銀座でカジュアルに本格派の和食を楽しむ「SHARI(シャリ)」オープン

06.October.2019 | FEATURES / FOOD

銀座駅、東銀座駅から徒歩圏内の銀座五丁目に新しくオープンするホテル『三井ガーデンホテル銀座五丁目』2Fに、本格派の和食や神戸牛のステーキ、小鉢を詰めた御膳ランチが食べられるレストラン「SHARI(シャリ)」がオープンします。

銀座の小料理屋、というと敷居の高いイメージがありますが、SHARIのランチ定食は1,200円〜となっており私にも手の届く価格設定!カジュアルに本格的な和食を楽しめる穴場スポットです。

店の中へ入ると、店内は木材と黒を貴重にしており、やはりここは銀座のオトナな雰囲気。カウンター席もあるので、1人でゆっくり贅沢したい気分のときにも良さそうです。

店内にはショップインショップとして、神戸牛のステーキを楽しむことができる個室「鉄板焼みたき」もオープン。鉄板を囲む6席だけの”大人の空間”が広がります。

SHARI御膳 3,000円(税別)

今日食べたのは、ランチタイムに提供されるSHARI御膳。小さな小鉢が6つ付いてくるSHARI御膳は、少しづつ色々な料理を楽しむことができます。見た目もカワイイ♡

肉も魚もめいっぱい楽しめる御膳。肉は国産牛のステーキで、柔らかい肉と濃厚なソースが口の中いっぱいに広がります。お刺身は季節によって魚が変わるそう。3種の魚が入っていて大満足でした。

他にも揚げ物、煮物、冷菜がついてきたほか、ご飯と味噌汁、デザートも付いてきます。どの小鉢もしっかり盛り付けられており、かなりボリュームがありました。銀座のこの立地で、シックでオシャレな店内で、見た目が可愛くて、おいしい料理が食べられるなら、この金額は高くない!

 

レディース御膳 2,600円(税別)

野菜と魚を中心に楽しみたい方にはレディース御膳がオススメ。季節のお刺身2種と焼き魚、揚げ物や茶碗蒸しと、4種の惣菜が付いてきます。

そしてご飯は炊き込みごはんとロール寿司。もちろんSHARIと同じくデザートも付いてきます。

ディナーはお造り、天ぷら、焼き物など日本料理全般を提供しており、コース料理もあります。「鉄板焼みたき」のコース料理は12,000円〜。神戸牛のステーキはもちろんのこと、素材にこだわった料理を楽しむことができます。

 

朱 1,000円(税別)

夜訪れる方にオススメなのは、和風カクテル。こちらは歌舞伎の隈取をイメージしており、黒七味・日本酒・トマトジュースのブラッディマリー「朱(しゅ)」。コップのフチに付いた黒七味と一緒にいただくドリンクはスパイシーでさっぱりとした味わいです。

オリジナルのカワイイグラスにもぜひ注目してみてください。

 

リーズナブルなランチから、高級食材を使ったディナーコースまで、様々な使い方を楽しめるレストラン「SHARI」。華やかな見た目の本格和食で、”ハレの街”銀座をめいっぱい楽しもう。

 

 

Writer:Sayuri Mizuno(MOSHI MOSHI NIPPON)

RECOMMENDED ENTRIES

  • 【サイサイじゃらんじゃらん #7】SILENT SIREN ゆかるんがアフタヌーンティーを初体験 銀座「THE GRAND LOUNGE」

    13.May.2019 | FEATURES / FOOD / SPOT

    人気ガールズバンドSILENT SIRENのメンバーがリレー形式で、東京のホットな場所やコトをサイサイ目線で紹介する連載企画。キーボード担当のゆかるんはずっとアフタヌーンティーに憧れていたそう。そんなゆかるんの夢を叶えるべく、銀座の「THE GRAND LOUNGE(ザ・グラン・ラウンジ)」にお邪魔しました。

    THE GRAND LOUNGEは、GINZA SIX 13階の「THE GRAND GINZA(ザ・グラン 銀座)」の中にある大人のための多目的ラウンジです。

    アフタヌーンティーは普通のレストランだと午後の時間帯だけの提供が多いですが、ここTHE GRAND LOUNGEでは、すべての時間帯でアフタヌーンティーを楽しむことができます。

    ※スタンドの上の商品は2名分です

    THE GRAND LOUNGEの「アフタヌーンティーセット」4,200円(税・サービス料別)は、前菜7種類、スイーツ7種類、苺のミルフィーユ、お代わり自由のポットサービスの紅茶が楽しめます。6月までは苺をテーマにしたアフタヌーンティーとなり、今ならとちおとめをたっぷり使った前菜&スイーツが並びます。ボリュームがあるので男性でも楽しめて、カップルで来るお客さんも多いそう。

    写真を撮らずにはいられないほどの可愛い見た目にゆかるんも大興奮! たくさんの苺のスイーツが並びます。「盛り付けを見てるだけでも幸せな気持ちになれる♡」とゆかるん。

    セットのドリンクはサンフランシスコ発の高級紅茶ブランド「Mighty Leaf」。オーガニックやハーブにこだわったブレンドティーを、ホット9種類、アイス2種類の計11種類用意しています。

    実際に紅茶の茶葉の香りを嗅いで、好きな紅茶を選びます。ゆかるんは1番人気の「ホワイトオーチャード」をセレクト。ホワイトティーと緑茶をベースに、メロンとピーチの香りをブレンドした紅茶です。紅茶のおかわりが自由なのもうれしいサービス。

    では、いただきま〜す!

