIKE BACK-」以来2年ぶりとなる。

     

    チケットの一般発売は現地時間2月7日スタート。今回はどんなきゃりーぱみゅぱみゅを世界に向けて発信するのか、ぜひその目で確認してみてほしい。

    TALENT PROFILE

    きゃりーぱみゅぱみゅ

    高校を卒業した2011年夏に、ワーナーミュージック・ジャパンから、中田ヤスタカ(CAPSULE)プロデュースによるミニアルバム「もしもし原宿」(8/17発売)でメジャーデビュー。2012年5月に発売した初のフルアルバム「ぱみゅぱみゅレボリューション」は、オリコンデイリーチャート初登場1位、さらにiTunesでも日本総合チャートや世界各国のエレクトロチャートで1位を獲得。その後、自身初となる全国ツアー、日本武道館単独公演、NHK紅白歌合戦初出場と快進撃を続ける。 2013年には、初めてのワールドツアー(8つの国と地域、13都市)を大成功させ、2013年6月に満を持して発表したセカンドアルバム「なんだこれくしょん」は、オリコンウィークリーチャート初登場1位を獲得。 そして2014年、2度目となるワールドツアー(11の国と地域、15都市)も大成功で終え、サードアルバム「ピカピカふぁんたじん」は、北南米、欧州、オセアニア、アジア圏など世界4大陸、15ヶ国(地域)で同時発売。2作連続となるオリコンウィークリーチャート初登場1位を獲得。そして約3万5千人を動員したホールツアー 「きゃりーぱみゅぱみゅの雲の上のHEAVEN’S DOOR」(15都市17公演)、さらに自身最大規模のアリーナツアー「きゃりーぱみゅぱみゅの からふるぱにっくTOY BOX」(9公演)が大盛況のうちに終了した。 そのかわいい容姿からは想像がつかないほど自由奔放で、オリジナリティ溢れる表現でファンを魅了し続けている。アーティスト活動とファッション面での活動を掛け合わせた、『HARAJUKU』のアイコンとしての存在が、全世界から注目を集める。

  • 品切続出!サンリオの「アイドル応援グッズ」はなぜ売れた?プランナーに聞く”共感を生むアイディア術”

    20.January.2020 | FASHION / FEATURES

    あなたはサンリオから発売されている「エンジョイアイドルシリーズ」なるアイドル応援グッズを知っていますか?

    うちわケース 全10種類 880円(税込)大切なうちわをかわいく保護できる上に壁に貼ったりできるケース!

    銀テホルダー 全10種類 各550円(税込)飛んできた銀テープを持ち運びできる!

    誰もが一度は目にしたことのある、アイドルの写真が付いたうちわ。あのうちわをサンリオキャラでデコるグッズや、ライブ中に飛んできた銀テープを飾るケースなど、アイドルファンならほしいかもしれないけど、そうじゃない人にはほぼ使いみちがないかもしれない・・・、そんなグッズがサンリオから「エンジョイアイドルシリーズ」として発売されています。

    記録ノート 全5種類 各550円(税込)アイドル応援活動の記録をわかりやすくまとめられるノート!

    このグッズ達、どれくらいアイドルファンに受け入れられているんだろう?と思い、アイドルヲタ歴10数年の友人にリサーチしたところ、ファンの間ではかなり人気アイテムだそう!オフィシャルサイトをチェックすると、品切れしているアイテムもチラホラあるようです。

     

    ニッチだけど、ある一定の層には大人気のアイテム、どんな人がどんな時に思いついて生まれたアイディアなのか、とっても気になる・・・・!ということで、今回は「エンジョイアイドルシリーズ」を考案したプランナーさんにインタビューさせていただきました。

     

    Q1:はじめまして。サンリオグッズはどれもかわいくて、MOSHI MOSHI NIPPONではよくニュースにさせてもらっています。数あるグッズの中でも「エンジョイアイドルシリーズ」の商品ラインアップは、ニッチな層に向けたアイテムだと思うのですが、どういった時にこのシリーズのアイディアが思い浮かんだのですか?

