【TRAVEL Q&A】お箸が使えない、どうしよう?飲食に関する疑問まとめ

12.October.2017 | SPOT

日本で楽しく食事するためにはどうしたらいいのでしょうか?飲食に関する疑問をまとめました。

 

1:レストランでも靴を脱ぐの?

靴

レストランで、畳席を設けている場合、靴をぬぐことをお忘れなく。居酒屋などの日本風のレストランでは、エントランスの時点で靴を脱ぐように言われることもあります。そういう場所では、共同や個々で使える鍵付きの靴箱が用意されています。帰る時、靴を出すために必要になるので、鍵は大切にとっておきましょう!

 

2:伝統的なレストランではどのように座ったらいいの?

正座

今となっては減ってきていますが、直に座る飲食店(特に古典的・伝統的な場所)では正座で座りましょう。フォーマルな場において、基本的な座り方は足を後ろに折り畳む正座のポジション。少しの痛みを伴うので、もう限界だなと感じたら、足を崩しても大丈夫。スタッフもきっと理解してくれるはずです。

 

3:お箸が使えない!どうしよう?

箸

ナイフ、フォーク、スプーンを置いている店が大多数なので、お箸が使えなくても特に困ることはないはずです。でも日本食と言えばやはりお箸で食べる印象。

 

覚えておく点として:

– わからない場合はとにかく使っている人を見て習いましょう。慣れるのに少し時間がかかると思うけど、あなたならきっとできる!

– お箸を使っていないときは箸置きに休ませておきましょう。ない場合はお箸入れで折ってみるのもあり!

– 二人同時に同じ食べ物をお箸で挟むのはどんな場合でもマナー違反。

-ご飯にお箸を垂直にさすのは死者にお供えするご飯のみという言い伝えがあります。生きている人はしていけないのがお箸の基本ルールです。

 

更に、あなたがシェアできるプレートを持っていて、そのプレートから食べ物を移動するときは、食べる時に使用したあなたの箸の反対側を使うのがルール。使った箸で直接シェアプレートをつつくことは、歓迎されないし不衛生に感じられる場合があります。

 

4:飲み会などではどんなルールが?

飲み会

日本人は個人よりも組織を大事にする傾向があります。では、ここで質問です!次のどちらが正しいと思いますか?1. 自分のオーダーした飲み物を受け取ったらすぐに飲む、2. 同席している全員分の飲み物が届くのを待ってから頂く。「2」と答えたそこのあなたは日本人のマインドを持っているかも!日本では、オーダーした飲み物が全部届くまで待つことが常識です。料理の場合は、冷めてしまうので先に食べてしまうことも許されるが、ドリンクの場合は、全員分が届いてから飲み始めます。そして「乾杯」との合図とともに飲み始めましょう!

 

5:お寿司の正しい食べ方は?

寿司

日本のもっとも伝統的な料理の寿司を食べる時に守っておきたいルールがあります。お寿司を食べる時少しだけこのことを思い出してみましょう。

 

巻き寿司の場合

1) 海苔巻きの部分を指でつかむ

2) お米部分の一面を醤油につける

3) 寿司を食べ終わったら、ガリを単独で味わう。たまに間違って、寿司とガリを一緒に食べてしまう人がいますが、本当は別々に食べるほうが礼儀正しいとされます。ガリを食べる理由として、次の寿司をよりよく美味しく味わうために口のなかを一回綺麗にするということがあります。そのため、ガリのみを口に挟むことも大切とされているのです。

 

にぎり寿司の場合

1) 箸を使い、寿司を横にする

2) 寿司を掴み、魚の部分を醤油につける(この時つけ過ぎに注意!つけ過ぎると、寿司特有の洗練された味が味わいにくくなるとのこと)

3) もっと寿司通になりたいなら、口に入れる際に、魚部分が舌にフラットになるように入れると寿司の味を更に楽しめます

 

6:麵の食べ方は?

麵

ラーメンはお好きですか?その麺、すすってもオッケーです!日本で麺をすするのは「行儀が悪い」のうちに入らないのです。音を立てて食べることは「おいしい」という証拠。中では「すすった方が美味しく感じる!」という人も。その他にもそば・うどん等日本の麺であれば、すするのはOK。パスタをすするのはNGです。

 

いかがでしたか?

これからもMMNでは色々な「日本のQ&A」をお届けします。

日本に関する質問がある方はMOSHI MOSHI NIPPON FBにメッセージを送ってください!https://www.facebook.com/msmsnippon/

RELATED ENTRIES

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US