    何から食べていいか、目移りしてしまうラインアップ。

    スイーツだけでなく、前菜にも苺が使われている苺づくしのアフタヌーンティーです。前菜はフォアグラやサーモンを使ったメニューが並び、贅沢感が味わえます。

    まずは、下段に並ぶ前菜からパクリ。「美味しい!」とゆかるんは一口目から大興奮!

    ジュレ・タルト・ムースなど、スイーツもバリエーション豊か。「スイーツもミニサイズで可愛い!しかも、全部がめちゃくちゃ美味しい!」とゆかるん。

    「選んだ紅茶もめちゃめちゃ美味しい!こんなに美味しい紅茶飲んだことないかも!」と終始ご満悦。

    そして、アフタヌーンティー1番の目玉は、「苺のミルフィーユ」。銀座で愛されつつも2015年に閉店してしまったフランス料理店「銀座マキシム・ド・パリ」の伝説のミルフィーユを再現した復刻版。たっぷりの苺がカスタードクリームとサクサクのパイ生地でサンドされています。単品でも人気のメニューで、アフタヌーンティーではハーフサイズでの提供になります。

    「美味しー!幸せ♡」とゆかるんも大満足!ミルフィーユはお持ち帰りでも販売してる人気メニューだそう。

    ずっと憧れだったアフタヌーンティーを体験して、どうだった?

     

    「非日常感がある場所で、優雅な気持ちになりました。一口サイズの前菜やスイーツがたくさんあるから、一口食べるごとに楽しさがある。どれから食べようか考えるのも楽しかったし、紅茶が選べるのもとっても良かったです。プライベートでも絶対にまた来たい! 友達とおしゃれして女子会したいです」

    THE GRAND LOUNGEのアフタヌーンティーはシーズンによって内容が変わり、6月までは苺づくしのアフタヌーンティーを開催中。時間帯を選ばずに楽しめるTHE GRAND LOUNGEのアフタヌーンティーを、みなさんも味わってみてください。

     

    Model: Yukako Kurosaka(SILENT SIREN)

    Photographer: Haruka Yamamoto

    Writer: Sayoko Ishii

     

    SILENT SIREN(サイレントサイレン)

    Vo&Gt.すぅ(吉田菫)、Dr.ひなんちゅ(梅村妃奈子)、Ba.あいにゃん(山内あいな)、Key.ゆかるん(黒坂優香子)の、読者モデル出身の4人組ガールズバンド。2015年には、日本のガールズバンド史上デビュー最速で日本武道館単独公演を成功させる。6th ALBUM『31313』(サイサイサン)が発売中。現在、全国ツアー「SILENT SIREN LIVE TOUR 2019『31313』〜 サイサイ、結成10年目だってよ 〜 supported by 天下一品」は、6月10日の東京・Zepp DiverCityが追加公演。最新情報はオフィシャルサイトをチェックして。http://silent-siren.com/

  • 旬なフルーツが盛りだくさん♡銀座・資生堂パーラー「真夏のパフェフェア」

    01.August.2019 | FOOD

    資生堂パーラーは、2019年8月1日(木)から8月25日(日)までの期間、銀座本店サロン・ド・カフェにて「真夏のパフェフェア」第2弾を開催する。

     

    産地や旬にこだわったフルーツをメインに、灼熱の太陽を感じる夏色のパフェ4種が登場。人気のマンゴー、いちじく、いちごに、今年初登場となる富良野メロンが加わった。

    「北海道 富良野市産 富良野メロンのパフェ」1,980円(税込)

    北海道富良野市で生産された甘く香り高い“富良野メロン”を使用したパフェ。ぎゅっと引き締まった果肉はジューシーで甘い風味が特長。こく深くすっきりとした伝統のバニラアイスクリーム、爽やかなハイビスカスゼリー、アクセントとなるクランベリーソースとのマリアージュも抜群♡盛り付けた富良野メロンは食感も楽しめるよう様々な形にカットされている。

    「和歌山県 紀の川市産 いちじくのパフェ」2,160円(税込)

    手間をかけて育てられた“旬のいちじく”をフレッシュのまま楽しめるようにこだわり仕立てられた。赤ワインで煮込んだ大人の味わいのコンポート、ソース、シャーベット、チュイールなどにも使い、丸ごといちじくを感じられる。丸いカットが愛らしいパフェはいちじくとりんごのジュレやプチプチした食感がアクセント!

    「沖縄県産 アップルマンゴーのパフェ」2,580円(税込)

    沖縄県産のマンゴーを贅沢に使い、カットの仕方を変えることで食感も楽しめるよう盛り付け。トロピカルな自家製マンゴーシャーベットとエキゾチックソース、ミルクアイスクリーム、クランベリーソースで真夏が感じられる。濃厚なコクを感じる一番美味しい旬のものを選び、8月中旬からは沖縄県でも生産農家が少なく、幻のマンゴーと呼ばれる“キーツマンゴー”で登場の予定。とろけるようになめらかな食感は絶品♪

    「長野県 信州畑工房産 恋姫のストロベリーパフェ」1,890円(税込)

    信州畑工房が所有する資生堂パーラー専用のハウスで採れた「夏秋いちご“恋姫”」を使った逸品。関東では珍しい希少な品種をソースにも使いパフェに仕立てた。この地域独特の気候だからこその、夏から秋でも美味しい苺は爽やかな酸味が広がり、伝統のバニラアイスクリームとの相性も抜群。恋姫のストロベリーパフェは低糖質版(¥1,890)も用意されている。