     

    プランナー:エンジョイアイドルシリーズは2人の企画担当者で開発した企画なのですが2人ともアイドルのファンです。コンサート会場でサンリオの商品を使ってくださっている方やSNSのアイコンや写真のスタンプがサンリオキャラの方をよく目にしており、アイドルファンとサンリオキャラの親和性を以前から感じていました。

    また、アイドルファン向けの商品は少しずつ増えてきてはいるものの可愛いものがほとんどないということで今回の企画に至りました。

    私達(企画担当者2人)は、普段から一緒にコンサートに行ったりDVDを見たりしていたので、そういった時にもアイディアが浮かんできて楽しみながら企画を詰めることができました。

    推しとサンリオキャラが合わさったら絶対に可愛すぎるものができる!という気持ちで開発しました。

     

    Q2:なるほど、お2人がアイドルファンなのですね。このアイディアが浮かんだ時に、このグッズはアイドルファンに受け入れられる、という自信はありましたか?

     

     プランナー:エンジョイアイドルシリーズで推しをさらに可愛くしたい!というワクワク感はアイドルファンの方に必ず伝わると思っていました。

    予想以上の反響をいただき、普段あまりサンリオショップに足を運ばない方もサンリオキャラクターに興味を持ってくれるきっかけになったことがとてもうれしかったです。

     

    Q3:グッズが品切続出している様子をみると、「推しを可愛くしたい」という2人のコンセプトはファンの方にすっと受け入れられたようですね!アイドルファンの方が自分の作ったグッズを使っているのを見ると、どんな気持ちになりますか?

     

    プランナー:大好きなアイドルや、大切なコンサートにエンジョイアイドルシリーズを使ってくださることは本当にありがたいことだなと感じています。

    また、みなさんそれぞれこのアイドルは○○だからこのサンリオキャラクター!という風にアイドルとキャラを紐付けてグッズを選んでくださるので、”なるほどこんな理由があって選んでくださったんだ”という発見があり、こちらも楽しく拝見しています!

    銀テコレクションケース 全7種 各660円(税込) 飛んできた銀テープを保存できる便利なBOX!

     

    Q4:アイドルファンの友人数名にリサーチしたところ色々なグッズを購入しているようで、次回作に期待している!とのことでした。まだ発売に至っていない、温めているアイディアはありますか?

     

    プランナー :まだ詳しくはお話できませんが、次の商品を企画中です。サンリオ商品らしい可愛さはもちろんのこと、企画担当者自身がアイドルのファンだからこそ機能面にもこだわり続けて行きたいと思います。

     

    Q5:新グッズの企画があること、きっと多くの人が喜びの悲鳴をあげているかと思います!それでは最後に、グッズを利用しているアイドルファン&サンリオファンの方へぜひコメントをお願いします。

     

    プランナー:ご愛用いただきありがとうございます!エンジョイアイドルシリーズによって皆様のファン活動がより楽しく、充実したものになれば嬉しいです!

     

     

    大好きなものがあると人生はとても充実します。アイドルファンの友人に話をきいて、みんなが新しいグッズの発売を心待ちにしているのを感じ、このグッズはアイドルファンたちにとって、その充実をさらにプラスオンしてくれるものなんだなと思いました。

    スケジュールシール 全7種類 各275円(税込)アイドルファン以外はなかなか使用機会のない言葉が並ぶステッカー!

     

    そして、ステッカーの「参戦服Get」「フラゲ」などの言葉を見て、ファンの方の推しに対する深い愛情を知り、心が熱くなりました・・・!

     

    「推し」への愛を軸にプランナー2名の”ファンならではの目線”で考えたアイディアのひとつひとつが、同じアイドルファンの共感に繋がり商品が支持されるー。今回のインタビューでは、ニッチなアイテムの裏側にある“共感を生むアイディア術”を追体験させていただきました。

     

    現に私はアイドルファンではないのですが、今回お話を伺い、それぞれのグッズをとても愛おしく感じています。次はどんなアイテムが発売されるのか、ファンの方と同じ気持ちで楽しみに待ちたいと思います。

     

    ⓒ’76, ’88, ’89, ’96, ’01, ’05, ’19 SANRIO. 著作(株)サンリオ

  • きゃりーぱみゅぱみゅ、アメリカ最大の野外音楽フェス「コーチェラ」に出演決定

    04.January.2020 | MUSIC

    今年もアメリカ最大の野外音楽フェスティバル「Coachella Valley Music And Arts Festival 2020」(コーチェラ)のラインアップが発表され、きゃりーぱみゅぱみゅの出演が決定した。

    今年の「Coachella」は4月10~12日、17~19日の2週にわたって開催。きゃりーぱみゅぱみゅは、12日と19日公演に出演する。同イベントのアジア圏からの出演者には、初音ミク・BIG BANGらが名を連ねている。