     

    華やかなパフェをぜひ味わってみて♡

  • “キレイさ”重視の人にオススメ!銀座徒歩圏内のオシャレホテル 京橋「an/other TOKYO」

    15.May.2019 | FEATURES / FOOD / SPOT

    旅行でホテルを探す時、私にとって一番重要なのは「キレイさ」。どんなにラグジュアリーなホテルでも古びたホテルより、新しくできたキレイなビジネスホテルのほうが良かったりします。もちろんサービスとか、部屋の広さとかそういうのも気になりますが、古びた水回りとか、掃除では取りきれない汚れとかがすごく苦手なんです。

     

    そんな私と同じように「キレイさ」重視でホテルを選ぶという人にオススメしたいホテルが、最近オープンした「an/other TOKYO(アナザー トウキョー)」。

    東京駅から徒歩8分、銀座も徒歩圏内というすばらしい立地。そして内装や家具にもこだわっているオシャレなホテルです。

    外観はこんな感じ。外にはテラス席があり、1Fの「CAFÉ an/other」で購入したコーヒーをゆったりと飲むことも可能。こちらのコーヒーは中目黒の人気コーヒースタンド「サイドウォーク・スタンド」の豆を使用していて、シェフが腕をふるったヘルシーな軽食類なども販売されます。

    ・オープン時間:7:00〜23:00(L.O. 22:30)

     

    階段を上がっていくと、レセプションがあります。レセプションには最新鋭のデジタルサイネージを設置。五感に訴えるインフォメーションボードの秘密はカウンターにあるサイコロ・・・?!ぜひカウンターで確認してみてください。

    キャビン

    コンパートメント/S

    コンパートメント/ L

    部屋はキャビンとコンパートメント(個室)タイプがあります。どちらもS/M/Lというサイズになっていて、ドリンクかよって感じですが、個人的には「シングル」「ツイン」「ダブル」とか言われるより感覚的に分かりやすいかなと思いました。Sはちょいせま、Mは快適、Lは広め、という感じです。

     

    キャビンは値段が安い分、シャワーやトイレが共同になっていて、部屋の仕切りもカーテン。1部屋ごとで鍵はかかりませんが男女はフロアが別になっているので、コスト重視の方はキャビン、怖がりの方はコンパートメントをオススメします。

    部屋には一通りの必要なものが揃っていました。シャンプー・コンディショナー・ボディソープ・パジャマ・消臭スプレー・「Brew Tea Co.」のリーフティー。また急な泊まりにも嬉しい、メイク落としや化粧水なども。コンパートメントの部屋は洗面所が広く取られているので、夜のケアや朝の準備が捗ります。

    そして部屋にはシンプルだけど存在感のある照明や、バルミューダのポットも。とにかく部屋にあるものすべてがオシャレ!家具・家電好きな人は、部屋の隅々までチェックしてみてください。

     

    今回は2Fにあるレストラン「EAT an/other」で夕飯も食べました。西洋の食文化を日本的に解釈することで生まれた”洋食”がコンセプト。

    懐かしさを感じるメニューが多い中、カルパッチョ・アヒージョなどのメニューも並びます。

    メインディッシュはサーモンとアジのフライとステーキを注文しました。フライはサクサクの衣にホクホクのお魚がおいしい♡ステーキの肉も柔らかく、付け合せのポテトまでペロリです。

    レストランで特に注目してほしいのはモダンなインテリア!こちらにもHAYの家具が使われているほか、照明はトム・ディクソン!どこから切り取っても、とってもオシャレ・・・。

    こちらのレストランでは朝食も食べられるので、宿泊の際はぜひ利用してみてください。

    ・オープン時間:朝 7:00〜10:30 昼:11:30〜15:00 夜:17:30〜23:00

     

    駅チカでキレイなホテルというのはだいたい値段が高いのが相場ですが、こちらのホテルは素泊まりでキャビン3,900円〜、コンパートメント10,600円〜とリーズナブル。

     

    銀座で夜遅くまで遊びたい!便利な場所に宿泊したい!そして何よりキレイでオシャレなホテルに泊まりたい!という方は「an/other TOKYO」での宿泊をオススメします。今はオープンを記念した特別プランも提供中なので、ぜひWebsiteをチェックしてみて!

     

    Writer:Sayuri Mizuno(ASOBISYSTEM)

RELATED ENTRIES

  • グルメ激戦区・赤坂に旬の味覚・季節を味わう和食店「赤坂ゆうが」オープン

    13.December.2019 | FOOD

    赤坂の中でも美味しいお店の激戦区、赤坂2丁目に、日本全国から厳選した旬の味を愉しめる和食コンセプトのお店「赤坂ゆうが」が12月にグランドオープンする。

    「ゆうが」は、日本随一の水揚量を誇る銚子漁港を主に、日本国内各地より厳選した旬の天然活魚や季節の旬菜を取り揃え、その時期にマッチした素材の味を上手に引き出せる調理法により、味はもちろん、季節感を愉しめる料理を提供。また、希少な黒毛雌牛を贅沢に使用した、和の一皿も提供する。

    世界中で和食が注目される中、改めて「和食は世界に誇れる」と感じられるコンセプトで料理を提供。日本の伝統的な食文化や様々な調理法を活かして、旬を感じ、五感で味わう優雅なひと時を提供できる空間となっており、空間・素材・調理法・職人技、そして日本のおもてなしを体感できるお店になっている。店内には、熟練した板前の調理を目の前で見ながら会話を楽しめるカウンター席も用意。カウンター越しに繰り広げられる熟練した職人との会話は、日本人にも、海外からの方にも贅沢な時間として楽しめる。また、ゆっくりと寛げる個室も完備されているので、特別な日のお祝い事、家族、親しい友人達との集まりにも利用できる。

     

    二十四節気

    二十四節気は、一年を二十四分割し、最も昼の長い日を夏至、最も昼の短い日を冬至、昼と夜の長さが同じ日を春分、秋分とし、それぞれを春夏秋冬の中心に据えることで季節を決めた暦のこと。

    そんな日常の変わりゆくうつろいを日本料理の枠にとらわれず、様々な調理法や思いやりの心を持ち、新しい価値を一皿の中に表現している。

     

    黒毛和牛雌牛

    季節の野菜、魚をふんだんに使って、目でも楽しめる和食の王道のような「ゆうが」だが、コースに登場する肉が、隠れ自慢。

    飼育が難しく、市場に出回る数も圧倒的に少ない雌牛の黒毛和牛を一頭買い!雌牛は、芳醇で旨味があり、融点が低くとろけるような食感が特徴。この黒毛和牛雌牛を使った肉料理が味わえる。

     

    コース紹介

    希望に合わせて、8,000円、12,000円、20,000円のコースを用意。また、アラカルト対応もしている。ソムリエが厳選した世界中からの様々なワイン、シャンパン、ウィスキー、もちろん、日本酒、焼酎などをマリアージュ的に楽しめるのも魅力の一つ。同じコースでも、お酒の合わせ方でそれぞれの世界が広がる。

     

    日本の贅沢な食事を使用した和食を存分に楽しんでみて。

  • こだわり食材のおばんざいと日本文化が体験できる 浅草「体験型Dining 和色 -WASHOKU-」

    07.December.2019 | FEATURES / FOOD / SPOT

    日本国内だけでなく、海外からの旅行客も多い浅草。世界の人が訪れる観光スポットや、グルメスポットが多く存在します。今回紹介する飲食店「体験型Dining 和色 -WASHOKU-」も、2019年11月19日浅草にオープンしました。

    「体験型Dining 和色 -WASHOKU-」は、日本食材にこだわったおばんざいや、寿司作り・着物での浅草散策などの日本体験プランを用意するなど、食べるだけでなく日本文化体験もできる新しいカタチの飲食店になっています。

    ランチやディナーでは、”色を楽しむ和食”のコンセプト通り、見た目がキレイで、色鮮やかな12種類のおばんざいを提供します。管理栄養士が監修したメニューは身体に良いのはもちろんのこと、日本産のこだわり食材を使用。


    私が食べたおばんざいには、千葉県香取市のサツマイモ農園「石田農園」で栽培されたサツマイモ”べにはるか”を使った焼き芋が入っていました。しっとりとした食感に濃厚な甘み!サツマイモを食べると、秋の訪れを感じます。

     

    その他にも、刺身・ホタテのゆず和え・西京焼きなど、様々な味付けの和食を一度に堪能することができました。

    おばんざいには味噌汁も付いてくるのですが、いくつかフレーバーが用意されている”味噌玉”から1つ自分の好きなフレーバーを選び、お湯を注いでいただきます。私はごま味の味噌玉を選びました。

    味噌と具が丸くなった味噌玉をお湯で溶かしていくと味噌汁に。甘めの白味噌は冷えた身体をほっと温めてくれます。

    ディナーにはスイーツや飲み放題がセットになったコースもあるので、ゆっくり食事を楽しみたい方はぜひチェックしてみてください。

     

    さらに、「体験型Dining 和色 -WASHOKU-」では、食事を提供するだけでなく、体験プランもご用意。自分だけのオリジナル手まり寿司作りを体験することができます。

    手まり寿司作りでは、マグロ・サーモンなどを使う通常タイプと、うに・キャビア・金箔などを使う高級タイプの2種類から選ぶことができるほか、海外からのお客さんには浅草の歴史やレシピなどを紙芝居で紹介したり、お土産なども用意しているそう。

    私達も手まり寿司作り体験をしてみたのですが、ごはんの量を適量に図ったり、ご飯を丸めたり、具材を乗せたり、なかなか細かい作業が多くて難しかったです。でも自分で作った寿司を食べるとおいしさもひとしお!事前予約必須のプランですが、ぜひ自分で寿司を作ったことがない人にトライしてみてほしいです。

     

    また、食だけではなく日本文化を体験する3つのプランもご用意。

    人力車体験プランでは、浅草周遊コース・スカイツリーコースの2種類を用意し、人気の名所や穴場を人力車で巡ります。

    手作りのグラスを作る江戸切子体験では、江戸切子の技法でグラスをカット。ランチまたはディナーとセットで予約すると、乾杯ドリンクが1杯サービスされます。

    着物体験プランでは、着付け・ヘアセットをした後に浅草の街を散策することができます。

     

    これら3つの文化体験は1人3,500円で予約可能。予約必須なので、体験したい方は公式サイトからの事前予約をお忘れなく!