    TALENT PROFILE

    きゃりーぱみゅぱみゅ

    高校を卒業した2011年夏に、ワーナーミュージック・ジャパンから、中田ヤスタカ(CAPSULE)プロデュースによるミニアルバム「もしもし原宿」(8/17発売)でメジャーデビュー。2012年5月に発売した初のフルアルバム「ぱみゅぱみゅレボリューション」は、オリコンデイリーチャート初登場1位、さらにiTunesでも日本総合チャートや世界各国のエレクトロチャートで1位を獲得。その後、自身初となる全国ツアー、日本武道館単独公演、NHK紅白歌合戦初出場と快進撃を続ける。 2013年には、初めてのワールドツアー(8つの国と地域、13都市)を大成功させ、2013年6月に満を持して発表したセカンドアルバム「なんだこれくしょん」は、オリコンウィークリーチャート初登場1位を獲得。 そして2014年、2度目となるワールドツアー(11の国と地域、15都市)も大成功で終え、サードアルバム「ピカピカふぁんたじん」は、北南米、欧州、オセアニア、アジア圏など世界4大陸、15ヶ国(地域)で同時発売。2作連続となるオリコンウィークリーチャート初登場1位を獲得。そして約3万5千人を動員したホールツアー 「きゃりーぱみゅぱみゅの雲の上のHEAVEN’S DOOR」(15都市17公演)、さらに自身最大規模のアリーナツアー「きゃりーぱみゅぱみゅの からふるぱにっくTOY BOX」(9公演)が大盛況のうちに終了した。 そのかわいい容姿からは想像がつかないほど自由奔放で、オリジナリティ溢れる表現でファンを魅了し続けている。アーティスト活動とファッション面での活動を掛け合わせた、『HARAJUKU』のアイコンとしての存在が、全世界から注目を集める。

  • 中田ヤスタカ×きゃりーぱみゅぱみゅによるツーマンライブvol.02が開催決定

    22.November.2019 | MUSIC

    2016年東京・大阪・名古屋の3都市にて初開催された、最強のツーマンライブが帰ってくる!中田ヤスタカときゃりーぱみゅぱみゅによるツーマンライブvol.02の開催が決定した。

    今夏SUMMER SONICに出演すると、大阪・東京両日とも入場規制がかかるほどの超満員にし、SUMMER SONIC、前回のツアーを通してこの二人の注目度の高さは大いに知れ渡ったことだろう。そして2020年、満を持してTOURとして東京・大阪・名古屋での3公演が再び開催される。中田ヤスタカときゃりーぱみゅぱみゅ、二人の化学反応によるパワーアップしたスペシャルな空間に期待が高まる。

    TALENT PROFILE

    きゃりーぱみゅぱみゅ

    高校を卒業した2011年夏に、ワーナーミュージック・ジャパンから、中田ヤスタカ(CAPSULE)プロデュースによるミニアルバム「もしもし原宿」(8/17発売)でメジャーデビュー。2012年5月に発売した初のフルアルバム「ぱみゅぱみゅレボリューション」は、オリコンデイリーチャート初登場1位、さらにiTunesでも日本総合チャートや世界各国のエレクトロチャートで1位を獲得。その後、自身初となる全国ツアー、日本武道館単独公演、NHK紅白歌合戦初出場と快進撃を続ける。 2013年には、初めてのワールドツアー(8つの国と地域、13都市)を大成功させ、2013年6月に満を持して発表したセカンドアルバム「なんだこれくしょん」は、オリコンウィークリーチャート初登場1位を獲得。 そして2014年、2度目となるワールドツアー(11の国と地域、15都市)も大成功で終え、サードアルバム「ピカピカふぁんたじん」は、北南米、欧州、オセアニア、アジア圏など世界4大陸、15ヶ国(地域)で同時発売。2作連続となるオリコンウィークリーチャート初登場1位を獲得。そして約3万5千人を動員したホールツアー 「きゃりーぱみゅぱみゅの雲の上のHEAVEN’S DOOR」(15都市17公演)、さらに自身最大規模のアリーナツアー「きゃりーぱみゅぱみゅの からふるぱにっくTOY BOX」(9公演)が大盛況のうちに終了した。 そのかわいい容姿からは想像がつかないほど自由奔放で、オリジナリティ溢れる表現でファンを魅了し続けている。アーティスト活動とファッション面での活動を掛け合わせた、『HARAJUKU』のアイコンとしての存在が、全世界から注目を集める。

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US