    和テイストの中に、浅草の伝統や、カラフルなおばんざいから現代の日本カルチャーのポップさを取り入れた「体験型Dining 和色 -WASHOKU-」。浅草にお立ち寄りの際は、ぜひ足を運んでみて。

  • 銀座ソニーパーク「ミラノデザインウィーク2019」で好評を得た体験型展示を凱旋展示

    03.December.2019 | SPOT

    Ginza Sony Park(銀座ソニーパーク)は、実験的プログラム第12弾として、人とロボティクスが親和性を高めながら共生していく明るい未来像を表現した「#012AffinityinAutonomy <共生するロボティクス>」を、2019年12月14日(土)より開催する。

    「Affinity in Autonomy <共生するロボティクス>」は、2019年4月にイタリア・ミラノで開催された世界最大規模のデザインイベント「ミラノデザインウィーク 2019」にソニーが出展し、高評価を得た体験型展示。この度、より多くの方々が体験できるよう、開園以来の来園者数が 500万人を超えた Ginza Sony Parkにて凱旋展示する。

    本プログラムは、ミラノでの展示と同様に、ソニーが強みとするイメージセンサー技術などが応用された「Awakening <意識>」「Accordance <協調>」「Autonomous <自律>」「Affiliation <共生>」 「Association <連帯>」から成る5つの展示で構成。すべてを順番に体験していくことで、人とロボティクスの関係性が深まっていく過程が感じられる。人の動きに呼応する映像と音の体験から始まり、最後は彩り鮮やかな空間に辿り着くことで、人とロボティクスが共生する社会や心の豊かさを表現している。

    展示には、音・色・インタラクションなどによる体験が組み込まれており、様々な在り方でロボティクスの新たな一面を発見できる。また今回のプログラムでは、より深く展示を理解できるよう、各展示におけるロボティクスがどのように人を認知し動いているのかをリアルタイムで表示する。「#012 Affinity in Autonomy <共生するロボティクス>」を通し、人とロボティクスが共存する明 るい未来を感じてみてほしい。

  • 今週の朝ごはん:身体を芯から温める 伊勢市「あそらの茶屋」の朝かゆ

    14.November.2019 | FEATURES / FOOD

    週に1回、他のことは何もせず。

    ただただ美味しいご飯やスイーツを食べる。

    幸せに生きていく上で、とても大切な時間です。

    今日は出張先の伊勢で食べる朝ごはん。

    早起きをして伊勢神宮・外宮を参拝した後、少し冷えた身体を温めるべく、「あそらの茶屋」の朝かゆを食べに行きました。

    「あそらの茶屋」は伊勢神宮・外宮の最寄り駅である伊勢市駅から徒歩8分程度、外宮の入り口からは徒歩1分程度の場所にあります。

    お店の入り口には朝かゆの文字。お店に入って2Fにあがります。

    店内は木を基調とした造り。窓が多いので、外の光がたっぷりはいってきます。窓からはさっき参拝してきた伊勢神宮を見ることができる、心がゆったりと落ちく場所です。

     

    私は「御饌の朝かゆ 鮑」をオーダーしました。御饌(みけ)とは大切で尊い食べ物、という意味だそう。食物の神様を祀っている外宮の参拝後に食べるとなんだかより一層縁起が良さそうです。

    御饌の朝かゆ 鮑 2,040円(税込)

    木箱で運ばれてくるお膳。木箱を開けると・・・

    お粥だけでなく、小鉢や椀がついてきます。

    陽の光にあたったお米がキラキラ光っていて、見とれてしまうほど。

    お粥は鮑や漬物、昆布と鰹のだしで割った特製秘伝のたれを入れていただきます。

    消化によい温かいお粥は身体を芯から温め、寒さでこわばった身体をリラックスさせてくれるよう。

    プリプリの鮑と、まろやかなお粥の相性は抜群です。

    とことんシンプルに、余計なものが入っていない。

    体と心をすーっとほぐしてくれる、やさしい味わいです。

    お粥以外にも、干し魚・温泉玉子・季節の酢の物など、身体に良いヘルシーな食材がたっぷり。

    デザートにはぜんざいも付いていて、朝からお腹いっぱいになりました。

    朝日を浴び、伊勢神宮・外宮を眺めながら食べる朝かゆ。ここでしか体験できない、特別な朝ごはんです。

     

    早起きをすると、いつもとは違う”今日”が始まる感覚があるけれど、伊勢で迎える朝は伊勢神宮を参拝し、「あそらの茶屋」御饌の朝かゆを食べ、さらに背筋が伸びるよう。

    今日も始まる新しい1日を、凛とした気持ちで迎えられた朝でした。

     

     

    今日のおみや

    あわびごはんの素 1,300円(税込)

    美味しいごはんを食べた日は、家族や同僚にも幸せをおすそ分け。

    手軽に鮑を楽しむことができる「あわびごはんの素」。ご飯と一緒に炊き込むだけで、鮑入り炊込ご飯の完成です。高級食材であるあわびがこの価格で購入できるのも嬉しい。

     

    Writer:Sayuri Mizuno(MOSHI MOSHI NIPPON)

  • GINZA SIX「くろぎ茶々」新メニュー「玉露キャビア茶漬け」を期間限定で販売

    27.October.2019 | FOOD

    京都の老舗茶舗「福寿園」が、日本一予約が取りにくいと謳われる日本料理屋「くろぎ」とコラボレーションした店舗「くろぎ茶々」にて、珠玉の食材が詰まった新メニュー「玉露キャビア茶漬け」が2019年11月1日(金)〜11月30日(土)の期間限定で販売されます。

    玉露キャビア茶漬け 20,000円(税抜)

     

    魚卵の中でも格別濃厚なキャビアを、より純粋に味わうことができるように、上質な玉露を使用した茶漬け仕立てに。「玉露キャビア茶漬け」はキャビアが1缶(30g)丸ごと添えてあるので、キャビアを存分に楽しめる贅沢な一品になっています。

     

    この機会にぜひ堪能してみて♪

  • GINZA SIXのクリスマス!クラウス・ハーパニエミ氏の新作アートやクリスマスケーキ登場

    21.October.2019 | FOOD / SPOT

    銀座エリア最大の商業施設「GINZA SIX(ギンザ シックス)」では、2019年11月5日(火)〜12月25日(水)までの期間中、 「Celebration of Life -星の海の祝祭-」と題した、クリスマスプロモーションを展開する。

    「Celebration of Life -星の海の祝祭-」

    「Celebration of Life -星の海の祝祭-」は、フィンランド人アーティスト、クラウス・ハーパニエミ氏による、宇宙を舞台に描かれた作品「Astral Sea (アストラル・シー)」の世界をGINZA SIX のためにアレンジして展開。「Astral Sea」は、宇宙に暮らす様々な空想上の生き物たちが、星の公転のように各々のリズムで動き、互いに影響しあってハーモニーを生み出しているという、宇宙と私たち人間の命の繋がりにまで思いを馳せることのできる、新たな神話のような厳かで雄大な作品。

    中央吹き抜けには、「Astral Sea」に登場する、時空を超えて宇宙を旅するLightning Whales (ライトニング・ホエール)を、弘前のねぷた師が制作。GINZA SIXの吹き抜けを、ハーパニエミ氏のアートをプリントしたタペストリーが囲み、突如銀座に出現した「Astral Sea」に見立てている。約10mにもなる二頭のLightning Whalesのアートが、円を描くように宙に舞う。その他、正面エントランスやB2Fショーウィンドーにも作品が登場する。

     

    GINZASIX限定!クラウス・ハーパニエミ コラボレーションアイテム販売

    館内の一部店舗にて、クラウス・ハーパニエミ氏とコラボレーションしたアイテムをGINZA SIX限定で販売。

    ※価格は全て税抜です。内容は予告なく変更になる場合があります。

    みむろ杉 純米大吟醸 IMADEYA GINZA 限定モデル (いまでや銀座) 価格:3,000円

    奈良の蔵元、今西酒造が手がける「みむろ杉ろまんシリーズ」の純米大吟醸。透明感があり、繊細なお米の旨みが広がる綺麗なお酒は余韻も長く、お酒の席で美味しいものと一緒に楽しめる味わいに仕上がっている。

    販売期間:11月5日~2月29日まで ※無くなり次第終了

    Lightning Whales フローズンフルーツバー(PALETAS)価格:各600円

    クラウス・ハーパニエミ氏が描き出す「Celebration of Life –星の海の祝祭-」のモチーフの一つであるピンクのライトニング・ホエールにインスパイアされた、新作フローズンフルーツバー。「星の海」 をイメージし、ほんのり塩味を利かせたブルーベリージェラートに金箔・銀箔を散りばめたファンタジックな味わい。

    販売期間:11月5日~1月31日まで

    5本指手袋、フィンガーカット手袋(銀座 蔦屋書店) 価格:<クジラ刺繍>各9,000円 <スワン刺繍>各10,000円

    冬にかかせない手袋は5本指と指先フリーのデザインで登場。迫力あるクジラとスワンの刺繍にスワロフスキー・クリスタルや メタルパーツを散りばめ、手元に注目が集まること間違いなし。

    販売期間:11月8日~12月25日まで

     

    華やかなクリスマスケーキ、パーティグルメ

    世界の美食が集う銀座において、一流のパティシエの匠の技が光るクリスマスケーキや、“おうちクリスマス”で活躍するグルメが多数登場。定番から個性派まで数多く用意し、クリスマスシーンを華やかに演出する。

    ※価格は全て税抜です。

    ノエル ネージュ(パティスリー パブロフ)価格:4,630円

    クリームの雪景色に苺の宝石を散りばめた軽やかなケーキ。

    Panettone Babbo Natale(Café Cova Milano)価格:7,407円

    19世紀初頭から続く門外不出のレシピで作られているCOVAのパネットーネ。

    プティサンドアソルティ(ル・ブーランジェ・ドゥ・モンジュ)価格:3,704円

    パーティシーンにぴったりのプティサンドイッチの詰め合わせ。スモークサーモン、キャビア、パストラミビーフなど多彩な味わいが楽しめる。

     

    この他にも、GINZA SIXでは上品で楽しいクリスマス企画が盛りだくさん。ぜひ足を運んでみて!

  • 銀座のソフトクリーム専門店「coisof」ハロウィンテイストの秋限定パフェ登場

    18.October.2019 | FOOD

    東京・銀座の ”恋”が叶う!? ”濃い”スウィーツ専門店「coisof(コイソフ)」から、秋期限定の新メニューが登場♡

    新商品「秋色むらさきcoiパルフェ」は、鮮やかなスミレ色のパルフェ。ナツハゼという日本古来の野生のベリーを丸ごと丁寧に煮詰めた自家製濃厚コンフィチュールを濃厚ミルクソフトに贅沢にトッピング。旬を迎える紫芋のピューレを加え、アクセントにはザクザク食感のナッツをたっぷりと盛り込んでいる。

    ブルーベリーの何倍ものポリフェノールを含むと言われるナツハゼの上品な酸味と、ソフトクリームのミルクの風味、紫芋のやわらかな甘みの調和は絶品!仕上げには、「パルフェ・タムール」というスミレの花から抽出したリキュールをかけて食べよう。

    さらに、ハロウィン期間(10月16日~10月31日)には、紫色のゴーストやクモの巣などをモチーフにしたチョコレートオーナメントを無料でトッピング。ハロウィンパーティやデートの締めパフェにぜひ試してみて!

  • 和菓子ブランド「宗家 源 吉兆庵」が運営する新感覚カフェレストラン「K. MINAMOTO」銀座にオープン

    16.October.2019 | FOOD

    宗家 源 吉兆庵は、カフェレストラン「K. MINAMOTO」を10月19日(土)より宗家 源 吉兆庵 新本社ビル「THE HOUSE」 にオープンする。

    「K. MINAMOTO」は、宗家 源 吉兆庵が 10月3日(木)に移転オープンしたばかりの新本社ビル「THE HOUSE」の2階から5階にオープンするカフェレストラン。全体コンセプトを「ギンザ ハレフルーツ」とし、果実を日常的に食べる人が少なくなった現代において、“ささやかなハレの日の楽しみ”に銀座で果実を楽しむ贅沢を提案する。国産干柿をまるごとひとつ使用した和菓子「粋甘粛」など、創業以来果実を使用した創作和菓子を提供する「宗家 源 吉兆庵」ならではの、新感覚のカフェレストランとなる。

    ローストビーフサンドイッチ(果実のスープ付) 2,420円(税込)

    海老のレモンクリームフェデリーニ(果実のスープ付)1,650 円(税込) 

    すべてのメニューに果実を使用し、果実より果実らしい味に仕上げるためのシンプルな調理や、果実の魅力的な色・形・模様・テクスチャーを伝える大胆な盛り付けにこだわっている。使用する果実も、国産のものを中心に自信を持って提供できる品質の果実を選び抜いて提供する。

     

    またドリンクは、果実をピュレやシロップ状にしたり、あるいはそのまま入れたりなど、あらゆる調理法で果実をドリンクに取り入れることで、「果実×ドリンク」の可能性を最大限に引き出して提供。 

    スモークサーモンと果実のサラダ、 じゃがいものガレット添え(果実のスープ付) 1,980円(税込)

    秋の果実プリンアラモード 1,760円(税込)

     スタッフは、提供する商品や使用されているフルーツに対して豊富な知識を持っている。また、非日常の居心地のよい時間と空間を演出し、丁寧でありながらもフレンドリーで、気軽に話しかけられる雰囲気のサービスを提供。 

     

    フルーツの魅力を存分に楽しめる新感覚のカフェレストランを満喫してみて。

     

  • GINZA SIX屋上庭園で初のイルミネーション「Roof Star Garden」開催

    02.October.2019 | SPOT

    銀座エリア最大級の複合商業施設「GINZA SIX(ギンザシックス)」の屋上庭園「GINZA SIX ガーデン」で、2019年11月26日(火)~2020年2月24日(月・休)まで、イルミネーション「Rooftop Star Garden(ルーフトップ スター ガーデン)」が開催されます。

     

    地上約56m、銀座で “最も星に近い” 場所に位置する屋上庭園を、無数の星が降り注ぐ空間に演出。GINZA SIXでのイルミネーション開催は初となり、華やかな銀座の夜の街並みに輝きを添えます。

    「Rooftop Star Garden」は、GINZA SIX ガーデン内の「水盤エリア」と「森エリア(2カ所)」において、“星”をモチーフにした光の演出を実施予定。

    水盤エリアは「Ryusei–流星-」をテーマにLEDを使用した奥行きを感じられる演出。モニュメントとなる147本のLEDの柱が設置され、“流れる星”や“星のまたたき”などをイメージした星の輝きを表現します。

    水盤エリアをはさむように設けられた2カ所の森エリアでは、様々な場所から放たれたレーザーの光がクリスタルを通して拡散され、無数の星が降り注ぐ空間に。360度見渡す限り星に包まれた小宇宙の中を回遊することができます。

     

    満天の星が光り輝くGINZA SIXガーデンで、ここでしか体感できないクリスマスを楽しもう。

     

    *画像はイメージです

  • 今週のランチ:原宿「dotcom space Tokyo」 ピーチ&ヨーグルト

    29.September.2019 | FEATURES / FOOD

    週に1回、他のことは何もせず。

    ただただ美味しいご飯やスイーツを食べる。

    幸せに生きていく上で、とても大切な時間です。

     

    今日は午前中の仕事を早めに片付けてのんびりランチ。

    原宿でまったりと過ごすことができるカフェ「dotcom space Tokyo」へ。

    ©️photo Takumi Ota

    原宿駅・竹下通り口の改札を出て徒歩4分。

    竹下通りからすぐの場所とは思えないほど、静かでゆったりとした雰囲気。

    店内は広々としていて、シンプルでスタイリッシュな家具が並びます。

    今日は甘いものが食べたい気分なので、食パンの上にフルーツとクリームが乗った「ピーチ&ヨーグルト」をオーダーしました。

    ©️photo Takumi Ota

    ©️photo Takumi Ota

     

    店内は木を基調とした空間で、設置されている家具にもこだわりを感じます。

    スペースが広いので居心地がよく、仕事をしている方もチラホラ。

    デスクを抜け出して気分を変えてカフェで仕事をするのも良さそうです。

    ピーチ&ヨーグルト 680円 / アイスカフェラテ 550円

     

    たっぷり乗ったクリームと、光があたってキラキラしている桃。

    見ているだけで幸せな気持ちに・・・♡

    さっそくカットしていただきます。

    パンは弾力が合ってもっちもち、さわやかなヨーグルトクリームと甘い桃が口の中いっぱいに広がります。

    分厚くカットされた食パンは浅草の老舗ベーカリー「ペリカン」の食パンだそう。このもちもち・しっとり食感はなかなか味わうことができません。

    ヨーグルトクリームは甘すぎず爽やかな味わい。完熟の甘い桃と一緒に食べると、口の中で一つになって溶けていきます。

     

    今回は桃でしたが、フルーツはその季節の旬なフルーツに変わるそう。

    秋・冬はどんなフルーツで提供されるのか楽しみです。

     

    アイスカフェラテは少し酸味があって、私の好きなタイプの味でした。程よく甘い「ピーチ&ヨーグルト」との相性も抜群。

    お店ではコーヒー豆にこだわっているほか、バリスタには、過去に日本チャンピオンになった方がいるそう。次来る時はこだわりのコーヒーも飲んでみたい。

     

     

    定食やバーガーもいいけれど、甘いスイーツランチは頭がカチッと目覚めるよう。

    ゆったりとした店内で過ごす甘いひとときは、今日の私を幸せにしてくれました。

    季節の移り変わりを感じたら、秋フルーツが乗ったパンを食べに行こう。

     

     

    今日のおみや

    りんごジュース 450円

     

    美味しいごはんを食べた日は、家族や同僚にも幸せをおすそ分け。

    今日のおみやはりんごジュース。

    ニコっと笑ったイラストのカップにたっぷり注がれたりんごジュース。今回テイクアウトしたのは長野産100%りんごジュースでした。ストローは環境に優しいさとうきびストローを使っています。

     

     

    Writer:Sayuri Mizuno(MOSHI MOSHI NIPPON)

  • リサ・ラーソンとのコラボカフェ「LISA LARSON Fika TOKYO」銀座にオープン

    27.September.2019 | FOOD / SPOT

    この度「ひつじのショーンカフェ(2017〜)」や 「はらぺこあおむしカフェ(2018)」「レオ・レオニカフェ (2019〜)」​などのキャラクターカフェを手掛けてきたサンデーブランチは、​リサ・ラーソンとのコラボカフェ「LISA LARSON Fika TOKYO(リサ・ラーソン フィカ トーキョー)」を​オープン。スウェーデンの人気陶芸作家、​リサ・ラーソンの愛らしい作品たちが、お皿の上に登場する。

    マイキープレート

    ​人気の猫・マイキーは、​味もからだにもやさしい 「アーモンドミルクライス」​に。

    ライオンプレート

    丸みのあるフォ ルムが可愛らしいライオンは、​作品そのものを型取りした立体ご飯で登場! ​

    ベイビーマイキーのガトーショコラ

    味のある陶芸作品のようなケーキ​「ベビーマイキーのガトーショコラ」は胡麻入りガナッシュやココアパウダーで仕上げている。

    ボブプレート

    リテンキャットプレート

    スウェーデンの家庭料理である​ミートボールや代表的なスイーツ「セムラ」​をアレンジしたメニューも用意されている。

     

    どれを選んでも​心ときめく発見があり、まるでアート作品を食べているかのような気分が楽しめる。席は予約の方が優先されるので、予約をお忘れなく。

  • 特別な秋のひととき「銀座で触れる、茶の湯の心」東急プラザ銀座で開催

    22.September.2019 | FOOD

    「東急プラザ銀座」では、2019年9月26日(木)〜10月27日(日)の期間、銀座の秋の風物詩「銀茶会」に合わせて、茶の湯の心をテーマとした施策「銀座で触れる、茶の湯の心」を開催する。夏の第1弾に続き東京藝術大学との共同プロジェクトや、日本文化を牽引する“とらや”の和菓子を取り上げた企画展示を通して、日本のおもてなしを感じられる特別イベントとなる。

    東京藝術大学との共同プロジェクト第2弾では、国内外で活躍している書家・金澤翔子の“書“と”茶の湯“にまつわるインスタレーションを東京藝術大学がプロデュースし、花鳥風月の美しい季節感がただよう箱庭のような「床の間」を表現した作品の数々を館内の所々に展示。さらに10月27日(日)の銀茶会当日には、秋をテーマにした名曲の演奏とともにお点前を体験できる特別な野点を、屋上KIRIKO TERRACEにて開催する。

    また、6階KIRIKO LOUNGEでは、定期的に開催している「TOKYU PLAZA GINZA × Bunkamura SPECIAL PROGRAM」の一環として、“とらや”の和菓子を取り上げた企画展示「TOKYU PLAZA GINZA × Bunkamura SPECIAL PROGRAM〜とらや 和菓子の原理展〜」を開催。会期中、隣接する「数寄屋橋茶房」では江戸時代後期にすでに作られていたという伝統的な茶菓子、柿を模した「木練柿」と、栗と砂糖、寒天を煉り上げて作った「栗ごよみ」、2種類の和菓子とドリンクがセットになった特別メニューも用意される。

    郷愁の秋風を感じながら、東急プラザ銀座で芸術の秋を堪能しよう。

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US